2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 
 

変わり果ててしまった妻





商談が終わってホテルに戻ると、ロビーで若い女性に声を掛けられた。
若いと言っても30代前半のようなのだが、私のようなおじさんからすれば随分若く、ミニのタイトスカートに目を奪われてしまう。
「あなたは・・・・・・」
この女性には見覚えがある。



それは二週間ほど前の事。
いつものように出勤前にゴミを出しに行くと、彼女が困った顔で立っていた。
「プラを分けなくては駄目なのですね」
聞けば引っ越してきたばかりで、ここにゴミを出すのは初めてと言う。


「困ったわ。戻っている時間は無いし」
「そのぐらいなら私の袋に余裕がありまするから、良かったら入れて下さい」


彼女とは自治会の事などを説明しながら駅まで一緒に歩いただけで、
その後、会う事は無かったが、私の記憶には彼女の事が鮮明に残っていた。


それはゴミを選り分けている間、屈んだ彼女の胸元から真っ赤なブラジャーと共に、白くて軟らかそうな乳房がずっと見えていたからだ。
「出張ですか?」
「はい」


「私は初めての出張で、一度部屋に行ったのですが明かりの点け方が分からなくて」
「ああ。ここは入り口のスイッチの所に、ルームキーに付いているキーホルダーを差し込むのですよ」
「そうですってね。今フロントで教えてもらいました」


彼女と一緒にエレベーターに乗り、私は3階だったので先に降りて部屋に入ると、5分ほどしてドアがノックされた。
「やはり明かりの点け方が分からなくて、ご迷惑かとは思いましたが、何度もフロントに聞きに行くのが恥ずかしくて」
「私の部屋がよく分かりましたね」


「302と書かれたルームキーを持っていらしたから」
私はキーホルダーを抜いて部屋の明かりを一度消し、
もう一度差し込んで点けて見せたが、
私にぴったりと寄り添う彼女からは、ほのかな香水の香りが漂っていた。


「斜めに差し込むのですね。このようなホテルは初めてなので」
「初めての出張では何かと大変ですね」


聞けば急に上司が来られなくなり、彼女が代わりに来たと言う。
「お食事はどうされました?」
「上司はいつも外に食べに行くらしくて、夕食は付いていないとフロントで言われたので、どうしようかと迷っていたところです」


「大きな声では言えませんが、ここの食事はあまり美味しくないので、私もいつも外に食べに行くのですよ」


この辺りの地理に詳しくないので、
ホテルに頼もうと思っていたと言う彼女を誘い、
ここに出張した時にはいつも行く居酒屋に行った。


そして私は、久し振りに楽しい時間を過ごす。
それと言うのも一ヵ月ほど前から妻が笑顔を見せなくなり、
何を怒っているのか二週間前からは、必要最小限の事以外口も利いてくれない。


このような態度の妻は初めてで、
私にはこれと言って思い当たる事は無かったが、
一つあるとすれば妻を誘った時に「その気になれないの」と言って断わられ、
今まで訳も無く断られた事が無かった私は、翌朝拗ねて口を利かなかった事がある。


それからはどこかギクシャクしていたのは確かだが、
それは三週間ほど前の事で、妻の様子がおかしくなったのはその前からなのだ。


言い訳になるが、妻との関係がこの様な状態でならなければ、彼女を食事に誘う事は無かっただろう。
少し酔いが回ったところで彼女の事を聞くと、年齢は33歳で最近離婚して近所に引っ越して来たと言う。


私も男なので、ほんのり赤く染まって色気が増した彼女を見ていて口説きたくなったが、愛している妻を裏切る事は出来ずに自分を抑えた。
ホテルに帰ってからも、彼女に誘われて、部屋でビールを飲み、
彼女がジャケットを脱いだために薄いブラウス越しに見える、
豊かな胸を見ていて二週間前の光景を思い出してしまったが、
これもこのままでは不味いと思って缶ビール一本飲んで退散した。



そして出張から帰った翌日、妻は11時を過ぎても帰って来ない。
妻も仕事を持っていたので、ある程度の付き合いは認めていたが、
連絡も無しに、このように遅くなった事は初めてだ。


それで携帯に電話したが、電源は切られていて、結局妻が帰って来たのは午前0時を過ぎていた。
「携帯の電源まで切って、こんな遅くまで何処にいた!」
「何処にいたって勝手でしょ!嫌なら離婚しましょう!」
私は驚きで言葉が続かなかった。


