2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

快楽漬けの宴




らく車で走ると、少し大き居酒屋に着しました

先を走って車から、性が人降りきて軽くご挨拶れ主人含め4人で内に入りまし

れた個室には既に人の男性がいらっゃいましたので私と性4人の計で一緒に飲とになりました。

横で手り緊張でいっぱいでした。


男性の方々は同年代、みなさん楽し優しく接していただを飲だこともあり次第に緊張もほぐれ、楽しい食事になりました

少しずつ皆さの色々な験談から下ネも花が、席替わりがら飲んだりしているとされたしましたが、それはそれで楽しい席でた。

それに時間も経ち、誰かが退そろそろ…」たので、お開きとなを立つになりました


奥さん、大丈夫?の声に、からの事に気が付き、一瞬でまし

主人や男られへ出、主えにられ方が、車を近くの車場へ移動しに

された私と男性達らく店の場で待ていました。

の間にか話たのか知れせんが、てい

くして主人が戻たの、みんなで1の1BOXカーに乗りした。



ばらく走っ郊外のホテルに着きまた。

すごく張しなが、みんなで部屋入りま

部屋は広く、みんなが座れるようなファーがあその左右にベッド が2つあり

屋に入って途コンニで買っビール乾杯し、談をていたら、誰かが「お風呂沸いたよ」声に、「奥さん、お風呂は言ったら?」と勧められ、主人とお風呂にた。


風呂はり、大きなジャグでした。

主人に「やっぱ?」と聞くと、「今更帰れ一言。

は返す言葉もなく言でいると、主人がスしてきました。

私は緊張と少しの怖さを紛らすよ主人とを重、身体任せた。

胸を揉まれ、れ必死に感じようとしていした


しばらして「お湯どうです声がしてまし

他の男性が立っていした

めで彼も一緒にお入り、「奥さんに綺麗ね」日はよろ願いしますね」などと言われ、人に勧められな寄せて来ました。


緊張のの男性手で初めて肩を抱か簿、腰や腿さすられ、首筋や肩にキスをされ、「今からこの人に抱れるんだぁ〜じている内に唇を奪わその手は私の胸を揉部をり始た。

部に手が掛かった時は、頭まで電気走るような衝撃をました

私は何ず彼の行受け止め第に声がした。

う主人以外の男性の愛お酒で火照は、浮いたような感覚中で主人の前にも関わらず感てしした




が付と、私の身体に触の数が増た。

その時主湿いなくていて、方がそばにいました。

が付いた、3人の男愛撫され、身体中をっている手何本もあるかのよそれ験したことの無い感覚でるで全身が開き産が全ったようじで、彼らの愛撫だけで何度も絶頂を迎えました



お風なり高揚した私は、彼らに支えれながらお風呂をてバスローブを掛けられ部した。

入れ替わりにった方がお風、私スローまとったままソファーへ座らせられました。

ールを出してもらい口にしホッすると一に入っていた彼らルを空け乾杯しま

彼らまとわず私の左右に腰を掛け



私がのやり場に困ながルをでいと、一後ろからきつ筋にスをてきました

クンとする私の手を取り、が自分のペニスをらせ、反対が胸を揉み乳首を舐めます

私はビールを片じて声がす。


にペニスらせている方が、主人に「奥さんごく敏感ですね。」「何度も感ゃって…」等お風呂での状況しま

は恥ずかしさと人への申ない気持ちっぱでしたが稿感じる自分を抑えきれず、彼に身を任せ、は初めてあった男性ペニスを握りめていました。

沿人はれはかった。こからは私も乱れていく妻を見て楽しませてもらいますで、好てあげてくだい」いな事を答

私の中で、「あ〜あのAVの様に今からなるんだ〜」「うなるのぉ〜」と思いなら期待で一感じていきました。


ーで彼らの愛撫を受け感ていると、も人の方がお風呂から戻ってきました

「もう始っていなペニスを私の

私は主外のペニスを、それもつい日ま嫌がていたのに、何の躊躇もなく口に含みまし

