2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

戦争の体験談を語るわ







1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/19(水) 12:57:06.07 ID:sViwJ6eP0
15年以上昔の出来事だから、よく知らない人が多いかもしれないけどさ。






4 :以下、名無しかわりしてVIPがお送りします2010/05/19(水) 13:02:19.57 ID:sViwJ6eP0
るか先にが起きたら軽く書いておくね
ら20年近の話だから多少忘れてたり、間違ってたりするかしれな
は許て欲しい

に結いう書いておく西
から話内容出てく子がどうなったか、先にてお

ソニアはた。
サニは爆発に巻き込まれ死んゃった。
メルヴィナはレプされて連去られた。
メフメカマルミルコはわからない。
カミーユも死んった
ンって子は、たと思っていけど、際は違った。

それじゃ、書いてくね。事あたらください。






5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/19(水) 13:04:37.75 ID:sViwJ6eP0
あー、書き忘れてたorz ユーゴスラビア紛争の話ね。

俺は色々あって、母親に捨てられちゃってさ、海外に単身赴任している
父親と一緒に暮らす事になったんだ。






6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/19(水) 13:05:41.03 ID:ZsOAmpL00
オラワクワクしてきたぞ





9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/19(水) 13:06:45.15 ID:sViwJ6eP0
トルコ経由で向かったわけだけれど、機内から見る空は美しかった。
というより眩しかった。
途中で降りた空港には、飛行機の中とは比べ物にならない程の異国の人々がごった返していた。

そこから首都まで乗り換えて向かい、初めて降り立った外国の地というものは、少し気持ち悪かった。
日本と違い、建物はみな似たような作りと色合いで、何で?と疑問に思ったものだ。
外国人も背が高く怖いし、そもそも日本語ではない言葉を話している。






8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/19(水) 13:06:31.41 ID:VHzbDDmi0
セルビア人さん怖いって話ですか





14 :、名にかりましてVIPがしま:2010/05/19(水) 13:08:21.16 ID:sViwJ6eP0
>>8
俺はスツキの人く言うつもりは無い
実際、どっちがと言うな状況じゃなかっただ。
どちらもじ事をやて、そいに殺した。
だからす内容は、どの民族ってない
りだよ。スルツキ人々悪とするつりは毛西頭ない。







15 :以下、名無しりまVIPがす:2010/05/19(水) 13:10:06.72 ID:sViwJ6eP0
俺がと住む事になったは人口数千ぐらいか。
日本比べたら人口密度はかない場だった。
周りは山に囲まてる、建並ぶ統一された住居は、とても綺麗った

オレンジの屋根は当本(といっても俺の地元)で目にする事が無から、初めは奇抜思っ






16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/19(水) 13:13:17.32 ID:sViwJ6eP0
子どもが親についていき、海外で暮らす場合、多くは日本人学校等に入る事になると思うのだけれど、俺の住む街には日本人学校どころか日本人すらいない。
いや、俺と父さんの二人はいたけどさ。

不安を抱きながら学校へ行っても、皆何を言っているのか理解出来ないわけだ。
当然、俺は一人ぼっちだった。
自己紹介すらきちんと出来なかったからな。
もう少し年を取っていれば、ノリで仲良くする、フレンドリーに接するなんて事が出来たかもしれない。

だけど、当時の俺にそんなスキルがあるはずもなく、どうしようもなかったんだ。
その為、最初の2週間ほどは非常に苦痛だった。






17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/19(水) 13:15:27.06 ID:sViwJ6eP0
遊びたい盛りの当時の俺にとって、こうした寂しさを我慢するというのは、限界が近づきつつあったんだ。

だから、何か遊ぶものを探そうと思って、休みの日にふらっと一人で街を散策していたんだ。
一人で街中に行くのは初めてだったから、少し迷ったりしたけれどね。

街を行きかう人々を見ながら、学校の方へと歩いていくと、道の端にある空き地で子ども達がサッカーをしていた。
とても羨ましくて、「いいなぁー。」と思ったわけだけれど、「いーれーてっ!」といった言葉はかけられない。
というより、その言葉が話せないからな。

だから、何も声に出せず、もじもじしながら、その子ども達が遊んでいるのを空き地の端っこでぼーっと眺めていたんだ。






18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/19(水) 13:19:32.84 ID:sViwJ6eP0
そうとう入れて欲しそうな顔をしていたのかもしれない。
サッカーをしている男子の輪の中にいた一人が、じっと見つめている俺に気づいてさ、
「一緒に遊ぶ?」と聞いてきてくれたんだ。

