2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

それなんてエロゲ?






タクシー、忘年会の帰途についていた
時間は0時ぎ、普段はタクシーなど使ずに車で時間だ。
とはい、歩けいほど飲んだ訳ではない


あまり飲めないのぼしらふだ
分の左側を見と、女性が寄りかかってぐたり
0分位前の事…
「課長!舞ちゃんがちょっ…同方向ですよね?」
ちゃんは先ら同じ課で働いて19派遣で来たの子だ
ぎたフラしいる


話し掛けてた同僚の 高橋 は酔っ払いを押し付けて自分は二次会のカラオケに行きたうだった
あ〜かった。わかったちゃんと送る
課長〜!変事しちゃダメで
しねーよ(だったらお前ーの


ぁしかしその…19歳の子りかから帰るくない
は29歳。最年少長になってしまったため、やっか多いみたいだがその, 部下には人気あるみたい
囲気感じてるだけだが。
そんな事より彼女は寄るだけではなく右手俺の太ももの上に置いている位置が妙なのだ
小指薬指がコトの上ではるがち稿てる。股間に
しかし、まもなく到着しそで彼り起こし
「舞ゃんゃん、そろそろじゃないの
…」
顔を上げたけーっとしいる。ここがどこらないようだ
っ…あそこのコンニの
「運転手さんすいませんあそコンの前で」おいおい。めちゃくちご近ゃねーか)
タクシーを降りと彼女はフラフラしがら歩き出した
なん


危なしいで彼女の腰手を回して支えた
からたら人どしに見えるろう
考えていた沿体を寄せて家の壁にし付けられた。
、大丈夫か?」
…大丈夫でよぉ全然〜」
どう大丈夫じないだろう
課長うやって〜婿に優しいですよ
この子は何がいたいんだどうっ払いの相は苦手だ。


しかもクールですよねぇ
「そう?その話は今度ゆっくり聞くからまず家にう」
「はー
彼女の誘で家行くの家から1分で着いてしまううな距離だた。(驚いたな……


トの1階彼女の部り、フしながなんとかたど着いた
何とか鍵開け人暮らし彼女屋の玄入った。
「じゃ俺はこ
帰ろしたまま部屋に向かって彼倒れとした。
慌ての腰に手をして支ようとしたが2人で倒れしまった
そのに床に軽く打ってった。(いたたた……
を失うほどないが少ぼーしてしまった。


課長〜丈夫です
少し間の抜けた声で彼女いてく
〜…」
女が左の手を添てきた。
んのり暖かくて気持ちが良い。
驚いたことに彼女その湿唇を重てきた。
!)
唇を割っ舌が入てき。応じるよに舌を差し出すと執拗に絡めてく
彼女先がのびて


「うぅ…
息を漏すと、彼女はそまま跨ぐよう形で乗ってきた。
首筋にわしてく
ん……
課長て〜感じやすいんすね〜フフフ」
おいからかってのか?」


恥ずしさと動揺から気が動まった
てここはんなに固すよ〜」


が跨ったまま軽く腰を前後にた。
跨っる為、イトスずりがっている
ッキングた下着も露わなって
の彼女かは到底想像でき光景った


わにないる彼女の下着の部は固くな身にぴっと接し湿おり温もは太もも分とは違さをじた。
女が乗っかったまま顔の両脇にてじっめる
るのか欲情しいるのかわらないが目つだ。
の少しェーブがかかっ毛先が顔に当たっ少しくすぐった
かしか良いにおいもる。
困っる課長かわい〜便


う〜ん…確かってる…。
あまり会社内部の人間はこのような事はけた西
「少みすたんじゃないか…?
障りのい事みる
ってないです〜」(いやっ酔ってっつーの)
課長意地悪から、もっとゃおな〜」
ういって女はなった股間に指をのばしてきた。尿
形を確かめるように握った後、裏筋部分指で引っ掻くように刺加えてきた
「おわわっ………」
気持ちい?」
「きっ………い


女はをずらして股の間に座る形になった
してた両使包むよに撫
して指がにチャックびてた。


「ちょっ…ま……」
止しようとし構わず下げられた。
のまま指が入ってきてペニスが引り出しまった
すご〜い…」
立ったペニスを間近めている。吐息がかり、く感た。(もーどうにもなれ…
彼女はラリこちを見と、パリとえてしまった。
んぅ……」
感がる。口のみながらも巧みに絡めてくる。そして深いストロークで奥までくわえむ。
「課おい
含みながらしゃべっいる振動ちいい。


しばらくしゃぶると、離して太ももあたに頭を横向きに乗しまった
そしてな寝息が聞こ。(はぁ……っ…寝のか…?)
相変ず静な寝息が聞こえる。(まじ……おいおい…っいか…


のま体制では目覚めたときに変いされてしまうだろ
多分覚えてなだろうし… 。とあえスをしまった。


さてかな…
体をずらし、立ち上がっ
靴を脱い部屋に入り、辺りした。
ッドを見つたがのは大変そうだ
(ちっとか…
靴を脱がしートに手掛けた
ート下には黒色のニのタイトスカーと白色の毛糸のセーター着ていた
胸の膨みが気になる。(簿いんだぁ…)
セーター着ているせいかの曲線眩しい。
そのままコトを脱がして俗いうお姫様抱っこをした
「ん……っ…」
体を大く動かしと思綿、そのまだった。
がだらんとしているので意外に重くじる。
んとかベッドまで運び彼女に毛を掛けた。
(今日このまま帰ろう…)


