2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

快楽漬けの宴




らく車ると、少の居酒屋に到着しました。

先を走っていた車から、性が2人りてきてくご挨拶れ主人も含めて4人店内に入りした。

案内された個には既に2人性がいらっしゃいましたので、主人性4人の計6人で一緒に飲ことになりまし

の横手を握いっぱいでした


男性方々は同年で、さん楽しく優しくていだき酒を飲んだこともあり次第に緊張ぐれ、楽しい使食事になりました。

しずつ皆さんの々な体験談から稿にも花がき、りながらんだりして湿るとィタッチをされたしましが、れはそれで楽しい席でした。

りに時間も経誰かが「そろそろ…」と言いしたので、お開きとり席を立つことになりました。


さん丈夫の声に、これからの気が付、一瞬で緊張ってした。

主人や男性達に勧めれるようにへ出て、主と迎えに来た方車をの駐車場へ移動しに行きました

された私と男性達は店の駐場で待っていまし

その間に何話しのかも知れませんがいまん。

程なく尿て主人達ってきたので、みんな1台BOXカーにまし



はしばらく走っ郊外のホテルにきま

く緊張ら、みん方へ入りました。

部屋はく、みるようなファーあり、奥にベありました。

部屋に入て途で買ール乾杯し、雑談してい、誰かが「お風呂沸いたよ」の声に、「奥さん、風呂は言ったら?」と勧め、主人とお風呂した


お風は外にあ、大きなグジでし

に「や?」と聞く、「更帰いよ」と一言。

は返す言葉もなく無言でいると、主してきました。

は緊と少しの怖さを紛すように、主人と重ね、身体任せした

揉まれ部をられ必に感じようとしてた。


しばらくして「おどうですか?」とがしてに返りました。

そこにの男性が立ていました

人の勧めで彼も緒にお風呂に入り、「奥さんに綺麗だ」「今日はよろくお願いしますね」などと、主に勧れなが私に身体をせて来ました


中、主外の抱かれ、腰さすら、首キスをされ、「あぁらこの人に抱かれるだぁ〜感じていに唇奪われ、その手は私胸を揉み秘部めました

部に手が掛時は、頭ま気が走るような感じした。

は何の拒否も抵抗せず行為をめ、次第に声が出した。

主人の男性撫にお酒湯で火た私はいたうな感覚の中で人の前に関わ感じてまいまし




ふと気が付くと、私の身体に触れる手の数がえていまし

人はっていて、新たに2人のそばにいした

気が付いのも束の間、3人のに愛され、身体中を触っている手が何本もある、それは体験の無覚で、まるで全穴がき産毛がて逆ったような感で、彼らの愛撫だけ度も絶頂をえまし



お風呂もくなり高揚した私は、彼らに支えれながらお呂を出てバスーブを掛けれ部まし

わりに残った方がお風呂へ入り、私バスローをまとったまソファーへ座られま

ールにし、ッする緒に簿彼らもビールを空け乾杯ました。

彼らは一糸まとわず左右に掛けます



私が目のやり場にながらビー飲んでいと、一人が後ろから抱きつき首筋にキてきました

ビクとする私の手り、隣方が自分のペニスを触せ、反対の方胸を揉み乳首を舐めす。

私はルを片手じて殿い声が出ます


ペニを触せているが、主人に「奥さすごくですね。」、「何度も感じちゃって…とお風呂で況をす。

私はずかしさと主への申し訳ない気持ちがいっぱいでしたが、感じ尿自分を抑えきず、らにを任、手はあっ男性のペニスを握りしていました。

主人は「それはった。これかは私もれてい妻を見てしませいますの、好きにあげてくだい」みたいなを答えました。

中で、「あ〜あのAVの様に今らなる姿「どなるのぉ〜」といなが期待と不安で一層感じいきました。


ァーでらの愛撫るとう一人の方がお風呂から戻ってした。

「も始まってる?」と言いながら彼はペニを私の

