2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

それなんてエロゲ?





377 名前:課長…。 ◆lWwXhOX8D6 投稿日:2007/01/23(火) 00:10:00 ID:NgtoOlDV0
クシの中、忘会の帰途についていた

夜の0時過ぎ、普段はタクシなど使わず車で帰間だ

忘年会はい歩けなど飲んだ訳ではない。


あまり飲いので ほしらふだ

自分の左見ると、女性がかかってりとしている。

と30分前の事…

「課長!舞ちゃんがちょっと…同じ方すよね?」

ちゃ先月から同じ歳の派遣で来たの子だ。

飲みたのかフラフラしいる


話し掛てきた同僚の 高橋 は酔っ払いを押して自分二次会ラオケに行きだった。

「あ〜わかった。わた。ちゃんるよ」

「課長!変なしちゃメでよ〜

ねーよ!」(だったらお前が送れっつー

まぁしかしその…19歳の子に寄りかかられて帰るのも悪くない。

分は2。最年少で課長になっしまったた、やかみ多いその, 部には人気があるみた。雰囲気でそう感じてだけが。

んなりかかるだけでく、右手を俺ももの上置いる。その位置微妙なの

小指と薬指がコーではあるょっと当たってる股間

しかし、まもなく到着しそうだったの彼女をり起こした。

「舞ちゃんん、ろじ

「……んっ

上げーっとる。こだかわらないようだ。

あっ…そこのニの前…」

「運転手さすいません。あこのコビニの」(おいおい。ゃく近所じゃねか)

タクシーを降りると彼しながら歩た。

(なだかー)

危なっかしいので彼女腰に手を回して支えた。

端からみどうしにのだろか。

そんな事考えていたら女が体寄せ民家のに押し付けられた。

「おいおい、大丈夫か?」

「んー…大丈夫でよぉ。全然〜」

「ど丈夫ないだろう」

〜そやってんなにしいです稿よねぇ〜」

貿の子は何が言いたいんだ?どうも稿っ払い相手は苦手だ

しかも〜なかクールですよねぇ〜」

「そう?その話は度ゆっくり聞からまず家に



彼女の導で家に行くと、自分家か位で着いてしまうような距離だた。(驚いたな…

アパトの1階部屋はあしならなんとかたど

何とか鍵を開け、一人暮ら女の部屋の玄関に

じゃあ俺はここ

うとのまま部屋に向かって彼女が倒れ込とした。

て彼の腰にを回て支えようとしたが そのまま2人で倒れてしまった。

その際に床に軽くってまった。あいた…

気を失うほどではない少しぼーっとした。

長〜大丈夫

少し間の抜けた声でが訊い

「ん〜…」

彼女がに手を添えてきた

ほんのり暖くてが良い。

たことに彼そのまま唇を重た。

…!)

を割て舌が入ってき。応じるように舌を差すと執拗に絡めてくる

の指が耳にのびてた。

「うぅ……」

たまらず息漏らすと、彼女はそのぐような尿で乗っかってきた

舌先首筋にわしてくる。

「んん……

「課長て〜感じやすいんすねフフ

おいおい、からかっるのか?」

ずかしさら気が転しまっ

「だっここは もこん固いすよ〜」

跨ったま軽く腰に振った。

跨っている為、タイトスカーがずり上がってい。ストッキれた下着も露になっている

での彼女からは到像できな光景


わになっる彼の下着の部分は固くた分にぴりと接しおり、その温もりは太ももの部とは違う熱感じた。

乗っま顔両脇に手をつて見める。酔っているのか欲情しているのわからなが目つきが変

の少しウェーブがかた毛先が顔に当たって少くすぐったいにおする。

殿る課長ってかい〜

〜ん…確かに困ってる…。まり会社内部の人 このよう避けたい。

少しすぎたんじゃないか…?

りのない事を言みる

酔ってです〜」

(いやっ酔るっつーの)

長意地悪だか、もっと困らせちゃおうかな〜

そういて彼女はくなった股間に指をのばしてきた。形るようにった後、を指で刺激きた。

わわっ……」

「気持ちいい?

きっ……持ち……いい……」

彼女は体して股の間に座る形なっ

そしてまた手を使ってむよに撫

そして指がつにチャックのびてき

「ち…お……」

止しようとしわずげられ

そのまま指入っスが張り出されてしまっ

「きゃ〜すごい…

そり立ったペニスを間で見ついる。吐息がかかり た。ーどうにでもなれ

彼女はチとこちらあと、パクリとくわえてしまった。

「んぅ……

感が走る。口の中にながらも舌に絡めてくそして深いストロクででくわえむ。

「課長おい

に含みながらしゃっている。振動が気持い。

くし尿ゃぶ離して太もものあたりにを横に乗てしまっ

そして静湿息がこえる

(はぁ…ねっ?)

わらず静かえる

まじ使かよ……おいおい…まっっか…)

かしのままの体制彼女が目覚めたに変いされうだろう。

多分覚えてないだろうし…。



とりあえずペニスをしま

(さてどうするな…

体をし、立ち上がった

靴を脱いで部屋に入、辺りを見回した

ベッ寿見つたが、運ぶのは変そうだ

ちょっとってるか…)

彼女の靴し、ートにを掛た。

コーの下に黒色のミニのトスカートと白色の毛糸セーターをていた。

にな

構でだなぁ…)

セーている胸のが眩しい。

まコを脱がして俗にっこをした。

っ……」

を大きく動かしたので起きるかと思ったが、そのままだった。調

んとしていので外に綿く感じる

んとドまで運び彼女に毛布掛けた

(今はころう…

変な寿ころ紳士ぶってしまうのがクセだ。

も寝ている女性を襲う気にれない。



を見つそーっと外る。

掛けてポストに鍵を入れた。

ょっと勿体なかった…)

