2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

媚薬で調教された妻




43才で妻が40才だった1年、妻浮気を知た。

ったても怪いと感じのは, そも前ので、自で現実を認め1年前と言方が正しいのかも知れない。

私は一応 養子ではないが、義母を看地内に家を建てさせてもらったで、世ら見れば養子と同じで、妻の様な感覚でいたようだ。

私がそこまでして結婚った理由は、美人ないが口のホクロが印象で、どこ好きのすい顔とムチムチした厭らしがら、その容姿とは全く違って、お淑やかで一歩がって男を立てる古風なところに惹かたから。

かし, それはを被いただけで妻の姿はなかた。

婚して間もなく妊娠しの頃から早くも本性始め、妊理由に何もに、お茶一杯煎れてはくれい。

それころか、毎にマッージさせられる

馬鹿なは、結婚もが肝心と先に教えられながら、こは妊た事で精神的に不安定にていのだと思っらわなかっ

無事に子の娘が宿寿れで普通生活に戻れるいきや、今度は育児由に私こき使う。

かに双子の育変なので、これもわれま文句も言わずに手伝っが、いけなかったのか、

達が小学生なっには、私の意見など全く聞かなくなって、何でも手に決めてしまい、私が口出そうもら大変なぎに


, 私はただ黙って働いて生活を運び、一も二下がっての思通りに行動ていば機が良い。

やがて義くな、妻が話をするようになったそんな妻も義父は怖いのか、義の家では炊事洗濯、掃無くこなし、義父の前では私を男としてて

はりに戻ってると夫どころ男と

うして俺と結婚した?」

主婦で良いと言し、両親をれると言っら」

流石に離婚を考えた事も、子供達も可愛くて踏切れなかた。

いや、子供に託けら、本こんなでものが怖かのかも知れ



そんな妻に大きな変化が現れ

頃からく育てられたトラウマなの、義父の前では家庭を守を演じ子供達以外で外出事はかった妻が、

が体調壊して急に気にり、妻に言わてかかと由をつる事が増え、同も明かに派手なった。


にも大きなウエをかけて、一見安いブのママのようだ

に義父が入院しては、まで押されていた重石も取れて出掛けると前様になるこ度々で

は義病院にいたと説明ていたが、そ完全護で余程の事がな例え族で9時には病室から出され

浮気を疑って、初は相手を調べて叩き潰やるとさえ思ったが、すぐに気持も醒めて冷静ればなるど、どうでも良くなってし

言うのも 妻セッスが大好きで、大喧した夜でもセックスだけは別ばかりに迫ってくる。


特に達が学生に頃からは、寝外では鬼のような顔をして句ばかり言っいて

寝室に入ると毎晩西に猫撫迫ってくるようにな満足するまで何度でもしてやらない、終後に「夫めも果せないのか」と罵倒された


それは私が仕事でいくら疲いようとも変、断わろものなら口も利かな、翌の食卓には嫌がらせのように私のいな物りが





それが、出が増えてからは迫ることが減り、次第クスレス状態にっていた。

普通の旦那なら寿こで不満を漏、妻を追及するうが、私はそれで良いと思っのだ

ようを知ってしまっては、い色気があってエ下着で迫って来て性欲が湧かな

行為中 あれこれ文を付けられた勃起を維するのも一苦

死にお入りの女子社員の奥んなどを思かべて、何とか奮い立たせていた状態た。

, そな私でも男としてライり、妻に気されてと分かれば放っはおけなくな

れで自の中で妻浮気を否定して、気付いていな夫をじていのだが、は軽いと説明されていた義父が入院してかヵ月で他界し、49日のった年の今頃、

の妹夫婦が泊ま退ていたにも拘らず、夜になって友達と食事の約束言って姿ピーに着替えてたので、浮気を妹か指摘されてしまった。

付いてしま婿ば、気さていも言えな夫だと思われるが嫌放ってけず、自分でも疑惑っている事を認めざる

旦 自認めてしまうと、あんな妻で穏やかではなくて興信所に頼んくよく考えてみれ気さ悔しさりも調べて拠を得る事で、妻に対い立場にてるかも知ないいう思が強かった。

結局 嫉心は余り無く、そのめて最悪離婚になってしまってもわなとさえ思ったの

