2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

私の「初めて」の話をしようと思う







http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news4viptasu/1434773619/


1 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 13:13:39.46 ID:d7vBTGF30.net
ちょっと長いけど聞いてくれますか??


6 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 13:18:05.37 ID:d7vBTGF30.net
私んちは職人の家です

家の隣に工房があっていっつもそこで勉強してます

工房では毎日母が作業してますけど音とかはそんな気になりませんし温度とか湿度の管理がしっかりしてるからむしろ過ごしやすいのでして


7 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 13:20:13.95 ID:d7vBTGF30.net
ちなみに私はその当時中学は3年生

受験めんどくせって時期でしたね

家業を継ごうかどうかちょっと迷いながらもまあその日もしょうがなく数学のお勉強をしておりました


11 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 13:26:37.09 ID:d7vBTGF30.net
夕方くらいでした、勉強もはかどりつつあったときに工房に来客がありました

インターホンが鳴って母さんがドアを開けて私もちょっと手を止めてそっちを見ました

お客さんが来たんかなと


15 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 13:29:52.52 ID:d7vBTGF30.net
母さんがドアを開けて、入ってきたのは車椅子に乗った男の子でした

すごく痩せた坊主頭の男の子

私はその子を知ってました

三年前に知り合った、ちょうど同い年のくそがきです


17 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 13:32:31.61 ID:d7vBTGF30.net
「久しぶりじゃん」

やつは私の顔を見てヘラッと笑いました

私は正直笑えなかった

「なんでうちに……」

訊かなくてもわかるだろってやつは言いましたし私も訊くまでもなくわかってたんですけど


20 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 13:37:48.05 ID:d7vBTGF30.net
「仕事を頼みに来た」とやつは言いました

知り合いの子かと母さんは私に訊きましたので私は黙ってうなずく

そうなんだ、と母さんはちょっと寂しそうに言ってから

やつを工房の奥の応接室に連れてく


私は一人でぽつんと取り残される形に


21 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 13:39:34.25 ID:d7vBTGF30.net
……やつと私が初めて会ったときの話をしておきますね


22 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 13:42:55.95 ID:d7vBTGF30.net
やつと会ったのは三年前、私が小6だったときのことです


ある日の体育の時間、鉄棒から変な落ち方をして足首を折りました

痛すぎて失神して次に目が覚めたら病院で寝てました

目が覚めたらやっぱりまだめちゃくちゃ痛くてびっくりするくらい汗かいてた


23 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 13:50:09.22 ID:d7vBTGF30.net
それから5日くらいは最悪でしたね

足はアホみたいに痛いわ一日中ベッドの上で退屈だわ

どっちか片方ならまだいいんですけどね

痛いうえ退屈だと何も手につかないからどうしようもない


25 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 13:56:24.47 ID:d7vBTGF30.net
唯一仲のいい友達が見舞いついでに貸してくれたiPodで退屈をしのいで5日やりすごしてから手術をうけました


あの手術ってのもまた嫌でしたね

足切って中に金属仕込むだなんて……

麻酔かかってるから大丈夫っつってもさすがにビビりました


26 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 14:06:50.92 ID:d7vBTGF30.net
ビビったものの手術はまあ無難に終わり、麻酔がとれたころに医者が松葉杖をくれました


別に何があるわけでもないんだけど、約一週間ぶりに動けるってそれだけで嬉しいもんで

私は慣れない松葉杖でひたすら院内を歩いた


やつに会ったのはそのときでした

やつはガラの悪そうなおっさん三人と喫煙所兼の談話スペースで麻雀やってました


28 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 14:16:39.03 ID:d7vBTGF30.net
やつはすでに車椅子だったし体はガリガリだったし どう見ても副流煙にまみれて麻雀って感じでもなかったんですけど

どうも様子を見ているとボロ勝ちしているのは三人のおっさんではなくやせっぽちの男の子のほうなんですね


29 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 14:19:37.39 ID:d7vBTGF30.net
面白いなあと思って私は遠巻きにそれを見てました

でもその日は話しかけられずに終了

いずれ一人でいるところを捕まえたいと思いながらその日は寝ました


31 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 14:26:43.09 ID:d7vBTGF30.net
まあ反動みたいなのもあったんですよね

