2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 

 
 
 
 

戦い






私45歳、妻美鈴42歳、結婚21年目を迎えた夫婦です。


私は、一昨年より地方の支社に単身赴任をしていますが、
新幹線を利用すれば2時間半程で帰れるので、
余程の事が無い限り週末には家へ帰っています。


妻も仕事を持っているのですが、やはり土・日曜休みなので、
月に一度は掃除を兼ねて赴任先へ来てくれていました。


娘は遠く離れた所の大学に行っているので1人暮らしをしていて、
1つ年下の息子も昨年の春より大学生となり、1人暮らしを始めました。


私には変な妄想癖が有り、会った事も無い妻の会社の社長や上司、同僚などと妻が浮気をして、
私しか男を知らない妻が乱れる姿を想像しては、1人興奮していた事もありました。


しかし、誠実で、身持ちの固い妻に限って現実に起こる事は考えられず、
また現実に起こってしまっては、興奮するどころか耐えられないと分かっていたので、あくまでも妄想だけのはずでした。


昨年の1月から2月に掛けて、妻に少し不振な事がありましたが、不振な事と言っても普通なら何でも無い事です。
しかし、また私の妄想癖が始まり、赴任先の暇な夜を埋めるために、
日記の様な形式で小説風に書きながら、妻に対する嫉妬心を楽しんでいたのですが、
それは妄想では無くなり、私の戦いが始まりました。
これはその日記を元に書き直した物です。



2月22日(土)
妻の様子が変なので、今日からパソコンで日記を付ける事にしました。
ただ、妻といる土曜、日曜は書けないので後日まとめて書く事にし、これも実際は24日に書いています。
今朝、妻が朝一の新幹線で来てくれて、掃除や溜まった洗濯物を片付けてくれました。
いつもは、月初めなので、今月は2回来てくれた事になります。
私達は月に一度、妻が赴任先に来てくれた時にセックスをしていました。


夜、妻に迫ると、
「生理が来たから駄目なの。ごめんなさい。」


「今月初めに来た時は、急に頭が痛くなったと言って駄目で、今日は生理で駄目か?
家に帰った時は、隣の部屋の子供が気になるからと言って出来ないだろ?
どうして生理になるのが分かっていて今日来た?
今年になってまだ1回もしてないぞ。」


「ごめんなさい。
来週は、勤め先の仲間が辞めたので、
土曜日に気の合う者だけで送別会をするの。
もうそんな歳でもないし我慢出来るでしょ?」


性欲も有りましたが、それよりも妻を抱いていると何とも言えない安心感が有り、
この思いは単身赴任をしてから、一層強くなったような気がします。



2月23日(日)
昨夜、文句を言い過ぎたので、妻は怒って早くに帰ってしまいました。
少し言い過ぎたかと思いますが、セックスが出来なかったからだけでは無いのです。
今年になって、妻が何か変わったような気がしていました。
何が違うのかと聞かれても答えられないのですが、長く夫婦をしている私には分かります。
妻も決してセックスが嫌いでは無く、むしろ好きな方でした。
あれの時は、普段の清楚さからは想像が付かないほど激しく、
上に跨った時の腰使いは誰が想像出来るでしょう。


現に昨年末、子供達がいない夜にした時は、
妻が3回目の絶頂を迎えた後に私も放出したのですが、
妻は、まだ許してくれず咥えてきて、もう一度させられたほどでした。
その妻が、もう2ヶ月も無いのに平気な顔をしている。
妻に限って浮気は考えられないと思いながらも、何か嫌な予感がして仕方が有りません。



3月1日(土)
妻は、朝から、私が持ち帰った1週間分の洗濯物を洗ってくれています。
まだ先週の事を怒っているのか、昨夜帰ってから何となく不機嫌そうだったのですが、
昼食を2人で食べている頃から笑顔も見せるようになり、少しほっとしました。
妻の事を疑っているのに、知らぬ間に機嫌を取っている自分が情けないです。
息子は、友達と出掛けて、夜まで帰らないので妻を誘いましたが。


「こんな昼間から何を考えているの?信じられない。」
あっさりと断られてしまいました。
夕方から妻は、送別会に出掛けて行き、一人になってしまったので、
暇を持て余した私は、妻の下着をチェックしようとタンスを調べました。
自分の下着の入っている場所も知らないので、いくつか開けて調べていると、
やっと妻の下着が入っている引き出しを見つける事が出来、
浮気をしていると下着が変わると聞いた事が有ったので、
もしやと思いましたが、普段見慣れた物しか無く安心しました。


