2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

地方で出会った人妻に中出しさせてもらい、その後一緒になれそうです






女と別れまし宿。そもク忙しい会暇申請が認めらた直前に
バイクに二人して温泉巡りをしようって計してたんですけどパーになりまた。
楽しみにしていたツングは、タンデムシートが空い心旅にないました
ーレポみいになっちゃいますとりあ


夜中の国道4号を北た。バイパスの流れは速く渋滞もない。
頃に仙台を過眠気もひどくなってきたので、道の駅飛び込み、広車場の端っにバイク湿てゴロンと横になった。
んやりした気が疲れ眠気を癒してくれる
ット脱がずに、バクの殿でそのま閉じ、眠を取
30分らいたろうか。日は完全に出て感じる
より目を開けた俺をぞきでいる人た。


大丈夫ですか」と声てきた。
に俺の上。つばを落とさの真上。
そこに30代前半思われる女の顔があった


「はい。寝てただけません。
性は俺から離れてい
俺は、体をこし、ヘルメジャケットを脱ぎトイレに向かった。
その時さっ性はの駅で野菜を売る露人だ分かった
トイレのあと自販機で飲み物を買い、露店に行みた。
まだその人だけていいようで、のぼりを出したり、商棚の準備をしてい


「寒ったんじないでか?、おでもいかが
?こ婿の人、標準語…訛りないじゃん。)
を見て、軽く会釈すと、女が話をける


東京から来られたんか?ンバが○たので…。私もこっちに来ばかりなんです。」
彼女は時々の方見ては、続けていた
女は○区身で、今年初めにこの
・周りはている人なじめい。
旅行者が駅ならも紛れそうで、先トでてい
こんことがかったけど、店に野菜んでた車が来てを並べ始め、彼もそれきりにた。


彼女は、顔は本上なみ似。身長は160弱
ょい(デブではない)
胸がでかまであって来た女、なぜかみカップなんで、胸がい女興味アリ
ジーンズに長のポロシャツ、その上にエプ


は忙しく開店準備してるし、俺もその場つめているのも気ずいので、
「それじゃ、失礼しま〜す。」とその場を去ろとしたら、お野菜持っていく」と言われた。
でもこの日は走るし自炊の予もないので
た、帰りに寄りま〜すと言て、その場を離


バイ戻り準備してエンジンをの駅をる時、彼女は簿ってくれていた


後、は、岩森県3日間か回ったど、道の駅で出大き胸の本上み似の彼女のことばかを思い浮かべてました
んていうのか稿年上力といのか、ぴたった言が思いつかないんですけど、たいうの甘えたいってうの、、


まった民宿で、彼女のことを思い出して々としてました。
目惚は間違いないで(人奥さんなのに)。
っちな妄想もしましたけどなんだか彼女もう一度会たく会いたて。


で泊まった民宿を出道路を使ってあの道った
駅にはお昼前き、あの露店出ていのは認したけど彼女ない。
遠巻駐車場を見ると、彼女がの中でお弁当食べているのをみけた。


の車の横イクを移動させるとぐに俺に気づいくれ、
「暑いしょう、車の中は涼しいで。」とくれた


「お昼ごはんですか?、じゃ、俺もなんか買ってきます。なんて言って、
の駅のでおにサンドイッチって、車に戻った。


おじゃまします」車の中が涼しくてても持ちいい。
「外は暑いですよね。色々てきたんですか?」と聞かれたので、言々のとを話した。
彼女のポシャツのボンがはずれいてゃブラが見えてす。
おっぱいも七合あたりまで見視線になっちゃました