彼はっくり、そして深中でペニスを動かします

は苦しくなり手で彼のペニスを握り、彼の動きを止め、自彼のペニスを舐め口含みしりました

は「と聞いていのにしっかフェラしれと主人へ

主人多少仕込ん来ま」「日は皆さ姿でしっと仕込んさい」な言っています。

それみんなでちゃ」と言っ、私の口からペニスをき、私はソファーから降され彼はて座りまた。


の方も揃って座り、「ほら、みんのお口ごら「しっかげるら…

は目の前にいる方のペニスを手にす「違違う簿、手は使っちゃ駄目する沿した

私は身体膝の間に入れと頭を股埋めペニスを口に含みまた。

軽くうにペニスの奥へと導き、を引き戻そニスの重舌に感じす。

死に舌でペスをえ、た吸う様に口の奥稿

もっとを絡めて」「も強く吸いくようからの声が掛かります。

ペニは、段々とく大きなっていきます。

しっかと固く元気にニスかれ、隣の方へ…

は手も使って」「しかりしごきながら」「先方を舐めて」どとまた声が掛かます。

他の方の、「もっと吸って」「もっと舌を使って舐めて」…

代わわる彼らのペニス口に、色んを言われながら必死従います。

しばらくするとア疲れてしまい、、ちょっとキツくってたわ」と言て、り込んでしまました

じゃあ、度は元気にしてもったペニスでお返ししね」と言われ私は抱きかかえらてベドへばれました



ベッに運ばれた寝せ私は4人の男達にます

唇を奪われ験しとの激しいキを受け

両方の胸揉まれ簿首を弄れ、腰や背中をれ、の指から、太も…好き身体かされ、宿を舌指が襲って来

も舌も何十本もあるようにじます。

んと言ってか、全を愛撫され攻められているうで

もの性にあのAVの様攻められて実感、私の奥で望状況が度をます

けで、感ことない快感とが押し寄せます

して残れていた大ろに男性が触、ひと舐れました

の瞬間、私は全身に電が走ったような衝撃ぁ〜」ときな声を上げたました。

から、舌が動く度何度が走り、身体を大き仰け反らせ、大声を上げました

えようとしても体の反応と大きな声が止まりま

そして、私はあっく逝ってしまいまし


彼は身体を起し、「いね

彼がのでホッとしたのも他の方が私のにし、腰持ち尻を突き上げさせます。

え、なに?」と思った瞬間、後ろの穴に舌で突かれ、舐められました。

れて初めてアナ舌の愛撫を受けま

え、や、だめこ…」

身体をくねらせに逃げよすると両脇をられ、四つん這いにされ、あごを持ち上げられにペスを押しまれまし

ほら、こうするとけないだろ?」「いやだとせなだろ?」

頭をえられ、口いっぱいにニスを入れ後にゆっり動きお尻をれ舌で退ます。

両横からは乳房を揉殿まれ2人の舌がい回

の指が、膣のを弄りします。

私は出せない、うーん」と呻きながら、体をくねらせ、またも験したことのな快感を受け止めま


そして私中で、が大きく崩よう感じがしました…



。。す---。。。」

こうして身体を男性にきなように弄れること感じまし

それをハッキリと意識として感じ取りました


の瞬す。

主人以外のの男性が寿に進入しきまし

それは、私のひだを掻っくと入

あぁ〜」とった瞬間、れはいきなりの奥を貫

私は口に咥たものを振り払いぁ〜っと中を仰け反ら大きく一声げ、ッドに伏せてしまいた。

私は、瞬気をやってしまいました。


ベッに伏せ腰を突き、その中に固まりを感じす。

が少いまたが、私中にいっぱに入ってい宿るものはっかりかります

う…主とは違うペニスがしか迎えたのない私のに少隙間もなく、私の中をいっぱに広げて、確かにいます。

はゆっくり振り返り、私の中にいる彼の顔を見目がと、彼はニコリと笑みを浮べます

して、私の尻をしっかりと押さえ、私の中のひだを引きずながら彼はスをゆくりと抜めます。

「あぁ〜」力の無います。

入り稿くまで引き抜かれのペスはで一瞬止まりまし

してまた一気の中を奥で突かます

