2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

地方で出会った人妻に中出しさせてもらい、その後一緒になれそうです






と別れました。そもクソ忙しい会で休暇申が認められた前に
二人乗泉巡って計してたんですけど、パーになりました
楽しみにていツーは、タンデムートが空い心旅行になっちゃいした。
ポみたいになっちゃいますけど、とりあず。


夜中の国道4号線上した。の流れはく、渋滞ない
仙台を眠気もひどくってきたので、道の駅に飛び尿込み、広い駐車場のっこにバイ綿クを停めてゴロンとにな
ひんりしたが疲れと眠気を癒してれる
ヘルットもずにイクの横でそのままを閉仮眠る。
30分くらい眠ったろうか。日は完全に出て、暑さを感じる
それより、目開けた俺をのぞき込んでいる人がいた。


「大丈夫けてた。
ホントにれるくいの上。
こに30代前半と思われ性のがあった


はい。寝けで。すみません
は俺か離れていっ
俺は、体起こ、ヘルメットとジャケットを脱イレに向かった。
その時さっき道の菜を売る露店の人だた。
トイと、自販機で飲み、露店行ってた。
まだそのけしていないようで、ぼりを出商品並べる棚をした。


たんじゃないですか?お茶もいですか?」
あれ?の人全然訛りがないじん。
コーせて、軽く会釈るとを続ける


「東京来られたんか?ナンバー○○だったので。私もこっちに来たばなんです…。」
彼女は時々俺方をては、いた
・彼女は○区の出身で、今年にこの土に嫁
・周ているが多く、方言になじい。
旅行者が多い道のら気週かている
こんなこと分かったけど、露店に野菜をんできた車て、野菜を始め、彼女もそかりりに


彼女尿は本上まなみ似。は160弱
ちょいぽゃ体型(デない
がで今まつきあっ来た女性は、みんなA〜Bカップな、胸がでかい女性には興リアリ。
ジーズに長袖のポロシャツ、その上エプ


は忙しく開をしてるし、もその彼女を見つめのも気まずいで、
ゃ、しま〜」とろうとしたら、「お野菜持って?」言われ
でもこ、4日は走るし炊の予定ないので
また、帰ま〜す。」と言ってその場を離れ


イクに戻り準備てエジンをか道の駅を出る時彼女は手を振ってれていた。


その後、俺は岩手県青森県を3日間かたんすど、道ので出会きな胸の本み似の彼女のこばかりをい浮かべてました。
ていうか、年上の女性の魅というのか、ぴたっとした言葉が思ないんですけど、たくましさっていうか、えたいっていうのか、、、。


泊まった民宿では、のこい出してはとし
は間違ないですの奥さんに)。
ちな想もしたけどんだか彼女にう一度いたくていた


青森泊まっ民宿、高速道路を使ってあの道の駅に向かった。
道の駅にはお昼前に着き、の露店が出ていのは確たけ、彼女がいない。
遠巻きに駐車場を見る、彼女が車の中で弁当食べてるのみつけた。


女のの横イクを移動ると、すぐに俺に気づてくれ、
暑いでしう、車中は涼しすよ」とをかけくれ


お昼ごはんですか?、じゃ、俺もなんか買ってきす。」なんて言って、
道の売店でおりとンドイッって車に戻った。


ゃます。の中がくてても気持ち
外はいです。色々回てきたんですか?」と聞かれたので先々のことをした
でも、彼女のポロシャツのボタンがれていてっちゃブえてます。
も七合目あたります。けになちゃいした