拠は指したに取れが、興所は婿物に為に、もう続けて調べさせてくれとう。

ホに夜の8時に入、出て来たのが午前1時。

出入りの真もあって顔や車ナンでもはっき写っていのに、これ以上必要と言うのだ。2人が裸でセックスし写真でもれると言うのか。

日に証が取たと正ってただけ、的な興信所なのかいが


真を見て、相手の誰なのか一目でった

それもそのは、私の直属の部村というのだ

しか奴の奥妊娠中と聞いていので、自由にクス出来なが浮気したく時期だ。

北村は状態の私を、何てきてくれた事があったので妻との点はある。

い上, 大までカーやっていて、いかにも体力には自信が有りそうから、あのしい妻の相手もるの

帰り道、妻にクを、どり方のか考えるが, 妙案が浮か


れで、まずは人の付き合いがどののものなのか知ろうと、今まで興味かった妻携帯を覗くことにる。

家に帰るとは携帯締めたまって で、そっと指て取り上げて見ると、一応ロックは掛かっていが私を舐め切っているのか、暗証号は自分誕生日そのままだ。

かし そんな雑把な妻に珍し、メールまめ除しているうで、残いたのは私寿興信所の人と会っている間にり取りされた、今日だけだった。


「課長は帰って来たか?」

まだです。今くな電話がりま

「それならゆっくりメーが出切るそれにしても昨日の真美は凄かな」

『だって、あんなの塗れたら。もうんなは使わいで。』

「嫌だったったのか?気持ちよかただろ?正直に言ろ」

気持ちったでも怖いから嫌。自分が分からなっちゃう

そんな事って当は思い出して濡らしているのだ触って確かめてみろ

な事無い。濡らしてなんかん』

「嘘だ。淫真美濡らしいるに寿まっる。正直に言わないと、もう逢ってない

『正に言すから明日逢っ濡らしています。あなた思っていたら、てしまいました

「正に言ったから明やるが、逢うけでいいして欲しろ?し欲しのなら明日マンコして下さいだ」

明日、マンコして下い』

し。明日は午前中に真美の家にから用意待ってろ

宿う家では嫌逢っ。夜ラで抱いて欲

「明日の夜有るし後日夜は友会う束をしていその次の日の夜からは妻の実家に行れなら暫らく我慢しらういな」

かりまた。明日意して待っていす』

「それよりもで我出来る切れずに今夜課長とセクスすよ。約束もうやらないぞ

しませ。あ禁止されてから、一度も抱かれてん』

?今まで抱かれないのは信じる、今 から濡らしていては、今夜辺いな」

『信じ。あたにれた通り、オナニーていま

そうか、偉いぞ。で夜は危ないから、一度だけ逝かせてろう

『オーしてもいい

「駄目だ。今ら電話掛けるから、携帯をバイしてからクリを剥いて当ろ。逝けたらメール報告しろよ

『逝ました

「やけに早な。携帯のブをクリに当てただけで無くてオマンコもだろ?オナニーは禁止してたのれではオナニーと同じだ」

『ごめんさい』

「明日はお仕置きな」


私は目を疑った。

んな従順ではいはだ。

んな下手にばかり出ている妻では無いはずだ。

と知り合っのように、まを被っいるのか


私はすぐに告げるのめて、2の行見てみたくなった

日、村の予定ると、午事な商談が有で、挨拶程度得意先しか入れてない。

北村は出してぐに営業に出たで、も理由をつけて会社


れた場所に車を置いて自宅かうと、案の定会社の名前が入った車がった

勤め先っている近所は、これでは私がってい沿と思て疑わなかった

この家のあるはずの私がで泥棒のように鍵をけ、ドアを閉めるのにも10以上の時掛け入って行ったが、処に人の気配は無い。




度は隣父が住いた家に入ろうしたが、関は鍵掛かっていてスペアーも持っ姿ていないのでにまわる

の家は古て、裏口のが壊たままにっていのを知っていら。

た足音を立てず細心いながら摺りで入って行くと、当のは私労も知らずにドタドと入って行も気づかなきな声で、でキャッ騒いでいた


「キー、やめて、下れちった

るさい!せ違うお汁で濡らているくせに。のやり方嫌なら、やめて帰るぞ?」

に妻のトー落ち婿

「ごめんなさい美が悪かったです」

