2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

俺が経験した壮絶な社内恋愛の話を淡々と書く








1 :名も無き被検体774号+:2011/09/25(日) 23:50:44.40 ID:oArKXELy0
興味のある人はしばしのお付き合いをよろしく。

まずはスペック

俺  ・顔面は中の下 175cm 70kg 

めっさひげが濃くて腹も出てるw(24)



Aさん ・会社の先輩(男・32)



サキ ・3階フロアの派遣社員(24)167cm 
スレンダー 



カナコ ・俺のフロアの派遣社員(20)156cm 
普通体型 Fカップ



ルールがよくわからないのでなんかあったら注意してください。質問は全部書いたあとにお願いします。




4 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 00:07:40.73 ID:V4zePH/d0
性的表現があるのでまずかったら指摘してください。

では始めます。


就職先は大手アパレルメーカーで地元にある配送センターの商品管理課に配属されたんだが

配属された2階フロアには50人以上の派遣社員さんが それぞれ商品入庫、陳列、ピッキング、包装、出庫に従事していて、このフロアを社員3人で管理、

物量が多いうえに派遣さん同士の揉め事、ミスなど忙しい時は大変だが、普段は週休二日で残業も少なく満足していた。



8 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 00:15:25.35 ID:V4zePH/d0
上の3階のフロアではパターン起こしや裁断、縫製などをやっていて、破れた商品、返品などを派遣のリーダーをやっていた(チーム制)サキの元へ持っていったりしていて、自然とサキと仲が良くなり、

社員と派遣さんは食事時間をずらさなければいけなかったんだけど、サキはリーダーということもあって、他の社員や別のリーダーさんを含めて一緒になることも多く、

俺とは同じ年なので互いにタメ口で 昼飯時は おかずの奪い合いやゲームの話をしたり、たまに帰りはサキの車で送ってもらったり楽しい時間を過ごした。



10 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 00:18:49.46 ID:V4zePH/d0
サキは長身で童顔、髪は短く、いつもジーンズにTシャツで飾り気が無く、車は兄貴に売りつけられたマニュアル車でパンプスのまま運転したり、明るいというか ちょっと豪快な性格で、みんなに好かれていた。

当然ながら童貞の俺は 惚れていたが 基本的に派遣さんとの恋愛は禁止で、過去にトラブルを起こした人が何人かいるそうで、まあ、自信も無かったし、自分の気持ちにはフタをしていた。


そして社会人になり1年半になろうかという時に、事は起こった。



11 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 00:26:03.94 ID:V4zePH/d0
仕事が終わり 産業団地にある会社から駅まで歩いていると、後ろからバタバタと駆けて来る足音が近づいてきて、俺の横で止まり、

「お疲れ様ですっ!歩くの速すぎです!!」

笑いながら話しかけてきたのはカナコだった。

カナコは俺のフロアの包装、出庫のリーダーで、接する時間は会社で最も多く、仲も良かった。

何かミスでもあったのかと焦ったが、普段は帰りの時間が違うので、偶然見つけた俺を追いかけてきたらしい。

話しながら歩くと、相談があると言ってきたので、駅と隣接している森林公園の低い展望台に登り、ベンチに座ると

中々、相談を切り出さないので、慎重に聞いてみると、言いにくそうに

「彼女とか好きな人はいるんですか?」と聞いてきた。

俺は社員だし、超鈍感な非モテなので、ここも慎重に

「何で?俺はいないけど、社員の誰かと何かあった?」

と聞いたら、なんだかバツが悪そうにうつむきながら告白されたんだ。



12 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 00:33:58.17 ID:V4zePH/d0
「困らせるつもりは ないんです、ダメでも普通に仕事できます、なので考えてもらえれば・・、すいません・・」

頭にサキの屈託の無い笑顔が浮かんだので、言葉を選びながら丁寧に断ると、カナコは真っ直ぐ前を見据えて、何回も頷きながら、こらえきれず ぽろぽろと涙をこぼし始めた。

涙を拭う そぶりを見せず、複雑な強い意志を示そうとする表情と、いかにも純度の高そうな、透明で大粒の涙を見てると俺の胸もにわかに苦しくなりだしたので、指先で頭を少しだけ撫でてからおもわず抱きしめてしまった。



13 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 00:38:41.23 ID:V4zePH/d0
ここで終わるつもりだったんだが・・


