2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

別れた妻




これは果たしての部類かどうか疑問です、私の話を聞てください。

聞いてただけで胸つかものが少楽になるかもれませんか・・・


実は、私は、バツイチの身で4年くらい前にバタの末に再婚しました。

というのはよくある話が、私が勤務先の女性、

女は近く年が、の彼女できてしまい、ズルズル続ける、彼女が妊娠しちゃったんです。

それで、彼が結婚を強く求めてきたんです。

それであるうとう彼女がの家やって、私のいる前で妻に直談判を求たんですよ

に、これあるですが、でもっぱり私にとっ以外ものかったです


でも妻はのほか冷静で、実これ一番怖のですが、十才くも年下女相手に取り乱すのも大人気ないと思たのか、相手の言うことを表一つえず聞いました。

女がと私の間子供がないとを指摘した上中にの子がいげに言ったときだは、ちょっと顔が変わり、横目でに「ほんの。」と詰しました

「ああ、すまん。」となだと、たはしたいの。」と私に聞きます。

と、が「そんときまってるじゃないすか、○さんは私結婚・。」がら込んでくるのにして、「あなたは聞いていん。夫聞いているのでピシャうと、女は不満そうにを尖がらプイッと横を向きした


は、に向き直り、再度「どう?」きます。

私がモゴモゴ言ってると、「わかした。」と言って席を彼女に向かっ殿、おくださお話はました。後は夫婦の問題ですから。」と言いました。

は、まだ何か言いうにしていが、妻にせきてられるようにして帰さまし

妻は何事ったかのようつもどおをし便私たち それぞれのベッドで寝た。

私が話をしよう妻したがふりをしていたのかに眠っていたのかわか、妻ったままでした。


次の日、私が帰宅してみるとダイニグ・テー置きがあり、「く実家帰っていまそれからのことは、こらから連絡しますと書いてありました。

れか一月くらして妻の印鑑れた離婚届け送らてきて、らほどく私は今したわけです。

--------------------

それか年は、い生活のスタート、妻の産、育児タとあだしい中にも幸せな々がぎていきましたが、人になっときにはふっと前妻のこを思したりもしてました。

いうのも、、いや少なとも私は憎しみ合った別れたわけでありませんから。


もっとも妻の方は最後の気持ちがだったのか私には知るもありせん。

突然調に帰と思うと、一枚の紙切れだけが届ただけですから

っと、無責で身勝手な私を心底憎んでいたのかもしれまん。

でも、私のほう婿、どちらか自分でもはっきりとしないちに進態にいていけなまま気がついたら妻と別れていたというのが実感すし、妻に何か不満があったわけでも、ましてやでいけでせんでし


