2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

人間、顔だけじゃなかった







1 :代行依頼636:2012/11/09(金) 01:21:05.29 ID:gkQZw+k20
まあ当たり前のことだけど、そういう体験をしたのでお暇な方は寝
る前の 暇つぶしにでも見て頂けたらと思います。




5 :1:2012/11/09(金) 01:26:31.52 ID:dtfgVW2W0
代行有難うございます。

少し前の出来事なので特定の心配はありませんが
一応名前とかそういうのは伏せておきます。

僕のスペック
(当時)19か20ごろ
顔はまあ普通だと思います。
当時のアルバイトでの出来事です。





6 :1:2012/11/09(金) 01:29:49.59 ID:dtfgVW2W0
あまり長くならないと思いますので、ヤジや質問などあれば、嬉
しいです。

書き溜めはありませんが、できるだけ早く書きます。
あと、パンツぬぐタイミングは人によっては、あるかも知れませ
ん。

僕が大学生のころの出来事です。

ちょうどバイトを探していたところ、あるお店がオープニングス
タッフを募集していました。





8 :1:2012/11/09(金) 01:34:56.29 ID:dtfgVW2W0
みに、接客関係のお店で

で、かく面接を経て、僕はそこルバイトをすることにな
りました。

そして、その初日にまず会わありました
性は(当30頃?と、僕

性は二で、一サバ魚のいな顔だったので、以後
バと呼






9 :1:2012/11/09(金) 01:37:49.99 ID:dtfgVW2W0
そして、もう一人の女性スタッフ。
その娘は、それはもうとてつもなく美人でした。
少なくとも、僕がそれまでに実際に会った女性の中では、まず間
違いなく一番の美人です。

顔は、柴咲コウに似ていて、スラリとした体型、
胸もほどほどで、モデルといっても過言ではないレベルです。





10 :名も無き被検体774号+:2012/11/09(金) 01:40:36.91 ID:0HwX9upr0
1がどんな顔か書かれてない




14 :1:2012/11/09(金) 01:45:48.96 ID:dtfgVW2W0
>>10
僕はどうでしょう、、、まあ普通だと思います。



11 :名被検体774号+:2012/11/09(金) 01:41:03.35 ID:Xa3pMX2WO
ブサメンでも美少女と付きるかな?




14 :1:2012/11/09(金) 01:45:48.96 ID:dtfgVW2W0
>>11
それは分かりません。ただ、顔だけではないな、と
僕が思うきっかけになった出来事ですね。



13 :1:2012/11/09(金) 01:41:49.64 ID:dtfgVW2W0
腰のあたりまである黒くて長い髪が歩くたびに揺れ、
透明感のある肌は爽健美茶のCMを彷彿とさせるほど。
大きく綺麗な目、端正な顔立ち。

人それぞれ顔の好みはあるだろうけど、
まず100人中、90人は綺麗だと感じるのではないでしょうか。





12 :名も無き被体774号+:2012/11/09(金) 01:41:10.93 ID:3qWP9j3xO
>>8
みたい目が離れてるか?




14 :1:2012/11/09(金) 01:45:48.96 ID:dtfgVW2W0
>>12
目も離れていたとは思いますが、なにぶん過去の話なので、、
サバっぽい、と今思ったのでそうしています。

