2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

成都の武侯祠の武将像の画像をアップする






http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1418094260/


1 :名無しさん@おーぷん :2014/12/09(火)12:04:20 ID:HXU(主)
http://imgur.com/ZaUZJKQ.jpg
成都の武侯祠の武将像の画像をアップする_1

http://imgur.com/krBVHcI.jpg
成都の武侯祠の武将像の画像をアップする_3


劉備玄徳
言わずと知れた蜀漢国の初代皇帝(昭烈帝)
彼がいなければ三国志は無かった。

数ある英雄・実力者が戦乱に散っていく中、したたかにしぶとく生き残り最後には皇帝にまでなった男。

言わば敗戦のプロ。誰にも捕まえられない男。逃げても魅力を失わない、天運に愛された男。

むしろ売りから皇帝にまでなったのだから偉業と言うほか無い。

三国志演義では文弱の聖人君子にされているが、実はバリバリの前線指揮官。しかもかなり有能。

よく比較される劉邦とは違い、本人もかなり優秀で、夏侯惇ぐらいなら余裕で勝利。

さすがに曹操には勝てないが、正面からでは無理だと踏むと、タカ派の曹操に反感を抱く保守派を集めて勢力を築くという秀才でもある。

人物眼も確かで、草莽の中から関羽、張飛、趙雲、諸葛亮を見出し、そして馬謖が役に立たないのを見抜いていた。

自身の戦術的才能もさることながら、自分より秀でたものを認め、それに任せる度量をもち、尚且つ無能者も拒まないという懐の広さ。

曹操とは違ったタイプの君主としての才能を持っていたといえる。

利無ければ富も名誉もあっさりと捨てること、部下に多くを求めないこと、これが劉備の最大の魅力であり特徴だと思う。





2 :さん@おぷん2014/12/09(火)12:11:42 ID:uBJ
漫画とか小説とか

禅は飾られない
とかいてあるですか!?




4 :名無さん@ん :2014/12/09(火)12:20:26 ID:HXU(主)
>>2
ないよ〜でもりに洛帯いう成郊外街に、禅がれたいうのが残ってるw





3 :名無しさん@おーぷん :2014/12/09(火)12:19:28 ID:HXU(主)
http://imgur.com/CzYIG5T.jpg
成都の武侯祠の武将像の画像をアップする_7

http://imgur.com/qusdIKd.jpg
成都の武侯祠の武将像の画像をアップする_15


諸葛亮孔明
蜀漢国の丞相(首相みたいなもの)
彼がいなくても三国時代は無かった。

有能な行政官にして司法官。

兵法にも詳しかった。

劉備に配下になることを嘱望され、三度も劉備自らが彼の家に訪れた「三顧の礼」はあまりにも有名。

人を得て地を得なかった劉備に今後の現実的な展望を語り、蜀の地に攻め入ることを進言した。

蜀漢国成立後は国を良く治め、劉備の死後は彼の志を継ぎ何度も北伐を行い魏と戦った。

彼の業績の中で特筆すべきはやはり行政である。

蜀の地の開拓と開梱を行い、富国強兵に務め、司法を整備し規律のある国家を築き上げた。

蜀の1州で魏の12州と渡り合うだけの国力と士気を保ったのは半端なことではない。

逆に用兵に関しては理屈倒れのところがあるのは否めない。

三国志演義のイメージに反して、実際の諸葛亮は策謀を嫌い、堅実な兵法を好んだ。

その戦い方は場当たり的に正面に出てきた敵と正面から戦うのみであり、速度も遅く負けないようにという方針が目立った。

確かにそれは兵の層の薄い蜀にとっては絶対条件だったかもしれない(蜀はこの軍が大敗したら国防出来ないが、魏には一軍が敗れてもまだ兵がいる)

しかし、漢王朝を取り戻すために中央に奇襲をかけず、支配面を広げるだけの辺境へ出兵には、戦略的な正しさはあっても政略的な意図は感じられず、出師の表にあるような中央を恢復する正義を実行する気が本当にあったのか甚だ疑問である。

少なからず中央にいた魏朝に不満を持つ人間は彼の行動に失望しただろう。

更に、馬謖へ敗戦の責任の押し付けたことや、李厳への理不尽な更迭を見ても、本当の公平さというものを実行できていないという誹りは免れ得ないと思う。

しかしながら、私心なく劉備の意思を継いで実行したという点では忠臣ではあると思うし、小説ほどの軍師ではなかったにせよ、行政官、司法官としてはまれに見る優秀な人材であった。

蜀の独立に足る国力は全て彼れ一人の頭脳から生まれたのだから。









7 :名無しさん@おーぷん :2014/12/09(火)12:28:19 ID:uBJ
ほとんど架空の話ど まぁディズニーラドみたいなもんなのか




9 :名無しさん@おーぷん :2014/12/09(火)12:30:53 ID:HXU(主)
>>7
そうだね、あらすじや勝ち負けは史実だから変えられないけど、原因とか活躍した人とかが結構変えられてる。

