2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

ネトゲで知り合った女の子とつきあったが、ある日 衝撃的な秘密を知った







209 :えな21禁さん:2005/09/20(火) 05:09:05 ID:kh7XlUwq0
直言ってスレの内容にそぐわないかもしけど、
のス俺の気持
合ってと思のでここにかせください
っと長くな思うのでネう人や不な人はしてくだ

ちょうど5年前、19歳で職したて
UOっていうトゲハマった

代制勤務だたこともあり校時代間が合わず、
ほとんど会うこったせいって、
もう貿ときと寝てるとき以外、飯も食いながら
ずっとこのゲームをやってるていうぐらようにやった。

で、のゲームの中
(ゲームのの名前)ってい人と意、プレイヤ
女の人ことがわか
て家電車で1時間ぐらい)に住んでることがわかた。

で、ゲ内で合ってか
年後ぐ人でプチOFF会をうといになり、
ちょうど駅で会うこ





210 :えっちな21禁さん:2005/09/20(火) 05:11:29 ID:kh7XlUwq0
彼女どころか、親しい女友達も出来たことがなかった俺は
もうドキドキしながら電車に乗ったことを今でも覚えてる。
でも、会ってみて、致命的なことがわかってしまってガックリしてしまった。

と、いうのも俺は背が低く155cmほどで体重も42kgほどしかない小男なんだけど、
そのサヤさんは170cmぐらいありそうな人だった(後で聞いたら168cmと言ってたけど)

その身長に負けず劣らず、美人でスタイルもよく、
ゲームなんてしてるようなタイプに見えなかった
(今の芸能人に例えると佐藤英理子?サトエリとか言われてる人に似てる感じ)。

これでゲーム内までも気まずくなったらどうしよう、
と自虐的になってたんだけど、サヤさんは楽しげに話してくれて、
その日はファミレスでゲームの話で盛り上がったり、
ゲーセンでプリクラ撮ったりして、始終、楽しそうにしてくれてた。

で、帰ってきてから、またゲーム内で会ってしゃべってるうちに
サヤさんは俺が予想だにしなかったことを言い出した。





211 :えっちな21禁さん:2005/09/20(火) 05:19:40 ID:kh7XlUwq0
「アル君(ゲームでの俺の名前)、いま彼女居るの?」
とか

「年上嫌い?(サヤさんは俺より7つ上の26歳だった)」
とか思わせぶりなことを言い始めた。

俺は、ドキドキしながら、彼女なんていません、
年上の女の人でも全然平気です、
みたいな感じで返事していった。

そしたら、いきなり
「もし、アル君が良ければだけどリアルでお付き合いしてくれませんか?」
と言われ、もうびっくりだった。

正直言ってこんな旨い話があるのか?と疑ったりしてみたけど、
ゲーム内ではもう半年以上も 知り合いで
まさか騙すのにそこまで時間かけないよな、
とかいろいろ頭の中でぐるぐるまわってた。
けど、答えなんて当然ながら決まっていて「俺で良ければ」と承諾した。

もう浮かれまくりで次の日、仕事休んで一日中、ゲーム内でしゃべってた。





212 :えっちな21禁さん:2005/09/20(火) 05:29:20 ID:kh7XlUwq0
で、だいたい一週間に1回、俺の休みに合わせて
リアルで会った(ゲーム内では毎日しゃべってたけど)。

まあ、ご他聞に漏れず、服装とかファッションとか
気を使ったこともなかった俺は、サヤさんに連れられて
洋服屋とか、メガネ屋でコンタクト作らされたりとか、
美容院とかいろいろ回らされた。

当然ながらHなことには興味津々だったけど、
童貞だし女慣れしてなかったせいもあって
どう切り出していいか、さっぱりわからず、
んで、Hなことを言い出したらフラれるかもって怖さがあった。

