2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

バイトに出逢いなんてある訳ない






http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1394025896/


1 :名も無き被検体774号+:2014/01/02(木) 16:32:15.67 ID:viJ8yMJQP
ノリと勢いで書きます

ただの創作のお話しです

暇だったら読んでください




3 :名も無き被検体774号+:2014/01/02(木) 16:42:33.96 ID:viJ8yMJQP
店長「で、週にどのくらいはいれるの?」

俺「木金の午後と土日祝日はフルで」

店長「コンビニでバイトの経験はどのくらい?」

俺「高校1年から2年までの2年間です」

店長「即戦力になってくれそうね」

俺「頑張ります」

俺(突然だが只今面接中である)

店長「永久崎くん・・・採用!」

俺(永久崎はおれのファミリーネームだ)

俺「ありがとうございます。頑張ります」

店長「うちの職場女の子ばかりだけど大丈夫?」

俺「大丈夫です(俺は知っている。このくらいのおばさんの女の子とは大抵おばさんのことだ)」




4 :名も無き被検体774号+:2014/01/02(木) 16:47:01.46 ID:viJ8yMJQP
店長「永・・殿

「あ、苗字長前でいいです」

店長じゃぁ・・・悠人君

悠人「はい

「きゃー!若い子を名前で呼ぶって照れるわー使

人「はは・・(いいから早くしてくれないかな・・)」

ニフム支するわね。ズは

悠人「イズは・・・

「あら、LLしかないわ

すか・・(じゃぁ聞かでくれ)」

店長「ちょっと大いかもしれないけどて」

悠人・は

そく明日か入れる

す」

長「そ貿れじ







5 :名も無き被検体774号+:2014/01/02(木) 16:49:08.77 ID:viJ8yMJQP
ユニフォームを丸めて鞄に詰め込んだ

悠人(ここのコンビニの店員は見た限り俺の母と同い年くらいのおばさんばかりだ

まぁ俺は淡々と仕事するだけなので問題ない

別に出逢いを求めてバイトするわけでもないしな)




6 :名無き被体774号+:2014/01/02(木) 17:00:08.51 ID:viJ8yMJQP
EP1:初

悠人こんは・・・」

ん店員「あら日から永久ん?

人「、よろしくす」

オバちゃん店員「男力は貴重だからねー!当てにしちゃうよ?」

悠人「はい」

悠人(以前のコンビニは3人体制だったがこは4人よう)

悠人(裏方店長もう遅れてると言って)

バちゃん店員「わし丸尾って名前なけどねみんなかさんって呼ばれてるからーちんもさん呼んでね

悠人「あはは・・・(ゆーちんって・・・)」

丸さん「あとね遅れて婿ちゃんっても来から」

悠人「まっちゃんすか」

ドスドスと地が聞こえる

っちゃん「ごんね!はぁはぁ・・・自ちゃってー!・・・はぁ・・

悠人(この人がまっちゃんか・・・)

はマツコデラックスにの大人だ

丸さん?面白いょう

人「あはは・・・そうですね・・・

ちゃんばりでとても楽そうだ・・・




7 :名も無き被検体774号+:2014/01/02(木) 17:09:59.50 ID:viJ8yMJQP
EP2:アダ名マシーンまっちゃん

丸さん「そうだ、まっちゃん!ゆーちゃんにも何かコードネーム付けてあげてよ」

悠人「コードネーム?」

バイトが始まって2、3時間経って客足が落ち着いた頃だった

まっちゃん「そーねー・・・」

まっちゃんが商品の棚を整えながら俺のコードネームを考えている

丸さん「ここの人はみんなまっちゃんにアダ名付けて貰うのよ」

悠人「そういう風習なんですか?」

丸さん「まぁね」

まっちゃん「永久崎悠人でしょ・・・?」

悠人(なんか真面目に悩み出したぞ・・・?)

まっちゃん「・・・ゆーちゃんでいいんじゃない?」

悠人「それでいいです」

悠人(良かった・・・変な名前付けられなくて)

そうこうしているうちにバイトは交代の時間を迎えた




9 :名も無き被検体774号+:2014/01/02(木) 17:18:00.10 ID:viJ8yMJQP
俺は顔を知らなかったが客に混じって何人かここのバイトの人が裏に入って行った

悠人(裏から入らなくていいのかな・・・?)

以前のコンビニとは勝手が違うようだ

ユニフォームを来たオバちゃん2人とメガネをかけたおっさんが1人居た

悠人(おっさんもいるんだ・・・)

