2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

変わり果ててしまった妻




が終てホテルるとロビー若い性に声を掛けら

若いと言って婿も30代半のよが、私のうな おじさんからすれば随若くミニのタイスカートを奪われてしまう

「あなたは・・・・・

の女がある。



それは二週間ほど前の事。

のように出勤ゴミを出しに行く、彼女た顔で立っていた。

「プラを分けなくては駄目なのですね」

聞けばっ越してきたかりで、こにゴミを出すのは初めと言う。


「困ったわいるは無いし

のぐらいの袋余裕がありまるから、かった入れて下い」


彼女とは自治会の事なを説明ながまで一緒いただで、その、会うは無たが、私の記憶に事が鮮ていた。

れはミを選りけてい、屈んだ彼女の元から真っ赤なブラジャーと共にくてらかそうな乳えていたからだ。

張ですか?」

「はい


は初め、一部屋に行ので明かりのけ方が分からな

「ああ。ここは入のスチの所にームキに付いているキールダし込すよ」

そうです。今ロントでえてもいました


女と一緒にエレーに乗3階だったので屋に入と、5分ほどしてアがックされた。

やは明かりの点け方がからなくてご迷惑とは思いまし何度もフントにきに行くのが恥ずかして」

の部屋がよく分かりまたね」


02とれたルームキーを持いらしたから

キーホルダーをて部屋の消し、差し込ん点けたが、私にたり寄り添う彼女からはのか香水の香が漂っていた。


差し込むのでのようなルは初めてなので」

ての出張では何かすね


けば急に司がられ、彼わりにと言う。


?」

「上司はいつも外に食べにらし夕食付いていないとロントれたで、どうしようかと迷っていたとろです」




「大きな言えませんが、ここ食事はあまり美味しく私もいつも外に食べに行です


この辺りの地に詳しくので、頼もうと思ってい女を誘、ここに出張した時にはも行くに行った。


そし私は、久し振りに楽し時間

それと言うのもヵ月ほど前から妻が笑顔を見せななりを怒っているのか間前からは必要最小限の事以外口いてくれない。


このうな態初めてで私には これと言って思いたる事は無かっが、一つあるすれば誘った時の気になれないの」と言って断わられ、今までも無く断られた事が無私は翌朝ねて口を利かなかった事がる。


れからはどこかギクシャクしたのは確かが、それは三週間ほで、妻の様子がおかしくなったのはの前からなだ。

言いなるが妻との関係がこの状態でならなけを食に誘は無かっただう。



少し酔いがところで彼女のを聞くと齢は3歳で最近離婚して近所に引っ越して来たとう。

も男ので、り赤く染って色気がした彼女を見口説きくなったが、愛してる妻る事は出分を抑えた。

ホテルに帰てからも、彼女にれて、部屋でール飲み、彼女がジャケットを脱いだに薄ラウス越しにえる、な胸を見ていて二間前の光景を思しまっれも このままでは不味いと思って缶ビール一本飲退散

--------------------

そし出張から帰った翌貿時をぎても帰っ来ない。

妻も仕事ていたので、ある程度の付合いは認めたが連絡も無に、うになっ事は初めてだ

それに電、電源は切られていてが帰来たのは午前時をぎていた


の電まで切って、こんな遅くま何処にいた!」

何処にいたて勝嫌なら離婚しま


は驚きで言葉が続かった。

のよな激し口調の妻を見たのもめてだったに離婚を口にしれない

私が7でが24の婚して18年。

所でもオシドリ夫婦で通ってて、私もそう自負して

ここ妻の子がかしかっ、それで私の妻対する愛は変わ、妻私をしてくれていると信じていた


口から離婚という言湿出た。

「本気でいるのか?

だって、もう私の事を愛してはいないのでしょ!」

妻はバッら興信所の名前の入った封、その中に入っていた数枚の写真を並る。

寿めて会った日に、楽しそうに話をしな歩く姿

張先のホテルの尿、笑なが話す人。


そし人は稿緒にエーターに乗り込む

女と居酒屋へ行った時の写真もが、った彼女で足がふつき、悪いに写真では私の腕を抱き締るように掴ん

何よも決定的が、い尿つの間にたの、二彼女の部屋に入っいく姿まである

「誰な

「渡辺さんと、ゴしに行っ時に知りった・・・・


「下名前は!」

「名前は聞から分からないんだ。名字しか聞いていない」


「付き合っていて、んな訳が無いしょ!」

「付きってなどいない。偶会ってに食事して」


は彼女との経を詳しく、妻は全く用してくれ

いたくないら、それでいいわ。彼女の身元が分かったら、興信所か絡が事になっるから

出張行く前から妻が口を利かなくなっ、彼姿を興信ら連らなのか。

前か湿かしかったと言う事はその頃か私の係を疑って

女とらならま分かヵ月もわれる様事は、私に全く身に覚が無い

だ」

--------------------

そのは時々連絡もなしに遅く帰事がありには午前様になる事もあったので、誰と何をか気が、だけの時いてれないのと、女性を誘って二人だけで食事をし貿悪感もあって、妻に対して何追及も出かった。

るのは最もであのよ真をせられは、これが逆なら私でも出来に激怒していただろう。

今夜も遅か?