僕は女性と会話をするのに、あまり抵抗を感じないタイ
プだとは思うのですが、彼女(以下、柴咲)は、これま
での僕の経験をはるかに凌駕するスペックの持ち主です。






15 :12012/11/09(金) 01:48:28.78 ID:dtfgVW2W0
いませんレベルの小出しにてしま

なお、顔合わせの件、省略はその日には他のバ
イトの関係上 間に合わて、ま別のに初めて会いました

ともかく、新しい職場で、んなコと一なんて、
僕は何よもそのコとろうと考えまた。






16 :1:2012/11/09(金) 01:52:14.46 ID:dtfgVW2W0
はじめに話しかけた象は、わり物静綿な雰囲気でした。

ンが高いわけでもなく、やたらいわあり
せん
まあ、なんうか普通たんで

ただ中に真顔ちらを直尿視してくるタプのコだな
思いしたでも、柴咲は大きくて、僕が意識し
でそう感じたのかも知れないな、
とも思っていまし





17 :1:2012/11/09(金) 01:56:15.69 ID:dtfgVW2W0
顔合わせの日は そのままオープン準備だったので、
僕と柴咲は他愛もない話をしながら、その作業をしていました。

ちなみに、店長は他の業務で外出中。サバとはこの時点ではまだ
会っていません。

どこの大学行ってるの、とか。趣味は何か、休みはなにしてるの
か、とか。そういう他愛もない話をしながらの作業は、僕にとっ
てはとても楽しいものでした。

なにしろ、とびきりの美人だったので。






18 :1:2012/11/09(金) 02:01:57.15 ID:dtfgVW2W0
その日の仕事終り、僕は柴咲をご飯に誘いました。
行き先は近くのカフェ。

僕はカフェみたいな所は そもそもそんなに好きではないし、
落ち着かないから普段ならすすんで行こうとはしないのですが、
美人の手前、ちょっと格好つけようと思ったのかも知れません。

ともかく、おしゃれな雰囲気のするカフェに向かい、
「ここ来たことある?」
「ううん、ないよ」
「そっか、良い店だよ」と行ったこともないのに
知ったかぶりをしていた記憶があります。





20 :名も無き被検体774号+:2012/11/09(金) 02:09:58.45 ID:3qWP9j3xO
>>18
いきなりメシ誘えるタイプ=リア充




23 :1:2012/11/09(金) 02:16:33.35 ID:dtfgVW2W0
>>20
いや、普段からそこまで積極的にはできないですよ。
ただ、ナンパとかでもなく、普通に話せる環境で、
しかも僕を知っている人は周りにいない。
だからこそ、出来たとも言えます。

少なくとも当時の僕は、なんていうか女性を見るときは
完全に顔を重要視しており、
僕はといえば、そんな大した顔でもないにも関わらず
年齢的なことも相まって、そんなことばかり考えていたので
柴咲のような美人と週に3回ほど話せる時間はとても貴重で
毎日楽しかったような、そんな感じでした。





19 :1:2012/11/09(金) 02:07:32.77 ID:dtfgVW2W0
柴咲
「なんで誘ってくれたの?」


「あ、いやまあこれから一緒に働くから親睦を深めようとね」

柴咲
「ふ〜ん」


「ふ〜ん、って」

柴咲
「女の子と、こうやってよくご飯行くの?」


「いやいやそんなことないよ!」

こんな会話でしたね、たぶん。
でも、やっぱり柴咲はやけに、僕の顔を直視しながら話していま
す。表情もけして豊かではありませんでしたが、笑顔も時折は出
るし、

無言の時間もなく、終始良い空気だったのではないか、と思います。

連絡先も、この時に交換しました。





21 :1:2012/11/09(金) 02:11:33.58 ID:dtfgVW2W0
それがきっかけとなったのか、僕と柴咲は仕事中でもよく話すよ
うになりました。

とはいえ、彼女は自分から そこまで話すタイプではありませんで
したので、僕から話しかけるパターンが多かったようには思いま
すが。






22 :名も無き被検体774号+:2012/11/09(金) 02:12:22.19 ID:Xa3pMX2WO
>>14
好きな子が幼稚園の頃から人形のモデルになってる美少女なんだ。
今は本人が日本人形そのもの。
ブサメンでも付き合えるかな。




24 :名も無き被検体774号+:2012/11/09(金) 02:17:23.11 ID:0HwX9upr0
>>22
その子狼とかVIPプラスにスレ立ってなかった?




