2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 

 
 
 
 

家出少女と一緒に暮らしている。今も。








71 名前:長いよ 投稿日:02/05/29 20:16

家出少女と一緒に暮らしている。今も。



彼女と出会ったのは、東京郊外、小○○市という小さな街の繁華街。

真冬なのに、彼女はジーンズとブラウス1枚という格好だった。


当時、俺はフリーターをしていた。

その日も、俺はパチンコをして、換金所に行った帰りだった。

ライター石を現金に代えた俺は、数枚の一万円札をしまおうと、財布を取り出した。

その拍子に、余りの玉で貰ったチョコが、ポケットから落ち、転がった。



彼女は、チョコが転がった先、ゴミと化した放置自転車の山の陰にいた。






472 名前:長いよ 投稿日:02/05/29 20:17

じーっとチョコを見ている彼女。危ない目つき。

髪はボサボサで、あちこち小汚い。あからさまに、普通じゃない。まんま、浮浪者。

だが、俺が見ているうちは、彼女は少しも動かなかった。


俺が彼女から視線を外したとき、彼女がチョコを拾う気配がした。

面白がって、急に振り向く俺。 びくっとする彼女。捨て猫みたいで、面白かった。


普通なら、そんなのに近づいたりは、しないよな?

だが、俺はなぜか彼女に近づき、言った。

「何か食べにいかないか?」



ただのヒマツブシだった。 からかい半分の遊びだった。危ない奴かもしれないが、そんときは、逃げちまえばいい。そう思っていた。

パチンコで勝って金があったのも理由の一つだろう。

実はこのときは、彼女が少女であるということも、わかってなかった。 女ということは辛うじてわかったが…そのくらい、彼女は汚れていた。

いずれにしても、ナンパとかじゃなく、ただの遊びだったんだ。



俺の誘いに、彼女はビクビクしながらも、こくんと肯いた。






473 名前:長いよ 投稿日:02/05/29 20:18

彼女を連れて歩きはじめてから、俺は気がついた。

彼女は、かなり汚い。 このままじゃ、どこの店にも入れない。いや、それどころか、一緒に連れて歩くこともできやしない。


俺は彼女を、ホテルに連れ込んだ。もし嫌がられれば、この遊びは早々にしておしまい、と思っていた。

だが、彼女は嫌がる様子もなく、俺と一緒にホテルに入った。俺にはそんな気はなかったんだが、彼女は、覚悟していたのかもしれない。ただで食事を食べさせてくれる人はいない、お金は身体で払うもの、と。








474 名前:長いよ 投稿日:02/05/29 20:18

とにかく、風呂だ。


彼女を風呂に入れようと、服を脱がせた。

このときになってはじめて、俺は彼女がまだ子供であるということに気がついた。背は低かったが、それなりに女っぽい身体つきをしていたから、20代だと思っていたんだが…。胸は小さく、痛々しく、陰毛も薄い。高校生か、もしかしたら中学生かも。

