2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

コンビニの店長に彼女を寝取られた






今思い出しても本当に鬱になります。あれ以来、デブでメガネのキ
モオヤジを見るだけで殺意が沸いてきます。
聞いてください。


あれは僕がまだ大学生の頃の出来事です。
その頃僕は三年生、季節は夏くらいだったと思います。

その頃僕には、大学で知り合った彼女がいました。
その娘は、芸能人の川村ゆきえをちょとスリムにさせたような、か
なり可愛い娘でした。

しかも、胸はEカップでかなりの美巨乳で、脚も長細く真っ白でもう
体に関しては文句のつけどころがありませんでした。服装も今流行
りのエロカワで、露出度が高い服を着ていました。

彼女は、誰にでも優しく、絶対に人を見下す性格ではなく、大学内
でも人気があったほうだと思います。大学内でも、彼女を狙ってい
た男はたくさんいると思います。いまだに何故僕のような男を好き
になってくれたのか分かりません。(ちなみに僕はいわゆるあまりモ
テないタイプです)

彼女にそれとなく聞いてみても「なんかねー、ヒロ君(俺)は私のス
トライクゾーンだったの♪」 と言われました。

Hの時は、本当に体の相性がいいらしく、彼女もちゃんと感じてくれ
ました。こんなに気持ちいいHは初めてと言われた時は、本当に嬉し
かったです。とにかく僕は彼女のおかげで、本当に充実した大学生
活を送っていました。



彼女(川村ゆきえに似てるのでこれからはゆきえと書きます)と付き
合って半年くらいしたときでした。僕は、ちょうどその頃に、アパー
トの近くのコンビにでバイトするようになりました。理由は、ゆき
えの誕生日が近いために何か高い物を買ってあげようと考えたので
す。

ある日、僕がバイトが終わり帰る支度をしていると、店長から声を
掛けられました。

「高山君(俺)ってさー彼女とかいるのかい?」
はっ?
いきなりなんの脈路の無い話をされてびっくりしましたがとりあえ
ず「えぇ・・いますけど」と答えました。

この店長(Kと呼びます)は本当に気持ち悪く簡単にいえば、ハゲ、デ
ブ、臭いの三拍子です。歳は52歳くらいで、頭は微妙に髪の毛があ
るくらい、しかもかなりのデブ、黒ぶちメガネ、顔中脂だらけ。し
かも、近くよるだけで、物凄くワキガ臭くおまけに口臭もひどいも
のでした。しかも、常に汗をかいているといキモっぷり。
極めつけは、その独特の喋り方です。

何か口に入れながら喋る感じでさらにキモさを引き立てています。
もちろんバイト内でもかなりキモがられている存在です。





808 :無しさん@ピンキー:2008/04/15(火) 01:39:02 ID:LJD/sOfz
さらKは話を続けます。
へー・・・。なんか噂なり愛いらしいじゃない?
なんだこいつ思いながらも「え、可愛い方だといます」
若干めで答えた。
「じゃ、じゃあさ今度のに三人で飲みに行かい?
はぁぁぁぁ
なん俺ら糞オヤジと
「彼女人見知りなでちょっと・・・」と嘘つき

し、Kは
そんなこといわなでね?紹介してくれもいいじゃ?」
っとつこく聞いてきます

んとそのしたですがそれKは何かある度
使行こうよ?」とってます。西僕は、いい加減にうざ
そろはり言うと思ったときです

・・・高山君。ょっと
のコン働いているMというおばちゃに呼れました。
このおばゃんは長がに赴前から働ており、
どのいる古株みいなものです
のおばゃんかに裏口に呼び出され、何の用かなと考えていると

・店長に高君の彼なかった?」
えっ・・はい・・なんで使の事を
・・・店は気をつけなよと言わ

おばちゃんのよる、店長は昔から女癖がく、特にて可
にかなり手を出してきたらしいのです。このバにも
可愛か入ってきたらしいが、みんな店に喰
われったのです。

しかも Kは中しが趣、必ず孕ままで中に出
るらしく、そて女の子が妊娠るという
しいのです。現に、がすでに人い
らしいの宿す。

で?その女の子達はどうなったんですか?