どうせならちょっとアウトローっぽい人と関わりたいって

っていうのも手術後動けるようになってから看護師がやけにうるさくてですね

「小児病棟に同い年くらいの子がいるから遊びに来ないか」

とか

「あなたくらいの歳の子が来ると小さい子たちが喜ぶ」

とか

いや、いいんですけどね、押しつけがましく言われると、正論だったとしてもどうにも聞く耳持てなくて

昔からの悪い癖だとつくづく思います


32 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 14:34:08.74 ID:d7vBTGF30.net
そんなわけで病院では同い年くらいの子と全然かかわりがありませんでした

基本的に一人だったけど別に好んで一人だったわけでもなくて

そんなときにやつを見かけたんです

話を聞いているとどうも看護師も医者もやつには手を焼いてるようで

そりゃそうですよね、小学生のガキが一見すると堅気かもあやしい大人と麻雀やってんですもん

それも賭けてんだって話だから余計です

「タムラくんはねえ……」

看護師はどうにも話題にしたがらない感じ


やつの名前はタムラというのでした


33 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 14:38:21.20 ID:d7vBTGF30.net
「タムラくん」

二日ほどしてチャンスがめぐって私はやつに話しかけました

やつは一人で談話室のテーブル陣取って、缶コーラ飲みながら『チェックメイトの技法』という本を読んでました

「誰お前?」

やつは本からちょっとだけ目を上げて言いました


34 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 14:45:54.16 ID:d7vBTGF30.net
「何読んでるの?」

「見りゃわかるだろ」

やつが読んでいたのはチェスの本でした


「麻雀だけじゃなくてチェスもやるんだ」


「なんでもやるけどチェスが一番だな

 ていうかもっかい聞くけど誰お前?」


私は自分の名前を言った

でもやつが言いたいのはそういうことではなかったらしい


「暇つぶしにつきあわせるために話しかけたなら他をあたってくんないかな」


ずいぶんな言い方をされて私もちょっとムッとする

思わず勢いづいて

「バカ言わないで、あんたの退屈しのぎにつきあってやるっつってんのよ」

なんて言ったけど声が震えていたかもしれない

やつは品定めするみたいに私の顔をじろじろ見た


35 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 14:53:13.00 ID:d7vBTGF30.net
「なにができんの」

「……オセロかトランプ」

やつは呆れた顔をしたけどちょっと考えてから

「それなら一回チャンスやるよ、退屈しのぎになってもらおうか」

と言って車椅子を動かしはじめる

私はその後ろを松葉杖でついていく


38 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 15:00:20.45 ID:d7vBTGF30.net
小児病棟の最上階にやつの病室があった

ちょっとしたデザイナーズマンションかってくらいきれいな個室だった

窓からは何もない街がよく見えた

やつは棚からオセロボードを引っ張り出す

テーブルに置いたオセロボードをはさんで私たちは座った


39 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 15:03:20.67 ID:d7vBTGF30.net
結論から言うとお話にならなかった

「オセロなんて五年ぶりくらいだ」

なんて言ってたくせにタムラはボロクソに強かった

というより、やってるうちにどんどん歯が立たなくなってった

たぶん、あるゲームのコツをつかむ勘みたいなものがそもそもずば抜けてんだと思う


40 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 15:06:49.26 ID:d7vBTGF30.net
しまいにはハンデをもらったけどそれでも負けた

角をとればオセロは有利になるって言いますよね

だから最初から二つ角をもらった状態で始めたんだけどそれでもありえないくらい負けた

タムラにはどんなに優勢だろうと容赦というものがなかった


41 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 15:10:06.48 ID:d7vBTGF30.net
結局一回も勝てないままその日は終わった

「いい暇つぶしになったろ」

タムラに笑いながら言われて私は死ぬほど悔しがりながら自分の病室に戻った


44 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 15:16:48.30 ID:d7vBTGF30.net
三日のあいだ私は自分の部屋から出なかった

看護師が具合でも悪いのか心配したけどそんなんじゃない

私もそれなりに負けず嫌いだし意地はある

付け焼刃は承知でひたすらオセロの戦術を勉強した

勉強してみると基礎のキソでも知らないことがたくさんあってびっくりした

なんでもいいから一回はタムラに勝たないと気が済まない


45 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 15:23:34.91 ID:d7vBTGF30.net
三日後

私はタムラの病室に押しかける

やつはパソコンを鬼みたいな目で睨みつけて何かをしていた

邪魔できる雰囲気では到底なくて、私はしょうもなく突っ立っていた

タムラにようやく気づかれたのは小一時間たったころだった

「また来ると思ってたぜ」

小一時間気づかなかったくせによく言うもんだ


46 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 15:29:01.60 ID:d7vBTGF30.net
「このあいだの続きをしにきた」

