2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

接待で慰みものにされ続けていた妻




はあるサークルで妻とった

と言う訳でも無く、特に目立つ存在では無かっ、笑顔が可愛くて潔感あり、

いつも皆よりもて微んでいる様な大人し惹かれて交際を申し込んだ


妻は既9歳だった、いざき合てみと半年経っキスすら許さずどこか性的に問題があるのかさえ思っ事も

の問題が、い性的虐待を受けたか、以き合っていた暴力宿セックスを強いられて、精神的に受付け様にいるすれくやって行くなど無かったが、妻に惚れてしまっていた私は更に半付き合ってから結した


する意外夜で姿事無ムーズに終わ、妻女だっしてまでんでい由をくと、

られない事にて、子供が欲しいからという的があれば良いけれど、そうではなくて、ただ本能を曝け出為はずかくて出なかった」言う


後も私が誘えば拒否する事もく、供もすぐたの年経も妻は あくまでも身で もせず、私が覆い稿る体以外はって受けない。

そのよう他人からもセックスとは無縁に見るらしく、家で友人達と時に「子供一人いるという事は、優子さん、最でも一回はセ使ックをした事になるよな」とからかれたほどだ


確かに妻はみはしない好き方では無かったと思う

おそ自分全て曝け出すが恥ずかしくて、しむどころは無かったのだろう。

--------------------

んなが変わり始めたは、35過ぎたから

の頃娘が屋で眠るようになった事も大きかった様だが、徐々に感激しくり、言には出さいものの色気のある下を着けどして遠回しにではあるがからも誘るようにる。

まけの様な体位も拒まもその様な妻の変化が嬉しくて、要求には全て応が、

半年もし娘が小学校った頃に生理の時以外毎晩のように迫になり、5歳上の私には流は応られない


言い難い・・・・・」

じゃなか。でも言っみろ

アダルト・・・ビデオを・」

AV?

