2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

3穴で浮気をし, 性奴隷となっていた妻






私の妻は男女を問わず人気がある。
顔は井上和香似で性格良く、センス抜群、色白でスタイル良く、子供を二人産んだとは思えない体型をしている。
胸の形も良く、巨乳である為、男性の視線を浴びる。自慢の妻である。
しかし、最近、妻の飲み会の回数が増えた。今日も同僚と出掛ける。
許可するが門限は22時30分迄と決めている。門限に不満が有るが我慢している。



妻が帰ってきた。バスルームに入った。脱衣籠の着替えを観た。
新品のミントグリーンのTバック紐パンティとGカップのブラジャー、
ボディラインが浮出るアンサンブル、腰元スキャットのスカート、ガーターベルトと網タイツだった。
身支度を終えて部屋に来た。



「綺麗だね。お風呂入って、おめかしして。合コンに行くの?」
「いやだぁ。皆、この位の格好はしてくるんだよ。たまには、お洒落しなきゃ。」



妻は車を運転して出掛けた。私は尾行した。
会場は知合いの店だった。
到着すると男6人、女2人が待っていた。
私は裏口から入り、店主に挨拶に行った。
すると個室に案内された。
テレビモニターに店内の様子が映っていた。
店主が説明してくれた。


「監視カメラ。個性的な客が珍しい事するから。セキュリティ面で必要なんだ。音付き録画も撮れるからね。それに、オモシロイ画像が見れる時もあるよ。」



カメラを動かした。
妻たちは店に入り、畳貼りの長椅子で掘りコタツ風の仕切りで他客と接触しない席に着き、宴会が始まった。
酒が入り、場は盛り上り、席は女を両脇から男が挟むような座りになり、話題はH(シモ)ネタ専門になっていた。
カメラの焦点を妻と男達に合わせた。
五十歳位の小柄なオヤジと二十代の長身の青年だった。



オヤジ「背のデカイ男って、アソコもデカイの?」 
青年「うーん、どうかな?わかんない。」 
オヤジ「マダム(妻の呼び方)、旦那はデカイの?」
妻「デカイよ。182センチ くらいかな。」 
オヤジ、青年「デェケェなぁ!」 
青年「マダム、オレとダンナさん、比べてみない?」 
妻「どう、どうやって?」 
青年「うん、こうやってだよ。」 



青年は妻の手を取り、ズボンの上からペニスを握らせた。



妻「やだぁーっ。もうこんなに大きくなってる。どうしちゃったの?」 
青年「マダム見てると興奮しちゃうんだよ、オレ。」 
妻「やだぁっ。なに言ってんの。」 
オヤジ「そうだよな。マダムは色っぽいし、胸も大っきいから。無理も無ぇよ。若ぇヤツはしょうがねぇよ。オレだって、触りてぇって思う時あるもん。」 
青年「ねぇマダム。触らせてよ。」 
妻「・・・・・」 
青年「チョッとだけでいいからさ。」 
妻「・・・・・」
青年「お願い!」



妻は男達の顔を見て頷いた。
男達は嬉しそうに妻の胸を服の上から揉みだした。
指先で揉んだり、掌に載せて揺すったり、乳首と乳輪を撫でたりしている。



青年「大きくて柔らけぇなぁ。プルンプルンッしてるよ。生乳が見てぇなぁ。」


青年が服の下に手を入れ、右乳のブラジャーをずらして直に触りだした。
親指と人差指で乳首を摘んだり、転がしたり、撫でたりしている。



青年「温けぇっ。肌ツルツルだよ。マダム、乳首コリコリしてるけど、感じてんの?」
妻「馬鹿ぁんっ。感じてないよ。生理前だからね。チョッと張ってるんだ。」


オヤジが服を捲り、青年の手で愛撫されていた右の生乳が露になった。
オヤジ「マダム、オレにも触らせてよ。」



オヤジがブラジャーを外し、左右の生乳が露になった。
男達は指で乳首を転がした。



オヤジ「マダム、薄いピンクの綺麗な乳首だね。旦那は吸ったりしないの?」
妻「うん、吸うよ。オッパイ星人だから。大好きだよ。」
青年「へぇーっ、ダンナはオッパイ星人なんだ。じゃあ、このオッパイを舐めたり、吸ったり、しゃぶったりするわけだ。羨ましいな。オレもしゃぶりてぇーな。」



青年は右乳房に顔を近付けると、いきなりしゃぶりつき、
舌先を小刻みに動かして乳首を弾くように舐めたり、
唇で咥えて強く吸ったり、ベロベロ、チュッチュッと音を立てている。オヤジはニヤニヤしながら左乳首を弄っている。
妻は青年の髪を撫でている。


