2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

自業自得






婚8年目38、妻桜子歳、娘麻衣5歳の3綿人家族です。


私の悩みは、妻がセックスに消極的事でした。
に関しては幼で、毎晩手を繋いで眠りのです、セッスは好きではうです
特に子供が生まれてから断わられことが多くなりでは月に回がところで、多くても3回ほどしか応えてく


それもず正上位でどんなに感じても後からはさせてらえ姿ず、
がイク直前で我を忘れている時にバックに変せましましたが、
最後までいきたい気持ちも恥ずかさがてしまうのか、ってやめまいました。


てや女性上もっての他で、事をさせようとすれ、怒って口も利いてくせん。
フェラ自分からはした事がく、感じてしまっに口ると、
ただ口の中てくれるという程度で、舌な使った事は


ですから、 妻とのセックス ほとパタしまっいて
しばらくキスをしてからオッパイを触り、
次にオッイを舐めながら妻が感きたところ
下に手使持っので
感じ方がと手を押さえらて拒否さてしま事もありま


その後乳首を吸いながら妻のな部分刺激やって、ようやく正上位でって妻にタミングを合わせて出します。
のタミングがまた難しく、妻が先にイクと私がまだでも逃げ退まうがあるのです。
ようも私は惚れてい、浮をするは全く無く、
私の望みは色々なセックスを楽しむ事なのです。





私の車の車検が近う一度検をい切新車に変うかってい頃、
出掛けた妻ケーを提げて帰って来ました。


買ってくるのはしくあせんたが、3人家族にこの日は4個
3個だと箱が少し大きいがして、運転中に動しまって崩れそうだったから
しか私には、4個てきた訳が分ていました。


それまでは芸能界に興さなかっが、なぜか韓流ブームにまってしまい、
を買いえて欲しくてここのころよく来る、
もおィーーの新しなった若い男が、
妻の好スタ沿に似てと、 以前が嬉しそうったこがあ
その彼が今日カログを持っる事になっていたのす。


勿論、 妻も男性に興味が無い訳ではのでし
今まで一度もそのような素振を見せた事はありません。
し、 彼が来る日はでとい、心ときめくのか普段りも入り化粧をし
彼が来時間 と、姿に全してクを始ます


?」
え。どちらかと言うとお酒が好きで、普段あまり甘いは食べ無いです、ケキだは大好物す」
良かった」


が良かった。以前彼がケーキは好きだと言ていを覚えていてざわざ買って来のだろ?
しかし、にはですは見
ょっとした心だと分かっていたので私は微しく見ていまが、時、 恐ろしいえが頭に浮びます。


『も桜子が浮気したうする?
婚するか
それと弱みに付け込んで、せてもらえなかった事を色々せてるか?
はおいて出て行けと脅せきっと桜子は何でもすぞ』


しかの性格かて、には浮気する事なり得な事で、
が一そうなったら私も妬に狂ってそれどは無いでしょう。


の日は、彼が来た事で恋をいる少女のような気持ちなっていて、
になって誘っと、やはりわられてしました


『一ままの状で良いのか?桜子に弱みが出来たら変るぞ
ら、ような事を考えてみ、結局、妻に限っ気する確率限りなに近くて現実的でありません。
それしっり者で優しくて、セックスをば私にとって申し分のないで、
そのうな事になって妻関係が壊れる危険性をれば、
のままのらしがと思い直しま


何より想像の中使から良いものの、
際にはその許せるほ、私大ではいでょう。


私は、このようなを真剣考えていた自分が可笑しくなり飛ばしました
妻と彼が抱き合っている姿を想像すると不思議興奮があったのも実です


この、それが何からのかは分かませ 綿
その3日私が得意先からると車が止まていて、
の時た同じ様な興奮を覚え


その、2人務所にいて、私の車が来たにも気付話していま
少し背伸して、下半分が擦りガスのからけを出て覗くと、
妻はテールを挟で向かい側に座っいたの
娘を園にえに行くで、今日はたまたま短いスートを穿いていたので
しまわないよに、スカーの裾に手をいてに気にしてい


かしその草がってその部分に気惹いてしまい、彼視線下がが分かります。
「健司さんは恋人がいるでし
ませー。30も手前になると友次から次へと結する焦っています
「うそー。そなに格のに宿?健司さのような女の子がの?」
「優くて可愛くて、奥な女性が良のですが、なかなかが無くて
流石営業マンね。口上手のだらー。そにしても主人は遅い