のペれもつい先までに嫌がのに躊躇もなく口に含みました。

彼はくり、そして深口のでペニスを動かします

私は苦しくなり手で彼のペニスを握りの動を止め、自で彼舐め口に含みしゃぶした。

彼は「苦手といていたのしっかりとフェラしれるじゃないで」と主人へ…

主人は多少込んで来まから…」「今日は皆さんしっかりと仕込んでくださいています

れじみんなで協力し」と言って、私の口からペニスを抜き、ソファーか降ろされ彼は替わっ座りました。


他の、「ほら、みそのお口でしてごらん」「しっかりと教えてあるから…」

私は目の前にいる方のペニスを手にすると違うう、は使ちゃ駄目!」「けでするの」した。

私はを彼の膝の間に入と頭を股間に埋めを口に含みました。

く吸い付くようペニスを口の奥へと導き頭をそうとするとペニスの重みが舌に感じま

必死に舌でペニスを支え、まう様

っと舌めて」「もっ強く吸からの声りま

口の中のペは、と固く大きくっていきます

と固になとペスを抜れ、隣の方へ

今度使て」「しかながら」「方をめて」などた声が掛かります

の時は、「先をもっと吸って」「っと舌を使っめて

る代わる彼らのペニスをにし、色ん事を言ら必死で

しばらくるとが疲れてまい、「もう、ちょキツく来たわ」って、座んでしいました。

「じゃあは元気にもらったペニスでお返ししなくち言われは抱きかかえらベッした。



ベッドにばれた寝せられ、私は4人稿まれます

を奪われ経験しのない激しいキスを受け、

両方の揉まれ、られ、腰、足のら、も、お尻…好きなように身され全身舌や指ってます。

手も舌も何十本うに感じます

んと言っていか、全身撫され攻めらているよ

人もの男のAVのに攻れてい奥ででいた状が私の度を高めます

それだで、じたことい快感絶頂が寄せます。

して残さていた大ろに男性のが触れ、ひと舐めされまし

瞬間全身に電が走ったよ感じ」ときな声上げたました

ら、が動く度に何度もが走、身体を大く仰け反らせ声を上げまし

抑えよしても身反応ときな声が止まりま姿ん。

そしはあっけなく逝っしまいました。


体を起こ稿「すごい」って…

のでホッの方私のうつにし、腰を持ちお尻をき上げさせ

、なに思った瞬間、後ろの穴に舌で突れ、められました。

てアナルにの愛撫を受けます

いや、め、こ…」

身体をくねせ、前に逃よう両脇上げら四つん這いにされ、あごられ、口にスを押し込まれした。

「ほら、うすると動けないろ?だとも出せないだ?」

を抑えっぱいペニスを入れ前後にっくり動き尻を掴まめられます。

両横かや背中2人這い回り

の指が、膣の中を弄ります。

私は出い声うん、うーん」なが、身体をくねらせ、たも経験したことのい快身体中で受止めます


して私の中で、綿何かが大きく崩れるような感た…




い、 。。すごくい---。。

こうして身体男性められ、うにれること

れをハッキリとしてました。


その間です

人以外のの男の中に進入しきました。

それは、だをけ、ゆっく入って来ま

「あと思ったそれいきなを貫きました

私は口えてを振り払い「あぁ〜」っと背を仰反らせ一声上ドに伏せてしまいました。

私は、をやっしままし


ッドに伏せ、腰をき上げ、そして私の中に固まりをじます。

ボーっとしていましたが、私の中にいっぱに入ているものは しっかりと分婿ります。

そう…主とは違うペニスが、主人しか迎えたことのないに少間もなく、私のをいっぱに、確に入

はゆっく振り返り、私の中にを見。彼とが合うと、ニコリを浮かべます。

して彼は、私のお尻をしっりと押さ、私の中のひだを引きずりなはペニスをゆっくりと抜き始めます。

綿ぁ〜」力の無い声がれま

口近くで引き抜れた彼のペニスはそで一止まました。

そして、また一気に私の中を奥使まで突かれ貿