ところで士ぶってしまうのが退悪いだ。
でもている女を襲う気はなれない。
を見つけそーっと外に出る
鍵をポスト入れた。
と勿かったかな


んな事えながら帰途
はいってもすぐ家についてしまったが
家について部屋にった。


っ越し付けがまだ終ないため、ンボールが幾いてある
っと頑ってたマョンだったが居予定性とが出来上がる前に別てしまった。
事がぎて会う間がほとんかったのがな原だ。
そのがあって来、仕事は程良く下に振るようにしいる。う遅いのだが…。


スーツを脱いでャワようとしたら携帯の着信がなった
(彼女起きたのか?早いな…)
と彼く、同じ課の奈美だっ


「はい、もしも
長遅ませ〜ん。舞ちゃん大
「多分な。心配な自分で送ばいいゃな
「そうじゃな課長が配で…」
は…?」
舞ちゃんきみたいだったから…」
任もってちゃんと家まで寝ちゃったからベッで運んで毛布も掛けとました
これでい?
長襲っちったりしなかったんです
い声が聞こえる


かよ!それより側にかいる?」
ラオまらなったから里美抜け出してちゃったんです課長処ですか?」
「もうだけ
「え〜じゃ姿あこれか美と二人で飲み直しに課家行っいいですか


はぁ?別に構けどまだ引しの片付け終わってないぞ」
「大丈ですよ〜何だたら手伝いまょうか〜?
断る
きゃはは〜じゃあ後ほど…


簡単場所を説明して電話を切た。
(さて…どうしたもの更片付け気にはなないし…とあえずシャワーびるか…
ワーびてルで体を拭いた。
が来るのでパジャマいうわけにいかいの長袖のシャーンズを履いた。
毛を乾かしるとイターホンがた。
ロックトランスを解、二人を招き入た。
しばらくするとまたインターホンが鳴ドアを開けると奈里美が


んばおじまします」
構素敵なマンション〜」
ありがう」


の私服初め結構若使いじゃないですか
失礼な。これでもギリギリ20代だぞ」
「ですね〜でもなんかサッパリしてる」
「待ってる間にシ浴びちゃったんだよ」
私もお風呂入りた〜い。里美は
「いね〜」


奈美と里美は25歳で、同り仲が良い。
まじで?じゃあおをたるからちょっと待ってて
しばらく他のな話をとお湯がたまった
「里美〜お風呂広いよ〜一緒〜?
「ホ〜入西ろ入
全く人の家なり風呂かよ
えー課言いたかー
「いー何で。どうぞごゆっくり。の辺のを勝手に使って
(絶対いま聞こえてたな


「は〜い!
かし女が二人いる家が華やだな二人ら警戒もしないで風呂なんか入っるんだうけど…まぁいっか)
殿なってそんな考えてると、いウトウトとしてまっ


課長〜!
頬に冷物をれて、びくとした。バスタを巻いただけの里美が缶ビを手に持ってい


カゼきますよー
「お前なんう格好


く見るとも同いる。


だって度脱いだの着るの気持ちいじゃないすか〜
「確かに…そうだけど
何か着る服ないです
女性ものはないな〜」
じゃあ課長のャツ貸して下さ〜男の人っういうきですよ
ぁ…そりゃぁ…ぇ…でもなぁ…まずいだろ…殿
それ良!」


美の意見に同意した。
ゃあこるのを御自由に
「パンツどうしう…
里美がはっとしたよに言った。
さっきコンビニで買ってば良かったねぇ
二人同時にっちを見てい…。
「えっ…俺…?」
すいせ〜ん


なぜモって


「ま…?くれよ…」
………」
かったよ…


やむを得ずいに行くこにし


「他に買うものはない?」
「さき全部買たんで〜
です…そではおとなしってきます
「私ンクが


奈美が声を


殺す
ゃー怖ー。課長頑張れ〜」


ンシ出てトボトボと歩き出しコンニにかにパていた。
白とピンクがあ。(ふーっ…しかしまさか夜中に女性物のパンツを事になろう調…)
ンク白のンツをずつ手に、カに入た。
とペットボとおを何本かカゴに入れ
か初めビデオAVをりたうない気分になった
レジくと店員女性だった(まじかよ…
レジ稿の女性は事務的に理してくれたが、ンツ枚をわざわ別に紙入れてくれたのは参た…。
利いていか利いていいんだか…。
んとか難題をし、マンショた。
は持っが一応インーホンをてドアをあけた


「お帰りなさいませ。御主人さま〜」
二人が出迎えてくた。


「ただいまなのどこで覚…ホンにおまえどういうつもりだ
「今テレビでやってまし〜」
「質に答えなさい!まったく…」
確かに音を聞く集番組ってる。
もYシャツを着ていょっ外に可愛
ャツ下のナマ足色っぽってドキしまった。
いうか今は二人はーパンか?


「ほっ。買ってきたよ」
「ありがとういま〜す」
あっピンがあーっ。課長ったジョブ!」
はぁ稿
「でも課長パンツ買ってるとろ見たかったなぁ貿


美がこっ見て


「二度とねぇよ…そより落ち着かな早く履いてきなっ
〜い」


人揃ってへ行っのでしばらく待った
しかし今日は何なんだ?一体しろ言うんだからん…
履いかー?」
は〜
屋に入テーに缶ビールが幾つかあすでに飲んいる


「すいまん。ちょっと寒かたんで暖房入れち


奈美がまたニヤニている。


「寒かったら何か着?」
長いじわの格好嫌ですか〜
いじないけど…
「素になりましょうよ!


