2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

自業自得






婚8年目38歳桜子3歳、娘麻歳の3人家


私の悩みはがセッ極的な事でした。
妻はクスに関して幼いじで毎晩を繋い眠りたるのでが、セックスは好きではないようで
特に子供が生からは断とがり、今では月に2回が良いころ多くも3応えてくません。


それも正上で、ど感じていてなどはせてもらえ湿ず、
以前、前で我ている時にバクに変ましました
最後までいい気ちよりも恥ずかしさが勝っうの怒ってやてしいました。


ましや女位などはもってので、そような事をさようとすれば、怒ってって口も利いてくれ
も自分からはした事が無く、感じてしまいる時に当てと、
だ口中にれさてくいう程、舌など使っあり姿せん


ですら、 妻とのセッスは ほとんどパタ決まってしまいて、
しばらくキてかオッパイを触り、
ッパイを舐がら妻が感じてきたところで
を持って行くですが
まだじ方が浅いと手を押さえられて拒否しまう事もありす。


その後首を吸いながら妻も敏感な部激してて、やく正上位で交わって、妻にタイミングを合わせて出
のタイミングが難し、妻が先にクとだでも逃げられてがあるのです
うな私は惚れていて、浮する気どは全くく、
の望みは、 妻と色々なセックを楽しむ事ので





愛車の車き、も一度を受よう思い切って車にえよう迷っていた頃
物にけた妻がケーを提げてました。


段ケーキを買てくるは珍くありまでしたが、3人家族のにこの日は4個入ます
「3個だと箱少し大きいて、運転いてて崩だったか
しかし、私には、妻が4個買ってきた訳分かっていました。


は、今までは能界に興味をなかった妻、なぜか韓流には嵌ままい、
車を買い換えて欲しくてここのころよく来る
車も話にーラーの新しくりになった若い男が、
妻の好き韓流ターに似ている妻が嬉しそうに言ったとがあ
その彼が今日カタログをってなっいたのす。


勿論、 妻も男性無い訳ではなでしうが、
今まで一度もその宿うな振りを見せた事ありませ
し、が来る日は今まで違い心ときめくのか普段よりも念入りに化粧し、
時間が近付は姿見に全映してチェックを始めま


い物は駄目でた?
いえ。どちらかと言お酒が好きで、普あまり甘い物は食無いのですが、ケーキだけは大物です
良かっ


良かっただ。以前彼がケーキは好だと言いたの覚えていて、わざざ買て来たの
し、 妻に浮気までする気は見られず、
ょっとしたと分かっていで私は微笑ましく見ていましたその、 恐ろしい考頭にます。


と桜浮気したらどる?
するか?
とも弱みに付込んで、今までもらえなった事を色々させて
麻衣おい出て行けと脅せ、きっと桜は何でもすぞ』


しか、妻のからして、現実には気する事な対に有り得ない事で
が一そうった私も妬に狂ってころでは無でしょう。


の日は、彼が来た事してる少女のよ気持になってい
夜になって誘ってみと、はり断れてしまい


生このままの態で良い?桜子にみが出来ら変わぞ』
くら、そのよう事を考えても、結局、妻て浮気す率はりなに近て現実的でありせん。
それにはしっり者で優しくセッ除けばにと分のな妻なので
そのような事になって妻関係壊れ険性を考え
このままの暮が一番良い思い直しました


何より想像のだか良いものの、
実際にはそのようを許せ大では無いでう。


私は、このうな事を真えてい自分が可笑しくなり、笑い飛ばしまし
が抱き合っている姿を想像すると、不思な興奮がったのも事実す。


この時は、から来る興奮なのかはりませんで
の3に私が得意ら帰と彼のが止まっていて
その時にまた同じ様な興奮を覚えてまいます。


の時、人は務所にいて、が入って来たのにもかずに話していました
背伸びを、下半分が擦りガラスのから目だけを出覗くと
はテーブルを挟かい側に座ていたのですが
を幼園に迎え行く前で日はたま短いスカート穿ていたので、
彼からてしまわないよう、スカートのを置いて仕切に気綿ていまし


しかし、その仕草がかえってそ分に気をまい、彼の視線が時々下がるのがかります
「健司んは恋いるの?」
いませんよー。も手なると友達がら次へと婚する、少しってしいま
うそー。そんな健司さんはどのよう女のが好みな
て可愛く奥さんの女性がいのですが、かな縁がくて」
「流石営業ンね。口いのだからーても主人は遅いわ


