2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

6歳の娘がクリスマスにサンタに宛てた手紙を覗いてみたら 他







2 :名無しさん@おーぷん :2016/01/03(日)11:30:00 ID:aTY(主)
6歳娘がスマスの数からいもの手紙に書置いておいたから、

が欲しいのかなと夫キティちゃの便を破らないようにして手紙いてみたらう書いてった

サンタさんへ さんのガンがなくすりをください! おねいしす」

夫と顔をて苦笑けれど、だん悲して少しメソソしてしちゃっ

の夜ったあと、夫は娘が好なプリキュアのキャラクター人形と

「ガンがなおるおくすり」
と普の粉薬の袋に書のをいておた。


、娘が起きるプリキュアの人形もだけど、それ以上薬をんで

「ギャ使ーっ!」って嬉しいびをげてた。

早速朝食を食べにどたと行って

! ンタ父さんのガンが治る薬貰たの! 早飲んでみ

っていって、夫にを飲ませた

夫が「お! 体の調子が、だんだんと良たいだ」うと

「ああ! 良かった〜。これでお父さんとまた、山にハイキに行たり、動物園にった 会に参加しできるね」…湿っていうと

がだ西んと顔を悲しく歪めて、そ声を押うにて「ぐっ、ぐうっって泣婿始め稿た。

私も貰い泣き西しそなっどなんとかないように鍋の味噌汁オタマで掬って無理やり飲み込んで態を整えた

娘には「薬の効き目で涙が出てるん」と言い訳をしてた

その後娘が近所の子ににプリキュアの人形を持って遊びに行った後、夫が

「来前がサンさんだなっか」とたので、つい私の涙腺が緩んで、あわ泣き続けた。

お椀の味噌汁に涙がいくつ混ざった。





49 :しさん@おーぷん :2016/01/03(日)12:09:35 ID:Weu
>>2
何回み








3 :名無しさんーぷ :2016/01/03(日)11:30:53 ID:zj5
為にって湿ったスー

かっこいい言われ、何枚写真を

場まで送ってもらい

達と飲むろうけど、イッキいかんよ?遅くなるだろうから気をつけて帰てらい」

そう言われた後一人で会場を一周し、中に入こと出来ず

友達と飲に行とにっている手前、のままることも出来ず

間つぶすためにの足でスロッへ行

たお年玉を使い切るのに2時間もたず銀行からろし8万も消

ようもなくなって、方頃帰り

ぎて友達と会えなと言

母さんは、あ夕飯ちゃんとしたもの尿らなきゃねと言

震えて声出せいほど泣いた










4 :名無しさん@おーぷん :2016/01/03(日)11:31:13 ID:aTY(主)
俺、小さい頃に母親を亡くしてるんだ。

それで中学生の頃、恥ずかしいくらいにぐれた。

親父の留守中、家に金が無いかタンスの中を探しているとビデオテープがあったんだ。

俺、親父のエロビデオとかかな?なんて思って見てみた。

そしたら・・・


病室のベットの上にお母さんがうつってた。

『〇〇ちゃん二十歳のお誕生日おめでと。なにも買ってあげれなくてゴメンね。

お母さんがいなくても、〇〇ちゃんは強い子になってるでしょうね。

今頃、大学生になってるのかな?もしかして結婚してたりしてね・・・』

10分くらいのビデオテープだった。

俺、泣いた、本気で泣いた。



次ぎの瞬間、親父の髭剃りでパンチパーマ全部剃った。

みんなにバカにされるくらい勉強した。

俺が一浪だけどマーチに合格した時、親父、まるで俺が東大にでも受かったかのように泣きながら親戚に電話してた。

そんで、二十歳の誕生日に、案の定、親父が俺にテープを渡してきた。

また、よく見てみたら。ビデオを撮ってる親父の泣き声が聞こえてた。

お母さんは、笑いながら『情けないわねぇ』なんて言ってるんだ。

俺また泣いちゃったよ。

父親も辛かったんだろうな、親父にそのこと言ったら、知らねーよなんて言ってたけど、就職決まった時、親父が『これでお母さんに怒られなくて済むよ』なんていってた。





5 :名無しさん@おーぷん :2016/01/03(日)11:31:39 ID:aTY(主)
79 :名無しさんの初恋 :03/02/05 01:33 ID:u1WXtBgR
年間同棲していた彼が他界した。