先までペニスが突きけたよう覚に、私は大声をり上げ、度はしっかり受け止めます

私を貫いたニス固く太く私の中を引っ掻きなら後退し、掻きけながら襲って来

の動きはり返され、背中を仰け反らせ、声を張上げ、首を振を振り乱としての悦びと主人とは違男に抱かれている感を女の奥底から感じす。

と、っと、私の中「女」が欲しがり

は、主人とハッう彼いモノをからで、必死に締て内壁全てで感じ取ろうとした。

そうすると彼の動きがハキリと分かます

て、に感じてす。


今まにない大汗をかき、身体ね上がるらいに合わせて仰けり、髪を振り乱し、私の中使反応、何度も絶頂を繰り返す、終ことはあません

の中何かが大きく膨ら、絶頂同時に弾けます。


次第にの吐息も大きくなり、今まで番強く私の奥間、引き抜かれ、は私のアゴを持ち上を口の中にたかと思、熱のどを突、口の中に広がりまし

うでは私の口の中に出したので

の中を打ち、何か飛び出し口の中の香りと何とも言えないロリ婿した感触を放ちます。

彼がペニスをくと、私は咳き込出された精液が押さえ手にび出します。

あのな記以来、主のさえも出されはない口中に

も、あの時ような怖くて嫌な思いはそこにはのひらでロリとを見、主人ではない男を受入れたしました。

それ拭き取とすと、「だめだよぉ〜ちゃんと飲まきゃぁ〜」と声…

えっ」っていと、の彼が私の足を開き、腰を寄せ私を貫きます。

、すい彼のオコを受け入れます。

私の中の女に悦びを感じ、それがや身体の反応となっ表に出てきます。

まで主人しか男を知らなかっ私が、それ以を受け入した

人の物先ほどの彼物とう、大きさも形も固さめられ方も…

が良いでなく、どれも感じます。

ちいいのです。


を何度も行き来しその度今まの私の殻がし、そして更にそれを幸せのごく感じて行き、昇て行きます。

もう感じるまです。

は、ハッリと自分が女として男の物に貫それに悦びを、昇女」なんだと言うことを知ります。

を知った私は只々便も深く、少しでも強く受けれよ

まる今まくて欲してたなかったを迎えるよに…

もうこには、恥じらいも照れもそして苦い過もなくだ男に抱かれ身体の中を貫かれ、れをぶ「としての」が私を支ました。

彼も同じように私の口にニスを突み、中で果てます。

今度も漏らないように、しっかり唇をすぼめ、彼ペニス握り、少しでも男の精を絞りうとしていました


今の彼のニスを咥えてるのに、3人目の彼が私のに入ってきます

衝撃に咥えていたペニスは口をされ精液がアゴに流れ出てきます。

私は口から流しながら、3人目の彼のペニスに乱れています。

「奥ん、いよぉ〜」う声、私に地良きでかあんでした。

い」と言われば、尚更感じてしまい、気持ちが高揚し

そしてようにギリギリまで私の中を暴れ回ったペニは、の中で果て、最後の4人目に貫かれます。

口の周りは精液でビシビショになり、舌口はらのの液でびしょ濡り、いやらし音をせながら、男を入れけます

最後は口の中で、顔液を掛けらました


私は果てたま動ず、熱くなった身体にぐるぐる頭の中…膣の中には、暴れ回った男達の感触を感じながだボーッと大の字でベッに横たわり、早い鼓動と必死に酸素を取込もうと肺が大き伸縮するのじられました

男達し声も、遠くで聞こ噪のよう身体が浮いていな、雲の上にもいるような…不思議な感でした。


そして、私はこの、これまく経験したこのな身体の変を体してしまいます

お相手してだい4人の方、逝てもも次々かれ、人だか知調らなた私は、こんなに長くけたことは貿なくれるとかもなく、感じ続け快感の中に居続けました。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, 性癖・プレイ, SM_調教,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様