2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

最高の形の意趣返し




う5年ぐらい話ですが・

A子、大時代サール仲間で、小柄鈴木あみにた顔立ちだっ、サのアイドル的な感じでした。

大学卒業前の飲み会で距離が近くり、付き合いだして、そのまプローズぐに結婚。


当初は うまくいってたので、結婚ぐぐらいから夜のほうをはじめてックスレなりまし

、付き合ってた頃から、A子セッきではと言ってましたし(ではなったですが)、それもあっもとも あまり多くなかっ それほど気てはいませんでした。

だ二人ともかったのでまだでいいと思ってまた。



クススにって2年過ぎたありのた。

を出たら、30前後ぐらいツ姿の女性ってり、こっちて会しなが近づいてきました。

も高く人と言えるスタイルもったんでょっと綿つつんだうと思ていると「Bの妻のC美と言います。俺さんにって来ました」言いした。

Bとに聞き覚えが無、はぁと返促さるままに近くの喫茶店に入りした

に言いますと私の夫のBとあたの奥様のA子さんは、にあます

「はぁ?」

初は何を言わてるかさっりわかりせんでした意味がいんでが・言おうとた瞬間にC美、かばんら てきと書類を出して机の上に

存知たようですね。とりあ、こ寿ださ

える手で類をつかみ、と見ていきま

どうも浮気調査の結果のようで何何日何会って、とか細かい内容いてあした。

付けられてるのもり、見知らぬ男と腕組んでホへ入るころと出るところを撮影さるのはいなA子でし

C美は、知らなかっなられるのも無理はせんね、告げて淡々明してまし


Bは、A子と高校時代の師だったと。

関係は、再た2年うこと。

2回期的に会ってること。

を見てくとなんとウチにA子がBをえ入れてるあり、土曜日に、毎週ウチていたようで土曜は出社日)

は離婚すつもですでA子さんには慰請求させています。俺さんは どうされるか任せます、A子さんと離婚されるおつもりでしたら資料をお貸しします。

にあて有利になる殿います。とC美々と話まし

えっ・ちょっとけ時もらってですが、まりに然のことょっ混乱してしまて」

無理もなす。いずれも すでに弁護は相談宿ヶ月以内には、おへ主人と伺うつもりですので そ綿どうれるか考えてくださ

C美はそういう手際よ料を片付けて俺の分も喫茶店代の払済まきまた。


俺は その後1時間、喫で悩んだ末帰らないわけにはなったので家にました

A子 いつどおりの顔でかえ言ってくれま、俺はとても顔まともに見ることが出ずに、今日は疲れたので すぐ寝ると言って部屋に篭りました。




A子てると今日の喫茶店の話は悪い夢だったんじゃと思えてきま

けどセックスレスそれほど気にはい別の男とやっていたとなと話は別す。もやもやにかがれませ


んな気分で迎えた休日、俺はA子には買い物と出かけたらと告げ、外した

A子、そなことを言う俺は訝しがってまたが、ういのならと出きました。

んな姿見てると とても浮気していは思えずが鈍姿でしえていたとおり、室と居間にカメとマイクを仕掛け

インターネットやっていたものの、AV機には疎く、いろいろネトで調末に購してきたものです。

事、カメラもけ終り、俺にとって今までで長い一間が過ぎした。


な どきどきがとまらないまま、イホンをつけ使屋の明かりもつけずに土日の画を確認した。

「センセおかりーーーー」

A子の明るい声が入ってまし

かえりってどういう

ない男の声で ただまとっていましたが、ちらは あ元気のある声はありまんでし

「じゃーん、今日殿こんなのを出しました。実家からったの。高校のとの制服ーまだも捨てたものいでしょ?センセこうの好きだし

なんとA子レザ姿でし、というかこんなA子はたこともない・

真で見たBの姿

「あのさ、今日話に来たんけど・・

えーー、さきにえっしなかくて待ってにー」

「いやなんかさ気づてるような気がするんだだから、しばく来ほう・・


ャン!ときなりきました西

俺も心臓まるかと思うほどっく稿した。

「なんで?!どせ離婚んでしょ!いない

いや前にも言ったとだ離婚はきないよ、いるし、て俺君が居るじゃなか」

それはンセが離婚してれないかでしょセンセが婚してたら、沿のほうは す俺君と離婚するわよ稿ともきで結婚したんじゃないんだ

を何衝撃を受けまどうことだ・・

それはちょと俺に かわじゃか?彼は君ことがなんだろ?