青年「マダム、乳首硬くなってるよ。勃起してる。気持ちいい。感じてんの?」 
妻「・・・・・」


オヤジがスカートに手を入れ、パンティの上からオマンコを触りだした。
割れ目に添って下から上に撫でたり、クリトリスを親指で圧したり撫でたりしている。


オヤジ「マダム、感じてんだ。ここが濡れて、パンティ湿ってきたよ。」 
妻「・・・・・」


オヤジがパンティをずらし、直に触りだした。
中指と薬指で割れ目を抉じ開け親指でクリトリスの皮を剥いている。
妻がオヤジの腕を掴んだ。


妻「くすぐったいッ。」 
オヤジ「くすぐったい。どうしてぇ?」 
妻「指の感触がくすぐったいのッ。」


オヤジは中指と薬指に唾液をつけ、割れ目を抉じ開け、挿入した。


オヤジ「これ、どう?」 
妻「うん、いいよ。気持ち良い。」 
オヤジ「そっかぁ。じゃあ、パンティ脱いじゃおうよ。触りやすいから。」 
妻「うん、脱ぐの手伝ってぇーッ。」 


オヤジがスカートのホックを外し、パンティの紐を解き、妻が腰を浮かし、パンティが脱がされた。
オヤジはパンティを掴み、ニヤニヤしながら臭いを嗅いでいる。


オヤジ「うん。なんともいえない臭いだね。この黄色くて、ねっとりしたの。なにかな?」 
妻「・・・・・」 
オヤジ「こりゃぁ、女独特の匂いだね。ねっとりしてて、糸引いてるよ。マダム、これなに?」 
妻「オリモノって言うの。女は誰でも出るのよ。」 
オヤジ「オリモノ?ウチのかあちゃんも出るのかい?」 
妻「女体の生理現象かな。」 
オヤジ「生理じゃなくってか。オマンコのカス?まぁ、なんでもいいや。」


オヤジはパンティの汚れた箇所を舐め、唾を飲み込んだ。妻の割れ目に中指と薬指を挿入した。


オヤジ「おッ!あったかいオツユが出てヌルヌルしてる。もうビッチョッ、ビッチョッだ。席汚しちゃうと拙いから、おしぼりで拭いてあげるよ。」 
青年「エーッ、オマンコがビッチョッ、ビッチョッなの?診たいなぁ、オレ。オレにも触らせてよ。」



青年は妻の割れ目に人差指と中指と薬指の三本を挿入した。



妻「あっ。何本入れたの?」 
青年「三本。」 
妻「乱暴にしないで。」 
オヤジ「馬鹿!三本も入れちゃダメだよ。オマンコが口開いてからじゃなきゃ。」 
青年「でも、もう大丈夫みたい。マンコ、かなり緩くなってるから。」 
妻「イヤッだぁ。変な事言わないでぇ。」



三本指の出入れ、クリトリスを親指腹で圧したり撫でたりを繰り返している。
動きが徐々に速くなり、ピチャッ、ピチョッという音が聞こえる。
オヤジは左乳房にしゃぶりつき、乳首を舐めたり、強く吸ったりを繰り返している。
妻からは愛液が溢れ、両腿を濡らして漏れている。
青年は指マンを止め、愛液にまみれて光る指を妻に見せた。



青年「ねぇ、マダム。もうこんなふうになっちゃってんだから。オマンコに何か入れて欲しいモノあるでしょう?」 
妻「・・・・・」 
青年「オチンコが欲しいんじゃないの。オマンコに入れて欲しいんじゃないの。」 
妻「まだ、まだいらないッ。」 
青年「いらないの?なんで?」 
妻「舐めてぇ、舐めて欲しいの。」 
青年「クンニってこと?」 
妻「そッ、それッ。」 
オヤジ「そうかぁ。クンニじゃ、俺に任せろ。たっぷり舐めてやるよ。」 
青年「ずるいなぁ。オレも舐めたいよ。マダムのマンコ。」 
オヤジ「若いヤツは引っ込んでろ。経験豊富な俺の方がマダムを喜ばせられんだよ。お前はフェラでもやって貰えよ。」



オヤジはテーブル下に潜込み、妻の足を椅子に乗せ、M字開脚にさせた。



オヤジ「うん。いい眺めだ。オマンコの奥まで見えるぞ。」 
妻「嫌ぁッ。見ないでぇ。」



オヤジは勃起したクリトリスを唇で咥え強く吸った。
割れ目に沿って舌先を這わせ、指で広げ、舌を奥深くまで挿入させるように舐めたり、
少し膨らんだ肉部、両腿付根の窪みに唾液を塗付け、舐めたり吸ったりを繰り返している。



