2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 
 

数年前、自殺しようとしてた俺が未だに生きてる話






1 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 04:41:01.05 ID:AzPqcEyv.net
何となく語りたくなったから、つらつら書いてみようと思う






2 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 04:46:36.70 ID:AzPqcEyv.net
初めてのスレ立てなので、ゆっくりめになるかもしれない。

ちなみに書きためてもいない。


まあ、タイトル通りの話だ。

数年前の話だ。俺は、死にたかった。

なぜって、俺はいじめられっ子だった。






4 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 04:57:02.74 ID:AzPqcEyv.net
それがどんなもんだったか、あんまり語ろうとは思わない。

言えば、わかるわかる、って言ってくれる人もいるかもしれないが、

そう言われると、本当のところはわかんねえくせにって、思ってしまう自分がいるんだ。ひねくれてるとは思うけど。


あのとき、教室で一人だった俺の気持ちなんて、誰が想像できるんだって。






3 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 04:54:25.43 ID:K9mZqoMq.net
スペック




5 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 05:08:12.22 ID:AzPqcEyv.net
お、人がいた。

それは追々語ってくことになると思う。書くの遅いけど。


続ける。

でも、いじめって離れてみるとと不思議なもんだよな。

あの教室って空間には、何かすごい圧力みたいなもんがかかってて、誰もそこから逃れられないみたいな、そんな感じってある。

何だろう、あそこだけ世界中のどこからも切り離された空間で、普遍的なルールに一切縛られないみたいな、そんな場所。


だからいじめが普通に行われる。

いじめっ子と、いじめられっ子がいて、それを普通の生徒も教師も見て見ぬふりをする。

どういう仕組みなんだろうな、あれ。






7 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 05:16:49.13 ID:AzPqcEyv.net
そういうことを言うと、いじめられるほうにも理由がある、って話が出てくるけど

まあ、俺は個人的にはそれもそうかなって思う。

けど、何の理由もなきゃあいつらは誰もいじめない……・ってことにはならない。

だって、どんなことにも理由なんて山ほどある。

理由をあえて探す必要はない。






8 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 05:22:37.83 ID:AzPqcEyv.net
顔がきもいとか、背が低いとか、足がのろいとか、それがどんな理由か知らないが、とにかくあいつらは俺をいじめた。

教師も見て見ぬふりをした。

かろうじて会話が続くって程度の友達(とはいわねえか……)もいつの間にか離れてった。

普通のやつらは、初めから俺の存在が見えてなかったのかってほど普通に学校生活を楽しんでるように見えた。

俺は学校を休みがちになった。






9 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 05:35:20.70 ID:AzPqcEyv.net
そうすると、親が異変に気づいた。

子供がいじめにあってるってのはうすうす気づいてただろう。

けど、そんなことは信じたくないみたいだった。


他の親がどうかはしらないが、うちの親は何でも遠回しに聞くんだ。

仕事帰りにケーキ買ってきて「甘いもの食べたくない?」とか

休みにどこか行こうって言う代わりに「今日は外に行ったら気持ちよさそう」とか息子の俺でも正しく察すのが無理だろってレベルで。

だから、俺がいじめにあってるかもって思っても、「最近○○くんってどうしてるの?」

それはあいつらに目をつけられた瞬間、俺から離れた知り合いですが何か?






10 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 05:42:27.23 ID:AzPqcEyv.net
とにかく、親は俺を腫れ物扱いした。

もともと触れても来ないレベルが、数キロ先で見守ってるレベルにまでレベルアップした。

そりゃいまならわかる。

親だって悪気があってそうしたんじゃないってこと。

俺も触れるなって空気を出してたんだろうし、それを精一杯受け止めようとしたんだって。

けど、俺は俺でこう思ってた。

「親なら俺を助けろよ! あのいじめっ子とクソ教師をどうにかしろよ!」

けど、実際の話、それはないものねだりしてるだけだった。

「あんたいじめられてるんでしょ! お母さんが学校にいってあげる!」

そんなこと言われても、俺はますます追い詰められただけだろうから。






11 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 05:54:02.91 ID:AzPqcEyv.net
一度学校を休み出すと、それからは早かった。

不登校になった俺は、家の外にも出なくなり、やがて部屋からも出なくなった。

食事は親が廊下に置いてくれたものを、寝静まった夜中に食べる。

誰とも会わない。誰ともしゃべらない。

ゲームやパソコンで一日が終わる。

見事な引きこもりの完成だ。






12 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 06:20:16.40 ID:AzPqcEyv.net
その頃の記憶は、途切れ途切れにしかない。