このような激しい口調の妻を見たのも初めてだったが、簡単に離婚を口にした事が信じられない。
私が27で、妻が24の時に結婚して18年。


近所でもオシドリ夫婦で通っていて、私もそう自負していた。
ここ最近は少し妻の様子がおかしかったが、
それでも私の妻に対する愛は変わらず、妻も私を愛してくれていると信じていた。


その妻の口から離婚という言葉が出た。
「本気で言っているのか?」
「だって、もう私の事を愛してはいないのでしょ!」


妻はバッグから興信所の名前の入った封筒を出すと、その中に入っていた数枚の写真を並べる。
彼女と初めて会った日に、楽しそうに話をしながら駅まで歩く姿。
出張先のホテルのロビーで、笑いながら話す二人。


そして二人は、一緒にエレベーターに乗り込む。
彼女と居酒屋へ行った時の写真もあるが、
酔った彼女は帰り道で足元がふらつき、
悪い事に写真では私の腕を抱き締めるように掴んでいる。


何よりも決定的なのが、いつの間に撮られたのか、二人で彼女の部屋に入っていく姿まである。


「誰なの!」
「渡辺さんという、ゴミを出しに行った時に知り合った・・・・・」


「下の名前は!」
「名前は聞かなかったから分からないんだ。名字しか聞いていない」


「付き合っていて、そんな訳が無いでしょ!」
「付き合ってなどいない。偶然会って、ただ一緒に食事して」


私は彼女との経緯を詳しく話したが、妻は全く信用してくれない。


「言いたくないのなら、それでいいわ。彼女の身元が分かったら、興信所から連絡が入る事になっているから」


出張に行く二週間前から妻が口を利かなくなったのは、彼女と歩く姿を興信所から連絡されたからなのか。
一ヶ月前から様子がおかしかったと言う事は、その頃から私の女性関係を疑っていたのか。


彼女と会った二週間前からならまだ分かるが、一ヵ月も前から疑われる様な事は、私には全く身に覚えが無い。


「これは誤解だ」
その後の妻は時々連絡もなしに遅く帰る事があり、
中には午前様になる事もあったので、誰と何をしているのか気になったが、
二人だけの時は口も利いてくれないのと、
女性を誘って二人だけで食事をした罪悪感もあって、妻に対して何の追及も出来なかった。


妻が怒るのは最もで、あのような写真を見せられては、これが逆なら私でも信用出来ずに激怒していただろう。
「今夜も遅いのか?」
「私の事は放っておいて!私に干渉しないで!」


いくら私の浮気を疑っていて怒っていたとしても、
控えめで大人しかった妻の変わり様に驚きを隠せない。


妻は見るからに優しいお母さんといった風情だが、私と一緒にいる時には顔付きまで変わる。


「渡辺なんて嘘だったのね。それにゴミを出しに行って知り合ったのも嘘じゃない。
そんなに彼女を庇いたかったの?木下恵理36歳。
同じ町内でもないのに、わざわざここまでゴミを出しに来たと言うの!」


遅くに帰って来た妻は私を睨みながらそう言ったが、私は妻の言っている事の意味が理解出来なかった。


「木下?彼女は近所に住んでいない?」


「まだ惚ける気!離婚していて、今は独身だと嘘を吐いていたらしいわね。
そうなると彼女も被害者だから、彼女には責任の追及は出来ないけれど、
あなたには責任をとってもらいます。
子供達が手を離れるまでは離婚しないけれど、私の事は今後一切干渉しないで」


「何を言っている?さっぱり意味が分からん。第一俺と彼女はそのような関係では無い。彼女に聞いてもらえば分かる」


「彼女と電話で話したけれど、彼女は素直に認めたわよ」


私は更に訳が分からなくなった。
現実に彼女とは何もないのだ。


妻か彼女の、どちらかが嘘を吐いている。
妻が嘘を吐いてまで私を陥れるなどとは考えられないが、彼女もまた嘘を吐ける人間には見えなかった。


私は彼女に事情を聞くのが解決の近道だと思い、
妻が持っている興信所からの彼女の情報が知りたくて、
翌日帰ると妻が隠しそうなところを探してみた。


すると子供達が開ける事の無い、私達の寝室のクローゼットの中に、
興信所の封筒に入った彼女についての報告者を見つける事が出来たのだが、
その時私は見なくても良い物まで見てしまう。


それは何かと言うと、葬儀や法事の時に身に着ける黒い下着以外は、
白か淡い色しか持っていなかった妻からは考えられないような、
赤や紫などの原色の派手な下着を見付けてしまったのだ。


