2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

逆転






とって一時の全てではないし、失わりいと近頃は思うのです。


生きていれば、々な体験をするものですが、そに真剣に向き合う事で、
めて経験が自分のものとして人間の厚みになのではないでょうか
にでありうな話ですが、薄っぺら生きてき私には貴重な勉強とした


そこそこの卒業し、全国ではありませんが様、地元で名のた企業に無事就職しま
人の労知らず歩んでいたのだと思います
自分なりは挫わったつもですが、人に言わと、
そん世間知甘ちゃんと冷やかてしまます。


人の痛みは10年で我慢いますが、
もそんな感覚で自分の悩は大しで、
の悩小さな物にじられない俗物のだと自簿ています。


私が3年後に社した今の妻と職場結婚したです
入社当時妻は性的な美ありながらも
個性的な雰囲気がそより強いイクトに
社員からかなり人気がある存在宿た。


業柄、女性社員の多い職場で
程、人気の出るのも珍しい現象で
は、私でぁまぁ容姿で遊び人で婿
手なのがいなと思うくらいにし思わず、
それほど気るでもなく過ごしていました。


彼女、多の男社員ート申しみをていうですが、
食事き合う度で誰とも真剣際にせず
身持堅いっていました。
り回された男達が高ビー、悔し紛れに言っているのをた事も何度となくあります


その結果の私の変わっ幸せ?に結付くすが・・・・
し、ここに至るま、これまで生観が変わっ経験てしまうす。


とはクトで同となり、業続き帰りく、
一緒に食事や飲に行く機会が増退えたお互いに親密になって行ました
私にとはガールフレの一人にしか過ぎません。


まし、同僚達が言うように身持ちの堅い女なら、それ以上の深入り私が恥を掻くだ思い
程度の距離のが明だうと思いたのす。私は便だけは高いのです



る日、った女の口から意外な言葉をにしま
「私は貴方ちょと興有るんですけ先輩はどうですか?」
に?」
「・・・うです。何不良っくて、仕事をている時真剣で、アンバランスなに魅力をとっも感じます。今迄いい男はいっぱいいけど輩みたいな人は殿稿人にしか、いわ」


りげな言ってのけるです
まさ女からそれるとは思てもみなかったのでかなり驚たのでした。
かった怖いもの知で、納得の行かない事であれば上司にも食っ掛かるのも日常茶飯事その代り仕事に真摯で
な若も少なかったの、女子社員に支たの思いま
この時の妻もな雰囲気が入っのかも知れません。


の強そうな顔をけあっこん極的なのでしょうね殿
れでも私はです。
「そな」等と格好を付けていまたが、鼻の下
男ですか、そんなことを言われて嬉しくな分けはりませんが、
簿れを機に交たいとも思わなったのは、
なりに際相手がからだと思います。


意識いた訳ではなですが、な態度がクールに映っのかもれまん。
が女き立てるはしていませでした


れかうもの、彼からお声掛り頻繁で、
それまールフレンド(セッスフとは少にならざるおえません。


そんな彼女の押しに負け、付き合い始ると同達のやっみも多かったです
それはプライドをくぐるのでかありまん。


かし、彼女への風当たりもそれうの労したのい出します。
そんあって、結婚を機会に退させした。
言うよりは、夫勤務はめられずらい古い習がある場であったのがな理したが。
少し早い結はありたが、同じ年齢の他会社に務める者よ少し給料も良く
贅沢しなけれ食べけるだうと思い決断のです。
れでも、厳しい生活だったなぁ、あの頃は。


年も経たないに2人の娘にも恵まれ殿
なりでしたが、予上に勝気な妻の格に手をき幾と無く、
婚になそう姿稿ので


予想していのですが、こんなのは経験がりません。
何とも表現のようがないのです


それ私が世間知らずだかわれ二の句も出な
く参は、どんな私が正論をうと自分の考えを綿対にないです。


は妻からアプロチでなく、私が熱烈殿寄ったのが結婚と当前のように言ってからなので
が万事調子ですから、想像して頂ければ、御理解いでしょうか
一般的そんなもですかね?