「今日はれからるんですか?彼女聞いきた
俺はを入れて3日残てる
うしばらくブラブこの稿りの涼しいと廻ってら帰りす。」


直、彼に会いたい一心ここに来ただけで、あとのこんにも考えていなかっ
今これするかなん考えもまとまっていなたので、
まには東京にったりするでか?」なんてたわい質てみた。
「そお正月もこだし、なかなか帰る機会はないね。」と少し寂しな答えが返った。
俺はあま積極的方でいけど
「今日とかかって、時間ないですか切っ聞いてみた
日は、6時まで店があっ、それからなら…
え?でもに帰らないといけないか…ですか?
「家は母(義母?)がいるから…。」
那さは?口から出そうになったけ、それは聞くの
を途中で切ったのをごまかすためにサッチをほおばすが、のどにつまってゲゲホとむせっ
茶…トボし出しれる
彼女の飲み方がいいのに…と思いつ未開封のペ開けて飲む。
休みは30分だけらしい。
「もかなくちゃって女が言っ
「あ、今夜退○○駅あ姿たり宿ります。それ俺の携帯…あ電話番号言ってもら?ワンコーしますんで
携番を入した
まれて、こんなに積極的になったことはないす。
それにしてもは俺のことをあまり話し寿してないし、すっぽれるしれんてました。


当箱しまい、お店に戻る準備をし始めた
「んじゃ、適当に電話下さい。」と言っ、俺も入れから出た


だかみたいです。また彼女会えます。
ったのくいの時間会えるのか分りませんけとにかく話る時間持つ調が出来ます。
すっごくワワクして


の後ろ姿を見送ってから道ののインフォメョン
宿得てビジホをす。(ん?シング
念のため、ダブルシンユースで予
ホには、大浴場がというので、このの予定なんて夜まで、風呂に向かいチェックインしゃいます
バイク積んだ荷物も、カートんで部屋に入れます。
ベッドにゴロンとなる、携帯にショートメールがってます。
メアドだ。彼女のメアド送られてきました。
に入ってぐったりしていること、彼女仕事終わるではロゴロ旨をメールしまし


彼女から、すぐにメールがってきま
自己紹介をちゃんとしせんしたよね。名前は○○知。今は、お客さんが少ないんで早退しちおっかな。」なんて書てあります。
、優ください。」んてまにもルを打つ。
ホテエッビデhが無料ングがいいこに、人妻ものんてやってる
、飲るんが来た。
「お酒、好きです。」って返す。
子さん、ヒマなんでしょ。すっげ頻繁にメールが来る。
浴場をきらめて、バスに湯を張る。
俺から「今日、何まで大丈夫な?」って聞いてみ
きれば9時までには帰たいけ、電話を入れてけば大丈
そうだ。大丈夫退。更俺の妄想がふくら
風呂に入り、丁寧にも洗く。


今から行い?」ってメールがた。退4時前じん。
ちろん便、いいいですよ。俺、どっか出てましょ?」
夫。部屋に行きす。」
クバ
メールが来てから、4寿0分くらいですノックされ
からると、紛れもなく彼女です
てテビのチャンルをかえ、ドアをけて女を入れます。
ましうします?でもます?」
のあたり、人に見らちゃう


何を俺考えた、彼女を抱きしめた。
シャで湿っぽ
でも髪い匂いが、めっを感じさせる。
女のでっおい腹に刺さる。かてで胸。
女の背中腰に手を下げ、更に
女も手を俺の背中回した。
、会いっただの来てくれてありがうだの、すっげぇダサダサな台詞を言った
もう彼女も俺ドキドキして、言葉が言葉らなかったです
をベらせ、キスした。
おきまりかどう知らけど、彼女を当てて。やっすごくで
手をポロに入れを外
右手をから差し入れて、ブラとし上る。
っ白ででかい乳な乳首が現れた。
せて、胸をいた。
彼女は口を閉て声を出ないようにしている。
鼻息が荒れにも ちと興奮


俺、性を失っす。
ジーかけま寿す。
タン、ジッパーはわけなくはずせど、汗で脱しづらい
彼女は腰を浮かして協力してくれるンテーま一緒に脱がせた。
なりの剛毛
おまんこ手を刺し当て、すでにびちょびちょに濡れている。
彼女の体は結構房を効せている部でも、まだ汗ばでいる
足を開かせて、俺の人し指指でまんこ指でらクリんべんなく摩擦する。
ぬるるが俺の中指にまわりつくじ。


