2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

自業自得






結婚8年38歳、妻桜3歳、娘麻衣5の3人家族す。


は、妻がックスに極的な事でした。
妻はセックスに関しては感じで、毎晩を繋眠りたがる、セックスは好ではいようす。
特に子供生まれてからは断わられることくなり、今では月にが良とこで、多くて回ほどしか応えてくれまん。


れもず正位で、どなにじていても後ろからなどはさせてもえず、
以前、ク直前で我を忘れている時にバに変化せまし
後までいきたい気りもずかしさが勝ってまうのめてしままし


ましてや女性上位などはって他で、そのような事すれば、しまって口利いてくれま西ん。
フェラも自分からはた事無く、感じているに口に当てる貿と、
の中に入させれるとい程度で、舌な使った事ませ


ですから、 妻とのセ湿ックスは ほとパタ決まっていて
しばらスをしからオッパイ
次にオッパイら妻がきたころで
下にを持って行くのですが、
まだ感じ方が浅い手をえられれて事もあります。


の後乳首を吸いながら妻の最も敏感な部分を激しようや位で交わって、にタング合わせて出ます
そのイミングがしく、先にイ私がも逃げられてう事るのです。
のような妻でも私は惚れて、浮気するどは全く無く、
私の望は、と色なセックスしむ事なのです





私の愛車車検が付きもう受けようか思切って新に変えようかいた使
買い物に掛けた妻ケーキを提て帰って来また。


別段ケーキを買っのは珍しくありせんした、3家族なのこの日は4個っています。
「3だと箱きい感じがして、転中にいてしまって崩だっから
し、個買ってきたかっていました。


使は、今まで界に興味をかった妻なぜか韓流ームに嵌まってしまい、
を買い換くてここのとろよ来る
今の車もお世話になったディーラーの新係りに若い男が、
好きな韓流スターに似ていると、 以前妻が嬉しそうに言ったあり、
その彼が日カタグを持なっていたので


勿論、 妻も男に興味が無はないのでが、
まで一度もそのような振りを見事はありません。
しか、 彼が来る日は今まい、心ときめくのか普段より姿念入りに化をし
彼が時間が近付くと、今度は姿見に全身を映してチェックを始めます。


い物は目でした?」
。どちらかと言うが好きで、普段まり物は食べですが、は大好物です」
「良かった


何がっただ。以前彼がケーキは好きだとていた覚えて、わざわざのだ?』
かし、 妻には浮気までする気は見られず
ちょっとした恋心かっいたので私微笑まし見てい、そ時、しいに浮びます


もしも彼と桜子がしたらどする
離婚するか?
それとも弱み付け込んで、今てもらえなかったさせてみるか?
麻衣はおいて出て行け、きっと桜子は何でもする


しか、妻の性らし、現実には浮する事なり得ないで、
が一そうたら私も嫉妬に狂ってそれは無いでしょう。


日は、彼が来たしている少女の気持ちっていて、
夜になって誘ってみると、やは断わてしま


一生このままの状態で良いのに弱みが出変わる
いくら、そのよな事を考えてみても局、て浮気するは限りなく0近くて実的ではありませ
れに妻はしっか者で優しくてクスを除けば私にとって申し分のない妻なので、
のような事になって妻との関係が壊れる険性を考えれば、
このま暮らしが番良思い直しました。


より想像の中良いものの
実際にはそのよな事を許せほど、私は寛大ではょう。


は、このような事を真ていたが可笑しくなり、笑飛ばしした
彼が合っいる姿想像すると思議な興奮あった事実で


この時はそれ何から来る興奮なかは分かりませんでたが
日後にから帰ると彼車が止
その時にま奮を覚えてします。


の時、は事務所にいての車が入って来たも気付かに話していした。
伸びをして、下擦りガラスの窓から目だけを出して稿覗くと、
テーブルを挟向かい側に座っていたのです
を幼稚に迎に行前で、今日はたまたまカートを穿いたので、
から見えてしまわないように、スカトの裾に手置い仕切に気していました


し、そ使の仕草がかえってその気をいてしまい、彼の視線が時がるのがります。
「健司さんはがいるのでしょ
ー。3手前になると友達が次から次と結婚するので少し焦ってしまいます」
うそーそんな格好いいのに?健さんはどのような女好みの?
可愛くて、奥んの様な女性がですなか縁がくて
流石営業マンね。口上手のだー。それにしても主人は遅いわね」


