2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

妻を交換した話をしてみる





1 :以下、名無にかわりまVIPが送りします2012/02/29(水) 21:29:05.99 ID:u6xjXyHU0
者の明確な合意の上で行われたからNTRとはょっと違うかもしれないのニア人は

ペック
:当31歳
嫁:寿当時27歳

顔はいきものがかりの女の子を少し太らせた感



田さん:当時34歳
広田さ婿さんん:当時31歳

げえ




4 :以下名無にかわりまてVIPがお送りします:2012/02/29(水) 21:30:03.31 ID:lXS5hpyQ0
スワピングっやつか?使



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/29(水) 21:30:16.96 ID:u6xjXyHU0
いまどき(プとか言われそうだが、俺と嫁はお見合いで結婚した。

俺は学校出てない分早くからせっせと働いていたので、割と若いうちに独立することができた。

酒も飲まないし特に趣味のなかった俺は他人から見たら、年齢の割には老成して見えたようで、縁談の話が初めて来たのは26のときで、何人目かのお見合い相手だった今の嫁と結婚した。

今にして思えば、嫁の特にどこが良かったと言うのはわからない。

ただ、雰囲気として「100万回生きたねこ」の最後に出会ったメス猫みたいな、静かに醒めた知的な雰囲気が、学のない俺の憧れをくすぐったのは確かだった。

あと子豚みたいにむちっとした体形とロケットおっぱいも。



8 :、名無しにかわりVIPが送りします:2012/02/29(水) 21:31:46.80 ID:u6xjXyHU0
嫁は処女ではかったが俺も別貞じゃなかった、ましてや処かっ

しかし、はマグロとは言わないまでもスに関しては冷淡ところがありかに誘えとも無いし、反応も良んだけど、何かが違ったのだ

ただ、俺も嫁も「夫婦仲」という点では良好だったし、週たりの回数は割とかったと

>>6もちろん

以下全だよ。



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/29(水) 21:32:40.62 ID:u6xjXyHU0
一応嫁の名誉のために言っておくが、日常生活の中ではよく気の付く世話好きで、俺がバカなことを言ったりやったりするとニコニコしながらそれを見守ってくれるような嫁だ。

ただ、セックスだけ「何かが違って」いた。

この感じを「違和感」と言うと言い過ぎだ。

近い表現で言うならば、「いやらしさ」が欠けていた感じだった。



10 :以下、名無りまVIPがお送ります2012/02/29(水) 21:33:23.87 ID:u6xjXyHU0
もちレスではいし、まてやセックスけのに結婚したわけではないから、俺自身さど葛藤するわけでもなく、とき嫁はど感じているのかな」と考えな、仲良く暮らていた。

婚して3年経った頃、俺の店が一つ増えたの機会は引っ越した。っ越た先出会ったのが、広田ん夫った



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/29(水) 21:33:41.57 ID:lYiqgWDi0
パンツ脱いでもいいのかな



14 :以無しましてVIPがお送りします:2012/02/29(水) 21:35:19.41 ID:u6xjXyHU0
>>11
うちっとはいて



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/29(水) 21:33:57.65 ID:u6xjXyHU0
広田さんご夫婦は犬を飼っていて、俺も嫁も犬は大好きなもんだから、最初に嫁同士が、そして俺と広田さんも結構気が合った。

業種は違うが広田さんも店をやっていて平日休みなもんだから、いつしか俺たちは休みを合わせて、犬たちを連れて夫婦二組でバーベキューとか行ったりする仲になった。

ちなみにこの仲は今でも変わっていない。



13 :以下、名無しにかわりてVIPがお送りします:2012/02/29(水) 21:34:03.41 ID:abgr2Ahm0
ゃないの



14 :以下、無しにかわりましてVIPがお送りしま2012/02/29(水) 21:35:19.41 ID:u6xjXyHU0
>>13
てもしょうがないだろ?