まだ本気で疑っていなかった私は、探偵にでもなった気分で他のタンスの引き出しも、
隅から隅まで調べる事にして、一番下の引き出しを開けると、昔着ていた衣類や普段あまり着ない物が入っています。
一番奥に懐かしいセーターを見つけて出してみると、その下には隠すように綺麗な箱が有り、
そこには見た事も無い下着が入っていました。
アダルトショップで売っているような物では無いのですが、
ハイレグなど、色も形も普段見た事も無いような派手な物ばかりです。
妻は、本当に浮気をしているかも知れないと思い、
下着の事を問い詰めたくて寝付かれなかったのですが、
ベッドで横になり、色々な事を想像している内に眠ってしまいました。



3月2日(日)
朝目が覚めると、妻は、隣のベッドでまだ寝息を立てています。
起こさないようにそっと寝室を出て、脱衣場に行って籠の中を調べると、
先に脱いだ筈の私の衣類より下に、黒い小さな固まりを見付けて手に取って広げると、
見た事も無いパンティーとブラジャーでした。
それも、パンティーは洗ったらしく、まだ濡れています。
居ても立ってもいられず、寝室に戻って妻を起こしました。


「夕べは何時に帰ってきた?」
「1時頃だと思います。遅くなってごめんなさい。名残惜しくて。」


「嘘をつけ。1時までは俺も覚えている。それより美鈴に下着集めの趣味は有ったか?」
「ごめんなさい。私の勘違いかな?2時だったかも。それより何なの?朝から変な事ばかり聞いて。下着集め?そんな趣味は有りません。」


「それなら、タンスの一番下の引き出しに入っている箱の中は何だ?それと、この下着はどうして洗った。本当に送別会だったのか?」
濡れた黒い下着を投げ付けました。
妻は、一瞬驚きの表情をしましたが、その後泣き出し。


「酷い。私が浮気でもしていると言いたいの?私は、あなただけを見て来たのに。
下着も隠していたのじゃ無くて、予備に置いて有ったのです。
1枚駄目になると、あそこから1枚出して使っていました。
この下着を洗ったのは、帰りの車でトイレに行きたくなり、家までもつと思ったけど、少し・・・・・・・・。
もういいでしょ。あなたは私の事をそういう目で見ていたの?」


下着の件も、予備にしては今までの物とは違い派手な物ばかりで到底納得出来ませんが、
浮気の確証が有った訳では無く、また、女の涙には勝てずに、後ろ髪を引かれる思いで赴任先に戻りました。






3月6日(木)
会社から戻ると、毎晩妻の事を考えてしまいます。
妻が知らない男に抱かれている姿を想像してしまい、嫉妬で狂いそうになります。
私しか知らない妻の姿を、他の男も知ってしまったのかと思うと、今迄のように嫉妬を楽しむ余裕など有りません。
無性に妻を抱きたくなり、妻を確かめたくなり、電話をしました。


「年度末で、暫らく土日のどちらかしか休めそうも無いから、今月だけ土日は美鈴が来てくれないか?」
「そちらには行きません。あなたに疑われたまま会う気になれません。」


「来月の5日まで帰れないぞ。それまで1回も来ないと言うのか?」
「お互い頭を冷やすのに、丁度いいじゃないですか?」


こんな時に1ヶ月も会えない苦しさから逃れたくて、
まだ浮気していると決まった訳では無いと、自分に言い聞かせました。
変なもので、これを書き出した時は、無理に妻を疑おうと自分に言い聞かせていましたが、
本当に浮気している可能性がある今は、逆に妻の行動を浮気では無いと否定している自分がいます。



3月15日(土)
土日のどちらかは休めると思っていましたが、今週も、来週も休めそうも有りません。
来週の3連休は大学が決まった息子の引越しですが、友達に手伝って貰うので心配要らないとメールが来ました。


夜10時頃電話をすると、息子が出たので、
手伝いが出来ない事を謝り、妻に代わってくれるように言うと、
仕事仲間と食事に行くと言って出かけたまま、まだ帰っていないと言われました。


0時にもう一度電話を掛けると誰も出ません。
息子の部屋には電話が無いので、眠ってしまって聞こえないのだろうと思いましたが、
私達の寝室には電話が置いてあるので、帰っていれば妻は起きるはずです。
妻の携帯に掛けてみると、なかなか出ません。
諦めて切ろうとした時に妻の声が聞こえました。