実際には、そう言ったのだろうというレベルで、俺にはまだこの子が何を話しているのか理解できなかったけれどね。

仮に その男の子をカミーユとしておく。
最初は「?」状態だった俺も、ジェスチャーで身振り手振りで話してくれたおかげで、俺を誘ってくれているんだと理解してさ。
とても嬉しくなった。

これが現地の子と初めて会話?した日だったと思う。
やっと友達が出来るってウキウキしたよ。






19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/19(水) 13:19:40.52 ID:uKzE7YX+0
戦争のくだりは何時頃になるのか不安です





20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/19(水) 13:22:59.41 ID:sViwJ6eP0
>>19
まだ先が長い。
俺が暮らしていたのはボスニア・ヘルツェゴビナだったんだけど、その時はまだユーゴスラビア連邦の構成国だったんだ。

そこには大体3つの民族、ボシュニャチ(ボスニア人)、スルツキ(セルビア人)、フルヴァツキ(クロアチア人)が混在して一緒に暮らしてたんだ。

そこからどうやって泥沼の紛争になったかを書かないと意味がないと思うから、まだ長くなる。
今話してるのは戦争が始まる2年前の話。






21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/19(水) 13:23:47.10 ID:YWuqNrNI0
書き溜めてるって訳ではないのか





23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/19(水) 13:26:42.94 ID:sViwJ6eP0
>>21
一応、書き溜めてあるよ。
ただ、全部で20万字くらいあるから、その中から必要そうなのを選んで今書き込んでる。

本当は手記を出そうと思ったけれど、もう時間がないんだ。
だから、この場を借りてぱぱっと書くよ。






22 :、名無しわりましVIPが送りしま2010/05/19(水) 13:24:32.75 ID:sViwJ6eP0
お互いに言葉は通じなかれど子供皆で一緒遊ぶサに面白かった。

どもの頃はさ、身長体格いった差は人種が違どさほど変わないもの意外とサッカー中にはボールを触っ、奪ったり出来た

これも、カーユパスをくれたおだとうけどね。
泥まれにって遊ぶの

遊びつかれて方家に、久ぶりに父さんく帰ってきていて
「どたん?友達でもできた?」みたいな事きて「もちろん!」ってニコしなら答たよ
思えば、この街て初めて笑っかもしれなー。






24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/19(水) 13:28:35.02 ID:sViwJ6eP0
次の日学校へ行ったらさ、小さい街だからやっぱり同じ学校だったわけよ。
放課後に校庭でカミーユ達がサッカーしているのを見つけて、そこに駆けていったね。
カミーユも俺を見るなり駆けてきてさ、「サッカーやろう!」って誘ってくれたんだ。

昨日いたメンバーの他にも、クラスの子とかがいたりして、身振り手振りのコミュニケーションしかできなかったけれど、仲良くなるきっかけになったよ。






25 :以下、名無しかわりましてVIPがお送りします:2010/05/19(水) 13:28:54.04 ID:C4wlKxOPi
いと書かれると先がてい?





27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/19(水) 13:31:19.58 ID:sViwJ6eP0
>>25
うん。今仕事も引き継ぎ終えて、来週ぐらいには多分、日本にも居ないよ。
その前に、約束を果たさなきゃいけなくてさ。






27 :以下、名無しにかわりまてVIPが便す:2010/05/19(水) 13:31:19.58 ID:sViwJ6eP0
の日以降から、言は殆ど通なくても、一緒に鬼っこしたりサッーしたして遊んでさ、ラスも徐々に一緒に過ごす友増えてきて校がとても楽かった。

カミーユとかドが違うていうの休み時間なると俺のクラスまで来、一緒にくだらな遊びしてたな。

昼休みワンバンっていって、サッカーボーを一回のバウンけでキッチて相手に蹴るゲームとかたりしたなー。

何でこまーユ達、特にミーくしてくれるのかはわからったけれあり
その由がわかっ時はごくかった。






30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/19(水) 13:33:47.44 ID:sViwJ6eP0
とはいってもさ、学校のない日はやっぱ暇な時が多い。
毎回カミーユ達と遊べるわけじゃないしね。

それで色んな所を一人探検したりしてた。
高原っていうか平原が無限に広がってる感じで、なかなか面白かったよ。

そんなある日、カミーユ達はモスクだとか教会がどーのこーので遊べないから、いつものように一人で探検してたんだ。
そしたらさ、少し丘を登って過ぎたあたりに、家があったんだよね。結構ぼろっちい。