他のお母さん達が・最近のは凄いと・・最近のも何も私は一度も見た事が無から・・・・・・」


早速借りてきてせると、最初恥ず使で見た妻も、次第に私のど目に入なくなり、画釘付けになっ瞬きしないていた。

あの妻、AVを見て呼吸をしているを見て興奮し、ダビンたビデオは増えいく。

その後い頃からか妻はデオを真似するようなり、迄なら私も腰を使わないと物なかったフェラも、も油するてしまいそうになるほど巧になっ


妻が上になったも、今迄なら恥そうにじっとしだっが下から突き上げてい

ビデるようなって自ら積ようになり、時にはスクワットをているかのように、大きく股開いてに激し寿動く事も


私はそのな妻にしていが、妻の欲求はそれだけ止まらない

あんのでされて、本当持ちのかな?あを使われ、ど様な感じなのだろう




オをらそう言う

「バブを買ってやろう」と言う流石に

いかには無理」言った

「じターってやろうか?う問掛けには、恥ずかしそうに俯きながら「はいと答え


小道が1つ加わった事でセックスが広がり妻はも増して快感を貪る様になて行っ妻の急激に驚いてばかりい、昼は淑女では娼婦の様な楽しんだ

--------------------

んな妻にまた変化訪れたのが2年生なった頃だ

今度はセックスの回が激には私が誘っても「ごめんなさ。お仕事でてしまって」言って拒するようにる。

というのは、娘小学生になったのを機に、一年前からパートとし勤め出し縫製工場。


連日む妻に浮気を疑ってみたが、私には大胆になれに海水着にな貿が、私以外に裸体を晒すなど考えられず、妻に無い打ち消す。


私は妻の体殿、一度者にてもう様に勧るが、妻は ただの疲言って行こうとしない。

「私はミシンを担当しているから、このな事もあるら

は張ってるし、慣れない仕いる逆にじないらしれど

細かな仕事だから一経ってれた頃、根を詰めていた疲が一に出る事あるらし

大丈ら心配しなで。りがとう」


かし その後も拒否され続けセックスレスの状態にってしまう。


生活も出来ないほど疲れるのなら、そは辞めてしまえ


「ごんな。ようやく慣てきたいの。今日大丈夫貿から

渋々たが、い始まって湿しまうと以前よりも激く乱れ、久し振りのセックスでした私今迄に無いほど続けと、、最後に私を奈落のき落とすような言葉を果てた。

「オメコ・イク〜」

に積極的になって時でも、妻の様言葉を口にした事は一無く、に以前見たビデオが浮か真似をしたして、持ってビデオに来るオマンコと言呼び方だが、確かに妻はオメコ言った


は不信感でいっぱいになったが、はその様な言葉を口にしたすら覚えていな

い事、妻浮気しているかも知れなったけで私は吐きそうにるほ動揺し、真を知るが怖くて自分中で必、妻を調る事すらせずに逃げていた、私の気持ちど知る由も無い娘に止めを刺さる。


「お母さ沿ん。日どこ行ったの?社長の退、黒て大きな車に乗ていたよね

娘は以前妻が忘れ物をしたに、一度職場に連れて行っった事その時社長からお菓子らったので顔を覚えていて、理科授業で川行った時の社長が運転す手席が乗見たと言う。


疑いを持つ前なら、気にしないでき流していたかもれないが、私は新聞をむ振をしなが妻と娘のに聞き入っていた

「えっ・・・・・・社長のおじちゃと・・内職さんの所へお仕事をきに行った

ミシを担当しているのにうして社と内職さんの所へ行かなければらなのか

より妻は明らかに焦いて、言葉に詰まっていた事が気なる

お母さんは、お洋を着ていたよ?」

「何を言っているのもうら、く食てし簿なさい」

妻の服装の事は娘の違いかも知れな、内回りをするのに、高級車に乗っていにな


いつも社長自ら内職回りるのか?大変だな」

新聞見ながら、あて妻がなぜ一緒にっていたのかず尋ねた。


「えっ?・・・ええ・・・・あなたもているよう社と言ても小さな会だから、係りの人・・・・・・・・・・」

の関係に疑問をもったが、他の従業員目もあ、昼間か社長と不倫してのは考え辛い

社長が何時間かくな他の者の噂になり、人前では大きな声すら出せな、他人の目を人倍気するにはられないだう。


と不倫していると仮定して考えてみた。

昼間かルに行っていえられず、そうと言って530分には帰ってている事は娘の話からも間いないのてから会っているも考れない

仕事が忙しくなで頼まれたとって、2ヶから事に行様になったが休みなので いつもよ調も早い4時にはを切り上げさせてもらって、4時30迄に婿は必ず帰来る

買い物行ったまれ同級生の殿さん達と食事に事もあるが、ほいるしい行動も無い。

そう考ると社長と浮気するどころか、他の男も妻が浮気るような時間はな


婿れからは少気はなったののとは20れている社長に嫉、妻を疑っている自分が情けなく思えた

しかし そうは思ってやはり心こかで疑っていたのかもれない。

何故なら、以前よりも妻の行動を深く見るようになっていたら。

して気がいたは、妻は必ず夜にトイレに事だ。

それは何の途中で例えトイレに前にたばでも変わい。

私はイレに近付て、悪趣味だながらも聞耳をたてた

「・・はい人とは・・・退

妻は誰かと話ていたが、が小さくき取れな寿

近付いたが、やは声でしてて、分かは全て敬で話しているぐらいで内容までは分かなかった。


不信感が増しは、思い切っ妻の職場に行っみようと決心、次の土曜日、娘同級生の家に預けて妻の勤め向かうと、驚いた事に静まいて誰もいない。

私が呆然として立くしているとその縫製工場の尿が入ったラが止まり、降りてきた年配のに声られ

何か用かい

「今日はなのですか?