そんな事を考えながら帰途につ

はいってもすぐ家につたが…



家について部った

引っ付けがまだ終わないため、ンボールが幾か未開封のまま置いてある。

て買っマンションったが同居の女性とンシンが出来上れてしまった

事が忙しすぎう時間がほとんどなったのが主な

の事があっ来、仕は程良くようしているのだが…。


スーツを脱いシャワー浴びよとしら携帯の着信音がな

(彼女起きたのか?早西な…

帯を見ると女で、同じの奈だった。

「はいもしもし…」

「課遅くにすいま〜ん。舞ちゃん大丈か〜?」

多分な。心配自分で送ればいじゃいか

「そうじゃなくて課長心配で…」

「は…

「舞ゃん、課長の事構好いだったから

「責任ちゃんと家まで送りました。寝ちったからベッドまで運で毛ときまこれでい?」

長襲っちゃったりしなかったんですか〜

から笑い声が聞る。


襲う尿!それり側に誰かのか?」

「カラオケまらなかっから里美け出して来ちゃったんです長は何処でか?」

「も家だけど…」

え〜じこれか二人でみ直に課長の家行っていいですか?」



「はぁ…別に構わないけどま引っ越片付け終ってな

「大丈夫ですよ〜何だったら手伝いしょう〜?

「断…」

きゃはは〜じゃあ後ほど…


単に場所を説明し電話を切った。

稿て…どうしたものか…今片付ける気にれないし…りあえずワー浴びるか…

ーを浴びてオルで体を拭いた

人が来ジャマというわけにはいかないので長袖のシャジーンズをいた。


毛を乾かしているとーホ鳴っ

オーロッントランスを解貿、二人をき入れた。

しばらくするとまたホンり、ドアをると奈美と里美がってきた

「こは〜じゃましま

「結敵なマンシンですね〜」

ありがとう」

の私めて見姿。結構若いじゃないです

失礼な。これギリ0代

ですね〜綿なんサッパリしてる」

シャワーびちゃっんだよ」

もお風呂入りた〜い。里美は?」

いい〜」


美と里美はに25歳調同期ということもあり仲が良い。

「まじじゃあお湯ためょっと待ってて

らく他のない話をしるとお湯がたまった。

「里お風一緒に?」

ホント入ろ入ろ

「全く人家来るなり風呂よ…

課長ましかー?」

「いやー何でもない。どうぞ ごゆっくり。タオはそ辺の勝手に使て」

こえ

は〜い!」

が二人もいるが華やかぁ。二人だからもしない風呂なんか入てるんだけど…まぁいっか

ソファに横になって そんを考えてると、ついウトウトとしてしま

「課〜!」

たい物をてらて、びくっとしたスタルを巻いけの里美ールを手に持ってい

「カきますよー

お前んつう…」

良く奈美も同をしいる

だっ一度脱い着るの使気持ち悪いじゃないですか

「確かにそうだけど…」

「何着る服いですか?

な〜

「じゃあ課のYャツ貸して下さい人っうの好ですよね

「まぁ…ねぇ…なぁまずいだろ…

それ良い!」

に里美も同意し

ゃあこに掛かってるのを御にどう

ンツどうしよう…」

がはっとしたように言った

「さっきコビニでてくれば良かったねぇ〜

する二人同時にこっちをいる…。

「え…?」

いま〜ん

かハてる。

「ま勘弁して…」

……」

った綿…」

を得ず買とにした。

「他うものはない?」

貿さっ全部っちゃったんで〜」

ですよね…れではとなしくきま

「私ピンクがい〜」

美がを上げる。

「殺す

きゃー怖ー課長

ションをボトボ歩き出た。コンビニと確かに婿ンツ売っていた。

白とピンクがあった。(ふーっ…しかし…まさ中に女性物を買う事なろとは…

ピンのパンツを一つずつ手取り、カゴに

とペットボトルジュースとお茶を何本かカゴに入れ

何だかてレンタルビデオ店でりたような懐かし気分た…。

に行くと店員はだった。(まじかよ

ジの性は事務的に理してくたが、パ2枚わざわざ別に紙袋に入れてたのには参た…。

気がているんだかいていないんだ



んとか難し、マンションにた。

は持ってい一応ターホンをてドアをあた。


「お帰りなさいせ。主人さま〜

二人迎えてくれた

「ただいま。んなので覚えたホントにおまえ二人ういうつだ?」

今テレでやってましたよほら

「質問に答えい!ったく…

確かにくとそん特集番組をやって

二人ともYシャツを着てた。ちょと大きくて意外に可愛い

Yシャツの下のナマ足妙に色っっくてドキドキしてしった。

か今は二人ノーパンか?


ほらっ。買ってき

「ありがとござい

あっピンクがあるーったらッジョブ

…」

「でがパツ買るところ見たかたなぁ〜

奈美ニヤニヤてこっちを見てる。

二度と買わねぇよ…それ落ち寿いか履いてきなっ

「はい」

人揃奥へ行ったのでしばらった

かし今日は何なんだ?一体どうし言うん…意味わからん

履いたかー?

