2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

仲間内でみんながみんな片思いしあってた思い出話






http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1364037285/


1 :名も無き被検体774号+:2013/03/23(土) 20:14:45.69 ID:8WsrSH1N0
ネカフェでハチクロを初めて読んで(今更w)、
自分の学生時代を思い出した。
少し昔を振り返りたくなったので、良ければ付き合ってくれw

スレ立て初めてやし、語るも初めてやから、見苦しいところあっても
多目に見てちょw

あと覚えてないとこは多少話を盛るんで、そこらへんもよろしく。





2 :名も無き被検体774号+:2013/03/23(土) 20:17:38.38 ID:iTwDEWfx0
聞くぞ




4 :名も無き被検体774号+:2013/03/23(土) 20:19:14.38 ID:8WsrSH1N0
私(以下、アキ)が雪と出会ったのは高2になりたての春。

クラス替えの直後で、教室の中はざわざわと浮き足立ってた。
そして私が初めて自分の席に着いた時、前に座っていた女の子が、
グルンッと体を反転して声をかけてきた。

「一年の時隣のクラスだったよね!?私のこと解る!?」
笑うと八重歯が覗く可愛らしい女の子。
見覚えはなかったw

馴れ馴れしいな…と思いながらも、気使い屋な私が「顔は見たことあ
るかも」と答えると、
その女の子はパァッと明るい笑顔になった。
「私、雪(ゆき)!○○雪!!」
よろしく!と言わんばかりに、意気揚々と自己紹介を始めた雪。

私は呆気にとられて、ただウンウン頷くだけだったw
最終的に「次の移動、一緒に行ってくれる?」と、
豆柴のような瞳で迫ってきて、「もちろん」と
答える押しに弱い私w 





5 :名も無き被検体774号+:2013/03/23(土) 20:22:51.13 ID:8WsrSH1N0
雪は小柄で華奢で色素が薄くて、女の子のテンプレみたいな子だった。
ほにゃーんとした笑顔から覗く八重歯が、雪をより魅力的に見せた。
事実、雪は男子から「可愛い」と人気があった。

でも雪は意外にも人見知りで、私以外の人間とは積極的に話そうとし
てなかった。だから大人しく見られがち、というか、実際真面目で物
静かな女の子だった。

なんで私にはあんなに積極的だったん?と聞くと、
「アキが優しいこと、私前から知ってたから!仲良くなりたかった!」
と返ってきた。

まぁその話は追々。





7 :名も検体774号+:2013/03/23(土) 20:27:34.72 ID:8WsrSH1N0
の子ら照的に、
私は目悪くヤンキーに見られがちjkだった。

人並校則破の、通ー女子高生なに!失礼な話だ。
分でうけどw、
私っキツイ姿た目とは裏、情に熱い気り屋さんなだw
そんを解ってくてる男が一人

中3らツルんで、夏(なつ)だ。
地元じで、中3同じクラスにな
ビックリする解け
々クラス祭り男で誰とでも仲良夏。

馴れい夏に合わせててたら、
んだ無性に気こと付いて、毎日がくなった。

私が背伸びすると身長追い越ゃいそうなくらい、男子
。声変わはしてど、リスみたいな頬袋を持ってる夏は、
いつまでも少しだけ幼く見え


そんな夏のことがずっときだっ
同じ高校通えてるのだて、私が好きなを追っかたか
白したったことは何度ったけ
夏には何度か彼女がいたし、気ずい関係にな何より番怖った

らずっと友達をして、夏と一番仲い女子を演てた
あまりの仲のさに何度噂になったけど
そのたに夏が気持ちいいく否定してた
噂にって内心んでる私は、その瞬間いつも胸めてんだ








8 :無き被検774号+:2013/03/23(土) 20:30:07.38 ID:8WsrSH1N0
話を戻す。

新しいクスに慣てきた頃と廊下をいていて、とバタリ
した
「お」って何なく声がら
ラッキーって内心ガッツポーズの私。
、夏の視線雪に止まってた。
んだかね、一瞬で解った
「あばいかも」って。

定夏は誰?しい友達?」って雪に西興味を示始めた。
「うん、雪。雪、こっちは同中の夏
淡々と説明したけはぶるぶと震えてた。
んな私る由もない夏は、目輝かせて夏にてた。
人懐っ夏の笑顔雪も笑顔で返してた





9 :名も無き被検体774号+:2013/03/23(土) 20:35:11.17 ID:8WsrSH1N0
こんなにひといないもんなんだねw
とりあえず書き溜めてた分投下してく(`・ω・´)

「あ、こいつハル!同じクラスの奴」
夏が後ろを振り返り、背の高い男の腕をつかんだ。

夏にしか目がいってなかったから、連れがいたなんて気付かなかった。
背がやけに高くて、手足も長くて、全体がヌボーっとした印象の男。
でも私はこの男をうっすら知っていた。