彼女は恥ずかしそうな態度も見せず、されるがままに、ぼーっとしていた。



張ったお湯はすぐに茶色く濁った。シャワーで彼女の髪を流す。備え付けの小さな石鹸は、泡立つことさえなく、消えた。

フロントに電話をし、石鹸をたくさんと、新しい下着を売って貰った。

下着は、あまり実用性のない(Hには実用的なんだろうが)ものだったが、ボロ布と化した彼女の下着よりは、マシだ。

ダメもとで彼女の服を頼んだら、従業員が近くの○崎屋で買ってきてくれた。トレーナーに、ジーンズ。それから、パーカー。ブラはないが、ま、仕方がない。

律儀にもレシートを渡されたが、それより多目に払っておいた。






475 名前:長いよ 投稿日:02/05/29 20:19

極限まで、お腹が空いていたらしい。


彼女は言う。

チョコを拾った記憶もない。とにかく、死にそうだった。

俺が彼女の身体を洗っているときも、意識は朦朧としていた。そのくらい、彼女はお腹が空いていたらしい。

俺に誘われ、たとえ身体を売ることになっても、仕方がないと思った、と彼女は言う。

どうせ売るなら、ここまで我慢しなきゃいいのにね、でも、できなかったの、とも。


彼女の言葉には、東北の訛りがあった。家出、それも本格的なものだと、俺は思った。


ルームサービスで、ピザやら何やらを適当に頼んだ。

その間、冷蔵庫からコーラを出し、彼女に渡した。乾き物のピーナッツとポテチがあったので、それも差し出した。

彼女は、一瞬だけ躊躇したかと思うと、それを食べはじめた。食べながら、彼女は泣いた。泣きながら、食べた。

やがてルームサービスが届き、それらをテーブルに並べた。彼女は、やっぱり泣きながら、それを口に運んだ。

だが、ほんの少しだけで、彼女は食べるのをやめてしまった。遠慮している訳じゃない。何日も食べていなかったため、もう食べられないらしい。


泣いていたのは、なぜかわからないと言っていた。






476 名前:長いよ 投稿日:02/05/29 20:20

「もう行こう」と俺が言うと、彼女はきょとん?としていた。

「どこに?」というきょとん?なのか、それとも「Hなことしないの?」というきょとん?だったのか、それはわからない。

だが、そんな彼女に俺は、こう続けた。

「俺のアパートに行こう。行くところがないんだろ?食べ物と、布団と、お風呂くらいはあるよ」


俺にとって、もうこのときから、すでに遊びじゃなくなっていたのかもしれない。




こうして、俺は彼女と、一緒に暮らすことになった。

俺は彼女に、名前も、年齢も、何も訊かなかった。彼女はもちろん、緊張と警戒をしていた。

だが2日経っても3日経っても、俺が何もしないのと、何も訊かないのとで、しだいに打ち解けてくれるようになった。


一週間くらいして、はじめて、彼女は笑った。

そして少しずつ、自分のことを話しはじめた。

名前に、年齢。18歳だと彼女はいった。俺は信じることにした。

家出していること。でも、帰りたくないこと。出身地は、やはり東北の農村地だという。

本当なら、しかるべきところ、警察なり何なりに届けるべきだったと思う。だが、俺は、そんな気になれなかった。



彼女とはじめてセックスしたのは、2ヶ月以上経ってからだった。

彼女は、処女だった。






477 名前:長いよ 投稿日:02/05/29 20:20

やがて俺は、フリーターではなく、正規の社員として働くようになった。以前の俺からは考えられないくらい、真面目になった。

それまでも、何人かの女と付き合ったことくらいあるし、同棲だってしたことがある。だが、俺にどういう変化があったのかはわからないが、彼女と暮らしてから、俺は真面目になった。