妻が遅いのは誰かと会って相談しているか、
誰かに付き合ってもらって憂さを晴らしているのだろうとは思っていたが、
どんなに遅く帰っても妻の性格からして、
このような関係になる男がいるなどとは夢にも思わなかった。


鈍感だと言われるかも知れないが、一緒にいる相手は女性だと勝手に思い込んでいた。
しかし、そう考えると最近化粧も派手になったように思え、
考えれば考えるほど妻にそのような関係の男がいる事を認めざるを得なくなってしまう。


妻は私の知らない男と抱き合って、熱いキスを交わしている。
あのような派手な下着姿で、男を興奮させている。


男の下で、私以外には見せた事の無い苦痛にも似た表情を見せ、
私以外には聞かせた事の無い恥ずかしい声を上げている。


苦しくなった私は携帯に電話を入れたが、やはり電源は切られていた。
「誰と何処にいた!」
「あなたには関係ないでしょ!私に干渉しないでと言ったはずよ!」
私は初めて女性に手を上げた。それも愛しているはずの妻に。
「もう離婚よ!」
妻は一晩泣き続け、この日を境に子供達の手前一緒だった寝室も別になる。


木下恵理、36歳。
3年前に離婚していて、今は中学生の娘と二人暮らし。
昼間は町工場で事務をしながら、夜は小料理屋でアルバイト。


私は報告書に書かれていたアパートに行ってみようと思ったが、
一緒に暮らしている彼女の娘の事が気になって、アルバイト先の小料理屋に行ってみる。


その小料理屋は我が家から意外と近くにあり、歩いても15分ほどの距離なのだが、小さな店なので今まで気が付かなかった。
彼女は私を見るなり驚いた顔をして俯いてしまう。


「恵理ちゃん何しているの。お客様におしぼりを」
涼しそうな目をした色っぽい女将に言われ、
ようやく顔を上げた彼女はおしぼりを広げて渡してくれたが、
私とは目を合わさずに手も震えていた。
私は彼女と話すチャンスを待っていたが、
色っぽい女将と美人の彼女を目当てに来る客で、
絶えず満席で隣にも客がいるので話せない。
仕方なくこの日は諦めようと外に出ると、
彼女は私を送る振りをして出て来た。


「ごめんなさい」
「聞きたい事があるから、そこのファミレスで待っています」


「私は何も・・・・・」
「それならアパートに行きます」


「来ないで。娘がいるから・・・・・・」
彼女は30分ほど経ってから来たが、何を質問しても「私は何も知りません」と言って涙ぐむ。


「私にも娘が二人います。このままだと家庭は壊れてしまって、家族ばらばらに」
彼女は顔を上げると、縋る様な目で私を見た。


「娘の日記を見てしまったの・・・・・・娘は勉強が好きで・・・・・特に英語が好きで・・・・・・中学を出たら留学したいって・・・・・でもお金が無いのは知っているから・・・・生活の為に昼も夜も働いている私には・・・絶対に言えないと書いてあって・・・・」


私の脳裏に母と娘が手を取り合って、必死に暮らしている姿が浮かんだ。
しかし私にも大事な娘がいる。


「自分の娘の幸せのために、私の娘達を犠牲にするのか!」
彼女は人目も憚らずに泣き崩れる。


「せめて誰に頼まれたのかだけでも教えてくれ」
彼女は散々迷った末、小さな声で言った。


「青山さん・・・・・・これ以上は許して下さい」
妻の身近にいる人間で、青山という名の、他人の娘の留学を援助できるだけの自由になるお金を持っている男。
私にはそれだけで十分だった。


家に帰ると11時を過ぎていたが、妻はまだ帰っていない。
今日も青山に抱かれているのか。
相手が分かると私の怒りは更に増し、嫉妬で狂いそうになる。
どうしてこんな事に。


帰って来た妻は、何も言わずにバスルームに向かう。
私が後を追って入っていくと、既に夫婦では無いと言わんばかりに、妻はタオルで前を隠して身体を硬くした。


「どういうつもり!早く出て行って!」
「洗ってやる!俺が洗ってやる!」


私は嫌がる妻の腕を痕が残るほど強く掴み、身体が赤くなるほど強く擦った。
「やめて!私に触らないで!」


私の目から涙が毀れたが、妻もまた涙を流していた。



>>次のページへ続く

 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 浮気・不倫, 乱交・複数, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 浮気・不倫, 乱交・複数, 寝取られ,
 


 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080621062327