の事放ってて!私にしないで!」


ら私の浮気をていて怒ってたとして大人しかった妻の変わ驚きを隠せ

は見に優しいお母さんいった風情だが、私と一緒にいる時には顔付きまで変わる



辺なて嘘だったのねそれゴミを出しに知り合ったのも嘘じゃない。

そん女を庇いたかっの?木下恵理36歳

もないのに、わざわざここまでゴミしにと言うの


くに帰って来私をながら言ったが、私は妻の言ってい意味が理解出来なかった。

「木下?彼女は近所に住ない?」


「まだ惚



婚し今は独身だと嘘を吐いたらしい

うなと彼女も被害だから、彼女には責任の出来れど、あなたには責任をてもます。

手を離までは離婚しないど、私のは今後一切渉しいで


を言っている?さっぱり味が分から一俺とは そのような関係い。彼女に聞いてもらえ分かる」


「彼女と電話で話したけれ、彼は素直に認めたわよ」


私は更婿が分からなくなった。

現実彼女とは何も


か彼女の、どちらかいている

妻が嘘をまで私をれるなどとは考えられなが、彼女もまた嘘をける人間は見なかた。

--------------------

私は事情聞くのが解決の近道だと思い、妻持ってい興信所か情報が知りたくて、翌帰ると妻が隠しそうところを探してみた


ると子供達が開けるい、の寝室のクローゼの中に、筒に入った女についての報告者を見つける事が出来たのだが、そのは見良い見てしま


それ何かと言うと、葬儀や法事の時にけるい下着以白か淡い色しか持いなた妻られないような、赤や紫などの原色の派手な下着を見付けてまっただ。


妻がいのは誰かと会って相談しているか、誰かき合っもらって憂さをらしいるのだろっていたが、どん遅く帰ても妻の性からして、こ関係になる男がいるなど夢にもわなかた。


鈍感と言われかもれないが、いるは女だと勝手に思い込んでいた。

し、そう考えると最近化粧派手になったように思、考えれば考えるほど妻のような関男がいる事を認めざるを得なってしう。


ない男と抱き合て、熱いキ交わしているのような手な下着姿で、男を興奮させている

下で、私以外には見の無い苦痛にも見せ、私殿は聞かせた事の無い恥ずかい声げてる。


しくなっ携帯に電話を入れたが、やは電源はられてた。

「誰と何処にい!」

「あなた関係ないでしに干渉しいでと言ったはずよ!」


て女性に手を上げた。それも愛してはず妻に。

もう離婚よ!」

妻は晩泣き続、この日に子供手前だった寝室も別

--------------------

木下恵理、6歳。

年前離婚していて、今は中学生の娘とらし。

昼間は町工場で事をしながら、夜は小料理屋でアルバイト。


私は報告書に書ていアパートに行ってみよと思ったが、一緒にらしているの娘のになって、殿イト先の小理屋宿行っ

の小料屋は我が家ら意外と近くにあり、歩ても15分ほどの距離のだが、小なのでで気が付かなかた。

彼女は私をるなり 顔をしてしまう。


恵理ん何しているの。お客様におしぼりを」

涼しそうなしたぽい女将に言われ、ようく顔げた彼女はぼりを広げて渡してくれたがは目を合わさ手も震えいた。

と話チャスを待っていたが、色っぽいと美の彼目当て来る客、絶えず満隣にいるので話せ

この日は諦めようと外に出ると、彼女は私を送る振りをして来た。


「ごなさい

きた事があるかそこのミレスで待っています」


「私は何・・・・」

それパートに行きます」


来ない娘がから・・



女は3ほど経ってから来たが、何を質ても「私は何も知りせんってむ。

にも娘が二人いす。このまだと家庭しまって、族ばらばらに

女は顔を上と、る様な目で私

娘の日記見てしまっ・・・・娘好きで・・・・・特に英好き・・・・・中学を出たしたって・・・・・

でもお金がいのっていら・・・・生活の為に昼も夜働いているには・・絶対に言いと書って・・・・


脳裏母と娘がを取り合って、死に暮いる姿

かし私にも大る。


「自娘のせのために、私の娘犠牲にする

彼女は人目も憚らずに


「せめてに頼まれかだけでも教えてく

は散々迷った末、小な声で言った。

青山さん・・・・・・これ以して下さい」

の身近にいる間で、山という名、他留学をきるだ自由にお金ている男。

だけで十分だた。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, 乱交・複数, 寝取られ, SM_調教, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様