あまりに辛かったからか、それとも毎日同じことしかしてないせいで

刺激がなんにもなかったからか。


いま思うと、あれはコールドスリープみたいなもんだったんじゃないかと思ってる。

よくSF映画とかで、遠い星にいくときに使う、あれだ。

あんなふうに冷たく感覚を麻痺させて、まるで眠ってるみたいに、俺は生きていた。

ただ息をして、ただ心臓を動かしてることが、それでも「生きてる」って言うならだけど。








13 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 06:29:04.73 ID:AzPqcEyv.net
だから、それはいずれ行き着く答えだったんだと思う。

ある日、俺は死のうと思った。

この苦しくてどうしようもない人生を終わらせようと思った。

その考えは、ずっと前から考えてたことみたいに、ずっと胸に落ちた。


俺はやり方を検索した。

自殺、方法、失敗しない……

ずらりと結果が並んだ。

俺はその一つ一つを丁寧に読み込んだ。






14 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 06:32:34.50 ID:AzPqcEyv.net
自殺の方法は驚くほど簡単だった。

特別な道具なんて必要なく、勇気さえあれば引きこもりの俺でも

いつでもできる方法も見つかった。


その日は、下調べだけで終わったが、これでいつでも死ねることがわかった。






20 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 13:47:43.19 ID:AzPqcEyv.net
暇を見つけて少しずつ。



けど、方法がわかったからといって、俺はすぐに自殺を決行することはなかった。

何でだろうな? でも、たぶんそういうもんだ。

死にたい! じゃあ死のう! だなんて、人間そんなに簡単じゃない。


それにいま思えば、自殺の方法を調べる行為自体が一種の息抜きになっていたと思う疑似自殺ってのかな。そんな言い方ないと思うけど、そんな感じ。

だから、取り憑かれたように俺はいろんなやり方を調べた。それをいつ実行するだとか、実際どの方法を選ぶだとか、妄想するのは楽しかった

それは久々に感じた「生きてる」って感覚だったかもしれない。






21 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 14:01:20.49 ID:AzPqcEyv.net
たぶん、俺はそれを永遠に続けることができたと思う。

死にたいと思うながら死なずに、その方法だけ調べ続けること。

何て言ったらいいか、そうすることは以前より多少は幸せだった。


遺書にはもちろん、あいつらとクソ教師の名前を書いてやろう、そう考えるだけで嬉しくなった。

そんな遺書を残して自殺したら、学校は大騒ぎになるだろう、俺を苦しめたやつらは傷を負うだろう。

いじめなんてできるやつの心なんか傷つけられるわけないから、俺が思ってたのは、やつらの人生とかって意味ね。

一生陰口たたかれて、学校も退学になって、人生終わればいい。

俺はそれを高みから見物するってわけだ、なんて本気で思ってた。


まあ、実際の話、そんなことになるはずないんだけどさ。

人殺したやつだって、大手振って生きてる世の中だ。

もし俺が死んでたって、全国ニュースで一介でも流れれば御の字だ。







22 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 14:07:21.63 ID:AzPqcEyv.net
×一介 ○一回

でも厨房だった俺にそんなこと考えられるはずもなく、俺は毎日パソコン画面とにらめっこした。

そして、自分が死ぬところを想像してうっとりした。

親が泣くところを想像して、もらい泣き?もした。

それから、やっぱりシメにあいつらが うちひしがれてるところを想像してにやにやした。

ああ、いじめられっ子で引きこもりの俺でも、あいつらに仕返しできるんだ!ってな。






23 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 14:15:56.76 ID:AzPqcEyv.net
妄想はどんどん高まって、気分のいい日が続いていた。

いままで鬱だったのが、一気に躁になった的な?


その頃になると、肝心の方法も決定していた。

やっぱり簡単で確実な首つりだろう。

ヒモは探せばあるだろうから、外へ出なくていいのもポイント高い。

あとは一歩踏み出すだけだ。


その気の緩みが、俺の生死を分けた瞬間だったかもしれない。








>>次のページへ続く

 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:すっきりした話, 修羅場・人間関係, ためになる話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:すっきりした話, 修羅場・人間関係, ためになる話,
 
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20160712090339