2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

2番目の男の思わぬ逆襲




2年の話30歳になたオーンのてくれ

分自の整の為に投

章のも怒んないでね。結末納得いかも怒らないで


R)と彼女(T)との出会いは学時代ことでした

大学2年の時気投合し、な話せるよき友人愛する恋人るまで それほど時間はからなかた。

大学卒業互い地元社に就職親元にいました、お互い将結婚をえてのでは家しをはじめ彼女とは半同棲状態した。

「お互い出来寿る関係でいよう」

尿言いなら、て努力する日々充実したも



も仕事(営業)にころ彼女はしてしまいした

心配色々バイスをしましが、違う会社であるめ なかなか気のいたドバ 苦しむ彼女の為に慰めてげることしか出来なった

彼女敗はれほいしたものすが その挽回を命してい女を見て俺はて彼女との結婚を真剣に考えていした

のフローかげもって彼のトラブルは無事解決し 彼女司の仕事振りにれを抱いていよう

Sさん貿仕事も出来て人間的に素晴らしい 会社めようさんが引くれから 残ることにした

女か体的にSのことを聞い、この殿めて



活も2年をぎようとしいる時

お互いの両プレッシーも俺かロポーズし具体的に結婚へ向けて準備がまし

彼女はSさん仕事振りを褒め、Sさば自分の今はなかと言ううになって俺は なんとなく不快感を感じなも、そんことでじらるような人 思われる嫌なので「うだと同意しなら話を聞いていました


のこも会の新ト要員として抜擢され 忙しいながらも充実した日々を送り、本格的女と同棲し始めた。

業も超過気味状態でしたが、女と婚資金のこともり「取り1年程頑張れば余裕がそのこ結婚しよと彼女に告げした

そのと女は嬉しな悲しいな複雑浮か理しないでRくんのペーで頑張って」と励ましてくれた。

このとき俺は純粋にしさに少し感動し「に成せる」と息巻いていました



ジェク佳境入り始めると遠方り1ヶの内1週間ほど家を空3ヶ月ほど続いた。

私のことは心配しないっといで」

笑いながらいつも送調り出してた彼女に少し罪悪感を感じつつ、もう少しだから待ず幸る」心の中で固くしていまし



曜か日曜まで張予定だた時、会社で急な訃報が入り午後からの予定だ張を取りめ 午後6時頃服を取りに自宅と帰ってきましたが、アパー車場に慣れない車がていました。

彼女友達か?」と思い取り合えず空いて車をめ 部屋を見上げた時は電気がついてて彼女と もうんやりカテン越しに見えまた。

「今 えら早い帰りだな思いつついでを上いるとき寿なん和感ました




な予感がパート2階にたたとき 違和感の理由が分かった

だ、彼女の友人で黒のBMWに乗てるなんか聞となに引き返しの中を覗いてみらかに物スーツの上着と鞄その他の痕跡でだとすぐに分かっ

引き返し玄で来たとき、新聞受けに耳を押し付け中った。

かに男の声が、しばら立ち尽くたまま呆然として 気を取直しう一度耳た。

く音と、の扉つけてある鈴のが聞

心臓は ばくばして はちきれうだった

の中にという問と、「間違いかいう持ちが錯綜してい



合えず心落ち着け そ家へ入った。

かれない?」 どきどしたが気づかれることもな家へと入れた

び足で室の前ま来るから聞こえて、それほど防に優れていないかられ出声に、心が締め付けるよう苦しくなってきたが、頭の中には「真相」を突きるこかなかっ

っくり近づいそっとてた

男の声こえ


約者がいるのに こんなこしてていいか?い奴

いながら言ってい男の

彼のことを言うのは よして下い!本当にしてるのはSさんだけ 彼とは結婚す、最近忙くてックいないもの 誘われてもSさの為に断るから安心し

気味で彼が言った

「断るなよ, 怪しまじゃないかは お前の心があば そでいいだよ

は お前のすべを幸せしてやれ

君も幸せにって欲しい,

から彼とも上手って欲しいん


「そ事いわで、分かっるのでも今は私だけを愛して欲しい・・


お互い愛のが耳入ってくる

立っているのがやっとだた.