生まれて初めて抱きしめた小さな体から感じる体温、かすかな髪の匂い、表現することの出来ない胸の柔らかさが、俺を狂わせ始めた。

女ってこんなに温かいんだ・・

普段は根性のカケラもない俺だが、x-videoを千回以上目に焼き付けたせいか、体が勝手に動き始めた・・



15 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 00:45:53.37 ID:V4zePH/d0
カナコを抱き寄せて左手の親指で涙を拭い、顔を近づけると俺の目をまじまじと見つめていたが、俺は穏やかな微笑を浮かべながら(あくまでイメージ)キスをした。

暖かく柔らかい唇に溺れそうになりながらも、言いようのない違和感を感じ、その不安をかき消すように幾度となく唇を重ねていくと、やがて違和感も消え、

「んっ・・んっ・・・んんっっ・・・・」

唇を離すとC子の表情から色気が漂い、何かを懇願するような瞳が再び唇を重ねさせた。


18 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 00:52:53.61 ID:V4zePH/d0
お互いの舌がゆっくり絡み合うと、求める気持ちは激しさを増し、カナコの右胸を服の上から揉みしだいた。さっきよりさらに温かく感じる・・

揉みしだきながら髪をかきあげ、左耳に唇を這わせたり強く啄んだり

「ん〜っ、ん、はぁっ・・、あっ・・」

Tシャツを捲り上げ、薄いピンクのブラの下に手を滑り込ませ、カナコの敏感な部分を親指と人差し指でやさしく弄び、舌を絡めながら、また揉みしだき、弄び・・

そして俺の舌は カナコの敏感な部分にたどりつき、はじめて知る甘い果実をむさぼると、羞恥心を失い始めたカナコは完全に身を任せるようになっていった。



20 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 00:54:58.62 ID:V4zePH/d0
書くの難しいな 

読んでる人も少なそうなんでここからハショりますw



22 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 00:58:57.60 ID:V4zePH/d0
最初に言っておくが釣りではない

読んでくれる人がいるなら続ける



23 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 01:00:14.90 ID:zMUfLwW30
エロシーンはいいから早く


24 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 01:00:43.04 ID:ljXs8HuV0
エロシーンはいらん


25 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 01:02:00.61 ID:V4zePH/d0
そのあと、柵の手すりを持たせて、街を見下ろしながら後ろからした。

異常なほど興奮した彼女はすげー可愛かったし、正直、女ってこんな嫌らしい生き物なのかびびったw


賢者モードに突入した俺はサキが好きだってことを強く再認識したけど、もう引き返せないし、会社のこともあるから、カナコと付き合うことにしました。

でも この時の俺は、こんな平和な地方都市で巻き起こる事件を全く想像していなかったんだ・・



26 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 01:05:54.94 ID:MNQzd9Kq0
追いついた

wktk


27 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 01:06:02.22 ID:V4zePH/d0
カナコと付き合いだしてから三ヶ月が過ぎようとしてた頃、至って平和な毎日だったんだけど、ある日の午後、食堂でカップ麺にお湯を入れようとしたら、ポットが壊れてたので、給湯室にお湯を入れに行った。

苦手なA先輩が給湯室に入ったのが見えたので、迷いながら向かうと声が聞こえたので俺は止まった。

もし個人的な電話とかなら、電話の話を聞いてしまうのは失礼かと思ったんだが、女の声がする・・



30 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 01:14:44.32 ID:V4zePH/d0
女 「も〜ダメですって」

先輩「大丈夫、こんな時間誰も来ないしw」

女 「そんな問題じゃないですから(笑)」


俺は静かに立ち去ろうとしたんだけど、胸騒ぎがしてそっと入り口を覗いた。


女 「ちょ、ダメですっ・・、ちょっ、ん〜」

先輩「可愛いw」

女  「彼氏がいるっ、ん、やっ・・」


目の前で繰り広げられる信じられない光景に、俺の心臓の音が聞こえてるんじゃないかと焦ったが、すぐに女が俺に気付いた。

カナコだ。



31 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 01:16:12.94 ID:nvHAiXc10
ワッフルワッフル



33 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 01:18:23.49 ID:V4zePH/d0
まあ、無理やり? 胸を揉まれてただけなんだが、キスしているところも見たし、俺は心臓が痛くて震えそうで、

