2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 

おすすめ記事

別れた彼女が俺の資産状況を知って復縁を迫ってきた
 
性格が最悪の美人彼女に献身的に尽くして11年耐えてきたが今日別れる形で復讐を果たす
 
1000万円以上を間男に貢ぎ、ハメ撮りまでされたあげく、二股をかけられていた事が発覚した哀れな汚嫁
 
同僚に寝取られた嫁が調教にハマってしまっていた
 
元カノにばったり会ったら未亡人になっていた件
 
恋人に家からアノ声が。親族会議で文字通りボコボコに。
 
幼馴染でもある婚約者の秘密を知ってしまい、俺はある行動に出た
 
昨夜、同居中の義母とセ○クスしてしまった…
 
変わり果ててしまった妻
 
妹とSEXしてしまいました
 
嫁が中出しされ開脚ポーズしながら笑顔でVサインの写真が出てきた
 
たった1通の誤爆メールが今思えば終わりの始まりだった
 
軽い気持ちで他人に貸した彼女が凄まじい勢いで調教されていき、遠い存在になりつつある
 
中2から中3まで輪姦され続けた思い出を吐き出す
 
嫁が職場上司と浮気して調教されていたので、徹底的に追い詰めた
 
山でありえない体験をした話
 
婚約中の彼女の浮気。他の男とセ●ロスしている所をデジカメにおさめてから彼女が狂うまで
 
ゼミの合宿で好きだった子のセク●スを見てしまった
 
今週末、夫に会いにいきます。
 
バンド始めて人生変わった話
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

幼い頃に寝取られを経験してしまった









159 名前: 初めて彼女を他の男にやられてしまった中2の頃の話を。 : 02/07/10 17:03 ID:PcGhBblL
当時、学年でもかわいいと評判の由美と付き合っていた。
中2になりたての頃から付き合いだして、5月の中間テス
トの時期、部活がなくて生徒はすぐに帰ってしまううえ、
教師の見回りもない放課後に教室で初めてセックスした。


それ以来、校内の人気のないところで胸をもんだり
フェラで口内発射したり、手マンでいかせたりしてはいたが、
普段は教師の校内見回りがけっこう頻繁にあるので、
最後まではできずにいた。



160 名前: 159 : 02/07/10 17:04 ID:PcGhBblL
由美はとても明るい子で、いつも元気だった、というより、元気すぎ
るくらいだった。

背はあまり高くないがスタイルはよく、髪もつやつやしていて触り心
地がよかった。

普段は元気なくせに、体を触られると静かになってしまう。
見られるのはすごく恥ずかしがるくせに、本当は辱められるのが好き
だった。

7月になって期末テスト期間に入った。
またあの誰もいない放課後が来るのかと思うと、興奮が抑えられなかった。

頭の中は由美とやりまくることだけだった。
由美も「またえっちなこと、してね。」と言っていた。


でも、由美にエッチなことをしたのは他の男だった。



161 名前: 159 : 02/07/10 17:04 ID:PcGhBblL

テスト初日の放課後、担任に呼ばれて用事を片づけなければならなかった。

早く由美に会いたかったが、意外に時間がかかってしまった。
急いで由美の教室に向かおうかと思ったが、
もしかしたら自分の教室に来ているかもしれないと思い、
まずはそっちに戻った。


そこには由美はいなかった。
ただし、教室からは隣の校舎にある由美の教室が覗けるという構造に
なっていた。

由美は3組だったのだが、なぜかうちの学年は3組までが
旧校舎で、4組からは新校舎という構造になっていた。

旧校舎と新校舎は対面しているので、お互いの教室が見える。
由美の教室を見ると、なぜか一部だけカーテンがかかっていた。
何となく嫌な予感がして、カーテンの向こうが見えそうな
6組に移動した。

すぐ3組に向かっていれば良かったのに。

6組には誰もいなかったので、そのまま窓際に向かった。
目に入ってきたのは、勃起したチンコを両手でしごいてい
る由美だった。



162 名前: 159 : 02/07/10 17:05 ID:PcGhBblL
男は由美と同じクラスの武田という奴だった。
普段から由美にちょっかいを出し続けている奴だった。

気が動転して立ちつくしているうちに、
武田が由美の頭をつかんで、自分のをくわえさせた。
そのまま武田は腰を振りだした。由美は人形のようにされるがままだった。

武田が苦しそうな顔で上を向くと、腰の動きは止まった。
そのまましばらくして、由美から自分のそれを引き抜いた。
由美は武田の精子を吐き出さない。いつものように飲んだ
ようだった。