「三日間なにもしてなかったわけじゃないよな」

私はうなずく

テーブルにはこの間からしまわれていないのだろうオセロボードが載ってた

今回は初戦からハンデをもらうことにした

私の黒番でゲームを始める

開始三秒で目の色が変わったタムラをつくづくと私は見た


47 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 15:34:31.97 ID:d7vBTGF30.net
「三日間何もしてなかったわけじゃなさそうだな」

タムラは笑いながら言ったけどたぶんほんとは死ぬほど悔しかったんじゃなかろうか

わずかに黒が白を上回った盤面を田村はじっと見下ろしていた

「もう一回だ」

タムラが言うままにもう一ゲーム戦う

タムラが白番、私が黒番をとって


結果はタムラの完勝だった


48 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 15:44:28.96 ID:d7vBTGF30.net
その日はじめてタムラは私にコーラをおごった

自販機で350ml缶を二つ買って、病棟の廊下のベンチに座って飲んだ

「タムラって絶対コーラなんて飲んじゃダメそうな体してるよね」

私はずっと思っていたことを言った

「飲んでも飲まなくてもどのみちダメだから関係ねーんだ」


「?」

「イチローが毎朝カレー食うのと一緒だ」


「そうなの?」

「そうだよ、毎朝カレー食って毎試合ヒット打ってんの」


「タムラの場合はそれがコーラなわけだ」


「そういうこと」

「でも飲むのもやはりよくないと」


「そう」

タムラはため息をついた

「俺ハタチになる前に死ぬからさ」


49 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 15:54:20.35 ID:d7vBTGF30.net
タムラの病気はもう治る見込みのないものだった

生まれて間もなくそれがわかって、タムラの親はタムラを病院に放り込んだ

手切れ金であるかのように高い金を払って

けれどそれ以来ほとんど病院に顔を見せに来たこともないらしい


生まれつき欠陥を抱えた心臓と、ガラの悪い勝負事好きの親父連中と、世界のどこにもつながるパソコンとに恵まれて、タムラは病院で12年間すくすくと育った、のだそうだ


50 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 15:59:43.47 ID:d7vBTGF30.net
以来私たちはときどき暇を見てつるむようになった

オセロをやり、コーラを飲み、話すことがあれば話をした

医者も看護師もいい顔はしなかった

回診のたびにずいぶん冷たくされたものだ


一人でいるときはオセロの定石を勉強し、iPodで音楽を聴いた

タムラ相手だといくら勉強してもしすぎにはならない

タムラのほうは片手間でやってたのかもしれないけども


私の入院生活はそんなふうに回っていった


51 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 16:08:26.17 ID:d7vBTGF30.net
手術から数週してリハビリが始まる

その頃にはタムラのほうからも暇があると私のところにやってくるようになっていた

タムラは何が面白いのか私のリハビリの様子をずっと眺めていた

「歩けるようになるのか、お前は」

「いずれ、順調にいけばね」

「俺はめんどくさいから歩くの諦めたんだよね」


タムラが訊いてもいないのにそんなことを言うのは珍しい気がした


「俺ね、死ぬまでで一回、チェスでてっぺん獲ろうと思ってる」


「てっぺん?」

「世界一とかなんとか」

「本気?」

タムラは無言でうなずいた


79 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 22:01:07.40 ID:d7vBTGF30.net
現実問題として世界一なんてとれるのか

世界一、なんて響きがあまりに慣れないものだから私は面食らった

でもタムラはその当時すでにオンラインでは世界上位10%に入ってた

伸びしろを考えれば不可能とは言い切れないだろ、とタムラは冷静だった


80 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/20(土) 22:05:04.16 ID:d7vBTGF30.net
それでもちらつくのはタムラの寿命のことだ

自分でもよく分かってたと思うけどタムラの命はもって10年弱だ

だからこそやつは真剣だったし負ければ焦りもした

そう、やつは負けるのが本当に大嫌いだった


本当にときどき、50回に1回くらい私がオセロで勝つと、タムラは小一時間口もきかなくなる

「利かないんじゃなくて利けなくなるんだよ」って言ってた

負けたのがムカついてたまらないうえ、負けた試合の反省で頭がいっぱいになっちゃうんだって





>>次のページへ続く




 

 

関連記事

 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:泣ける話, 純愛, 青春, これはすごい,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:泣ける話, 純愛, 青春, これはすごい,
 
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

人気記事(7days)

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20150623071330