2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

小学生の時から知ってる女の子のこと想い過ぎたら大変なことになった





1 :名無しさん@おーぷん:2015/09/28(月)23:58:31 ID:RJb(主)
レを西るのはめて

うまったら最後話したい


ちょとありきなんだど、レタイずっ好きった女子話をし


ペッ



24歳

職業看

服がよく似な子

笑う子でがり屋

さが




26歳

色黒の酒好き



3 :ん@おーぷん :2015/09/28(月)23:59:39 ID:RJb(主)
手の仮に綾子す。

俺が子と初めてあったの学生った

身が九州らし、東る小学校然転向してきた


のときの挨拶が少し九訛りをし、容姿も可愛い沿ったからすぐに学中で有にな

理科の実験を熱してうなって授業のとき、たまた二人ペアになり、そこ初めて俺は綾子話した。

ルコーンプにッチつけるのだうまくマッチに火をけれないでいた。

ず嫌いなの度もトライしては失敗していて、を見たッチい取って一で火をつけることに成功した。

こで「ど、スゴ使いべ!」とどや顔てやたったwww

そしたらわっ!君すんだ使子が笑顔小さく拍手してくた。

子がすご愛かった


から綾子は会うたびに挨拶してくるようになった。

時は好きか嫌いとかそういう情はまだなく、俺の頭ゲームでめ尽くさていた。

だからお互い事もなく小学校活を終える。




7 :名無しさん@おーぷん :2015/09/29(火)00:01:28 ID:PDj(主)
中学に上がったとき、俺は兄貴が陸上部だからということでなんとなく陸上部に入った。