「俺君の気持ちなて どでもいいんゃなが好きなはセセだけ」

いいながらA子はBの腰たりで もぞぞしじめ

「センセと こうことしようとするきそなるんだもの。センセが私を高校の頃にこんなにしたんじゃない

Bはううめきました。

・・・フェラしてやが

俺はむこすらなかったに。

ぉら?きもひいでひ?ほんなにおおひくなっるひ

しゃぶりながら喋るA子は とても俺が普段知ってるA子は思えません

を離すと手だけBの股にあま、Bに顔を近づけ言いまし

センセだって奥さん こんなこしてらったことないってゃなの。私だった なんでもあげるよ。毎

「で、でもさすがにいろ私にも立場がって・・・」

A子は、また咥えはじめまし

Bはぶつぶつとまだ小で何か 言ってましたが聞き取れず、そのままうめき西げてした。どうやらイったよす。

Bは開き直っのか、そのままA子のスカーをまりあげて前戯もせずに後から突き入れました。

モチイイ、好きとしてるとかA子獣じみた叫びをげながら受け入れてました。


俺はさがに耐え切れず、ヘッドホをはずて動画だけ早送りしました

A子騎乗位で振ってたり、Bの身に舌を這わせて喜でいたりといシーンが矢継ぎ早流れていきまた。



終わったは脱力した。

立ち怒りこかへいってしまうほどのショックでただ脱るのみでした。

俺の心は決まり、C美へ電しまし

ですがもA子離婚することた」

うですか、と感情も見せずに淡々とC美に少し腹が立

「例の資料らうだ申しないで私証拠をりまた。それをお渡したのでが」

拠はもう充ある・といC美にそうずにで会う約束をしまし

DVDにして持っていき、お互いにを渡してれました。


にな動画内容を思い返して、A子ほうがBに惚れるのは間違い無さそうです。

代というからには、家庭教師のころあったでしょう。

の知てるのクスにする潔癖なA子とは別人のよう乱でBに仕してました。

あ、実は潔癖でもなんでもなくBに操を立てただいうのが本当だったのですが・・・


いずれにしろ、話の中にあったようC美Bをかりと捕まえて、こんなにはなたんないか・。

らか時でもっていたのですが、そういう気持ちになてた確かでた。



そこら先展開早かったです

BとC美はウチへ訪れ、A子の慰謝請求の話護士に任せた旨をした

俺もその場でA子離婚したい旨を申入れ、慰謝料求をさせてもらうと話をしました



A子は、夫と浮気相手の妻から同時に慰謝を請求され、窮地にたさるはずなのに、満面のべてした。

Bはただ喜んいるA子とは照的赤い目をしたまま、ただうなれていた。

でに こういうることを覚悟してたので、そのときはあまり宿はありませでした。

そのきは、俺はなぜかC美が気になり、C美をじっと見てましたが、気の話を告げたきと変わらない表情で淡々とてました。

押しってBが帰間際、俺に向かって「謝っ済むこといけど、君にないとをした」とだけました。

俺は「いえ・・」としか言えませんでした。

直、この状況で喜んA子気味悪さ、悪感と対照Bに対失せてがわかりまし



日のにA子は実家へ帰し、実家A子の親から、言葉けのを電話越で受けまし

C美と俺への場から考ると かなり高でしたが、A子の親は裕福でしたし、一人娘だったのどちへの慰謝料も一括い込まれました

離婚届もA子かられてきのに捺が提して終わりを告た。

あぶく銭だけが残り、ど夫婦子供が居たのは幸いだったなという変な感慨だけがりま



それから宿年後C美簿がありました。

「話をしたい間取ますか?」と・

俺はんとなく気になっていたあって、会にいきした

の二人入れたみすね」

俺の顔を見るなり、C美はそうました。

ぁ、うですか

「あまり驚かれです

「まー、A子 そのつたみですし、そうるだろうとは

Bからの慰謝料も分割の予定が一で払われてきたので そうじゃななと婿した


「あれから連絡は取ってない


るわけないでしDVD見たんでょ?2年以上夫やっながら気持ち悪いとしか思われてったすよ。夜も拒否てましたし。そんな女絡取りたなんて思ずも


C美は目貿伏せて思ったより割り切れているんで、とました。


「そうC美、思割り切れてないみたいですねんな顔してるなんていもせんでよ」


・・


自分れだけ切っ、進めておいて何をらとた。

んなことを言うためだけに俺び出したのか、とも。

ったまたし意地悪をしくなりた。

C美さんはBさんに実は未練あったんじゃないですかんなんだったら離婚しきゃよたのに


「・・・Bの浮気は許せませし、Bは私じゃ満足してかっってことですA子さんのほ良いから」


はぁは許せないのはわかすけBさんは明らにあなたのほうへ未るみたいしたけどね。満足って・あなたのところスだったんで

C美はきっと俺を睨んできました。


「レスだったのも何もないでしょそりされりゃそっち行きますよ」

俺は嫁の浮気相手だったBを擁護だと思わくもなかったですが、なんとなくにそな言葉が出てしまいました。


せ、妻の座に胡坐かい旦那にくもしかったんでしょ?」

そこけたとっきりひかれました

「ぁんたに何わかるのよ・・・」

C美は涙目になってそう言いました。

がちちゃとバッグから財布を出しその店の定をませると店を出ていきまし


思っりわやす人だなとつつとすの外にC美が居ました

のま無言で俺のの袖を握る俺を引っ張っていていきした

「ちっ・・・言過ぎたのは謝りよ」


あなたいと思っいでしょ!


そし、そままC美が引ってのはラブホテルでした。

・・・マジっすか?」

「・・ならいいわよ」

「いや、気らなちに行きましう」

だいてレスが長尿く、欲満だ事実です

にこな美人とヤレる、願ったりりです

呼び出されときに何も期なかっうと

ラブホ屋に入と同時にC美のタートを捲り上げて股間にを突っ込み。

「ちょっ・っと!シャワー婿・・」

んなんいいでよ、おれこういう匂い好きなんで

「ここの変態・・

うどうせうこといだろうし、どうせならき勝手やれっ腹でした。

A子は気を使って出来なかとと



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, すっきりした話,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様