2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 
 

好きな人にフラれた話していい?






http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1362194773/


1 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 12:26:13.88 ID:qGuPMj5M0
まだ忘れられぬ。





2 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 12:27:03.40 ID:Djs49kB80
うん




3 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 12:29:01.73 ID:qGuPMj5M0
まぁ勝手に書くけどな。気持ちの整理云々ってやつだ。

俺は男子校出身で、大学生になったからには女友達の一人や二人作っ
てやろうと意気込んで大学に入ったのだ。

しかしまぁ行動力がないというかなんというか、一回生の時に折角入っ
たサークルには行かず仕舞い。

二回生になってから入ったサークルでは、男友達しかできず、このま
ま男子校と変わらぬ大学生活を終えるのかと悲観していた。





4 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 12:30:58.23 ID:qGuPMj5M0
そして三回生になり、新入生の勧誘とかする学年になった。

毎日新入生の勧誘に精を出す日々。しかし女の子に声をかける勇気な
ぞ無く、男しか仲良くなれない。

そんなある日、部長殿から、某SNSで、うちのサークルに入りたいと
いう女の子からメッセージが来てるという話を聞いたんだ。





5 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 12:34:14.68 ID:qGuPMj5M0

女の子というwordに飢えていた俺は、その子とのメッセージ役を俺に
やらせてくれと頼み、その子とメッセージのやり取りをするようになった。

どうもそもメッセージの日本語の辿々しいというか、正直こいつ池沼
かなんかか?と思ったりもした。

しかしその子に、また別のSNSを紹介される。
こっちで友達になりましょう、というわけだ。

それが今流行のFa◯ebookなわけだが、登録し、その子を検索した俺
は驚愕した。








8 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 12:45:56.61 ID:Djs49kB80
そいでどうした




9 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 12:50:46.87 ID:qGuPMj5M0
まず言葉が辿々しかった理由がわかった。
留学生だったからだ。vipとかで人気のあの国な。

そして何よりも一番驚いたのは、もうめちゃくちゃかわいかった。
ビビアン・スーと林志玲混ぜて2で割ったくらいかわいかった。
というわけで、これをサークルにいれなければ私に未来は無いと確信
した。





10 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 12:53:28.36 ID:qGuPMj5M0

そこから必死の勧誘活動の成果が実ったのか、彼女はサークルに入っ
てくれることになった。

実は、俺の大学は、外国人に人気の県にあるんだ。
観光地も多いので、その観光地を巡るサークルみたいなサークルなのね。

あまりイベントには来てくれなかったが、何故か最初にやり取りした
俺にはよくメッセージやskypeを送ってくれるようになり、かなり仲
良くなった。

そして意を決してデートに誘うことにしたのだよ。





11 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 12:56:13.91 ID:qGuPMj5M0
俺「映画見に行こう。デートして」
彼女 「いいですよ!」

二つ返事でおkだった。もうこの時点で、あ〜こりゃいけますわ〜wwww
と、当時童貞の俺はテンションうなぎのぼりであった。

後々気づくが、外人って二人でどっか出かけるとか、その辺あんま深
い意味ないのよね。





12 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 12:58:29.62 ID:qGuPMj5M0
そしてデート当日、なぜか集合時間に現れない彼女。焦る俺の携帯電話が鳴った。

「ごめんなさい。今日いけなくなりました」
「ファッ?」
「ごめんなさい。またね」

もうエベレストより高く舞い上がっていた俺の心は、マリアナ海溝よ
り深いところに沈んでしまった。

このまま電車のホームから飛び込んで死のうかと考えたね。





13 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 13:00:35.35 ID:qGuPMj5M0
放心状態で、携帯抱えたまま佇む、俺の肩を叩く人がいた。
振り返ると、そこには満面の笑みの彼女が来ていた。

「びっくりしたでしょ〜〜^^」

とても嬉しそうに、してやったり感満載でニコニコしてる彼女を見て、
俺はもう音を立てて恋に落ちたね。

我ながらきもいが、恋に落ちるとはこういうことかと一人で納得していた。





14 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 13:03:29.82 ID:qGuPMj5M0

そこから二人で買い物したりする普通のデートなのだが、如何せん女
友達というものが今まで一人もいなかった上に、初めてデートした相
手がめちゃくちゃかわいいんだから楽しくないわけがない。

すれ違う男が、彼女の顔見てるのがわかるし、完全にドヤ顔だった。
まぁどう見ても釣り合ってないカップルだと思われてたんだろうが。





15 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 13:03:47.13 ID:Pa5p1Ag4O
かわいいけど、ちょっとやだなwwwww




16 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 13:08:12.52 ID:qGuPMj5M0