けど、4回目のデートの帰り際に「キスしたことある?」とか聞いてきて
「ないです」って言ったら
「じゃあ、ファーストキス奪っちゃっていい?」とか言って、
そのまま俺の返事も聞かずにキスしてきた。
もう俺はパニック状態でなすがままだった。

彼女は口を離すと「明日、仕事休める?」って聞いてきて、
当然ながら俺の返事はYES。
そのままラブホテルに行くことになった。






213 :えっちな21禁さん2005/09/20(火) 05:40:10 ID:kh7XlUwq0
ラブルに入るに受付のおばちゃに笑われたり
たぶん身差のせい)したのが
ちょっ恥ずしかったけどなん屋に入った

「お湯を入れてきますとかずったで言ったんだけどサヤ
さんベッドに座ってあとでわがやるからいいよ、こっちにお
いで」とか言った。俺が近づくと、いきなり腕引っ張られてサヤさん
間の間に中を向けてらさ、後ろから抱きすく

かわいいね」とか言てそま、耳に舌を入れられたり顔を
められりしつつ、股間を弄られた。

う、俺はどうしかさっりわかず、なすまになってた。
野郎が、んな状況に耐えずはずもなく、そのま
手コキでいかされしま

俺はすごい気まずかったんだけど、彼女は笑て「お風呂いこっか」
言っのま連れていかれ寿出たあと彼
俺の息ドームつけくれた。





214 :えっちな21禁さん:2005/09/20(火) 05:43:03 ID:kh7XlUwq0
「わたし、コンドームなしだとHできないの、なんか濡れなくてね。
子供で来たら怖いし」とか言ってた。

俺も「傷つくのは女の人だからコンドームはつけたほうが俺もいいと
思います」とか

嫌われたら困るって意識ばっかりで話し合わせてた。

(あとで彼女がコンドームにこだわった意味を知って愕然とするんだ
けど)。

で、コンドームつけたあとは騎乗位であっというまに俺は撃沈。
もう恥ずかしくてどうにでもしてくれって感じだった。

イった後、彼女はコンドームをはずしてくれて、
そのまま「綺麗にしようか」と言ってフェラをしてくれた。

そのまま、俺の息子はまた大きくなってしまって、
サヤさんは笑ってフェラを続けてくれて、
俺がイクからティッシュをとか言ったら、
「そのまま出していいよ、精液飲むの嫌いじゃないから」とか
言って、そのままクチでイかされた。

家に帰ったあとも夢見心地で何度も思い出して抜いたりしてた。
仕事も休みがちになって、ずっとゲームしてたのを覚えてる。





215 :えっな21禁さん2005/09/20(火) 05:51:30 ID:kh7XlUwq0
後も会うたにHしど、
基本的にH内容は最初ときとあまり変わらず
Hは彼女が完全リードし、
手でカされること

入するときがコンドームをつけてくれて、騎乗位(絶対
に騎乗位だでH。

がサヤさの胸を触ったりするのは全然平だったけど、
コをが触、あまり喜ば
(嫌がるわけじゃなけど、すぐに自分がリードし)。

一回だけクンニうとしたけどり本気で嫌がられたのですぐに止
まあ、違感があったといっても当時
女はサさんしか知らな使たので、そういうものだってたし、
何より、手コキやフェラはすごく、すぐにイされてしってた。

回ホテルに行くとたいてい3回〜4回ぐらイカされ
は一晩で7回。俺若かった)





216 :えっち21禁さん:2005/09/20(火) 06:04:04 ID:kh7XlUwq0
湿だんだんHが変な進んでいき、
れたり目隠、それをジカメで撮られたりた。