まあ、今の妻の若い肉体に私の男の性が溺れてしまったという

いっも、前妻とのセックスに不満便たわありません

むしとのセック、最初の頃は今の妻とよりある意味で濃密だっがします




だ、ご馳走で同じものを毎日食べとちょっ飽きがまう同じようのだったのでしょう。



今の妻と生活を始めて特に感じたのは、的な成熟度が ぜんぜん違うととです。

ちろん、今の妻も私によ尽くしれるし、愛してくれているのはわかり尿す。

でも、前比べまうと簿ではあるもののどこか幼さがあっ、私は精神的には常に妻の兄父親のようにな立場になってまいます。


方、前妻と私の、ときには私がそ割をこなすともきに対に妻私の姉か母親といった言い過ぎもしれが、とにかく安心しまれることができ・・存在でもあました


うわけで、前妻との婚の後、今の妻と新生活を前妻のこときりができたわけでんでした。

もちろん、今の妻は、そのようなとは おびにも出しんから、多分前妻のこっきりと忘れてくれていると思っているのでしょう。

でも何かの拍子で妻との生活のとき使てい物が出てきたりす度に、前妻のことを密か思い出していました

--------------------

な前が、再婚たとたのは貿、私たちの新婚生が始まらいたっからしょうか、私の母からその話を聞きました

おまえが知って どうこうなるもんじゃな・。」と前置きしながら、はそのことを私に教えてくれました。


母は、 とても仲がよく、私妻と別れ調縁を切っていましたが、結局婚を持出したのは前妻の方だったで、そういうことにりませんでしたが。

母は何度も妻実家にして説得したようですが、結局妻の決は固翻りでした。

、最後まで母と前妻いい仲でし、今でもきどきて話をしたりしていようで、そのとき知ったそす。

そのことを知っも、しばは私に教えてず、局、私が知っ婚してから二年くがたって綿らでした


から聞いきの気持ちは、正直に告白ます、落胆以外のもありせんでした。

なんといなことっているのだ叱りを受けそうですが、事実そうら仕方があせん


を切っんか体全体から力がてしまたようにがっくりして、妻にはちょ仕事があるから、先に寝てて。言っ部屋人ウィスーを稿飲みながらくまで物思いに耽ってました。

結局、私は、ままで寝込んでしまっ朝にれを見つけ妻が「なよ、仕事飲んでたんじゃないの。」と呆れた顔退いまた。


そののな喪失感は しばらく続き、そして意識の表層姿をたよに思えようになった後も、折ふっした拍に静かに頭をもたげてきてじわりと苦しめまし


一緒酒をんでいた輩から、

「最○○さん、なんか哀しそうなますよ。あんな若い奥さんもらってるのにバチがあたりますよ、まっ。」と笑いながら言われたもあ

でも、その実、私はそんな顔をしていたの思います。

々しく今のすくとも人には そう見、幸せいっの生活私の中にぽっかりと開尿った沿喪失感はっくりと実にいくでした。

仕事と偽って分のにこもり、妻に隠れて昔の前妻の写真をながら物思いにこともなりまた。

--------------------

とき、うと私は一目、して一目だけ前妻の姿を見に行こうと決め、母かの住所聞きだしまし

は「なぜ、そんなものを知たがるんだよ。」と

「いや、っと、あいつののが見つ宿かったので届けてろうとてさ。」と誤化すと、母はそんなの送れいじいの。」言っていました、結は教えてくれまし

その住所は私ころからだと車を乗り換けば3分ちょっとくらいで行け所にりました。

前妻のほか、いと住んでいるを知って、外な感じがしした。


次の日、は「き ちょと朝があるから。」と早く家出るその住所ました。

知らないつもどおり玄まで見送りに来、これもいつどおり軽くキは家を出ました。

そしてに向かうといつもと反のホームで待ち調した。

知りいに見咎められるのなので、ホーの目立たないところに立って待ち、到着した電にそくさと乗り込み


前妻家は、駅ら15分くらいのとこの一角にありま

『こんなとこにてどうしようっだ・・・』とながも、妻に会いとい気持ちと

いっいいさらにきたの。」とに叱責されのをれる気持ちとがする影に隠れるようにて、でもあまりれないようにしっていました


と、驚いたに、前妻玄関が空中から男が出きました。もち今のでし

して後ろら前妻の懐かい姿が現れました。

私はっとして影に隠れ、そと様を窺いた。

妻はを短くしボーイッシュな感じになっていて、それがまた前した時の間の時の経過を感た。

が振り返って妻に一言、二言何か言ったみたいでした出てき、前妻れを見送ってからパタンとアを閉めまし

私が前妻の姿をたのは、たったそけでた。



夫が去ってしばくしは その家の前いきよほ玄関ベルをと何度か迷いま、結局 思とどまってそこを離れ、出社しました。

「今んな顔をしてつもりなんだよ。それに会っどうしようって言だ、ったく。」

かって歩きなが私は自分に毒づきました


私は妻の家まで行っしまったこと後悔ました。

も一目思って行いざその姿を見まうと、今度はそ姿が頭ら離なくなりした。

