2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

BARで出会った風俗嬢に惚れられた結果





590 :えっちな21禁さん :2006/08/10(木) 20:33:59 ID:+o+ia8Yt0
もう7。8年前の話。

年末に帰省してくる友達と飲みに行くことになっていた。

飯は食って来るからって別の友達のアニキのやってるバーで待ち合わせってことになってた。

その日、繁華街にはパトカーやら警察関係の車がやたら目についたがその時は別に気にも留めずにいた。

で、そのバーに着くと客は俺一人で店もそのアニキ(以後マスター)一人だった。

「久しぶりー」とか言ってるうちに俺の携帯が鳴って帰省してくる友達が仕事が押して明日になると連絡が入った。

でも、「それじゃ」と帰るのもマスターに悪いので一人で飲むことにした。

客が来ないのをからかったり、しょうもない世間話をしたりして1時間位たった頃3人組の女性客が店に入ってきた。



592 :590:2006/08/10(木) 21:23:15 ID:+o+ia8Yt0
人共ほろ酔い加減ぽくて その内一人マスター」を言い終わらない沿ちにきなり

「もぉー、はツてない!

まくしてた

この常かなとか思いながらも俺は

おぉ〜ーよ客来てしかも女ww

か言って笑っいた。


にだいただが3の容姿は


子 美人ではないが嬌あ

エクボが印象的

身長157位巨乳だがちょいポチ


B子 俺的にはかわい方。

童顔

てもこのま

153位


C子 

話し方暗い

身長168位


マスターによると女達は常連というではなが、ちょくく店に着てれる子達らしい。



593 :590:2006/08/10(木) 21:36:50 ID:+o+ia8Yt0
A子  「もぉマスター聞いて!!今日出勤したらお店ガサ入れってw!!」

マスター「えぇぇ?マジで?wで、逃げてきたのか?www」

A子  「お店の15メートル手前で気付いて逃げてきたw」

俺   「そういえば今日やたらパトカーとかいたな・・・・つか、え?なに?この人達・・・」

A   「何よ?あんた職業差別する気?w」



594 :590:2006/08/10(木) 21:40:59 ID:+o+ia8Yt0
   「えなに???」

マスター「子達は、ほら、お風呂屋さ・・・・

にも飲み込めたw

マスター「なならなっやれよ紹介してやぞw(小声)」

A子  今日はもう仕事すもりなからね!!ww」


は風俗童たわけでが今までホテルとか以でそういう姫達見ることがかっ西んだかすごく新鮮な






595 :590:2006/08/10(木) 21:57:00 ID:+o+ia8Yt0
、結含めて5人でバカ使まっ

俺は もう興味々で色々質問しまたw

姫達は初めは、やはて言えない業柄った間がたち酒につ

ひどい客があーーこだー」とか「86歳おじいさん来た」とか他に客いたら出い話を大声始めた。

て、が子供所にから持ちだ湿ったかよw)2対2った。

人になっても相変わらず下ネタのオパレで、爆笑らも股間が だんだん熱くなたの自分でも分かった



596 :590:2006/08/10(木) 22:03:03 ID:+o+ia8Yt0
C子が帰って30分位たっただろうか。

ふと、

マスター「どうしようかな、店閉めてお願いしようかなw」

A子  「だーかーらー今日はもうお仕事はしないんだってぇw」

マスター「えぇぇ俺がお仕事終わりで店閉めたくなったのにw」

なぜか心の中でマスターを応援してる俺がいたw



598 :590:2006/08/10(木) 22:12:43 ID:+o+ia8Yt0
その時ほんとに突然、いきなりだった。

おとなしく飲んでると思ったB子が俺の股間をズボンの上から握ってきた。

B子  「あぁ〜あ、こっちの人、もうこんなになっちゃってるよぉw」

俺   「お、お、おい!!」

酔ってるとはいえ めちゃくちゃはずかしかった。

マスターとA子は涙流して爆笑してるし、

A子  「知らないぞw仕事はやんないって何回も言ったでしょw!」

俺は半分ヤケ気味に

俺   「じゃあ金取るなよタダでやってくれれば問題ないじゃんw」



599 :590:2006/08/10(木) 22:29:53 ID:+o+ia8Yt0
一瞬店内が静まり返り大爆笑

A子  「あんたバカ?あんたバカ?あんたば(ry」

マスター「ナイス!お前いい事言うじゃんw」

B子  「うぅ〜ん、なんかどーでもいいかなぁw」

A子  「だめー!B子はホントにスキモノなんだからっ!」

俺   「なにぃぃwマスター表の電気落とせ!店のドアにカギだぁぁ(大笑いしながら冗談めかして)」

マスター「よっしゃ!まかせろぉぉぉwww」

A子  「こらこらこらww」

A子読めねぇぇどこまでマジなのか・・・・・・「仕事はしない」といいながらも本気で怒ってるわけじゃなさそうだし。

でも、ほんとに根拠はないのだがその時俺はB子はなんとかなりそうな気がすごいしてた。



601 :590:2006/08/10(木) 22:42:42 ID:+o+ia8Yt0
マスター「それじゃ、表の電気落としまぁーすw」

A子  「うぎゃぁぁ襲われるぅぅww(でも笑ってる)」

俺   「カギもカギカギw←半分以上マジw」

C子  「いえぇ〜いw」

A子いけるのか?大丈夫なのか?つか、C子「いえぇ〜い」

ってw

つか、いつのまにか(俺・C子)(マスター・A子)の組み合わせになってるしww