とあ妻が1も年の若造に怒れ、反発もしいで素直にっている。

ころか子供のよう稿に、自分の事を可愛真美と呼ぶ。

当然 妻が奴に迫り、上司のう立を利用して関係をさせたと思っていたが、会話を聞くりそなさ

私とのセッスがそうであうには我侭な妻導で進むと思っいたが、こもそうでは無いようりもその事が不思議でらななり、飛び込んで行くのをやめて、もう少し様見ようと思った。


の方が乳首もオマンも透けてえて、裸よりずっと厭らしく貿るぞ

「今日は下着のまますの?

「ああ、もっとロションを垂らして、早く始め

急にが聞こえなくなったので近付いてを澄ますと、ヌチという音が聞、妻何をさせれてのか想像はついた。

今日はからもう流して次に移れ」

こにはシャワーがないのでお湯を汲婿かけるがして、その音が止む度はチュパチパと棒の付いた飴でも舐めていうな音が聞こてくる。

と唾液を溜め・・・・も奥まで入

「ウグッ・・・・大きいから・・これ以上は入らな


その後ュグチとよな音が聞こえ。

ッ・一度出したたが、何処に出せばいのまま口か?

・・・・・・・」

美は何のためにピルを飲んる?」

「あなに・・・自由に使ってもらるように・・・好き時に・・・てもらえうに・・・・・・

「それなら何処に出した

・・・真美・・・・

「聞えない!

「真のオマコに」

よしは敷てあるだろう

「えっ・・たあの屋で?あそ願い、ここ・」

「駄目。昨日禁止してあナニーをしら、部屋て!のお仕置きだ

「許して。すぐにお布団をいてきま。あ屋でもいいから、待て仕置だけは許して」


妻がた真っ赤な着を着けまま、身を拭きながら飛してきたので咄嗟身を妻の慌てよて、"待て!のお仕置き" とは何なか気西になって仕方な

振りに見下着の張り付いたに見とれいると、パンツを穿いが出てきた流石サッカーをやっいただけあって、腿とはぎを惹く。

暢気に歌を歌いら奥部屋消えて行たが、そこ十畳の仏間だ。

れは私にとっては好都合。

子のがガスにな調っていて縁側の廊下から十分覗ける

少し遅妻の鬼退る声がこえてきた。

お薬はイヤ・・・・れを使うのは許して」

とは穏やではないで慌てて目だけを出しいたら、妻は部屋の真ん中にれた布の上で四つん這格好じっと動か坐を掻いて座っている北村に、小さビンに入った液体をオり込められてい殿た。

「どうだ?これはすぐてくるだろ?

熱い・・・アッ・アッ・ア・・て・の・・・・」


妻は尻を激しく振ってせがし、の蓋を閉めながらいる。


「もうもいないのに、どんどんお汁がてく

「熱いの・・・ア・アッ・・熱・・ちい・・・早く・ょうだ

「入れてやるが真美。昨西ーした罰として!だな?」


村は湿気にろから入れたが私は他人の情事を覗いているかのよ尿に、止めるの忘れて股を硬くた。

の行為を引いているのか薬と思れる薬が効いているのか分からが、北村が数回出し入綿れしで、妻は早くも登り詰めようとする

ッ・・アアッ・・・・・・イク・イク・イク」

「駄目まだ待

イキたい・お願いて!は・イヤ・・・アアアー・・・

方ない奴だそれならこのように、お父さってからイケ。ちゃんと謝ってらなイクのを許可してやる」


そうわれと妻向いて、仏壇の中の義父真を見た

アッ・父さ・・ゴメンナ・・アアー・・・こんな娘でメンサイ真美イキ・アアー・おんに見られがら・・イキま

北村はれをさせこの部屋たのか?

それにても謝ら義父ではなて、どうして夫の私に謝らかと、そんな下らい事を考えてい


「いい?・・・謝っから・イッても ・・・イクイク」

!まな。をしてっているのか、報告すのを忘れているぞ」

「アッ・アッ・アッ・・美は・・お父さんの前なのに・・・太いオチンを・・入れてます・真美は今か・・アー・・太いオチンチン・・・・・・・ヤー・・・イヤ・イー」



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, SM_調教, 寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様