2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

戦い




5歳、妻 美鈴、結婚目をた夫婦です。

私は、一昨年より方の支に単任をしています新幹線を利用るので余程の事が無い週末には帰っ

も仕事を持っているのです、やはり・日曜休ので、月に一度掃除を兼ねて 赴先へ来てれてました。

娘は遠く離れたの大学に行っているで 1人暮らしをしていて1つ年息子も昨年の春より大学殿生と1人暮らしを始めした。


私に妄想癖が有り、った事も無い妻の会社の社長や上司、同など浮気て、私知らない妻が乱れる姿像しては1人奮してた事もあた。

しかし、誠実で、身持ちの固に限って 現実起こるは考られず、また実に起こてしまっては興奮するどころか 耐えられないと分かっていたので、あくまでも妄だけのはずでた。


昨年の1から2月に掛け、妻に不振な事がありました不振な事と言ても普通ならでも無です。

かし、また私妄想まり、赴任先な夜を埋めために記の式で風にきながら、妻に対す心を楽んでたの、それは妄想では無くなの戦いが西始まりました。

の日記を元した物です。

--------------------

2日土)

妻の様子がなので、今日かコンで日記をける事ました。

る土曜、日曜いの 後日まとめく事にしこれ24に書ていま


朝、妻一の幹線でてくれて、掃除や溜また洗片付けてくれました。

つも月初めなで、今月はくれなります。

私達月に、妻が先に来てれた時にスをしていました


夜、妻に迫ると、

生理が来たから駄目な。ごさい


今月初めに来た時は、急にが痛くなった言っ駄目で、は生駄目

帰っは、隣部屋の供が気から言って出来

どうして生理になるのが分っていて今日来た?

年になってまだ1回もしてない。」


「ごめんなさ

は、勤め先の仲間辞めたので、曜日に気の合う者だけで送別会をする

もうな歳でもないし 我慢出でしょ?」


性欲も有りまが、 妻を抱いていると何言えない心感有りは単身任をして一層強ったような気がします。姿

--------------------

2月23日日)

昨夜、文過ぎたので、妻は怒って早くに帰ってしまいました。




過ぎたかと思いますがセックスが出来なかったらだけでは無いのです。


年になて、妻か変わったような気がしてた。

が違うのかと聞かれ答えられないすが、長く夫婦をしてる私には分かりま

妻も決てセックスが嫌いでは無しろ好きな方した

、普の清楚からが付かなしく、上跨った時の腰使いはるでょう

に昨、子達がない夜に時は、妻が3回目の絶頂を迎えた後も放のでが、妻は、まだ許てくきて、もう一度させれたほどでした


妻が、もう2ヶも無いの使をしている。

に限って気はえられないと何かな予感がしが有りません

--------------------

月1日(土)

、朝ら、調ち帰った1週分の洗濯物を洗っくれています

まだ先週の事を怒るのか、昨夜からとなく機嫌だったのですが、昼食を2人でている頃から顔も見ようになり、しほっとしました

を疑いるのに、知らぬ間に機を取っている自分が情けないです。

子は、友達と出掛け、夜まで帰らで 妻を誘いましたが

こん間からを考えているの?信られない

っさりとられてしまいました

方か妻は、送別に出掛けて、一人になってしまったので、暇を持て余た私は、妻の下着をチェックしようとタンスを調べました。

下着の入っいる知らないので、いくつて調べている、やっと妻の下着が入っている引き出見つ事が出来、気をしていると下着と聞いた事が有っで、もやとましたが、普段慣れた物しか無心しまし


まだ本気で疑っかった私探偵にでもなった気分でンス引き出し、隅から隅で調べる事に引きしを開けると、昔着ていた類や普段あまり着ない物います。

一番かしいセータを見つけて出みると、その下にはすように綺便な箱が、そこには見た事も無い下着が入っていまた。

アダルトプで売っいるよう物では無いのですが、ハイレグなど、も形もた事も無うな派手な物ばかりです。

は、本当に浮いる知れないと思い、着のを問い詰めたくて 寝付かれなかったのですが、ベッドでになり、色々事を想ている内に眠ってしまいました。

--------------------

3月2日日)

目がめると妻は、隣のベドでだ寝息立ててい

起こさないように そっと寝室を出て、衣場に行って籠の調べる、先に脱いの私の衣よりに、小さまりを見付けてに取って広ると、見た事パンティーとブラジャーでし

それ、パンテは洗ったしく、ま濡れています。

居ても立ってもいら、寝室に戻妻を起こました。


「夕べは何時に帰って?」

頃だといます。遅くなっごめんない。名残くて。」


「嘘をつけ。までは俺も覚え調それより美鈴に下めの趣味は有たか?

「ごめなさい。の勘違いかな?2時ったかもより何なの?朝から変湿な事ばかりて。下着集め?そ趣味は有りません。」


「それタンスの一番下の引き出しに入っている箱の中は何だ?れと、このは どうして洗った当に送別会ったのか


れた黒い下着を投げ付けました

妻は一瞬驚情をしましたが、その後 泣き出


い。私がいるいたの?私ただけを見て来たのに。下してじゃ無くて、予備いてったので

1枚駄目にな、あそこから1枚出して使いました

の下着を洗ったのは、帰り貿 トイレに行たくなり、家までもと思っけど、し・使・・。

ういいでしあな私の事をいう目でていたの?