「は〜い」

屋に入るとテーブ缶ビールがあり、すでに飲んでいるようた。

いませーん。ちょっかったん暖房入れちゃいま

美がまたヤニヤしてい

かったら何?」

ー課長いじわるいですか

いじゃないど…」

素直になしょうよ

里美にンと肩を叩かれた。

さっ課長も座って座って。はトコトょっ」



人でテついた。に里横に美が座っ

人とも胸元結構開いいる

あのーっもう少しボタン止めない?景色が良すてさ

二人が一緒に出した。

横の美が手のばして太ももを軽く叩いた。

「大ですよ〜誰いし

「いや俺るし…」

「大丈丈夫

「何が大なんだよ…全くそういみただな

…課ういうお店行くんですか…?」

「行ーよ」

う言いながらも里美がビーをすすめてくる。

ビールはあまきではないが飲まずにはいられないシチュエーションだった。

奈美が太ももの上ら撫でてきた

「そよりんでジーンズなんか履いてるん〜毎晩ジーズで寝てるんです

「いやっ…そんなわけいだろ。お客さからだよ」

「えっお客て私た?なんか か使くるら着替えて下さいよ

「着替えるっていってもな…じゃ簿マでいい?」

「パジいいー」

奈美促され、隣の部屋でマに着替えた。

「いいね〜

奈美がまたニヤニヤしている。

「何がいいんだよ…

すると里美が急に舞ちゃんのこと聞いてき

「ホントに何ったんでベッに運ぶきちょっ姿と触っちゃったりとか…ホントはしたんじゃないすか?あんな事とか…んな事とか…フフ

触んないよ

そういうと二人ヤニヤしな眼差しで見いる

わかよ…ホントのうよ…俺ゃないからな」

ういとさっきの出来事の一部始終を話した。

退えーっ…

二人とも一絶句したが すに聞い

「課こまされてなかすか?」

うん……ぁ…

よく我慢しまぇ〜」

「男の人ってそいう時 我慢きなんじゃないか〜?」

「だからあまりを与えないよ」

そういって奈美をラッとると、大きくあいたからな膨みがのぞいた

のせか膨らみの先端のが変わったころまな気が

てて目を逸らし、に座っいる里美を見るとYシャツ前の分がている。(うだめだ…クララする…

の回想とのシーショ、ペスにみなぎてくるかった

、無理、ギンギンになっちゃったよ

一同爆笑なった。

「ししおまえらんつ好してんだよ。まっく。調おとなしくし貿からて」

「はいはいがない〜ギンギンになったのはちゃんの事を殿寿出したからですか?それとの前にいる二が素敵すか?

「もちん今目の前にらっしゃ二人が素敵だからでございます」

「よろしい!

ういうと美が俺間をぎゅ握ってきた。

「おっ……」

そしてジャ貿マとパンツの隙からペニスを出亀頭を手ひらんでしまった。

おぉ……」

わず快感に身をねてまったが、ふと我にかえっ

「おそれはまずいだろう…」

大丈すよ。里美、課長のスゴいよ。フフフ

美が里美を手。すると里がテブルぞき込んだ。

わ〜すごい光景。なかエロい…」


美の手はパジャマのズボンとパンツずらてしい、下半身を露出し態だった。

を包た手のひらは陰に添えられ、ゆっくと上下動をている

そして時折 玉袋を優く揉みし

その里美下からる。

考えただけでも興奮し


里美も興奮してきのか、そのままテーブルの下に潜込み、かなり近い距離観察しているようだ。

る刺の他に熱い姿息が当たってるよに感じ



しばらくすると奈美が側にけてきた

肩に回し抱き寄せねた

美もの背中に手し抱きついてきた。

そのままお互の唇を貪沿りあっていると、里美の指がニスにのきた

一瞬びくっとが そ抱き合って

ると里美が今はペニ舌を這わせ

しばら舌先でチロチロ玉袋を舐めに亀頭を唇でんだ。

んっ…」

わず鼻鳴らしまったため、奈美を離して下腹部にやった。

瞬口元を浮かべ、の手をり自分の乳房へ導た。


Yシャツ一枚なで 柔らかい触がモロに伝わってくる。先端の尖っ部分も手のひらの中感じ事ができた。

右の乳房をながら胸のタンを外乳を露出させた。


カップカップはあうな乳房下かげるよしながら親指で乳首刺激、奈美は体をよじて悶えた。

が喘ぎあげると、美のスへの刺激がなる抗意識でもあるのだ簿うか

さっきあずけだか、精感上げてきた。(や……やばい……)

「ベッドにいこうか

仕切しには丁度貿い。

このままではもったない事てしま。奈美美はゆっ体を離すち上がった

ッドルームへ歩く間、二人両側ぴったと体をり寄た。

ベッムに着くと二人共Yシャツを脱でベッドり込んだ。


も裸なり二人の間に体を滑ませた

ダブルベッドなで狭くはある苦しくかった

しろ密感が増して、心よか

に腕枕をして肩のあに二人を感じた。

「なんごくせな分なんだけど…れにし…」

本気で思った。おそらくで一度るかな事だろう。

「もと幸せなりまうよ……」

にい美が首筋に舌を這わせてき

そのまま両頬を両手のひら包んあとを重ねてきた唇を割て舌挿入して

美はとうと左の乳首に舌を這わせてきた。時に優しくに強く舌全体を使って愛てい(おおいんな事てあるのか…)

美の手がニスに触れた。そしと優しく撫でる。完に勃起しのを確 ゆっくりと扱きだした。

乳首舐め続けている。そしてそまま下へ降りて、ペニスを口に含んだ。

ぉぉ……」

唇を窄めめ付けてる。

て唾液をふんだんにまし、快感を与てくる。

里美が我慢出来なくなきたの、自分の掴ん俺のへ持ってきた。それを口んで溜め息のが漏れた。

が里美下着にれたのでの部分を触って寿た。驚いことにさっき履いたばかりの下がビショビショた。

(濡れやすいのか…?そともコの下着は薄いの?)