にお話ししたように前妻は髪をくしていました。

私と一緒ったときはっと髪セミロングでしたら、そんな姿は初めて見、そんなの姿はも色く感じられました。

の頃は、たしか三十ったと思いますが、まるで体全体か成熟した女ロモンが漂いだしいるような感じでし


は、自分のの奥から隠し持って真を取り、昼垣間見た妻の姿と重ね合わせまし

そして、との交わり甘い触が実感って蘇り、我慢しきれなった私の手はペニス伸びて自始めてい

手を動かしながら昔、前妻と一緒った頃、彼女に手でてもらったことを思いしまし

前妻の乳首をに含み豊かな胸に顔をうずめた私股間に彼女が手を伸、まで自慰を手伝沿もらうみいなな気持ちでしたが、 安らいだ気持で射精をしおぼています。



うです、前妻との関係を言で言うら、それはにとって安らたのだと思いす。彼女は、安らぎだったのです

沿クス最中でさえそれをじていました。


けと自分誓ったとでしそれからも、会議と妻偽って前妻の家を訪れ

角に隠妻が送る姿を遠くから覗き見て、夫がドアが閉まった後に、前までいってグズグズて結局はそこをれる、ということをふなくしていました

そして、そのは、決ま前妻真を見ら自に耽りました。

人目を妊娠していたのが

なけ、私は妻とのセッに応じるとがきるかどうか自信りませんでたから。


ほんと不思議で

は交始めたばかりの頃、そ激しく綿え盛るようなセックスしていましたが、やがてそ炎よりは温かみを与えるうな安らいだ変わり、そ離婚の直前まそうだっのに、今、私は妻を思い出燃え上がる炎を抑きれずに自慰をしるの

--------------------

その日も私は、前目見ようと、朝、彼女のへ向かいした。

『ほんとに俺は何をやっるんう・・・。』と自でも呆れるくい情けない気分でた。


は、いのよう妻が夫を見送る姿を遠から、そしてドアが閉まっの前を一、度行やっぱ立ち去ろとし綿とき、私帯が鳴りまし私がドキッとして電話に出ると、

つからストーカーになったの?」と懐かしいの声です。

あ、、そういうわけじゃな、ごめん」と慌てて私は謝りました。

「今、開るから一かないよう、そって?」と彼女。

、わった」と私はろもろに答えました。


間をず玄ドア、前妻寿きする私は隙間ら中にす込みました

「ここで、といいころけど、かわいから上がっ便コーヒー?」

「あ、ない

そういいながら私は靴、妻についてリビング入りまた。

そこには、私の知ら彼女の夫との生活の香りありました。


しに小さ庭をがら私はいました

ありとう。でも、個人貿的にはね、あなた住んたあの家の方が気るんだけどね

コーヒーを入れてい彼女がこっちを見て言いました

「あの寝室の出窓、あれ好きだったんだ。いろな物を飾ったしてね。」

を聞いて、私は、彼女がころに、さまざまなディスプレー意匠をして飾るの好きだった思い出宿しました。

「そいえばも綺麗てたよね、クリスマスとかには。

「好きだったから

の妻はそののこにはあまり味がなしくポプリを置たまま


ところでどてわたの。俺がいて。

ねえ、こうい殿になるわ。」

前妻がトレイーヒーを載せて運びながら言っ

「は簿いの奥さんね、『お気をつけて。角にれてお宅の方一生懸命見てるしたわよ』っ言って

それから外出るとき ちょっと注意し

そしら、この前、見たのよの男を。自の目ったわ。」

と言って彼女はクスクと笑ます。

そしら、今日もいるしよか迷たの携帯にしたのよ。

そうまだ俺の携帯番号をていてれてたのか・、私は妙にしいなりまし


で、どうしの。まさか前妻の幸な姿をかめに来たってい婿うんじでしょうね。と、ヒーをに運っぽくました。


冗談きついそのことは本当に今でも心かないって思っおり。」

そう言って私は膝に手をついて深々と下げました。


「もよ、んだことなんだ

妻は、遠を見るような目をして私のを見そう言


「あういば会の方はいいの?」

がついいました。


、そうだ電話しなき。」

ても彼女は昔ままだった。はいつもそうやって私の周りのいろいろとに気を配っれていので


会社の部

「ちょ病院に寄てくるので、遅くる。時間かったまた電話する」と電話を入れ、コーヒーの残りを口にた。


ところで、奥さんうまってるの

彼女が私聞きました。

「あ、あ、う


れから私達いのこれまでの話をしま

私と今の妻との話は、彼女も知っいるでしたが彼女の夫とのれ初めて結は、私がめて聞く話で、聞きがら私のなく稿き続けました

それによれば、今の夫彼女の会社の得意先の会社の人で、彼女が仕事の関係何度か出入りするうちに食事に誘われ、て交進めるうちにされたといとでした


安心を絵に描いたような人なん、結婚したら仕事も辞めてくっていうしもね、ああうことがからから、そういう平凡安心なかれたのかもね。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:浮気・不倫,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様