美に肩を叩かれた。
「さっ課って座って。日はコトン飲ましょっ」
三人でテールについてた。前に里美、横に奈美がた。


人ともが結開いている
「あさーっ。もう少しタン止めない?良すぎてさ
が一緒に笑い出した
の奈美が手のばて太ももをく叩いた
「大ですよ〜誰もいいし」
いやがいるし…」
大丈夫大丈夫」
「何が大んだ…全くそううおたいだな
「えっ長そいうお行くんです?」
行かねー


そう言いながらも里美がビールをすすてくる。
はあまり好ないずにはられないシチュエーションだ
すると奈美太ももーンズの上から撫でてきた。


「それよりなんでジーンなん履いんですか〜で寝るんで〜?
いやっ…なわないだろうお客さんが来るからだよ
えっ…おさん私たち?なかかたっくいから寿着替えいよ〜」
着替っていっもなじゃあパジャマでいいか?」
「パジャマいいー」


美に促の部パジに着替えた
「い
奈美がまたニヤニヤている。
「何がいいんだよ…」


ると里美が急に舞ちゃ聞いて
ホントに何にもなかったんですか〜。ベッドに運ぶときちょっと触っちゃたりとかホントはしたんゃなです稿な事とか…こん事とか…フフフ」
「触ないよ…」
うと人がニヤニヤしながら眼差しで見ている
「わかったよ…ホントの事言うよ…俺が悪いじゃ殿な」


ういうさっきの事の一部始を話した
「えーっ…」


も一ぐに聞いてきた。
そこまでされて何もしなかったんですか
「う……まぁ…
よく我慢しまたねぇ〜
男のてそう時我慢でんじゃないんですか〜
だからあんまり刺激を与えないでくれ


ういって奈美をラッと見大きあいたから豊かな膨らのぞ
気のせいか膨らみの先端の少変わったとろまでえたような気した
慌てて目を逸らし方に座る里美を見るとYシツの前の部分が透けている。(もうだ頭がクラクラする
っきの回想今のシチュエーシンでペニス力がなぎってくがわかっ


使無理、無理、ギンンになっちゃっ
同大爆笑となっ


しかしおまえらなんだよ。まったく。人がおとなしくしてるからって」
「は騒がないンギンになっは、舞んの事を思いしたからですかそれとも今目の前にいる二人が素敵だからですか?」
「もちろん今目のゃる二人が素敵西ござす」
よろしい!
そううと奈美が俺のをむぎゅっとてきた。
「おわっ……」
そしてパジマとパンツ隙間からペニスを出亀頭を手んでしまった。

思わず快感身をしまったが、ふとかえ
「おまえ、はまずいだろう…」
「大丈夫よ〜美、課長のスゴい
手招きしてい。すると里美がテ下をのぞき込んだ。
「うわ〜ごい光景。なんかエ…」


奈美の手はパジャマのズボンとパンツを調らしてしまい、半身を露出した状態た。
を包んでた手のらは茎に添えられっくと上下動を繰る。
袋をしくみしだく
の光景を里が下からている
考えたでもくる


美も興してきたのままテブルの下に潜り込み、か近い離でしているようだ。
手による刺の他に熱息が当たってるように感じ
しばらくすると美がこちらに体を預けてきた。宿
肩にを回し抱き寄せ、唇ねた。
奈美も俺の背を回し抱きついてきた
のままお互い唇をりあっている
美の指がペニスてきた。
くっとしたそのまま抱合っいた
する美が今度はペニに舌を這わせてきた。
ばらく舌先でチロと裏筋や玉袋を舐た後、一気に亀頭を唇込んだ。
っ……」
思わず鳴らしたため、奈美が唇を離し下腹部をやった
瞬口元にを浮かべ、俺の手を取り自分の乳房へた。


シャツ一枚なので 柔かい感触ロに伝わってくる。
固くた部分手のひらの中に感じ事ができた
左右房を堪がら、胸のボタンを生乳露出せた


カップかップありな乳を下から持ちげるよしながら親指で刺激ると、奈美は体をよじ悶え
美が喘ぎ声をあげると、のペニスへ刺激
対抗意識でもあるのだろうか
きもおずけだっからもう射精感が込み上げて(や…………
ベッドにいこうか…
切り直しには度いい。
このままではもたいない事ってしまう。美と里美はゆっくりとを離すち上がった。
へ歩く二人は両側からりと体り寄た。
ッドルームに着くと共Yシャ脱いでベッり込んだ。
も裸なり二の間に体を滑込ませ
ダブッドなのではある苦しくはなかっ
ろ密着感増して、心よかった。
枕をして二人の頭を感じ


「なんかすごく幸な気分なんだど…それに温いし…」


本気そう思った。おらく人生で一度るかな


「もっ幸せになりましょう……」


右側にいた里筋にを這わせてきた。
そのまま頬をらで包んだあと唇を重きた
割ってが挿入してきはというとに舌を這わせてきた。
に優しく、時に強舌全体を使って愛撫してくれてる。おいおいんな事っあるのか…
奈美の手ペニスに触れた。
そしと優しく撫で完全に勃起しのを確認とゆくり扱きだした
その間も乳首め続。そしてそのまま下へて行き、ペニスだ。
おぉぉ……」
て締付け
して唾液をんだんにまぶし、感を与えてくる。


里美が我慢出来なくなってきたのか、自の乳房手で掴ん俺の口元へ持った。
それを口やると溜め息ような声が漏れた
が里美の下着に尿れたので股の部分を触っみた。
驚いたことにさっき履いたばかり着がョビショになってた。
すいのか…?それともコン薄いのか…?)
指を下着中に陰部に触れた。
答えは両方だった。


確かに薄濡れすごここまで濡れてくとうれしいもんだ。指がクリトリスに触れた
っ…ん……
反ったあと頭を強く抱きしめ
リトの刺激を続けと、そ泉か女性特有の体がこんこんと湧てく
その泉の中に中りと入し
「あぁぁ………っ……
頭をきしめる力が入る。胸もれて窒息うだ。まぁそない
のまま指を出してい、もかしのか下着を自分で脱しまっ