俺は、立ったまま射精していた。






163 名前: 159 : 02/07/10 17:05 ID:PcGhBblL
武田は由美を机の上に寝かせた。由美は抵抗しない。
キスもせず、胸ももまずにいきなりパンツを脱がした。
由美は まだ毛がほとんど生えていない。
武田は いきなりそこにむしゃぶりついていった。


由美は「ああっ!」と言っているような表情をしていたが、
声は聞こえない。今まで自分しか味わったことがない由美
のあそこを、他の男が必死で舐めている。

鼓動が激しくなってきて、頭がジンジンする感じがした。
何がどうなっているのか、どうしたらいいのかわからなく
て、ただ立って見ていた。

武田は入れようとしている。しかし、入らない。
由美の中に入ったことがあるのは、由美の親指より小さい
俺のチンコだけだからだ。

俺は自分のチンコが小さいことは知っていたが、由美はそ
んなこと知らないはずだった。

だから武田の勃起チンコを両手でしごいていたのだろうか。
自分の小ささを悲しく思っていたら、ついに由美は貫かれ
てしまった。



164 名前: 159 : 02/07/10 17:06 ID:PcGhBblL
由美の反応がいつもと違う。明らかに痛がっているようだっ
た。体がビクビクと反り返っている。

しかし武田はお構いなしで腰を振っていた。その動きは自分よりずっ
と大きい。

武田はどんどん速くなって、由美はだんだん動かなくなった。
そして武田も動かなくなって、二人はそのまま重なった。
俺は男として負けたと思った。

それでもチンコは痛いほど勃起していて、しごくとすぐに
射精してしまった。もうどうしようもなく負けたと思った。

武田は由美から引き抜くと、口元にチンコを持っていった。
由美はくわえずに、ちょっとずつ舐めていた。
そのうち武田は由美から離れ、そのまま帰っていったようだった。

由美も教室から出たが、帰り道具は持っていなかったので
トイレに行ったようだった。



165 名前: 159 : 02/07/10 17:07 ID:PcGhBblL
本当に迷ったが、3組に行くことにした。
カーテンは開いていて、由美はいなかった。
急いで下駄箱に行ってみると、走り書きのようなメモがあった。

「ごめん 今日は帰るね」

とだけ書かれていた。ちょっと泣きたい気持ちになって、
俺は家に帰った。

由美はその後武田と付き合うが、すぐに別れてしまった。
ちなみに俺のチンポは、あれから無事に育ち、

成人式後の同窓会で、由美にリベンジを果たしてくれた。
ありがとうマイサン。



166 名前: @ : 02/07/10 17:48 ID:v4hX/Ank
>159
勃起しますた



167 名前:   : 02/07/10 18:25 ID:2n/9HgSY
>>159
俺もなんだか泣きたくなりますた。



170 名前: おお : 02/07/10 20:15 ID:x1HzX5sj
>>159
短い話で軽い内容かと思えば
オレも結び文句には感動しますた。

寝取られの快感と、リベンジ達成の快感〜



198 名前:   : 02/07/11 18:41 ID:ilubwiU5
>>159
何故由美はやっちゃったんだろうね。
その辺の理由が知りたかった。押しに負けただけか・・・





174 名前: 159 投稿日: 02/07/11 01:57 ID:CTnAX0R+
「彼女」というくくりでなければ、初めて「寝取られ」たのは
小学1年生の時だった。

当時、京子という小6の従姉妹と一緒に住んでいたのだが、
この姉のような京子のことが好きで好きでしょうがなかった。
京子はとんでもなく早熟で、オナニーの手伝いをさせられたり、
体を隅から隅まで観察されたりいじくられたりしていた。

こちらの体をいじられるのは、毎日一緒に入っていたお風呂の時間だった。

チンコの皮を剥かれたり、そのままリンスをつけていじられたり、
洗った後にフェラされたり、尻に指を入れられたりした。
幼稚園からオナニーしていたせいで「イク」ことは覚えていたけれど、
射精までしていたかどうかははっきり覚えていない。
ただ、リンスを付けずに皮を剥かれていじられるとチンコが痛かったのと、

アナルはあまり好きではなかったことはよく覚えている。
好きだったのはフェラで、暖かくて気持ちいいだけでなく、
何より大好きな姉の口の中にチンコがあることを嬉しく感じていた。





175 名前: 159 投稿日: 02/07/11 01:59 ID:CTnAX0R+
あまり長い時間風呂に入っているわけにもいかないから、
風呂場ではこちらが一方的にいじられるだけだった。
最後にキスしてくれる京子が好きだった。