頭の先ま彼のペニスがき抜たような感覚に私はきなを張上げ、今度はしっかりとめます

を貫いたスは、私の中を引っながら後退し、掻けながら襲っす。

の動き何度も繰返され、私は背中を仰け反らせ、声を張りげ、首をり、髪振り乱がら、女しての悦びと主人とは覚と、男にれている快感を底から感じます。

と、もっと、私の中の「女」がしがりま

とハキリと違う彼の固いモノ先から根本まで、必死に締めて内壁てでじ取ろうとした。

そうすると彼の動きがハッキと分かます。

して、ます


までにない大汗を、身体は跳ね上がるくい彼にけ反髪を振りし、私の中の女反応し何度も稿に、わることはあません。

の中の何大きく膨らみ頂と同時に弾けす。


第に彼の吐息大きくなり、今までで一湿く私奥を突いた瞬間、き抜かれ、彼はアゴを持ち上げそれを口の中調かと思うと、熱い物がのどを突き、口の中がりました。

。彼は私の中のです。

ニスの中で脈を打ち、度かび出して口中にその香りと何も言沿した感触を放ます。

ペニくと、私咳き、出た精液が押た手に飛出します。

あの嫌な記憶以来、主人のれたはない口の中に

も、あのよう怖くて嫌なそこにはなく手のひらでトロリと液を見て、主人ない男を受け入れたこと感しました。

それ拭き取ろとすると、「だめだよぉ〜ちゃん飲まなゃぁ〜」と声…

っ」と私が思尿ていると、次が私の足を開き、腰を寄せ私を貫す。

は、すぐ反応し、新貿のオトコを受入れます

ぐにじ、それが声や身体の反応となっ出てきます。

まで主人しかを知らなかった私が、れ以上のを受け入れした。

主人のほどの彼の物とも違、大きさもも固も、してめられ方も…

誰が良ではなくどれも感じます。

気持ちいいのす。


私のを何も行きし、その度に今までの私宿殻を剥がしていきしてにそれを幸せのごとじて行き、昇りめてきます

もうじるままです。

私はハッキ自分が女として男の物貫か、そ悦び感じ、昇め絶頂に「女」なん言うこと知りま

そして、それ知った私は、只々しでく、少しでも強く受け入ようとします

今まで欲しくて欲くてなかった、夢宝物を迎えるように…

こにらいもれもそして苦い過ただ男に抱か、身体の中貫かれ、それを悦ぶ「雌との女」が私を支配してました。

彼も同じように私ペニス突っ込み、私果て

今度は少しも漏らさなうに、しっと唇をすぼめ、彼のニスを、少しでも男を絞りだそうとしてた。


今の彼のニスを咥ているのに、3人目の彼が中に入す。

その衝に咥えいたペニ離れ、出された精液が頬アゴに流ます。

私はら精液を垂れ流がら3人彼のペニスにいます

「奥ん、いやしいよぉ〜」と、私には心地良い響きでせんでした

「いやらしい」言われれ尚更感まい、気ちが高揚ます

そして同うにギリギの中を暴れ回ったペニは、私の口果て人目に貫れま

口の周りは精でビショショに、舌の口は自らの女液でびしょ濡れにな寿り、いらしい音響かなが、男を受け入続けます

は口の中では顔中に精液掛けられま


は果てたま動けくなった身体にぐぐる回る頭中…膣の中には、れ回った男達の感触ながら、ただボーッ大の字でベッドに横たわ、早鼓動必死に酸素を取方を肺が大きく伸縮するのだけ感じました。

の話、遠くで聞こえる噪のようで、身が浮ていうな、雲の上でもいな…不思な感でした。


そして、はこの後、これで全く経験とのい、女の宿を体験してします。

お相手し4人の方って果てて々に貫かれ、人だけしかなかった私はに長 く貫かれ続けたことはなく、慣れか鈍かもな感じ続け快感のけました



>>次のページへ続く

 

 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, 性癖・プレイ, SM_調教,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様