に話ても理解しようとない態度は、宇宙人と暮ているのかと思ったのです。
んな妻との生活ですが、それなりに幸せも感じていた私
遊び人の面影もなく平生活をってたのです。


せ、ないので、こんなものろうい込んいたもした。
強気性格は、苦に思貿える時も多ありますが、
幸せそうな顔をしる他の夫婦も裏側まで分かりません


格的は合わいかしれいがて自慢の来る容殿姿持っいる妻はそうはいない
私は人生経験が浅かったのでね。そんな事で自を誤魔いまし


かし、妻はそんな生活けで満足してなかったようす。
ある日、妻業主婦飽き足らなのでた。


貴方。てもかしら?千秋がる会社人を募集しての。貴方が良かったら社長さんに推薦しくれるって」


秋とは妻と同期入ってきた社員
やっぱり機に退職しですが
、離婚し1人で子供を育ている妻湿今も友人です。


仕事かぁ?生困っいる訳いんだ。生 歪が出来るうなら認められぞ」使


大丈夫よ。残業はないって。に終るからどんに遅
れから夕食の用意をしても、充分に貴方には迷惑ないの。
ねぇ、子供達も手掛からなくなったしいいでしょう?
まま、糠みそ臭くなりたくないの。い。いいしょう?」


その頃だ娘達人とも校生です。
い時間の事ならまだしも、時から5時迄のルタら影いの
女はの仕をしていればいいは言わないも、古い考方がなと否定は出ませ


「子供達の世話はどうするんだ?」


あの達には、もう可を得てる。かて私が四居ない方がいいみいよ。勿論、にもさせな。だからいでしょう


れ迄、習事のサクルに参たり、娘の学校のをしり、
積極的に社会に関わって来はいたですが、
上昇志向のには物足りな生活だったかも知れませ


確かは高校はありますが、過の干はしいが、全ては自任と言うが行き
問題す事もありませでしし、にも好きしたらと言う態度した。


こん な子供達たのです今迄くやってれていたのでしょう。
れを思うと、私は今迄通り家庭を守ていて欲しかっのです
妻のみに反対する出来ませんした。


勤め始妻は生き生きと、私が内心では反対した事訳なく思もしまた。
約束通り、帰ると事の用意も出来ていて、今迄と何沿わりい生活を送る日々で
それ年程経っな変れま



***


てから暫らくは、私より早く帰り意もちゃんとして、
での話しも、私が煩と思う程していたのすが
1年ったりかあま話したがなくなりました。
場の話を振っても、昧にはぐらかすのです。


それどころか、帰時間くなる事増えのです。
 も早く帰れる方ではありませんが、それよりも遅い事がしばしばす
当然、夕食の用意もしりませ
子供が不満漏らすのも尿いでし
い帰時の妻は合わせる避けるようにまずに向かいます


『何か変だな何か有かもな』
宿然、疑が湧起りま
時、堪りかた私は妻に問けました


「初めの約束と違うんじゃいのかな?仕してれば遅くなあるう。しか、こ頻繁では。
が文のもり前だと思う。家事に差し支えるようなら考えてもらわ


いに勝気な性格を垣間見せます。


「私はこれで会社重宝がらてるの。
っちゃなんだけど、その無な男よりは仕事来るのよ。
この所遅くなる事れど、子供達にはちゃと連絡してるわ簿
方だっ調て妻が会社で必要とれてを喜んでくれてもいじゃの」


う言う妻の顔は若の面を連想さので
ると何を言っ稿論になっしまい、気まずい思いをするだけでしょう
でに何度経験してき嫌なす。


「・・・約束約束だ。なるべく早く帰って来いよ」


に言くても分かってるわよ!」


気がいのにがあります
いつも通り自分の意見を曲げません。
情けない話し、私はそんな妻と議論するの避けていました


夫婦もこんなもの使ろうと分に言婿はいたが
これからのい夫婦生活をえるとストっていました


て温厚なでなく、ちらかと言えばなだっ子しています。
この結婚は失敗もしれない』
んな時片隅を占正直な気持ちです。
んなを考えただろうか


子供達には申ない、自の考方の違い語り合えないで、
このま時が経ば、必然的話の、冷たい関係になってうのではいだろう
いや、もうそんなのかれません。
れが子供達にとって本当の幸せなだろうか


しかし、私の疑念少しだ簿晴れたような気がす。
幾らなんでも、不倫に走ていなら、あんな言方は出来なだろう。
甘いですか?甘ですね。私もそういます。
でも、その時は、それならそれでいい。
その時は私の腹はまっいる


そうのです。
私は婚を失と、もう心の中では出していたす。
し抜けているとがあても、もう少し優し女性が合っているのだます。


はある決断ていした
供達が高校したら、離も含めたこれか話しいを持とうと


そんな考えを見かすように、次は、私と妻は既家に居を下げてきます。
「貴方、昨日あん言い方して御さい
悪いとは思っているの。も、素直に認められないのよ
分かているど出来ない
に嫌な思いさせ思うわ。
本当にごめんね。
、昨日の事けど、なしないよする
今日、部長に願いら了解たの。
でも水曜だけはしてくれって。
貴方、週1日だけは許して」


