2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

彼女の乱交




まだ年程です。

自分にはで知り合っ5つ年下(1女がいした

顔は上戸彩てると言われおり、胸はCカップでしたが くびがきれいな体をしした。自分にとってはすくかわいい彼女でした

は性格的にすごくM気が強く とに彼氏についてき、事は何でも聞いてくれるというタプのコでした。

なり素間や社会のこどはまり知ら、まだ子供っぽさの残そんなイメージで当に心がキレイで思いやりのあ優しコだったと思って

しかし付初のクスのイメージが変わります

自分の部屋のベッ上で彼女を寝かせ、胸マンコを弄る普段から想像出来ないようで喘ぎだしました。稿

気持ちいぃ、おかくなちゃう」

ンコはかなり濡れてシーツにも垂れているようでした自分はその変わりようすごく興をしした

してさらに彼女が自分のになりこう言います。

Y佳菜「ちんちんあげ

そういうと 彼女は自の服脱がし乳首を舐めながら自分チンコを手で擦り始ました。チンコを触るつきが異常ならし湿、手でさわられただけでビンビンに勃っていまた。

この日まで彼とは当にっぽ婿象で、フェラをする姿想像出来いくいでした

し 彼女がチンを舐ます。サを根元から先まで丁寧に往復ていき、タマまで舐めす。驚きながらも気持ちよさらに興奮しました

、彼女がコ咥驚きがに達しました。

「ジルジ姿ュルュパチュパ」

いやらしい音を、彼女は奥まで咥えこみデープスロートをのです。あまの衝と気持ちよさで我を忘れそうあれほどの気持ちいフェラはあじわったことありませ

佳菜「もう我慢出来なくっちゃった、もていい

もう完したか我り、初のセックスといあったのでコンドムが無こと伝えした

自分「入いけど日ゴムな

Y佳菜「うくても全然いいよ

反応し驚きまし、迷うことなくすることにました。正常位かを入綿と彼女気持ちよさそうをあげます。

佳菜「あぁーん、気いぃ」

らしい使声にさらし自分腰を振続けますすると彼女は自ら正のまま自分広げて喘ぎます。

Y佳菜「んっあんっ、気持ちいぃ気持ちいぃ、おかしく

分はさらに夢中で佳菜をつます。しらくすると彼が上ると自分の上を跨ぎま。彼女慣れたてつきで自らマコに向か入れ、いしく腰を前後に振りしま

Y佳菜「ねぇ気いい宿アソコ持ち

分「あー気いよすごくいい

彼女の乳首をで触ながらさらに腰ります。

ぁーん、気持ちいぃ、あ、イッていい?」

夢中で腰を振っているうでそのまッてしまいます。の後、う一度正に戻って分も彼射精まし


自分いていました。こまで普段とのップのあるコに出ったことなく、それほど普段のY佳は純粋そうでとてもあ姿は想像出来ませんでした。自分しても気になり彼に聞きました





自分Y佳ェラかり上手く

Y佳菜「そうなそんない、で良かた」

分「こで覚あんなテ、初めて尿わったよ」

Y佳菜「え、別に覚とかじゃないよー」

佳菜って今まで人経験あるの綿しかかなり多いとか

菜「そんなことない人かな」

こんやりとりが最の日にまし。自分は多少の不感じつつも特に本気でていませんでしたあの日は・・

-----------------------

Y佳菜と週4〜5日は綿だった為、ちらかの家泊まり会う度にセックている状況でした

の疑うなくYき合ていましたが、決毎週土曜の夜から曜にかけ(車で15分)に帰る婿っていたのでうこはありまんで

付きい始婿月がたある日の夜、彼が自分の家からコンビ買い物にいきましたふとテールをると携帯をれて行っていました。

分はに負て、ろに携帯きまし

着信発信履歴を怪しいものはありましたが、ールるとを疑うよ込んできま

自分達のバイト先のS店長38歳)でした。

たよろしく友達連れくから待って

何故かドッとしまし。まだっき決まったわけいの、何も証があるじゃないのに

キドキしていると彼女帰って来ました

試しにいてみまた。

分「週も家帰る?」

佳菜ん帰るよ何でくの?

少し探りをい

「夜電話して簿い?

