2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

2歳から17歳まで一人で生きてきた





1 :名も無き被検体774号+:2011/03/06(日) 23:27:30.33 ID:8Y68Ovx70
はなると思うんだが



2 :名も無き被検体774号+:2011/03/06(日) 23:30:03.81 ID:8Y68Ovx70
まあ居ないと思うけど気にしない。

三歳になる少し前母親が死んだ。理由は分からない。

そこから父親がおかしくなった。



7 :名もき被検体774号+:2011/03/06(日) 23:38:00.10 ID:8Y68Ovx70
母が死んだ日、家に帰て父に話してもなんの応もない

俺がそれにを立てる、首をつに叩きた。

泣き叫父はにやら ものすで が西てて俺を殴りまくた。

としきり殴った後、父は泣きなら俺の口や体ムテープをめちゃくゃにいて物置に押み、間放置した



10 :名も無き被検体774号+:2011/03/06(日) 23:44:06.97 ID:8Y68Ovx70
ありがとう


スペック:高二

身長165cm体重50kgのガリガリ

髪ぼっさぼさ一回も床屋いったときない

放置した後、物置から取り出された俺は ひどく弱っていたらしい。

大声で泣いたら父がまた壁に叩きつけて、微妙にしか記憶にないが この世のものと思えないくらいの顔で「泣いたら殺す」と言われた気がする。

このへんはあやふや。

ちなみに これは俺の三歳のときから書いた日記を参考にしてる。



12 :名も無き被検体774号+:2011/03/06(日) 23:47:52.29 ID:nlY8nA/70
三歳の日記・・・?

文字書けるとかすごくねーか?

変な性癖とかない?!


13 :名も無き被検体774号+:2011/03/06(日) 23:48:26.32 ID:JM5dMXqh0
それ読み直したら、過去に戻れるんじゃないか



14 :名も無き被検体774号+:2011/03/06(日) 23:50:34.39 ID:8Y68Ovx70
たぶんトイレは全て漏らした。

母の死因は分からない。教えてもらってない。

そっから父は俺に飯を食わせて、その後すぐに俺に文字の書き方を教えた。

三歳児がすぐに書けるはずがないと思うのだが、そのときの日記によると最初は達筆の父が書き、一ヶ月ほどで俺が書いているようだった。

毎日夜11時まで書かされ、何度も何度も体調を崩したり嘔吐したり発疹ができたりしていたようだ。

病院には高いからと行かせてもらえなかった。



15 :名も無き被検体774号+:2011/03/06(日) 23:51:49.80 ID:JM5dMXqh0
ものすごくバタフライエフェクト思い出した


17 :名も無き被検体774号+:2011/03/06(日) 23:55:46.00 ID:8Y68Ovx70
俺の誕生日に5冊のノートを渡された。

幼稚園、小学校、中学校、高等学校、大学と綺麗字で書かれた大学ノートだった。

中をのぞくと、そこには

あいさつは かならずしなさい

とか

おとをたてずに たべなさい

とか

まいにち いえをきれいにしなさい

とか生活の決まりみたいなものが一冊分ぎっしり書かれていた。

そのときは全てひらがなで書かれた幼稚園ノートしか読めなかった。



18 :も無湿き被検体774号+:2011/03/07(月) 00:00:28.50 ID:8Y68Ovx70
うちにはデジメも帯電話もいから無理だ。めん。

あとUPのやり方もわからな

バタフフェクトっ

綺麗×→な字


そのなかに赤い字で書かれものがあっ

もえがおでいなさい と書かれて

父にいたら顔は一番大切だからだ。と言った。

俺はなん見たことがないのに変だ思っていた



23 :名も無き検体774号+:2011/03/07(月) 00:07:55.41 ID:RQP0tVE+0
フライエフクトて映があっに書いた日記を読み直使、過去にれるんだけど

分の人生を合よくようとして どんん悪なっく話で

その、主人公のお父んもを変持ってるんだけど

過去を変えたせい、頭がおかしくなって病院入れられ

>>1みてごん中々かっから
バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション [DVD]


28 :名も無き被検体774号+:2011/03/07(月) 00:22:17.57 ID:a/zQSasQ0
>>23 
ありがとう



19 :名も無き被検体774号+:2011/03/07(月) 00:03:19.98 ID:tmBiZI1VO
いいお父さんなのか何なのかよく分からんな


22 :名も無き被検体774号+:2011/03/07(月) 00:07:19.61 ID:a/zQSasQ0
父はそれから毎日怒鳴りながら笑顔を俺に練習させた。

鏡の前で毎日毎日やらされ、泣きながらニヤニヤすると血がでるくらい強く殴られた。

仕事で父が居なくても毎日毎日一人で鏡の前でニヤニヤする日々は本当につらかった。

食事も三食セブンのおにぎり一個で味は梅のみ。

風呂も自分で入るしかなく、何度も死ぬ思いをしていた。

服は成長しても着れるようにと凄まじく大きい服を何度も何度も折って着ていた。

洗っていないので酷い臭いがしていた。



26 :名も無き被検体774号+:2011/03/07(月) 00:10:05.25 ID:r3uJG0H30
周りの大人たちは助けてくれなかったの?