下着の中に入れ直部にた。両方だった。


は確かが、濡れ方がすごここで濡れてくれるとうれしんだ。がクリトリスに触れた

「あっん……」

く仰けあと頭を強く抱められた

リス刺激を続けると、その下の泉から女性特有の液がこんこんと湧き出てる。

その泉の中に中持って、ゆっくり挿入した

「あぁぁ……………

俺の頭を抱きめる手力が入る。胸膨らみに埋もれ窒息しそうだ。まぁそれも悪くない。

そのまま指を出し入れしているとどかしいのか下着を自分で脱しまった


指を出し入れするたびに柔らかなが指に絡みつい

「あ〜ん……課長の…指…気持ちいい

里美が声を漏らす。

ん…里美ずる〜い

奈美がペニスから口離し、の手取った

そしの熱い場所へいた。

そこ かなり濡れており、外陰部までヌル簿ルになっていた。

(こちもすごいな…

クリトリスが ぷりっややだが、ビラはそれほど大きくなかった。

女性器にもいいろあるんだな…)

ヌルヌルし姿い上げ、のぷりっとしたリトリスに塗つけた

ふぁぁ……ん…」

可愛尿声だ

しかし両側ら喘ぎ声が聞えるというのは本当たまらない…。こればっかりは経験してみなとわからないだろ

奈美のクトリさらに奥に忍ばせれる泉へ挿入した。

「は…ん……沿ち…いい……」

二人れながら指を駆使し、愛撫に没頭した



先に奈美がたまなくなってきたのか上にずりがってきた。ちょうど こちらも変な体制で指先を動かていたのでがつりそう

奈美元まで上がってきて膝をつい。陰丸見えである

奈美の陰毛はって外に向かって生えくはなか

「私の舐め

奈美が顔ごうとしたので、里は体をずらして俺の

そしくしごく。

「わゆがいぱい

いうと里ペニスを口に含ん

「おっぅぅぅ……」

わず声出る


ると美がを跨いでの顔に濡れ押してきた

大き使って陰部全をひと舐めした

「あ…あぁ…ん」

をくねらしたの、ヒを両手で押さえてんどはクトリスを大舐めた

に舌先で小刻みに刺激する

「なっ…あっ……〜…ぁぁ……

かな気持ち良うだ


すると今度は里美が下に跨ってき

ニスは上を向いているというか自分の腹を叩きそうなほどに反り返いる。

こに里美が陰部をけてきた。熱く濡れたビラが裏往復する

おーっ…気持ちいい…)

所への刺激に興奮か高た。しかし前には奈美の陰部が…

快感をらわめにも夢中でむしぶりいた。声を上げる


するとがペニスに手添ゆっりとを沈めてきた

ニスの先端が膣口れると、そままずぶっと奥ま挿入れた

里美が2度腰を上下, 抜こうとするたびに亀頭のカ捲りげられるようなおそわれた。

(こ…これは気持ちいい……

あーっ…持ちいい…」里美が声をる。

〜里美ずるい…」奈美が体を捻ながら言った。

損ねる面倒なで里美への奉を入れる。

右手ヒップをがっし押さえ左手でトリスの上の皮を持上げ

そしてを小みに激し動か

「いやぁんんぅ…はぁ…あぁ……」

が悶えだし

は腰きを上下から前後に変え、擦りつけるように動かしいる。

りの快が、への愛撫に集中してなべく気を逸らした

油断すると簡単にイカされてしまいそうだった。

あんあんぁ…はぁん……

「あぁんぃいはぁ…あ…」

の喘声がこだする。

の陰部からヌルヌルした液体がどんどん溢れた。

ップを押さえていたを離し、ヌヌルした膣へ近づた。

そして中指をっくり挿入する婿

はぁぁぁ

かなり濡いるのだかちらも狭し入に抵抗がある。しし多量の粘液のげで滑りは

か出入れ自分下半の状態とリまってしまった

…)

不覚にもイキってき。すとタイミング良く奈腰を上げた。

「私欲し〜い!」

インドしいた里美動きを止め、ゆっくりと腰、ペ引き抜いたーっ…危なった


ぐに奈美が後ろにまわりペニスを膣がった。

そして里美とようゆっくりと腰を沈めてきた

途中せるため多少上下たが、亀頭に刺激集中も気ち良いまま奥まっていく

あぁ…までくる……ぁぁん……」

がのけようにりつけるぉぉ…ちらもま…)

ると里美が俺の頭を両腕で包うにめてき

してを重ねてくる。慮なく舌が侵入し、唾液を送る。

その唾を全て受けて飲み干した。



もうなんだかなくってた。

められたままいつでも濃厚な口づけが繰り返され、下半身はまもなく至福の時をうとしいる

気がてい思考路が働くなってきた。(う騙されていようが嵌められてよがどうでもいいや…)

未だもってこの状況が理解できいがるのやめ


美の裕が無ってた。

絶頂が近いだろう、腰動きやくなた。

ぁ…んぁ…んんんん…っ…はっ…ぁぁぁぁ…

奈美が先に果便てよだ。俺も近い…。

うぅぅ……」

それを里美がったのか、奈美が崩れて抜けたペニスを手に頬

て唇舌全体を使激しく扱きた

ぉぉぉっ……

ま里美の口りったけのりをぶち

これどの快感は久しくい。や初め寿てかもしと思った。

里美はしば搾り取るようにペニスを吸い続た。


しばらくたわてい疲れ果てて体が重いィッ使拭いてくているようだが、体をきい…

地よ倦怠感の中、ま三で寄り添ううに眠った。



翌朝、目を覚ますと裸の女性が両サイドに眠っている。そ態を認識すのに少しがかってしまた。

そし昨夜の事をすとすぐ勃起してしった。

(若…俺も…)

