2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

自業自得






結婚目38歳妻桜子33歳、娘麻衣5歳の3人家族で


私の、妻がセックスに消極的な事でした。
セックスにしてい感で、毎いで眠りたがるのですが、セックスは好はないよです
生まてかは断わられることがくなり、今では月に2回が良いとろで多くても3回ほどしか応えません。


それず正で、どんに感じてても後ろらなどせても
前、 妻直前でを忘いる時にバッに変
最後まい気持ちよりも恥ずかしさが勝ってしまうのか怒ってやめてしまました。


てや女性上などはもっのような事をさせようれば、てしまて口もくれません。
ラも自分からはした事が無く感じてしまていに口に当て
口の入れさせてくれるという程度で舌など使った事ありまん。


ですか 妻とのセッスはんどパター決まてしまっ
しばしてからオッイを
次にながら妻が感じてきたところで、
下に手を持って行ですが
まだ感じ方が浅いと手を押さえられ拒否されてしまう事もます


の後乳首を吸いながら妻の最も敏感な部分刺激しやって、うやく正上位で交わっ妻にタイミグをわせて出します。
そのイミングがまた難しく妻が先にイクげられう事が
うな妻でも私はれていて、浮気をする気など全く
は、 妻色々スをしむなのです。





の車近付き、一度車検ようか思えようか迷っていた頃、
買い物に出掛けた妻がケーキ提げて帰て来ました。


を買ってくるのは珍しくあした、3人家族にこの日は4個っています。
と箱が少し大きい感じがして、運転中に動いてしまっれそだったから」
しかし、には、妻がきた訳が分寿かっていました


今まで芸能界に味を示さなったが、なぜか韓流ブーム嵌ままい
車を買い換えて欲くてここのところよ退く来る、
今の車もお世話になィーの新く係りになった若い男が、
妻の好きなスタていると、妻がうに言ったことがあ
の彼が今カタログを持って来る事いたのです


勿論、 妻も男が無い訳ではないのうが
今ま度もそのような素振りせたありません。
、 彼が今までと違、心ときめくのか普段りも念入りに粧をし、
来る間が近付くと、今度は姿見に全身てチェックを始めます。


でし
いえ。どちらかととお酒きで、普段あまり甘い物は食無いのですが、ケーけは大好です」
「良った


『何がかっ。以前ケーキはきだ覚えていて、わわざ買っ来たのだろ
し、は浮気までる気は見られ
っとした恋心だと分かていたの私は微笑ましく見ていま、その時、 恐ろしい考えが頭浮かす。


『もしも彼と桜浮気したらどうする?
離婚する
とも弱みに付込んで、でさせてもらえなかったを色々させみる
麻衣いて出て行けと脅せば、きと桜は何でするぞ』


しかし、妻の格からして、には浮気る事な絶対得ない事で
万が一たら私も嫉狂っれどは無いで


の日は、彼が来た事でをしている少女のような気持になっていて
夜になって誘っと、やはり断られしまいました


『一生こ状態で良いの桜子に弱みが出ら変わるぞ』
いくら、そのようてみても結局、妻にって浮気る確は限く0くて現実的はありません。
それに妻しっかり者で優しくセッスを除ば私にとって申しのない妻なので、
のような事になってとの関係壊れ危険性を考えれ
ままの暮らしが一番いと思い直し


より想像から良いものの
そのな事をせるほど、寿は寛大では無いしょう


は、このような事を真剣に考えいた自分しくな笑いしましたが、
妻と彼が抱き合っている姿を想像する 、不があったのも事です


は、それからる興奮かは分かりませんでが、
その3日後得意先から帰ると彼の車がまっていて、
その時にた同な興奮を覚えてします。


その、2所にの車て来たのにも気付かずに話寿いました。
少し背伸をして、下半分擦りガラスの窓から目だけを出して覗くと、
ーブルんで向かい側に座っていたのでが、
を幼稚園に迎えに行く前で、今日は短いートを穿いてたので
彼から見まわないよに、スカートの裾にいて仕していまた。


かし、そ仕草えってその部分に気を惹てしまい彼の視線がるのかります
「健司さんはがいるのしょ?」
ませんよ。3も手前達が次から次へと結婚するので、少し焦ってします」
「うそそんに格好いいのに?健んはどのような女の子が好みの?
「優して可愛くて、奥さんな女性が良いのですが、なかなかが無くて」
ね。口がいのらー。それにし主人は遅いわね」


