2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

逆転




人生にとって一時の成が、てでないし、失敗も終わではないと近頃思うです

きていれば、色々な体験をするものですが、それ真剣に向き合う事で、初、経験が分のもして間の厚みになのではないでしょうか。

何処にでもありな、下らい話ですが、薄っに生きてきた私には貴重となりした。



私は、そこの大学卒業し、はあせんが一様地元で名の通った企に無事職した。

俗にう、苦労知らずのを歩んでのだと

自分りには挫折も味わったつもすが言わると、そんなのの甘だと冷やかれてまいます

人のみは10年も我慢出と言すが、私そんな感覚で自は大た物で、悩みは小さにしか感じられな俗物なのだと覚していす。


な私が2歳で後に入したの妻と職場結したのです。

当時は、野性的な美人ながも、性的な雰囲が その風をよいイパクトし、男性社員から かなり人気でした。

職業柄、女性社員の多場でこれ程、人るの珍しい現象でしたが、私は、私で まぁまぁ容姿び人でしたから、派手なのがいなと思うくらいに思わずれほど気にるでもなく過ごしてました。

女は、多数の男性社員からデーの申込みを受たようですが、食事を付き合う程度も真剣な交際展せず、身持ち堅い女で通っていました

振り回された達が高ビーな女、悔しれに言って回っているのを耳た事なくあ

その結果が、今の私の変わっせ?に結び付くのが・・・・

至るまでに、までの観がわってしう経験をししまうのす。

--------------------

とはあるジェトで同じチームとなり、残業続きで、帰りが遅く、一に食事や行く増えでお互いに親密になっきましたが、私にとってガールフレンドの一人にし過ぎません。

ましてや、同僚達が言ように身持ちの堅い女なら、そ以上のりはが恥掻くだけと思いある程度の距を取るが賢明だろうとっていたのです。イドけは高いもので


る日珍しく酔女の口から意外な言葉耳にす。

私は貴方にちょっと味が有るんですけ先輩うですか?

?僕

「・・・そうです。不良ぽくて、も仕事をしてる時は真剣でンバスな所力をとも感じます。今迄いい男はぱいたけど、先輩みたいな人は凄く年上のにしか、いなたわ」

さり使なく言ってのけるのです。

まさ女から そんな事を言われとは思ってもみなかっで、かなり驚いたので

若かいもの知らずで、納得の行い事であれば上司て掛かるのも日常の代わり仕した

、そんな若者もなかったで、女社員に支持れたのだ思いす。

時の妻も異質な雰が気に入たのも知れません。

気の強そ顔をいるだ殿って、こんな時は積極的なのでしょうね。

それも私は男です。「それは光栄だ等と格好付けていまたが、の下はた事でょう

男ですから、そんな言われて嬉くない分が、これを機に際したとも思わなかったのは、れなりに交際相手かったからだと思い

識していた訳ではなが、そんな度がに映ったのかもしれません

れが女心を掻きてると計算はしていませんでしたが





稿れからもの女から声掛りが頻繁で、そまでガールフスフレド)としずつ疎遠にならざるおません。

彼女の押しにけ、付きいが始ると同達のやっかみ多かすがそれは私のライドぐるでしかありません。

しかしへの風りもそれなりで、庇うの一苦労したのをす。

そんな事もあって婚を機会に退職さました。と言うよりは、婦での勤務は認めらずらい古い習慣る職あったのがきなしたが。


し早はありましたが、同じ年齢の他会社に務者よりも少し給料く、贅沢を婿れば行けるだろうと思いしたもです。

、厳しい生活だたなぁ頃は


年も経ないうちに2の娘にまれ、そりに幸せでしが、予想以上に勝気な妻の性に手を焼き幾と無になりうな喧嘩ものです。

何せ予想はしていたのです、こんな凄いのありまん。何とも表現うがないのす。

は、が世間知ららと言われれ寿二のも出ないのすが、く参ったのは、どんな正論をうと自分のえを絶対に曲げです

今となっては妻からのアプローチでなく、私が熱に言い寄ったのが結婚の理由だと当り前のよに言っはばかいのす。

事が万事調ら、想像ば、御理解い頂いでうかにそんなもすかね

理論しても理解しうとい態は、宇人と暮らていのかと思っものです


そんな妻との生活すが、それなりに幸感じた私はび人面影もなく活をいたのです。

何せ婚事態経がないの、こんのだうとんでいたもした。

私には、苦痛える時も多々ありますが、せそうなをしる他の夫婦も裏までりません。

格的には合わなれないが、人前に出し慢の出来る容姿を持って そうはいない。

生経験浅かっょうね。そんなで自分を化しした。


しかし、そんな生活だは、満足ていなったようです

--------------------

日、妻専業婦に飽き足らなくったのでした

「貴方。仕てもいら?千秋が勤めて会社で人を募てるの方が良たらんにしてって」


秋とは妻と同期で入ってた社員で、やっ結婚を退職しすが、その後、1人で子育て妻の今も続く友人です

仕事かぁ?生活に困っているじゃないんだ。に歪が来るよなら認めないぞ


「大丈夫よ。残業ないっ時に終から、どんなにても6時には帰

それから意をして、充分に調迷惑を掛けない思うの。

ねぇ子供達も手がらななっいいでしょう?

私このまま、糠みそ臭くりたくないの。御願いしょう


の頃、まだ娘達人とも高校生で

い時間仕事ならまも、時か時迄タイムなら影響はないか?

