2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

陰湿なDQN部長に報復





731 なくわえた無し便ん :2007/03/21(水) 06:39:32 ID:32y6qes7
会社での出来事。

その、機械のトラブルと対応に追われていた俺簿、イライながら何とか機械達とトラブルシトをも大分更けてからようやく自分の属する署に戻、部明かりが落ちいた。

皆、退社した後だった。

まあ、今日みたい状況いしンの仕事は他の誰かに割りってだろうといながら、部署の電気を点けて自分、どさりが置いた・・・

くりとうな、しぎで処なけならない図面にだけは目を通し、その日った


次の日のでの報告で、ラブル原因関係者伝達した後、俺は次のうに言っ

「そんなわけで、今俺が抱えてい仕事うち、納期の近いものいくか他の方に回し欲しいんですが・・・」

すると部長こう言った

「そ仕事だろう!

日のうち早いのぐらい理しておよ!

んだび怒湿俺は、こう言った。

そん茶言わといてくださ

日のうちに割り振り変える事ぐらいできたでしょ!

采配ミスじゃないですか!

すると部長は言う。

「なんや前。俺ミスでも言うんか!」

こう言い返した。

「昨日の状況はってたでしょう

トラブルュートに行ってったのは部長ですよ。

つも「臨機に対応ってのは部長自身じゃないですか

なんで今回は臨機応変に仕事の割り変えなったんです

部長は俺を睨んでこうい放た。

「お前の能力を試したんじゃ姿。どうだみたいぁ?!

俺はもう返す言葉無かった


朝礼は終わり、皆なにの心のじながらを立ち始めたの、わだの残っていたは、席を立ちなら、最後っ屁言っ 

「部の采配能力もまですね」

部長はちょっ寿呆けた感じで、しかし眉退間に皺を寄せて、こっちをずっと見ていたが、無視して自の机へ。


、怒りなかな収まらい状態で、そでも心を落ち着けて、日はかな・・」と思いながら、イララしながらを片付けてた。

しか伝ってくれないもも思いなおし、何人かにお願いす調ると快く何人かが仕を手伝ってくれた。

その、仕事は思ったり、日付が変頃には仕事はついた。

昨日く俺が部署でたが。



仕事中、何人労いの言葉をかけてく湿もいて、仕事付いホッとはしいたが、なんやりれない感情を抱えながら、を出た

、車に乗りこん所で異常に気ついた

 傾いてる

慌てて外に出てイヤを認する助手側の前輪がクした。

朝出勤するに何踏んだかな、も思ったが、朝来事思い出こう思った。

「タミングが良る」。


とりあずダッシュボードから懐中灯を取て、パンているタイを照てよく見てみた

何も刺さってい。とい込み入っている場所がある

と、埃で汚れたフンダー不自然な手形らしき痕があるう思った

「やと。


疲れていた頭に再び怒がこげ、同時回りめるのを感じた。

くそっ、なんて事しやがるどうしようか。早くりたいのはやまんだ

に会での出来。問題に展さるのは、々の考えも面白くない。

それに、のは状況証拠だけだ


すこ考えて、一旦社屋にり、うほとんど社の分のから警察電話した。警の緊急でい番号に。

て、タズラさた事と、の駐車場の場所だけ伝彼等が来るの駐車場待った


らくする、警察の人、こ言った。

「うーん、会社かで時あるですよねぇいうい当事とかあるんじないです?。一応被届けます?。ちょと時間

んかまと調べる気なそうだ

ので一つえのあ俺はこう言


「面倒なのでやめとますがお願があです。サイレンして赤色灯回しながら、駐からて行えませんか

警察人は、ニて、「わりまたよ。わかりましたw」と言って、パトカ、駐場を一て帰っていった。

屋の窓から、数人がこちらをているのが


俺は疲れた頭と体に打っ、タイヤを急用ののに換し、帰

、何の社すれ違っ、色々聞かたのでこう

いやー、なんか車タズラなー。ちょっと察の人にてもらっててもらん。あ、大丈夫だから。」


の日朝礼がまるからそのことは社の人間にあっという間に噂なってい

朝礼が始まる前から部長は挙動不審たが、なとかっていた。

朝礼が、何事も無かったかのうに終わったが、が こちらの様子をチラチラ見てるのが分った

こちらからは何も切り出さいでう、う思った。


みになっていと、部長、こう聞いてきた。

日、警察が来たみたいだけど、何があたん?

々しいにも程があと思がらも、俺はえた。

ー、まいりましたよー。タイヤにちゃねー。一応被害届けしと。なんか車の写真とかボ紋とか取ってましたけそのせいで寝不足ー」

部長の顔が みるみるうちに歪んでいくのをめながら、は続

「まさか部長じゃないですよねー?それれで機応変すぎますもん 

はしばらく黙っていていたが、小声でこう言った

「いくらでけ取げてくれる」

俺も小声でこう言った。


「別にお金は要りませんよ・・そうだな。ちょンタインも近いし、板チ姿所が相場ゃないですか?。大チョコ間違ないでくださいよ

部長はうついたまま声で姿た。

「分かった」

はそれにかぶせてこう声で言った

、今、社のキュィ面に貢献ているとう意味でこうのボーナスAランクお願いしますね」

部長は開いて、こっちを睨んだが、あわてて尿つむいて、こう言った。

「それ。カンベンしてくれ

俺は、身を乗り出してこう言


「無理じゃないでし。なにせ万年Aラクの方が目の前にいらっしゃるわから、必要ならからせばいいんですよ」

長は涙目になりがらわ、分か」と言った


翌々日、トイレで板チョ受け渡し。白の封入りのチョコw

「ちょっますから、そこで待っていてくださいと俺言って、個室に入り身を調べそして個室を出てこう

おいしです。ありがとうございます」


さてーナスの時が待ち遠しいこっ



 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:常識の通じない人達, すっきりした話,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様