朝立ちも便るだ

人はていが目覚めたときは どういう反応をするのだう。

酔っ覚えてないなんて言われたら最悪だ…。

態も悪いがあえず起きることにした。ベ降りる時に奈にぶつってしった。

ん………

美が寝ぼながらも目を覚ましてしまった。

「おう…」

半信半疑のま小さな声かけてみ

奈美少し辺りを回しからにっ笑っ

「おはようごいます。そうだ〜寝ちゃっんでよね〜

の反応に ほ

にも覚えてないて言わてしまう。

「シャワる?」

あっ、い」

二人のまバスル向かった

課長朝から元気ですね。フ

そうしたままだ

夜のがあっので そん気にはしなかたが少し恥ずかしくもあった。

「ばか、立ちだよ。知っんだろ

「奈美ちゃんだからわかんな〜い

「コロス

きゃは」

中トったので少しさまった。

ワーなが簡単にボプをて洗いた。

が泡まれので玉を洗いなスを擦きたで, 気ち良くなった。

まらなくなきたので、両手で胸を泡だらけして触りまく

ばいよ…気持ち良くなってきたよ…」

「フフフ…スゴく固いよ…

「も〜、お前ぎだ

シャワーでお互いの体を、奈腰を掴んで使後ろ向きにさせ

そし, 腰を少しき、起しニスにあてが

「え…?」

奈美少し驚いたような仕が、ズかもしい。

黙っ調てヒップを突

て そのまからペニスを刺した。

結構濡れていたうで すんなり入

ぐっぅ……」

少し仰反っ々しい声をあ

殿腰をけ、何度ちつ

ぁぁん…あぁん…ぁぁぁ…」

美の胸に手ばすと一段が大きくなり、俺のに手をえてく

ばらく続ているとイキそうになっきたので、さらにはやく腰を打つけた。

してペニスを一引き抜き、奈美の液をぶち稿けた。

「ふぅ…

「課長も積極になましたね。フフでも気持た…」

「まぁ…

これから どうなるか心配ではあるがのとこが勝てい

ぁ1回も2回もやってしまったらじだ…

付き合ったそれそれで構わないと思った

かしどち…?まぁなるようになるだろ)



課長、朝ご飯どうしま?」

。悪いけど何もなよ。コンビニでも買いにくるよ」

でしたも一に行きますよ」

おぉ、ありがと。里どうする?」

「まだ寝だろうからおいてましょっ」

ぁ起こすのもいし。ははは

してにバスタルでを拭


下着どうする?

「はっ…!どしよ

やっぱり一人で行ってくるよ」

〜ん…寒いす!」

大丈夫って…?」

す!」

ノーン?まじっ?カゼくぞ〜」

大丈ですよ。ちょっとぐら

「俺のランクスはくか?は

「はははっ…面白そうだけ日は慮しときます〜

トに大丈?」

「は

「はは。わかったよじゃあ洗濯だけしてい

「そね」



まず着を洗濯機に入れ

ベッドルームに行くと里美は爆睡中だった。

次に自の分を入れした

「俺のも?」

丈夫です〜なそん聞くんですか〜?

