2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

忘れられない小学生の頃から好きだった子の思い出





428 :えっな18禁ん:2007/10/09(火) 13:20:54 ID:O3DJNFlv0
小6のとき、スにをやっててものすごく脚が綺麗な女の子がいた

かな、クラスのびぬけて大気を持っていた


日のこと、放床の油がけをやらねばならないとがあり、彼女と二人でことになっ。確、宿題忘れた罰とかそんだったような気がする

でひたすら机をを拭いて油がけ・・っていた

俺はズボンであったが、彼女はスト姿

の雑巾とき沿ブルマ完全に丸見え、綺麗な脚もわになっいた

たから彼女がまったくなかもしれないが、俺はその姿をてかなり興奮していた


429 :えっちな18禁さん:2007/10/09(火) 13:24:01 ID:O3DJNFlv0
1時間少しで油がけも終わり。油が乾くのを待っていたときのこと。

俺は彼女と新体操の話をしていた。

「新体操ってどこでやってんの?」とか「他にやっている奴はいるの?」とか。

で、話の流れでふと「脚が綺麗だよね」ということを彼女に話しかけた。

「え・・・・そんなことないよ」

彼女は否定するけど、事実は事実。

「いや、すらっとしてるし、ほら俺なんか毛が生えてるし」

「毛は私も生えてくるけど、剃ってるだけだよ」

ふと彼女の脚に目を落とし、そして彼女の顔を見ると少し恥ずかしげな感じだった。


430 :えっちな18禁さん:2007/10/09(火) 13:26:53 ID:O3DJNFlv0
「さわっていい?」

俺は唐突に聞いた。彼女は見るからに狼狽している。

「え・・・・・・少しだけなら」

聞くやいなや、俺は椅子に座ってる彼女の前にひざまずくような感じになって彼女のスカートをめくりあげた。

彼女はとっさにスカートを元にもどそうとする。先ほどまで明らかに見せまくっていたのに、不思議なものだ。

そしてもう一度彼女のスカートを捲り上げる。すらっとした脚、そしてその先には学校指定のブルマー。

いつも体育などで見慣れてるはずのブルマーであったが、隠されているものがあらわになると呼応分するのはなぜだろう。

俺の股間は勃起していた。


431 :えな18禁さん2007/10/09(火) 13:30:08 ID:O3DJNFlv0
膝のほうから沿うよ彼女のももをなでたつるるしていて何か気持ちいい

分もかに気持ちよたが、いわゆる「内股」の部分を触るほうがも持ちよかた。

は彼女の内股をひたすら触り続けた。

視線は下にしながら、彼の顔を見とがくて。

ふと、触った手が彼女の股間のブルマー部分に触れる俺は事もなかったかの振舞


思えば、に手触れはあれめてのかい。

とに10分ぐらい触り続け西ろう。俺たちはま沿と椅を元に戻して掃除を終えた。




432 :っちな18禁さん2007/10/09(火) 13:32:43 ID:O3DJNFlv0
それから放課後などにたまわららって

触っいるき、二人には会話はい。

ただ、俺が下を向きなが、時々ブルマーに手れるが何もいフリをいた

まるで「わざとじゃな、今の」とアピール姿かのよ

彼女特に婿ようとしない

女の吸だけが静か聞こえていた。


433 :えっちな18禁さん:2007/10/09(火) 13:35:40 ID:O3DJNFlv0
ある日のこと、またいつものように彼女に触らせてもらおうとたずねたとき、彼女がはじめて拒否をした。

今までしつこかったからかな、とか考えて少し沈んでいると彼女がフォローしてくれた。


「ううん、違うの。今日ブルマーはいてないの」

その日、体育もなく、ズボンを穿いてきていたから彼女はブルマーを穿いてきていなかったらしい。

でも、そんなの関係ねえっ。

俺は別にいいじゃない、とかお願いだよー、とか彼女に懇願した。

彼女はしぶしぶ了承してくれた。


434 :えっちな18禁さん:2007/10/09(火) 13:38:55 ID:O3DJNFlv0
この日はというと教室でなくて体育倉庫に放課後に行った。

ズボンを脱いだ状態で見つかるとかなり不自然だろうと考えたから。

奥まったところで二人はしゃべる。

ここまできたものの、なかなか勇気が出ない俺はずっと機会をうかがっていた。

でも、いい機会がこない。

このまま時がすぎても何も得るものはないので俺は彼女に訴えた。

「じゃあ、ズボン脱いでそこの平均台に腰掛けてくれる?」

彼女は黙ってズボンを脱いだ。


435 :えっちな18禁さん:2007/10/09(火) 13:41:51 ID:O3DJNFlv0
彼女の穿いてのは白のパだっ全に無地もの。

をぴったりと閉じていたが触りだすにしたがって脚た。

づけンティーがしすけていて、その下に々と毛があるに取るようにわかっ

俺も若干は女ほどでない。

俺は興奮した。

そしていもよく彼女の股間れた

もう、ざととば


438 :えっち18禁さん2007/10/09(火) 13:49:20 ID:O3DJNFlv0
したってくると、ティーの股間の分が少しれてぽつんと点浮かんでた。