オヤジ「ホヤ(貝)とかカキ(貝)みたいだね。生臭くって、生モノみたいに動いてるよ。」
妻「あぁーんッ、気持ち良くなっちゃう。もっと、舐めてぇーッ。あぁーんッ、もっと、クリトリスを刺激してぇーッ。ああぁーんッ。』



妻は両手でオヤジの頭を抑え、腰を小刻みに振り出した。
オヤジは両腿を抑え、擦り付けるように、顔を左右に動かしながら、クンニをしている。



妻「あぁーんッ。気持ちいいーッ。チンチン、チンチン、ちょうだぁーぃッ。」 
オヤジ「・・」
青年「マダム、チンチン入れる前に、オレのチンチンしゃぶってくれよ。」
妻「いっ、いいわよ。はっ、はやく、チンチン出してぇーッ。はやくぅーッ、ちょうだぁーぃッ。」 



青年はズボンとトランクスを膝までズリ下げた。オヤジは動きを止め、妻の顔を見た。



オヤジ「マダム、俺のも頼むよ。」 
妻「やっ、止めないでぇ。お願いッ、続けてぇーッ。」 
オヤジ「大丈夫、止めないよ。代わりに極太バイブ、入れてやるからさぁ。」 
妻「いっ、嫌だぁーんッ。そんなの入らなーいッ。」 
オヤジ「平気だよ。もう充分過ぎる位、濡れて開いてるからさぁ。マダムは俺達のモノを可愛がってくれよ。」



妻にバイブが挿入された。
オヤジは青年の真横に座り、ズボンとトランクスを膝までズリ下げた。
妻はテーブル下に潜込み、二人のペニスを握り上下にシゴキ出した。
妻「二人とも、もう硬くなってるよ。思ったより大きくて立派なチンチンだね。」 
青年「本当。嬉しいなぁ。そんな事言われたら、オレ、もっと興奮しちゃうよ。」 
オヤジ「マダム、旦那も立派なんだろう。」 
妻「今は旦那の事は言わないでぇ。」



男達は片足を椅子に乗せ、膝を立てペニスを妻の口元に近づけた。
妻は二人の先っぽを咥え、口中で舌を使い、竿の先っぽや裏筋を舌先で舐め、唇で咥え、舌を絡め、這わせ、根元まで咥え込み、吸込んだりを繰り返した。
股間はバイブを咥込み、腰が小刻みに震えている。
床は水を溢したように濡れている。



青年「ああぁーッ、マダム、もうダメだぁーッ。イキそぉーッ。」
青年は妻の頭を抑え、腰を強く小刻みに振出した。
妻は口に膨張したペニスが突刺さり、苦しそうな表情をしながら、オヤジのペニスをシゴいている。
青年の腰の動きが更に速くなった。



青年「ああああぁーッ、出るぅーッ、出るッ、、出る、オオオオォーーーッ、オッ。」



妻の口内で射精した。青年は満足そうな顔で、妻の髪を撫でている。
青年「ありがとう。気持ち良かったよ。溜まってたから、いっぱい出ちゃったよ。」



妻は青年の両手を取り、ニッコリ笑いながら、精液を掌に吐き出した。
妻「苦しかったよ。もぉーッ。まったくぅーッ。激しいんだからぁッ。」
青年もニッコリと笑い、精液を妻の胸に塗付け、ペニスを乳首と乳輪に擦り付けた。



オヤジ「マダム。俺も、そろそろイキたいんだけど。お願い出来るかなぁッ。」 
妻「うん、いいよ。どこに出す。顔、オッパイ、おなか?それともオシリ?」
妻はシゴキを速め、タマを揉み、バッキューム・フェラを繰り返した。



オヤジ「そッ、そうじゃなくってぇーッ。」 
妻「えッ、なにッ、何なの?」 
オヤジ「おッ、オマンコだよ。オマンコぉッ。オマンコに入れたいって言ってんのォ。」 
妻「えッ、それはダメだょーッ。」 
オヤジ「だって、さっきチンチンちょうだぁーぃッって、言ってたじゃない?」 
妻「あッ、あれは、ついそういう気分になっちゃったから。」 
オヤジ「えッ、ダメなのぉッ?いいじゃん。減るもんじゃあるまいし。すぐ終わるんだからさ。」 
妻「ゴムあるの?ゴムするんだったらいいよ。」 
オヤジ「無い。そんなモンしたら、気持ち良くねぇーだろ。」 
妻「だったらダメぇーッ。」 
オヤジ「わかったよ。着けるよ。着ければいいんだろ。」 
妻「うん。持ってんだったら、ちゃんと着けてよね。」



