2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

俺が高校で先輩と肉体関係になった話







http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1407843673/


1 :1◆oNDhRi.Qoo :2014/08/12(火)20:41:13 ID:lrOF7Vvxh
最初に言っておく。

聞いてて愉快な話ではないと思う。でも、何となく吐き出したくなった。

お前ら、ちょっとだけ俺の昔話が付き合ってくれ。

念のため言っておくが、パンツはまだ脱がなくていいからな。

後ホモじゃねえならな



2 :1◆oNDhRi.Qoo :2014/08/12(火)20:42:44 ID:lrOF7Vvxh
じゃあまずは俺と先輩のスペック。これは先輩と出会った時のスペックな。



•高1

•サッカー部

•身長は確か170はあった

•自己評価ではイケメンとは言えないけど、ブサイクでは無いと思う

•最近言われたのは戸次重幸って人に似てるらしい


先輩
•高2

•サッカー部のマネージャー

•身長は詳しく数字は知らないけど、俺よりは低かったと思う

•美人、と言うよりは可愛い系かな?黒島結菜に似てると思う



4 :1◆oNDhRi.Qoo :2014/08/12(火)20:43:18 ID:lrOF7Vvxh
そんじゃ書いてくな。

長くなるけど、まぁ付き合ってくれ。



5 :1◆oNDhRi.Qoo :2014/08/12(火)20:44:04 ID:lrOF7Vvxh
俺が最初に先輩を目撃したのは高校入学してすぐだった。

入学してすぐに勧誘も兼ねた各部活の紹介があった。

一応中学では地元のサッカークラブでサッカーしてたし、高校でもサッカー部に入るつもりだったから正直退屈だった。

で、野球部、バスケ部、陸上部と最初は運動系の部活の紹介が続いて、最後の方にサッカー部の番が来た。

そん時にマイクを持って現れたのが先輩だった。

単刀直入に言う。一目惚れだった。

いや、マジで。



6 :名無しさん@おーぷん :2014/08/12(火)20:44:08 ID:iMNYqqFH0
パンツ履いといた方がいい?


8 :1◆oNDhRi.Qoo :2014/08/12(火)20:44:44 ID:lrOF7Vvxh
>>6
まだ履いておけ


俺も一目惚れとかそんな漫画じゃあるまいしwwwとか思って恋愛脳な奴を馬鹿にしてたけど、いや、一目惚れってあるんだなと思った。

マイクを持った先輩はサッカー部の過去の大会成績とかを言ってた気がした。

先輩に見とれて良く聞いてなかったけど。

で、先輩が
「ウチのサッカー部は実力主義で一年生でもレギュラーになれます」

みたいな事を言った後でユニフォームを着た人達が現れた。

ハッキリとは覚えてないけど、なんかリフティングしてたのを覚えてる。



10 :1◆oNDhRi.Qoo :2014/08/12(火)20:45:46 ID:lrOF7Vvxh
で、その後も色々な部活の紹介は続いたけど正直、先輩のインパクトが強過ぎて聞いてなかった。

で、その日の内に友人とサッカー部に入部届けを出しに行った。

その友人ってのは小学校からの仲で中学時代も同じチームでやってた俗に言う親友って奴で、今でも交友がある。

ちなみにその高校を選んだ理由は中学時代の先輩がいるからって理由です。



11 :1◆oNDhRi.Qoo :2014/08/12(火)20:46:44 ID:lrOF7Vvxh
で、職員室でサッカー部の顧問の先生に入部届け出しに行ったら、「せっかくだから練習見に来るか?」みたいな事を言われた。

ちなみにこの先生、あだ名が「ケンヂ」で、分かる人は分かると思うけど めちゃくちゃカッコイイ人だった。

で、放課後友人とサッカー部の練習を見学しに行った。



12 :1◆oNDhRi.Qoo :2014/08/12(火)20:48:10 ID:lrOF7Vvxh
サッカー部の練習を見た印象は、「想像よりはキツそう」だった。上からな言い方だけど、本当にそう思った。と言うのも、中学の時のチームがフィジカルに重きを置いた練習がハードで有名なチームで、週4回の練習の度に5kmとか走ってるようなチームだったからだ。

今思うと中学生の身体であの練習はいかがな物かと。

まぁ不思議とチームを辞める奴はいても怪我する奴はいなかった。

で、友人とコソコソ話しながら練習を見学してると、こっちに一人の部員が気付いた。

それが、先述の中学時代の先輩って奴だ。



14 :1◆oNDhRi.Qoo :2014/08/12(火)20:49:14 ID:lrOF7Vvxh
先輩、ちょっとややこしくなるからその先輩の事は当時のあだ名の「タケシさん」で呼ぶ事にする。