一年の時、この男を好きだと言う女の子と友達だったから。
そういやそんな名前だったっけ?程度の認識だったけどw

ハルと呼ばれる男は、私と夏をヌボーっと見て、小さくペコッと頭を
下げた。中身もヌボーっとしてんのか、って私が呆れ気味にハルを見
てるとき、それとは違う視線をハルに向けてる人間がいた事には気付
かなかった。

「どーもー」って当たり障りなくハルに返して、その日は夏達と別れた。





11 :名も無き被検体774号+:2013/03/23(土) 20:39:07.38 ID:8WsrSH1N0
それから雪のソワソワした振る舞いが始まった。

移動教室や休み時間、しきりにキョロキョロとする雪。
教室にいても、窓の向こうに何かを見つけた途端、
雪の意識はそちらに向かう。
そして毎日どこか楽しそう。
いよいよ本腰入れて「どうしたの?」って聞くと、
「…ハル君って、いいよね…」とはにかむ雪。
ややこしいことになった、と思った。


夏の気持ちを確認してはないけれど、
夏が雪を好意的な目で見ているのは気付いていた。
そして私はそんな夏が好き。
でも雪は、夏の隣のハルを見ている。
ややこしいことに気付いてしまった。

それからと言うもの、私は毎日溜め息ばかりついていた。





12 :名も無き被検体774号+:2013/03/23(土) 20:42:03.76 ID:8WsrSH1N0
そして、私の溜め息を更に重たくするメールが届いた。
「雪ちゃんって彼氏おんの?」
これで今までうっすら気付いた程度の夏の気持ちが、
確信に変わった。

よりによって私の親友を好きになるなんて、と夏に苛立ちさえ覚えた。

私はこんなに夏のことが好きなのに、私を通り越して雪を見つめるな
んて。

でも、しょうがない、と諦めるほかなかった。
それ程に雪という女の子は可愛かったから。
私には永久に越えられない壁だった。





15 :名も無き被検体774号+:2013/03/23(土) 20:48:28.55 ID:8WsrSH1N0
でも私は、雪の気持ちを知っていた。
雪はハルが好きなんだ。

夏を通り越して、ハルを熱い視線で見つめてる。
私の中の黒い感情が、言葉となって出た。
「雪、私応援するから、頑張ってハルを落としてね!」
ありがとうと喜ぶ雪。
雪を思って目を輝かせる夏。

私は二人の笑顔を思い浮かべながら、毎日どんより重たい気分を味わっ
ていた。





16 :名も無き被検体774号+:2013/03/23(土) 20:49:22.41 ID:8WsrSH1N0
新しい恋に目を輝かせる夏と雪は、しきりに四人で居たがった。
週の半分は四人でお弁当を食べ、休日には四人で外出。

心底楽しそうに青春を謳歌する二人に、私は作り笑顔しか返せなかった。





17 :名も無き被検体774号+:2013/03/23(土) 20:50:07.95 ID:8WsrSH1N0
夏休みになると、四人で海に行こうと夏が提案してきた。
夏からの電話に浮き足立っていた私は、一瞬で地面に叩きつけられた。
「雪ちゃんの水着たっのしみー!」と受話器の向こうでハシャぐ馬鹿野郎に
「はよシコって寝ろ」と言っちゃった事を、今でも私は悔やんでいる。

そしてその日は来た。
私と夏は地元が一緒だから、待ち合わせ場所まで二人きりだった。
嬉しかった。
まるでデートだと思った。
夏が私を家まで迎えに来て、笑顔で隣を歩いてくれる。
ハル達との待ち合わせなんて、なくなればいいのに。
でも無情にも、夏は雪の話ばかりしてるし、待ち合わせ場所にも着いてしまう。
自分のテンションが上下し過ぎて死ぬかと思っていた。





18 :名も無検体774号+:2013/03/23(土) 20:51:53.97 ID:8WsrSH1N0
ち合わ場所にいる雪はしかた。
今で覚えてる
白いンピーに負けない白

二つにくらてるい髪は、ヘアアイロで真っ
ぐな髪に
もが振り向く可愛い可愛い女の子が、そはいた。

それに比べて私んか生懸命落しつもりでも便
なんだかヤンキー臭さが抜けない。
むしろギャたいになっちゃたりて…

夏はんなテンン上がっちゃっ簿て、私にッソ打ち
してきた。
アキアキ、、夏中にんの彼氏になけぇ!