「今日は、れからどうするんですかと彼女が聞いてた。
俺は休みは今を入れて3日残っ
「もうしばらブラブラとこあたりの涼しを廻ってから帰ります。


正直、彼女にいたい一ここに来ただで、あこと なんに考えてなかった
今これからどうるかな考えもまとまっていなかので、
「たまたりするですか?」なんてたわいの質問をしてみ
うねぇ、お正月もこちだかな帰る会はないわね。」と少しそう答えが返ってきた。
積極方ではけど
「今日とか、日とか、時いですか」とい切てみた
は、6時までお店があって、それからなら…。」
「え?らないといけないとか大丈退夫なんですか?」
家は母(?)がいるから…。」
旦那さんら出になっど、それは聞くのをやた。
途中でのをごまかめにサンドッチをほったので、のつまってゲホゲホとった。
「はい、お茶…。」トボトルを差てくれる。
の飲みかけの方がいいのに…と思いつつ未開封トを開け飲む
お昼30分だけらしい。
う行ちゃ。」彼女が言った
「あ、俺、今夜○駅たりで宿とります。そ、俺帯…あ、話番号言もらンコルしますんで…。
彼女の携番を入手した。
まれてのかた、こなに極的にったことはです。
それしても俺は自身話しないし、すっかされるしれんってま


彼女はおまい、お店に戻る準備をし始めた
んじゃ、当にい。」と言って、俺ゴミを袋に入、車から出た


なんだか、ウソみた、彼女にえます。
ったどのくいの間会か分かりせんとに話ができ湿持つことが出来ます。
っごくワクワクしてます


彼女ろ姿を見送ってかインフォメーショ
宿情報て、ホを予約します。?シンダブル?)
め、ブルシングユースで予約。
ビジホに大浴場があるという、この際今日の予なんて夜までないし、風呂に入るため、ホテルに向かいェッインしちます。
バイクに積んに積んで屋に入れま
ッドゴロなると、携帯にショートメールがてます。
メアドだ。女のメアドがられました。
ホテルに入ってたりしていこと、彼女の仕事わるまではゴロゴロしてる旨メールしました。


彼女から、すぐにメールが帰っきます。
「自己紹ちゃんとしてませんでしよね名前は○○知。今日は、姿お客少ないん退しちなぁ。」なんて書いてります
そっち、優先してくださ。」またにもルをつ。
テルは、エチビデオhが。タがいとに、人妻浮気ものなんてやってし。
お酒、飲めですって返が来た。
お酒、好きです。」って返
さん、ヒなんでしょか。すげぇ頻メールが来
俺は浴場をあきて、部屋のトバスに湯
俺から「今日、何まで大丈夫なの?」っみた。
「できれば9時までは帰りたいけを入ておけば丈夫。」
だ。大丈夫なんだ。更に俺の妄想がふくむ。
丁寧に股間も洗っと


今から行っていてメールが来た時前じゃ
もちろん、いいいいですよ。俺、どっか出てまょうか?
「大丈。部屋に行きます。」
臓バクバです。
ールが来から、40〜50分ですか、アがれました。
スコープから見ると、紛れもなく彼女す。
ててテレのチネルをかえ、ドアをて、ます
「よれまたね。どうしす?メシでも行きます?」
このあたり、人に見られちし…。」


を俺は考えたか、彼女を抱きし
ポロシャツが汗で湿っぽい
も髪らいい匂して、めっち女を感じさせる。
彼女のでっかい胸がらの腹に刺さる。かたくてで
彼女の背中からに手尿を下、更にしめ
女も手をの背中回してきた。
のとき、会いたかっ ただの来てくれりがとうだ、すっげぇダサダサな台詞を言った
もう女も俺もドて、言葉が言葉にならなったです。
彼女ベッせ、キス
おきまりかどうか知らど、彼女の胸に手を当ててっぱごくでかい
左手をポロに入れ、ホックを外
右手をポロの裾かラとくし上げ
真っ白ででかい乳輪、小乳首現れた。
彼女を寝かせて、胸を激しく、むしゃりつた。
閉じ声をないようにしいる
息が荒く、これ、 ちと興奮。


理性を失ってます。
彼女のジーンズに手をけま
ボタン、ジッパーはわけなくはずたけで脱がし
女は腰浮かして協力てくれる。パンィーで一に脱がせた。
りの剛
おまんこに手を刺し当てると、すでにびちょびちょに濡れてる。
彼女の体は、結構冷房をている部屋でも、ま汗ばんでいる
を開かせて、俺の人差しと薬指でこを開、中指からクなく摩擦する
ぬるるが俺中指とわく感じ。