ちなみにタケシさんのあだ名の由来はタケシさんがポケモンのアニメのタケシの物真似がうまかった事から来てる。

で、そのタケシさんがニヤニヤしながらこっちにパスを出した。

そのパスを友人がトラップした。

で、それを見てタケシさんはこっちに走って来た。

タケシ「よぉ!来たか!」

友人「タケシさん、お久しぶりです」


俺「ハイ、来ちゃいました」

タケシ「どうよ、ウチの練習?緩いべ?」

ちなみにタケシさんはめちゃくちゃ体力があって、チームでやる10kmマラソンとかは毎回一位だった。



15 :1◆oNDhRi.Qoo :2014/08/12(火)20:50:12 ID:lrOF7Vvxh
俺「いやぁ……まぁチームに比べたらw」

友人「ですねw タケシさん体力ありましたから」

タケシ「まあなw じゃあ後でな」

そんな感じで会話をすると、タケシさんは友人の足元からボールを取って練習に戻った。

で、タケシさんがきっかけで友人と中学の時の思い出話をしてると、後ろから声をかけられた。

「ねぇ、貴方達。もしかしてタケシくんの後輩?」

振り返ると、あの人がいた。

これが、俺と先輩の出会いだった。



17 :1◆oNDhRi.Qoo :2014/08/12(火)20:51:00 ID:lrOF7Vvxh
先輩は学校の指定ジャージを来て、ボトルが入ったカゴを持ってたと思う。

俺は突然の一目惚れ相手の出現に体が固まった。


友人「はい。そうですよ」

先輩「ホント!? じゃあサッカーやってたんだ!!」


友人「まぁそうですね」

先輩「じゃあさ、じゃあさ! サッカー部入らない!? どう!?」


友人「あ、もう入部届け出してます。横のコイツも」

先輩「え、ホント!?」


先輩が俺に話を振ってくる。

先に言い訳させてくれ。緊張してたんだ。ちょっと前まで中坊の童貞のガキだったんだ。

もうこれ以上無いくらい緊張してたんだ。



18 :1◆oNDhRi.Qoo :2014/08/12(火)20:51:44 ID:lrOF7Vvxh
俺「え!? あ、えっと、あ!ハイ!出しました!さ、さっき!今!」

こんな感じで返事したのは覚えてる。

我ながら気持ち悪いくらいに緊張してた。


先輩「ホント!? じゃあ私の後輩になるんだ!」

友人「そうですね」


友人の落ち着きっぷりが羨ましかった。と言うか、これが普通か。

先輩「タケシくんの後輩って事は○○FCの出身かぁ……期待しちゃうな」


○○はチーム名を伏せただけです。


先輩「じゃ、これからよろしくね!」

友人「はい、先輩」


俺「よ、よろしくお願いします! 先輩!」

先輩「うん、よろしくね」


そう言うと、先輩は去って行った。



19 :1◆oNDhRi.Qoo :2014/08/12(火)20:52:51 ID:lrOF7Vvxh
それからしばらく練習を見学した後、顧問の先生と少し話をした。