務所とゆえども妻が個室2人でこの様な話をしているのを初め見て、私は不思議な興奮覚えていました。


『俺は男と馴れ馴れく話す子に嫉ている?』
妬からは怒りだけ覚えものだと思っていまし
下半身熱くなるような興を覚え事もあるのだとこの時知りま


その夜、ニスカートの裾を押さえて仕切に気にする妻姿を思い出しと、
た興奮覚え妻に覆いりまたがやはられいます。


て駄退んだ?最近全然してなぞ」
「おい。末なから」
、妻理前にあた、そような素振りは見せませんが
一この妻もしるのか、月に2入れてくる内ずこの時期です。


生理前の来週末、2人きりになったとしら妻どうるだろう
のリップービスだったとしても彼も満更ないよだったし、
彼に迫られれば体の関係を持つ寿いかなくても
らい受け入れてしうかも』


断わられた事で、またそのな恐事を考えいました
桜子に不倫など来なから大丈夫だ
キスぐらいるかも知ないが、それだも十分な負目になる。
みが出来れば、好きにセッスを



に彼が訪れた時、私はわざと席を外みました
銀行に行くのを忘れていた。あかな事はが聞いておいてくれ」
は妻と彼を親しくさせめだっ
喫茶店で時間を潰して帰るとはい
私が務所に入ると話をやめ、かしな空気が漂っます


『何の話をしていた?まさか抱きっていたのれともキスを?妻に限っれはないか
やはり、は耐えられそうにも無いので、
末に妻彼を2人だけにすようと決めてに入と、
隣で使っている唇がます


『このと彼の唇がいや、無い無い』
しかし半身は嫉妬でいくらいに硬くなっていてている妻に掛かっしまいました。


「どうして無理やりしの?夫婦でもこれ姦だ
うでもし子は」
「だら週末にとら私は麻の部屋寝ます」


あまりの言葉に怒りの貿まらい私は、翌朝 妻がを送って行った隙に彼していした。
金曜夜来られ?出来式に契約したい思って
「本当ですか?あござす。必ず伺います
その時一杯付合わないか?い酒があんだ
良いのでか?じゃあお言葉に甘えて、車は置いお邪魔しま
れは便だろ。雑魚寝で良けば泊まっていけばじゃない


そして当日の夜、妻が上機嫌で娘とお風呂に入っている間に
私はりの用して調いまた。
「釣りにくのもうすぐ健司さんがみえょ?
「忘れいた。急に先の社長に夜釣りこうとわれて、うかり約束してしまった」


の時チャムが鳴りまし
「気にないで下さい。僕は帰りすから」
「いや。これはのミ。本当にすま事をした。
あとはオーィオどを決め判を押だけだから女で十分だろ。
と契約がったらこれを飲んでくれ」


私は手には、し難い酒の一升瓶が握られす。
「あとうござす。図々しく泊うつりで
車でてしのでお酒はまた今度ご馳になりま


それら得意先の釣断わる。から誘ってな事から」


「分かりました。ご馳なっ沿、車を置いて帰ります。それいですか?」


「そう言わずに、っくんで泊まっていけよ女房が相は嫌か?」
「あ、私は飲めない


一応妻はそう言いまし、どこか嬉し
「桜子も健衣もいるら変心配はいなから、りしてって
は顔を見合わせましたが、これってお互意識してしまうでし



なると言出て行き、マンガ喫茶で時間を潰しいましたが
勢いでのようしてしまったを悔やみ始ていまた。


彼と桜子が最までしてしたら
や、クスにしては堅過ぎど堅いそれは無い。
あってせいぜいキス止りだ


しかガを読んでいる余裕もネトをていも無くなって、
ただ目をって考えていまが、
浮かでくるの妻と彼が抱き合ってキスをしる姿ば


『やり駄目。キスだけ堪えられそない。
それにった彼がそれ以上の行寿てきて、
飲めい桜子も手をし少し酔ってしいたしたら』


彼が仕事を終えて、我が家に来が8時だたの
初の予では妻娘を寝かせる30
ゆっくりと彼のが出切るよって打ち解けるのに2間、
何か起こるとすばその掛かだろうと思っいた
先の社体調不良を理由に11時には家に戻って
2人の様子を伺おと思っていたのですが
心配なっマンが喫を飛湿出していました


『生前で疼いてる桜が、スをされたられだけで済か?


