2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

自業自得






婚8年目38歳、妻桜子歳、娘麻衣5歳の3人家です。


私の悩み、妻スに消極的な事でした。
はセックしては幼い感で、毎晩手を眠りたのですックスは好きではないようです。
特に子まれて西からは断とが多くり、今2回良いころ3回ほどか応えてくません。


それも必ず正位で、どていても後ろからなもらず、
以前、 妻がイ前で我忘れている時にバックに変ましたが、
でいきたい気持ちより恥ずかしさが勝ってしまうのか、怒めてしまました。


ましてや女性位などもっての、そのようさせとすれば、怒ってし口も利いてれません宿
も自分からはした事が無、感じてしって時に口に当
だ口れさせくれるという程度で、舌使はあません


ですから、 妻とのックは ほどパタ決ましまいて、
らくキスてからオッパイを触り
次にッパイを舐めら妻が感じてところ
に手をて行くのでが、
まだ感方がいとを押さえられて拒否されてしまう事もありま


その後乳首をいな妻の最感な部分を刺激やってようやく正位で、妻にタイミングを合て出します。
そのイミがまく、妻が先イクとがまだでも逃げられてしるのです。
のような妻でも私は惚れていて浮気をする気など無く、
私のみはと色々なセクス調を楽しす。





私の愛の車検が使、もう一度を受けようか思い切車に変えようか迷ってた頃
買い物に出掛けたがケーキをて帰って来した


別段ケキを買ってくるのは珍くありませんが、3人なのにこの日は4個入っます
個だと箱が少しい感じして、運転中に動いてしまって崩れったら」
簿かし、私、妻が4ってが分かっいました。


れは、今まで能界に興味を示さなかた妻が、なぜか韓流嵌まっまい
を買いくてここのところよく来る、
もお話になったデラーく係なっ湿た若い男が
妻の好きな韓流スターに似ている 以前妻が嬉しうにったこがあ
その彼が今カタグを持ってる事になのです


退論、 妻も男性に興味が無い訳ではないのでしょうが、
で一度もそのような素振を見せた事はありません
かしが来る日今までとい、心ときめく段よりも念入りに化粧をし、
来る間が近付く、今度寿姿に全身を映してチクをます


「甘い物は駄目でした?
いえ。ちらかと言とお酒がで、普段物は食べ無いのが、ケーは大好物です」
「良かっ


『何ただ。以前彼がケキは好きだと言っのを覚えて、ざわざ買って来たのだろ
し、 妻には浮でする気
ちょっとた恋心だとっていたの微笑しく見ていましたがその時、しい考頭に浮かびます


もし彼と桜子たらどうす
離婚
とも弱みに付け込ん今までさせえなかった事を色々させてみるか?
おい出て行けせば、きっと桜子何でもるぞ


し、妻の性格からして、現実には浮気する事な対に有得ない事で
が一そうなったら私も嫉に狂てそれどこでは無いょう


日は、彼た事で恋をしている少女のよう気持ちになていて、
になって誘ってみやはり断わられまいました


生このままの状態で?桜子に弱が出来たら変わるぞ
いくら、便のよな事考えてみても、結局、妻に限って浮気する確率は限りな殿0に近くて現ではありません。
それ妻はしっかり者で優しくてックスをけば私にとって申し分のない妻なの
うな事にな妻との関係がる危険を考えれ
まの暮らしが番良いと思い直しました。


り想像の中だか良いものの、
実際にはそのような事せるほど、私は寛無いでしょう。


私は、このような事を真考えていた自が可り、笑い飛稿ばしましたが、
妻と彼が抱きている姿を想像すると、不思な興奮があたのす。


この時は、それが何から来る興奮なのかかりませんで
その3日私が得意先からるとが止
にま同じ寿様な興奮を覚えてします。


時、2人所にい私の車って来のにも気付かずに話していました。
し背をして、下が擦りガラスの窓から目だけをして覗くと、
妻はテーブル挟んで向かい側に座ってのですが
を幼稚園に迎えに行く前で、はたまたま短いスカーを穿いたで、
彼からえてしまわないよ、ス カートのに手をいて仕切に気にしていました。


し、その仕草がかえってその部分を惹しまいの視線時々綿るのが分ます。
「健司さん人がるのょ?
いませんよー30も手前になと友達次へと結婚で、少し焦っしまいます
そー。そなに格好いいのに?健さんはどのような女の好みなの?」
優して可愛くて、奥さん様な女性が良いのですがなか縁無く
「流業マ口がだからー。れにしいわね」


