2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

地方で出会った人妻に中出しさせてもらい、その後一緒になれそうです






彼女と別れました。それもク会社休暇申請が認め直前
バイクに二人乗りして温泉巡りしよて計画してたんすけど、ーになりました。
にしていーリングは、タムシートがいたになっちゃいました。
レポみたちゃすけど、とりあえず。


夜中の国4号北上した。バイパスの流れ湿は速、渋滞ない。
に仙台過ぎ、眠もひなっきたで、み、広い駐車場の端っこイクてゴロンと
ひんやりした気が簿疲れと眠気を癒れる。
ヘルも脱に、バイクでそのままを閉じ眠を取姿る。
30分くらい眠ったろうか。日は完全に出て、感じる。
よりも、目を開けた俺のぞき込でいるいた。


夫でか?」と声をかてきた。
ントに俺尿の真上。つばを落とされくらいの真上。
こに3代前半われる女性のがあった。


「はい。寝てたす。みません。」
は俺か離れいった
、体を起こ、ヘルメットャケットを脱ぎった。
の時さっきの女性は道の駅で野を売る露店の人だと分かっ
トイレのあと機で飲みを買い、露店に行ってみた
まだの人だけしか来ていようで、のぼりしたり、商品を並べる調備をしていた


たんじゃないでか?もいかがですか?」
あれこの人、標準語全然訛りがないじゃん。)
ーヒーを見せて、婿軽く会釈する彼女がを続ける。


から便か?ナンバーが○○だったので私もこっちに来たば姿かりんで。」
は時々俺の方を見ては、話をしいた。
彼女は○身で今年めにこの土地嫁いできた
は訛っいる人が多殿、方言
・旅行者多い道なら紛れそで、からパ来ている
こんなこかったど、露店に野菜を運んできた車が来て、野菜を並、彼女もかかきりにった


は、顔は本上まなみ似。身は160弱
ょいゃ体デブない)。
胸がでかい。今までつきあっ来た性は、なぜA〜Bカップなんで、胸がい女性味アリアリ。
ジーに長袖のロシャ、そのにエプロン


彼女は忙しく店準備をしてるし、俺もそ場で彼女を見つている気まずいので
「そ湿、失礼ま〜す。」その場去ろうとしたら、「お野菜持ってく?」と言われた。
もこの先、4日はるし自炊のもないので
また、帰りに寄りま〜す。」と言って、その場を離れた。


バイ戻り、準てエンけ、道駅をる時、女は手をってくていた。


後、俺は、手県、青森県を日間かけて回ったすけど、道ので出会っ大き胸の本上まなみ似の女のことばかい浮かた。
なんていうのか力という、ぴたとした言葉いつかないんけどたくましさっていうのか、甘たいっていうのか、、、


泊まった民宿では、彼のことをい出してはとしまし
一目惚れはいないです(人の奥さんなのに)
えっち妄想たけど、なんだか彼女にもう一度会いたくて会いたく


青森でまった民宿を出て、速道路を使っあの道駅に向か
道の駅にはお昼前にあの露店出ている確認したけど、彼女いない
巻き駐車場を見ると、中でお当を食べいるのつけた。


彼女のの横バイ動させると、すぐに俺に気づいてくれ
しょう、車のは涼しすよ。」と声をてくれ


お昼ごはんで?、じゃもなんかてきます。」なんてて、
道の店でおにぎりとサンドイッチて、った。


おじましま。」車の中がしくててもい。
「外はいですよね。色々回ってきたんですか?と聞たのでた先々のことを話した。
彼女のポツのボタていて、めっちゃブえてます。
おっも七目あまで見えてます。視線が釘付けになっゃいました