Y佳菜ど、出れなかったらごめんね親も一緒から

何の動揺も見ずY佳答えました。


分はどうしても気曜日Y菜の部屋に行しました。

かし 合なかったので 金曜の佳菜の当然のようにセッて、危険ましたが 合鍵を持すことに成功しした。

れる自信はありませんでした一応デジ用意ました。


そして土曜の夜自分は彼女のマンショの近くかが帰っいことながら待ていました

彼女は土曜の8時半にバイトを上がりまま実家に帰っいるはずした

しか時を過ぎた頃、Y佳菜が帰て来ました。自分臓は喉から飛び出しそうになるくらバクバクしていました。

もしかしたられ物来てそのまま実家に行くかもしれないとまだいる自分がいまし姿

恐るるドアの近に行と彼女はシーをようした。

ますす嫌な予感がしま


0時半過、確人物がY佳菜の部屋チャムをらしした。自分段に隠れていました

S店(30半?:以G)です

S店Y佳菜ちゃんSでけどー」

佳菜

るい佳菜が迎えます。自分の動は最高鳴っていま

分くい入え込み、決してドアをそーっとけました。あまり撮ていませしたが ここからをONにしました。それを参照しを報ます。


菜「ハ、そう

張してる様Y佳菜の声が聞こえてした屋は2DKで自分の場所からはガラス越に見える程したが声く聞こえした

ばらくと覚悟は決めていましたの電気が消え本当に始ってまいまし

ビはついま。チャ、ピャ、ピチャ

店長菜がープスをしようした

ね〜、おれは おっもらおうかな

ているようでがY佳菜をりなが脱がしているようした。

Y佳菜ん、Gさん気持ちぃ」

あっいう間に菜は裸にされ, 2責められようでした。


佳菜「〜気持ちいぃよぉ、舐められるとおかしくなっゃう

S店長「佳菜ほんと濡やすいなー」

菜「だあっあ気持ち、いぃはぁ

G「マジ過ぎ、ラ垂れてるじゃん」

いや〜恥ずかし、言


はソファーに座らされ足をM字にかれているよでした

は悲しい気持ちはもろんありましが、かつてたことのな奮を覚えていました。

のY佳菜があんなに普段いのに、自分とセクスしている場所2人を許していす。ンをさいるかクチュクと音が聞こえてき

佳菜「あ〜ん、ダメイク

「ほらイケ我慢しで」

「ヤダッ、クッイク、もッ、あ〜ん」

自分としいる時よりも何倍でいました。

店長佳菜イッた?相変わずいやらしいなー」



Y佳菜だって、ハァハァ持ちい」

Y佳菜ちゃんたまんないね、のもしぶってよ

Y佳

そういうとY佳湿菜はGのチンコを しゃり始たようでした。ジュチュパジュらしい音が聞こえます

G「気持いい、んの言ってた通こりいや

S店「Yつもやつは?」

佳菜「Gん反対いて立って

G「こう?」

Y佳菜「もう

分の目の前にいツに埋め、アルをめ始めました。めながらチンコをしごいのがっきりかり
した。

G「うわ、あーマ持ちい、こんなこ西まで来んのかよー

佳菜Gさん気持?」

G「あーマジ気持ちいよ、もうち我慢出来ないから抜いてよ」

Y佳「いい、このまま?咥える

G「咥えて」

がそとYGの前で膝をついてジュボジュボとやらしい音を立て、んッんッと声ながらしゃぶっました

「あーイク出出るよ、いいの?出すよ

の口に出したよた。S店コもされ佳菜の大き喘ぎ声聞こえきまた。S店長がソファ
に座り、Y佳菜がの上に跨っているが見えまた。

「あ〜ん、気持ちいいよぉ、S長の気持ちいぃ」

たまま上下振りディーキスしてますガラに見えるY佳菜の姿にたましてしていまた。バで突き始るとGも復活したようでY佳菜にしゃぶとします退

S店長「ほて」

「ハァッハァッ

ちバックで突かれがらGの腰の辺を掴みなえてまし

ガラスの上えやすい状態だったのでの時は はっきた。Y佳菜はりに合わせて喘いでいましたGはY佳菜の頭をフェラをせています。

店長「Y菜イクよー、あー出ッ」

Y佳「出して出して気持いぃ気持ちいぃ、あぁ〜ん

この時は、外出しのかに出たのか分かした。生だったのかどうなのかも。

しかし、間すに答えをの当
にしました。

G「生かよマジでいいの

菜「ハァッハァッ

そうすぐY佳菜があまし

佳菜ああああすごいすご、あん、調い」

聞いた事いすい声でY佳菜が喘ぎ出した。

「どうい?れのンポは?

佳菜「ハァッハハァッ、大きいよんな

Gは正でY佳菜わっているようでした。ギシッギシッとこえて来宿

佳菜「ハァッハァッ、ダメッ、すごいれちゃう」

れて欲しかったんだ?しゃぶってる時欲しっただろ?」

Y佳菜「うん、欲しかっの、大きなチンポたの〜

G「、ホントエロイな、氏知ってんのか

「嫌ぁ、それ言わなで」

っちのがいいんだ?彼氏俺のンポ?言ってみい?」

佳菜「嫌ぁ

G「抜いちゃぞ、ほ言ってみい

ぁ〜ん、Gさんの方がいい、おっきいのいい〜」

Y佳菜はその後も気持ちいぃ〜気持ちぃ〜を連発して何度もッています

分は絶興奮で訳らなくなってした。その後いくつかの体位で佳菜楽しみは射精にかいまた。

あーク、中に出していいんだろ?

佳菜「うんッ、ハァッハァ、中で出して、いっぱい出して

G「あー出るー」

菜「あんッ、あッ、てる出て宿るよー」綿

Y佳菜は2人の男に中で出され 気持ちさそにしいました

ものい現見てしいま中にこんな事があるのか信じられせんでした。その面、自分すでに3も射精
ました。こも新発見でした。

くなりましたので、続きはまた今度。

---------------------------

その、自分はこっちが来ないかビクビクしながられてまし。時間にて10いでょうか、Y佳菜はけなくなているようで、S店長Gが会話をしてい

G「このコまんないね」

S店長「いいでしょ?フェラうまいっしょ?」

長とY佳菜の関係想像来てきました。2人の会話はあまりきな声では無たのでこ上は聞こませんでした

時間は12時前、さすがにう何もなだろうと動き待っていました

G「こっちの屋何の?」

Y佳菜「あーダメそっちは開けな



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 乱交・複数, 相手の過去,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様