日差しがギラギラしてて暑いのに、視っ暗汗をかいた。







21 :名も無き被検体774号+:2013/03/23(土) 20:55:18.34 ID:8WsrSH1N0
電車の中でも、夏はお祭り騒ぎで、はケララ笑って
も、雪はちゃっかりハりのお菓子を持参したりて。
ーっとしてるハルも、なんだかしそうで

私一人だけは、早く帰りたいっての流れる景見てた姿
気使い屋だから、それ悟らないように頑張ちゃったけど

ざ海場所を確保して、あ露会
私も着着てけど誰も興味だろうかールした…

「アキも一うよってる雪無理やり脱がしたっよ…
おおおおおおお!!!と声上げちゃう子共。

りゃそうでしょう、清純系の雪が
ビキニ(下ヒラヒラスカート)なんだか
しかおっぱも普大きいし。





23 :名も無き被検体774号+:2013/03/23(土) 20:59:02.40 ID:8WsrSH1N0
こんな雪の後に脱げないわって、ずっとパーカー羽織ってたんだ。
そしたらいつの間にかハルが後ろにいて、
「アキは脱がんの?」ってヌボーっと聞いてきた。

「あー、どうしよっかなって」と適当に返す私に、
「脱げよ」ってセクハラ発言するハル。

渋々パーカー脱いだら、
「あぁ俺アキの水着の方が好き」ってハルに淡々と誉められた。
運良く雪には聞こえてなくて安心した。

パーカー脱いだのに気付いた夏が、
「おぉ!馬子にも衣装!」って言ってくれて嬉しかったなぁ。
「まぁな」とかしか言えなかったけど。





24 :名も無き被検体774号+:2013/03/23(土) 21:02:48.64 ID:8WsrSH1N0
そして、海の中ではしゃぐ三人を見ながら荷物番してた。
あの三人って三角関係なんだよなーとか思ったりしながら。
どんよりしながら砂いじってたら、影が私を覆って、
淡い期待を込めて見上げたら…ハルだった。
「喉渇いた」って言うから、二人でかき氷買いに行った。

ハルと二人きりなんて滅多にないけど、
まぁ別に気まずくもないし、淡々とかき氷買ったんだ。

そしたら
「夏、雪ちゃんと2人になりたいだろうから、気を利かした」
ってハルが言って、私は「へー」としか言えなかった。

「アキ、大丈夫?」
ハルが急にそんなこと聞くから、ギクって心が揺れた。

「なんで?なにが?w」ってとぼけてたら、
「元気ない時あるしさ」って言われて。

普段ヌボーっとしてるのに、そういうの気付くのかって感心したw
「暑いから疲れただけ!」みたいなこと言って誤魔化したけど。





26 :も無き被検体774号+:2013/03/23(土) 21:08:51.49 ID:8WsrSH1N0
して二人のとへ帰った少し複雑そうに見てた。

「ハル、雪の水着めてたよ!て耳打ちしたらして
喜んでた
罪悪感はあ雪とハには上手くてもらわなきゃ、
いた

雪と恋人同士になったってが私を好きになるかなんて解
いの

が暮れて、海岸沿いで花火をした。
が頑張ってハル二人きりになろとしてた。
からんで夏を引き受けた。
でも元気のない夏。

雪ちゃん俺のことどう思っんの
ってうなだれていた。

「雪は、ハ好きなんだよ」
黒い私がそう言いい衝動に駆られた
えなかった。

そんとしちゃ駄目夏が可哀想だ、傷つけたない
そう思ってしまう体何がしたいんだろ





27 :名も無き被検体774号+:2013/03/23(土) 21:11:51.58 ID:/yPY9aagO
なにこれめっちゃキュンキュンする…




28 :き被体774号+:2013/03/23(土) 21:12:35.98 ID:8WsrSH1N0
まぁ頑よ」って持ち言っち
「お張れよ!」って笑顔えられたりして
麗な持ち花火が麗とえなかった
情で、黒く広がる海つ音を聞ていた。





29 :名も無き被検体774号+:2013/03/23(土) 21:14:53.64 ID:8WsrSH1N0
花火大会にも行った。

この日も雪は女の子の実力を見せつけた。
白地の可愛らしい浴衣に、綺麗なうなじが見えるアップヘアー。
私は紺色のありきりたりな浴衣。
こうも違うものか、と一人で失笑した。

例によって、夏が雪を褒めたたえ、
ハルが私をちょろっとフォローした。

人混みの中、はぐれないように雪を気遣う夏。
花火が打ち上がり、見上げるハルの横顔を盗み見る雪。
何の行動も起こせない私。
一人一人、違う人を思い浮かべながら、色づく空を見上げていた。





30 :名も無き被検体774号+:2013/03/23(土) 21:18:39.99 ID:8WsrSH1N0
その帰り、夏が雪を家まで送り届けると意気込んでいたけど、
雪が断った。
おこぼれで私が夏に送ってもらう特権を手に入れたw
雪を思って反省会してる夏の隣で、ずっとドキドキしていた。
浴衣褒めてくれないかな。

また「馬子にも衣装だ」って言ってくれないかな。
私のこと見てくれないかな。

願いも虚しく、夏は雪の話だけをして、
「じゃ」と私に背を向けた。
落胆しながら背中を見送ってたら、夏が振り向いた。
「ちゃんと手当しろよー」
そう言って手を振って去っていった。

下駄の鼻緒で靴擦れしていた私を、気遣ってくれた。
最後に少し胸が高揚して、救われた気持ちになっていた。







>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20130324185838