カナコが先輩を突き飛ばし、「違う!!ちがうんですっ!!!」って大声を出したのもあったから、

「あっ!見てないっス。大丈夫、誰にも言わないス。」

って平静を装って仕事に戻った。


カナコもすぐに戻ってきたが、泣きそうになりながら仕事を続けてた。

誰にも言ってなかったから、先輩は俺の彼女だと知らなかったみたいだったんだけど、カナコに対しては怒りとやりきれない悲しさで、顔を見るのも嫌だった。



37 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 01:26:04.81 ID:V4zePH/d0
その夜、カナコから鬼電がかかってきて、結局電話に出たんだけど、社員に逆らう方法が無かったの一点張りで、表面上は許すことにした。

先輩は普通で、俺も普通にしてたんだけど、カナコとは どうやって別れようか悩んだ。もう好きには なれなかったし。

何かと理由をつけて、カナコとは電話とメールだけにして、会社でサキと話すことが唯一の救いで、カナコの目を盗んでサキと飯食いに行ったりした。


んで、カナコと先輩の情事?を目撃してから、二週間後ぐらいかな、電話でカナコに別れを告げて、なんとか了承してもらった。

次の日から、カナコは もしかして会社には来ないのかなと、心配したんだが、至って普通に仕事してたので安心した。

そのあと、3日後か四日後が忘れたが、

ドンッ!ドスッ!!ドスッ!!



41 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 01:31:47.34 ID:V4zePH/d0
俺は背中に熱さと痛みを感じて振り返ると、細い糸を切るにぎり鋏を右手に持って、震えるカナコが泣きながら突っ立っていた・・


しゃがんで作業していた俺の肩甲骨付近に、にぎり鋏を三回振り下ろし、痛みに顔をしかめたが、カナコも俺も声が出ず、騒ぎに気付いた上司がカナコをどこかに連れて行った。

俺は すぐAとは別の先輩社員に病院に連れて行ってもらったが、鋏が小さく、振り下ろす力が弱かったんで軽症ですんだ。

病院からすぐ帰社して、上司に全てを話して警察沙汰にはしなかった。

カナコはその日に会社を辞めて、俺に遊ばれて、サキにも手を出していると言っていたそうだ。



43 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 01:41:41.98 ID:nvHAiXc10
縫ったの?

包丁じゃなくてよかったね



50 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 01:56:05.97 ID:V4zePH/d0
>>43
縫ったけど、ホントこれだけでラッキーだと思う。



42 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 01:34:03.31 ID:nvHAiXc10
だから社内はやめろとあれほど言ったじゃまいか。


44 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 01:41:58.11 ID:V4zePH/d0
>>42
わかってたつもりだったんだけどな。


通常業務に戻った俺を見る派遣さん達の目があからさまに変わって、素直だった人達がなにかと悪態をつくようになった。

俺と一緒だと不安だから配置換えをして欲しいと会社に言ってることも聞いた。

サキは最低限のあいさつ、仕事上の会話はするがどこかよそよそしくて、作業場でも食堂でも俺を避けるようになった。



そんな日々がしばらく続いて、ある時、作業台に誰かのにぎり鋏が置いてあるのを見つけたんだ。

ぼんやりとにぎり鋏を見つめていると、急に涙が止まらなくなった。

俺との糸を断ち切ったのはオマエじゃないかっっ・・、

みんな見ていたが、こらえきれず、立ったまま台に両手をつき嗚咽を漏らしながら泣いてしまった。



45 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 01:44:37.89 ID:n1CchaKQ0
サキまでそうなっちゃうのキツイな(´・ω・`)

しかし好きでもないカナコにまず手を付けたのがまずかったな!


50 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 01:56:05.97 ID:V4zePH/d0
>>45
童貞だったから我を忘れてもうたw



後日・・、

先輩や上司は引き止めてくれたが、俺にはもう気力が残っていなかった。

俺はニートになった。

怪我をしたので親にはちゃんと話したし、ゆっくり次の仕事を探せばいいと言ってくれた。


あの日以来、カナコから全く連絡がないのは救いだ。

マジで文章書くの難しかったw

わかりやすく丁寧に書こうと思ったんだけど、最初からはしょればよかったわw

なんか書いてみるとたいしたことない話に感じるけど、俺にとってはキツかったんだよな。

長くなったけど、ここまで読んでくれてありがとう。



51 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 01:56:58.68 ID:8XnK/GhU0
え…終わりじゃないよね?



52 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 01:57:47.75 ID:nvHAiXc10
まさか……終わりじゃないよな?



54 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 02:00:05.95 ID:V4zePH/d0
続きはまだあるんだけど、もうちょっと長くなるし、思いのほか文章書くのが難しいw

俺は暇だからいいけど下手でよければ書こうか?