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/29(水) 21:36:06.84 ID:u6xjXyHU0
それからまた一か月くらい経って、嫁がまたその話を出した。

「広田さんの奥さんがまた『旦那を一日だけ取り替えっこしない?』って言ってきた」

「うーん、それってスワッピングというヤツ?」

「…たぶん」

「で?」

「で?って何?私はそれで話終わらせたよ」

「そうか」

「…」

「…」

また、話は終わった。



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/29(水) 21:37:28.66 ID:u6xjXyHU0
さらに何日か経ってから、今度は店で仕事しているときに嫁からメールがあった。

件名;広田さんの奥さんから
本文:
また言われました。
---------END----------

帰ってから、嫁と話をした。まず智恵さんの本意っていうのはどこにあるのか。

単に旦那さんとケンカしている愚痴を言っているだけなのか、それとも本当にスワッピングを誘ってきているのかだった。

すると嫁は「たぶん、もう後者で間違いないと…思う」と言った。



17 :以、名無しかわりてVIPが送り:2012/02/29(水) 21:38:38.08 ID:u6xjXyHU0
んなのAVとか昔の官能と思ので、正直当惑している伝えた。もろんそうった

は「もちろん断るね」ではく、ひ「…断る?」といてき

興味ある?俺がと、はぷいを向いた。

顔なので、ふてくされ中学生みたな表なった。

私に前に、まずあなたがてよ」

「…俺君が離れて行ってうくらいな断固お断りなだけ

俺は少し汗をかいていた。

「も少し興味が、一回だけ、一回だけら俺も興味が無くはな

2秒くらいしてから嫁た。

…私もあたと同じ気持殿。」



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/29(水) 21:39:21.33 ID:u6xjXyHU0
何と答えたらいいのかわからなかったが、かなり推敲した上で「一回だけならうちの旦那も興味あるみたいです」と智恵さんに嫁がメールした。

そして そのまま携帯は居間のテーブルに置いて、俺と嫁は寝室に入った。

何かの一線を踏み越える決断をしたという後ろめたさと、興味はあるんだけど絶対に一回だけの行為なんだ。

自分のパートナーは君なのだということを確認するかのように、俺は嫁を抱き、嫁もそれに応えた。



20 :以下名無しにかわましてVIPがお送ます:2012/02/29(水) 21:40:46.66 ID:u6xjXyHU0
翌日の朝に「今夜うちで打ち合わせをしましょう」と智恵んからメが来たのたちキドキがら広田のお宅に言った。

田さんのさんのんと人は、芸能人で誰に似てるというの湿まり思いつかいんだ、AVの名前忘れたけど何とか奈緒にちょっと似ていた。

喋り、よく笑い直うちのとどマが合うのかわからないくらい。

は嫁よりでかった。

さんは背格好は俺より少しくて、中学生のときの刃牙みたいに少しDQN入た雰囲気なんだけ、非にまじめの日もコリともずにまじめに俺をえた


21 :名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/29(水) 21:41:46.11 ID:u6xjXyHU0
今思えば、俺ちも田さんちも性格生真面目な部分があるの退だと思う。

本当にこういうとを践している夫婦があるとするならば、もっ感覚的なリで事を進行させてていくろうけど、さんの家の間で俺たちは滑稽なくら目に話して、ルル決した


・決行日は明10時半

偶然の日、嫁も智恵生理かったの、あを空けるとお互持ちが揺らいでしまうんじゃないかとい判断

・実際の行為の際は、必ず避妊をること。

・どこかのホテルで待ち合のではなく、デーズで朝食をそれ車で別々のホテルに向う。

・終わったら、このデニーズにて解散。

ービスタイムが17時だか17時半にが妥あろう



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/29(水) 21:42:59.14 ID:u6xjXyHU0
その日の朝、当然俺も嫁も緊張していた。

何を着て行こうかと迷って、俺は何を血迷ったかスーツを着た。

嫁も、フォーマルとまでは行かないがちょっとよそ行きの服を出していた。

着替える嫁の下着が、いつもの見慣れていたものだったのに 少し安心するあたり、俺はちゃんと嫁のことが好きなことを確認した。


予定より少し早くデニーズに着くと、駐車場にはすでに広田さんの車があり、「おはようございまぁす」と俺たちを迎えた広田さんもスーツだったww

ただ、智恵さんが少し化粧に気合が入ってた。



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/29(水) 21:43:50.73 ID:u6xjXyHU0
「じゃあ行ってきます」。

朝食を食べて店を出ると、いよいよ俺の嫁は広田さんについて行って車の助手席に、そして智恵さんが俺の車に乗り込んで来た。

ほんの30分前に嫁が座っていた助手席に智恵さんが座っている。

智恵さんから、嫁の柑橘系とは違う、しかしいい匂いがしてきた。

「緊張してますか?」

「いや、やっぱりしますね」

「私なんか言いだしっぺだから緊張しちゃダメですよね!あはははは!」

そして、智恵さんの手が俺の太ももにそっと置かれて、軽く指先が内側をなぞり、俺はぞくぞくっと来た。正直な話少しおっきした。


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/29(水) 21:45:56.87 ID:u6xjXyHU0
俺たちが入ったラブホテルは、嫁と広田さんの向かったエリアとは国道を隔てて反対側にあり、チェックインしようとしたら、真っ昼間から半分の部屋ライトが消えていた。