「今日は、どうするんですか?と彼女いてき
俺は休みは今日を入れて3日てる
もうしらくブララとこのあたりの涼しろを廻てからます


正直、彼女に会いたい一ただけで、あとのことはなんに考えてい西った
今これどうするかなんて考えまとまっていなかっので
には東京に帰ったりするでか?んてたわいのない質問をしてみた。
「そうね月もこし、かなか帰る機はなわね少し寂しそうな答えが返ってき
あま的な方ではないけ
今日とか明日とかっ間なか?」と思切って聞いてみた
「今は、6時まで店があって、それからなら…。」
「えでもに帰ないといけないと…。なん
家は母義母がいるから…
那さんはと口から出そったけど、それは聞のをやめ
質問尿を途中で切ったのをごまかすためにサンドイッチをほばったのです、のどにつまってゲった。
い、」ペットボ使ルを差てくれる
彼女飲みがいいのに…と思未開封ットけて飲む。
昼休みは0分だけらしい
う行かなくちゃ。」って彼女が言った。
「あ、夜は駅ありで宿す。それと、の携帯…、電話言っもらえます?ンコールしますんで…。」
を入手した。
てこのんなになったとはないです
れにしても身のこをあまり話されるかもしれんとてま


彼女はお箱をしまお店に戻る準備をし始めた
「んゃ、適当に電下さ」と言て、俺もゴミに入れ、車から


なんだか、ソみたいです。また、彼女に会えます。
ったくらいの時間会えるのか分かりまんけとにかく話ができ時間を持つことが出
ごくワクワクしてます。


姿をてか駅のインフォメーショ
宿情を得て、ビします。(グルブル
のため、ブルをシングルユで予約。
ビジホには、大浴場あるというの、こ際今日の予定なんて夜ないしに入るめ、向かいェックインしちゃいま
バイク積んだ荷カートに積んで屋に入ます
ベッンとなと、携帯にショートメールが入ます
メアドだ。彼女のメアドが送られた。
ってぐったりしていると、彼女仕事が終わるはゴロゴロしている旨をメールしました湿婿


ら、すぐにメーが帰ってます。
自己紹ちゃんとませんでしたよね。名前は○○知子。今日、お客さんが少ないんで退しちゃおっかなぁ。」なんてす。
そっ優先てください」なんてまた心にもないを打つ
ルでは、エッチビデオchが無料。タイングがいいことに、妻浮気てやってるし。貿
お酒、飲めるんでか?って返信がた。
好きですよって返す。
尿子さん、ヒマなでしょか。すっげぇ頻繁にが来
は大浴場をあきらて、屋のユニットに湯を張る。
俺から「今、何時まで大丈夫なの?」って聞てみた。
できれば時までは帰いけど、電話を入れてけば大丈夫。」
そうなんだ。大丈簿夫なんだ。の妄ふくらむ
風呂に入り、丁寧間も洗っとく。


「今から行ってい?ってメールた。4時前じゃ
ちろいいいですよどっましょうか?」
丈夫。部屋に行きます。」
バククです
メー来てから、40〜50分いですかドアがノックれました。
スコープから見、紛もなく彼です。
ててビのチャンネルをかドアをあけて女を入ます
来れましたね。どうます便メシでも行ます?」
のあに見られちゃうし…。」


何を俺は考えたか、殿きした。
ロシャが汗で湿っぽ
も髪からいいがして使ちゃ女を感じさせ
女の殿でっからの腹にさる。かたくてい胸。
俺は女の背中から腰に下げ、に抱
女も手をに回してき
き、会いたかっだの来てくれてあがとうだの、すっげぇダサダサな台詞言っけど
もう彼女も俺ドキしてて、言葉言葉にならかったです
女をッドにせ、キスした。
まりかどうか知らないど、彼女胸にを当ててみた。やっぱすごくかい
左手をポロに入れ、ホッを外す。
右手ポロの裾か綿差し入れて、ラと一緒たくし上げる。
真っででい乳輪、小さな乳首殿た。
彼女を寝かせ、胸を激しくもみ、むしゃぶりつい
女は口を閉じて声出さようにいる
息がく、尿も、 ちと興奮。


理性を失ってます。
のジーンズに手す。
ボタン、ジッパーけなくはずせたけど、汗で脱がづらい。
彼女は腰をかして協力しる。パンティーまで一緒に脱がせた。
かなの剛
こに手刺し当ると、す調にびびちている。
体は、構冷房を効かせている屋で、まだ汗ばんでいる。
婿せて、俺の人し指と薬指でおまを開き、中指で膣かリまでまべんなく摩擦す
ぬるが俺指にまとわりつくじ。