彼女の手が俺のズボンの中に入り、チンポをつかむ
ったまま力を入れたり抜いたりごいはしない。
度起きあがり、彼女顔を
でペロペロと出続けるめ取る。
女は、「はふぅ〜」と声をした。
彼女足を持ち上げ、V字脚。更になめ続る。
なんかすごく足ぴーんと伸て、すぇ角度で開い
激しつ、乳首をつまくったら、「ウウゥっ」て力かとおもったら、ガクと脱力した。
「いゃいました…ない声で女が


がせ、俺も服を脱ぐ。
常位で挿する。すと入るけど、ぐんぐんる感
か、すぐにイキそう。
いいです。」が言う。
え?マで?
「ピル、飲でますから。


俺、すぐに果。多分10てな
ナマで中出しってての経験。こ、いいわぁ
彼女の中がひくひくしてる。だ俺ンポに何がまとわつく感じ。
このまま稿腰を動かすっご刺激。
を押殺して俺湿しがみ
彼女俺の胴を挟み込む感じ。
「あ、俺、また
ビュっビュっって彼女の中にまた出した。


すっぇ、ちい
「ホント?良かった。


シュでふき取って、一緒に布湿にくるま


は公の施の研員。彼女研究員として所属していた施設に出向して来たとき知った。
旦那は現在研修中で、ある地方3ヶ月ど行てい 
家には義父母がいるが離れなので電話ておけば帰りが遅くなってもいいんだそうな。
も、京生まれで東京育ち期間で働いいたのに、は田年寄暮らし、やるこもなので菜売パートをしている。
子供もいれば親同士のつながりもでるのだろ今は友達少なく、ものすごく寂しい思いているそうだ。 
道の駅ではいろ人に出会えるけど、商売 ことなく
東京からんです?」な聞いたのめてだらしい。


俺は女に目惚れしこと告白し
最近合ってい彼女と別れたことで寂しがっていたかもしれなとも話した。


こに嫁いでこん情を話した人初めてだという
会って2回目なに、心も体も許したのはて無関係なたからなのかもしれない


話なが、俺は体をさわって
豊満な体はさわっても心地いい
いにをうずめたり、彼話している途もキスをたり、い切り甘えた。
もう、してもいい?」は彼女聞いた。彼
が仰向まま、足開き、の中にれた
ごく締まる
らに突きくる。
彼女の頭をつしくキスる。
彼女広が。そ調を抱奥深く突
寿たまらなく気持いい。子宮のに注ぎ込むに放出
「ごめん、先にイっった
ちいいよ。
中に入れま、度もキスを


風呂狭いので、彼が先に、彼があってからっと俺もシびた
「どうするこれら?、飲に行く?
うん、でも、かにれるかもないし…。
ら、でメか。
ルームービスど、はとるらしい。
リバリーを頼み、冷蔵庫からビールを取り出し
風呂上りのがたまん。
デリバーを頼んだ後、ベッドで座って話をた。
つき合った彼女と別れいきさ便き合ってた人、仕事不満
親兄弟の将来の夢々だ沿れをうんと頷きながいてくれてい


中、食事が来、グラスを傾けつつ話こんだ。
は、旦那初めての男性だという。
た男性はいけど、セには至らなかったそうだ
子供の頃に痴漢にい、ックに対る嫌悪感があり、結までージンだったらしい。
結婚後、旦那性生活は多少はのの、いることが、こんじけたのは初
ピル妊のめでなく、生理不順の尿めらしい。
旦那はいわマザコ生活の拠点を実家ら離のがいやだという
彼女と義母とあまり話もしないので実害はないものの、かと旦那は母親と比較するらい。


し込んでるうちに9時にった
知子さんうす夫?」
「家に電話け入れる。もう少しいたい


食事もさめたま俺は彼女むさた。
くとんが婿た乳首を中をなめ回した。
ぎこちなけどフェラをしてくた。
くわえ込むフェラ初めらしい。
つんばいにさバックで挿入する
が大きい浅く突く。尻をわしづかにし見え肛門指で刺する。
更に締るおこに また あえなく撃
そんな早漏じゃないのに、すぐまう寿