所とも、妻がで男2人だけでこ話をしてるのをて見て、私は不思議な興奮覚えいま


『俺は男と馴れ馴れく話す桜子にてい?』
嫉妬からはりだけをるものだ思っていたが
半身熱くなるような奮を覚える事もあるのの時知ります。


、ミカートの裾を押えて仕切ににす妻の姿を出しると
た興を覚え、に覆被さり便やはり断られて婿います


どうして目なん近全然ないぞ
お願い。来週の末ならいいから」
は、生理前にあたり、そのような素振りは見せ
唯一この 期はしたくなるの2回受け入てくれ内の回は必ずこの時期す。


理前の来週末、夜に彼と2人きりになったとしたら妻うするだ
業のリップサービスだたとても満更ではないようだったし
迫られれば体を持まではいかなくても
らいは受れてしまかも


妻に断われた事でまたのような恐ろしい事を考え始めました
桜子不倫など出いから丈夫だ
スぐいはするも知、それでも十分な目にる。
弱み来れば、れから一生好ックスを』



次に彼が訪れた時、私はわざとを外してみした。
「銀行に行を忘れてた。あとのな事は桜子が聞いておいて尿
それと彼くさせるめだっすが、
茶店で間を潰るとまだ彼はいて、
務所にると急2人話をやめ、おかしな空漂っていま


?まさか抱き合っていたのかそれキスを?妻に限ってそれはないか
私に耐えられそうにも無ので
週末彼を2人だけにする事はやうと決めてッドに入と、
で眠ってい宿の唇が気にます。


『このと彼の唇が触れたかも?、無い、無い
かし、私下半身は妬で痛くらいに硬くなっていて、眠っている妻に襲 かっまいした


て無理やりし?夫婦でもこれは強姦だわ」
そうでしないと桜子
から週末にと明日私はの部屋で寝ます」


妻のあまりの言葉に怒りらない私は、翌が娘をて行ったに彼に話していました
金曜の夜られる?出れば金曜正式に契約しいと思っ
本当ですか?あございま。必ず伺います」
「そ一杯付き合わないか美味い酒があるん
いのですか?じゃあお言葉えて、車はいておします」
それは不便だ。雑魚寝でければ泊まっていけばいゃなか」


そして当、妻上機お風に入っているに、
釣りの用意をしていました。
「釣りに行くもうすぐ健司さんがみえるのょ?」
いた。急引先の夜釣りこう誘われて、うっか束してしまった婿


チャイムりました。
気にしないで下さい僕はから
いや。これはスだ本当すまない事をし
あとはオオなどを決めるのと判を押すだけから女房十分ろ。
れと契約が終わったこれをんでれ」


には、入手の一瓶が握います。
ありがざいますでも図々し泊めらうつもりで、
車で来てしまったでお酒はまた度ご馳走になます


それなら意先のを断わる。俺からってそのな事だから」


分かりした。なって、車をて帰。それなら良か?


「そ言わずに、くり飲んで泊まっよ。が相手では嫌?」
「あな、私飲めから」


応妻はそましたがどこか嬉しでした。
桜子も健司君も真面目だし、麻衣もいるから変沿ていないら、っくいってくれ」
二人を見合ましたが、これで返っ互いを意識してしまうでしょう



は翌日の昼頃にと言って出てき、マガ喫茶で時間を潰ていま沿
勢いでうな事をしてまったのを悔やみいました。


『彼が最後までてし湿ら。
や、セックス関しては堅ぎるほど堅い桜子にそれは無い。
あっもせぜいキスりだ


しかし、マンガを読んでる余トをしている余も無くなって
だ目を瞑って考え
んでのは抱き合ってキスをして姿ばかりす。


『やはりだ。だけでも堪られそうにない。
それに酔った彼れ以上の行為をしてき
い桜子も酒の手をして少てしまっいたとした


を終えて、我が家にが8時だので
初の予定で妻が娘を寝かせる30分
が眠ゆっくりと彼相手出切ようになっけるのに2時間、
か起るとすれば30分以上は掛かるだろうと思ていで、
得意長の体調不良を理由に11には家に
人の様子を伺おう思っていたのですが
心配にた私はくもマンが喫茶び出ていました。


『生理前で疼いている子が、キされたらそれか?


