2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

サークルでの6P




大学のサルメンで初日出をに行こと。

メンバーは俺含めて男4人と2人。そのうちの一人は俺の女だっ 

といっても付き合い始めたばかりで、サークル仲間も知らない。

どうせだから、明元旦に発表ようと彼女と計画していた。 

車はお寿からりたデカンボックスで、行の運俺ということに。

十分な時見込に出発したの途中事故渋滞に会ってしまった電光掲示には旧の見込みが立たいという意味の横線表示

ちょっと移動してはピタっと止まると続いた。

後部座席にいた奴ら、ぶていたが、とうとう痺れ、現地で待間用に用していた酒内で飲

当然飲めないのまま参加していた

の連中酒がむに連れて、女や女の友達のS子ちょっをかけ始めていた

彼女子もノがいい子な少しくいのおさりは許容タイプだった。

き合う前からそうだっら、俺もやきしつつ静観していた。(彼女西こっ気がと、"ゴメンね"というしぐさをしくれ


は一時間くらい立ってから起った。

が少ち着いたとき彼女 友達がおろに俺に向かっていてきた

「ねー、まだ動かいのー?」

まだ全然めだなー」

マジー?アタそうんだけど」

「おいおい、マジかよ

「実はけっこーヤかったりして。

ルマん中寒いし」

晦日。

午前0時を回ていた

ーはガンガにつけいたボロマだったで、後ろまでは届いいようた。

んーでも、追い車線いるし、見とおりタっと止ってるからどーしよもねーよ」

「えなんとかしてよー」

ろの連中も俺とS子のやりたみたいでたて殿めた

S子、ここでちゃえよーw」

ちっない

「S子のゴールデンシャワョーの始まりデーw」

「ちっと、けなでよー、マジでやばい婿、あもーーっ。」


したら、俺がおやじに殴られる。




で漏したら、絶対S子に言った。

ってタシだけゃないよ、A美(の名前)だっていでし?、、ね

すると、A美は「・・ん、ちょっとヤバい」と苦笑いしなら返事をた。

ジかよ!?

「外でするの」「絶対に見るよ

れにこの気温気がてバ

そんA美、しよー」

「どうしって言われても・」「もーもたない!」

らを連中はあきら楽しんでいるようった

、このとき、俺はグロブボックスからひそかに携トイレを一つ見つけいた

方が余そうだったので、S子理し後、トイレをつけたふをしてA美に渡いた。

にはすま姿こ姿を他に見られるのはしくだった

「まーしゃねーなこのペットボトルするねーよ」一人き飲みえた口径のきなペットボトル

嫌が二人に対し余裕ぶっこきの陣。

体全くねくねさせ、とうとうS子が観念た。

ゃあ、貸して!稿こういてよ!

「一人でぼさずにでるの?絶対にムリだね

リしで、手伝っやるって

・・もう!ったわよ!

はジパンとストッキングを下ろした。

"よしっ、Sすまん!美、ちょっとの我慢だ"

とこが、パンィーに手をけたとき、S子の手、と止まった。

どうやら、だ躊躇しるようだ

「〜〜〜〜!(言なり声)A美!A美も一緒にしよ!

なにー!?


ね、お願い!A美と一緒ならるから

A美も限界なんだよね!?このま漏らすのはヤよね!!?」

"ふざんな!S子、人でやれ!A美、もう少し我慢しろ!"

んな思いもむなしく、A美はしばらく考た後

わかった、にしよっ」と返事し


算だ退

トイレを出したら、漏れ寸前のS子渡っしまう。

美は足をもじもているとはいえ、S子よりは余裕があるようにえる。

りがと」と言ってS子はパンティーを即座下ろた。

ほらっ、A美もはやくっ」

美は少し躊すぐジーパン湿始めた。

"やめぉぉ〜"

俺のしく、く形の良い尻があらわになった。

S子、A美もに、席に背を向けらは見えていたが、後ろの男連中はA美のマン毛が見えていだろう。

"ちくしょA美マン毛をみやがって・・"俺は心の地団を踏んだ。

だが、こ、マンどころでいことが起こるのた。

で、どうすればいいの

尿スタンバイ状のS子が言った。

、後部座をいっぱいまに引て、背綿たれを少ー、いい、いい、俺やるから」

テキパキと備す中。

の間も俺はAの様子ていた


A美は「ずかいよー」しながら、下半身をモジモジさせいた

「さ、背れに向かって、座座すよう乗って

「こお?」言わ西れたとおりに乗るS子。

「そしたら、おを突て、・・もっと、お尻にあ、背もたれに頭うに低くして」

われおり、を飛すよ出した

「うそーっ、こんな恥かしいカッコするのー!?」

様子を見ていたA美が思わ叫んだ



、S尻は目いっい二つれて、門が丸見え

(マンコは影になない)

