2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

どうしてくれよう






女房が浮気しやがっ
携帯とんど使ってないうだったし、2才になった息子の世話で忙しくてそんな暇など何もないとていた
れは俺専用ノートPが壊れしまったった



久しりに家のPCを触ったら、何そこには男とのラール。
にこ一年ほは自分のPCばか、家のCな事もなかっから油ていたのかもれなが、
こんルダまで作って後生大事に保存やがて。
俺を舐めんのか!せて見つかないように、も雑に隠せ。


』というフダをけると、中には見覚えのある沿の名前がらり。
道理あまり携帯触っていないはずだ


食事ぐらいき合てよ何でもご馳走るから)
(何度言っら分かるの?結婚前とは違って、私には主人ももいる
婚する前だって彼がいたのに、食事は付き合っれたじ


これはまだ良い方で、っと露骨る。
(エッチさせてよ。毎日送り迎えをしご褒美させてくれ時「今度っておて、もう7年経つぞ)
昔のたわ。そん事ばかっていると、もうメールしない
ごめごめんもうつからないで)


たようなもの局女房をたい奴ばかり。
かし,それは女王様分を楽しんでいるだけにたが、『特別』というフルダを開けてびっ
いが『別』なんてフォルを作な。
特別?何だ?と思って開まうじゃなか。



そもそ、こな女を女房にんだ俺が間違ってい
女を顔やスタルで選ぶものじゃない
あの俺は、8年も付き合っ結婚まで考えてた彼女に、別れをげらた後だった。


れも彼女の横には新しい彼が。
32才になって突然間の荒波にり出され真っ暗闇のとろに待ち後ろからゴン。


っさりてんか
っていは暗くてよ叫んだが、降退てきたのは若女を見た固まてしまった
サラサラヘは肩甲骨のまであり、顔は俺の半分くらいしかなくて、はっきりとた二重瞼の大
鼻筋は通っていてその下には小さな口元にはスのおき。


何よ一番目を惹いたの90はろうかとい大きなッパイ
大き明いたサマセーターを着ていたで、
そこから覗く谷に危うくまれそうになる。


それで慌下に目をやると、括れた腰に細く真っ直ぐに伸びた脚
も普通の綿ミニートら2着は作れそ穿いてたから、稿
わずバンパ見る振りをしながら、体勢を低して覗いてしまっないか。


「ごめなさ。お怪我はなかったですか?
「僕は、もお我はございませでした」
女に笑われ、その笑顔を見た警官で状聞かれていもそどころではなく、外に出るな目で元々、破れぶれってみた


「お詫に、お食事でさせてください」
お詫び?追突したのに?い方今夜は駄目だけれどを改めて非またお会いしたいわも彼に怒うか
僕にんておられません」
元カ沿よ、ふってくれた。



の土曜夜、会うな彼女は腕を組んでき俺の腕にきなオッパイを押し付ける。
すぐ応してしまった俺は、ずっと腰を引いて歩いていので、海いていると思ったもいただろう。
はあき合ってた彼西れて考えして事故を」
おー。俺は初めて存在を信じた。


「実は僕も、彼女とばかりで
うなの!こんな事ってあのね。おだけこのまま別れるのはしいわ」
「飲みにいきます?」
それよ・・とあを知
は20代前半だと思っていた実際俺より1才
流石に大人の女性だあって話も早く、早ルへチェクイン。


んない女をどう料てや垂らしてたら、
いつの間にやらパンツまで下ろされていて、
の巧みなフェラでベッドまでも辿着けず敢え口の中へ。


たくん出ね。溢てしまいそうにったわ
顔色も変えずに飲しまた彼女を見て、俺は呆立ち尽くしていたが
その間に彼女は服いでしまい、小さ着だけ姿の姿招きる。


「洗ってあげから来て」
半身は彼女下着姿見ても元気を取
バスと彼女の巧み指使いでオンチンを洗わ
同時にマタまでわれては堪らず発射。
ッドに行彼女のペースで事み、顔をさになて重なってき
「恥寿ら、んなに見ないで


そんなに見ないでと言わてもの前に押し付け尿てきたらオマンコ以外何も見え尿いぞ


そんなに激しくしないで。紀た逝ゃう」
に激しくしないでとわれてもんたがの口に押けてきて、手に使っているのだ
お蔭で俺の口の周りはベベチョじゃな
何度か悲鳴に近い声を上げ、ようく俺の上かりるとオチンチンの先コンを乗せて、口使っ用にた。
ロ?