マスター「カギロックしましたぁぁぁww」



602 :590:2006/08/10(木) 22:48:31 ID:+o+ia8Yt0
C子  「いえぇぇぇい」

←いきなり服を脱いで上半身ブラ一枚

俺   「おおおぉぉぉ」←なぜか感動w

A子  「こらぁぁぁぁC子!!w」

マスター「・・・・・・」←唖然として

脱いだら胸が身長(153位)の割には大きかった。

90はないにしてもそのくらいありそうだった。

俺が胸に目線釘付けになってると

C子  「ねぇブラとってw」

俺   「いいの?ラッキィw」






603 :590:2006/08/10(木) 22:59:18 ID:+o+ia8Yt0
A子  「マスターほんとに店ちゃんとカギかけた?」

マスター「うんかけたw」

A子  「もぉしょうがないなぁw」←マスターのズボン&トランクスを下げ・・・・

俺は ここらへんまでは覚えてるが もうすでに向こうのカップルまでには気が回らないw

俺がC子の胸を揉もうとしたらいきなり抱きついてきた。

俺は無我夢中でC子のミニスカの中に手を入れた。

パンストがじゃまでしょうがなかった。

なんとかパンストを脱がすと俺は上半身裸にされてた



604 :590:2006/08/10(木) 23:11:49 ID:+o+ia8Yt0
C子じゃなくてB子です。

C子は帰った方だった。


スマソw

マスター「おいおいお前ら真っ裸かよw」


A子  「マスターだってチンコ出してるじゃんww」


みたいな会話が聞こえたが もうこっちはそれどころじゃないw

B子をイスに座ったままカウンターを背もたれにさせてアソコの手をやると ほんとに もう大洪水状態でイスまで濡らしていた。

中指でクリを探し当て2,3往復横に擦っただけで店内に響き渡る声を出した。

それでも しつこく手マンをしてると俺の腕にもマン汁を飛び散らせて潮を吹きまくってグッタリとなった。



605 :590:2006/08/10(木) 23:27:36 ID:+o+ia8Yt0
俺はB子をカウンターの上に抱え上げて寝かすと股を広げさせた。

マスターがあわてて「おいおいカウンターの上でするなよwこわれたら大変だろw」

B子  「マスターのケチwひんやりして背中が気持ちいいのにぃw」

俺はカウンターの上で横になってるB子にまたもや手マンしようとすると、B子が「あたしだけずるいぞぉw」といいながらカウンターから降りて俺の股間に手を伸ばして息子を扱きはじめると「これだけじゃ物足りないよね?」と言うが早いか息子を口に含んだ。

「やっぱプロは違うよなぁ」とか感心してると、「今日はプライベートだから気に入らないと一生懸命しないんだぞw」だそうです。

俺は あっというまにいかされようやく落ち着きを取り戻すと、マスター&A子もちょうど服を着ているとこだった。



606 :590:2006/08/10(木) 23:40:50 ID:+o+ia8Yt0
飲みなおす訳じゃないがもっかいみんなで(なぜかw)カンパイして飲んでるとA子が俺の隣にやってきて「B子どうだった?」って聞いてきた。

俺はなんとなくはずかしかったので、適当に誤魔化してた。

それから少ししてA子も そうとう酔いが回ってきたらしくてB子に向かって俺をつかみながら「あたしがこっちの人とシたかったのにぃー」とグチリはじめた。

マスターは苦笑いしてたがB子は「早い者勝ちぃ〜」とか言ってるしw

俺もいいかげん酔いが回り始めて このあたりからあんまし記憶がない。


気が付くと2人に服を脱がされカウンターの上でA子に騎上位で乗られ左手はB子にしゃぶられまくってた。



607 :590:2006/08/10(木) 23:55:12 ID:+o+ia8Yt0
A子の「いく!いく!いっちゃうぅ」で我に返るとA子が俺の上で激しく腰を振って両手で自分の巨乳を揉みまくってた。

グッタリしてるA子をカウンターに残すと、俺はまだ逝ってなかったのでイスに座ってたB子を立たせ立ちバックで激しく責めた。

あれだけ手マンで逝きまくったはずなのにB子は「もっともっとちょうだぁぁいっ」を連呼した。

俺は後先なんかなんにも考えれずに床にB子を寝かすと最後に正上位で突きまくった。

俺のいよいよ二回目の限界が来る頃B子が「うわぁぁんっ!すごいっ!すごいトコにあたってるぅぅ」

俺はこのセリフに我慢できなかった。

今思い出しても激萌だ。

B子の中に二回目にしては多めの精子をぶちまけた。



609 :590:2006/08/11(金) 00:08:46 ID:LB5aGY0M0
息を整えて服を着てるとまだ足元の床の上でグッタリしてるB子のアソコから俺の出した白い液体が床に流れ出てて その光景がすごくエロかった。

やがて、A子が「そろそろ店を出る」と言い出しマスターがB子は任せろA子をタクシーにでも乗せてやれって言うので、A子と2人でバーを後にした。

A子「B子すごかったねw」

俺 「いつもああなの?w」

A子「スキモノはスキモノだけど今日は特にヤバかったw」

俺 「おぉー俺もたいしたものだなw」

A子「うん。ちょっと妬けちゃったwねぇまだ大丈夫?ww」

俺 「いや、酒はもういいやw」

A子「いや、酒じゃなくて時間とこっち(俺の股間さわりながらw)」





>>次のページへ続く

 

 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:興奮したシチュエーション, 乱交・複数,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様