すがジカメをサヤさんが持てきたときはまさか稿自分撮る
もりだは思わず、ちょとこなとどうするの?
か聞いた。

だって、君がかいいだもん。」とか言っ
結局はぐされ寿たりけど

で、そんなのが月ぐら続い、サさんがらく居ない
から、とて家呼んでれるとになった

ヤさの家では、サヤもの様子と違っていて、
少し

どうした」とけど「なんでもない」と返事をて、
すぐに居のほうへ連れてくれた。沿

ヤさんは、最初ときと同後ろかを抱きすくめと、
時ものよに俺を自分ひざの上に座らせて
ろからコキをはじめた

このときサヤさ、耳殿を入れながら「めんと小さな
ながら、時もより激コキにすぐイかれてしまった





217 :ちな21禁ん:2005/09/20(火) 06:13:27 ID:kh7XlUwq0
サヤさんは、ッてぐしたを抱えて子に座らされた
(恥ずかしながが男に抱みたいに抱えらることも多か)

サヤさんは俺の手と足に縛って、フェをはじ

もの俺はを任せるままにってたけど
んなとき信じらいも姿んできた。
全裸の若い男が屋に入ってきたのだ

パニックになってれた身を捩らせがら、
「サ!誰か来た誰か!」と連呼した。
さんは俺の言葉に全、一心不にフェラを続けてい
ずっと見近づいてきた。

男はイもよく、身もおそらく80超え感じで顔もかなり美った。
はもう半狂乱状態サヤさん、誰か来!誰!誰!男の人い人!
か意なこを叫たりしてたと





218 :えっちな21禁さん:2005/09/20(火) 06:20:43 ID:kh7XlUwq0
サヤさんはフェ離す
「ごめんね、ル君ごめんね」と繰り返ながら、
の股間くのままんば状態でお上げ

男は、その間っと俺を見たまま、近づいた。そし
んね、アル君後で説明するからって、
たモ(体どおりでかった)
サヤのアソら思り貫た。

の瞬間
アァアアアァアアアアアア」とサヤさん
俺が聞こともないよきな嬌声を上
男はじっとを見たま、腰サヤんにきつけてた。

しばし、呆とした俺だ
「ちょっとどういうこすかってなん」っ
でた
、変な話けど男はコンドームをつないま、
サヤさんを貫いて、俺は必死

「ちょとサヤさんはコンドームつけないとダメなですよ!なにしてるんですか!」
ってた。

今、考えるとかが動転してただとう。





219 :えっちな21禁さん:2005/09/20(火) 06:28:53 ID:kh7XlUwq0
男はその間もじっと俺を見たまま、無言でサヤさんに腰を打ち付けてた。
サヤさんは、もう髪を振り乱して、口元から涎まで垂れるぐらい、
よがってた。アソコのほうも白っぽい愛液がどばっと太もものところ
に流れるぐらい濡れてたのが見えた。

サヤさんは、俺とHするときはたいてい騎乗位で「うっ」とか「あっ」
とか小さな声を上げるものの ほとんど感じてる様子はなく、ただ俺が
気持ち良さそうなのを見てるって感じだったので俺が見たことのない、
サヤさんを見て、もう俺はなんとも言えない感情で潰れそうだった。

顔も真っ赤になってたと思うし、完全に涙声にもなってた。サヤさんは、
俺のことなんかもう忘れてるような感じで、ひたすら喘ぎ、腰を振って
歓んでる様子だった。

「付き合ってって言ったの誰?」とか
「俺のことかわいいって言ったのはなんだったの?」とか
いろんなことを考えてたと思う。

そういう心とは裏腹に俺の息子は、思いっきり勃起してたけど、
男がずっと俺のほうを見てるのと、
だんだんと情けなくなってきて、萎えはじめてきてた。





220 :えっちな21禁さん:2005/09/20(火) 06:34:19 ID:kh7XlUwq0
そのとき、サヤさんが急に顔を上げて「ダメっ!」とかって叫んだ。
急にこっちを見たので俺も何があったのかわからず、呆然としてると、
サヤさんは急に俺の息子を手コキしはじめた。

男はずっとこっちを見ながら腰を振ってたけど、だんだん顔が苦しそ
うになってきて腰の動きも弱くなってきた。

サヤさんは、「ダメダメ」と呟きながら俺の息子の手コキをはじめた。
そして、そのまま男の腰を手で自分の腰に抑え付けたまま、
上半身を起こして俺に抱きつき、手コキをしながら俺の耳をしゃぶりだしながら
「ねぇねぇココ大きくして、ねぇ、何時もみたいに大きくして、もっともっと」と
狂ったように呟き始めた。