んな妻の態度食らた私はたしても妻ペーられまいます。
1日くらしょうがない後の日は俺にはま、子事はちゃんくれよ」
っています。任せてちょうだい。貴方は仕事に打込んで


週に1度残業で遅くなる。それ許可た私
妻は、私が疑念を抱く様な事をしているなら、それを了のも同然でしょう。
間抜な話です。


しかと指定されたら、証拠を掴む容易になったのが
まあ、機会がそうしよう。
念が、また頭をもたげすが面倒臭いのです。


婚と言う言葉が頭にかんだ時から、何事にもこな感じで後回してしまいます
あの妻は、な感を抱いているのしょう。
きっと、面白みのない情けものぐさな男とている事でし
も、初めからこんな男だった訳ではあせん
言っていたです


かしそのが私の望んでいる尿とは、気持ち疲れてしまったのでしょう
んなころ他人が見たら、きっとうだつの上ない駄目亭主に映るのだろうなと思います。
供達にも、っと男らしり合いいのにとわれるほ


疲れ本当に婿事に疲た。
何時、そんな時ら俺も男だ。
きちんと落し前付けるとっていて、中々そん時は訪れませんでした
、そな時もきと逃しまのだろうとさえたものです姿


妻の残業のって来ま
やはり、帰宅は私よ遅いよす。
は娘用意しれるので困はしませ
私は帰宅後の様子を細く観察してろうと思ってい
10時って帰宅し
やは私に視線を合わさず浴室ます


「食事はすだのか?少ししでもし?帰るそそう風呂でもないだろう
にしる。汗を掻いて持ちいのよ。シャワーを浴びてくるから少待って
そんなに汗をく季節でもなだろに」


私は妻に疑われてんじゃないのかと思わせたので
んなをするろうか?


「そん事言ったって、気持ちしょうがないでしょうるわよ」
妻はその時も私と視合わようとは


ワーから上がった妻にの事と、やはり余り話したがりません。
め初めとい、今は事は楽しど、
それだけ責任もて家は仕の話はしたくうで
が言うな事を言っています。
それに西めて1年足稿そんなにる仕事をれるもなのか?
会社にも色々あるでしょ
ましてや、妻の務先はに大会社でありません。
自分で言うように、男以の仕事をするなそんな事もないとは言えまんが


でも私疑っています。
んな目で妻を見ているのそれか言いいは幾度かあました。



4年が経ちました
娘達もに通うようり、私が以前ら、心ていた時期が来ているの
と言うと娘達に手掛からなくなったをいい事に、
週1回の残の約束を全く守らななっていす。


の事をきっかけに、妻と互に向い合う覚悟た。
綿遅くに帰宅した妻に私は声を掛けます。


「も仕事を辞めてもいいんじゃな
俺ももういい年だ。家に帰って分で食事意をすはきつい。
約束に週残業で済まないなら仕事は考れないか?」


「食事用意なら、子達にしてもらえばじゃ
あの子達ももう大人なんだからそのくらいてよ


つら事情があるだろうイトでった勉強もしい。そう毎んでもいられないよ」


の時妻は言わない方い事を口にします


そんなに私事をすのが嫌ら、別れてもいの。子達もも入っ理解してくれる。私離婚してでもけたの」
「そ俺達活よりがそんなに大切か。分か考えてみるよ」



妻は私がこんな反応をするとは思ってかったのでうか
すがに目を然とした表情で見返しまし姿
そんな妻を無視して寝室かいす。
私の表情は妻とはで、満面のが浮かんいる事でしょう。


私から言なければらない事を妻が口す。
は何一な事をしなくていのです


このまますんなり離婚となても、慰の何だのと煩わい事便るでしょ
その時は、少しでも有利な立場に越はありません
私が疑っうな事をしるのなら、証を掴婿です


事にいては、1ヶに興所にんでります。
月分ともなば、かなりのお金も掛かりますが
そのくらへそくりは持っていました


の慰謝料ましての男から慰謝料取れる事考えと安のでしょう
翌朝、何か言たげなを避け出勤しました。
りに所に寄るのが楽しみです



仕事もそここに定時退社した私は、興信椅子に座ていまた。
んな場所に居る事が心バフバフさせていま


その結果、残な事にと言うのか、予想り、
男と入るところと、出て来た真に写れていま
ックスの現って訳ではないですがに嫌らしい写真もので



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 修羅場・人間関係, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 修羅場・人間関係, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080627065107