「よくは分らないけろし人もば、そのまま育ててる
みたよ?」

「マジですか・そんな可愛い子店長と・・・そ
・・Hするな思えいすど」

そこなのよね?みんな本当に愛いたんけど?」

信じられ尿いと考えていると

「そんでここか本題なんだけどね・・一週前くに高山
の彼女がこ来た寿のよ」・か・

「そんその時レジ打たのが店ーー。から高山君の
えらくに気に入っちゃって?」

「ちょっと待ってい!なん俺の彼女事知っているんで
?」と聞くと。

あたしらいのおばちゃんが入ってょー?そ
たまたま高山君の彼女のこと知ってて・・

「・・・店長に喋ったってこですか?

・・ごめね。おばちゃんが知ったはも手遅れで

「・・・

これKがしつこい理由が分かりまし
いつは次ーゲットにゆきを選です



809 :名無しさん@ピンキー:2008/04/15(火) 01:39:40 ID:LJD/sOfz
その日の夜僕は、ゆきえの家に行きました。
「珍しいねこんな時間に。」と彼女が笑顔で聞いてきました。
「迷惑だった?」
「ううん。全然♪」と僕に抱きついてきました。

抱きついてきたゆきえからは甘い香りがして、それだけで僕の股間
はギンギンです。おまけに夏なので、Tシャツにミニスカという露出
度が高い服装で僕は激しく興奮しました。そして、そのままソファ
にゆきえを押し倒しました。

「ちょっ・・あん」
ぼくはゆきえの胸を揉み唇を奪いました。

「あっ・・・ちゅぱ・・・ちょっと・・ちゅ・・・ヒロ君・・」
「ちゅ・・・ちゅ・・・あっ・・どうしたの・・・?」
僕は、なぜかすごく興奮していました。

ゆきえのこの胸も、そしてこの脚も、みんな僕のものだ!!
「あっあっあっ・・ヒロ君・・。」
ゆきえの息が荒くなって僕の首に手をまわしてきました。

その後、僕らは今までで一番激しいHをしました。
しかも5回も愛し合ったのです。
全てが終わりベットで寝ているとゆきえが聞いてきました。
「なんか今日はどうしたのかな?」
ゆきえの子犬のような愛くるしい顔で僕に聞いてきます。

「いや・・・別に・・。」
「別にで あたし抱かれたんだー。」

「ごめん(汗)そうゆうんじゃないよ。」
「ふーん。別にいいけどね?でも今日のヒロ君、なんかすごかっ
た・・。」

「そうかな・・?」

「そうだよ?いつもはなんか奥手って感じだけど、今日はなんかあ
たし、いつもより感じちゃったもん♪」

「そうなの?」
「うんっ♪ヒロ君だからすごい感じた。
たぶんもうヒロ君じゃないと感じないかも・・。」

そうゆうと、ゆきえは僕の胸に顔をうずめてきました。
「大好きだよヒロ君。本当にヒロ君といると落ち着く・・。」

「・・・・本当?」
「うん・・。ヒロ君・・。ずっとそばにいてね・・・・・」

「うん・・・当たり前だろ・・。」
もう僕の頭にKの存在は、ありませんでした。
僕も、このときまでは、ゆきえとずっと一緒にいられると思ってい
ました・・・。

しかし、それがあんな形で崩れ去ろうとは・・・。




810 :名無しさん@ピンキー:2008/04/15(火) 02:01:58 ID:LJD/sOfz
それからゆきえの誕生日が近いため、僕はほとんどバイトに全てを
注ぎました。そして、さらにテストも重なり、ゆきえとは会う回数
か減りましたが、ゆきえのためを思ってに深夜まで働きました。