指を出しれするたびにかな花に絡みつた。
……長の指…気いい…」
美が声を漏らす。
「あ〜里美ずる姿〜い
ニスから口を離しを脱いで俺の手取った
してらのい場所へ導いた。
奈美のそこもなり濡れており、外陰部までヌヌルなっいた。
(こっちもごいな…
リトスがぷりっとや大きが、ラビラはれほ寿ど大きくなかった
にもいろいるんだな…)
ヌルヌルし粘液上げ、奈のそのぷりっとしたクトリスに塗つけた
ぁ……」

側から喘ぎ声が聞こえるうの本当い…。


験しとわからなろう。
美のトリを触ている指に奥に忍ばせ、れる泉へ挿入した。
ぁ…ん気持ち…いい……
二人きつかれながら指先を駆使し、愛没頭
先に奈まらなくてきた上にずり上がた。
ょうちらも変制で指ていたので指がつりうだっ


奈美枕元まで上がってき膝をいた
毛が見えであ
奈美の陰毛は割れにそて外に向かっており、あり濃た。
「私のも舐めて…
美が顔うと里美ずらして動し
そして軽くし
ぁ…おつゆぱい…」
ういう里美はスをに含だ。
っぅぅ……」
わず声が出る


する奈美が跨いで俺のれた陰部を押けてきた。
大きく使て陰部全体めした


…あぁぁぁ…ん」
が腰ねらたのでヒップを両手で押さえてんどはトリス舐めた。
次に舌先で小刻に刺
「なっ…あっ……だめ〜…あぁぁぁ…
かな気持ちそうだ


すると今里美が下半身にきた
ペニスは上を向いるというか自分腹をそうなほど反りっている。
こに里美陰部をすりけてた。熱濡れたラビラがを往復する。
(おーっ…気持いい…
殿使への刺激に奮かまってた。の前は奈美の陰部が…。
感をらわためにも夢中でしゃぶついた。美も声を上


する里美がに手添えてゆっくりと腰めてきた。
スの先端口に触、そのまずぶっで挿入され


が23度腰を下さ, 抜とすびに亀頭カリ上げられる快感におわれた
(こ…これは気持ちいい……
「あー…気持い…里美声を上げる
「あ里美ずる〜い…」を捻りながら言った。


を損ねると面倒なので里への奉仕にを入れる
ヒッがっりと押さえ手でリトスの上の皮を持ち上げた。
そし舌先を刻みに激しくした


いやぁん……は……あ
美が悶えだした。
里美腰の動き前後に変え、擦りつけるうに動している。
りの快感だが、奈美への撫に集中してなべく気をらした
すると簡にイカされしまいそうだた。
「あん…あん…はぁ…はん…
ぁん…ぃい…はぁ…あぁぁ…」
人の喘ぎ声だまる。


奈美のからした寿がど溢れてきた
ヒッ押さえていた右を離し、尿ルヌルした膣口へ近
そして指をゆと挿入する。


はぁぁぁ……ん……」
なり濡れているのだかこちらも狭く、出入れに抵があるしか量の寿粘液のおかは良
何度か出し入ると自分の下半の状態とリンクして興高まってしった
(まずい…
不覚にもイキそなってき貿た。イミグ良く腰を上げた
「私も欲し!」
腰をラインドいた里美も動きを止め、っくりと腰を上げ、ペニスき抜い便(ふっ…危なた…)


しかし、ぐに奈美が後にまわ、ペニスをあてがった
して美と同じようにゆっくりと腰を沈めてき
途中染ませるめ多少上したが、亀に刺激が集それ持ち良。そのままで入って


「あぁあぁ…奥る……ぁん
奈美がのけ反るようにして擦りつける。(うぉぉこちらもまた……)


と里美が俺腕で包むうに抱てきた
そし重ねてくる。遠慮な舌が侵入し、使唾液を送り込んでくる
の唾全て受けみ干した


がなからなくなって
顔抱き締れたままいつまで濃厚な口づけがれ、下半身まもなく至ようとしいる
気が遠なっていき、回路が働かなくなってきた。(もうれてようが嵌られてよでもや…)
だもってこの状況が理解できないが、えるのをめた


奈美に余裕が無くなってき
頂が近使のだろう、腰の動やくなってき
んぁんぁ…んはっ…はっぁぁ……
奈美が先に果てようだ。俺も近い…。


ぅ…
れを里美悟っか、奈美が崩れてペニスを掴み、すぐった
そしと舌全体を使って激きたてる。
「うぉぉぉぉっ…」
のまま口内にたけりをちまた。
これほどの感は無い。いや初めてかもしれない思った


はしばらく搾取るよにペスを吸いた。
ばらわってたが、疲れ果てて体重い


里美ィッシュを使って拭いてくていようだが、 言うきかない
心地よい怠感の中、そのまま三人で寄りうように眠って


、目をすと裸の女が両サイている。その状を認する間がかかってしまっ
そして昨を思い出すとすぐ勃起してしった
いな俺も朝立だろうが
はま眠ってい姿きはどう反応をするのだろう。
酔ってて何も覚えてないなん言われたら最


この態も悪くないりあえず起きることにた。ベッドを降りる時に奈美にぶつかってしまった
「ん…
が寝ぼけながら目を覚ましてしった。
「おはよう…」
半信半ま小な声
奈美は少し辺りを回してかにっこり笑った。
「おうございます。そうだちゃったんですよね


