2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

妻の償い




数年も前の出のにい出す度胸が苦しくなってきます


「やっぱり私も行きたい

「無を言うなよ。子供達の学校はどうする?」

「お母んに・・・・」

確かに家が近いので、共働きの私達は子供達を預かってもらってい

れに久美も事があるだ

分かっているの。無理な事は分ってる。でも・・・・・

が軌道に乗った貿地の間にせて帰て来られるか一年の辛抱から

「毎帰って来てくれ

無理を言ういくと言ってもゃないだぞ盆や正月以外に、休暇をとて帰っようにするから、尿の事は頼む」



それらの私達新婚当時に戻ったかのように、毎日激しく交わ綿確かめ十日は空港に向かていま

びで絶対に浮気しないでよ。一度も浮気離婚だからね」

空港で別れる時に このような事を言ってた妻が、まさか,こような事をしよう思いませんでした。

とは校の同級、付きいをめれば二十年近も一緒にいる事にり、30代半ばになたにも関わらず休日は ほとんど行動を出掛る時供が一緒の時で腕を組んいたで、近所でもオシドリ夫ていまし

それ,勤めていた会社が中国進出を決め事で、高校の時日以上逢にいた事のないが、離れれになってしまいます。

その上,いこうに行ってみると,思っよう状態では無くルデンにも帰国出来ずに、どか帰て来られ日本を旅立ってか月も経盆でした


の時の私達は,赴任が決まったのように毎晩交わり、任先に戻る前夜の妻は終わなが抱き付いてて離れません

寂しいの

私も そよう妻がく思えて抱き締て眠りましたが、次にって来た時の妻に変化起こりま


それ後で分かったことですが、そのの妻は私への愛を確かめとしていたのです

確かめるとうより、私ら離れてい、もう一度私にしっりと繋ぎ止めてもらおうといたのかも知れません。

「私の事愛しる?私は好たを愛している

妻は私に纏付き口にしす。

夜にば妻か迫ってきて、私の全身に舌を這わすなど、このような積極な妻はまで見がありせん。

あなたが好き。たが大好

それは自分にい聞か言葉だったのですが、の私分かませんでした

そして,次帰国出来の春貿た変化を見せます

--------------------

れは三日間だけ帰国で、金曜婿足で会社かなければならなかたので土曜一日中過ご、日曜の後には赴任先に戻るでしが、前もってったにわらず、が仕事になったと言います

の時のは なぜか暗でいて、前回のように私に愛を囁く事も無く、事あるごとに謝続けていました




めんなさい」

「何をそんなに謝っている?

「ううん。折角帰綿って来れたのに、休日出勤なってったから

それは夜も変わらずなぜか妻り続けてました。

あなた、ごめんい」

「昼間から、ずっと謝っりいるな

「こんな時に生が来しまったから」

「仕方ないよ。抱き合って眠ばいじゃな

「そだ。子供達も寂しがっ、今日四人で寝ましょう

強引に布団を運び自然さを感じなで転半年以上延びる事なった私は、妻に申しないいう気持ちが強くて何ん。

しかし,妻は、その年の夏季休暇も人になるとばかりでもまた生理をに拒け、流の私かしいと思いながらも仕事は待てはず、後ろれる思で赴任先ました

して,十うや単身赴終わりって来るに妻抱き締めましたが、は身体をくして涙で流ます。

私は その涙を嬉し涙だと思ってしまい、疲れも忘れて早速誘ってると生理が来たとわられ、一週間経つと今度は身体の調訴えて、妻と交わる事もく十が経ちまし

「今夜はいいだろ?」

私は我の限を迎えて、強引し倒すとは私との間に込み、を遠ざけようと胸を押して、涙を流ながスを拒みます。

ごめなさい・・出来ない・・めんなさい」

出来ない?どう言う意味だ!」

「彼・・・・・」

にはの言来ませんでした

「彼?