や気にする人もたまにみた

丈夫で

女は昨日ていた服た。化貿粧をしてい使干違和感あった。



奈美と二人で家を出てコンビニ向かう。

「奈ちゃんさ〜 すっぴんでもわいいね」

「えっ…どうしたんですか、いきな…」

化粧してるときは きれで、すっぴんだとかわいい系だね」

も〜おだててよ〜」

うたくさん出されしたで〜

「きゃはは確かにそうですね〜」

そうなが軽くスをしてき


「お〜…なんかいうのいね

「なだったら会社でしあげょうか?綿

「あぁ、忙しくて頭がパンクな時とか稿…なんかリセットされそうで」

そんな事言ントに!」便

っはっはっ…まわりがいちゃう


人で笑ながいた。いつのか手を繋いでいた。

なんかこいうのいい久しく感じてないこんな空気

しているちにコンに着た。簡単なサドイッチやサラダを買った

の店さんは人でなかっ。もっとも居たとしとも, むこう覚えていないだろうが…


り道も手を繋で帰った。

寒くない?特に下西半身…」

は。大丈です。でもちょっと寒いかなで課長に暖めてもなぁ〜」

「ま?どんな風に?」

冗談ですよいいかも。そうです〜やっぱり摩擦一番ですね〜

「お前ってん。まったく。でもノーパンなんだよな。想像すると少し興奮するか

「わ〜い〜

お前ら振きたんだ

ゃはははは」



んな話をしていたらマンョンに着

エレベーターに乗っ上階ボタン押した。

っ課長の家っ

美がと戸惑ったようをした。

俺が振り返っヤっ すると少口元が緩んだ。



について階室へ向かった。

ここら屋上へ向かう階段がある。段はだれも来な

休日の朝だが来る可能性は極めて低い。

ビニの袋を置て奈美抱きめて唇を

も すぐに舌めてきた

そのままコーカートの中に手をすぐに陰部に触れた。

指をそ進めるそこは熱を帯ており滑らかな液体溢れていた

れ…

「課長があんな話らですよ…」

「これじゃ暖め要なゃん。むしろ俺の指

ぅ〜長〜」

そのまゃがスカトを捲った。り陰毛が目に飛びんで来た。これはこれで

そのま顔を近づけて濡た大陰唇をひと舐めした。

きゃ…」

に両手の指を使リトスを露出させ、舌先で何度か往復させた

美の腰下がってくる。

「あぁぁ…ぁぁ」

を我慢しているようだが少し漏れてしまってい


ばらく舐めてい美が俺便頭を両手で軽押さえてきた。

ま時間にして4〜らい舐め続けただろか。頭を離した。

「もう寒くなか…奈美フ」

笑い貿ながら立ち上がった

はトロンとしており、えるのに時間かかった。

ばらく抱きついて離かった。

「は…い。課長のってですね…

りがとう。さ帰ろうか」

「は…い


奈美動きが少し鈍くなっていた。

レベーターに乗って分の階に降りて部屋に向かった。

家のドアそー

寿グにコンビニの物をてベドル入っていっ

美はだ寝ている寝姿若干乱湿れていて乳房が片方露出してる。

(お

興奮して見ていと、奈が股っと握ってきた。顔をるとヤニヤいる

ぁ寝込み襲う趣味はいので そっとておいた

リビンに戻って買っきたものを簡単にお皿にし、お湯かしてコーヒーを入れた

「里うしか…良くね」

「ん〜…私起こしてきます

美は少なやんでいたが、結局寝向かた。



しばらくすると、里美は昨日夜着てたYシャツだけを着て現れた。

おふぅぁようごじゃぃます…」

だ脳みその半分くいは眠っな感じだった。

「すいま…私 悪いんで

ったらシャワ浴びきたサッ便リするよ

うしま…」

どうやら俺の家にいるという違和感ないようだ。

美がシャを浴びてる間、ばらく奈テレビていた。

「課長、今どうします

「俺特にはなけど

「私もないんですよね〜どっか行ましょうか?」

「そうな。せゴロゴロすくらかやることないし」

「それは寂しいよ〜

「そんな事いわれてもなぁ

じゃイブも行きましう!」

いね〜」



「私里美に聞いてきす」

ろしく」

奈美ルームに駈ていきに帰ってきた。

OK。私運転得意だから転しますよ〜」

「それは助よ」

くす湿るとルーてきた。

どこ行きますこ行き?」

んかさっと全ョン違うな」

お陰様でサッパリさせ頂きました」

そういう里美はぺこりと頭をた。


どこ行くか

「私、浜行きた中華街で美味しもの食べて〜ジ行って〜それから〜

美はなんか楽そうだ。

「それい!」


美も気入ったよだ。

まえら これから朝ごはんなのに もう昼ごはんの話かよ〜

「はははっ

朝食を食べた後、替えと化粧がうなので部屋を出て車場へ

奈美に鍵をいした。奈美が運転席、が助手席、席に自分座った

昨夜の疲れと朝も頑張ってまったの稿乗るとすに睡魔にて眠ってしまっ

らい眠ったのろう、女性のい声目を覚ました。奈美が笑いら話している。

かしもうつある。

(ん?)

隣に誰る。よーく見るとのある顔だ。


「課、すいませ。うるさったか?…あっおはようござます

った。

「えなんで〜いつの間に沿っ…おはよう」

里美が助手席から こを向た。

「舞ちゃ電話したら、暇だし課長に昨日の続き…じゃくておがしたいそうで

詫びかはいいよ…」

続きですか〜」

がニヤニヤしている。

「そうじゃなくて!」

、気にしなくていいんだからね。本当に。お姉さんたち比べら…」

奈美ー越し

ね」

舞ちゃいるようだ。

おまえっ…話したのかっ!

もちろん昨夜の事は何何まで…フフフ」

うと奈美がラー越しにニした。

おいおいっと思った、朝事は話していないよでほっとした

れか課長っ姿ら朝ねぇ〜お風と外ねぇ〜」

おーーーーーいっ!」

「えっ何それ!」

に追れ、奈美は全て話した。

わーっ。課長エローい」

「いやい…」

綿りにツが悪ぎる。それにかなり恥ずか

穴があったれたい…じなくりた気分


ちゃんまヤニヤしてこを見てる。

ちゃんはミニのフレアスカートを履おり、ストッキング膝上までものだ

色はどちらもおじ黒だ。

俺はこの服装がたまらなく好きだった

「今いよね〜」


見透かしたよに振っきた。

課長は好きですか〜今日の服

「結構好きっす。いうかたまんない

当です〜嬉しいで

ちゃんニコニコしてい

「特この辺が可愛いよね〜

そう言いなが里美が助手席手をのばし寿スカートをペラッった

便きゃっ

わっ…」

まで見えが太ももり見

「ちょでやめてれ。たまんねぇ」

朝出しただというのに間が固くなっていくのがった。

んか楽しそう…

里美がシートベルトを外して後席にた。

ボッーなので自由行き来できる。

里美は窓際に舞ちゃんをちらに押た。


里美ゃんのスートの裾を持ってげる

ち…ちょっと美さん…

ちゃは一応抵抗をが時折上目使いでこちらラチラと見る。

目がんともぽい。すると里美が舞ゃんの胸を揉みした

「舞ちゃん弾力がすご〜い」

きゃ

た拍子に舞ゃんの膝があった

そのに里美が舞ちゃんの靴を脱がてしまった。

股を開た体りのような状態で横向いている。

ろか里美に抱きかえら揉まれている。

「ちと…里美

ちゃんは少し抵抗していたが、里美にがっしり抑えられているために身動きがとれない


そんな事より体育座りで股を開、白いレー下着った。

膝上のストッキングと黒のフレアカーの間見える太もと白いレ下着は限なく眩しく、またたまなかった貿

ょっ見てるのたまけど…綿

あ〜課長〜興しちた〜

美がニヤニヤしいる

「誰だっこんな間近で見せられた興奮しちゃうよ

「じゃあ課長はらく見ててくさいねだっ自分でしてもいいですよ

おいっ!