28 :無き被検体774号+:2011/03/07(月) 00:22:17.57 ID:a/zQSasQ0
>>26 
助けてもらなかった、記憶にも



27 :名も無き被検体774号+:2011/03/07(月) 00:13:32.33 ID:a/zQSasQ0
それでも鍵を閉めれば外に出ることは許された。俺は毎日外で遊びに行った。

隣の家の周りで五人の子供たちが遊んでいた。俺はその輪に混ざろうとして、話しかけてみた。

しかし自分で切ったらしい髪は ぐちゃぐちゃ、服はブカブカ、きつい臭、おまけにニヤニヤしっぱなしの子供と遊びたい奴なんて居るはずがない。

俺は すぐに虐められた。


28 :も無き被検体774号+:2011/03/07(月) 00:22:17.57 ID:a/zQSasQ0
といっても毎れだか、引きずりまわされるだと、仲間はずれだかかわいいものた。

しかてしまった俺は、リダー格の女の子を殴ってしま

それがすぐに子の親に尿して俺の親に知らその子の親は母と仲よかったらしく、すぐにた。

だがしてれなかった。

誕生日に渡したノート俺にさせているてのとをなくてはならなくなった

最初

ゅうしましょう



てれびはないしましょ

かだったが、中に

だれにいやおもいさせせん

とか

くらつらくても ぜいに ないはいけ

だとた。



29 :名も無き体774号+:2011/03/07(月) 00:26:21.18 ID:a/zQSasQ0
らを一生懸命守ているう幼稚園園の時が来た。

新しい制服買ってもらい、父は苦い顔をしてたが俺はめてら何買ってもってに嬉しくなってい

入園は一人行った。



32 :名も無き被検774号+:2011/03/07(月) 00:33:15.58 ID:a/zQSasQ0
ってきた後に隣のに行ってみた。

五人た仲良く遊んでいた。

しないようにに入り、仲間簿てもった。

れぞれ自紹介を、ぼくのえはSです名乗ったらい。

俺が殴ったの子A、Aと仲がいい女の子がW、いつも手をつないでいるがTとM、態度大きいのがNだ

Aがリーダーで、このりの地レベルが高人たちと仲良くし

とくべだかあんいれてあげてもよと言われ。殴られたこは忘れてようだ



35 :名も無き被検体774号+:2011/03/07(月) 00:37:56.76 ID:a/zQSasQ0
幼稚園時代は毎日奴隷的な扱い、父が帰宅する回数が減り、食事は一日に500円玉が机の上に置いてあるだけだった。

栄養のことは教え込まれたから生きていくことはできた。

ただ愛情は感じたことが無かった。


そんな普通につらい生活の中で、ある大事件があった。



33 :名も無き被検体774号+:2011/03/07(月) 00:35:18.00 ID:WWRcDHqwO
んか嫌開の予感が…


36 :名も無き被検体774号+:2011/03/07(月) 00:42:56.52 ID:a/zQSasQ0
>>33 嫌な展開しかないよ。

風呂の故障で、水しかでなくなった。

それまでお湯を浴びることができたのに、冷たい水で、体を洗うことになった。

ノートに
ひとにめいわくをかけてはいけません

となっていたので、風呂を借りにいくこともできず、父は帰ってきても風呂は入ってきてる状態なので修理を頼むこともできなかった。

夏場は良かったが、冬は地獄だった。



37 :名も無き被検体774号+:2011/03/07(月) 00:47:40.29 ID:a/zQSasQ0
というか、毎日が地獄だった。

朝は五時に起きて部屋の掃除、六時に飯を食い 7時半に幼稚園。

帰宅後は奴隷としてA達に仕え、へとへとになってコンビニに行く。

食事を済ませ、日記をノートに二時間かけて書く。

寝るのは いつも10時だった。

心身共におかしくなりそうだった5歳の春、一つだけ楽しみができた。



38 :名も無き被検体774号+:2011/03/07(月) 00:52:22.20 ID:a/zQSasQ0
近所にある図書館に行くことだ。

俺は休みの日は本を限界まで借りて、ずっと読んでいた。

本には現実には無かった俺に対する愛情も、友情も、恋愛も、何もかもがあった。

初めは難しすぎて苦労したが、だんだんと わかるようになったことが何よりも楽しかった。

俺は卒園後もその図書館の本を読みつくす勢いで本を読んでいた。



39 :名も無き被検体774号+:2011/03/07(月) 00:57:20.68 ID:a/zQSasQ0
小学校に入学してから父の家にくる頻度が かなり減った。

三日に一回、週に一回、月に一回、と学年が進むに連れ減っていった。

また、俺に対するいじめもエスカレートし、暴力が増してきた。

それでもニヤニヤを繰り返し、新しく覚えた小学校編のノートのルールを守るのに必死だった。

そして ついに小六になり、父は帰ってこなくなった。



40 :名も無き被検体774号+:2011/03/07(月) 01:03:33.94 ID:a/zQSasQ0
父は生活費だからとだけ言い残し卒業までのお金約20万円を置いていった。

生活費・卒業積立金・修学旅行日含めてだ。

あまりにも酷いと このとき初めて思ったが反抗はなぜかできなかった。というより、体が動かなかった。

卒業までは節約に生きる毎日だった。修学旅行はAの班でやはり奴隷だった。飯が食えなかった。

なんだか中学校は黒い思い出しかないから高校行っていい?




>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:これはひどい, これはすごい, 泣ける話,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様