2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 

おすすめ記事

 

Pickup

 
 
 
 
 

嫁童貞の自分がビッチと出会って恋をした




http://toro.2ch.net/test/read.cgi/furin/1382789912/


1 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 21:18:32.88 0
嫁しか知らなかった自分が、飲み会をきっかけに社内のビッチと出会い恋をした話です。

ちょっと前の話になります。書き溜め等はしていませんが、長期出張で時間があるし失恋の空しさを埋めるために皆さんに聞いてほしいです。



6 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 21:32:54.34 0
すいません。立てていただいて感謝します。

書き溜めしておりませんので、ちょっとゆっくりと書いていきます。

お付き合い、よろしくお願いします。



7 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 21:37:58.01 0
初めてのスレ立てなので、つたないこともあるかと思います。よろしくお願いします。


まずは当時のスペックから。

自分
30歳

180/100

ガチムチ系

普通メン

既婚で小梨

結婚6年目



相手

33歳

150/50くらい?

Dカップ

かわいい系

既婚で3人子持ち



8 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 21:41:04.66 0
物語調に書いていきます。

自己満足だとは思っています。

質問等あれば、可能な限り答えていきます。

よろしくお願いします。



2 :γGTB ◆ts2Sh45A8E :2013/10/26(土) 21:22:21.76 0
嫁童貞ってどーいう意味?



9 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 21:43:56.88 0
>>2
嫁さんが初めて付き合って初めてHした人で、それ以外は知らないって意味です。


彼女との出会いは、数年前の会社の忘年会でした。

会社には魅力的な女性がたくさんいましたが、自分に限って彼女らと何か関係があるような事態になるとは思っておらず、毎回浴びるように飲み、トイレでグロッキー→タクシーで強制送還を繰り返していました。



10 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 22:04:22.96 0
その日も浴びるように飲み、後輩に説教をたれていたようで。

そしていざ帰ろうとしたときに、この物語は始まりました。



11 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 22:09:16.15 0
居酒屋の外にでると、風俗街へ向かう人、また居酒屋をはしごする人、帰る人とみなチリジリに分かれていきました。

正直、自分は まだ飲み足りなかったので先輩に声をかけようとしたのです。

しかしその瞬間、コインパーキングの車止めに力なく座り込む彼女の姿が見えたのを今でも覚えています。



12 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 22:11:50.45 0
さすがに時間は23時を過ぎており、酔った女性を一人残せないと思った自分。

先輩に『他の社員さん連れて、飲みに行ってください。自分はあの人タクシーに乗せて帰りますから』その言葉を聞き、先輩は残った社員さんを連れて別の居酒屋に向かっていきました。



13 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 22:14:35.26 0
ここから、彼女の名前が頻繁に出てくるので、仮に彼女の名前を『かおり』、自分の名前を『ゆうじ』として書いていきます。



14 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 22:17:25.57 0
『かおりさん!大丈夫ですか?』

そう自分がいうと、彼女は「トイレに行きたい」と告げてきた。

すぐにスマホで一番近いコンビニを探す自分。

検索に引っかかったコンビニにかおりさんをつれて行った。



15 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 22:20:47.73 0
『もうすぐ着きますからね!大丈夫ですから!』

彼女を少しでも安心させようと、とにかく声をかける自分。

つーか、この年でおもらしなんてさせらんないよねwwww


なので、少し早足でコンビニを目指した。

かおりさんはコンビニにつくなり、トイレに猛ダッシュ。

自分はその間に、相当酔っているであろうかおりさんのためにミネラルウォ―ターを購入し待っていた。



16 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 22:23:37.69 0
用を済ませ、かおりさんが出てくる。

『これでも飲んで、落ち着いてくださいwww』

やべー俺、優しいwwwなんて思いながら、買った水を差しだす。


しかしかおりさんは、なぜかまたモジモジしだし、こうつぶやいていた。

「どうしよかな・・・会社の人だしな・・・」



17 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 22:36:31.18 0
どういう意味だろう?そのつぶやきを聞いた、率直な自分の感想である。

あ、もしかしてかおりさん、飲み直したいのか?そう思い、飲み直しますかwww?

と聞く自分。しかしこの時、すでに4回マーライオンしている自分はアルコールなど飲めなかったWWW


かおりさんは「そうだね!飲もうね!」と言って、コンビニに戻りビール6缶パックを購入してきた。



18 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 22:41:37.97 0
買ってきた6缶パックをどこで飲むのだろう?そこにあるベンチで飲むのか?