創作の割合としては太閤記とどっこいどっこいじゃないかなw





8 :名無しさん@おーぷん :2014/12/09(火)12:29:32 ID:HXU(主)
http://imgur.com/08e151h.jpg
成都の武侯祠の武将像の画像をアップする_31

http://imgur.com/UwaYXKU.jpg
成都の武侯祠の武将像の画像をアップする_63

張飛翼徳(益徳)
ど迫力、怪力無双の暴れん坊にして劉備の義弟。

やることなすこと全てダイナミック。

酒を飲んでは派手に暴れ派手に失敗し、そして劉備に派手に謝る。

その勢いは大喝すれば敵兵がビックリして落馬するほど。

組織戦や特殊任務は不得手だが、その怪力と迫力を生かした突進力で敵をなぎ倒す。

性格的には上にへつらい下に厳しく、更に酒乱ときているので上司としては最悪。

とにかくやることなす事全て豪快。夏侯惇の親戚の幼女を誘拐レイプしてそのまま嫁にしてしまうという世紀末ぶり。

(そしてその嫁との間に生まれた娘が劉禅に嫁ぐというカオスっぷり)

長い間劉備陣営のトラブルメイカーとして活躍(?)していたが、蜀攻略戦で突然知将に変化。

厳顔を飴と鞭で籠絡し、漢中戦では張郃をおびき出して叩くという活躍ぶり。

どうした張飛、お前のキャラはそうじゃないだろと心配していたさなか、関羽の復讐戦を劉備に懇願してその出征前に酔って暴れて部下に寝首を掻かれるというオチもちゃんと付けてくれる。

良かった、最後までキャラはぶれてなかった。安心安心。






10 :名無しさん@おーぷん :2014/12/09(火)12:34:49 ID:YF6
面白い
蜀好きのおれにはもってこいのスレだな
1の考察も興味深いわ




15 : :2014/12/09(火)12:46:44 ID:HXU(主)
>>10
みに俺は魏ファンなんだけどねwww



11 :名無しさん@おーぷん :2014/12/09(火)12:35:12 ID:oPU
やっぱりだー!大哥!大哥!(≧∇≦)ノ
こういう武将像が祀られてる施設って結構多いの?



15 :名無しさんぷん :2014/12/09(火)12:46:44 ID:HXU(主)
>>11
あるけど、この都武侯祠が一番大きいうよ





12 :名無しさん@おーぷん :2014/12/09(火)12:44:59 ID:HXU(主)
http://imgur.com/yb6gIsF.jpg
成都の武侯祠の武将像の画像をアップする_127

趙雲子龍
三国志界の必殺仕事人。

地味で自己主張が薄く、目立ったことはあまりやらないが、与えられた仕事は確実にこなす。

特殊な任務遂行に長けていて、諸葛亮が劉備陣営に加わってからは彼の複雑な作戦を履行できる数少ない人材として重用された。

特に退却戦をやらせたら三国一と言っても過言ではないと思う。

勝ち戦での彼は優秀な将軍の粋を出なかったが、敗戦処理をさせると替えのきかない超一流の将軍になる。

追うほうが損をするような状況を、その場その場で組み立てるのであるからこれほど冷静で粘り強い将軍はそうはいないと思う。

武芸にも秀でており単騎で数万の曹操軍の中から阿斗(後の劉禅。劉備の子)を救い出した時は八面六臂の大活躍。

劉備をして子龍全身是胆(ユーアーオールホルモン)と言わしめた人材。

実は蜀最強との噂も。

実力の割に自己主張が少なく、その上他人の尻拭いのような敗戦処理を淡々と見事にこなすというその縁の下の力持ち具合が日本人に大人気。

ちなみに、ここ武侯祠では各武将は諸葛亮視点となっているので、趙雲は老将である。




13 :名無しさん@おーぷん :2014/12/09(火)12:46:19 ID:oPU
兄貴のスレを見てると中華料理食べたくなってくる。。





16 :名無しさ@おーぷん :2014/12/09(火)12:47:47 ID:HXU(主)
>>13
武将で中華料理食べたなるとはなかなかの豪傑よ。




14 :名無しさん@おーぷん :2014/12/09(火)12:46:33 ID:IFD
この人も白眉だったん?



16 :名しさん@おーぷん2014/12/09(火)12:47:47 ID:HXU(主)
>>14
老将から白くしけじゃ

ゲとみあ白くないこれは手抜きでしょw





18 :名無しさん@おーぷん :2014/12/09(火)12:49:34 ID:HXU(主)
http://imgur.com/lhW5zpH.jpg
成都の武侯祠の武将像の画像をアップする_255

黄忠漢升
熱血プッツンおじいちゃん。

いつも周りに年寄りとバカにされて「まだ老いぼれちゃいない」と発奮して戦う。

しかしそれは皆が黄忠を良いように使う為の方便だ!

騙されちゃだめだおじいちゃん!

突撃なんかしちゃだめだ、得意の弓で戦うんだ!

定軍山で夏侯淵の首取ったのはそりゃあすごいけど、あ、ほら、言わんこっちゃない。

夷陵にて老衰。いや戦死。

ていうか皆おじいちゃんをいいように扱いすぎ、特に諸葛亮、お前はダメだ。

KEIROU精神をもっと持とうYO!





19 :名無しさん@おーぷん :2014/12/09(火)12:52:52 ID:IFD
若い頃は何してたん?






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:写真・CG・アート  |  タグ:その他,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:写真・CG・アート  |  タグ:その他,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20141220111456