下着の件も備にしは今とは違い 派手なかり底納得ませんが、浮確証ったではく、また女の涙には勝てずに、後ろ髪を引かれる思い 赴任先に戻した

--------------------

3月(木)

社か戻ると毎晩妻のを考えしまいま

い男に抱いる姿を像してし、嫉妬で狂いそうなり

しかないの姿他の男知っしまのかと思うと、迄のうに嫉妬楽しむ余裕など有りません

妻を抱きたくなりを確めたくな電話した

で、暫らく土どちらか休めそも無い、今月だけ土日鈴がてくいか?」

「そ行きませあなたに疑われま会うになれせん。


来月で帰れなぞ。そで1回も来ないのか

互い頭を冷いいじゃないです


んな時に1月も会えないさかれたくてまだいる決まっ訳では、自分に言い聞かせました。

なものでこれを書時は無理貿に妻を疑おうと自言い聞かせていました、本当に浮気している可能今は、逆西妻のを浮では否定してる自分がます。

--------------------

月15(土)

のどちらかはると思ってが、今週も、来週も休めも有りません。

週の3連は大が決まった息の引しですが、友達に手伝うので 心配要らなールした。


宿時頃電ると、息出たので、伝い出来ない事を謝り、妻に代わってくれるように言うと、仕仲間と食事に行くと 出かけたまだ帰ていないと言わました。



時にもう 掛けると誰も出ません 

息子の部には電話が無いので、てし聞こえないのだろうと思いましたの寝室には話が置いてあるので、帰っていれば 妻は起きるはずす。

妻の携に掛けみると、かなか出ません。

諦めろうとした時に妻こえした


「なに?今頃電話くるな何か有ったすか?

「いや、別に。家にけたが誰出なかっので。食事って殿

「そう達と居屋で事してっちゃった。もう帰りす。


してかにBGMが聞こす。

れに、電話に出たかなり乱ように感じまた。

は動揺して、の後も言わずに電を切しまいまし

--------------------

月29日(土)

まで掛かるとった仕事も、ようや昨日た。

あれからの私は地獄日々で、仕事で疲れても、ると 妻の事を考えてし、深夜まで寝付けないのです

もに疲労困憊していました休みになった事を告げ赴任先を発に着いたのは夜9過ぎてい

は、既1人暮らをしていて、妻が1人でずの家ったで、合開け入ると、疲れか事もらずに眠てしまいました

--------------------

0日(日)

目が覚は午前でした。

かし妻はまっておら、コーを煎れて、トーストと目玉焼きを食べていると、暫らして帰った妻私が事に驚き、何も言わなに必死で言を始めました。


友達に、相談に乗て欲しいが有るから 家に来ていと頼まれて、話が長くなっまったのでっても誰も姿まっいってと言われので 泊めてもらの。

れるなら連絡してくれれば 早。ごめんさい。


そう言と返しないを残て、慌てシ湿ワーを浴びにた。

れないようにスルームにいきなり開けると、音に気た妻両手前を隠した格好で向けしゃがみ込んでい赤なパンテ寿がシャワれています。

「あ。急にずかしいから出て行って。」


「下着を洗ていたか?また少し漏ら?それにしても見た事も無い派手なパンティーだな


無言俯いまし

キッンに戻っ冷めたコヒーを温め直して飲んでいると、戻ってきたは、また一生懸命言い訳を始


本当分転換から 時々色々な手な下着穿いていだけど、こんなのを着けてを知らると、いら夫婦でも恥ずかしいから隠してあったの。

で、なたにないに洗して隠そうとって。この前は嘘ついてごめんね。」


妻の浮気を確信しましたが妬心は復讐心に変わり意外と静な事が自分でも

うに、相手が分からず証拠無いでは姿魔化されだけです


。美を信るよ。それよ2人だけだから今からどうだ?」

その気にはなれないのに、妻の反応を見るた言うと。

「ごめん。こんな昼は嫌の。誰かおさんが来るない、落ち着かなくて

どおの答えした。


行くらそね。

の前までは、もう沿きたいと怒ってたのに、やは後ろめたいのか、調の妻に戻って

--------------------

4月5日(

今週は、こらに来るはずの、昼ぎても来ませ

昼過ぎに電話

「あなたごめんなさいこうとって準備しいたけど、急気分が悪ってって。更年期障害な?早いは もうの歳るって聞くし


「そう・・・う子供もないのだ、美もこちら暮らいか?離れて暮らさなくていい


妻が仕事をば、今は子供達にお金がかるので、経済的に苦しくなるのは分かっていましたが、なぜか無性しくなった私がそう言


「ごめんね。それはないわの仕事が好きし、今と会社に迷けてしまう。お願い、続けさう少しで、たも戻って来でしょ?」


夜は時に電話したが妻は出ません。

の後何回しましたが西局 妻は出簿帯も源をていがりせん

どうやって証拠を掴か考えながらベッドになりましたが、浮かんるのの白い裸体が他男によって貫いる姿です

妻が男に跨、腰振っいる姿す。

--------------------

6日(日綿

悔しで、とうとうず、まで姿も電続けが、妻が電話に出たの、もう朝の過ぎていました。


かに行っていた9時頃に電した携帯も切れていたし。


まで、何回も電話した隠して聞く


「・・・・・ごめんなさい。だったの?



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:寝取られ, 浮気・不倫, ハメ撮り, SM_調教, 修羅場・人間関係, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様