事務所とゆえど婿も、妻が個室で2人このな話をしのを初て見て、私不思を覚えていました。


俺は男とれ馴れく話す桜子に嫉いる?』
嫉妬からは怒だけを覚ものだとっていました
下半身が熱くなるような興奮をえる事もあるのだとこの時す。


、ミニスカートの裾を押さえて切に気尿にすの姿い出ていると
た興奮を覚西妻に覆い被ましられてす。


「どて駄んだ?最近全然してなぞ」
「お願い。来週週末ならいから
れは、妻の生理前にあたそのうな素振りは見せませんが、
唯一この湿もしたるの月に2回受け入れてくれる内の1は必の時期です。


前の来週末、に彼と2りになったとしたら妻はどするだろう?
業のップサービスだたとしても彼も更でようだったし
彼にれば体の関係を持つまでなくても、
スぐらい受け入まうかも


に断稿わられた事また私はそのような恐しいを考え始めてい
桜子に不倫など出来ないか丈夫だ。
キスぐらいはするか知れないが、れだけで十分な負い目になる。
ば、れから一生セックスを』



次に彼がれた、私ざとを外してみま貿した
「銀行行くのを忘れていた。あとの細かなは桜子が聞ておれ」
それは妻とを親させるためだったのですが、
喫茶店で間を潰帰るて、
私が所に入と急に2人話をやめ、おかしな気がています。


『何の話をしていた?まさかたのか?そを?妻に限ってそれはな
やは、私にはえられそうに無いので、
末に妻彼を2人だけにする事ようと決めてベッドに入ると
隣で眠ってい唇が気になりま


の唇と彼の唇が触れたかもいや無い、無い』
かし、の下半身は嫉妬でいくらいにくなていて、眠って妻にい掛かっしまいました。


どうして無理やりしたの?夫婦でもこれは姦だ
でもしないと桜子は
「だから週末にと。明日から私は衣の部屋で寝ます」


妻のあまの言西に怒り治まらない私は、翌朝が娘をて行彼にていまた。
「金曜来られる?出来れば金曜に正式にしたいと思
本当で?ありがとういます。必ず伺ます」
一杯付き合ない美味い酒があるんだ」
良いのですか?じゃあお言葉に甘えて置いてお邪
それは便だれば泊まっていばいゃないか


そして当日夜、が上嫌でとお風呂いる間に
私は釣りの用意していま
「釣りすぐ健司のでし
「忘てい。急に取引に行こうと誘われて、うっかり約てしまった


その時チャイが鳴ました
「気にしいで僕は帰りますから
「いや。こは俺のスだ。本当にまない事をし
とはオーディオなを決めるのと判だけだから女房で
と契約が終たらこれを飲んでくれ」


は手には、尿入手し難い清酒の一升瓶が握られす。
「ありがとうごいますでも図々く泊めてもつもで、
車で来たのでお酒は今度ご走になり


「そなら得意先の釣りを断る。ら誘っておいて、その様な事は嫌


かりました。ごなって、車置いてりま。それなら良すか?」


そう言わずに、り飲んで泊まってけよ女房が手で嫌か
なた、は飲めないから」


妻はそう言いましが、どこかそうでした。
子も健司真面目だし、麻衣簿いるら変な心配していないかゆっりしってくれ
顔を見合せま、これでってを意識してしまうょう。



は翌日の昼頃なると言ってて行き、マンガ喫茶で時間をていまし
のような事をしてしまったのをやみ始めした


桜子が最してしまたら
セックスにしては堅ほど堅い桜子にそれは無い。
てもス止まり


ガを読んでいる余裕ネットをしている余裕なって、
ただ目を瞑って考えていましが、
浮かんでくるのはと彼がき合スをしてい姿りです。


『やはり駄目だ。キスだも堪えそうにな
れに酔った彼がそれ以の行為をしてきて
めない桜子も手をしてし酔ってしまっいたたら』


彼が、我来たのが だったので、
初の予定は妻が娘を寝かせ30分
ゆっくりとの相なってち解けるのに2時間
るとすればその後分以上は掛かろう思っていたで、
意先の社長の体調良を理由に11時には家に戻っ
を伺おうと思っていですが、
心配なったは早調くもマンが喫茶をび出していた。


『生理前疼いいる桜子が、キらそれで済のか?』


に車を止めてに着いたのは予定よりも1時早い10時でした
私は彼へ姿に居間をだの隠れて中を覗位置窓があったからで、
このはまだ何もこっていいだろうと思いながらも
人の様子を伺おうって覗くと、
ブルに合ほど減っていな一升瓶と、
まり手を付れてない置いてるだけで、に2人の姿はありません。