奈美反応した。
にも覚えてないなんて言われら困ってまう


「シャワー浴
っ、はい
二人ままバスに向かった
「課長西ら元気ですね。フ
たままだった。


昨夜とがあったのそんな気にはしかっが少ずかあった
「ばか、朝立ちだよ。知っんだろ?」
「奈美ちゃだかかんな
コロス
「きゃはは
中トイレにったので少しはおさまっ
ャワーを浴びなが単にディーソープを付けて洗いあた。
奈美が泡まれの両手で玉を洗いながニスを擦って, 気持ち良くなった。
まら綿たの両手で胸を泡らけにしりまくった。
「や湿いよ…気持ち良くなってきたよ…」
フフフ…ス固い…」
、お前擦りすぎだ


シャワーでお流し、奈美の掴んで後ろ向きにさせた
して, 腰を少し手前に引き勃起したスにてがった。
「え?」
奈美は少ような仕草をしたズかい。
てヒを突くる。そしからペニスを刺した。
結構濡れいたようですんなりった
ぐっぅ
美が少し仰け反って生しい声げる
構わ腰を振り続け、何度も打ちつけた。
「あぁぁんあぁぁん…はぁぁぁ…」
奈美の胸に手のばすと一段とが大くなり、俺を添えてくる
く続ているとうになっきたので、さらにはやく腰を打つけた。
そしてペニス気に引き抜き、奈ヒップに精液をぶちまけた。
「ふぅ……」
「課長も積極的になてきま西ね。フフ…でも気持ちよかった…
「ま
これからどるか心配では今のところ欲が勝っしまてい
ぁ1回もやっしまったら同じだ
き合事にったしてれで構わないと思った
しかしどとだ…?まぁなるうになるだろ)
長、朝ご飯ます?」
。悪いけど何もないンビにでも買いに行ってくるよ
「そでしら私きますよ」
「お沿ありがう。里美はどうする?
だ寝てるだろうからいてきま
「まぁすの悪いしな。ははは
している間にバスタオルで体をいた


下着る?」
はっ…!どうしよ」
「やっぱり一人でるよ
…寒いけど大です!」
大丈夫って…えっ
「大丈夫です
「ノパン?まじっくぞ〜」
「大丈夫でよ。ょっとぐらい」
「俺のトランクスはくか?はは
「はっ…面白そ調けど今日遠慮しときます〜」
ントに大丈夫
はい!
は。かったよ。じ洗濯していくか
「そですね


まず着を洗濯機に
ベッドルームに行くと里美は爆睡中った。
自分入れようとし
「俺のも一緒に洗っていい?
「大夫ですよ〜んな事聞んですか〜?」
いやにする人たまにはいるたいだから
丈夫ですよ〜」
女は日着ていを着ていた。をしないので若干違があ


美と二人で家てコンビニかう。
ゃんさすっぴんでいね」
えっ…どうしたんですか、いきな
化粧るときはれい系、すだとかわいい系だね
「もても何もせん西〜」
いやもうたくさん出れましたで〜」
きゃはは〜かにうですね〜」
そう言いなら頬にして


…なんかういうのいいね
「なんだったら会でしてあげま?」
「あぁ、しくてがパンそうな時とかがいいね…なんかリセットさで」
「そんな事言うにしちゃい
「ははっ…まわりがちゃうよ。きっと」


いながら歩いた。いにか手を繋いでい
(なんかこいうのいいな…く感じてないなこんな空気…)
こうしにコンニに着い簡単サンドやサラダ買った。
ンビニの店員昨日のではなかっ
もっとも居たとも, むこうはないだろう


り道も手を繋いでた。
「寒くな半身…
ゃはは。大丈夫です。でちょっといか 後で課長に暖めてもらおうかなぁ〜」
「ま?どんな風に?
談ででもいも。そうですね〜摩擦熱が一番すよ
「お前何言ってんだ〜。まっく。もノーパンなんな。想像と少興奮するかも」
わ〜課い〜」
お前かてきんだろうに
「きゃはははは」
西な話していらマンョンに着いた
エレベターって上階のボンを押した。
長の家って…
奈美がちょっと戸惑ったうな顔をし
俺がり返ヤっすると少し口元が緩んだ。


上階いて階段室へ向かっ
ここか向かう階段る。段はだれも来ない。
して朝だ。人が来る能性は極低い
ンビニ袋を置いて奈抱きしめて唇をねた
美もすぐに舌絡めてきた
そのコーの下カー中に入れると、す部に触れた
をそままめると、そ熱を帯びてり滑らかな液体が溢れていた。
「あれ…?」
「課があんからですよ…」
これゃぁ必要いじゃん。むしろの指かいよ
もぅ課長〜」
のまましゃがんでスカートを捲った。いきな陰毛目にび込んで使これで興奮もの
顔を近づけて濡れ大陰をひと舐めした。
ゃぁぁ…


次に両手の使ってクリトリスを露出さ、舌先で何度綿往復せた
美の腰が下がってくる。
あぁぁぁ」
を我慢しているが少し漏れてしまってる。


しばらく舐めている美が俺の頭を軽く押さた。
そのまま時間にし4〜5分くらめ続けただろうか。頭をした。
もう寒くないです…?美さん…フフ
笑い上が
の目はトロしており、答えるのにがかかった
しばらく抱きて離れなかった。
…い長の舌って寿です…」
「あとう。さぁ帰ろ尿
「は…い