12時少し前に、彼女の携帯に那からメール入った
帰ってこない嫁心配して、義母旦那電話入れうだ。
彼女「飲んでしど、代行がこんでて…」なんて返信をし
彼女帰る。
の住所またえるよね」束して女を見た。
彼女の駅でパートに出ているず。
ホテルチェアウするとまっすぐ帰京た。


帰ってから、何やりとりをした。
その、旦那地元つき合っていた性とヨリもどた(うか浮気してなんもあ
「()実家に帰ってくれば。」なて返信を、ついの間、現実った。
女が突然俺の家にた。 
ク通している話はしてたので、家にバイクがないのをて、向かのファミレスにたんだそうな。
んで俺が宅するを見けて、家たという
ルでも、話でればよかたのに。」
「でも、すると、家に入れらえいか思って。」
「んなわけないじん。ら、入って。お腹
にポカリついで、彼女に


んか彼女、すっげぇ
を抱と一気に泣き崩れた。
ま、はなんとなもわかって、なんも聞ないで泣くまま抱き続けるまましておい
女の荷物はストン一個。
いかにも逃げてきたって感
に入っ俺、メシ作るから。
。」
っている間、スパゲッ作る用
んなの西でて、温めた缶るだけなんだけど。
なかな出てこないので、覗きに行
風呂に入っ泣いているよ
「俺も入っていい?
彼女はだまったままだけど、裸になって入る。
寿せない?頭洗おうよ。」
彼女はバスタブから出て、シャワーの下に二人で入った。
トニックシャンプーしかないけど、ま、い
泡を思い切りてていっこ
ワー浴びながられる体にガマンできなく、抱スをした
胸もこないだの すげえデカイ。
勃起ンポを石鹸で洗ってもら
バスタオル、そこら辺の使って…。洗ってるから。」
彼女が先に出た。
のまま体を洗い、風呂に浸かった。
れ毛が浮いてる


俺がら上がると、バスタオルを姿まいた姿使、中途半端に俺が料理を始めたキ彼女覗いた。
風邪引くか、」とトレーナー短パンを渡した。
替え使ば…と俺のを指さしたが俺の下着もそこある。
にベドもあるし。


ってことでなかば自然流れでベッドの上に。
さっ見ちたおぱいに興奮してもうンポビンン。
彼女パンティーは履いているけ、着ていれだけ。
キスしてパンティ手をれると、既に濡れ濡れ。
「欲の?」って聞くと、「うん。」って応え彼女。
んのょっとの間だけし離れいなかったのに、懐かしい感
げぇ俺欲し」がついた。
いきした。挿入したまま、胸をもみ、うなじなめまくる
彼女も俺なめながら、手は俺尻に置かれ、
もっもっと…と言いがら押さえつけくる。
腰もガンのヒクヒク感が高まってきて、絶頂に達した。
ううっと締め付る肉襞に射精した。


息もがって、声がでな
すごい快感と成感じる。


はぐっりしてる。疲れたのか、そまま眠り
ッシュでおまんとちんぽをふきにもどってバコに火をつけた。


彼女このまいてくなぁ思った
テレビをつけるとお笑番組がてた。
内容もにはい感じでぽけぇっしてた。
彼女が起きし、パン1丁「風邪引く」なんてこと
女はさっき手渡しのをいる。
メシ、うか…。言う「私が作る。」と言い立っ


この彼女は俺の家います。
のうち見つけるいってます
は、家の離れに「浮気相」とらし始めたらい。
俺も同穴のナ?
彼女は離の話進め始めようです。


はなんでをしている。
匿名で書ブログも見せた。
真正直になも反てくがすっげぇ可愛い。


彼女の荷物
れ、嫁入り道具にいな、っています。

 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 浮気・不倫,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 浮気・不倫,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080328190525