2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

私の話しを聞いてくれないか?







1 :名も無き被検体774号+:2012/09/01(土) 23:29:48.04 ID:0cONsH23O
始めに言っておくが半端なく長いしつまらないと思う。

今更こんな在り来たりな話ですまないが聞いてくれる人がい
たら幸いだ




2 :も無き被検体774号+:2012/09/01(土) 23:32:30.01 ID:qIfTU0iD0
そんな前置きするぐらならさっさと書
いてるから



5 :名も無き被検体774号+:2012/09/01(土) 23:33:42.25 ID:0cONsH23O
まず生まれから。ど田舎に生まれた。自然しかないような場
所だ

生まれた時は地域で一番裕福な家で何かに不自由するという
ことはなかった

父の実家が商売をしており父は実家の援助を受けて喫茶店を
開業していた




8 :名も無き被検体774号+:2012/09/01(土) 23:35:57.36 ID:0cONsH23O
てくありがとう


喫茶店も軌道に乗分繁盛していたらしい。らいと
言うのは自分だ幼たからだ

はよ母の家に預けられ泣たみたいだ。




11 :名も無き被検体774号+:2012/09/01(土) 23:40:00.17 ID:0cONsH23O
まぁ何不自由なく育っていた自分に変化が起きる。家で保育
園の友達とテレビを見ていた際に

友達からテレビの音が大きいよと言われた。
この時3歳で母が気になって病院に連れて行ったみたいだ





15 :名も無き被検体774号+:2012/09/01(土) 23:44:59.90 ID:0cONsH23O
結果は経度の難聴だった。
この時は補聴器は必要ないとの判断だった

保育園でも いじめらしいいじめもなかったし 普通に生活し
ていた

喫茶店も順調で大変繁盛していた。

だがここで生活に変化が起きる。

父の兄が喫茶店と実家の木材店の経営を交換しないかと話を
持ち掛けてきた




18 :名774号+:2012/09/01(土) 23:49:54.96 ID:0cONsH23O
親は相当迷ったらしいが父は 祖父ていたみたい
家業を継るならとことでその話にらしい。
それが敗だった

簿を開いてみると父が継いの業績が最悪

5億貯金がかなり減っており 変わりに借金
たそだ。

でも両はやいこ張って働いた。今でも父の
働きは凄かったと思






20 :名も無き被検体774号+:2012/09/01(土) 23:51:46.33 ID:yD90U/X40
何年前かしらんが5億の借金はすごいな



21 :名も無き被検体774号+:2012/09/01(土) 23:54:24.83 ID:GPctqzkz0
ここまでのあらすじ
軽度な難聴な私は裕福な家に生まれた。
数年後、家業が大赤字だった。



23 :名も無き被検体774号+:2012/09/01(土) 23:56:18.40 ID:f8Eh8vHZO
>>21
わかりやすいな
お前さんの三行まとめに期待



22 :名も無き被検体774号+:2012/09/01(土) 23:54:51.48 ID:0cONsH23O
見てくれてありがとう

そうして自分は小学校に入学する。小学校は本当に最悪だっ
た。

1年の時に一部の生徒と担任にいじめ抜かれた。
自分だけ連絡帳の字が汚いと5時まで残された

他の生徒が1時には下校する中 自分だけ延々5時まで連絡帳
を書いては消して

提出したら また不合格をもらいまた消してを繰り返した




27 :名も無き被検体774号+:2012/09/02(日) 00:05:17.91 ID:0cONsH23O
毎日毎日それを繰り返していた。
ある日母が連絡帳を見た際に驚いた。