「なに?今頃電話してくるなんて。何か有ったのですか?」
「いや、別に。家に掛けたのだが誰も出なかったのでな。食事会だって?」
「そう。友達と居酒屋で食事していて遅くなっちゃった。もう帰ります。」


居酒屋にしてはやけに静で、微かにBGMが聞こえます。
それに、電話に出た時の妻の息遣いは、かなり乱れているように感じました。
私は動揺して、その後何も言わずに電話を切ってしまいました。


3月29日(土)
31日まで掛かると思った仕事も、ようやく昨日で片付きました。
あれからの私は地獄の日々で、仕事で疲れていても、
マンションに帰ると妻の事を考えてしまい、深夜まで寝付けないのです。
心身ともに疲労困憊していましたが、休みになった事を告げずに赴任先を発ち、
家に着いたのは夜9時を過ぎていました。
息子は、既に1人暮らしをしていて、
妻が1人で待っているはずの家は留守だったで、
合鍵で開けて入ると、疲れから食事も摂らずに眠ってしまいました。



3月30日(日)
目が覚めたのは午前6時でした。
しかし、妻はまだ帰っておらず、コーヒーを煎れて、
トーストと目玉焼きを食べていると、暫らくして帰って来た妻は私が居る事に驚き、
何も言わない私に必死で言い訳を始めました。


「友達に、相談に乗って欲しい事が有るから家に来て欲しいと頼まれて、
話が長くなってしまったので、
帰っても誰もいないのなら泊まっていってと言われたので泊めてもらったの。
帰れるのなら連絡してくれれば早く帰って来たのに。ごめんなさい。」


そう言い終ると返事もしない私を残して、慌ててシャワーを浴びに行きました。
気付かれないようにバスルームに行き、いきなりドアを開けると、
物音に気付いた妻は両手で前を隠した格好で、
背を向けてしゃがみ込んでいて、
真っ赤なパンティーだけがシャワーに打たれています。


「あなた。急に何なの?恥ずかしいから出て行って。」


「下着を洗っていたのか?また少し漏らしたのか?それにしても見た事も無い派手なパンティーだな。」


妻は無言で俯いていました。
キッチンに戻って冷めたコーヒーを温め直して飲んでいると、戻ってきた妻は、また一生懸命言い訳を始めました。


「本当は、気分転換になるから時々色々な派手な下着を穿いていたのだけど、
こんなのを着けている事を知られると、いくら夫婦でも恥ずかしいから隠してあったの。
それで、あなたに見つからない内に洗濯して隠そうと思って。この前は嘘をついてごめんね。」


妻の浮気を確信しましたが嫉妬心は復讐心に変わり、意外と冷静な事が自分でも不思議でした。
復讐しようにも、相手が分からず証拠も無いのでは誤魔化されるだけです。


「もう分かった。美鈴を信じるよ。それより2人だけだから今からどうだ?」
その気にはなれないのに、妻の反応を見るために言うと。


「ごめんね。こんな昼間は嫌なの。誰かお客さんが来るかも知れないし、落ち着かなくて。」
想像どおりの答えでした。


「来週は私が行くからその時ね。」
この前までは、もう行きたくないと怒っていたのに、やはり後ろめたいのか、優しい口調の妻に戻っていました。





4月5日(土)
今週は、こちらに来るはずの妻が、昼を過ぎても来ません。
昼過ぎに電話が有り。


「あなた、ごめんなさい。行こうと思って準備していたけど、急に気分が悪くなってしまって。更年期障害かな?早い人はもう私の歳でも有るって聞くし。」


「そうか・・・・。それより、もう子供もいないのだし、美鈴もこちらで暮らさないか?離れて暮らさなくてもいいだろ?」


妻が仕事を辞めれば、今は子供達にお金が掛かるので、経済的に苦しくなるのは分かっていましたが、なぜか無性に寂しくなった私がそう言うと。


「ごめんね。それは出来ないわ。今の仕事が好きだし、今辞めると会社に迷惑も掛けてしまう。お願い、続けさせて。もう少しで、あなたも戻って来られるでしょ?」


その夜は7時に電話しましたが、妻は出ません。
その後、何回も電話しましたが、結局妻は出ず、携帯も電源を切られていて繋がりません。
どうやって証拠を掴むか考えながらベッドに横になりましたが、
浮かんでくるのは、妻の白い裸体が他の男によって貫かれている姿です。
妻が男に跨り、腰を振っている姿です。



