2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

ある日突然敷地内に引っ越してきた嫁





969 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/20(水) 23:43:56
誰もいなそうだけど書いていこうと思う。

いつもはロム専だけど、もうちょっとしたら一回目の結婚記念日なもんで記念に。


最初に出会ったのは俺が小学校六年生で、嫁が二年生だったと思う。

嫁実家の家業が失敗して結構な借金背負って一家路頭に迷いかけているのを、嫁父の高校の先輩だったうちの親父が世話を妬くことになったのが出会いのきっかけ。

借金は親父が肩代わりして、無利子にするからゆっくり返済しろ、ということになったようだ。

んでうちの実家でも会社経営していて、そこで働きながら借金を返せばいいと。

さらにさらに家もなくした嫁家族に、自分ちの敷地内にあった蔵?みたいなのを改装して住めるようにして格安で貸したり。

まーよくやるわうちの親父も、と思う。

まあそのおかげで嫁を出会ったのだけどもね。



で、ある日突然敷地内に引っ越してきた嫁。

すげー明るく元気に挨拶をかましてくるもんだから今でも記憶に残ってる。

近くに同世代がいない辺鄙なところに住んでいたのもあって、学校から帰ると嫁とよく遊んだ。

俺には弟と妹がいるんだが、三兄弟が四兄弟になった感じで、すごい仲がよかった。



特に妹とは女の子同士で同い年ってこともあり、ほんとに姉妹じゃね? ってくらい仲良かった。

中学までは学校が割りと近かったのもあって、まあ相手をしてたんだけど、高校になると電車で少し遠くまで行かなきゃ行けなかったから、遊ぶ機会は減っていった。

ちなみに俺だけ高校が違っていて、弟と妹と嫁は一緒の高校。

しかも時期も弟三年のとき妹と嫁が一年で被ってて、時々四人で集まることがあるとちょっとだけ疎外感を感じたこともあった(まあ気のせいなんだけど)