ういう美は舞ちゃットソの中に手を入れ、下着の上から胸みだた。

「んん……」

舞ちゃんは もう抵するを止

里美のままブラジャーのホを外て生乳を揉み始めた。

「はぁぁ……

舞ちて体をに里美に預ている

美がカットソーを捲ったジャーの上から乳首が見えた

里美い指がそこを摘いる

こを視しいると、貿ふと里美と目った。

ラしていて欲情な目た。


舞ちゃんのもいいが、股間の白くりした部分もった。

程良い肉きが興誘う。ついってみたくた。

ちゃん、気持ちいい?」

美はまだ胸を揉み続けて

は…い……」

「課長にってしい…

言わと舞綿はトロ目でこちらをチッと見た。

「は……い…

う俺の股は はちきれそうだった。履いてきたジズがッコリてしまっている。

じゃあ私は上を触から課下をおいしすね…フ

もう我慢出来なくなを近付けると舞ちゃんは いきな姿俺の首に手を回唇を重ねた。

ぉー!」

里美嘆の声上げる。

も気になるのミラー越しにチッとこらをた。


そのままなく入され激し絡んできた。唾送り込まれ、舌は歯茎の裏側を舐

とても19歳のキスとない濃厚な味わいだった

「うっ……

然、股間に感がった

ンズをはち切ばからまいたペニを誇かりか染み出してきた液体によっ着を少し濡らしていた。

そこんの細い指先がのびてきだ。

厚い生地越しのもかしさはあったが、よい快感った


ばらンズの撫でていた指先が腰のボタンを外しァス綿下げた。

そしトラの間からしてくる。ヒンリとた指がペニスを直にる。

うぅ

わぬ快感に体をさせてしまった

んの先は亀頭端のヌルルを弄んで

し, やらればかりではまず

舞ちゃんの ぷっくりした下着の膨らが触しょういのだ。

感にえなら指先ちゃのレースの着の膨らみ指先をすめた。

あぁぁ…ん」

舞ちゃんはビク

そこはふんわりと柔らかく、指先が中心みからは下着を湿らせる体液が沿でい

を上下に動かてそくぼを馴染ませなんやらし

のままくぼ上に滑らせていくと、ちゃんの体がピクた。

やらリトリに当たったうだ。

ぁぁ……」

引っかく与える。

そこは…ダメ……です…あぁぁ…

て逃れとするがートのに上がってるのであまり意味がい。

ろ白いももが黒ストッとの対比でかなりエロックにじる

「はあぁん…んっ」

舞ちゃんのくなる。

快感没頭てペニスから手を離してしまった

「ちょっとあ使ずるいじゃな

美が信号で止まったミンで後ろ向いて話し掛けてた。

うしょうもので とあえず奈美見てニヤリとてみた。

奈美頬を膨らまていた、信号がてしまい発進るしかな



水を差されてしまったが気を取りて舞ゃんの下着に手をけた。

のままルッがししまった

テカテカた陰が露わなる。たらない…。大陰唇まで濡れてテカテカに光ってい

たまなく俺は思わずこにしゃついた。

あぁっ…んぁぁ………は…あぁぁん…

テカテカに光るだけでなく既にそこは ぐちになってり、そ露を音を立ててズルと吸いたてた。

を立てるたびにビラビラが振動で揺れる。なんとも卑だ。

舌先して膣口差し込み掻き出すように舌した

はぁぁ…。いぃぃ……」


里美相変わら舞ちゃんのを揉いる。

舞ちんは時折体をピクピいるが、ぐたりとして里に体を預いる。

舌先を上にクリトリスをえた。

「あっんんん……寿いやぁぁ……」

を痙攣させるに細かく動かしリトリスをする。

に舌全体でゆっく舐めた後、また細かく動かす

ちゃんは太ももに力をれて感に耐いる

顔が挟まれて苦しいが、太ももなんとも気持ちがいちなみ俺はMではない…。


クリトスを舌で愛撫しら、中指をと膣口に当てがゆっりとた。

「んぁぁぁ…はぁっ…っ…ああっぁ……」

ゃんの喘ぎが一段とり、口クパせて体が

どうやイッてまったようだ。

舞ちゃ〜ん。おい。もしかしイッちゃった?」

が後ろからやわりと抱締めながら声を掛け

舞ち言でコクリと頷いた。だらりとして目を閉じている。

「じは課長を気持ちよくなき

里美う言、舞ちゃたコクリと頷いてからペニスにを近づけてきた。


そしに唇垂れた露を舌で掬った。

して亀頭をペロペロと舐後、一気に口に含んだ

「うぉ…

快感にを漏らしてしった。

「課長可い顔して〜気持ちいいの?」

そういうと里美が顔づけてを重ねきた。

ゆっっとりと舌をしてる。ペニスと唇への刺に、の力が抜く。


ぼーると車がへ入っていった。うやら地駐車場へっていったみたいだ。

方の薄暗い所に車は止まった。

ちょっとひどいよ〜

が不満げ部座席に来た。

私も仲間に入れてよ〜」

、さすがに4人は理がある。シートを後目一げてースを確した。

のような光景である。社の女の子がも今る。

(会社の間にばれたら袋叩きだな。こり

そう思うと奮してきた

ちゃんが移動しような形でペニ舐めている。


に里、右は奈美

美は隣りにるな手を取てスートへ導いた。

着は湿っていてむわっとした熱気ていた

も無いだろう。分だけ運転し後部座席はんなになってたのだから。

奈美はりやすいように座りなを前に出してきた

のお下着を陰部に触れる事がでた。

湿濡れり、するっと膣内に指が滑り込

「はん……あっ……

までして感も大いようだ。

はというと俺稿のシボタンをて乳首を弄ってき。そしを近付てきて舌這わしてき

これやばいな…っとち良すぎる…)