彼女手が俺のズボンの中にり、つかむ。
たま力を入れたり抜いたりしごいたりと便ない。
俺は一起きあがり、股間に顔を埋める
舌で婿ペロペロなめ取る。
彼女は、「はふと声をだた。
女の足を上げ、V字開脚。なめ続ける
すごぴーんと伸て、すっげぇ角度で開いている
クリを刺激しつつ、をつねまくったら「ウウウゥっ」って力がかとおもったら、ガクっと脱力した。
っちゃ…。」声にならない声で彼女が言う


彼女のポロとブラを脱が俺も
常位で挿入する。すりと入るけんぐ締め付ける感じ
なん、すぐそう
「中でいいですよ。」と彼女う。
?マで?
ピルんでますから。」


俺、ました。多分10往復もしてないうちに。
ナマで中出しって初めて使験。こりゃ、いいわぁ
ひくくしてる。まだ俺のチ何かまとわつくじ。
このままを動す。すっご激。
女は押し殺して俺にがみく。
女の足が俺のみ込む感じ。
、また寿
ビュ、ビュっって彼女の中出した


「すっげぇ、気持ちい。
ト?良かっ


ッシュで緒に布団にくまる


旦那は公の施設の研究員女が研員として所属していた設に出向して来たとき知合った
那は在研中で、とに3ヶほど行っている
家には義いるが住まれなので、電話え入れておけば帰りがくなっていいんだそな。
も、東京生れで東京育ちで大研究期間で働いていたのに、今は田舎で寄りと暮らし、やこともないので野菜売りのパートしている。
供でもいれば親同士のつなができのだうけ、今は友便も少なく、のすく寂しいいるそうだ。 
駅ではいろん退な人に出会えるけ、商 とはなく、
「東からんですか?」なんていたの初めてだった


は、彼女に一目惚れたこ
合った彼女と別れたことでっていしれないっことも話した。


ここ嫁いできてから、こんな話した人は初めてだという。
って2のに、したのは、かえって関係な人間からなのかも


話ながら、俺彼女の体を西さわていた。
豊満な体わっていても心いいっす
きなおっぱいにうず女がしている中でたり、思い甘え
度、してもいい?」は彼聞いた。頷いた。
彼女が仰向けのまま、足を開き、彼女中にた。
く締
むしゃに突きまくる。
女のつかみ、荒しくキスする
彼女に広がる。その足を抱え、奥深く
宮口当たる感じがたまらなく気ちいい。の中に注ぎ込に放出した
「ごめんちゃった。
気持ちいよ
入れたまま、何度もキスをした。


いの、彼にシャワーを浴び、彼女があが、ざと俺もシャワーをあびた。
どうこれら?みに行く?
かに見られる尿かもしれないし…。」
「なら、ここでメシ食おか。」
ームサースはない、出前はれるらい。
リーを頼、冷からビールり出した
上がりのールたまらん。
デリリーを頼んだ、ベッドに並んで座って話をた。
合っていたと別れいきさつ、までつき合っきた人、不満
兄弟のと、将来のだ。それをうんうんきながら聞いてれている


中、食事がけど、グラス傾けつつんだ。
彼女が初ての性だとい
つき合った男性はいど、セッにはらなかったそうだ。
供の頃に漢にい、セックスにする嫌悪感があり結婚まバージン婿だっらしい
婚後那との生活は多少はあのの、マンをしているとがにはじけたのは初めいう
ピルは、避妊のた沿でなく宿ためらしい。
那は、いわるマコンで、 拠点実家から離すがいだという
彼女母とり話ので実害はないものの、と旦那母親と比較すい。


し込んでうちに9時になっ
「知さんどうる??」
だけ入れるう少しいた


食事たまま、俺は彼女体をむぼった。
んがた乳首を噛、体中姿なめ
彼女ぎこちなェラをしてくれ
くわえ込むフェラは初めてしい
四つんばいにさせバックで挿する。
声が大きいので浅くく。尻をしづかして丸見えの肛門を親指で刺する
更に締まる こに また あえなく撃沈
そんなに漏じいのに、すぐに果てしまう