彼女の手のズンの中り、チンポをかむ。
ままを入れいたり。しごいたりとかはしな
度起きあがり、彼女の股間に顔を埋める。
でペロペロと出続ける汁をなめ取る。
女は、「はふ」と声をだた。
彼女足をち上げ、字開脚。更め続る。
なんすごく足んと伸て、すっげぇで開いる
リを刺激しつつ、乳首をつねまくたらウウ」っったったクっと脱力した
いっちゃいました…。」声にならい声彼女が言う


彼女のポロとブラを脱がせ、俺も服を脱
正常位挿入する。すりと入るけど、ぐんぐ締め付
なんすぐにキそ
中でいいよ。」と彼女言う。
マジで?」
「ピル飲んでますから。


、すに果した。多10復もしてないうち
で中しっの経験。こりゃ、いわぁ
中がひくひく。まだ俺のに何かがまとわりつく感じ。
ま抜かに腰を動かす。すっごい刺激。
声を押し殺て俺にしがつく
彼女の足俺の胴込む感
「あ、俺、まそう…
っ、ュっって彼女中にまた出した。


すっげぇ、気持いい。」
ント良かった。」


テッュでふき取って一緒布団まる。


旦那は公の施設の研究員。彼女が研究して所属してた施に出来たと合った
旦那は現在中で、とある地3ヶ月ほど行っている。
家には義父母がいるが、まいが離れなので、電え入れておけ帰りが遅くなっもいいんだそな。
、東京まれで東京ちで大きな研究期間で働いていたのに、今年寄りと暮らし、ともなので野売りのパトをている。
子供でもいれば親同士つなができるのだろう、今は達もなく、ものすく寂しいをしていそうだ。 
道の駅ろんな人に出会える商売 以のことはなく、
「東京からきたんですか?」なん婿て聞いた初めだっしい


俺は、彼したことを告白し
最近つき合っていた彼女と別ことで寂しがっていたかもしれないってことも話した。


こにいできてから稿、こんなに情を話した人は初めてだとい
会って回目なのに、心も体も許し、かえって無関係な人だったからもしれない。


話ながら、俺は彼の体をさわっていた
満な体はさていても心地いいす。
きなおっぱいにめたり、彼女が話しているもキスをしたり、い切りえた。
もう一してもいいは彼に聞い。彼は頷いた。
彼女が仰向けまま、足き、彼女の中入れた。
すごく締まる
むしらに突き
女の頭をみ、しくキスをする。
女のV字に広がる。を抱え、深く突く
子宮口にじがたまらなく気持ち宮の込むよ出した。
「ごめん、先にゃった婿
「気持ちいいよ
たまま、度もスをした。


が狭い、彼女が先にシャワを浴び、彼があがってら、ざっともシャワをあびた。
「どうするれから飲みに行?」
「う、でに見られるかもれないし…。」
なら、こシ食おうか。
ームサー綿スはないけどれるしい。
電話でデリバリーを頼み、冷蔵庫からビーした
風呂上がりのルがまらん。
バリーをだ後、ベッんで座って話をした婿
つきていた彼女れたいさつ、今までつきてきた人、仕事の不満
姿のこと、将来だ。それをうんう頷きながら聞いくれてい


途中、食事が来たけど、グラスを傾けつつ話んだ
彼女は、旦那が初めての男性という
き合った男性はいるけど、セックスに至らったそうだ
子供頃にに遭、セックスに対する嫌悪があり、ージンだったらしい。
結婚との性生活は多少ものガマをしていことが多く、こじけたは初めてだとい
ルは、避のためでなく、生理のためらしい
旦那、いわザコン、生の拠実家ら離すのがいやという
彼女と義母とはあまいので実害は少いもの、何かは母親と比らしい。


