2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

好みの女性のタイプという自分の持ってるイメージの遥か斜め上を行ってた店員さん





282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/15(木) 02:20:09
学生の頃、下宿していた場所に程近いところに、新しい喫茶店ができた。

記念品くれるって書いてあったので、暇なツレと二人でいったら、その店は感じのいい年配の夫婦二人だけでやっていた。

男二人でコーヒー飲んで、記念品のキャンディだったかを貰ってその日は帰った。



何日かモーニング食いに通っていると、ある日、いつもとは違って、若い女性がオーダー取りにやってきた。エッ?なんで?って思うくらい、本当にものすごく綺麗なコだった。

俺は、普通の四年制大学に在学中だったし、場所が京都市内だったから、若い綺麗なコは結構見ていたと思うけど、もう桁が違った。

品が良くて清楚で、スラッとしてて適度に身長が高く、透明感があって、小顔で顔のつくりがよく、柔らかく安心できる笑顔をしていた。

いつもと同じものを頼んで、待ってる間スポーツ新聞読んでたりしてたんだと思うけど、意識は当然さっきのコに全部行ってた。

本当に「好みの女性のタイプ」という自分の持ってるイメージの、はるか斜め上を行ってた。

それでも、そんなにジッと見てるわけにもいかないだろうから、チラ見してたくらいだったと思う。



(今でも)ヘタレな俺は、その当時、当然付き合ってるようなコもいなくて、大学のツレの男と遊んでいるような有様だった。

無論、声など掛けられる訳もなく、それから1年くらい、ほとんど毎日そのコ目当てに通っていた。





283 :282:2007/03/15(木) 02:23:22
それでも、そのコがいるのは、行った日の6割から7割くらいで、あとはアテが外れてばっかりだった。

(デートにでもいってるのかな。くらいは考えたけど・・・なんせ、あの綺麗さだったし)

それでも、本人はもとより、店の人にそのコのプロフを聞くことなどできるはずも無く、本当に、単なる(モーニングばっか食いにくる)常連客の一人に過ぎなかったと思う。



そのコを見ていられれば、それだけでとても嬉しかった。

どうにかなる。あるいはどうにかする。なんて、へタレの思考回路にはなかった

(とてもじゃないが、手が届くなんて思えなかった。なにかアクション起こしても、バッサリ斬られるのがオチ。と思っていた。それで気まずくなって、顔見に店にいけなくなるのもいやだったし、見ていられればそれでよかった)。



それでも、転機は、本当に、ある日突然やってきた。





284 :282:2007/03/15(木) 02:26:27
一年ほど前に開いたその店が、市内の別の場所に移転することになったという張り紙が、店内に貼られていた。

こんなに早く?とも思ったが、比較的小さな店だったし、新しいマンションの一階にあったので賃貸店舗だろうから、そんなこともあるか、くらいだった。それでも、とても残念だった。

ここにあれば、暇に託けてくることもできるけど、向こうに移転されては、さすがに行けなくなってしまう。

(そこまでしてくるのは、なにかあるのか?と勘繰られるだろうし・・・ヘタレの思考だ)



一方で、これはすごいチャンスじゃないか?とも思った。

凸して駄目でもそれまでだ。と思える状況が目の前にあった。放っておいても、どうせ数日で全部がなくなるのである。

このくらいのお膳立てがなければ、絶対声なんて掛けられなかった(と今でも思う)。



その店を閉める日に、その店はランチもやっていたので、朝モーニング食いに行ったとき、昼に部屋に居なければならない事情があるので、すまないが出前をしてもらえないか?とそのコじゃない年配の女の人に頼んだ。

俺は、割とその人に受けが良かったようで、出前はやっていなかったが、すんなり引き受けてくれた。

(後で分かったのだが、その年配の女性は、彼女の母親だった)






291 :282:2007/03/15(木) 18:07:04
昼までの時間を、テレビを見たり本を読んだりして過ごしていたと思う。
12時頃にチャイムが鳴った。

結構ドキドキしながら玄関のドアを開けると、年配の女性の方が持ってきてくれていた。

「ありがとうございます」とか言って受け取ったと思うのだけれど、内心無茶苦茶ダメージを受けていた。

一時頃に取りに来るから、といわれ、食った定食の味は、食いなれているはずなのに、全く覚えていない。さっさと食い終わって、玄関脇に食器を出してどこかに行こうか。とか考えていたと思う。