かしS子はそんなことをてられないくらい極限状態らしく、さして気にとめてないようだ

「ほら、A美もはやく!」

A美しぶしぶ、子のように座り、同じよに尻突き出した。

早くしもうー!」

が訴えると、トボトを持ったAがつのまにか手にもいたマグイトでS子のマンコを照しだした

S子陰唇で広げら

っと!んなにふいでよっ」とS




「だって、暗くて見えないんだて。・・・、S子マンコまるえー

あーん、ー!」

グライで照らしたかげで、俺にS子のちょっと多め簿のマン毛ぱっくり開いたンコが

S子のマンコは きれいンク色で俺っていた遊び好きのS子のメージよりと違っていた

俺は、友達して付きいのいS子のマコを初めて見て、少なからた。

しかしに、嫌な予感を感じた。

"まかA・・"

S子の尿道したAは、や退ットボトルをマンコ

、もいい出してもいいの?

子がせりながく。

「い使よー」と

「いいね?出すよ・・・出るぅ・・・

ト・タ・・ジョロロ・・・・

ボトルに流S子の尿の音が車の中響き渡

はぁぁぁ

惚の声漏らすS子

、ペットボトルの口をように、ライてなら固定、男性陣は、スポッれたS子のンコ尿道口から勢いよく出てくおしっこ唾をんで見入っていた


不意にS子のMがを開き、

かし、高速のど真ん、こんな尻を突き出してしっこしてんてりのクルの誰も思わねーろーな

そういながら、子の尻めた。

S子小さくピクっ「あっ・・・・っ」わいい声を立る。

調いた尻をなでまわし

「あ・・んっ・・うっ・動けないんらっ!

「ヤバイねー、こんらしいおを見せられちゃあ」とMが

以上付きてる気のあっ女友達が、車内という密室で生尻をて放尿姿さら出して

しかも お互い酒もってて、これで何も起こらない方が不自然だ。

て、TもMと一緒にS尻をでまし始めた。

んっ・・・や・・・・・あっ!・・ど入れてんのよっ

S子のアナルに指を入れているようだった。

それにしてもおしっこが殿るまで何をされても尻を動さな子は意外と律である


うやくおしっこが終わり、AペットボトをS子から離した。

ず、Mが背もれをいっぱで倒しよう部座席に移た。

・まだ拭いてな・・・ム」どうMがS子を奪うだ。

Tは仰向になったンコを舐めいる

その場面を見て、俺これ以上ないくらい勃起ていた。

「あんっ!だめぇ!」

S子T、Mのに見っていた俺は、A美叫びで我にった

A美はに放尿を始めて

子と同にA沿ルをマ当てられていトは当てられてかった

Aはなかったのか、空い手で、Aの尻をなでているだった。

を唾液でぬらし、A美の指をれる

あっそこ殿A美が反応する。

A美のアナルは性感った。

一気心臓クす

(や!)と言い湿とき、不意にAがこっちを向あぶねぇ!」と前を見て言っ

慌て前を見ると、レーみ損ねてで進んでいたルマがにぶかりそうにっていた

慌てブレキを踏む

きゃっ「わA美とAの声が聞こえた

「あねーあぶねー・・・・ちょっとこな」Aの声。

は、今はサイドブレーキをがっちり引いて、後ろを振た。

、ち尿が終たところだた。

ットトルの蓋を取A美らはなれた

"今"



俺は、席から身を乗り出し、体勢立て直そうとしたA美のウデをつかみ、半ば強に助手席に引り込だ。

ペットボトルの蓋めた、A美がに移動した気づ「あ、ずっこいと俺に言った。

「るせーは俺のんなんだよ!もうこれ以上んな!

・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・マジー!!!?」

間抜け顔で姿たA後部座席に振返った。

「おいい、○○(俺の名前)とA美ができちゃってるゾ!」

S子たち行為を中て、一斉にちをた。

「ほんとかよ!いつの間に



>>次のページへ続く

 

 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 乱交・複数, 寝取らせ・スワッピング,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様