女は家の中の事をしていとはわないまでも、臭い考え方がないと定は出来ません。


子供達の話はどうるんだ?」


「あの子達には、もう許を得の。えって私時中居ない方がいいみたいよ。勿論誰にも不自由はせないわ。だからいいでしょう?


それ、習い事したり、娘の学校の役員をしたり、積的に社会に関わって来てはいたのですが上昇志強い彼女にない生活ったのかも知れません。

確か供達は高校生で調はありますが、過度渉はしな、全て責任教育が行き渡り、問題を起こすありませんでし、親も好きにしたらと言うでした。

殿んな子達に育てたのら、今迄ってくれていた

思うと、私は迄通り家庭を守っていてしかったですが、妻使反対す事が出来ませんでした。

勤め始めた妻は生ききとでは反申し訳思いもました

束通り、帰ると食事の用意も出ていて、今迄と何も変わない生活を送る日々で

それから1年程経っ、微妙な変化訪れ

--------------------

勤めてらく私より早く帰り食の用意もんとて、職場しも、私が煩いと思西程していたのすが、1年位辺りから、あまなくなりした

職場の話を振っても、曖昧ぐらかすのです。


ころか、帰宅時間も遅くなる事が増えきたの

も早方ではあませが、それよも遅しばしばす夕食の用意もてありま

子供不満を漏らすのも無理ないでしょ

い帰宅時の妻私と目をる事を避けるよず浴に向かます。

か変だな。何か有るかもな』

然、念が湧調す。


る時堪りかは妻に掛けました

めのと違うんじゃなかな?

れば遅くなる事もあるだ

かし、こう頻繁で。子達が文句うの前だ思う

に差し支えるうなら考えもらない


私の問いには勝気な性格を間見せます。

「私はこれでも会社でがらるの

言っちゃなんだけど、その能なりはが出来るの

この所遅くなる事が多いけれど、子供達にはゃんと連絡るわ。



貴方だって妻がで必湿要とされていを喜んもいじゃないの」


う言うは、般若の面を連想させるものなので

こうなると何を言っても水掛け論になってい、い思いをするだけでし

これまでに度と験してきたな一です。


・・約束だ。なべく早くっていよ


「貴方に言われても分かるわ!」


気が強いのにも程ます。いつもこの通り自分げませ

ない話し、私はそんな妻と議論するが嫌の事は避けいました。

夫婦なものだろ言いて来ましが、これからの長夫婦活をレスとないまた。

私もけっして温厚な方どちら侭なだだっ子だと自覚していま

『この結婚は失かもしれない

こんの片隅を占める正直な気持ちです。何度そんな事を考えたろう

子供達には申し訳ないが自分達の考えの違も語り合ないこのまま時が経てば、必然的に会ない、冷係になってしまうのではうか?

んな夫婦なかもしれません。

供達にとって本当の幸せなのだろうか

しかし、私疑念は少しだけ晴れたような気がします。

幾らなでも、妻が不倫に走っていたなら、あん方は出来ないだろう

甘いです?甘いですよね。私もそう思い

でも、その時はれならそれでいい

その時は私の腹は決まってる。

そうなのす。

私はの結婚を失敗と、もう心のでは結論を出してたので

にはているところがあっても、もう少しのだていま



はある決断をしていた。

が高たら婚もめたこれらの話し合いを持とうと。

のそんな考を見透かすよう、次の日は、私が宅すると妻は既に家に居て、珍く頭を下げきます。


「貴方、昨はあんな言い方して御免さい

とは思っている。で、私は素直に認めらいのよ。分かっているんだど出来な

貴方な思いを思うわ。本当にごんね。

それで、昨日の事だけど、なるべく残はしないようにする

今日、部長に御願いした了解してくたの。

も、水曜日だけはしてて。、週に1日だけは許し


そんな妻の態度らっ、まも妻のペースに乗せられいます。


週に1日くらならしょうないな。後俺にだし、子ゃんとやってくれよ」


分かってます。せてちょうだい。貴方は仕事に打ち込んでね」


週に1度残業くなる。それ許可した私。

しも妻疑念抱くな事をしているなら、それ了解したのも同然でしょ。間抜す。


しかし、水曜日業と定されたら、証拠を掴むのもになったのがです。

まあ機会が来た寿そうしよう。疑が、また頭をたげますが面倒臭いのです


離婚と言言葉がだ時から何事にもな感じで後しにしてしまいす。

に、あ妻は、どんな感情を抱いているのでしょう

きっと、面白情けない、ものぐさな男といる事でしょ

でも、からこん男だっではありませ。私も言ういたのです。

かし、の結末が私のんでいるものとは違い、気持てしまったのでしょ

ころを他人が見ら、きうだつの上がらない駄亭主に映だろうなと思います。

供達も、っとく遣えばのにと言われほどで簿すもの

疲れにそな事疲れ

か、そんな時が来も男ちんと落し前はると思っていても、時は訪退んでした。

や、そんな時もきげてしまうのろうとさえたもです

--------------------

妻のの水曜日て来ま

やはり、帰宅私よも遅いようです。

食事は娘達が意しれる綿で困りはしません

後の妻の様細かく観察してやろうと思ってい

10時とうは帰

はり、視線を浴室へと向いま


「食事はすんのか?少し話しなか?帰うそ風呂でもだろ



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:修羅場・人間関係, 浮気・不倫, 寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様