最初廃墟かと思って、潜入を試みたわけなんだけど、庭に入ったところで同い年位の女の子と ばったり鉢合わせちゃったんだ。
二人同時に「ビクッ!」ってなったね。
ヤバイ。

人が住んでたってわかった俺は、そのまま逃げれば いいものをさ、慌てちゃって何故か自己紹介しちゃったんだ。日本語でだけどね。






32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/19(水) 13:34:19.90 ID:/m92g2yW0
カミーユなんて女みたいな名前だな





36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/19(水) 13:35:53.31 ID:sViwJ6eP0
>>32
バリバリあっちだと男だよw
日本のアニメとかで付けられる名前は変だと思う。






36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/19(水) 13:35:53.31 ID:sViwJ6eP0
そしたら、俺が大体何言ったのか理解したっぽくて、名前を教えてくれてさ、豆?みたいなお菓子をくれたw
あ、仮にこの女の子をソニアってしとくわ。

街の中心からソニアの家までは子どもの足で大体 1時間か2時間ぐらいなんだけど、ソニアは同じ学校じゃないんだよね。
同じ学年なのになんでだろうって思ったけど、当時はまだ何も知らなかったから、ふーんって位にしか思わなかった。


それから夕方ぐらいまで近くの丘で花摘んだりしながら遊んでたんだけど、気づいたら暗くなってきてたんだ。
このまま歩いて帰っても、また1・2時間かかっちゃう。

どうしようって思ってたら、丁度ソニアパパが帰宅してさ、ソニアと何か話した後に俺をソニアと一緒に車で街まで送ってくれたんだ。






37 :以下、名しにかわりましてVIPがりします:2010/05/19(水) 13:37:35.83 ID:AGBuz6HR0
じゃないよな





39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/19(水) 13:38:29.51 ID:sViwJ6eP0
>>37
あそこは悲惨だったと思う。でも、俺はカリノヴィクだ。

家の前まで送ってもらった後に、
「ドビジャニヤ!ハンデダゼニカジェネチェニデルデ!」って感じで、バイバイ、また遊ぼうねって約束して別れたんだ。

送ってもらう途中、言葉話せないってアピールしてるのに、ソニアパパが笑顔で色々と話しかけてきて少し困った覚えがある。
ソニアはソニアで一緒に作った花の輪を俺の頭にのせてきたりしてた。






44 :以下、名無西てVIPがお送りします:2010/05/19(水) 13:44:01.41 ID:ny91FMOy0
>>39
強姦のパレドじゃね





47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/19(水) 13:46:34.19 ID:60HAO/620
>>44
だけど、本当に辛い出来事は、カリノヴィクから脱出してフォチャそしてゴラジュデに向かう途中でおきたんだ。

はっきりいって、感動とかの話じゃない。
人が死んで、そして殺しての話だから。

だから最初に、皆がどうなったか書いたんだ。
苦手な人が読まないようにね。






38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/19(水) 13:38:29.11 ID:3TzxK/Q00
手記データにしてあるなら最後にそれアップして欲しいかも





40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/19(水) 13:40:20.54 ID:sViwJ6eP0
>>38
わかった。最後にアップするよ。






40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/19(水) 13:40:20.54 ID:sViwJ6eP0
その日は父さんの夕飯食ってる最中に、ソニアの話ばっかりしてたなー。
思い返せば、この時既に俺はソニアに一目ぼれしてたんだと思う。

それからは、学校ある日はカミーユ達とサッカーしたりして遊んで、休みの日は毎回2時間位歩いてソニアの家まで遊びにいってた。

学校も楽しかったけど、週に1度ソニアのトコに遊びに行くのはもっと楽しかった。
楽しいと言うより、楽しみだった…だな。






41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/19(水) 13:40:41.34 ID:Hu8APTN70
そっちいた頃は主に何食ってたの?






43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/19(水) 13:43:29.19 ID:60HAO/620
>>41
ブレクだとかたまに、ボサンスキ・ロナッツ。
ただ、父さんは仕事から帰ってくるの遅いのが多いから、豆とか多かった気がする。

大体する事と言ったら、花を摘んだり、オママゴトしたりさ、人形遊びしたり、ソニアパパの猟にくっついていったりぐらいなんだけどね。

ソニアのパパもママも、毎回来て迷惑だろうにソガンドルマとか作って お昼に食べさせてくれた。
あの味は今も忘れられないよ…本当に。

野菜嫌いだった俺に野菜の美味しさを教えてくれたよ。







>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:シリアス  |  タグ:, 感動・泣ける話, おすすめ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:シリアス  |  タグ:, 感動・泣ける話, おすすめ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20100611002831