も、が個室で男だけのを初めて見て、私は思議な興奮覚えてい


『俺はと馴馴れし桜子に嫉いる?
嫉妬かだけを覚える思っが、
半身が熱るようなを覚える事あるのだとこます


その夜、ミニスカトの裾を押さえて仕気にする妻の姿を思出していると、
また興奮を覚えに覆い被さりましたがやはり断られてしまます


「どうして駄最近してないぞ」
お願来週の週末ないいから」
れは、妻の生理前にたり、そのな素振りは見せませんが、
唯一の時期は妻くなるか、月回受け入れれる内の必ずこの時期です。


『生前の週末、夜に彼と人きりになったとしたら妻はどうするう?
のリップサービスだったとしも彼満更はないようだったし、
彼に迫られれば体の持つまでいかな
キスぐらいは入れまうかも


に断わられで、また私はそのような恐ろしいを考えめていました
『桜子に不倫大丈
スぐらいはする知れないがそれ分な負い目になる。
が出来れ、これら一調生好きにック



次にが訪た時、私はわざとしてみました。
調に行くのれていた。あとな事は桜子が聞いててくれ
それは妻と彼を親しくさためだったのすが、
喫茶店潰し帰るとまだ彼はいて
私がると急は話をめ、おかしな空気が漂っています。


話をしていた?まさか抱き合ったの?それともキスを?妻にそれはないか』
やはり、私には耐えられそうにも
彼を人だけにすはやめようと決めてベッド
隣で綿眠っいる妻の唇が気


『このと彼の唇が触れたかもや、無い無い』
しか、私の下嫉妬で痛いくらくなっていて、てい襲い掛かまいまし


どうして無理りしたの?夫これはわ」
「そうでしないと子は
だから週末にと。明から私は麻衣部屋寝ます」


あまり葉に怒りまらな私は、朝 妻がって隙に話してした
「金の夜来られる?出ば金曜に契約たいって
「本すかありがとうござい必ず伺います
「その時一杯付きわないか?美い酒があ
姿ですか?じお言に甘て、車は置いて邪魔
「それ不便だろ。雑魚寝で良ければいけばゃないか」


して日の、妻が上機嫌で娘とお風呂に入いる間に、
私は釣りの用意ていました。
「釣行くの?もうすぐ健司さんがるの
「忘れてい。急社長夜釣りうと誘われてり約束してた」


その時チャイが鳴りました
「気いで下さ僕は帰りまら」
いや。こは俺のミだ。本当すまない事をし
オーディオなどを決めるの押すだけだか女房で分だろ。
れと約が終わったらこれ飲んで


は手には、入し難い清酒の一が握られています
ありがとござます。で図々しく泊めつもりで
車で来てしまたの寿た今度ご馳走なります


それな先の釣りを断わる。俺から誘っおいての様な事は嫌だから」


りました。ご馳走になって、車を置いて帰ります。それなら良いです?」


う言ずにくり飲ん泊まってけよ。女房が相手では
あなた、私は飲ら」


応妻はそう言したが、嬉しそうでした。
子も健君も真面目し、麻衣もいるら変な心配していないから、ゆくりしていってくれ」
わせましたが、これで返お互いを識してしまうでし



帰りは翌日の昼頃になると言っマン喫茶で時間を潰していましたが、
ような事をしてしまったのをやみ始ていした


彼と桜が最後までしてしまったら
いやセックスに関し過ぎるほど桜子には無い
ってもせぜいキまり


しかし、マンる余裕ットをして余裕無くなって、
だ目を瞑って考えていましたが、
浮かんでくと彼抱き合ってをしている姿ばかりで


目だ。キだけでもえられうにな
それった彼がそれ以行為してきて、
飲めない桜子も酒の相手をして少し酔っしまっていたとしたら』


彼が仕事を終え家に来たの8時だったので、
当初の予は妻が寝かせるの0分、
娘が眠ってっくと彼の相手出切ようになて打ち解けるに2時間、
何かとすれその後、30分は掛るだろうと思っていたので、
意先の体調不良に11時に家にて、
2人の子を伺おうと思ってたのですが、
心配なったは早くも喫茶出していました。


『生前でいてい子が湿をされたそれだけで済む


き地に車を止めて家にいたのは、結局よりも1時間もい10時でした
私は彼の接待に居間を選んだは、隠れを覗易い位置にあったからで、
この時間で貿だ何も起こっていなだろうと思いながらも、
2人の伺おと思って覗くと、
テールに一ほどしっていない一便
り手を付けられてないの肴が数品置いて、そこに2人の姿はません。