嫁童貞な自分は、何も考えていなかった・・・というか、酔いすぎてフラフラで何も考えられなかった。

それでもそんなに治安の良くない夜の街。女性一人を守ろうと必死で周りににらみをきかす。

そんな時、かおりさんが一言こう言った。


「ねえ、行く?」




19 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 22:44:13.97 0
『どこ行くんですか?』

そう言いながらも、自分はかおりさんを片手で抱き寄せていた。本能的に、どこに行くのかわかっていたのだろう。

「えー決まってるじゃん・・・とりあえずタクシー拾って」

言われるままに、タクシーを拾う。

「○○の近くまでお願いします」

かおりさんが告げた行先は、有名なホテル街だった。



20 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 22:50:44.06 0
タクシーの中で、自分は平常心を保つよう心掛けた。

『の、飲むだけですからねwww別になにもしないっすよねwww』

さすがは嫁童貞・・・ここにきてめちゃくちゃ動揺する。

かおりさんは、ずっと自分に対してにこやかにしていたのを覚えている。

タクシーに告げた目的地に着くと、サッとお金を払い「さ、降りて」とかおりさんに言われる自分。

「高校生の頃、よく来たホテルがあるんだよね・・・」

いろいろと突っ込みたかったが、黙ってついて行った。



21 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 22:53:29.73 0
「あ、ここもいっぱいか・・・」

年の瀬の仕事納めの日に、世の中の人はみんな張り切っているんだなと感心する自分。

そして、空いているホテルを発見し喜ぶかおりさん。

「ここでもいいか!さ、入ろう」

部屋に入ると、とりあえずテレビをつけて自分を落ち着かせようとする。

俺は夜中の教育テレビをみるんだ・・・かおりさんには何もしない・・・。

しかしこの後、かおりさんが数段上であることを知るとは思いもしなかった。



22 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 22:59:08.87 0
ベッドの枕元に座り、足をブラブラさせながら買ってきたビールを飲むかおりさん。

かたや部屋の隅っこのソファーでテレビを見る自分。

「・・・気持ちが悪い」

かおりさんがつぶやく。自分の優しさレーダー(笑)が反応し、かおりさんのもとに行く。

隣に座り、『大丈夫ですか?』そう聞くと、かおりさんがこちらを向いてこう言った。

「隣に座ったら、ダメじゃん・・・」

かおりさんにすっと自分のメガネを外され、動揺MAXな嫁童貞www

畳み掛けるように、かおりさんの唇が自分のそれに重なってきた。



23 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 23:01:10.18 0
これってなんの週間実話?


26 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 23:06:24.72 0
>>23
自分の実話ですwww

すいません、なんか釣りっぽいかな?文章がそう思わせるのかな?

最後まで読んでいただいて、皆さんに聞きたいことがあるんです。


それまでダラダラ書きます。すいません。



24 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 23:03:21.34 0
言い訳になるだろうけど、とにかく我慢した。

この決壊を許せば、とんでもないところにいってしまう。

しかし、いったん決壊した流れは止められない。

理性はとび、本能のままに動く。

人間ってのは、根底ではやはり動物なのだ。お互いが本能のままに求め合う。お互いが本能のままにささやきあう。

今まで理性という仮面で隠していた、本当の気持ちをぶつけあった。


27 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 23:08:23.33 0
おもしろいw


29 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 23:16:19.62 0
>>27
ありがとうございます。とにかく書いていきます。

・・・回想

自分は、前からかおりさんのことが好きであったのかもしれない。

会社に入った当時、かおりさんは高嶺の花のような存在であった。

年も近く、かわいい笑顔と、時折みせるツンツンした感じが良かった。

3児の母とは思えないようなプロポーション。

こんな人と、一度は・・・そう思っていたのは事実だっだ。


ただ、今までの自分の人生経験上そんなおいしいことなんてなかったのも事実。

常にいい人どまりの自分。今の嫁と結婚できたのが、唯一の出会いだったと思っていた。


30 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/26(土) 23:21:46.57 0
時刻は夜中の3時を過ぎていた。

ひとしきり、お互いの体を重ね合わせ疲労感と達成感、幸福感に包まれた二人。

そろそろ現実に戻らないといけない。

「そろそろ帰らないとね。」

かおりさんが起き上がり、下着をつけようとする。

自分はすかざす後ろから抱きしめ、ベッドに横にさせてキスをする。

彼女の存在を確かめるように、自分の中に彼女を刻むように、長く、濃く、キスをした。

「んんん・・・もう終わりだよ〜☆」

かおりさんは笑いながら自分を振りほどく。




>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:浮気・不倫, 職場恋愛, 胸キュン,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様