婿たれ掛かって最後に彼女のこえ

「仕も男としての魅力もあなたの方が上、愛してるはあなた

彼は2番い愛してるとい


彼女が切なそうに言っているのが聞こ

俺は気づかないよに出いった、

ふと喪服のことを思い家に帰喪服をきて夜にでた

故人をで泣いもいた

は全面識い人夜で、一人さめ泣いていた


俺は彼の結婚姿やめなた、

2番目の見せりたった。

ほとんど家帰らず、取り付かれたように仕事をし

女から電話にはた「心配ない」う少しだ」と分でも驚くほど冷静彼女に対応しいた。

無事プロジェクトはりが認 俺はの そここ重要なポストに


その年 彼女無事結

旅行に行か仕事に打ち込んだ。

彼女は寂しそうに「あなたの為だの、我慢わ。落ち着いたら旅行しましょうね」と明るく振舞ていた

彼女は仕事をて専業主婦になった

俺は出来るだけ夫婦生活をようにしていた

も確実にいた。

証拠は写、防デオ(妻に内緒で

俺名義電話の通記録も取

内容のものも全部残してた。


復讐なのか執着のかからど 何回もそれ見てやるせない気になた。

になった女はの仕事には無心だったが、確実に増えている収入についは素直んでい家へくとも少なくなた。



それ1年ほど 妻とが切れていのか分からなったが上は平穏夫婦生活を送いた

妻からは「そろそろ子供がいわ」と言わたが まだすべを吹っ切ていなかっもうばらく待ってくれ」といい続けてい

しばらく経っある日、会引先リに妻の会社を見つけた


えれ彼女の会社は商社んだから製造業のうちと取引がってもおかくな、購買担当に話を聞みると割りと最の話のようだっ

いう人ってい?」と聞いて当課長だと言うい。


夜妻に一度Sさん紹介していとお願してみた。

少し揺し, も連絡も取っていないか いきなり変からったが,

別にの話も込みんだからかしくいだろ、相手も担当なんだし,

直接関わはいないけど何援護は出来る前が世話になったんだ度顔合わせするらいも変なことはない

半ば強引に連を取るように言いまし

しぶぶ「一度聞いてみとだけ言っていた



時Sは30代、俺と27歳した。



俺は決心していたにもていら。会っても Sには負けな退いと。

妻からの連絡でさんも一度おいそうよと電話越は妻の気までは分からなかけど、俺は決心を新

「じ、夜食事でもしがら話をしよう」

そうう俺に「わかっとだけい返事


俺は その 定時簿事を上が西帰って証拠とる書類を確認しにS会いレストンへ向か


「復と意地」

のとき俺を支いたのこれけだ思う

ランに着く前に段々なっていて 妻を横目で見ながら

分を大思っを大事に出来ない人間なんだなとか, 後悔しているんだろうとか、今はどう思ってるんだろうかとか, 俺どうたいんろうか、妻を愛していうかか色々を巡った



ランに着きSを見て激し嫉妬襲われた

机の下握りりながら、必死を抑え, もぐだすぐわると念仏みたいに心の中いた


事が終わり妻と昔の話をいるのを聞いてい, なんとなくよそく、それが関係が終ことを意味るのか, 俺いるかなのか そのときは分からなかった。



昔 妻が事で失敗したとき助けて頂いたそうであうございま


心の中撃のが上がった

は紅潮ていたと思


、上としてはたり前とでから気になさず」というS


「いえいこちそ、そも公私ともどお世話なってたようで, わざわざ人の家に上がりこに指導いただていたです, 今でもなさってるんですか?」

まで冷静に言いた。


妻とSは間抜パクパクて、段々顔色が変わっきた

それじが家へ場ょうか

はや後には引い。

自分励まし一人で家へと向、妻にはS一緒に来いと伝えた。


家にいて認しながらコを吸ってい

20分どしら妻だけが家入った。

が何か言いかけたが先に,

「あい調ここに呼べ呼ばなければ即刻離婚だ」

お願い話を聞いて

「無理」

「お願い・・

無理だな、離婚しかか・の証拠もなると思ったら大間違

「・・・・」


がら俺に訴えが俺一切聞った。

しばらくて妻はうと電話をかけた

「お願い今すへ来・・

答があっよう,

なた無関係じゃのよ・・だって・」後半の会話は聞取れなかったが, S観念して家へ来るこなっひたすら泣た「ごめんなさい」


Sが家着いた頃にはし落ち着、俺はSに,

らく2番の位置にらしてきましたが、そろそろご迷惑かとので退場させていただきたいと思い。」

あくま冷静にそう言た。

もSも俺の冷たい態申し開き出来状態ではを悟っ

「あなたは2番なんかじゃない私にては大事な人なの・・・お願いいて」

妻に続きSが

かに過去は、そうう関ありたが, Tさん婚さてからは、会ていませ

あなにとっては許せないと思います, どうんを許してあげてくい。あなたが忙しく寂しったのだと思います。

から誘われたと、私もく拒かった。あなたは申し訳ないことをした。


くまで妻を擦り付けるうに言うに心底嫌悪感を感じてた。

それをいたが目に涙をため、信じられないときでSを見

んな・・・Sさん誘っのに・・・」

妻はか細く言っはそれ聞きながら,

なこたどうでもいい、同意の係だろうが」と2人にた。らくの黙の後,

どうか会社と家にだけわないでくださお願

とSがいきなり土下座した

妻は信じられいものを見るようにSを見てい


迫した中で俺めて知っことを話し始めた



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, すっきりした話, これはひどい,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様