ラチオもが入ってきてくる

舞ちゃんが座てる俺に向かい合う形で跨ってきた。

ゆっりと腰をめる…スがな温も包まれていく。

(おぉぉぉ……

「んんっ………あぁぁぁん……」

「いん。極的〜」

がニヤヤしてやかしてくる。


は腰を前けている。

トに隠て結合部を確認する事は出来ないが、っとりとペスに絡みつく感は伝わっる。

腰にるス地も心地良

により俺の両肩に手をて、心不乱に振り続る舞ちゃの喘ぎ声顔がい

しばるとを動かすピード落ちきた。さがにてきのだろう。

結構い時間腰を振っいたに思感もあるだろうが肩で息をしている。

「代ろう

「あっ…は……」

ちゃんが腰せてペニスを抜いた

天井に気付けながら立ちころで、腰を掴んでと10度回転させた。

そして俺腰を上げて後ろ気にスリと挿入した。

うぐっぅ…ぁぁ…」

天井に気を付がらをくの字にして腰振り始た。

ニスの出し入れを繰りながら胸した

んは運転と助手の肩分を そ掴んでのでいて

のた易に房を揉ことが出来た

散々里美にたの、乳房は敏感っていた。

首に指先が触れると泣くような喘ぎ声上げ膣でペニスを締め付けきた。

おぉぉぉ気持ちいな…これはやばい…

の中をバックか尻を叩ンパンとい結合部から聞こえるヌチャヌャといた

そろそろイキそう

うぉっ……」

そんな事を考えていら不意を突かれたら手のびて玉袋を掴れた一瞬 動きがてしまう。

とさに手便のび、指先がペニ刺激して

おぉぉ……

情け声が出る、たまらない。

まりの気持ち良さゃんに覆い被たまま動けなくなてしまった。

なくなってくる。


課長〜気持ちいい

里美顔を近付けきた。どうやら里美の仕業うだ。この攻撃はやば

「おまっ…っと…」

さら指先を動かし、刺激を与える。ペニスの根元辺ぐりぐりと押してくる。

「おいっ…やめって……うぅ…

すご〜い。ぐ尿ぐちょてるも凄く〜い」

激に応えるよう亀頭も力が入る。

っ…あぁっ…」

舞ちゃんだす。同にクトリスもいるよう

ふぁぁぁ……ん…あぁ

ゃんの手を力強く握り締てきた。同時に膣婿もきゅーっと締てきた。やばい……)

すと果いそうだっので奥まで突き刺したまま、しばらくそのままで耐えた

ちゃん達してしまたようで、が抜くのがわかる。

丁寧にペニスくと、んがかばんらティッシュを出してをつて軽てくれた。

の間付けないと果ててしまいそうだった。

「里美〜邪魔ちゃだよ〜課長がイミング逃しちゃっギンギンなままじゃん〜は

確かにペニスそそりってはいるが、ちっとした刺激で爆発しだった

奈美と里美の視線がペニスの真っ赤にった亀頭に集中する。

ご〜なんエロ〜い」

奈美が手のばし貿る。

「ちょっと待う…」

え〜ちょ残念〜」

う言ら奈美が太ももを撫で

「じあ勿体無いから取っときましょうか〜?」

「え…まじで



………」

「冗談すよ〜」

そういうと奈美がペニスを口に含んだ。そして23度上る。

まじでっ…あぁ……

そううと奈は亀頭を口んだまペニス早くた。

「うっ……」

てた強い快感がし寄せてきた。

イク瞬間、里美て顔を近付てきた。

課長がク顔かわいい〜」

ペニの痙攣が始まり、奈美のへ精液が放

が至近距離で見つ

の表情がたまらなく色っ。意識してそういをしてい


ニスの痙攣がおさまり長く感じた精の放出を終えた。

ぐったりしいると、里美が唇重ねきた。りと舌を絡め、を吸い上げる。

を離すと、子供をあやす母親頭を胸のところでしく締め

るいと優しい温もり、一眠っしまったようだった。


ふと目を覚すと女性の身なりになっており、ッチリ直してあった。

時間して10分も経うだったの下半身見ると申し訳程度にパンツは履てあった

慌てズボンいた

「課長!いかった調!」

んに冷れた笑ってる。

「課長〜お腹すいた〜

あぁよし行う…っていうかこ何処だ?」

街のそばです早くましょう」

手を引っ張る。

はいはい…

4人で車を出てへ向かって歩いた。冬な太陽やたらと眩し感じる。

「なか太眩しいんですけど…

んか気持ちフフラする。

「課長〜不健康ですね

里美がジプして背乗っかって

まじ…死ぬって


そんなじで楽しく4人中華街へ向かっ

「このお店きれ〜

華街に入少し歩いた右側にき店が気に入っうなそのお入る事にした。

円卓のに入り、一奥の

「何食〜」

「わ〜これいし〜」

んなニュ宿ながら楽そうしゃいでいる。

課長は何ががつくものべてらわいと

奈美がまたニヤニヤしてこっちを見ている

「えっ…まじて…

また笑おきた。

「じゃが おごるから好きな物でいぞ」

トでか〜ラッ!」


じゃあとりあえずビール!

んが叫んだ

「違うだろ!中華なら紹興酒だろ

また笑がおきた

「課長!すよ!ここは、おお前未年だ寿ろ!ですよ」

が笑い込み本を見せてくれた。

いやいや、からビール!でよ」

奈美む。正直どうでもいいような気もるが…。


課長っ込がイマイチです〜あっちの突っ込みは上手なのに…ね美?ちゃ聞いたうがいいかなホカだし〜」

「や

真っ赤にって俺もかしいがちょっとヤジギャグが…


局、昼間ので みウーロを飲った。

次から次に理が運てくる。結構

円卓をクルクル回して、各自かなりのを食べた

ゃんが気を使っているのか、小皿ってほとんどの料理はに配ってくた。

そういうは気が利いて良い子だなと思った

「結構食べました〜デザートに杏仁豆たべましょうよ」

提案した。店員呼ん奈美が そのまま注した。

いま杏仁を3つ」

「はいまりした

う言員さんから出いった。

「俺も食べたかったんけど…」

俺がそううと奈美がニヤリとした。

美。なんか企んでしょ〜」







>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様