そしたらたまたま綾子も同じ部活に入っていて、同じ長距離走の競技になる。

ゲームばかりしてきた俺は足が早いわけでもなく、長距離走るなんて考えてもなかった。

なら なんで競技が長距離走なのかというと、綺麗な女性の先輩がいたからまんまと釣られてしまったのだ。思春期だから仕方ない。


そんな俺の考えなんて綾子は知らず、「俺君、一緒に頑張ろうね!」と意気込んでいた。

ちなみに同じ競技で同年代は俺と綾子だけだった。

綾子とは学校のクラスは違うが、部活で頻繁に会うようになる。

やはり動機が不純だったが為に俺の足は綾子よりも鈍足で、普段は男女で練習内容が違うのだが俺と綾子は同じ内容だった。

別に綾子なんか眼中になかった当時の俺は、綺麗な先輩の尻を追いかけて部活動に参加していた。


もちろん、練習は真面目にやっていない。

というか記録を伸ばそうと本気で走っておらず、丁度いい綾子のペースにずっと合わせていた。

だからタイムもほぼ綾子と一緒で、練習中もずっと綾子と一緒。

綺麗な先輩はペースが速すぎて付いていくと疲れるから、滅多についていかなかった。


そんな俺と綾子の姿をみていた同級生から、いつしか夫婦なのかとからかわれるようになった。

この頃から、綾子のことが気になり始めたのかもしれない。

もちろんプライマリーは綺麗な先輩だが。


本気で綾子のことが好きになったのは大会のときだ。

俺は予選でいいタイムを残せず敗退となった(正直悔しかった)が綾子は決勝まで進んでいた。

たしかに、この頃の綾子はだんだんと速くなってきており、ペースを合わせてついていく俺の苦労も増えていた。

決勝レースが始まる少し前、偶然にもウォーミングアップをしている綾子と会うと元気よく声をかけてきた。



10 :しさん@おーぷん :2015/09/29(火)00:02:51 ID:PDj(主)
のときの会話はよく覚いる


綾子「あ、俺君!」

俺「調どうー?」

正直怖いよー、こ来たのに負


子はそうに微んでいた


俺「大丈夫だよ。 綾子、近速い準決勝のタイムとか一番だったし。 いつも通走ればいいべ」


綾子「い通りていわれて俺君付いてきてれなゃいつも通りじゃなー」


いやや、いつも通りそういつも通りじゃないからw」


子「え!」


、しっと応援するからさ、優勝して俺もとってくれよ」


子「俺君、いつも応 本当にしっかり応援してくれるの?」


綾子には俺のヤル気なさと行全てをばている。先輩を追いかけて同じやっているっていのはばれてないはずw


ガホンてするから安心しろて」


声出さきゃらね?」


俺「たよ大声で応援するってw」


姿「うん、なら安心だ君、ありがと! 緊張とれたかも! 俺君仇とってく!」


そかそか、んじあ頑張ってな」


会話を簿俺なりに気づいたこった。綾、し俺のことてくれてたって。俺も俺で、綾子のこと無意識見てるんだな

もいいよな会話で、綾子のことが気になってんだと、そから異して綾子を意できるよなった。



13 :名無しさん@おーぷん :2015/09/29(火)00:03:40 ID:PDj(主)
大会の結果としては見事綾子は優勝した。

一位の賞状をもらう彼女の姿はとても眩しく、どこか遠くにいるような存在に思えた。

近くにあったものが遠くにいくと感じる切なさはなんなのだろうか、中学生の俺にはまだわからない。


綾子が大会で優勝してから、綾子とは距離をおくようになってしまった。

意識できるようになってしまって、彼女の近くにいるのが心境的に恥ずかしくなり、何とも言えない若さという謎の理性に狂わされていた。



俺は練習の時も綾子にはついていかず、本気で走るようになる。

同級生達に夫婦喧嘩したのかとからかわれ、いつもはなんともなく聞き流してたが、かなり恥ずかしさを感じるようにもなる。


そんな時期を過ごしていたある日、綾子が練習中に転んでしまい、腰を悪くしてしまった。

打ち所が悪く、治るまでに時間がかかる。

綾子が大事な大会を控えていたのだが、怪我のため出場を諦めることになった。

落ち込んだ綾子の顔をみるのがすごく辛かった。

辛いのになにもしてあげなかった当時の自分がいまでも情けなく思う。



綾子は練習はできないものの、部活のほうには顔を出していて練習風景をみていた。

この頃は中学二年の冬で、受験の話もちらほら出てきている。

それと同時に、綾子が関東に引っ越しするという話もうっすらと流れてきていた。

それから綾子の怪我が治らず1ヶ月ほどしたあと、綾子に誘われて初めて一緒に下校した。


綾子「俺君、最近がんばってるね」

俺「先輩が引退したから当然」

物凄くカッコつけてるつもりの俺。意識高いアピールしたかった。




16 :名無し@おーぷん :2015/09/29(火)00:05:06 ID:PDj(主)
綾子「君、啓子先のこと好きだったなもっとら頑張かったにな


俺「は?ちっ、、なんだ!んなわけねぇべ!


突然の爆弾発言にテンパりまくる俺。んな俺をみて綾は楽しうに笑た。


綾子「俺君ってわかりやいんだもん


「うるさな。 俺らかうたに誘ったのか?


綾子「ううれもいいけど別に話しいこがあて誘だよ


、まさか、告白する子め、ついに動たなwww

本気でそうって、俺は身構えた


子「私ね、お父さんの転勤に合引っ越


俺「え」


「噂聞いと思うけど俺君は直接って便いっ思っ きっと中学で番話したの俺君だか


あのときの、彼のどこか寂そうな笑顔がいまだに忘れな

はなんて返事らいいかわからなってしま。俺のバカ。


綾子「いままありがね、俺君。部活い記録てこれたのもいつ練習で私を追いかけてきてプレッシャーを与えてくれてただよ。夏大会ときも緊張くれたよね。啓先輩ときしか真応援してなかったのに、あのときはしっかしてれたよ


のと すごく張っかを使えようとしていたんだと思う。俺にはそれがわかなかった。

ただ寂しく感じた。

で携帯電なんかもってい、学を転校したら最後だとも考えていた

本当稿子と。

そう思うしかない心境った。

じ心境ったか。

ああ、だから帰り際に誘ってれたんだ

で女から誘わてるよ。

、情けない



17 :名無しさん@おーぷん :2015/09/29(火)00:06:25 ID:PDj(主)
なにか言わなければいけない。本能的にそれを感じた。

何を言うか考える余裕なんて当時の俺には持ち合わせていない。

俺「大丈夫だ。保証できないけどいつかまた会える。いや、違う違う!いつかまた会おう」

ありのままに自分が思っている不満を、フォローするかのように口に出していた。自分を救うための言葉だった。


綾子「もう、そんな恥ずかしいこと言うから夫婦だってからかわれるんだよー?」


俺「ぐぐぐぐ…!」


綾子「でもね、すごく嬉しい。なんだか安心できちゃったよ。約束だからね?」


俺「あ、ああ」


綾子「俺君、本当にありがとう」

綾子とまともに話したのはそれが中学生最後だった。

彼女はそれから間もなくしてすぐに関東へ引っ越していった。

いつかまた会う約束。

これだけが俺と綾子をうっすらと繋げてくれていた。


俺は高校になった。

なんとか受験に成功して、超バカ高校だけど公立の学校に進学できた。



18 :名無しさん@おーぷん :2015/09/29(火)00:07:07 ID:PDj(主)
中学で部沿引退してから、にパソコ配置ゲームにはまり、高校生活は灰色だ綿たが個人的に納得のみ方をしていた

ち始め当時はーというSNSが流行っていて、当然俺も仲間と一緒にじめる。


同じ学年でアイド存在の子の記を読むのが俺の趣味でもあた。

も、学一緒だった友人の日記や、れの啓子先輩日記もかりと監していた


そんな日、啓子輩の記にあるが載た。

子の写真だ。

緒に事にいったらしく楽しそにアイスべている綾子の姿が写っていた。

透かは画像を保存した。

してプイベーォルダーにリティをつけ、じっくりと真をる。

女の姿みるのは三年振りったが、すごく綺になってい

子先輩よりもいいんじゃないのか?そんとさえ思った記憶がある。


子先輩のペーに飛び、友達のリンク

もしかしたジがあるかも知れないと思っらだ。

かしつからなった

子先輩に直接聞くのもあ、告白して振られており、そんな人に聞くは抵ってできないでいた。

一、知れた情報いうの輩の日記にかいてあった望進路

やら看師になるために大学にいくらし


看護師か

の俺は職業にあまり詳しくなく、看護が良ればれないう覚しかなかった





>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, 純愛, 胸キュン,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様