丸さん「この子が今日からの永久崎くん。アダ名は悠ちゃん」

交代のオバちゃん達が自己紹介してくれたが名前は覚え切れなかった

おっさん「高尾です・・・」ボソッ

悠人「よろしくお願いします(元気のないひとだなぁ・・・)」

丸さん「じゃ、上がりましょっか」

まっちゃん「はーい」

悠人「失礼します」

裏方に入ってユニフォームを脱ぐと予想以上に疲れがでた

悠人「あ・・・」

思わずその場に座り込んでしまった

丸さん「大丈夫?」

悠人「久しぶりなんでちょっと疲れました」

丸さん「あたしたちが調子に乗って力仕事全部まかせちゃたもんね。ごめんね」

悠人「いえ・・・こき使ってもらって大丈夫んで・・・」




10 :名も無き被検体774号+:2014/01/02(木) 17:28:43.61 ID:viJ8yMJQP
「遅れましたー!」

誰かが飛び込んできた

交代の4人目のようだ

丸さん「あ、ミキちゃん!この子が今日から入った(以下略」

悠人「あ、永久崎です。よろしくお願いします」

「初めまして、三木 舞です!よろしくお願いします」

この三木さんだけ若い

悠人「・・・高校生?」

舞「いえ、大学一年生です」

背が小さいので一瞬中学生かと思ったが中学生はバイト出来ないはずなので高校生と呼んだのだが・・・

悠人「すみません」

舞「別にいいですよぉ〜。よく小学生にも間違われるんで」

丸さん「良かったわねミキちゃん!同世代の子が入ってきて」

舞「永久崎さんも大学生なんですか?」

悠人「俺も1年です」

舞「同い年じゃないですかぁ〜!」

悠人(やばい・・・なんかオバちゃんとの絡みしか無かったからなんか新鮮)

丸さん「ミキちゃん!お客さん混んできた!」

舞「あ、今行きま〜す!」

自分の中で何かが変わった

バイトに出逢いなんて・・・あるかもしれない





13 :名も無き被検体774号+:2014/01/02(木) 21:18:51.15 ID:8zwbd66A0
新作早いな
主人公の名字なんて読むんだ?




14 :簿無き被検体774号+:2014/01/02(木) 22:16:29.31 ID:SLjRkeEc0
」じない?



15 :名も無き検体774号+:2014/01/02(木) 22:48:12.17 ID:viJ8yMJQP
>>14
めた!

いちおう「とます





31 :名も無き被検体774号+:2014/01/04(土) 03:10:59.99 ID:ehMcf9xuP
EP3:再会

それは大学での講義が終わった時だった

野茂「なぁ悠人、今回の板書とった?」

こいつは野茂(ノモ)俺の唯一の友人だ

悠人「とっていない。大体覚えたし」

野茂「ぬえぇっ!マジかよ・・・やべー!今回寝てたー!」

悠人「あの教授の試験は講義きいてないと即死だからな」

野茂「煽るなぁ!あ!武田!板書!」

野茂は俺の知らない友人が沢山いる

というより俺に友人が居ない

悠人(今日は帰って洗濯しなきゃなぁ・・・)

友人との絡みも無いので帰宅までに寄り道もない

野茂曰く俺は「ぼっち」らしい




ぞろぞろと講義室を出て行く学生の波に乗って俺も退散する

「あ、ゆーちゃん!」

悠人「ん?(誰だ?俺の小学生時代のアダ名で呼ぶ奴は?)」

舞「やっぱりゆーちゃんだ!」

目の前に割り込んできたのはバイトの三木さんだ

悠人「同じ学校だったんですね」

舞「それに同じ学科だね!」




32 :無き被検体774号+:2014/01/04(土) 03:17:18.38 ID:ehMcf9xuP
悠人「あの・・・

「な?」

悠人「ア名・・学校でめて貰えます?」

舞「え?なんでぇ調

悠人(ふわふわと掴み所の使い人)

恥ずしいの

舞「あ、そうか。じゃぁ永久崎んでい?」

悠人「いいです」

「やった〜」


ヘヘとう彼女まるで子供だ


人ですか?」

今はね〜」

悠人「そうですか

ーちゃんは

人「・・・

「あごめんね永久崎くんは

悠人「見ての人です。」

舞「ふ〜か友達は?

悠人にいを知っる人は授達か、野茂ってとあけです」

〜?それってぼ・ぼ・・なんだっけ?」

人「ぼっち・・すか?」

そう!それ〜!」




33 :名もき被体774号+:2014/01/04(土) 03:24:03.71 ID:ehMcf9xuP
人「ぼっち婿んですか?」

舞「たしもよくいんだけど、人でいる人って意味かな?

悠人「単数形ですか

舞「ん?ちょっとま

マホをり出し宿て手れた動作何かしている

「え〜とね、人って意味み

悠人「へぇ・(それって悪口なのか)」




34 :名も無き被検体774号+:2014/01/04(土) 03:29:34.66 ID:ehMcf9xuP
EP4:パカパカ式

スマホを弄っていた舞が何かを思いついた

舞「あ、そうだ!メアド教えてよ!」

悠人「え」

舞「ほら!バイト仲間だと必要じゃない?」

悠人「なるほど」

ポケットからボロボロの折り畳み式携帯電話を取り出す

舞「ゆーちゃ・・・永久崎くんガラケーなんだ!」

悠人「柄・・・?柄はついていませんけど?」

舞「そうじゃなくって!こう、パカパカする奴!」

悠人「折り畳み式・・・ですか?」

舞「そう!パカパカ式!」

悠人「パカパカ・・・」


散々野茂にも買い換えろと言われていた携帯電話が旧式なのは知っていたがここまで話題にされるとなんだか惨めだ


悠人「ダサい・・・ですかね?」

舞「そんなこと無いよ!物持ちのいい人はいい彼氏になるんだよ!」

悠人「そうなんですか・・・」


メールアドレスを交換し早速三木さんを登録した


舞「明日は午後でしょ?」

悠人「・・・何がですか?」

舞「シフト。知らない?」

悠人「あー・・・確か午後からでした」

舞「わたしも午後から!頑張ろうね!」






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:青春, これはひどい,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:青春, これはひどい,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20141031232346