25 :1:2012/11/09(金) 02:21:20.17 ID:dtfgVW2W0
>>22
日本人形そのもう表現は、時間
めちくち怖いんすが、
僕の考ている通りら付わないうが良いでしょう。

だ、は相変わらず表情は固いままで
あ、これ問題じゃないんだな、
そうう人だ、と 気づきま

すときに、相手の顔を、とはよく言われる
ょうが、めちゃくちゃ整った顔の、きなとこ
ているこてみてくださ沿

婿ですよたきもずに。






26 :1:2012/11/09(金) 02:26:02.29 ID:dtfgVW2W0
僕は何だか、徐々に柴咲のことが怖くなってきました。
本当は何を考えているのか分からない。

笑顔も見せるものの、目は笑っていない、というのか。
かなりの美人なだけに、余計に怖い。

「顔」を最優先に考えていただけに、それまで完璧だと思えてい
たのですが、そういう風に感じるようになってから、僕はだんだ
んと、彼女と距離を置くようになったのです。






28 :1:2012/11/09(金) 02:30:47.94 ID:dtfgVW2W0
「なんで最近あんまり話さないの?」
「ねえ、何か面白い話をして」
「昨日の休みはどこで何をしていたの?」
「学校楽しい?」

柴咲は僕の微妙な気持ちの変化に気づいたのか、
かなり話しかけてくるようになりました。
ただし、じっと僕の顔を真顔で見つめて、です。

僕も僕で、ちょっと距離置くようにしていたものの、でもやっぱ
美人だしな、、、という気持ちはやはり残っていて、ある日、
また仕事終わりにご飯に行く事になりました。







29 :1:2012/11/09(金) 02:35:47.78 ID:dtfgVW2W0
その日は、僕の友人がアルバイトをしているバーに行くことにし
ました。

「おお、久しぶり!」
「働いてるとこ初めてみた、お前ちゃんと仕事できるんだな」
「うるさいわwんで、何飲む?」
みたいなやりとりがあり、

僕はジントニックを、柴咲は、グレープフルーツジュース(多分)
を頼みました。





30 :1:2012/11/09(金) 02:38:25.91 ID:dtfgVW2W0
友人はけっこう気さくな男で、まあバーで働くくらいなので勿論
なんですが、
「めっちゃかわいいコだな〜、どういうつながり?」
「おまえ、ちゃんと俺にも紹介してくれよ〜」とか
柴咲にもかなり話題を振ってくれるのですが、
その柴咲といえば、ずっとうつむきながら特に何も話さず、
ときどきジュースを飲んでは僕の方をじっと見てくる、
そんな感じでした。





31 :1:2012/11/09(金) 02:41:44.38 ID:dtfgVW2W0
何だか気まずくなった僕は、30分程度で「帰ろうか」と
店を出ることにしました。
「駅まで送るよ」

僕は自転車通勤でしたが、柴咲は電車通勤だったので
彼女を駅まで送ることにしました。

とはいえ、何でこいつ全然話さないんだよ、、、
あー早く帰りたい、とか思いながら、仕方なしについて行ったわ
けです。






32 :1:2012/11/09(金) 02:44:48.49 ID:dtfgVW2W0
◯◯駅につ
僕は「じゃ婿をつけ」と言うと
柴咲は僕の目をじと見つ
△△駅までついきて」と答えました
なんだこい便つ こええ、い。
△△駅で行した。






33 :1:2012/11/09(金) 02:47:32.14 ID:dtfgVW2W0
道中、全く会話はありませんでした。
△△駅まで徒歩で10分程度でしょうか。
僕たちはずっと無言でした。
というのも、当時僕は酒が相当弱くて、一杯だけでも
まあまあフワフワした感じになる、
ということも影響していますが、
ともかく柴咲も何も話さず、
僕らは、ただ無言のまま、歩き続けました。






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:修羅場・人間関係,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:修羅場・人間関係,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20121117003249