空き地に車を止家にたのは、結局定よりも1時間もい10時た。
私は彼への接待間を選んだは、隠れて中い位置にがあったらで、
この間ではまだ何も起こっ稿だろうとながら
2人子を伺お貿て覗く
ブルに一合ほどしか減ってい一升瓶と
手を付けらい酒の肴置いてるだ尿こに2人の姿はありません


玄関に鍵がれてので、
棟続きの事務所のドア鍵で開って便行くと、
和室から篭った声聞こえます。


「奥の最後瞬間のや表情は、凄くったですよ」
「意地悪。恥かしからで」


『最後瞬間てしまったの?本当最後まで』


上半身は怒りに震えているのでが、下半身は興奮熱くなっていました
なのいや。恥ずかしいからせないで」
ほら、こうやっ
「駄目。駄目


始まってしまうた私が勢いよく開けると、
暗い明かり一枚で仰けに寝西の横に
同じショ一枚の姿でい寝し手首を掴まれて、
パンの上から触られていまし


「あなた!」
が部屋殿明かりをつけるは起き上がっ
まで彼の下半身いたで胸を隠しき出しま
いいか続けろよ」
主人、許しい。つい来心で
おまえは出来さんの女房に手を出すのか!日支店長を連れて来い!」


彼は慌てて服を着る飲酒転をにする余裕も無く、げるよきまし


「あ、私
出て行け。今出て行けよ。麻衣は育てる
勿論ではありん。


妻が恋心をいるのを知ていながら意すどころこのにな湿よう仕向たのはなので
妻はショーツ一枚なのも忘れり続ていまし
かれたんだな?最後まっただな」
していません。ただ触られただけです
嘘を。最後の表情が可愛かったと言ったのをはしっかりと聞いてまっぞ!」
「だからられて、つり、では
きりと言え!入れられたのか入れられて無いの!」
れられていま殿せん。つま、触られて最後まで」


かに2人とも、下はりませんでた。
しかし、度終わってから穿い事もられ、
他にも妻がずかしがっ脱ぐ事を拒んために、横ずらしした事考えられま
「最まですつもは」
正直に話しているように感ました。
しかしが帰来なけ、最まで能性は高いのです。


そんな事じらそれに最後までしなかったら、こんしてもか?
桜子の考はよく分かっれが正しいかどうか、お義姿んやんにいてもらおう」


許してい。私かったで婿。もうしせん。二度ませ寿


「当たり前だ。本当にまでしなかったか調べてやるから、そ横になっ脚を抱えろ」
、妻は夫とゆえども、様ない所でそよう格好にるのは堪いのか動ん。
分かった。俺が麻と出く」
すると、てて横になるえましたがショーツは穿いたままで、に肝心な部分を手で隠しています。


何度も言わないよく聞け。子が俺に言えるのは『はだけ俺の言う事が聞けないならすぐにて行け
が手を退けるの部分は、透けて全て見えしまうほど濡れいます。


恥ずかしくも無くこんな濡らて。奴に触てそに気持ち良かった
本当られした、どう寿て触られ
着の上からか?中に突っ込まれて直接か?返事は!


。下着の中に手を」


ディスティックな気分にな、妻に裏切られ事も忘れて下半身を硬くしていまし


調べてやるら下着
はい沿


り泣きならも、もう私逆らいません
「脱いだらはうつ伏せに、尻を高自分開いて中をろ」
れた格好にと、後ろに両手を回で大きく開きま


「もういいですか?もういいですか?
ンドーは無かったので、私鼻を付けて匂いを嗅ぎが、匂いかしませでした
私は下半身になるとに回って膝立ちになります


「奥はこれで調べてやるから、れて唾液を付けろ。
彼に散々濡してもらから唾液などらないか?」


は口に含みま簿、ただだけだったので、舌を使う示を出します。


と舌を使。もっと。には舌も使たのだろ?」
姿な事、しいまん」


私は、また後ろると綿尻を叩 いて高く上げさせめて妻をバックから責めていまし



後の妻は、何でも私い成です
眠った?風呂でするから、もう桜子一緒に入れ」
「はい」


「風から出ら、日の下着は赤だ」



私のセックスライフは充ていきましはいつ離婚を言いされない
えず私顔色を気にるようなっていまた。


夜が付くと、今日はどな恥ずか行為を要求されるのか心配ようで塞ぎ込でしまう増えきま
私主導ックスと引き宿に、私よう殿な妻との笑いのあるしい暮らしを失って行すが、
を思いりに扱えるセッスからけ出せません


そして年が経っの昼下がり、号で止めらて並んだ隣の車を何なく見る
見覚える顔男が運転していて助手席には私は見せてしまっ面の笑かべた、しそうに話しをしていが乗っていた。


っといていたのか!」
あれ以来、彼に会ったのは今2度目です」


1ヶートに買い物に行った時ガーマンの制服を着た彼と同じエレベーターに乗り合わせです。
、彼休憩時間だったので、屋行ってすと、あのような事をしてしまった事は会なり、
退して尿警備会社に就ところ配属たのがそパートでした


その時はあり話せなかったので電話番号交換してその後毎日のようにあなたの目を盗んで電話掛けたり、メールをしたりしいまた」


「奴を好きになったのか?愛てしまったのか
は涙を流ゆっくりと頷きました



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080609192421