4月6日(日)
悔しさで、とうとう眠れず、朝まで何回も電話し続けましたが、
妻が電話に出たのは、もう朝の8時を過ぎていました。


「何処かに行っていたのか?夕べ9時頃に電話したが出なかったな。携帯も切られていたし。」
7時から朝まで、何回も電話した事を隠して聞くと。


「・・・・・・・ごめんなさい。あなただったの?
ちょうどトイレに入っていて、電話が鳴っているので急いで出たけれど間に合わなくて。
携帯が切れている?充電不足で電池が切れているのかな?
見てみます。・・・・・・それより何か急用でも有ったのですか?」


「いや。急に美鈴の声が聞きたくなって・・・・・。」


「いい歳をして何を言っているの?変な人。」


あの誠実だった妻が、簡単に嘘を言える女になってしまった事へも、強い怒りを覚えました。





4月12日(土)
昼過ぎの新幹線で帰ってきました。
夕食は、久し振りに2人で外食して、帰りに車を止めて、キスをしようとしましたが。


「ちょっと。こんな所でやめてよ。人に見られたらどうするの?私達そんなに若くないのに。」
家に帰って風呂に入り、妻を誘うと。


「あなた。本当にごめんなさい。あれが来ちゃったの。」


「いつもは22日前後のはずだろ。本当なのか?」


「ええ。やっぱり更年期かな?不規則になるって聞くし。本当にごめんね。」
私は、キスだけでもと思い、強引に妻に抱き付いてキスをしようとすると、妻は私の顔を両手で押して、キスを拒みました。
「ごめんね。その気になってしまうから。今度ね。」
「もういい。もう寝る。」


何故か妻は涙を流していました。
妻は、浮気相手を愛してしまい、私とはキスさえも嫌なのだろうかと思うと、嫉妬、悔しさ、怒りで体が震えました。





4月13日(日)
今日は、朝から同僚に会うと嘘を言い、電話帳で調べた興信所に行きました。
1件目は、どうも胡散臭そうだったので説明だけ聞いて保留にし、
2件目に行くと、最初に行った所より感じが良く料金も少し安いのですが、それでも結構な金額です。
今週の月曜から日曜まで頼むつもりでしたが、余りに高額で、妻に内緒ではどうにもなりません。
男と会う日が特定出来れば小額で済むと言われ、結局、次の金曜日と土曜日の2日間だけお願いしました。
勿論、日曜日までずれ込めば延長してもらいます。


「さっき携帯に電話が掛かって、何か仕事上のトラブルが有ったようなので、来週は帰れない。
美鈴に来て欲しいが、違う支社に出向く事になるだろうから来ても会えないと思う。
新幹線代も勿体無いから来週は来なくていいぞ。
電話を掛ける事も出来ないかも知れないから、何か有ったら携帯に電話してくれ。」
そう言い残して、赴任先に帰りました。
これで妻は自由に行動出来るはずです。





4月19日(土)
夜7時に、妻が男とラブホテルに入ったと、興信所から携帯に電話が有りました。
やっと証拠を掴める喜びと、本当に妻が浮気していたとゆう失望感が入り乱れ、
急いで新幹線に飛び乗って家に帰りましたが、当然、家は真っ暗で誰もいません。
すぐにでもラブホテルに行って怒鳴り込みたい心境でしたが、
十分な証拠が取れないといけないので、我慢するように興信所から言われていて動けません。
今頃、妻は・・・・・・・と思うと悔しさで、眠れぬ夜を過ごしました。





4月20日(日)
妻は朝の8時に帰ってきました。
「えっ・・・・・・。あなた・・・・・・・どうしたの?お仕事は?」


「ああ。昨日で片付いた。それよりまた朝帰りか?一晩楽しんできたのか?俺の知らない男に跨って、一晩中腰を振っていたのか?」


「あなた。何を言っているの?違います。そんな事はしていません。」


「分かった。分かった。もういい。
こんな淫乱な母親だったと知ったら、子供達もどう思うだろうな?可哀想に。
お前達は絶対に許さんからな。徹底的にやってやる。
一生怨んで、きっと後悔させてやる。」


「あなた。何を言っているの?勝手に勘違いをして、子供達に変な事を言わないでくださいね。私はただ友達の家に・・・・・・・。いったいどうしたのです。」


「ほう。お前の友達はラブホテルを経営しているのか?」


その時、携帯が鳴りました。
「はい。すぐにお伺いします。」


「興信所からだ。相手の男も分かったそうだ。夕べのお前達の行動も、全て写真に写せたとさ。」



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 寝取られ, 浮気・不倫, ハメ撮り,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 寝取られ, 浮気・不倫, ハメ撮り,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080704071947