中学の時の話とか、タケシさんの話、高校サッカーの話とか色々と。


ちなみに高校サッカーではU-18リーグってのがあって、その高校は四つ分かれてる内の下から二番目のリーグに入ってるチームって説明も受けた。

まぁ知ってて入ったんだけども。

で、話が終わった後はタケシさんと合流してコンビニで買い食いした。

タケシさんが「入部祝い」とか言って奢ってくれた。

で、話題は先輩の話に。



20 :1◆oNDhRi.Qoo :2014/08/12(火)20:53:35 ID:lrOF7Vvxh
友人「そーいや、あのマネージャーさん」

タケシ「あーユナ? アイツはすげーよ。もーモテるモテる」


友人「コイツがもうベタ惚れで」

俺「はぁ!?」


タケシ「マジで? おいおい、あそこは競争率高いぜ?」

俺「ちょ、タケシさんまで!?」


友人「ちょっと話しかけられただけなんすけど、超緊張してwww」

タケシ「マジ? うっわ見たかったわぁ」


友人「あ! えっと、あの! みたいなwww」

俺「おい友!!」


ユナってのは勿論 黒島結菜からきてます。

こんな感じで終始いじられまくってた。

これが先輩と出会った日の事。


で、その後は俺達は正式に入部して、練習に参加した。まぁ、それからは特に面白い事も無かったし、ちょっと飛ばす。



21 :1◆oNDhRi.Qoo :2014/08/12(火)20:54:21 ID:lrOF7Vvxh
時は変わって、季節は夏。

運動部の夏ってなると、合宿が始まる。

ちなみに春に大会があったけどその大会は一回戦で負けた。

で、俺達を倒したチームを倒したチームが優勝した。

俺と友人とあと一人一年がベンチメンバーに入ったけどその大会で一年生の出番は無かった。

で、サッカー部の夏合宿。

単刀直入に言ってしまおう。

この夏合宿から、俺と先輩は肉体関係を持つ事になる。



22 :1◆oNDhRi.Qoo :2014/08/12(火)20:55:20 ID:lrOF7Vvxh
合宿先は長野。

合宿での内容はいつもの部活での練習メニューとは違い、中学時代のようなフィジカル中心のトレーニングメニューだった。

一年生、二年生の大半がヒィヒィ言いながらフィジカルトレーニングをする中、ベンチメンバーの一年三人、二年生の残り、三年生は全員余裕があった。

午前のトレーニングと午後のトレーニングの合間のちょっと長め昼間の休憩時間でその差は目に見える形で現れた。

ヒィヒィ言ってたメンバーは大抵この時間にはグッタリしていた。



24 :1◆oNDhRi.Qoo :2014/08/12(火)20:56:43 ID:lrOF7Vvxh
一応他の奴らの面子の為に言うが、練習は普通に辛かった。

俺からしたら中学時代のまだ出来上がってない体で地獄みたいなフィジカルトレーニングを積んだ経験と自信があるだけで、普通に辛いトレーニングだった。

で、そんな合宿初日のその昼の休憩時間。

俺は友人と連れションに行った。

で、友人が大の方に入って時間かかるって言ったから、俺は外で待ってた。

そこに、空のボトル大量に詰んだカゴを持った先輩が現れた。



25 :1◆oNDhRi.Qoo :2014/08/12(火)20:57:37 ID:lrOF7Vvxh
先輩「あ、お疲れー」

俺「お疲れ様でーす」


先輩「どう?初の夏合宿は?」

俺「いやー、辛いっすね」


先輩「えー? 余裕そうに見えるけど?」

俺「いやいや、余裕なんて全然」


どうだ? 先輩と話せてるだろ?

ここまで辿り着くまでに何ヶ月も努力したからな。まぁ、この時はまだ心臓バクバク鳴ってたけど。



26 :1◆oNDhRi.Qoo :2014/08/12(火)20:58:27 ID:lrOF7Vvxh
先輩「でも、やっぱりタケシくんの後輩だけあるね。体力あるじゃん」

俺「まぁ、そればっかり馬鹿みたいにやらされましたからねw」


先輩「そうなんだ」


先輩はそう言うと空のボトルを水道で洗い始めた。


先輩「で、何してたの?」

俺「友待ちですよ。アイツ、トイレ長いんすよ」


先輩「へー」

俺「…………」


先輩「あ、そう言えば」

俺「なんすか?」


この後の会話を、俺は今でもハッキリと覚えてる。



28 :1◆oNDhRi.Qoo :2014/08/12(火)20:59:18 ID:lrOF7Vvxh
先輩「俺くんはさぁ、彼女とかいないの?」

俺「は?」


俺は先輩の突然の質問に呆気にとられた。


先輩「んー。だってさ、モテそうじゃん、俺くん」

俺「いやいや! いや! モテませんから! 本当!」


先輩「えー? 嘘だー」

俺「いや!ショウの方が持てますから!」


ショウってのは、一年生ベンチメンバーの一人。

こないだテレビで見た櫻井翔が当時のそいつに似てたから、とりあえずそう表記する。

先輩「あー、ショウくんはモテるだろうね。かっこいいし」


この時、先輩にかっこいいと言われたショウに嫉妬した。



29 :1◆oNDhRi.Qoo :2014/08/12(火)21:01:22 ID:lrOF7Vvxh
先輩「でもさー、俺くんもかっこいいと思うよ?」

俺「え!? いやいや!! 俺なんて全然ですから!!」


正直、嬉しかった。

けど、先輩のその後の発言で、状況は変わった。


先輩「だってさ、アヤちゃんは俺くんの事好きみたいだし」

俺「は?」


アヤちゃんってのは先輩と同学年のサッカー部のマネージャーの一人。アヤってのはアダ名。本名をもじったアダ名らしい。

いや、まぁそんな説明よりも、もっと大事な話があるか。



30 :1◆oNDhRi.Qoo :2014/08/12(火)21:02:24 ID:lrOF7Vvxh
先輩「アヤちゃんいつも私が俺くんと話すと色々聞いて来るの」

俺「え?」


先輩「『俺くんとどんな話したのー』とか『俺くんなんの話してたー』とか色々」

俺「…………はぁ」


先輩「俺くん的にはどう? アヤちゃんの事は?」

先輩はボトルを洗う手を止めない。俺も先輩の方をまともに見れなかった。

アヤは可愛いか可愛く無いかで言えば、可愛いの方に入る。でも、凄い可愛いわけでは無い。

先輩が100点だとしたら、アヤは73点くらい。

と言うより、当時スポーツに打ち込んでた俺は眼鏡かけた人はなんとなく嫌だった。






>>次のページへ続く




 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:興奮したシチュエーション, 青春,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:興奮したシチュエーション, 青春,
 
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

人気記事(7days)

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140813062500