今から思うと彼女が興奮して濡れきたのだろうけ、そのときは別なんともわなかった。

しっこかなか思っただけのこ

続けていくとなって気にって仕がなか

ンティーの奥はどうなっているのか、と

毛は透けて見える、実際どのくら生えているかわからないし、そしてその下にある股間の部分もどうなっているのかを知りたかった。

女のティーをうとかけ

彼女は抵抗しようとするが、俺の手のほかった

るり。

女のパン ティーが半分た。


439 :えっちな18禁さん:2007/10/09(火) 13:53:18 ID:O3DJNFlv0
黒々と毛が目の前に現れた。

こではめて彼女が口を開く

「もう、沿何するの退

「毛が生えてるんやね

彼女いかけてた。

非常にずか稿うに声をした

ぐらい・・・えてるわよ

黒々とした毛ランスに俺はよりいっそう興奮した。

そしてここまできたらもう後戻りはきない。

俺は女にいてみた

「パン・・・・脱いでくない?


440 :えっちな18禁さん:2007/10/09(火) 13:54:02 ID:O3DJNFlv0
続く。
ちょっとまじめに仕事します。


442 :えっちな18禁さん:2007/10/09(火) 14:00:52 ID:UQ1IU/MC0
これは期待


444 :428:2007/10/09(火) 18:03:12 ID:Rij7jcLaO
「いやっ、絶対にいやっ!!」

彼女はそういうとズボンをはいて逃げ出すように体育倉庫から出ていった。

しまった、調子に乗りすぎた。俺は後悔した。


翌日、俺は彼女に謝ろうとしたが、彼女は意図的に俺を避けているようだった。無理もない。

彼女の脚が綺麗だから触りたかっただけ。彼女からすれば自慢の脚が褒められるのは気がいいものだ。

それなのに俺はエスカレートしてパンツを脱ぐように言ってしまった。失望されても仕方ない。

でもすごく気になっていた。思考が、彼女のことで回る回る。


447 :えっちな18禁さん:2007/10/09(火) 18:09:15 ID:Rij7jcLaO
その日、学校が終わると同時に俺は走った。彼女の家に先回りするために。

どうしても、どうしても謝りたかった。

たどりついた彼女の家の前で何分、いや、何時間待っただろう。

彼女の姿がついに見えた。

彼女は俺を見つけるとなんとも言えない顔になったが、俺は話しかけた。

どうしても言いたいことがある

俺達二人は場所を変え、彼女の家の近くの神社へと向かった。無言のまま。静けさが余計に時間の経過を早くさせるように。


448 :えっちな18禁さん:2007/10/09(火) 18:13:01 ID:Rij7jcLaO
につくなや、俺は口開く。

ごめん、昨日は調子に乗りすぎ

んまやでか軽リで返してくれたなら楽だったのに。彼女は無言のまま


いっそう時が流れ気がし

ふと彼の頬を涙が伝う

俺は慌てた。誰かからかって泣かせたこと多々たがの重みが違う

今もそうだが、剣な場になるとかなりうろたてし

時もそうだった。

いや、あ・・・・

言葉にらない


449 :えっちな18禁2007/10/09(火) 18:15:14 ID:Rij7jcLaO
あの、おえの当に好きからっ」

ようやく頭に浮尿かんだ言葉。なとかなとか泣き止んたく。でも嘘のい本心のった

繰り返す

の、本当に好きから」

を見。俺は真っすぐに彼女目をえて。

ふと彼女が

も、M君が好き・」

曲解


451 :えっちな18禁さん:2007/10/09(火) 18:19:56 ID:Rij7jcLaO
「脚、触っていいよ」

混乱する俺に彼女は言う。

そしてスカートをまくりあげるとブルマーからすらりと脚がのぞく。

正直、彼女の脚に興味はあった、女の体に興味はあった。

ただ、彼女が好きかどうかとなると・・・・・これは今の思考。


当時の俺は迷いなく彼女の脚に飛び付いた。内股はもちろんふくらはぎもすべて触った。なめらかな感触。

しばらくして彼女はか弱く、搾り出すように言った。

「パンツ、脱がしていいよ」

空には夕焼けが広がっていた。


457 :428:2007/10/09(火) 19:49:48 ID:O3DJNFlv0
とまどった。

昨日の今日であり、少し躊躇しながら触っていた俺にふと降りかかった言葉。

具体的には股間に一切手を触れてなかった。

もう彼女に嫌われたくない、そしてこの至福の瞬間をなくしたくなかった思い。

晴天の霹靂。ただ、それでも躊躇する。目の前のブルマーをおろすことができない。

覚悟を決めた彼女はただ止まったまま。決断するしかなかったはず。

秋の最中。夕暮れを過ぎて少し肌寒くなった頃。

それでも、汗が流れるかのように、緊張が続く。


458 :えっちな18禁さん:2007/10/09(火) 19:52:52 ID:O3DJNFlv0
「パンツだけでブルマーはおろしたらいけないのかな?」

我ながらつまらないことを聞く。ただ、一言でも発しなければ空気に押しつぶされてしまう。沈黙の重圧に耐え切れなくなってしまう。

それは彼女も同じ思いだった。

それででも搾り出すように言う。

「早く・・・・・・・」

俺は目の前の布を足首まで下ろす。

目は正面を見据えたまま。

彼女は押し黙っている。




>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様