59 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 02:08:27.25 ID:nvHAiXc10
しかしまあ、カナコの言い分もわからんでもない。

無視されて捨てられたって思ったんだろうな。



60 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 02:14:04.19 ID:fV9qXudP0
女の視点で見ると>>1が一方的に悪いんじゃん

告白断った上で勢いでヤルだけヤッて

しぶしぶ付き合うまでは まぁまだ責任感じてるんだな、とは思えるけど

逆らえない上司からのセクハラを見たのに庇ってくれるでもなくむしろ淫乱扱いでしょ?

それであっさり捨てられたらそりゃ裏切られたと思うよね


まぁ刺すのはダメだけど


63 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 02:27:45.36 ID:c9sTln/70
しかし、いくらA先輩が社員だからといって唇を許すカナコもなぁ

強気で押せばやれそうな雰囲気持ってんじゃね



67 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 03:05:39.16 ID:V4zePH/d0
では「第二章 カナコ・リターンズ☆」始めます。



エロシーンと細かい説明は はしょるから、

先に言っておきたいんだが、俺が住んでるとこは地方都市でDQNが多いんだ。頭に入れといてくれ。


退職してすぐにサキからメールがあった。

「変な態度とってゴメン。どうすればいいのかわからなくて・・簡単には言えないけど元気出しなヨ!」

こんな感じで、俺の自業自得だからって一回だけ返信した。



それから一週間もしないうちにカナコから電話がかかってきた。

近所の峠の入り口にある公園で会いたいって。

カナコの様子は普通で、深夜に車を飛ばしても20分もかかる場所だし、違和感はあったんだけど、見せたい物があるし、どうしても謝りたいと言うので、俺も謝ってすっきりしたいから行くことにした。



71 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 03:16:05.76 ID:V4zePH/d0
深夜は怖いから20時の待ち合わせにして木曜の夜、公園に行った。


公園に着くと、公園の駐車場は走り屋のUターン場所になってて、まあ、地元の走り屋が関係ない人に絡むこともないんで、親父の車を乗って行ったんだけど、車の中で待ってた。

走り屋達がUターンして出てって、1台だけ車が残った。

その車の持ち主とその友達が車から降りて駐車場でだべってて、それはサキの車で、だべってたのはサキとサキの友達の二人だった。



74 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 03:21:37.90 ID:V4zePH/d0
俺の親父のセダンに俺が乗ってることは気付いてなかったけど、もう会いたくないし、恥をさらしたくない。

だから駐車場から出て行こうとしたら、フルスモのハイエースが駐車場に入ってきた。

ハイエースからカナコが携帯を耳に当てながら降りてきて、俺の携帯がなった。

もういいやと思って俺は車から降りた。



そしたらハイエースから白の汚れたニッカを穿いたゴツイ二人組みが出てきた。

最悪に最悪が重なって、言葉に出来ないぐらいびびったが、案の定、カナコを泣かしたとか難癖つけられた。

俺が謝らないと、胸ぐらつかまれて蹴られて、殴られて、背中の傷も痛くて、蹴られた腹を押さえると、思いっきり何回も殴られて鼻の骨が折れた。



78 :名も無き被検体774号+:2011/09/26(月) 03:32:45.73 ID:V4zePH/d0
そしたらサキが近づいてきて「もうやめなよ!」ってDQN達に言った。

俺はサキに「やめろ、向こう行け、帰れ!」って叫んだ。


そしたらDQNの一人「Xとする」がサキを引っ叩いて、髪の毛を掴んで車に乗せようとしたから、俺はXに思い切りタックルをした。

Xが倒れてサキに「帰れ!!」って叫んだ瞬間、もう一人のDQN「Y」が俺を掴んでこかした。

またガンガン殴られてると、急に凄い音の車が駐車場に入ってきて、その車から降りてきた男が、俺の上に乗っかってたYを蹴り飛ばして、「殺すぞこの野郎!!」って、Yをあっと言う間にボコボコにした。


Xを見るとびびってて、凄い音の車から降りてきたもう一人の男が、スパナかなんかでハイエースの後部ガラスを叩き割って、Xをめちゃくちゃボコッた。






>>次のページへ続く




 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, 修羅場・人間関係, 常識の無い人達,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, 修羅場・人間関係, 常識の無い人達,
 
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

人気記事(7days)

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20110926110550