12時少し前に、彼女の携帯に旦沿那からメールが入った。
帰ってこを心配して、母が那に姿うだ
彼女は「飲んでしまっけど、運転代がこんて…信をた。
女が帰る。
東京住所を渡し、また会」って約束て彼女を送った。
翌朝も彼女は道の駅パートいるず。
俺はチェッウトすとますぐ京し


帰ってから、何度かメールのとりた。
その中は、旦那が地元でつき合っていた女性とヨどした(っいうか、浮気しているなんてのもった。
、「(京の)家に帰っれば。なんて返信をしたが、つの間、現実になった
彼女が突然俺の家に来た。 
バイ通勤をしている話はしてたで、イクが向かいのフたんだそうな。
が帰宅るのて、家に来という。
「メ、電話でればよたのに
「でも、そうすると婿、家に入れらえない思って
んなん。ほら、入っお腹すいてない
ラスにポカをついで、彼女に渡


なん、彼すっぇ涙
肩をき崩れ
、事はなんとルでわかってた、なんも聞かない泣くままにして抱にしおい
女の荷物ストン一個
稿かにも逃げてきたって感じ
「風呂にった俺、メシ作から
「うん。
女が風呂に入っている間、スパゲッティを意。
こんなの麺ゆでて、温めた缶詰を開けるだけなんだけど。
なかか出ていので、覗きに行
風呂て泣いている
「俺もてい?」
彼女はだまったままだけど、裸になる。
「のぼせない?頭洗よ。
彼女はスタブから出ャワーの下に二人った
クシャンプーしかない、ま、いいか。
を思切り立てて洗いっこた。
ャワ浴びがら触れる体にガンできなく、抱め、キスをした。
胸もこいだのまま すげえデイ。
勃起たチンポを石鹸で洗ってもらった。
「バタオ、そこら辺の使って…。洗ってるから。
彼女が先に出た。
俺はそのま体を洗い、風かった。
毛が浮いて…。


俺が風呂から上がると、バスタオをまた姿婿で、中途半端に俺理を始めたキッチンを彼女覗いていた。
「風引くか」とトレーと短パンを渡した
替え俺の部使えば…と俺のを指たが、俺下着もそ
みにベッドもあるし


てこで、なかば自な流ベッドに。
さっき見ちっぱいに興奮して、もうチンポばビンビン
女はパンは履いているけど、着いるのはそれだけ。
キスをして、パンティーの中に手をれると、既に濡れ
「欲しいの?」って聞くん。」っ女。
ほんのちょとの間しかていなかのに、懐かし感じさえ
すっぇ俺欲し」がついた。
いきり挿したたまま、み、うなじまくる。
女も俺の肩や胸をなら、手は俺の尻置か
「もっと、もっと…」とながら、てくる。
彼女の腰もガガンき、膣のなかのヒクが高まっきて、絶頂に達した。
ううっと付ける肉襞に射精し


も上がて、でない。
すごと達成感る。


彼女ぐったりてる。疲れたか、そりそうだ。
テッシュでおまんことちんぽをき、俺は間にもどってタバコに


直、彼女のまいてくれればな
テレビをつと、尿組が流れてた
頭にいらな感じでぽけぇっしてた
西が起き出し、パン俺に「邪引くよ」なてことを言った
彼女っき渡したを着てい
「メシ、食うか。」と彼うと、「私がる。」と言い台所に立った


ま、女はの家す。
そのうも見つけといって
旦那家の離れ気相手」し始めたらしい
(俺も同じ穴のム
女は離婚話をめたよ


彼女にはなんでも話
で書いてたログせた。
真正直反応してれるがす可愛い。


、彼女の荷物届きます。
、嫁入使具になればいいな、って思っす。

 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 浮気・不倫,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 浮気・不倫,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080328190525