き地を止て家に着いたのは、結局予定よりも間もでし
は彼への接待に間を選んのは、を覗き易い位置に窓があったからで、
この時間ではまだ何も起こっていないだろうと思いがらも、
2人の様子をおうと思っ
ブル合ほどしかい一升瓶と
り手退を付れてい酒のが数品いてあだけで、そこに2人姿はあ


て玄関に回ると鍵が掛けれていたので、
きの事務所のドアを合鍵入って行く
和室からた声が聞こえす。


奥さんの間のや表情、凄く愛かです
「意悪。恥ずかしい言わ


『最後の瞬間調でしてしまのか?本当に最後まで


上半身は怒りに震えているのですが奮で熱くていました。
「そんのいや。かしいらさせないで
「ほこうやって
「駄目。駄目


また尿始まっしまうと思た私が勢いよく開けると、
暗い室内に明りが入り、ンツ殿仰向けの横に
同じくョーツ一枚の姿で添い寝した妻が右手首をて、
ンツの上かされていました


なた
私がの明かりをつけると彼は起き上て正座し
は今まで彼の下半身をいた手でを隠して出しました。
いいから続けろよ」
ご主人、許しさい出来心で」
おまえは出来心で、お得意さんの女房手を出すの宿長をい!


彼は慌てを着ると飲運転を気に無く、逃げるように帰っていきました


「あなた、私
行けよ。今すぐ出けよ。麻衣は育てる」
本気でありせん。


を抱ているのをていなるどころかのよになる向けたのは私なのですか
妻はョーツ一枚なのも忘て謝続けていました
抱かれたんだ?最後までしてしまったんだな
「してません。ただ触けで貿
「嘘け。表情が可愛かったと彼が言った俺はしっかり聞いてしまたぞ!
から、触ら、つまり、最後までは」
きりと言え!れられたのか入れいのか!」
入れられていませんり、触らまで」


2人下は裸ではありせんした。
し、一わってら穿えられ、
にも妻が恥ずがっ全て脱ぐ事を拒んだため、横にずらしてした事もす。
「最までするは」
妻は正直に話しているよ感じました
しかし、帰って来れば、でいって性は高いのです


「そんなられい。それにまでしなかったら、こんなをし
桜子の考よく分かった。それが正しかどうかお義父さん義母さん聞いてもらおう」


許して下さい。私がかったです。もう宿ません。二度としません」


「当り前。本 に最後までしなかったか調るから、こで横になって脚を抱えろ
かし、妻は夫婦とゆえども、この様な明るい所でそのようなになるのは堪えられないの動きません
「分かった。俺が麻衣と出て行く」
すると、妻は慌て横になるとました穿いた心な部手で隠しています。


「何度も言わなよくけ。子がに言えるのは『はいけだ。俺の言ならすぐて行け
が手を退ける分はけて全てえてしまうほど濡れて


「恥ずかしも無くこに濡らして。に触らそん持ち良かったのか
当にれられいとしら、どやって触れた?
下着のからか?下着の中手をっ込まれて直接か?返事は!」


「はい。下中に手を


私はサディステックな気になっていて、に裏切られた事も忘れて下半身を硬くていした


調べてやるから下取れ
「はい


妻はすり泣ながらも、う私には逆らません。
「脱い今度はうつ伏せになって、尻く上げ自分で開いてせろ」
妻は言わた格なると後ろに両手を指で大く開す。


ですか?もういですか?」
どこにもコンドームは無ったのでは鼻をけていを嗅ぎまたが妻の匂い使しませた。
は下裸になると、前に回って膝立ちなります。


奥は調べてやるか、口に入液を付け
れとも彼に散々濡らしもらっから、液などいらな


は口に含みまし、ただているけだたの、舌を使うようにを出します。


舌を使っと。彼も使たのだろ?」
「そな事、してせん


は、またとお尻を叩いく上せ、初めて妻をバックから責めていました



の妻、何私のい成りで
「麻衣は眠ったか?風呂ですから、もう一度桜も一緒に入れ」
はい」


「風呂出た今日の下は赤
「はい」


セッは充実しきましたが、妻いつ離婚い渡されないかと
絶えず私の色を気にするようになっていました。


近付くと、日はどうな恥ずかしい行を要求さのかようで、塞ぎ込んでまう事増えてす。
主導のックスと引き換えに、私は以前のよう妻との笑いのあるしい暮らしをってますが、
思い通りに扱えるセックスから抜け出せませ


そして、半が経った平日の昼下がり、号で止められんだ隣の車を何気なく見ると
見覚のあの男ていて、手席には私には見せなくなてしった満面のみをかべた、楽しそうに話しをして妻が乗っした。


「ずと続いてたのか!」
「あ、彼に会ったのは今日


前、ートに買い物行った殿ガード制服彼と然同じエレベーターに乗り合うです。
その時、憩時間ったので、上に行話す、あのうな事をしてしまった事会社に居辛
退警備社に就職したろ、のがそデパーた。


「その時はあまりせなかったので電話番号をて、その後毎日のうになたの目を盗んで電話を掛けたり、ールをしたしていました」


「奴をになのかしてしまったのか?」
妻はっくりと頷きした。



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080609192421