あまりにもボロボロになった連絡帳を見て母が学校に抗議に
行った

すると担任は字が汚いから仕方ないと言った。
でも自分より字が汚い生徒はいくらでもいた

納得がいかない母は校長に抗議すると言うと担任はある提案
をした

班を変えることになった。連絡帳の確認は班長の仕事で班長
の許可が貰えるまで帰れなかった

私は班長に何故 嫌われているか当時は わからなかったが毎
日居残りをさせられていた

そこで担任が出した答えが班変えだった。
6人1班で全6班だった班なのだが

私1人だけの班が出来た。班長も班員も私だけだ。
担任はこの事は親には言うなときつく口止めされた

当時の自分は何故口止めされたのかわからなかったが それ
でも早く帰れるようになるのが嬉しかった






32 :名も無き被検体774号+:2012/09/02(日) 00:16:02.41 ID:OpepNYIfO
自分だけの班が出来て暫く平和に暮らしていた。
友達も少しは出来たし楽しかった
でもそれは長くは続かなかった。

次に担任がしてきたことは 私の耳の事を悪く言うことだ
担任からツンボがうつるから他の生徒には近寄らないよう言われた

そんな事あるわけないのに自分はそれを信じて友達とは疎遠
になった

さらに元班長だった生徒がクラスの全員に私と遊ばないよう
に指示を出したらしい




34 :名も無き被検体774号+:2012/09/02(日) 00:21:01.77 ID:OpepNYIfO
分かりづらくてすいません。班長は駄目出しを3時まで続け
てあとは担任と2人で残り続けた。


学校が終わる時間は正確には2時15分だった。
25年も前のことなんで記憶が曖昧ですいません





35 :名も無き被体774号+:2012/09/02(日) 00:29:31.18 ID:OpepNYIfO
故か元班長には誰逆らえなくて み事をいて


田舎ら学年1クラなく そのま3年1人で
過ごした

の時に転校生がきた。その転校生良くなっ

ある、転生が元からするなと言わたら
しい

とをのか論になり元長の
うことを聞かった


ら転校生他の生徒なくなり くなった

っと人ででこのは親友だと言えくらい遊び寿


しくないと思ってい矢先、転校生は再び転校して
まいまた私は1人になった




37 :名無き被検体774号+:2012/09/02(日) 00:34:10.21 ID:OpepNYIfO
のま1人小学校卒業で過ごした
中学校も小校のメンバーが全て一緒に進学した

でも他の区のきては出来た。
校が人生の中で番平和だ




39 :名も無き被検体774号+:2012/09/02(日) 00:43:42.56 ID:OpepNYIfO
中学時代に実家で変化が起きた。
最悪の状態で引き継いだ家業も両親の頑張りで
かなり経営状態が回復していた。

でも阪神大震災が家業を激変させた。
震災でテレビに写ったのは燃え盛る家々だった
それまで順調に借金を返していたが
それから全く木が売れなくなった

燃えたのが日本家屋ばかりだったからだ。
家は檜専門の木材商で主な商品は家屋の柱だった。

テレビは木製住宅は危険と報道しており売上はどんどん落ちた




40 :名無き774号+:2012/09/02(日) 00:45:44.51 ID:OpepNYIfO
こんなつまらな聞いて頂いありがとさいます。
娘がので少しあ
れば答えますので書いておい下さい




41 :名も無き検体774号+:2012/09/02(日) 00:48:07.28 ID:IVPJsGGL0
供いんのか
じゃないか!
いぜ**



46 :名も無き被検体774号+:2012/09/02(日) 01:06:40.05 ID:OpepNYIfO
>>41
彼女は自然と出来ますよ。
焦らずゆっくり頑張って下さい





42 :名も無き被検体774号+:2012/09/02(日) 00:49:21.28 ID:GlcmbWOG0
不幸話から急に幸福話へかわったでござる



43 :も無被検体774号+:2012/09/02(日) 00:49:33.65 ID:ujs36Io20
読みやすくていとよー
ってことは今は結婚してるの
んでスレ立てようと思ったの?