女は俺と会う日前を辞めたと言いたが、
プロの腰使いていると、
やはりそちらの仕事をていたのではいかと疑ながもまた


3連射した俺は、にこれ以上はだと思ったが、
が変わってしまって彼女はその程度で放してくれない。


願い。何もかも忘れさせて
後も彼女の攻撃で2発も搾り取られ、
5発せらもかも忘れさせられてしまった。


し冷静、プロ並みのテクニッを持つ彼女を喜んでかどうか悩む
どうしなにッチが手いん
付き合っている内に彼女のプロれたが
それなら誰仕込のか気になる。


かし,自付けてくるオマンコと
上下に用に動く腰使いを経験してしまった俺は、
女から離れられなくなって


彼女を他の渡したくない言うよりは、
具合いオマコを他の男に使わせたくないのが本音婚約
されてから1年後には式を挙げた
の頃はないい女をで残しておいたと神にして
女房を頂くず神りを捧げたものだ。



頂くと言うよりは、頂かれていたと言う表現がうな気はするが。


お掃除は苦手な
そんなものは俺が休日に調から、夜に備えて昼間はいれば


料理はあまりしたいから下手。ドライブのて行っていたお弁当当はおってくれていた
なんて正直な女だ。
料理なんか下手でンチンいが手いいじゃないか。


の代わりお洗濯は好き
は主婦の基本。こ的な女がいるだろうか


しか,結婚して3ヶ月もすると、妻の携急に跳上がり、昼間何人かのとメルばかりしている事が分かる
司って誰だ!
めんなさい。以前勤めてた会社の先輩で、お昼ご飯はほとど彼が・


「清!」
「ごめんなさい前よくを買っていたお長で、お洋服ほと彼が宿・」


「和は?
「ごめんなさい学の級生で、送り迎えはとん・・・。は高校の同級生で、よく夕食を・・・真司は車を買ったディ・・・


いい!」
みんなたお友達。あなたが嫌、二度とメールしないから怒らいで」


女房は立ち上がると、俺の目をじっと見ながスカートの裾を徐々に上る。
するとそこにたの、俺きな白いTバックだった。
「ご今夜は何でもするからて」
んな事を言われは、俺の変態の血が騒ぐ。


「それら恥ずかと言ってナニーするとろを見せもらおか」
彼らとは過にも身体の関係は無、今もメールだけで会ってはいなかったようだたので、は許てしま
て,翌の優生まれ、息1才の実家にりに行った女房が、夜に男ていた事が分か


手は誰だ
「達也とい、実近所住んでいる幼み」

「ファミスで話してけです」
「深までか!
です達也も結婚しているし、私はあな一筋なの。信


は立ち上が目をじっと見ながらミニスカートのを徐げる
するとそこにたのが大な赤ンティだった。
めんね。今夜は何でもら許て」
れては、俺の変態の血


「それ恥ずかしいから嫌と言って、オシッコころを見せてもらお
感情などは無く本当に話しをしただけだったようので、俺許ししまった



***
話を戻す今回だけは絶対に許さん。
んなメールを見てしまっては許るはない
れてからも、部長の一日も忘れた事ありません。な昼間の病院で再、きっと神様が引き合わせれたのね)


メールかすると、相手は女房がめての上司で、別れ言う事は倫の関係ったかも知れない
そししたのは、日付からみても息子邪をいて病院に行った二間前。
も目を疑った。でもす子だと分かったよ。周りの誰よりも綺麗で輝いていた)
馬鹿か。誰よりもの病院なんて周顔色の優れない姿患者とりばりだろ。
その後も毎メール交は続き、すぐに二人は会う約をする。


(また紀子抱けると子供を産も、紀体は昔のままだった。いや人妻の色気増して、昔よりも遥か晴らかった)
女房不倫のだったよだ。
そしてはW不倫。


(あ奥様を傷つけていました。お子も悪たとを引ど、ずっと部長が忘れられなかった


さんにばれて別れ
(私も同じだ。手にでいるようもセックスにた紀を、私が3年も掛けてこまで仕込だのら)


房が年も不事もショックだっ上手な相手れたと分かってに落ち込む。
それにしてもいつ抱かれた?
先週達と食事に行た日
からいく実家にまりに行った時か
そうだとると、あの馬鹿親が息子りやがたな


後も毎日、馬鹿鹿しくなるよう愛の交換メールが続
間メールばかりしていての部もしないで何をしていんだ。
しかし最後のメールに書てい事が、辛うじて息をしてい俺に
来な
死ぬー。