てて関に回ると鍵掛けらいたで、
続きの事務所のドアを合で開けて入って行くと、
から篭聞こえます。


さん瞬間の声く可たですよ
「意地悪。恥かしいから言いで便


最後の瞬間?までてしまったのか?本当に後ま


上半身は怒りに震すが、下半身は興奮で熱くなっていま
「そんや。ずかしからせない
「ほらこうって」
「駄目。駄よ」


始まってしまうと思った私 く開けると
暗い室に明かりが入り、パンツ一枚簿仰向けに寝た彼の横に、
同じくショーツ一枚の姿で添い寝し手首掴まれて、
パンツの上から触らされていま


なた!
私が屋のりをけると彼は起上がってし、
妻は今まで彼下半身を触っいたを隠出しまた。
いか続けろよ」
退人、許して下さい。つい出来心で
おま出来心で、得意房に出すのか!明日店長連れ来い!」


彼は慌てと飲酒貿運転をる余裕も無く、逃げるように帰ていきました。


なた、私」
「出て行けよ。今すぐ出て行けよ。麻は俺が育てる」
勿論本気でありん。


妻が恋いていのを知っていなら注するろか、このようになるよ仕向けたのは私なの
妻はーツ一枚なのも忘れした。
「抱かれたんだな?までしてしまったな」
「していませだ触ただけす」
「嘘を吐け。最後の表情が可愛かった彼がったのを、俺はっかと聞いまった!」
「だから、触て、つまり最後までは
「はっきりとえ!入れられたのか入られて無いのか殿
「入れらません。つま、触られ まで」


かに2人とも、下は裸ではありでした。
しかしわっから穿事も考え
にも妻が恥しがって全て脱ぐんだた横にずらしてした事も考えられます
後まるつもりは」
妻は正直に話しるよました
し、私が帰って来なば、最後いって可能性は高いです


「そんなは信い。それ最後ましなかったらこんしていのか?
桜子の考く分かったれがいかうか、お義やお義母さん聞いてもおう


「許してい。悪かったです。もうしまん。二度とし


「当ただ。最後まなかったか調 べてやるから、そこでなって抱えろ」
し、妻は夫婦とゆえどこの様ない所でそなるのは堪えか動きません。
った。俺が麻衣出て行く」
妻は慌てて横になると脚えましたが穿たままで、おまけに肝心な部分ています。


「何度もらよく聞け。桜子が俺に言えるのい』だけだ。俺の言う事がないならすぐに出て行
が手を退けるとその部分は、透けて見ほど濡れいます


恥ずくも無んなに濡らし。奴に触られてんなに気良かったの
当にれられて無いとしら、どって触れた
着の上からか?下手を突っ込まて直接?返事は


「はい。着の中を」


私はサディスティックな気分になっていて、妻に裏切れた事も忘れて下身をしていました


調べてやるから取れ」
はい」


はすり泣きがらも、もにはらいま
今度はになって、尻を高く上げて自分で開中を見せろ」
われになると、後ろ回してで大く開ます


「もういでもういいすか
どこにもコンドは無かっので、私は鼻を近付け匂いを嗅ぎましが、妻の匂いしませんでした
は下半裸になに回て膝立ちになります。


「奥綿これで調べてやるから、に入れて唾液を湿付けろ。
それとも彼散々らしてらったか、唾液などい?」


妻は口みましたが、ただ咥えているだったので、舌を使出します。


もっ舌を使え。もっは舌も使のだろ?」
「そんな事、してません


私は、またに回る尻を叩いて高くさせ初めてをバクから責めてい



の後の妻は、何も私言い成りです。
「麻衣はったか?風呂、もう一度子も一緒に入
はい


風呂ら出たら、今日の下着は赤
「はい」


私の沿セッイフは充実していきまが、妻は婚を渡されかと
絶えず私の顔色を気にるようになってました。


と、今日はどようなずかしい行為を要求るのか心、塞込んでまうも増ています。
主導のセクスと引き換えに私は湿妻と笑いのあるい暮らしって行が、
妻を思い通りるセッスから抜け


そし経った平日の昼下がり、信号で止れてんだ隣の車を何気なく見ると、
見覚えのある男が運転しいて、その席には私には見せなくなってしまった満面貿を浮かべたそうにしている妻がいまし


ずっと続いていたのか!
「あれ以来、彼は今2度目す」


ヶ月ートに買い便に行た時、ガドマンの制服を着た彼偶然同じエレベターに乗り合わせた
の時彼はだっに行て話あのよう事をしてまった事で彼は社にくなり、
退警備就職した配属されたのがそのデ西


「その時はあ話せなで電番号を交換し、その後毎日のようにあなたを盗んで電話を掛けたメールをしたりしていました」


「奴を好なったか?てしまっのか?」
は涙を流しながゆっと頷きました



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080609192421