大喧嘩をした日、交通事故に遭った。本当に突然の出来事だった。

その日は付き合って3年目の記念すべき夜だった。

しかし、仕事が長引いてしまって約束の時間に帰宅する事ができず、せっかく彼が用意してくれた手製の料理が冷め、台無しになってしまった。

いつも通り軽く詫びを入れて事を済まそうとしたが、その日の彼はいつもとは違い、私に対してきつくあたった。

丁度その時私は気分も優れず、仕事のストレスもあってか、そんな彼と話していくうちに強烈な憤りを覚え、つい言ってしまった。

「もういい!こんな些細な事でそこまで怒る事ないでしょ!あなたは自分の都合でしか物事を考えられないの!?」

…彼は黙った。少しの間の後で、私も少し言い過ぎたと思い、黙って席を立ち、界隈を散歩して頭を冷やそうと思い、一旦家を出た。

いつも通う小さな喫茶店で、30分少々の時間を潰した。

あの人もただ単に怒りに任せて私に怒鳴り散らした訳じゃない。

それだけ今日のこの日の事を大切に思っていたからこそではないか、と考えた。

そんな彼の気持ちを思うと明らかに私の振る舞いは最低だった。

身勝手な自身を忘れ、改めて彼に謝ろうと思い、家に向かって歩いた。

しかし、彼は家には居なかった。料理も、携帯電話も、机に置いたままだった。

マメなあの人が携帯電話を忘れるのは珍しく、近くにいるのかと思い、私は家を出て近辺を歩き回った。しかし見つからない。公園や近くの空き地も見たが、彼の姿は無かった。

彼の実家や、携帯を調べ、彼の友人宅等にも電話を入れたが、来ていないと言う。

家に帰り、2時間が経過した。私はその時考えていた。帰ってきたら頬をつねってやろうと。

幾らなんでも心配させすぎだ、悪戯が過ぎる、と。明日は休日だからこんな事をするんだろう、と…

それが彼との最後の夜だった。



事故現場は家周辺の一方通行の十字路だった。横から飛び出してきた車と衝突、即死だったそうだ。時刻はPM10:20、丁度私が家を出て10分経過した時間だった。

その際彼が持っていた遺品は、缶コーヒー1本、女性用のガウンジャケット、現金で120円だということを聞かされた。

私のガウンジャケット、まだ未開封の缶コーヒー、私の為のジュース代。

細やかな気配りの中に、彼の深い愛情と優しさが感じられた。

一緒に帰りたかった。その言葉を心の中でつぶやいた。

同時に私の目から涙がとめどなく溢れた。

改めて、彼という存在の大きさに気付いた。ただ、情けなくて、悔しかった。








6 :名無しさん@お :2016/01/03(日)11:32:19 ID:aTY(主)
235 名前: チョウチョウウオ(大阪府)[] 投稿日:2010/07/02(金) 00:30:02.80 ID:4PoR6vua
知り合いの話なんだけど

そいつが無職スロプーで

母親と二人暮らしなんだけど母親が突発性の緑内障になり

今すぐ病院に行かないと失明する、ってくらいヤバいときに

金がないんで放置してたら そいつに別居してる兄貴がいて

「とにかくすぐに病院連れて行けよ!」って20万置いて行った

兄貴も忙しいんで金置いて仕事に戻ったらしいんだけど

そのバカは置いていった金に手をつけて「押忍 番長!」を打ち

結局20万全部負けた

母親には適当にドラッグストアで買った目薬を与えて寝かせておいた

母は地獄の苦しみの中で
「ああ、ありがとう、XXちゃんが目薬買ってきてくれたんで楽になったよ」

と言いながら食事もとらず ボロ布団のなかで徐々に失明していった

衰弱しきった母を兄が救急車で運んだときには完全に失明し極度の栄養失調

に陥ってたらしい

マジで実話です ほんとうに人間って怖いわ








12 :名無しん@おーぷん :2016/01/03(日)11:35:54 ID:3Zg
>>6
れダメだ涙腺が…





9 :名無しさん@ーぷん :2016/01/03(日)11:34:20 ID:aTY(主)
63 名前:番組の途中ですが名無しです[] 投稿日:2006/02/19(日) 17:34:58.53 ID:asfemZGB0 ?
俺は高校までずっと都立で給食だったし、大学も学食やらコンビニやらで済ませて来た。