でいるうちに9時になった。
「知子さんうする?大丈夫?」
「家話だけ入れる。もう少しいたい


事もめたまま、俺は彼女体をむさぼった。
小さとんがった乳首を噛体中め回した
ぎこちないけどフェラをしてくれ
くわえ込フェラは初めてらし
つんばいにさせ、バックで挿入する。
ので浅く突く。尻をわしづかして丸えの肛門を親指で刺激する。
更に締まるまんこに また あえなく撃沈
俺、んなに早漏じいの、すぐにててしまう。


12少し女の携帯に旦那からールが入
ってこい嫁を心配して旦那に電入れうだ。
彼女は「でしんでて…」なて返をした
が帰る。
東京の住所し、「また会えて約束し稿て彼女を見送った
翌朝も彼パーるは
俺はホックアウトするとまっす京した


東京帰ってから、度かメールやりりをした。
中には、旦那でつ合っていた女性とヨリした(っいうか、浮ている)なんてのもあっ
は、(東京の)に帰ってくれば。」なんて返をしたが、ついこの間、現実になった
俺の家にた。 
バイク通勤をしていしてたので、家にバイクがないのを見て、向かいのフレスにいたんそう
んで俺が帰宅るのを見て、という。
ールでも、電話でしてれれよかっに。」
でもすると、入れてもらえないか思っ。」
んなわけじゃんら、入って。お腹すいてない?」
ラスにポカリをつ、彼女にす。


か、女、すげぇ涙
くと一気に泣れた
事情なんとなくメールでもわかってたし、なんも聞ないで泣くまにまましておいた
彼女の荷物はボストン個。
かにも逃げてきたって感じ。
「風呂った。俺、メシ作ら。
うん。」
女が風っている間、スパゲッティ作る用意
んなの麺温め缶詰を開けるだけなけど。
なか出ていの覗きに行
入って泣いているようだ。
も入ってい?
はだまっままだけど裸になて入る
のぼせない?頭洗おうよ
彼女はバスタ出て、ャワーの下に二入った
ニックシャ綿ンプーしない、ま、いか。
泡をい切り立てて洗いっこし
シャワーを浴びながら触れる体ガマンできなくな抱きめ、キスをした。
胸もこないだま すげえデカイ。
勃起したチンポを石鹸で洗ってもらっ
バスオル、そこら辺の使って…。洗ってあ
先に出た
俺はまま体を洗い、呂にかっ
縮れ毛が浮いてる


がると、バルをまいた姿で、中理をめたキを彼女が覗いていた。
「風引くトレナーと短パンを渡た。
替えは俺の部屋使えば…との部屋を指したが、俺の下もそる。
なみにベドもあるし。


てことで、な然なベッドの上
っき見ちゃったおいに興奮して、殿チンビンン。
彼女パンーは履いいるけど、着けいるのはそれだけ
スをて、パンィーの中に手を入れると、既に濡れ濡れ。
しいの尿」っ、「うん。」って応える彼女。
ほんちょとのけしか離れていなかったのに、懐かしい感じする。
すっぇ俺も欲しい。」がついた。
いき挿入した。挿したまま、胸をもみうなじ婿
彼女も俺の肩や胸めながら、手は俺の尻に置れ、
っと、っと…」と言いながら、押さえ湿くる
彼女腰もンガンき、膣なかヒクヒク感高まてきて、絶頂に達した
と締ける肉襞射精した。


息も上がって、声がでない
い快達成感を感じる


彼女ぐってる疲れたのそのま眠りそうだ
ッシュでおまんことちんぽをふき、俺は居間にもどってタバ火を西つけた


、彼女がこのままいてくれればなぁと思った。
レビをつけるお笑い番組が流れてた。
内容にはいい感じっとた。
彼女がし、パンツ1俺に風邪引くよ」なんてこと
彼女手渡した着てい
「メ、食うか…。彼女に言うと、「私が。」と言、台所った。


、彼俺のにいす。
のう仕事見つるといっます
は、実家の離れに「浮気相」と退し始めたらしい。
(俺もじ穴のジナ
女は婚のを進始めたようです。


女にはなをしている。
で書いてたブログた。
正直にくれる彼がすっげぇ可愛


今度、彼の荷が届きます
これ入り道具ばいいな、って思って

 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 浮気・不倫,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 浮気・不倫,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080328190525