持ってきたのが年配の方だとしたら、引きに来るのもそうだろうし。若い男のところに、若い女性を遣るはずもないか。と考えていた。



そんなこんなで、食器を出すこともしないまま、一時になった。

また、チャイムが鳴った。食器をまとめて持ち、玄関を開けた。

ドアをあけたまま、俺は、固まっていたと思う。どうリアクションすればいいのか、分からなかった。

彼女が、来ていた。

店内以外で始めてみる彼女は、明るい日差しの中でとても綺麗だった。

「○○○(店名)です。お皿を取りに伺いました」

オーダー以外で、初めてした会話ともいえない会話だった。





292 2822007/03/15(木) 18:10:07
いませ」とか俺はいっと思う。

彼女台詞よく覚えてるが、分がいっかは曖昧だ。

手渡し、彼はそれ下げていた籠に入

ありとうございまた」すごく爽やかで言うと、彼女は少しお辞儀をした。



移転するですよね」

んとか、話を繋ごうとして、でたのは、んな言葉だけた。

はい。△(地名に新しいお店が出来るんです」

ここ店が閉まっしまのは、念ですね


使う思っていた。もう顔をることも出来ない。△△京都市内ではあ、結構遠かった。偶然行くような離じゃな


、彼女に渡そう、ある映のペアチケットをどちらいえば、恋愛系の映画で、二りのそれは、確り離し無効だったと思う。

二枚も渡して、

もし一人がいるのなチケットとも貴女にプレトするから、誰からたと何も言わないで、そ人と行って欲い。でなかったら、□時に、館の待っているから、かっら、そのチトを持って来てしい」

といつもりだた。


ケットは、さっき食っテーブル上に置いてった。振り向いて取りにれば、ほんの数歩距離だった。

も、俺は、取りにいなかた。情けないけど動けかった。渡して、拒絶されるこが怖かったんだと思う

がて、彼は「新しい宿お店に来てださいね」と笑顔でって、へ帰っていった






293 簿:2007/03/15(木) 18:13:05
姿を送り、ドアを閉めてから、多生まれから初めくらい、ひどく後悔した。

で、男と女のんて何来ないくせに、当に後悔した

ラス調チャンスは、しまたの寿だ。


それらどうしていたのか分でく覚えてない。出けていたようにも思し、のまま部屋いたようも思う。

ただ覚えているのは、夕方になった頃には、部屋にいたけだ

つもじならもう閉店時間ではあたけれど、ま○○店名いてる。と意に、時計見て思った。

西度も行っり、出とっりするのは流石しいけれそんなことはどうでよか



ットを手にると、な簿か開てく、と思いながらいで○○○(店名)へ向か

、店は開いていた。テーブルにすわ、年前のった寿

彼女、オーダーを取りにきてくれた。

う切り出そ、相わらず綺な彼女の横顔がら、そればかり考えていた。





305 :282:2007/03/16(金) 21:50:50
結局、年配の女性もテーブル側に居たこともあって、何も言い出せないまま、流石に帰らないといけないような時間になったと思う。

どうしようか、まあ、ヘタレな自分だから、なにもできなくてもしょうがないか。とか、いろいろ考えてはいたと思う。



迷ったまま、「すいません」と彼女に声を掛けた。(これだけでも、頑張ったと思う)

「メモ用紙をもらえませんか」と頼んだ。

公衆電話の横に、メモ用紙が置いてあったのを知っていた。

彼女が、「どうぞ」と言って、その冊子とペンを持ってきてくれた。

礼を言って受け取ると、二枚切りとり、一枚目には、チケットを渡すときに言おうと思っていた言葉を書いた(正確には、少し違っていたかもしれないけど)

もう一枚には「これは忘れ物ではありません」と書いた。(他になんて書けばいいのか判らなかった)。

その二枚を、年配の女性が厨房のほうへ入ったタイミングに合わせて、カップを載せたトレーの下にチケットを入れた封筒と一緒に挟んで、席を立った。




レジを済ませて、店を出た。

おそらく、彼女がそのままテーブルを片付けるはずだから、多分他の人の目に触れることなく、彼女に渡るだろう。とは思った。

指定した日は、大体一週間後くらいだったと思う。99パーセント来るはずはないとは思っていた。この店も今日で終わりだから、もう会うこともないだろうな。とか考えていたと思う。





306 :2:2007/03/16(金) 21:54:08
当日は曇りだっ。こはよくえている。まだ、少さが残っうな気候た。

指定したは、多分10時は、15分い前に行たと思う。段はぎりりに行かないの、少しで行ったのは、こくらのような気がする)