が少し鈍くって
エレベーーに乗って階に殿降りて屋に向かった。


のドアそーっ開けた。
リビングにコンビニの荷物を置いてベッドルムへ
里美はまいる姿が乱れいて片方している
(おぉぉ…)
興奮見ていると、奈美が股間をぎゅっと握ってきた。を見るニヤニヤしている
まぁ寝を襲無いのでそっとしておいた。
リビングに戻っ買ってきたものを簡にお皿にを沸かしてコーヒーを
里美しかし良くてる
ん〜こしてきま
は少しなやんいた、結局寝室へた。
しばらくすると、里美は昨日夜着てシャツだけ着て現れ
ふぅぁよぃます…」
脳みその半分くらい眠っているようなった
いません起き悪いん
それだったらシャワーびてきたサッ簿
「そす…」
やら家にるとう違和感はようだ。
里美がシワーを浴ている間、しばらく奈美とテレを見ていた
「課長、今日どうします?
「俺は特に予ど」
「私もないんですよね〜どっかきまか?」
「そな。どうゴロゴするくしかいし」
れは寂しいですよ〜」
そんな事いわれてもな
ゃあドライブでも行きましょう!」
いいね〜


私、里美にてきま
「よろしく」
美はバスルーに駈けていき、すぐに帰ってきた。
「里美もOです。私運転得意だしますよ
それは助か
しばらくると里がバスルームら出た。
行きどこ行きます?」
なんかさっきと全然テン違う
陰様でサッパリさせて頂た」
ういうと美はぺこりと頭を下げた。
「でもどこ行くか
「私、横浜行きたい華街いもの食べて〜ベイブリッ行って〜それから〜」
だか楽しだ。
それいい!」


里美も気に入たよ
「おえらこれから朝ごはんなう昼ごはんの話かよ



食を着替と化粧がすんだようなので部屋を出て駐車場かった。
美に鍵を渡して転をお願いした。奈美運転席里美が助手席、後に自分が


昨夜の疲と朝も頑張っまっので調車にるとすぐに睡襲わってしまった
くらい眠ったのだろ、女性の笑い声に目覚ました。奈美と里美が笑いながらして
しかし声がもう一つある。
(ん?)
誰かいる。よーくると、たこる顔だ


課長すいせんるさかったです?…あっ…おはようございま
た。


「え〜〜いつの間に?…あっ…およう


里美が助手からこを向た。
「舞ちゃんに電話したら、だしの続き…じゃなくてびがたいで」
別にお詫びはいい
「じゃあ続きか〜」
美がニヤニヤしいる
「そうじて!
「舞ちゃんなくていいだから本当。お姉さんたち比べたら…」
ミラー越しに話し掛
うです
舞ちゃ納得しているよだ。
「おっ…話しのかっ!」
ん昨夜の事は何から何まで…フフフ」
ういうと奈美がミラー越しにニヤっとした
いおいっと朝のは話していなようほっとした。


「それからね寿。課長っら朝もねぇ〜お風呂と外でねぇ
おーーーーいっ
「えっ奈それ
美に追求さ、奈美は全した
「わ。課長エローい
いやいやいや…
あまりバツが悪すぎる。それにかなり恥ずかしい。
穴があ入れた…じゃなくて気分


ちゃんまニヤちを見てる。
舞ちゃんミニのフレアトを綿いておりストッング膝上綿のもの
色はどちらもおなじ黒だ。
はこがたらなく好きだった。
今日舞ちゃん格好可いよね〜」


見透かしうに振てきた。
長は好きですか〜舞ちゃんの今日の服」
結構好っす。ていうかたまんない」
「本当ですか〜嬉しいです
舞ちんもニココして
「特にこの辺が
そう言いなら里助手席から手をのばてスカートをペラと捲た。
「きゃっ…
わっ…」
下着までは見えなか太ももがなり見えた。
「ちょっとまじでやめてくれたまぇ」
たばかりだというのに股間が固くなていくのがかった。
「なんかしそう…」
美がシートベルトを外後部座席に来た。
割と大きめワンボックスカなので自由に行き来できる。
美は窓際に座り、ちゃんをこちら押し付けきた。


美は再度舞ちゃんスカトの裾を持って捲り上げ
「ち…ょっ…里美さん…」
ちゃんは一応抵抗をしているが折上使でこちらをチララと見る。
その目っぽい。すると里の胸だした。
ちゃのおっばい弾力がすご〜い
「きゃ
いた拍子に舞ちゃんの膝があがった。
隙に里美が舞ちゃん靴を脱がしまた。
ちゃんはを開い体育うな横向にこちらをいている。
そしてきかかえれるようまれている
「ちょっ美さ…」
ゃんはし抵抗していた、後ろから里美にがりとえられてに身動きがとれない。


そんな事よりで股を開いてるため、白いレースの下着が丸見えだ
上の黒のスト黒のフレアートのに見る太もも白いレース下着はりな眩しく、また、たなかった
ちょっと〜見てるたまけど…」
「あ課長〜興奮しちゃいました〜?」
里美ヤニヤしている。
だってこんなの間近で見せれたら興奮しうよ〜」
「じ調ゃあ長はばら見ててくださいね〜なんだった自分でしててもいいですよ〜
「おい!」


そういうと舞ちゃんの中に手を下着の上から胸だし
ん…
舞ちゃんはもうするていた
美はブラジャーックを外し乳を始めた。
「はぁぅ…
ゃんはけ反ってを完全に里けている。
美がカットソーを捲った外れブラジ乳首見え
の細い指がを摘んる。
そこを凝視していると、ふと里美と目が合っ
ギラギラてい情している目だった。


の胸もいいが、股の白いぷっくした部分もになった。
きが興奮を誘うい触ってみたくなった
「舞ちゃん、持ちいい?
はまだ胸を揉み続けている。
「は…………」
「課長にも触ってしい…?」
そう言われると舞ゃんトロンとした目でこち
「は……い……」
もう俺の股間ははちきれそた。
いてきジーズが完にモしまっている。