1年が過ぎ、2年が過ぎ、3年が過ぎた頃。

俺は彼女にプロポーズをした。


このままじゃ、保険も何もない。いや何よりも、彼女と結婚したい。

もし両親がいるのなら、俺も一緒に、結婚の許しを貰いに行く。

帰らなかったのは、俺が引きとめたからでもある。一緒に謝る。だから、結婚しよう。



でも、彼女は、肯いてはくれなかった。

あと1年だけ、待って欲しい、と。






478 名前:長いよ 投稿日:02/05/29 20:21

約束の1年が過ぎ、俺は再び、彼女にプロポーズをした。

しかし彼女は、強張った顔をして、俺に言った。


「…お話が、あるの」



彼女の話は、俺の想像の少し上だった。

かなり、かもしれない。







479 名前:長いよ 投稿日:02/05/29 20:25

彼女は、東北の農村地に生まれた。家は貧乏農家だった。

生まれたと同時に、母親を亡くした。

父親は、それでも彼女を育ててくれた。

だが、小学校6年の冬に、その父親も亡くなった。

両親とも、風邪をこじらせたのが原因だと思う、と彼女は言う。

保険には入っておらず、薬を買うお金もなかった。

生活は、ほとんど自給自足に近く、酷いものだったらしい。

俺は詳しくわからないのだが、農協(?)とやらにも関わっておらず、村八分に近いものがあったのだろう。

というのも、彼女の家は、その一帯で「忌み嫌われていた」というのだ。



彼女の両親は、兄妹だった。

戸籍上は、父親不明。



父親が他界したとき、彼女は近くの家(10Km以上離れている!)に行き、そのことを伝えた。

しかし その家の人は、ただ何も言わず、彼女を追い返したという。

布団の中で冷たくなっている父親の前で、彼女は2日間、泣いていたという。

2日経って、市役所の人と、学校の先生と、警察官が来た。



彼女に親戚はなかった。

俺が思うに、たぶん血縁者は、近くにいたのだろう。

だが、彼女の家は「忌み嫌われていた」。

結局、彼女は施設に入れられることになった。






480 名前:長いよ 投稿日:02/05/29 20:26

彼女は、家にあるお金をかき集めた。金額にして、3000円ちょっと、だったという。

そのお金で、彼女は東京に出てきた。当然、キセルなんだが…

はじめは、東京まで来ようとは思っていなかったらしい。とにかく、遠くへ逃げたかっただけ。

土地勘もないまま、東京から新宿、新宿から東小○○へとたどり着き、ふらふら歩くうちに、小○○市の繁華街で、俺と出会った。



そう、俺と出会ったときは、彼女はまだ小学校6年生だった。

プロポーズを待って欲しいと言ったのは、16歳、結婚できる年齢まで待って欲しい、ということだったんだ。






481 名前:長いよ 投稿日:02/05/29 20:26

彼女と一緒に、彼女の生まれ故郷へ行った。


母親も父親も、近くの寺に無縁仏として、放り込まれていた。

俺たちは、寺の住職に話をして、いつかお金を貯めて墓を作りにくるから、せめて無縁仏として扱うのは止めてくれないか、と頼んだ。

住職は、彼女のことを覚えていた。彼女に手を合わせ、何かを言っていたが、何て言ったのか、俺には聞こえなかった。

ただ、彼女の両親の供養と、それから、すぐには無理だが、できるだけ早くに墓を作ってくれると言ってくれた。墓代は、俺の出世払いでいい、とも。

ちょっと、驚いた。



市役所に行き、彼女の転出届を提出してきた。

彼女の住んでいた家は取り壊されていた。大家を探したが、見つからなかった。けじめとして、溜まっていたであろう家賃を(一部でも)払うつもりだったんだが…。


彼女の通っていた小学校にも、行ってきた。

幸いにも、彼女はその学校に最後まで在籍し、卒業したという扱いになっていた。

ただ、当然だが、彼女が中学校に在籍した記録はない。



彼女の最終学歴は、今も小卒のまま。






482 名前:長いよ 投稿日:02/05/29 20:27

東京に戻り、俺たちは結婚した。


俺の実家に彼女を連れて行き、親父とお袋に、紹介した。

いきさつのすべてを、俺は話した。それは、彼女の希望でもあった。


親父とお袋は、「それがどうした?」って顔をして、祝福してくれた。いい親だと、思った。


しばらくして、住職から手紙が届いた。

俺たちに、渡し忘れたものがあるという。それは、彼女の父親の遺書、だった。

彼女の家を取り壊すときに、見つかったらしい。見つけた人も、捨てるに捨てられず、住職に渡したのだろう。


そこには、どうやって手に入れたのだろう、○○ホテルの食事券が入っていた。

そして「ムスメノ○○ニ」とだけ、券に直接、鉛筆で書かれていた。


滑稽だよ。でも彼女の父親は、これしか残せるものがなかったんだ。もし笑う奴がいたら、ぶっ殺す。



家出少女だった彼女と、俺は一緒に暮らしている。今も。


 

 

関連記事

 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:泣ける話, 純愛,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:泣ける話, 純愛,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20170815171207