京子の体をいじるのは、家に2人きりの時だった。
最初の頃は布団の中でおっぱいを延々と舐めさせられたり、
キスしながらクリを指でこすらされたりしている程度だったが、
段々とエスカレートして、マンコや肛門を舐めさせられたり、
指を入れてGスポットをいじらされたりした。





176 名前: 159 投稿日: 02/07/11 01:59 ID:CTnAX0R+
アソコを舐めるのは汚い気がして嫌だったのだが、

「もう口きいてあげないよ」
「おっぱいもさわらせてあげないよ」
「あんたの好きな、おちんちんぱくぱくしてあげないよ」
「お母さんに言いつけてやるから」

などと言われると、嫌われるのが怖くなり、我慢して舐めていた。
京子は自分がイクまで舐めるのをやめさせてくれない。
10分でも20分でも、体がビクビクして「アッ…」と言うまで舐めさ
せる。
イッた後の京子はとても優しく、気持ちよさそうに笑って、
「お姉ちゃんと結婚するんだよねー。」と言ってキスしてくれた。
最初はその言葉とキスのためだけに舐めていたが、
そのうちアソコの匂いに慣れてしまい、興奮するようになってしまった。






177 名前: 159 投稿日: 02/07/11 02:00 ID:CTnAX0R+
夏は薄着なのでいくらでもエッチなことをする方法はあったが、
冬は厚着なのでそうはいかない。そこで冬はコタツを使う。
頭を突っ込むと、コタツの中の京子はパンツをはいていない。
赤い光に染まったアソコや肛門をエンピツや指でいじらされた。
ウォシュレットがなかった当時は、肛門にちり紙のカスがついていたり
して、
「お姉ちゃんのお尻にもちり紙がつくんだ…」などと思って興奮し、
こっちも床にチンコをこすりつけてオナニーしていた。

そんな冬のある日、外で遊んで帰ってくると、京子の他に靴があった。
男の靴だったので、「男子のともだち…?」と思って、
何となく足音を殺して京子の部屋の前に行ってみた。
中から聞こえるのは、いつも聞いてる京子の押し殺した声だった。





178 名前: 159 投稿日: 02/07/11 02:00 ID:CTnAX0R+
まだ子供の自分でも、中で何が起きているのかはわかっていた。
いつも自分がやっていることを、今日は知らない男がやっているのだ。
静かにノブを回して、中を見た。
中には、京子の3つ上の男で、近所でも有名な不良がいた。
不良は京子を後ろから抱いて、右手でアソコをぐちゃぐちゃといじって
いた。
思わず「あっ!」と息を呑むような声を漏らしてしまうと、意外なほど
不良は慌てた。
京子も一瞬慌てたが、すぐにニコッと笑うと、「おいで」と言った。

中に入ると、「洗ってらっしゃい」と京子は言った。
ふらふらと風呂場に向かい、汚いところだけを石鹸で洗った。
洗っている間、姉が何をされているのかばかり気になって、
チンコはひたすら固く、頭はぐるぐる回りっぱなしだった。





179 名前: 159 投稿日: 02/07/11 02:01 ID:CTnAX0R+
部屋に戻ると、姉はこちらに尻を向け、不良のチンコをくわえていた。
気持ちよさそうな不良の顔を見て、自分だけのお姉ちゃんが
あんな不良に自分だけにしてくれていたフェラをしているのを見て、
頭が割れるほどショックだった。

不良は、「あ…う…お…」と、声にならない声を上げていたが、

「おまえ…いつもうめぇな…」

と言った。姉がフェラしていたのは、自分だけではなかったのだ。





180 名前: 159 投稿日: 02/07/11 02:01 ID:CTnAX0R+
裏切られた思いがして、涙が出てきた。
「おい…なんか泣いてるぞ…」と不良が言った。
「んん?」と、四つん這いでチンコをくわえたままの京子が言った。
「あらあらあら」と言って、尻だけ不良に向けて、京子はこっちに寄っ
てきた。
「どうしたの?」と聞かれたが、「お姉ちゃんが…他の人と…」と言う
のが精一杯だった。
「うーん。」と言った京子が、「じゃあ、初めてはあんたにあげようね。
」と言うと、
「何だよそれ!」と不良が大声を出した。驚いた自分は、怖くなって固
まってしまった。

「そんなの、許さねえぞ!」と言うと、不良は京子に襲いかかった。
四つん這いの京子の腰をつかむと、一気に腰を押しつけた。
抵抗する間もなく、京子は不良に貫かれてしまった。






>>次のページへ続く

 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ,
 


 
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

人気記事(7days)

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様

 
20130505093941