じゃあ私は上を課長はをお願いしますね…
もう我慢来ななってるとちゃはいきなりの首に手を回使唇を重ねてき
おぉー!」
里美嘆の声を上げる。
美もになるのかミー越しにチラとこ見た。
まま遠なくが挿入され激できた。
々と送りまれ、舌先は歯茎の裏側を舐める
19歳のキスと思えない濃厚味わいだった
っ……」
、股間に快が走た。
をはち切ればかに膨いたニスは存在を誇示するばりか自ら染み出して液体よって下着を少し濡らしていた
そこに舞ちゃんの細い指先がのびてきたの
ーンズのい生地越しのもどしさはあっが、程よだった


しばらくジーンズの上を撫でてい殿指先が腰のボタンを外し、フーを下げ
そしてランスの間から侵入してくる。少ヒンヤリとし指がにとら
ぅ……」
わぬ快感に体を硬直さしまった
舞ちんの指先は頭ののヌルをで弄んでいる
かし, やばかりではまずい
ちゃんのとした下着の膨ら触りたくてうがないだ。
に耐えながら指先ちゃんのレースの下着のらみに指先すめた
「あぁぁ…ん
舞ちんはビクッとした。
こはんわ柔ら、指先西が捉えた中のくからは下着を湿らせる体液滲ん
指を上下に動かしてそのくぼみを馴染ませともいやらしい
そのままをくぼみから上に滑らせてゃんの体がピクッとした。
どうやらクリトリスに当たったよだ。
「ひぁ……」
さらで引に何度も刺激を与える。
こは…メ……です…ぁぁ…」
足をじて逃れとするが足がシーの上に上がってるのでまり意味い。
しろ白ももが黒いスッキング対比ロチックに感じ
「は…あぁん……んんっ」
ちゃんのぎ声大きなる。
感に頭してペニスから手を離してしった
「ちょとあんた貿い!」
奈美が信止まったタイで後ろを向いてし掛けてきた。
うしいのでとりあえずの方見てニヤリてみた。


奈美は頬をらましてたが、信号西変わって進するしかなた。


てしまったが、気をり直して舞ゃんの下着にを掛
そのままスルがしてしまった


カテカと濡れたなる。たまらな
唇までてテカに光っていた
たまらなく俺は思わずそにしゃぶりた。
「あぁっ…ぁ………はっぁぁぁぁ…」


カに光るだにそこはぐちょにっており、その露をを立てズルズルと吸たてた
立てるたびにラビラが振動れている。なんと卑猥だ
舌先を固してを膣に差しみ、掻き出を出し入れし
はぁぁぁぁ……。いぃ……」


は相らず舞ちゃんの胸揉んでいる。
は時折ピククしてるがったして里美にている
先を上に動し、クリトリスを捉た。
あっ…ん……いやぁぁぁ…」
痙攣させるように細動かしクリリスする。
に舌体でゆっくり舐た後、また細く動かす。
舞ちゃんは太ももに力を入れ快感に耐えている。
顔が挟まて苦しいが太もとも気持ちがいい。ちなみMではいが…


クリトリスを舌で愛撫しながら、中指そー膣口に当がってっくりと入した。
「んぁぁぁ…はぁっ…はぁっ…あぁぁ………
舞ちゃんのぎが一段大きくなりパクパクさせて体が少し痙
イッしまっただ。
ちゃ〜ん〜い湿しかてイッちゃった?」
美が後稿ろからやんわりと抱ら声を掛ける。
んは無言でコクと頷いただらて目閉じている。
「じゃあ次よくさせなきゃ
美がそう言うと舞ちゃんはまたてからペニスを近づけて


そして端に唇けて垂れていた露を舌で掬っ便
て亀をペロペロと舐めた後、一気にまで含んだ。
ぉぉ…」
快感に声漏らしてしまた。
長可愛顔してる〜気持ちいいの
いうと里が顔を近づけきて唇を重ねてきた。
くりねっとと舌を動かしる。スと唇への刺激にの力が抜けいく。


ーっとしてい車が暗所へ入っていった。
やらっていったみただ。奥の方の薄暗い場所にた。
「ちょっと〜ひどいよ〜」
奈美が不満げに後座席来た。
「私も仲間にれてよ〜」
車の中は結構いが、さすに4は無理る。シートを後に目一杯下げて、スペスを尿した
な光景である。女の子3人も今ここにいの人間にばたら袋叩きだ。こゃ)
思うとに興奮して
舞ちゃんしてな形でペニ退舐め


左に美、右は奈
奈美は隣りるなり、俺の手を取っトの中へ導いた
湿ていむわっとした熱気に満ちていた
理も無いだろ
自分だけ運転して後部座はこんな事になってたのだ


触りやに座りがら腰を前に 
のお陰で下着をずらしてに陰部事が
もうれており、るっと膣滑り込んだ。
ぁぁん………あっ………」まで慢していた分快感も大きいようだ
里美はというと俺のシャボタンを外して乳首を弄ってた。
して顔を近付けてきて舌してきた。
これはやばな…ょっと気持ち良すぎる…)
舞ちゃんのフェラてき快感がってくる。
と舞が座る俺に向か合う形って
てゆ寿と腰を沈めるスがな温もりに包まれていくぉぉぉ……)
んっ…はっ…ぁぁん……」
「いや〜ん。舞ちゃんたら積極的
がニヤニヤ冷やかしてくる。


舞ちゃ腰を前後に振り続けてる。
スカートに隠れ合部確認する事ないがねっとりとペニ絡みく感触はわっる。
腰にあたるスカーの生地心地良い
により俺に手を置いて、一心乱に腰を振り続舞ちゃんの喘声と顔がいい
くすると腰をかすが落ちてた。さすが疲れきたろう。
長い時間宿ていように思う快感もあだろうが息をしている。
「代わろうか…
あっ…は……
ちゃが腰浮かせてニス抜いた
天井を付けながら立ち上がったところで、腰を沿んでクル18転させ
そして俺も腰を上げろから気にブスリと挿入した。
「うぐっぅ…ぁぁ…」
気を付けながら体をくの字にして腰を振りめた