母親の手作り弁当の記憶なんて、運動会か遠足、それも遠すぎて覚えてない。

就職しても、社食が当たり前で妻も俺に弁当を作ったことはない。

俺自身も、弁当箱持って歩くのも荷物になるし弁当への思い入れも何もなかったある日

今年中学生になった娘が、「はい。オヤジさん(←娘は俺をこう呼ぶ)」とバンダナで包まれた弁当箱を手渡した。

「なんじゃ?これ?」と俺が言うと

「だって、今日オヤジさんの誕生日じゃん」と・・・・。

俺、絶句。

「何だ、お前弁当作ってくれたのかよ。食えるのか?」と、恥ずかしさのあまり悪態をついてしまった。

だが、娘は「一生懸命、早起きして作ったよ」と笑顔だった。

素っ気無い顔しときながら、気になって弁当箱の中身を会社について確認したらご飯には、鮭フレークでハートが描いてあった。

おかずはハンバーグと、ウインナーと、ベーコンポテト。俺の好きなチーズも入っていた。

胸が詰まった。

2450グラムと小さく生まれてきた日のこと、夜中熱を出して夜間診療所に駆け込んだこと

運動会の徒競走で転んだこと、父の胸に幼い日の娘の姿がよぎる。

あいつ、こんなに大きくなりやがって。

食べた弁当の味は、しょっぱい、勿論俺の涙の味だ。






10 :名無しさん@おーぷん :2016/01/03(日)11:35:13 ID:aTY(主)
俺思うんだ・・・。

俺、死ぬ前に小学生の頃を一日でいいから、またやってみたい

わいわい授業受けて、体育で外で遊んで、学校終わったら夕方までまた遊んだ

空き地に夕焼け、金木犀の香りの中家に帰ると、家族が「おかえり〜」と迎えてくれて

TV見ながら談笑して、お母さんが晩御飯作ってくれる(ホントありがたいよな)

お風呂に入って上がったらみんな映画に夢中になってて、子供なのにさもわかってるように見入ってみたり

でも、全部見終える前に眠くなって、お部屋に戻って布団に入る

みんなのいる部屋の光が名残惜しいけど、そのうち意識がなくなって…そして死にたい




11 :名無しさん@おーぷん :2016/01/03(日)11:35:47 ID:aTY(主)
ある大学でこんな授業があったという。 

「クイズの時間だ」教授はそう言って、大きな壺を取り出し教壇に置いた。

その壺に、彼は一つ一つ岩を詰めた。壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。

「この壺は満杯か?」教室中の学生が「はい」と答えた。

「本当に?」そう言いながら教授は、教壇の下からバケツいっぱいの砂利をとり出した。

そしてじゃりを壺の中に流し込み、壺を振りながら、岩と岩の間を砂利で埋めていく。

そしてもう一度聞いた。

「この壺は満杯か?」学生は答えられない。

一人の生徒が「多分違うだろう」と答えた。

教授は「そうだ」と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。

それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。

「この壺はこれでいっぱいになったか?」

学生は声を揃えて、「いや」と答えた。

教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと注いだ。彼は学生に最後の質問を投げかける。

「僕が何を言いたいのかわかるだろうか」

一人の学生が手を挙げた。

「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、いつでも予定を詰め込む事は可能だということです」

「それは違う」と教授は言った。

「重要なポイントはそこにはないんだよ。この例が私達に示してくれる真実は、大きな岩を先に入れないかぎり、それが入る余地は、その後二度とないという事なんだ」

君たちの人生にとって”大きな岩”とは何だろう、と教授は話し始める。

それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家庭であったり・自分の夢であったり…。

ここで言う”大きな岩”とは、君たちにとって一番大事なものだ。

それを最初に壺の中に入れなさい。さもないと、君達はそれを永遠に失う事になる。

もし君達が小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壺を満たしていけば、君達の人生は重要でない「何か」に満たされたものになるだろう。

そして大きな岩、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、その結果それ自体失うだろう。




14 :名無しさん@おーぷん :2016/01/03(日)11:36:12 ID:aTY(主)
私には、兄がいました。

3つ年上の兄は、妹想いの優しい兄でした。

ドラクエ3を兄と一緒にやってました。(見てました。)

勇者が兄で、僧侶が私。遊び人はペットの猫の名前にしました。

バランスの悪い3人パーティ。兄はとっても強かった。

苦労しながらコツコツすすめた、ドラクエ3。おもしろかった。

たしか、砂漠でピラミッドがあった場所だったと思います。

とても、強かったので、大苦戦してました。

ある日、兄が友人と野球にいくときに、私にいいました。

「レベ上げだけやってていいよ。でも先には進めるなよ。」

私は、いっつもみてるだけで、よくわからなかったけど、なんだか、とてもうれしかったのを覚えてます。

そして、その言葉が、兄の最後の言葉になりました。

葬式の日、父は、兄の大事にしてたものを棺おけにいれようとしたのを覚えてます。

お気に入りの服。グローブ。セイントクロス。そして、ドラクエ3。

でも、私は、ドラクエ3をいれないでって、もらいました。

だって、兄から、レベ上げを頼まれてたから。

私は、くる日もくる日も時間を見つけては、砂漠でレベ上げをしてました。

ドラクエ3の中には、兄が生きてたからです。

そして、なんとなく、強くなったら、ひょっこり兄が戻ってくると思ってたかもしれません。

兄は、とっても強くなりました。とっても強い魔法で、全部倒してしまうのです。

それから、しばらくして、ドラクエ3の冒険の書が消えてしまいました。

その時、初めて私は、泣きました。 ずっとずっと、母の近くで泣きました。

お兄ちゃんが死んじゃった。やっと、実感できました。

今では、前へ進むきっかけをくれた、冒険の書が消えたことを、感謝しています。







>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:泣ける話  |  タグ:泣ける話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:泣ける話  |  タグ:泣ける話,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20160116224150