そしてまぁなんだかんだデートを満喫した後、下宿先に帰り、マンショ
ンの前で少し話をしていた。

こりゃもう告白するしかないだろうと。

よく考えれば、一回目のデート→告白の流れがおかしいんだろうが、
童貞男子校の俺にそんなことはわからない。

俺「付き合って下さい><」

彼女「えっ、私のこと好きなんですか?付き合って欲しいんですか?」

俺「はい。それはもう大好きでやらせてもらってます」

彼女「少し考えさせて下さい。」







17 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 13:11:06.19 ID:qGuPMj5M0

いけるとしか思ってなかった俺は一瞬凍りついたが、ここで変な感じ
になるから後々気まずくなるに違いないと思った俺は何とかそれだけ
は回避しようとした。

俺「マジで?いや、これフラれるとは思ってなかったわwwww」

彼女「ごめんなさい・・・」

俺「緊張しすぎて口カラカラやないかい。まぁいいけど、これからも諦めんで?」

彼女「うん・・・」

みたいな。
とりあえず普通に会話できて、帰った後も電話したりして、気まずく
なるのだけは避けられそうだった。





18 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 13:13:33.60 ID:qGuPMj5M0

その後、保留してるのに、一体どういうつもりなのかわからんが、
彼女は前より一層遊びに誘ってくるようになった。

◯◯行きましょう!、一緒に御飯食べましょう!などなど。

俺は馬鹿なのかポジティブなのかわからんが、こりゃまだワンちゃん
あるでぇwっwと思い出した。

そんな勘違いした俺は、今まで通り大好きアピールをしつつ、一緒に
遊んでいた。

向こうも、別に否定する感じではなかったんだ。◯◯の馬鹿〜、みたいな。





19 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 13:15:25.25 ID:wkjRnvFK0
見てるよ 思う存分語れ!




20 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 13:17:07.49 ID:qGuPMj5M0

当時は冬だったのだが、学園祭も向こうから誘われ一緒に行き、初詣
も向こうから誘われ一緒に行き、そして1月半ばのことだった。

彼女「北海道行ってみたいな〜」
俺「新婚旅行ってことでおk?wwww」

彼女「馬鹿じゃない!笑」
俺「え〜、二人で行こう二人で、泊まりでな」

彼女「じゃあツアーとか見に行こうか。予約は◯◯(俺の名前)がやっ
   てくれるよね!」

俺「来ましたわーwwwww」

保留されてるのに、二人で色々遊ぶ意味わからないし、「旅行に行く
意味も全くわからないのだが、彼女と旅行に行けるというだけで俺は
そんな細かいことは気にならなくなっていた。





21 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 13:19:04.47 ID:qGuPMj5M0
少し本筋から外れるが、彼女はこの時期から何故か俺に対してヤキモ
チや束縛をするようになってきた。

保留しといて、ヤキモチやかれたり、束縛されたり、と完全に遊ばれ
ているのだが、俺はもう付き合ってるみたいな気分になっていた。

だから旅行に行こうと言われた時、もう一度告白しようと決意していた。





23 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 13:20:41.86 ID:qGuPMj5M0
そして二人で北海道へ行き、観光したりスキーしたり....非常に楽し
かったのだが....







何も無かった。
一応ゴムは持って行ったのだが、本当に何も無かったwwww

なんでやねんwwwwwと俺は帰りの飛行機の中で自分にツッコミを
いれざるをえなかった。





22 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 13:20:32.54 ID:FFo0VMjg0
韓国人?




24 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 13:25:27.75 ID:qGuPMj5M0
>>22
違うよ。

北海道へ一緒に行くと話していた友達からは、
非難轟々だったが、本当にそういう空気にならなかったんだから仕方ない。

それから一週間くらい経って俺の誕生日が来た。

彼女「誕生日おめでとう〜^^」
俺「ありがとう。何くれるの?」

彼女「何が欲しいんですか?」
俺「付き合って」

彼女「う〜ん」

何故付き合わぬ。
恋愛経験豊富な連中にはわかるのかもしれぬが、
俺にはさっぱりわからなかった。

付き合う気がないのに、何故しょちゅう遊びに誘ってくるのか、
何故向こうから腕を絡めたり、手を繋いできたりするのか、
理解不能であった。





26 :名も無き被検体774号+:2013/03/02(土) 13:29:50.30 ID:qGuPMj5M0
そしてバレンタインがやってくる。
この日も、何故か向こうから誘われ二人で遊んで、飲みに行っていた。
その帰り道。

彼女「はいこれ」

俺「チョコレートwwwこれはwwwwwwいやだから付きあおうよ
  wwwww」

彼女「私はいつか国に帰らないといけないし、貴方と付き合ってもい
   ずれ別れることになっちゃうもん。好きな人と別れるのは嫌なんです」

俺「ええやんw 帰るまででええやんwww」

とりあえずこの後は微妙に空気が重くなったまま彼女のマンションの
前まで無言で歩いていた。

そして別れ際、彼女は、動かないでね、と言いながら、俺にキスをし
てきた。







>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,
 
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20130303121240