事務所とゆえども、妻が個室で男と2人だけでこの様湿しているを初めて見て、私は不思議な興奮を覚えていまし


『俺は男馴れ馴れしく話す桜に嫉妬して
妬からは怒りだけ覚えるものだと思ったが、
半身が熱くなるよう奮を覚える事もあるのだの時知ります


夜、ミニスカート裾を押さえ仕切気にする妻の姿をい出ていると、
また興奮妻に覆い被さりがやはりれてしまいす。


「どうして駄目なんだ?最近全然ないぞ
「お願い。週の週末ならいいから
それは、妻の生理前にあたり湿そのような素振見せませんが、
一この時期妻もしたくなる月に2回受け入てくる内の1回はずこ簿す。


の来末、彼と2人きったしたら妻はどるだ
のリップサースだっとしてもも満更でようったし
彼に迫れれば体の関係まではいかなくても
スぐらいは受けれてしうか


断わられた事で、ま私はそのようなを考ていました
に不など来ないから大丈夫
キスらいはすかも知れなが、も十分な負い目になる。
みが出来れば生好きにセックスを』



彼がれた時、私はわざと席を外してみま
行に行く忘れてい。あとの細かなは桜子がいておいてく
それは妻と彼くさせるためだったのですが
茶店で潰して帰ると彼はいて、
事務所ると急は話を宿やめ、おしな空気が漂っています。


の話をしていた?まさ抱きっていたのか?そともを?ってそれはないか』
はり、私には耐えそうにも無いで、
週末に妻と彼2人だける事はやめようめてベッドに入る
で眠っている妻ります。


この唇と彼の唇が触れたかも?や、無い、無
かし、私の下半身は痛いらいに硬くなってい、眠ってる妻に襲いかっいました


「ど無理りした?夫婦もこれだわ
そうでもしないと桜子は」
「だか日から私麻衣部屋寝ます」


妻のありの言葉にりの治ない私は、翌朝 妻が娘を送って行っに彼に電話してした湿
金曜の夜来れる?来れば金曜に正式に契約したって」
当ですか?ありがとうござます必ず
の時杯付き合わ美味い酒があるんだ」
いのすか?じゃあお言葉甘えて、車置いてします」
は不便だろ。寝で良ければ泊まっいけばいいじゃなか」


そして日の夜、が上寿機嫌で娘とに入ってい間に
は釣りの用していました。
釣りくの?もすぐ健さんみえるしょ?」
「忘ていた。急取引先長に夜釣に行と誘れて、っか約束しまった」


チャイムが鳴り
気にしなで下さい。は帰すか
「いれはスだにすない事をした
とはオーデオなどをめるのと判をだけだから女だろ。
それと契約がわったら飲んくれ


私は手には、入清酒の一升瓶られていす。
「ありざいます。々しく泊めてもらうつもりで、
車で来てったのお酒はまた今度ご馳走になります


それなら得意先の釣りを断る。俺誘ってお、その様な事は嫌ら」


「分かりましたご馳走になって車を置て帰りますいです?」


「そう言わずに、ゆっくり飲で泊って。女房湿が相手では嫌か?
「あなた、飲めないら」


一応妻言いましたどこか嬉しそうでした。
「桜子も健面目だし、麻衣もいから変な心配はていないからゆっくりしてってくれ」
顔を見合わせまたが、これで返ってお互い意識してしまでしう。



帰りは翌日の昼頃になるて出行き、ンガ喫茶で時間を潰しした
勢いでこようしまったを悔やみいました。


が最後までししまたら。
や、クスに関してはぎるほど堅い桜子にそれは無い。
あってもせいぜいキ止まりだ』


しかし、マガを読んでいる余もネットをしている余裕も無くなって、
ただ目考えていたが
んでくるのは妻と彼がってキしてる姿尿ばかりです


『やはりキスけでえられうにない。
それに酔った彼がそれ以上の行為をしてきて
飲めない子も酒の相手をして少しってまったとら』


彼が仕事を終えて、我が家に来た時だたので、
初の予定では妻がを寝かせる分、
が眠りとの相手が出切るよう解けに2間、
何か起こるとすれの後、30分以上は掛かるだろうので、
得意の社長の調不良を理由に11には家戻って
人の様子を伺おうと思っていたので
配になった私はマンを飛びしていました。


『生前で疼いている桜子、キスをさそれ済むのか


空き車を止めて家にいたのは、局予も1時間も早い0時で
は彼へのに居間選んだのは、て中を覗位置窓があったか
の時間ではまだ起こいないだろと思いながも、
2人の様子婿おうと思ってと、
テーブル一合ほ減っいなと、
あまり手を付けていない酒肴が数置いてだけで、そこに2人の姿はありせん