今日はと言うか、何から土曜はだ」

ずっと休み?最近忙しくなって、土曜事にたとか



。どんどんは減ていく。一時は男いて、パートさんも30人たが、今は中国製の安いのに男はだけでパートさんも7人しかい

職なは80軒いた、今では10件だ」


これ、社長する時間が出来てしま

出来と言時か午後4で7間もる。

退も男、暇になて土曜沿が休みになった理由を一生懸命聞かせてくれたが、私にはどうでも良いだった


「みんなは休みな内職回り変です

終わっ欲しくて、嫌な気分にしな様な話に割り込んだが、今度はその事にて話し出す

「俺年もいるら、このぐらいの事はしないとクビる。からここ年は俺だけ土曜も出て、一日も休だ事が無い」

「土曜意外もんだ事は無いですか

だからこ2年一度も休ん事は無い」

また一つ妻の嘘明らになってしま退った

ところで、あんたはの用で?」

妻の事は言い難く、に同業者だと嘘吐いた

「仕が無、何か回頂け無いかって

長はにいると思うが無理だと思うぞ。うちも仕事が減って困って状態

目元てみと言長の自宅をき出て向かったが、近くに連れ心臓の鼓早まる。


社長の自宅大きなで、の付古い門柱にチャイムのボタンが埋め込まれていたので押したが壊れいるのか返事無い

方なく勝手に門を入ると、い高級車の横に妻の軽四が宿てあった


玄関のャイ押したが、やり返事が無いので裏口に回ると物が乾してあり、その中真っ赤なパとブラャーが目を惹

「はーい。なたすか?

その時 表の方から、聞き覚えのあ声がしので玄関に戻と、そには無いミニスを着たが立っていたが、私の顔を見るなり絶して震えした


後ろ少しれているのに気付いた、絶感かも言えずに その場を立ち去っ、ど道を通って家まで辿りさええていい。


1時て、く妻て来、何も言わず流しなが正座する

「泣ていては分い。しく説明し

の一社が産して、ただでさえ減り続けてい仕事は激減し、一番りの妻は人員整理対象った、その時 社から違事を頼まれる。

「どうして隠していた

つもは無かったです・・ただ・そのは駄目とわれうで・・・・・・・いつかは話すつもりでし

俺にえないよう仕事とはどの様仕事をしてい

「工にはいいけれど、い商品の簿や材料を選んで決めたり・・

他所商品を見に行ったり雑誌参考したして、デインを決めたり・・・・・

他には掃除、洗濯、炊事などの家事一切を・・・・・・


社長の奥さんは?


半年前離婚、出て行たの・・・

妻は離婚した奥んのていただが、そこには欲処理も含まいたのではないかと疑ってしま

社長に子供は?」

ません

妻の一人暮なる、そは洗濯物の中あっ真っ赤なパ姿ンティーとブラジャーの説明がつかない。

は女物の下穿のか?」

?」

「真っ赤なパティ乾しぞ」

れは・・・・・・私にかりません

私は脱籠の物を洗っているだけから・・・・

てからの事は分かいの・・・・・・

妻の話を信じたい気持ちは大き審な事が多する。


「あの格何だ!若い時でも穿かなかったような短いスカートを穿いて」

「お客様も多で・・・・・・

私の服装は趣味いからと・・・・・・・

ようなのだと言われて・・・・・・・・・」


「とにかく、嘘を吐かなければならなような仕日で辞ろ。分かった


い・・・・・・ごめんなさい


急なセックスレス。嘘吐いて仕に行く。

イレに隠て携帯電話ニス退ート。

乾してあった真っ赤

よりの質問に ていの おおどし態度など不審な点すぎ信用出来ないが、私は真るのが怖くなり、それはためでもあると言いかせて、このま済まそうとしていた


しか間は どうち堪られてなると考えてしま

妻がっ赤なパンティーを穿かて、ミニスを着て掃除をしている。

それを離婚した五十男が笑みをかべて見ている。たして見ているだけで済むだろうか。

いや、済むはずい。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, ハメ撮り, 浮気・不倫, SM_調教, 性癖・プレイ, メンタル, 寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様