今思えば、僕はすでにKの策略にハマッていたのかもしれませ
ん・・・。

でも、この時は本当に必死で考える余裕が無くなってました。
テストが一段落して、久しぶりにゆきえに会いに行こうと思いました。
一応ゆきえに電話してみました。
「・・・・はい」

「もしもし?ゆきえかい?今日久しぶりに行っていい?」

「・・・・・・・。」

「・・聞いてる?」

「・・・ごめん。今日なんか調子悪くて・・。今まで寝てたん
だ・・。」

「・・そうか・・。ごめんねわざわざ電話かけて。看病しに行こう
か?」

「いや・・。今日はこのまま寝かせて。。」

「そうか・・・。分かった。でも何かあったらすぐに連絡ちょうだ
い。すぐに行くからさ」

「ありがと・・。ほんとにごめんね・・。」

「うん。いいよ。それじゃお大事にね」

「・・うん。」
この時は、本当に具合が悪いんだなーと思いました。


それからというもの、ゆきえは何かと都合をつけて僕に会わなくな
りました。学校でも姿を見せなくなり、ゆきえの友達に聞いても分
からない、電話しても出ない、心配になって家にいっても出ないら
しいのです。僕は意味も分からずただ理由を考えていました。


それから一週間後、僕は意を決してゆきえの家の前でずっと待って
いました。そして三時間後、ようやくゆきえが帰ってきたのです。

僕の顔を見たゆきえは、一瞬ビクっとしましたが、諦めたのかただ
「・・・部屋に入って」とだけ言うとそままドアを開けさきに部屋
に入りました。僕とゆきえは部屋に入ると、ただずっと何も喋らず
に座っていました。



811 :名無しさん@ピンキー:2008/04/15(火) 02:02:38 ID:LJD/sOfz
どれくらいたったでしょうか・・。
いきなりゆきえが泣き出したのです。

僕は「どうしたの!?」と何度も聞きましたが、ゆきえは ただただ
首をイヤイヤとやり泣き続けました。それから10分後、ゆきえは涙
を拭いで僕に頭を下げ「別れてください・・」といいました。

僕は、このことを予感していたこともあり、「なんで?」聞きまし
た。

「・・・あたしは汚れちゃいました・・。もうヒロ君とは付き合え
ない・・。」ただ僕は、呆然としました。

「どういうことだか教えてくれない?」
ゆきえはしばらく考えた後諦めたようにポツリポツリ話始めました。

僕がバイトとテストで忙しくなるちょっと前、ゆきえの携帯が鳴っ
たそうです。知らない番号でしたので、迷いましたが一応取ったら
しいのです。


それがKでした・・・。

Kは、どこからかゆきえの番号を知り、(多分僕の携帯を勝手に見た
んでしょう) 電話掛けてきたのです。その内容は、僕とKが今Kの家
で飲んでいる。そして僕がゆきえも来ないか?と誘っているとの事
だった。

Kと二人で飲むなんて絶対しないのに、それを知らないゆきえは、
何も疑わずKの家に行ったらしい。

最初、僕が居なくて疑問に思ったらしいがKが「酒を買ってきてもらっ
てる」と聞くと安心し、そのままKと二人で飲んでいたそうです。

しかし、いつまでたっても僕が来ないから、さずがに疑問に思って
何度も聞くが「結構遠くまで行かせてしまって」のような言葉で流
され、どんどん呑まされたらしいです。気がついたら、かなり呑ま
されてゆきえは足がふらつくほどだっだ。そしたら、だんだんKが近
づいてきて、いきなりキスされた。抵抗しようと暴れたけど酔って
て全然力が入らなくて気がついたら裸にされてた。そのまま犯され
たらしい。

何回かやられた後、Kから「このことを高山君に言われたくなかった
ら・・・分かるね?」と言われさらに写真まで撮られた。それから
何回か、Kに呼び出されたらしいのですが怖くてずっと無視してたそ
うです。それで僕にKがバラしたんじゃないかと怖くて不安だったら
しく、ずっと家にひき篭もってという。