妻がバイブを抜くと、愛液がこぼれ落ちた。
オヤジにコンドームを装着後、向い合う様に椅子昇り、ペニスを確認すると腰を深く落とし、小刻みにクネクネと振り出した。
オヤジは嬉しそうな表情で、オッパイを揉んだり舐めたり吸ったりを繰り返し、下からペニスを突上げている。
妻がオヤジにしがみつき、オマンコをチンコに突刺す様な上下運動を始めた。
グチュ、グチュ、パッコーン、パッコーンという音が聞こえている。



オヤジ「ああああぁーッ、出るぅーッ、出るッ、、出る、オオオオォーーーッ、オーッ。」
妻の膣内で射精した。
妻の腰に手を廻し、上を向いて目を閉じているオヤジに、妻が唇に舌を這わせると、舌にしゃぶりつき、吸ったり絡めたりディープキスを始めた。



オヤジ「マダム、気持ち良かったよ。キュッ、キュッ!って絞まるんだもんなぁ。あれじゃぁ、男はすぐにイッちゃうよ。」 
妻「でも、まだ元気みたいだよ。あたしのオマンコでチンポが脈打ってるのがわかるもん。」 
オヤジ「じゃぁ、もう一発いいかい?」 
妻「ダメよ。もう帰る時間になっちゃうから。」 
オヤジ「そうか。残念だな。じゃぁ、マダム、チンチンを綺麗にしてよ。」 
妻「うん。いいよ。」
妻はオヤジから身体を離し、コンドームを取ると、おしぼりで丁寧に拭いている。



オヤジ「マダム、パンティ貰っていいかな?」 
青年「じゃぁ、オレにはブラちょうだいよ。」 
妻「しょうがないなぁ。じゃぁ、今日は特別にあげるね。」 
青年「エッ、本当。ノーパン、ノーブラで帰んの?」 
妻「そうよ。」 
青年「風邪ひかない。ダンナに見つかったらヤバくない?」 
妻「大丈夫よ。寝てると思うから。」



妻は、おしぼりでオッパイに塗付けられた精液と股間から漏れてる愛液を拭取ると、洋服を着ながら、帰り支度をした。
私は店主から録画テープを貰い、一足先に家に帰った。





妻が帰ってきた。
真っ先にバスルームに入った。


私も直ぐにバスルームに行き、背後から妻を抱きしめた。



妻「あなた、起きてたの?なにッ?今頃。バスルームに来て?」 
私「待ってたんだよ。一緒に入ろうと思ってさ。たまには、いいだろう。」 
妻「うん。いいよ。だから放してぇ。」 
私「いやだ。俺が脱がす。」 
妻「いやッ、ヤメてッ、放して。」 
私「なんで?いいだろ?夫婦じゃないか?」 
妻「・・・・・」



強引にアンサンブル捲り上げ、両乳を鷲摑みにした。
妻「ダメぇーッ。」
私「なんだ!ノーブラか?」 
妻「気分悪くなって、苦しかったから。」



スカートの中に右手を入れ、オマンコに中指と人差指を挿入した。



妻「あなた、なにするの?お願いッ。やめてぇーッ。」 
私「なんだ!パンツも穿いてないじゃないか?」 
妻「汚れたから捨てたの。女身体はいろいろあるから。」 
私「わかった。じゃぁ、はやく脱げよ。」 
妻「うん。」


妻は全裸になった。
乳首は勃起していて、胸には赤い斑点のような痕が数ヵ所ある。



私「オマンコが見えるように手を前に着いて、尻を高くあげてろよ。」 
妻「こぉッ。こうすればいい?」 
私「よしッ。臭い嗅いでやるから、拡げろよ。」



オマンコに鼻を擦り付け、臭いを嗅いだ。
「うんっ。ゼリーの臭いがする?」 
私「あっ、それはビデ・ウオシュレットの匂いよ。」 
私「それにしちゃぁ、オマンコに濡れた跡があるぞ。白くなってる。」 
妻「・・・・・」



両手の指先でオマンコを拡げ、観察した。



妻「あなた、もう止めて。なに疑ってるの?はやく湯舟に入れて。」 
私「疑ってるってなに? よしッ、今日はお前の身体を洗ってやる。いいな。」
妻「うん。」 
私「なんか今日は随分素直だな。余計に疑っちゃうよ。」
妻「なに?今日のあなた、なんかおかしいわよ。」 
私「お前を愛してるから。疑っちゃうんだよ。」 
妻「ありがとう。わかったわ。だから、はやく入ろうよ。風邪ひいちゃうから。」



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 乱交・複数, 寝取られ, SM_調教,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 乱交・複数, 寝取られ, SM_調教,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080327073946