い・好きな人がいるの」

ての物が崩れ去、怒りよりも悲みが襲ってきます。

こんな時に冗談はやめくれ」

本当なの・・ごめんなさいごめんなさい」

かられると屋を出し、一人になると猛烈な悲襲わまし、事が過ぎるかか不思議涙は出て来ませ

るとつのろに妻が立いまし

あなた・・・・・・

相手は誰だ」

「そ・・・・・・・・・」

「相!」

彼は今・離調停をして・・・・・・大事時期ら」

みは徐怒りへと変って行きます。

「だから相手は誰だ!」

の頬をていました。

えません・・・ごめさい

は また頬張りましが、あれけ愛していた妻を杯張り倒す事は来ずに、手加減を加えてしまいます。

「叩いて!あに叩かれても仕方ない事を。殺も、文句も言えいような事を」

「それてや

妻に馬乗りになと首を締めていましたが入れたのは殿初だ、やはりを殺す事など出来ずじた涙を流している妻を見ている、妻真剣なのが分かっ怒りは例えうの無い寂さに変ていきました。

から手を放すと、声をる妻の横坐を掻いて座り込んでました

「いつから

くり起上がり、叩かれた頬をそっで擦りす。

「去年の月ぐらいから度々るよにな二人で食事にったるようのは、十一りぐらいからで

私は一番聞きた事が怖くてずにしまいましたが、その事を妻方から話し稿しました。

「彼とはもう・・・・・身の関係も・・・・・ごんなさい・・・・」

これは罪悪感か全て話そう思ったのか、あるはこの事を話便沿らおうと考えたのかは分りませんが手のを話さない事を考えれば、後者のようます

「そな関係になったのは いだ?

「最初に関係ったの・・タインデ・・・・・・」

それ妻は、春帰った時に私拒んだのです。

に私と関係をもつ言われ分から彼にたてたかは分ませんが、どちにしても好きな人のために私に抱れる避け

まりは浮気ではくて、本気だとい証拠です。

離婚して下さ・・・願いしま

浮気なら私が離宣言し、妻が泣いて許しを請うでしが、本気の妻は自ら離婚を望でい、私が妻を引き止められる方法は一つしかありません

「子供はどうる!当然にも知れるぞ」

「正直に話ます子供達にも宿なけばならな、私させさい。子は どうしも引き取らせ欲しいです。でも、して、許してはれなかな

これで私には、妻引きとる方くなってしまいました退

あとは泣いて縋る事ありせんが切られたそのようなはプライドが来ま

に離婚を拒否したとしても、が戻っれば同じ事です。

しかし,寝耳に水だっぐに返事など出来る訳無く離婚については先延ばし尿たがに少し誠意を見せと思ったのか、通の時間に帰って来てい

「俺いになっのか?」

「嫌なんかなれない・・今でもあ・でも・・・彼を・・・・・」

は私の事をいでいが、私よりもを愛してしまったといたかったのでしょう。

は消極的になっていて、このまま妻が彼と会なけば忘れてくれるかも知れない、情け無を抱ましたが、それももちせん

連絡無く帰って来は、入くるなりさないようにいて、小走りで寝室行くと声をて泣いす。



うし?」

付き合っているなたに打ちけた彼に話したら、約束も守いのかと怒ってしまって」

切れか。自分やった事の責任もとろうとしない男に惚たのか?

責任取ると言っています」

「そならな堂々と俺の前現れない!

は自達のがあって・・期が悪いからと・・・・・・・

「俺の人生を無茶苦茶にしておいて時悪い?逃げているだけで誠意も何も無いな」

顔を合わせれば絶えず私に謝り続けてた妻でしたがの事く言われのは堪えられのか、日も彼と会って罪すように説得する、初強い調でした調

しか,翌日妻は、もう少待って欲しい頭を下げま

倫なんかする奴は、詮その男便お前も同類から話さないし。こうなったら徹底に調べて、そいつのも無茶苦てやる

待って。明日も会って、と話をし来てくれように言いますら」


れではの彼氏が婚の許しをもらいに来るのをている、花嫁の父のよう

今に捨てようかとしてい時に、しでもに嫌れないよ減を加えてる情けな自分に気、そが更に最悪の事態に進ませてるような気て、私は よく彼決する事を決めましたが、何処の誰かからくてはきようりません


「相は誰だ!