ニスの入れり返しながら胸に手を
ゃんは運転席と助手席のの部分をそれぞんでるので、があいいる
め容易に乳房を揉来た。


里美に簿ばれので、乳房いた
指先が触れると泣簿喘ぎ声上げ、らにでペニスを締めきた
(おぉぉ〜気持ち良いな…これはちょっと
車の中をックから尻を叩くパンパいう音と、えるヌチャヌチャという音が響いて いた。
(そそろイキそうだ


「うぉ
な事を考突か後ろら手がびて玉袋をまれのだ
動きが止まってしう。
とさ退に手がのびて指先がペニスのを刺してる。
おぉぉ……
情けない声が出るが、まらない。
まりの気寿良さ舞ちゃんにい被ったま動けなくなってまった
に力らなくなくる


いいです?」
里美が顔を近付てきた。どう里美の仕業だったよだ。この攻撃やばい。
おま…ちょっと…
さらに指先を激しく動か激をる。ペニスの根元辺を指でぐりりとしてる。
「おいっやめて……うぅ……」
ご〜い。ぐちょぐち〜課長のも凄く固〜い
激に応えるに亀が入
「んああぁっ…」
舞ちゃんも喘ぎだす同時にクリリスも弄んでいるよだ。
「ふぁぁ……ん…あぁぁっ……」
舞ちゃんは俺のを力強握り締てき。同ゅーっと締まった。(やばい……)


動か果ててしまいそうだったのま、らく使までた。
舞ちゃんは達してまったよ体の力がて行くのがわかる。
寧にペニスを抜く、舞ゃんがかばからテッシを出して膝をついて軽くいてくれた寿
その間も気を付けないと果ててしまいそた。
〜邪魔貿だめだよ〜課長がタミング逃しちゃってギンなままゃん〜ははは
確かにペニそそてはいる、ちょっとし激で発しそうだ


美と里美の視線がペニの真っ赤になった頭に集中す
「すごい。んかエロ
美が手をのばし
「ちょっって。そう
「え〜ちょっと残念〜」
そういなが美が太ももを撫でてくる
「じあ勿いから取きましょうか〜?」
え…まじで…?


「まじで……
……」
冗談です〜」
いうと奈ペニスをに含んだ。そて2度上下させる。
奈美…まじで…あ……」
そううと頭を口に含んだままペニスを素早くしいた
「う……
我慢してた分、強い快感押し寄せて
イク間、里美が首に手を回して顔を近付けて
長がイク顔かいい〜
ペニスの痙攣が始まり、奈美の口内が放れた。
その間もが至近距離で見つめてくる。
の表情なく簿ぽい。意識していうしてだ。


ペニの痙がおさまり長く感た精液の放出を終えた。
ったりると、里美が唇を重ねて。ゆっくりと舌を絡めを吸い上
口をすと子供退す母親のよう俺の頭を胸のとろで優く抱き締めた
けだるい感じと優温もりに一瞬だ眠っしまったようだ


目を覚ますと女性の皆さんはりもきれいなっ、化チリ直してあった。
間にして10分も経っていないようだったが。自分の下を見申しパンツだいてた。
ズボ履いた
「課長!わいたですよ!」
ちゃんに冷やかされ。みんなも笑てる。
長〜お腹た〜
「あぁ…よし行こう…っていうここ何処だ?」
中華街のすぐそばですよ!早く行きまう」
美が退る。
「はいはい…」
4人で車をて中華街へ向かって歩いた冬なのに陽がやたらと眩しじる。
んかが眩しいんですけど…」
気持ラフラ
「課康ですね〜」
里美がジャンプして背中に乗っかって
「ま弁…死ぬ…」


そんな感じ湿へ向かった。
「こ店きれ〜い」
中華街入っし歩た右れいなお寿があった
奈美が気にったようなのそのお入るにし
卓の個室に入り、番奥の席
「何食べる
「わ〜そ〜
みんなメーを見そうしゃいでいる
「課長は何ががつくものを食べてもない
美がまたニヤニヤしこっちを見てい
「え…まて…?」
また笑いおきた。
「じゃあ〜ここは俺がるか好きな物た
「ホトでか〜ラッキー


じゃあえビール!」
舞ちゃんが叫んだ。
「違だろ!中華なら紹興酒だろ!


た笑がお
「課長!違いますよ!こおいお前未成年だろ!ですよ」
里美が笑いながら突っ込みの見本を見せくれた
いやいや、昼間ールかよすよ
突っ込む。正直でもいいようなするが…。


課長!突っみがイマイチあっちの…ねぇ奈美?い舞ちゃんに聞たほがいいな〜ホカカだし〜
やだ美さん〜…
舞ちゃんはっ赤なっる。
俺も恥ずかしいがちょヤジギャグ



昼間なのでロン茶飲む事に
次から次に料理が運ばれてくる。結構な量だ。
ル回して各自かなりの量を食べた
舞ちゃん使っている小皿にとてほの料理みん寿なにってくれた。
うい所はいて良い子だなった。
結構べましたねぇデザートに杏たべましょうよ
美が提案したさんを呼で奈美まま注文した。
「すいませ〜ん。仁豆腐3つ
はい。かしこまりました
うと員さは部から出った
かっだけど…
がそういう美がニヤリした
「あ〜美。なんでしょ〜






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 乱交・複数,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 乱交・複数,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080404073733