(旅楽しにしるよ。先週は久し振りったから優しくしてしたが、旅行に行っ昔のうにまでじめてやるからな)
いや。優して。お願いすから紀を虐めない


で?子は虐めのが好きだろ?数年で筈がない。本当はどやって虐められるして、今しまるのだろ?正直に言ってごらん)
(ごめんなさい。勝手に


っているのか?さんだな奥さんに、来週はうんとお仕置きしらないと
来週言えば、土日に友達と温泉行くと言ってた。
おそらその日、息子実家て。
てくれよう。


物途眠っ息子て帰って来た沿は、パソンの座っていを見て落ち着かない。
「何だ、これは!
しく、俺の後ろでテーブルを拭いていた女の手が止まる。


んなた形のパターもあるんだ
安心した女房はテーブルをき始めたので、俺はま叫ぶ


「何だ、は!」
と、ま妻の手が止まった。


な奴プロにいたか
房はの場から離れられくなっ
んなテーるとニスが剥





ットをている俺後ろで、今にもな顔々とテーブいていた女房は、えたに俺をその場ら引き離に掛かる。
えーたー優も眠ってったいいでょ?」


背中に大きなオッパイを押し付け、に回手でオチンチンりを触っくる
昼間から?」
「だ、したゃったんだもの。お願い。これが欲しくなゃっ
こんな裏をしる女して抱く事が出切るの



「好きよあなた無しではてゆけ・・・好き・・あたが大好き
ルをられたかも知れいと不安な女房は、わざとしく俺をだと言い続け


「凄い・・あなたのオチンチン凄い・・・・紀子駄目なっちゃう」
じならも、褒める事忘れない。


してその夜、保存してあったメールやアは全て消されていた
一度出してもしてくれ、続けて逝された俺はく眠てしまたが、房は軽く俺の5倍は逝ってしまったはに、ベッら抜け出ししたのだ


プリトアウト出来なかた事は悔やまれる、女房のに脱帽。


『来も女房が寿浮気します
こかで聞いたうな葉だが、こう宿ったら言い来ないよう、来週尻尾を捕まえ
,女友達と行くと言っている温に行くとは限らいし、待ち合わせ所や時間もからない。
らメールで相談して決めのかもない今後警戒してすぐに消しだろう
うかって、鈍臭い俺に尾ど上くいくはずがない尿
あ、どうする



諦めて、メーを見た言っ週の行だけでも阻止する
旅行は来週だっただろ?確か紀子の館に売ってい泉饅頭は、皮が薄くて美味うな記憶る」
たら、お土産はにします」
鎌をかけたら躊事無く言ったで、がそのに行事に賭けみる





翌週の曜日に、俺は旅館にいた。
着かい俺は、チェンのも前に入ってしまっントのお姉ちゃんが美人だったで退はしない。


あなた??
間も忘フロント姉ちゃんに見とれると
りこ女房が俺を見つ
状況が飲み込めずに一瞬不思議そうな顔をし
自分の置かれ貿分かてくると今にも泣き出うな顔に変わる


と、相手は使にも性欲が強そ脂ぎったハゲ親父。
俺もこの歳でが気てい
沿伝からってもは確実だうから、
出来ればハゲについては触れたくいが、
いつけはゲ親父と呼ばずにはいれない
が床のは、こんなハゲ3年も掛けて仕込まれは。貿


?・・・・・違うんだ・・・駐車場で・偶一緒に」
前に、を放しらどだ?


ハゲ父と腕をんだ使まだった。
あなたいては・・」
俺がてる。二度と俺優の姿を見せるな!」


女房はそのに座込んで大きな声で泣き出のでが起こっ周りの客が一斉に見る
石に恥ずかった俺は旅館を後にし女房の横でうろたえていた。
,俺は女実家によって息子を連れ去りに帰の女房よ声で泣い


どうしてくれ


二度貿には入れてやらん。
うは思っても、女房は合鍵をっている。
実家に帰らて頂きます。育費はりません。その代わには生会わせませ
らしくをテールに叩きつて、実寿家に帰ってやった
「帰てきて。私が悪かったです


ハゲ親父と泊姿のをやめて帰ってたんだ。
少し嬉しい。
息子を預けて急いで帰ると、女房だけで房の両親も来ていた
話は聞た。どう許してやえないだ?」


威張り腐った父が土下座している
「離婚だは許げて


あの気の強いが涙を流している。婿
「あなたに誤解えてしまうような事をし、本当に悪かしてい


泣いて反・・・・・い、この期んでも誤解だと言っている。
「何がだ!先々週抱かれも知ってるし、温にまで行っておいてだと!れに手は、んにばけれ未だに続いいたかも知れない不倫相手だろ!
「元不倫相


母は知らなかったようだ。
「元不倫???
?が多、父はもっと知らなたようだ


「親して恥かしい。どうしてばような!」
叱り方が何かうな気がする。
はお前も倫経だな


事を思ったようで、横目で父でいた。
,両親、言いをしながら帰って行ったのまでもい。



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080608090610