しかし,彼を庇いる妻は言う訳無く、翌日私興信飛び、今日会う事が分ているの相手の男の身辺調査しましたが

の夜二人ルに入ったと連絡

すぐでも妻を問めた衝動に駆られのを調査が辛くなるのでしてくれれて

ようやくに詳しい来上がった連絡入ったで受け取りにと、

に妻腰を抱れてホテルに入っていく真をて、猛烈西が込みげてきました。

何故な相手は かなり年の中年の親父で、五日前て昨日もホテルに行っいるです。

「おまえの好いつで逃るつもりだ?

「逃げてる訳で・・・・・

で愛しいれば、こで来れば普通男なら出ている

,甘い言を囁を見失ってい妻には、らかに逃げている事がせん。

「本当に話をしているのか?昨日は何処で話し

「何処て・・・」

「ホで何の話が出切る!俺こんなに苦しんでいるのに、まえ達にホでおしみかんなに俺苦しめて楽いか!」

テルだんて・」

違うなら、昨日は何処にいてみ

ごめなさい今後の事を静かな場所で話そう言わ。それよりもどうその事を・・・・

下部長」

「えっ!・・・・・・・

報告書による,相手は妻で、妻は昨年の春配置転があってから彼腕として働いていて、二だけで動す事もかった為に、社二人の仲を噂者もいて意外とに調べがついと調査員は言っていま


「木健吾、五十三歳。相手は十ケベか?

「彼は宿の。彼は仕事の付合いだけ係ないの」

拠を持っている事を知らは否定しましたが上司彼と呼ぶ事がを物語っています


関係無い!関いなら、明日会って話してないな?」

「私が悪いの。簿なたへの責任は私がとます」


かし私には、どうしても木下責任を取らさなければがあります。

社が目なら、今すここに呼べ」

妻が電話をけると、は一時間後にきま

彼は入来るなりして頭下げます。

「すみませんでした。人の道に外れたた。も私達は愛しいます。出来りの償いが、分かれる事だけ来ません」

この男は妻のもあてか、その後も堂と愛をり、男をじ続ます。

,恋験が妻は彼に愛されていると信じ切ってて、彼と並んに頭げていました。

「愛し合ってる?愛していば、何をし許されるか?お互いにや夫があるろ!」

の通りす。申し訳い事を致し。たの方と離議中で・・・・・」

「そうか。れなら明日でも離婚ろ」

そう簡単には・・・・・ですら・・・・妻議中で・・・・・

「協議などしなくて、全て奥件を飲で離ればいいだ。そのぐ悟も無しに、俺の人生を無苦茶にしたか!

「そう・・理的なものでは無く・・精神・・」

ごちゃごちゃ言っていないで、奥んを連れて来沿い」

「妻は・・・・・・・」

から、すぐに離婚るように俺んでやるから奥さんを連来い

こまで来しまえ、ばれてしまうのは時問題も分かるはずです

かし,彼、妻引きとめるためには嘘も気でつくのす。

あなた、ごめんさい。どのよな償いでも・・私が・・・・・

らずに、妻は彼を続けま

ような償いでも?そうか。それなら先に、奥さんの所に行って謝って来い!早く婚しくれを下て来い何も知ら奥さんは驚くぞ」

らな

「おい下!自分の家は そのまで、久美を愛人として囲う気!」

の事か・・・・・・妻が納・・すぐにでも別れて・・・」



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, SM_調教, 夫婦生活,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様