45 :無き被検体774号+:2012/09/02(日) 01:04:47.46 ID:OpepNYIfO
>>43
婚してますよ。娘が人います。
てもかいいです
レ立ての理由は西し時間が出たか




44 :名も無き被検体774号+:2012/09/02(日) 00:54:39.26 ID:mJv8JxQu0
ここまでのあらすじ
軽度な難聴な私は裕福な家に生まれ、
小学校時代は いじめられつつ卒業した。
そして家業の木材屋に危機が訪れた。



47 :名も無き被検体774号+:2012/09/02(日) 01:08:07.02 ID:OpepNYIfO
>>44
簡潔にまとめて頂いてありがとうごさいます




48 :名も無き被検体774号+:2012/09/02(日) 01:17:03.77 ID:OpepNYIfO
続き

売れなくなったとは言え それでもすぐに赤字なったわけで
もなく大きな変化はなかった

ただ私の難聴が進行していき手術することになった。田舎か
ら東京の大学病院まで行って手術したが

残念ながら手術は失敗し私は補聴器をつけることになった。

高校に進学し補聴器をつけているとよくからかわれた。
今は何でもないが 当時はそれがとても恥ずかしく補聴器を
つけないようになった

それまで成績はかなり良かったがみるみる落ちていった




50 :名も無き被検体774号+:2012/09/02(日) 01:18:24.19 ID:OpepNYIfO
すいませんが疲れてしまったので続きはまた明日書きます。
こんな話を聞いて頂いてありがとうごさいます。




51 :名も無き被検体774号+:2012/09/02(日) 01:27:58.88 ID:IVPJsGGL0
オヤスミー



52 :名も無き被検体774号+:2012/09/02(日) 02:35:05.94 ID:O2adDrk60
おやすみ
ゆっくりでいいから、ちゃと見てから



---------------------------------------------------



53 :名も無き被検体774号+:2012/09/02(日) 17:30:21.24 ID:OpepNYIfO
成績が落ちてしまった私は あまり頭の良くない大学に進学
した

大学に入ってから一気に世界が変わった。大学では私の過去
を知る人がいなかったからだ

高校までは少なからず私を知る人がいたので苛められていた
のを吹聴されたりしたのだが 大学ではそんな人はいない。

私は顔はそんなに良くないのだが背が高かった。高校まで彼
女がいたことがなかった私に たくさんの女性が声をかけてく
るようになった。

大学に入って1ヶ月で彼女も出来て初めて充実した人生を満
喫した

大学の時は何をしても楽しかったし男の友人も沢山出来た
大学にバイト、彼女とデートしたり本当に楽しかった。

私は親から仕送りを貰いながら大学に通っていたのだが
それが段々遅れてくるようになった

まぁバイトもしていたし そこまで苦しくはなかったが ある
日急にお金が必要になった




55 :名も無き被検体774号+:2012/09/02(日) 17:37:30.23 ID:OpepNYIfO
もう親からの仕送りは3ヶ月無かったから等々、親に仕送り
の催促をした

親の返事は仕送りは父がしているとのことだった。
父に仕送りを催促すると少し待って欲しいとのことだった。

まぁ家が苦しいのは分かっていたし待つことにした

いくら待っても仕送りが送られることはなかった。いよいよ
お金が必要な期日がせまり もう一度催促してみたが お金がな
いと言われた。

ないなら仕方ないのでお金は諦めた
資格取得の為に必要なお金だったが その資格は来年に取得
しようと諦めた

ただ約束した仕送りが送れないくらい困窮した実家のことが
気になった




57 :名も無き被検体774号+:2012/09/02(日) 17:45:01.97 ID:IVPJsGGL0
モテたんか
よかったねい



59 :名も無き被検体774号+:2012/09/02(日) 17:47:55.05 ID:OpepNYIfO
1年の春休みに実家に帰って どんなになっているか確かめ
る事にした

実家に帰ると会社は潰れていた。

それでも母は 自分が大学を卒業出来る分だけの貯金はして
くれており

私への仕送りだけは父が送るようにしてくれているとのこと
だった。

私は母に仕送りが遅れていることは黙っていた。
父は母には毎月送っていると嘘をついていた

父は産まれた時から裕福で人に使われるのに全く慣れていな
かった
なのでどの仕事もうまくいかなかったらしい。





>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:, 感動・泣ける話, おすすめ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:, 感動・泣ける話, おすすめ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20120905213538