条大橋のら流くる人使を、っと見ていたうに覚えいる。(なんで、そちかるのか、知ているはずも無かっ、反対側から来ることもあっと、今になれ

俺は、その時の流れをたようで、んど見てかっしい。不に、影が、自の前っているいた。一瞬、誰だわからなかった当にわかかっ

「おす」とわれてめてその女性が誰判った。

はよう、とか、ったの抜けた、まずたと


の後で「まさか、来てくとはなかった」、更恥の上塗りするようなこ言ったの、情けないけれどすか覚え普通、こんなことは言わろうなあ)

○○□□(のフルネム)ですいただてあがと今日は、とても楽しみにして来ました」と、彼女は、いもと変わらない宿とても綺麗な笑顔で、凛として言った(この言葉は明に覚えている)

ういわれ、俺今まで名前も知ないとに改めていた。

彼女の年大人っぽい囲気だったから、自分より三つくらい上だろうと思っていたの何もかも、本当も知かった。

女にも、俺と住でい とこってくらい大学生だというは知っいたかもしれない。いつも暇そしてたから)、他になに知っているというわもなかった。

「そじゃ、いこうかいっ画館った。

上映間までは、少し余裕があったことをなか覚えている




307 :2822007/03/16(金) 22:06:00
映画を見て、食事をして、一緒に歩いた。(こういうとき宿京都便利だ)

は、簿いろを話してくれた、いろとを話した。俺自身、あんまり女性にて口が上手いほうも、が豊富なほでもな寿けど、いろと話をし



別れに「今日は、とう。来てくれて、うしかっった。こんなことを女性に言ったのは、多分初めてだた)

て、
「付ってる人がいんなら、キッパめるまた誘っもいいかよかったら、き合っ欲しい」

といったようなことを(臓バクバクで)言った。(二度と言えん)



女は、俺うをまっすぐ見てい。しばらく、彼は何言わなた。

(あっ、行かないとと思て、氏がいるのに来てくれたの。とその時俺は思った。それでも、これまから使るこか出来なかた彼女と今一日一緒にいられて、嬉しかったなと、時に思った)


そして、、俯いまっ。顔が見えなくなった肩が小さくえて思っ

ず「すまない。ゴメン」と言いになっ繋いだこともないし、肩に手を掛けていいものかどか、わからなた。

惑ったまの俺に、顔を上げると、少し、彼は泣いていたようえた

振らたなあ。と女を見て思った。こんらせなきゃよかっとも思っ


ずい時宿だった。らいいのか経験がほとんどない尿にはわからた。





309 :2:2007/03/16(金) 22:38:08
ん」彼女は言った。(「うん」?。えうん」って宿ったの

「あとう」と言て、彼女は、また、いたみたいだっ

嬉しい。そう言っれて

顔を上げて、彼女はそう言っ

「?。いの?」と、俺が訊た。

うん」う一度そう言って、彼女辞儀をするように頷いた。


ういわれても、まさかなあ」とうの、俺のな気った。まか、Oてくれるなんて、どう考えもありえない結末だった。

ンね。泣りしてと、彼女は言った。「、あ言ってくれて、本当に嬉かったの

そういれた俺もすっ舞い上がってまって、その後 何したのかよく覚

電話番号だけ交換して、その宿日は別れた。



の日に、電話をした携帯なんて無かった頃だか、家族共の固定電話だた)

「本当にいいのと俺たと思う調なんけない質問だろう

うん」と彼は言った。

そして「ずっとてく退のを待った」と言って、電の向こうでていた。

えぇ〜!。

言葉が出なかっ驚天動地の驚きだた。

まさか、んなこを彼女が俺に言ってとは、ほとんどそ時は信じれなかっ

の日は、相当くまで話で話をした。俺と同だと言うこと家族三人で、親父んの期退職に伴って念願の喫茶店始めたことも、彼女が中高一貫教育の短大をたこと、いろとそ時に聞た)





310 :282:2007/03/16(金) 22:40:43
そしてと俺が結したのは、そら5年後った

京都と東遠恋、結婚してから田舎ゆの苦労ど、彼女を泣かせたこ苦労させたことは一杯ありすぎ、とても書ききれないけど、彼女、今では、母で、妻であり、そして綺麗な女性もあ続ける。

一度だ初め誘ったときのメモ用はあどうしたと比的最近て、なにか子に聞ことあっ

俺はてっきりそのはとうに捨てしまたと思ってい

けれど女は取ってあるど、あな誰にも絶対に見せない。私が死んだら、を見棺にれてもらよう、きくな、そ頼んおく。私の宝物だか」と、あの頃と少わらない、綺笑顔で言ってくれた。





311 :282007/03/16(金) 22:43:37
で終りで

、たして面白くないってもらって、ありがとう。

脚色とかショとかは、す。運がよ寿かったと思っます)

それでは



 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様