俺はさっぱり状況がわからず、サヤさんの為すがままになってた。





221 :えっちな21禁さん:2005/09/20(火) 06:41:43 ID:kh7XlUwq0
サヤさんは、アソコを男に貫かれたまま、俺に抱きつき、
激しい手コキをしつつ、俺の体中を嘗め回した。

大きな胸を俺の顔に押し付け、自分の乳首を俺の口に含ませたり、
キスしたかと思うとすごい勢いで歯茎の裏まで嘗め回すかのような
ディープキスをしてきた。

何時もにまして激しい攻めと、男に貫かれながら俺にそんな行為をし
ているサヤさんに激しく興奮してきた俺は、また息子を勃起させていた。


何故か、男の腰の動きも速さを取り戻してきて、パンパンと乾いた
音を響かせてた。そうした異常な状況と激しいサヤさんの攻めの前に
俺もさすがにイキそうになっていた。

イキそうになってるのをサヤさんが気づいたらしく、サヤさんは慌て
て俺の息子を強く掴んで「まだイカないで!もうちょっと、もうちょっ
とだから!お願いアル君!」と叫んだ。





223 :えっちな21禁さん:2005/09/20(火) 06:48:17 ID:kh7XlUwq0
で「そろそろ・・と呟した

サヤさんそれ聞く俺を舐りながら、
「奥、奥出して!お願い!んだ

この言葉に俺はそ までの興奮が婿気に
獄にとされた気分だた。

分とHするときンドームこだて「中田氏んてきも
とかまってた人のに、生で貫かれてる上に男に
田氏をねだってる

もう俺は感極まってしまい、声も出まま、下を向いて涙をぽろぽ流した。
サヤんは、そんな俺を見てアル君。ごめんねと言いながら、
俺の涙を舐めり、めんらさらに俺を激しくめたて
俺は小声で「やめくだよ」と呟いてたとう。






224 :えっちな21禁さ2005/09/20(火) 06:55:46 ID:kh7XlUwq0
がそろそろ感極まったの動が激しくり、
「うをあげて震えた。

サヤは、「膣内に出た?出た呟きな、男の射精に
せるかうに男の腰を自分へと押し付け、奥へ奥と精を導
としじだっ

男はすっと腰を引きからモノ抜くと俺の見たま、
ソフーへ座り込んだ。

ヤさんは、男が抜くときに「あ、だもちょっ・・・」と呟いて
残惜しそうにしてたけど、男が抜いたあとは、そのま手自分
股間に当ててアソコ婿抑えた。

男は、脱したうな感じではじて俺のほうら目を逸らして、
サヤさんのほう見てアル君をなん退てあげないと」


ヤさんは、頷た紐外して、俺背中ら抱きかかえ

完全にてサさんに寄りていたもの子だ
さきどまでのヤさんの激しい愛と目の前常な景に
より、勃起したままだった





225 :えちな21禁さん:2005/09/20(火) 07:02:08 ID:kh7XlUwq0
ヤさん、俺の後ろに状態でソファに深り、俺も自分
の股の間に座らせ、その長い脚を俺のに絡て、俺股を
男のうへって開の息子の手コキを開した

俺は「もう簿す、やてください」と言て立上がうとしたが
女の脚が絡んでそをさせた。

「も、いったい何したいん」と力なく呟い
彼女にもれかたちで身任せてしまった。

彼女 さきほどまでと同じく俺の耳を舐りつつ元でめん
繰り返てた。は何がめんなんだ、とフテくさうど
うでいや、と身をてた

ながきほでビた息子だんだんえて
てた。

にサヤは、思いがけないとをしきた。






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:異常シチュ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:異常シチュ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140325071721