慌て玄関回るけられていたので、
の事所のドアを合鍵で開けてって行く
から篭た声が聞こえます。


んのの瞬間の声や表情は、凄く可ですよ」
意地。恥ずかしいから言わないで


最後の瞬間?最までしてしったのか?本当に最で』


上半身は怒震えていすが、下半身は興奮でくなってまし
「そんなのいや。ずかしいからさせないで」
「ほら、こうやて」
駄目。よ」


た始てしと思た私が勢く開ると
暗い室内にり、パンツ一で仰向けに寝た彼の横に、
同じツ一枚の姿で添た妻首を掴まれ
パンツの上から触らさした。


「あな
屋の明かり彼は起き上がっ
妻は今まで彼の下半身を触ってい手でして泣きしま
「いから続けろよ」
主人、許し下さい。出来心で」
「おえは出来心でお得意さん房にを出すの!明日支店長を連来い!」


は慌服を着ると転を気にする余裕もく、逃げるように帰ってきました。


「あな、私
「出て行けよ。すぐ出て行け麻衣は俺が育てる」
勿論調本気でありません。


妻がを抱いるのをていがらるどころのようにな向けたの私なのですから。
妻はーツ一なの忘れてり続けていました。
「抱かれただな?最してしまだな
していません。られただけです
「嘘を吐け。後の可愛かった彼がったの、俺はしっかり聞いてまっ調
から、触られて、つまり、後までは」
「はきりと言え!入れられたのか入て無いのか!
「入れられていませつまり、触られて最後まで


かに2も、下は裸ではあた。
、一度終わってから穿事もえられ、
他にも妻かしがって全脱ぐ事を拒んだために、にずしてした事も考えらます
するもりは」
妻は正直話しているように感じました。
しかし、私が帰って来なけ最後までっていた可は高いのです


事は信じられない。それ後までしなかったんな事をしいのか?
桜子考えはよく分かった。それが正しいかうか、父さんやお義母聞いてもらう」


「許して下。私った。もうせん。度としま


当たり前だ本当に最後ったか調べてやるから、で横って脚をろ」
とゆえど、この様な明るい所でそのような格好になるの堪えらないのか動きまん。
かった。俺が衣と出て行
すると、妻は慌横になるとを抱えましたが西ツは穿いたままで、おまけに肝心な部分を手で隠します。


「何度も言わないからよく聞が俺に言えるのは『はい』だけ事が聞ないのらすぐに出て行け
が手退けるとそ部分、透けて全て見えしまうほど濡ています。


「恥ずか無くんなて。奴に触られてんなち良かったのか
本当に入れられて無どうやて触
着の上か?下の中に手を突っ込まれて直接か事は


はい。下着の中手を


はサディティな気分にれたて下半身硬くしていました


「調べてやるから下着取れ
はい


妻はすすり泣宿がらも、も私には逆らいま
だら今度はうつ伏せになっ、尻を高く上げて自分で開いて中を
妻は言宿われた格好なると、後に両手をして指で大きく開きます。


ういいですか?もういですか?
ドーム無かったで、を近付けて匂いぎましたが、妻の匂いしかしませんでした。
私は下半身なる回っ立ちになります。


「奥これ調べてやるから、口に入れてけろ。
それとも彼々濡らしてったから、唾などいら?」


妻は口に含みまし、た咥えてった舌を使に指示を出使


と舌を使もっと。彼舌も使のだろ?
「そんな事、していません」


私は、後ろ回ると尻を叩いて高く上げさせ、初めて妻をバッ簿責めていま



妻は、何でも私の言い成りです。
麻衣?風呂する、もう一度桜子も一緒に入れ」



からたら、日のは赤だ
「はい


セッライフはしてが、妻はいつ離言い渡されないと、
私の顔色気にすようになっていました。


夜が近付くと、今日はどような恥ずかしい行為を要求れるか心配のようで、塞ぎ込でしまう事も増えてい
私主導のセクスき換えに、私は以のような妻との笑いのある楽暮らしを失ってきますが
妻を思い通りに扱えるセッスから抜け出せません。


半年が経った平日の下がり、信号で止られて並隣のを何気宿ると
えのる顔の男が運転して、助手席私には見なって面の笑みを浮かべた、楽しそうに話しをしているいました。


「ずと続いてたの!」
来、に会たのは今日が2度目す」


1ヶ月前、デパい物にた時、ガードマを着た彼と偶然じエレターに乗り合す。
の時、時間だったので、屋上って話と、あのよう事をしまったで彼社に辛くり、
退職して警備会に就属されたそのデートでした。


その時あまり話ので電話番号換して、その後のようにの目を盗んで電話を掛けたり、メルをしたりしていました」


を好きにたのか?愛してしまったのか?」
は涙を流しながら、っくりときました



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080609192421