だからと言うわけではないんだが、俺が、一番高いサービスタイムでも10000円の部屋を選ぶと、フロントの窓口の前で智恵さんが「はい」と俺に5000円渡して来た。

エレベーターの中に入ると智恵さんが、俺の腕に手を回して来る。

次の瞬間 俺は智恵さんの腰を抱き寄せて智恵さんにキスした。

智恵さんは拒まず、自分から舌を入れてきた。


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/29(水) 21:46:57.59 ID:u6xjXyHU0
部屋の中は無駄にだだっ広い上品な作りだが、中央に鎮座するでかいベッドがこの部屋が何をするための部屋なのかをあらためて思い知らされた。

「そう言えば俺さんと私って同級生なんですよね?」

智恵さんが、冷蔵庫からポカリスエットを出しながら訊いた。

「え?31?」

「そうですよぉ!」

そのとき俺の脳裏に、高校の風景がぶわっと広がった。

もちろん俺と智恵さんは、同じ学校でもないから「同級生」とは「同年代」という意味だが、「同級生」というキーワードが、30過ぎの男をサカリのつきまくった高校生に戻した。


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/29(水) 21:47:46.13 ID:u6xjXyHU0
電気を消して冷蔵庫の明かりだけになった部屋で俺たちは服を脱ぐ。

智恵さんがVネックのセーターと下のブラウスを一緒に器用に脱ぐと嫁とは違う趣味の、上品と派手と流行りを3で割った下着だった。

俺たちは二人同時に裸になると、二人同時にベッドの中に入り、俺が覆いかぶさると、それを智恵さんが引き寄せるように抱きしめセックスは始まった。


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/29(水) 21:48:44.90 ID:u6xjXyHU0
嫁のそれとは違う智恵さんの匂い。

香木系と言うのか、それにかすかに体臭がまじった香りに俺は興奮して、智恵さんの唇をむさぼると、智恵さんの両手は俺の肩のあたりを爪が食い込むくらいに握りしめた。

「ん…ん…」

すでに固くなっていた乳首の先端を、俺が手のひらで撫でるだけで、智恵さんは短く声をあげる。



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/29(水) 21:52:16.96 ID:u6xjXyHU0
俺が覆いかぶさって智恵さんの胸のあたりに何度もキスをしている間、智恵さんの右手は俺のちんちんを正確に掴み、軽く上下にしごき始めた。

そして首筋から鎖骨のあたりにキスをした瞬間、「っっあっ!」と智恵さんは跳ね上がった。

「鎖骨のそこのところ弱いから…だめぇ」

この場合のだめを素直に聞いてはいけません。かと言って強く責めてもいけません。

俺は、キスではなく舌先で鎖骨のあたりをゆっくり舐めた。

「あっあっ…あぁっ…だめだってばぁ…」



33 :下、無しにましVIPがお送します:2012/02/29(水) 21:52:59.07 ID:u6xjXyHU0
智恵さんはちんちんんだ手、しのをやめ、ちょののあたり指で撫で始め

くってヌっていたもんだから、俺変なこになってい

恵さんの おっさすってい俺の、智恵さ整のとれた体をすーっがって、手ぐりじる範囲ではやや毛深いかなと越えて、恵さんのま○指先が届いた。

最初濡れようが、軽く亀裂のところを撫でてみらどっと決壊してきた。

「ん濡れてる

智恵さんは左を抱沿しめて、俺の右耳のたりキスをし


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/29(水) 21:53:58.65 ID:u6xjXyHU0
(生で入れたい)。

俺は本能で少しだけ思ったが、その本能を忠実に実行しない程度には まだ理性はあったので、枕元のティッシュの下にあるゴムのパッケージを取り出すと、その封を開けて中身を出した。

「いい?いい?まだフェラしてあげてないけど…入れてくれるの?」

智恵さんは、普段はハスキーとまでは行かないまでも低めの声なんだが、このときにはすでに声のトーンが半音高くなって子猫みたいになっていた。

膝を立てて閉じている智恵さんに、俺がゆっくりと再度覆いかぶさろうとすると、智恵さんは両手で顔を覆いながら、脚を軽く開いた。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング, 純愛,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様