「あたし・・。ヒロ君以外に抱かれたんだよ・・。
だからもうヒロ君のそばにはいれない・・。」

「・・・・・。」
もう僕は何も考えられなくなりました。

ただKを生かしておくわけにはいきませんでした・・・。
しかし、僕のそんな気持ちを察したのかゆきえは、僕に
「何もしないで!!私は大丈夫だから!」と必死で僕を止めます。

「・・・離してくれ。ゆきえが大丈夫でも僕が許せない」
このときの僕は相当頭に血が上っていたんでしょう。
ただKの息の根を早く止めたいと考えていました。

「駄目だよ!!・・・もしヒロ君が牢屋とかに入れられたら・・・
あたし・・・。」

「お願い・・・。ヒロ君・・。私は大丈夫だから・・。ね?」

そう言うと、またゆきえは泣き出してしましました。その言葉で、
少し気持ちが落ち着いた僕は、ただゆきえを抱きしめました。

今の僕はKを殺すことじゃない・・・。
ゆきえのそばにいることなんだ・・。

僕は自分にそう言い聞かせて、自分の気持ちを落ち着かせました。




812 :しさ@ピン:2008/04/15(火) 02:03:04 ID:LJD/sOfz
そのとき僕ことい出のです。
「・・・中では出されなかっ
「・・っ?」
だから中で・・
のとのおばんの言葉が気になってのです
・・・・まさか。

するときえはほんのちょっとだけ

「それだけは大丈夫。本当に暴れまくったから・・・。
それだけ・ちゃんと守った

僕は素ゆき葉を信じまし

、僕らは朝までずっと抱きって寝ました。
ゆきえの言葉でKを殺すのだ
でも僕はままませない思いまし
きたらKのところにきちゃっきり言
はそう考えて眠りにつきまた。



しか僕はまだ知ませでし・・。
えが嘘をいてたことに・・・
そし・・。すゆきえは僕の彼女ではない事に・・


起きる着信がありま

それ親からであり、父がぎっくり腰なっ
たからいたん実家に戻ってくれとの事でした。僕は、少しでもゆ
きえから離れたくいたは拒みま姿した、母も最近体の調
子がよくはやむ終えず実家に帰ることにし
す。ゆきえにそ事を言う、最嫌だと言いまし殿由を
言うとしぶしぶ了承しくれました

「ニ、三日は帰ないしれなKから連があ対無
よ!?」

・。分かっ

「本当にン。そばに居てげたけど・・。」

。しょう・。早く帰ってね♪」
きえは明るく言いました。

それ・・。
てらっしい」
そしは家を出ました


これがと話した最の会話だったの






813 :名無しさん@ピンキー:2008/04/15(火) 02:03:30 ID:LJD/sOfz
実家に着いた僕は、父の様子を見にいきましたが、思った以上に軽
い物らしく父はいつもどおり元気でした。母も結果を聞く前に僕を
呼んだらしく、

「これくらいだったら別にあんたが来なくても大丈夫だわ」と呆気
なく言われました。

結局僕は、その日に日帰りで帰ってきたのです。

駅に着いた僕は真っ先にゆきえに電話しました。
「プルルルルルルル・・・。プルルルルルルルル・・・。」
しかし、何度コールしてもゆきえはでません。
時間は夜の11時を回ったとこです。
「寝てるのかなーー?」
僕は疑問に思いゆきえの家に行く事にしました。


ゆきえのアパートに着き窓を見ると電気は消えていました。

「もう寝てるんだな?・・でもそれにしてはなんか早い時間だ
な?」

僕はとりあえずゆきえの家のドア行き軽くノブをひねりました。
ドアは簡単に開きました・・。

なんだ無用心だなーと思い、家の中に入りました。

中に入ると、台所があるスペースに出て、その奥の扉を開けると八
畳くらいのリビングがあり、その左の襖を開けると寝室になってい
ます。

寝室を覗こうと襖に手をかけた時です・・。







>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 寝取られ, SM_調教,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 寝取られ, SM_調教,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20100824210500