というか弟はファンクラブ? みたいなのが出来るくらいイケメンなのに、なんで俺のようなデブサイクを好きになったのかがいまだに謎。

状況考えると弟のほうに惹かれそうなもんなんだけどな。

嫁いわく「弟ちゃんは(なぜか嫁は俺と弟をちゃん付けで呼ぶ)かっこいいけど、頼りない。

俺ちゃんは体格もがっちりしてるし、何かにつけてすごい安心する。

それに言うほど不細工じゃないよ?」らしい。

聞いたときは正直テンションあがった。

まあそんなこんなで俺が大学卒業するまでは特に何もなかった。

俺は彼女とかが出来ることもなく、このまま干からびて死んでいくんだと思っていた。




971 :969:2010/01/21(木) 00:12:58
にくかったすまんばしくれいいです

大学外の大学に行、地元にはあまなかった

も俺沿っといても生きてると思たらしく、かえって来はあまり言わなかった。

々帰る決まって嫁実家ほうの夕飯われた。

の家族総で嫁家(徒歩三十秒)行き、うまい飯わせてもらた。

代わりしているとか、されているとか、そういっ関係はまたくなった。

んとに家族るみでがよかった。



そん幸せな族づきが、嫁の親父さんの事故湿一変した。

そろろ冬いう寒い積もるなか、会社から帰宅中の嫁父を雪でスリップした乗用車轢いたらしい。

結構なスピードが出いたく、頭打ちかっあっ即死だっようだ。

話を聞いのは日の夜で、次のの始で実家に帰った

うそであって欲と思ってた。まる自分の子供のように俺を愛がっくれた親だっから、すごいすごい悲しかた。

だそ以上にの悲しみようはすかった。もともとお父さん子だったからか(春期特有の反抗期もとなかった)病院通夜でもーっと泣いていた


のお袋さん人でずに然と主を務めていた。

そんなお袋んには頼、嫁は泣くきはずっと俺のそで、時々手を握ってきたがら泣いていた。

妹でまずーっと泣いてて、弟呆然としていた。

お袋も沈んだ顔をしてたし、は無表情に何か言いたげつめていた。

とにく家中った


俺はとうと、講もバイトもあ大学に戻きゃいけないのは分かていたが、戻るのはなとなくためらわれた

続けるが心ったか俺がそばにいやらんと、と使命感が出てきていた。

二週間くらい実家に、その後自分のマンシンに戻た。

その二週の間嫁はにな屋に、ずー何も言わ過ごして、簿日付が変に自家に戻っていった。

ンションにる日は行かいで」って言ぐらいたが、「すぐにた来る」といって実家を後にした






974 :969:2010/01/21(木) 00:33:30
それからは頻繁に帰るようにした。

嫁も段々だが昔のように笑うようになってきていた。


が、そこからまた別の問題が浮上した。

嫁が大学に行かずに働くと言い出したのだ。

もともと学校の先生になりたいと夢を言ってて、県内屈指の進学校でも成績がよかった嫁だったが、父がいなくなり母に負担がかかることを気にしたようだった。

生活費なんかは絶対にうちに頼ろうとはしなかったので、母子家庭で母の収入だけでは辛いと考えたのだろう。

結構な長い期間、親子で言い争いをしていたと思う。

親父さんが亡くなったのが高校一年の冬のときで、高校二年の進路希望調査のときにはすでに働くと心に決めていたらしい。

嫁母がどれだけ説得しても折れないのをみて、とうとう説得の鬼のうちの親父が動き出した。

たった二回の話し合いで嫁陥落。

どういう説得の仕方をしたのかは教えてもらっていないが、その話し合いのあとであったときに

「俺ちゃんのお父さんにはかなわない」といってたので納得はしたんだとおもう。

そんなこんなで大学に行くことになった嫁。

もともと頭のいいこともあって、まったく問題なく大学には受かった。

なぜか俺の大学のある県と同じ。というか俺の大学とすごい近い。


俺はというと、卒業したあとは実家の家業を継ぐ前に外で修行をしようと、今住んでるマンションから割りと近い企業に就職することになっていた。

たぶん、そこを狙われたんだと思う。

二月末だったかな、急に実家から電話がかかってきた。

すげー酔っ払った親父からだった。


父「おう、元気か。お前今度住むマンションはどうすんだ」


俺「え、学生時代と同じだよ。なんで?」


父「あそこ狭いだろ。べつんとこにしろ。

今な、○○さん(嫁母)と話してたんだけど、

もっと広いところ借りてお前嫁ちゃんと住め」


俺「……え? 馬鹿じゃね? なんでだよ」



嫁は教育学部希望だったんだが、うちの県ではまともな教育学部のある大学がなくて、嫁の実力だと県外になる。

で、どうも嫁母は娘の一人暮らしが心配でしょうがないと。

たまたま俺が一緒の県だし、確か就職先が学校からも近いからもし俺さえよければ面倒を見てやって欲しい。

もちろん家賃も生活費もこちらの分は出すとのことだった。



972 :無しさん@腹いっぱ:2010/01/21(木) 00:14:07
いる一周年おめでとう!



973 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/21(木) 00:25:43
>>969
見ています。気長に待っています。



975 :969:2010/01/21(木) 00:43:41
>>972
りがう! っちゃけ誰も見てないしリアルタイムでもいいと思って書きてないん。遅くてごめん。

>>973
ありがとう がんばる!





どういうつもりなのか分からなかったね。

て仮にも男屋に自分を押し込もうって言う話だし、俺どいなだよって。

してると、やがてわることなった


母「あ、俺ちゃん急な話でごめんね。俺ちゃならおばさんごい安心できるんだけど」


えっと、俺一応男なですけど。まいですよ


母「に、うちの娘を女としてみてるの? 


そうなくって年頃だ一緒に生活するのは限界あります


、もの子してるから」


「え?」


承諾ではいが一緒もいいかなーったらしい。アホすぎるとった

、散る理由を探したが、親父に勝て、遠わしに気読みたいな囲気になってきたやけ承諾し

後には嫁姿に部屋を探てい

あ正直妹みなもんだっし、間違らなろう

むしろ今ことを考えたら起こせないだろうと

の時はってた。



自体はすぐに決まった。引越しも無事に決まった。

、三月の終わりには生活が始まった。




977 :969:2010/01/21(木) 01:04:26
嫁は最初
「ごめんね、うちの親が変なこといって」と謝っていたが、俺と一緒だと安心できるから許してくれてよかったって喜んでいた。

嫁としては、俺の近くに住めば何かと頼れる程度に考えて大学を選んだらしいが(どんな動機だよ)

まさか一緒に住むことになるとは思っていなかったようだ。


そんなこんなで同棲が始まってしまったわけだが、最初はやっぱりギクシャクした。

だって下着とか洗濯機の中で見つけちゃったりしてたしね。

当時童貞だった俺には正直そういうのは拷問だったが、ここでいろいろな信頼を裏切るわけには行かないと理性全開でのりきった。


段々この生活にも慣れてきたころ、半年後くらいだったかな。

嫁がサークルの飲み会に行ったきりなかなか帰ってこない日があった。

いつもなら早々に帰ってくるか、遅くなるなら連絡が必ずあるんだが、その日はなんもなかった。

まあ子供じゃないし、とおもって放っておいた。心配だったけど。

十二時回ったころに、携帯がなった。

嫁の携帯からだった。

が、出てみると嫁ではなかった。

嫁の友達と電話相手は名乗り、嫁が酔っているので迎えに来て欲しいということだった。

場所はマンションから近かったので、すぐにむかった。


嫁友「あ、嫁ちゃんの彼氏さんですか?すいません、飲ませすぎてしまいました」


俺「ああ、いいよ、こういうのは自己責任だから」


嫁友「酔いさめてから帰そうと思ったんですけど、ちょっと今日の飲み会に危ないのがいたんで」


俺「あー…危ないのってお持ち帰りとかそういうの?そうなんだ、ありがとありがと」


嫁友「嫁ちゃん、彼氏がいるって言ってるのに危なかったんですよ」


彼氏彼氏ってほんとは違うんだけどなー。とかおもいつつ、嫁を負ぶって帰った。

その帰り道。


嫁「ねー、俺ちゃん、彼氏って否定しないんだねー」


俺「あ、おきてたのかお前。重いから降りろ」


嫁「やー!」


とかいいながらすごい首筋に抱きついてくる。正直、女の子に体押し付けられるとかないから、興奮した。平静装ったけど。


嫁「ねー、俺ちゃんは彼女は作らないの?」


俺「てめー、けんか売ってるのか。俺みたいなのが作れるわけないだろ」


嫁「えー、結構いい男だよー?」


俺「酔っ払いに言われたってうれしかねぇよ」


嫁「えー」





>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:純愛, 青春,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様