慌てて玄るとが掛けられていたので
続きの事務所のドアを合鍵で開け貿入っ行くと、
室から篭声がます


んの最後の瞬間の声や表情は、凄可愛かったでよ」
地悪。恥ずかしいから言わない


『最後の瞬間最後までしまったのか?本当に最後ま


半身は震えるのですが半身は興くなってした。
「そんないや。かしいさせない
うやって」
「駄駄目よ」


また始てしまと思た私勢いよく開けると、
室内に明かりが入パン一枚仰向けに寝彼の横
くショーツ一枚の姿で添いた妻を掴まれて、
パンツの上かららされてい


あなた!」
私が部屋の明かりをつると彼はき上がって座し調
妻は今まで彼のを触ていた胸を隠して泣きしました。
「いけろ
便人、許て下さい。つい出来
「おま沿は出、お得意に手を出すか!明日支店長を連れて来い!」


彼は慌て服を着る飲酒運転を気にする余く、げるように帰っていきまた。


「あた、私貿
「出けよ。今すぐて行よ。麻てる」
勿論本気ありませ


恋心いているのを知っていながら注意すどこのよなるよう仕向けたは私なのすから
ショーツなのも忘れていまた。
かれただな?最後までしてしまんだな
「していませだ触だけす」
。最後の表情が愛かっ彼が言っを、俺っかりといてぞ!」
「だから、られつまり、最後まは」
「はっきりと言え!れたのか入れられて無のか!」
られてせん。つま、触られて最後ま


確かに2人とも、下はではありませんでした
しかし一度終わてから穿いた事えられ、
他にも妻が恥ずかしがって全て脱ぐ事を拒だために、横にしてしたも考られ
「最後まるつもり
話していようにじました。
しかし、私が帰ってば、最後までいっていた可能性高いのです。


「そんな事は信じられそれに最後までなから、こんな事をしもいいのか
桜子考えはよく分かっそれが正いかどうさんやお義母さいてもらう」


許して下さい。私悪かったです。しません。二度としません」


たり前だ。本当に最後までしなかったか調べやるら、そこなって脚を
しか妻は夫婦とゆえども、この様な明るい所よう格好にのは堪えないのか動きせん。
分かった。俺麻衣て行く」
湿てて横になると脚を抱えまショ穿いたまで、おまけに肝な部手でています。


何度も言わならよく聞け。桜子が俺にのは『はい』だけだ。俺の言事が聞けのならすぐに出て行け」
が手貿退とその部分けてて見えてしまうほ濡れてい


ずかしくもこんなして。奴に触られてそなに気持ちったのか
入れらて無としたら、どうやった?
下着の上から?下っ込まれて直接か?返!」


はい。下着を」


はサィスティッな気分にっていて、妻に裏切られたも忘れて下半身を硬くしてまし


「調やるから下着を取れ」
はい


はすすり泣きながう私には逆らいまん。
脱いだ今度つ伏せなって、を高く上げて自分いて中を見せろ」
は言た格好になると、ろに両手て指で大きく開きます


「もういいですか??」
こにもコンドーム無かので、私はを近て匂いを嗅ました、妻ませんでした。
私は身裸になと、前に回って膝立ちになります。


「奥はこ調べてやるから、口れて唾けろ。
れとも彼に散々濡らしらっから、唾液などいらないか?」


妻は口含みましたがただ咥えてるだけだったの舌を使うように指示を出ます。


舌を使え。もっと。彼には舌も使ったの?」
「そんな事、して


は、また後ろに回るお尻を叩いて高く上げさせ、初めて妻をバックら責め



後の妻は、何でも私の言い成りです
「麻衣は眠ったか?風ですら、も沿に入
い」


呂か出たら、今日の下着は赤だ」
「はい」


のセックスイフは充実していきまし妻はいつ離婚言い渡されないかと、
私の顔色を気にするようになていまし


が近と、今日はどのような恥しい行為を要るのか心配のようで、塞ぎ込でしまう事も増えていきます
私主クスと引き換え、私以前のよう妻とのある楽しい暮らしを行きすが、
妻を通りにセックスから退


して、半た平の昼下がり、信号で止めれて並だ隣を何気なく見ると、
覚えある顔のが運いて、そ助手席には私には見せなくてしった満面みを浮かべしそうに話しをしいる妻が乗ってした


「ずと続いたのか!
来、たの今日度目


前、デパトに買い物に行っ時、ガードマンの制服を着た彼然同じエレベータり合わせたそです。
その時、休憩時ったので屋上に行って話、あな事をしまった事で彼は会に居なり、
退職て警備会社に就職しところ配属されたのがそのデパた。


「その時はあまり話ったで電話番号を交換しその後毎ようあな盗んで電話をけた貿ールをしたりしていした」


きにった?愛してたのか?
は涙を流しながら、ゆっくりと頷きました



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080609192421