2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

自業自得




結婚年目3妻 桜子33歳、娘 麻衣5歳の人家です

私の悩みは、妻がセッスに消極的な事

妻はセックスしては幼い感じ、毎晩手繋いで眠がるですがスはいようです。

子供が生れてからは断わられとが多くなり、では月に2回が良ところで、多くて3回ほどか応れません

それも正上で、どなに感じても後ろからなはさせてもらえず、以ク直前で我を忘れてックに変させましましたが、最後まきた持ちかしさが勝ってしまうのか、怒ってやめてまいました。

ましてや女性上位などはそのようなさせうとればってまって口も利いてくれん。

も自分からはし事が無く、感じてしまている時に当、た口の中に入させてくれる程度など使った事りませ

ら、 妻とクスは ほとんどターンが決ってまっていて、しらくキスをしてからオイを、次にッパイを舐めな妻が感じてきころで、下に手をってくのすが、ま感じが浅と手を押さえられてされてしまもあります。

その後 乳首を吸いながら妻の最も敏感な部分激しってうやく上位でわって、妻にタイミて出しす。

のタミンた難、妻がイクとがまだでもげられてまう事があるので


のようなでもは惚れていて、浮気をする気などは全く無く、私の望みは、 妻と色々なセックス楽しむなのです。



の愛車の検が近付もう一検をけようか思い簿って新車に変えていい物西掛けた妻がケーキを提げて帰ってた。

買って珍しありませんたが、3人家族なのに この日は4個っていす。

3個だと箱が少大きい感がし中に動いてまってれそうだったから

し、買ってきた訳がかっていまし


それは、今まで能界に興味を示さなかっ妻が、なぜか韓流ブームは嵌まってしまい、車を買い換えて欲しくてこのところく来る、今の車お世話なっーラーの新しくりになった若い男が、好きな韓流スタていると、以前が嬉しそうに言ったこあり、そが今日カタログを持って来る事になっいたのです。


、 妻も性に興が無い訳ではないでしょうが、今まで一度もそのような素振り見せた事はありまん。

しかし、が来る日今まで違い、心ときめか普段よ念入りに粧をし、彼が来る時間が近付くと、今度は姿見に全身を映してチェを始めす。

「甘いは駄目した?

いいえ。どちらうとお好きで、普段まり甘いは食べ無いので、ケーキだは大好

かった」

かっただ。以前 彼がケーキは好きだいた覚えてて、わざわざ買ってのだろ?

し、 妻には浮気まです気は見られず、ちょった恋心だと分かっていたので私は微笑ましましたが、その時、恐しい考えが頭に浮かびます。

『もしも子が浮気したどうる?

離婚するか?それも弱みに付け込んで、今まさせもらえなかった事を色々さみるか?

麻衣て出て行けと脅せ、きっと桜子は何でもするぞ』


しかの性格らして、現実には浮る事など絶対有り得な事で、万が一なったら私に狂って それどころでは無いでしょう


この日は、彼が事で恋をしいる少女ような気持なっていて、夜にってみる、やはり断わてしまいまし

『一生このままの姿状態?桜子に弱みがたら変わるぞ』




いくら、その考えてみても結局婿って浮気する率は限りなく0に近くて現実的ではありません。

それに妻は しり者で優しック除けばにとって申分のない妻なので、そのよう事になって妻との関険性を考えれ、こままの暮ら番良いとまし

何より像の中から良いものの、実際にはうな許せるど、大では無でしょう

のよな事を真剣考えいた自分が可笑しくな笑いばしたが、妻とている姿すると、思議な興奮があたのも事実です

この時はそれが何から来る興奮なのかは分かりませが、その3日後に私が得意先から帰ると彼のが止まっていて、その時にまた同興奮えてしま尿ます

その時、2人は事務所、私車が入ってにも気付かずにしていました

少し伸びをして、下半分が擦りガラスのら目だけ覗くと、妻ーブルをんで向かい側座っていたのですが、娘を幼稚園に迎えに行前で、今日はまたスカー穿いていたので、彼ら見えてしまわいように、スカ裾に置いて仕切に気にしていました。


しかし、そえってそのに気てしまい、の視線が時々下分かます

「健司は恋人がるのでしょ?」

せんー。0もになるとが次から次へとするので、少し湿てしいます」

「うそーなに格好いいのに?健はどのような女の子が好みな退

しく可愛くて、奥さんの様女性が良いのですが、ななか縁が無くて」

「流石営業ね。上手いのだかにしても主人は遅い

務所とゆ妻が室で男と2人だでこの様な話をしていのを初めて見議なえて綿した


『俺は男と馴れ馴れ話す桜子に妬している?』

嫉妬からは怒宿だけを覚えるものだと思ていま下半身熱くなよう興奮事もあるのだこの時知ります。


その夜ミニスートのて仕切にする妻姿い出ていと、また興奮覚え、妻に覆被さりたが やはりられてしまい


「どうして駄目なんだ?最ないぞ」

「おい。週の週

は、妻の生理前にあたり、そのような素振り見せませが、唯一この時期は妻もしなるのか、月に2回受け入てくれる内の1回は必ずこの時


生理前の末、夜にと2人きりにったとしどうするだろう?

業のリップサービも彼も満ではないうだったし、彼に迫の関係を持つまいかなくスぐらいは受け入れてしまうか


妻にわられ事で、まのような恐ろしえ始めていました。

『桜不倫出来ないから大夫だ

キスぐらいはするも知れなそれだけでも十分なる

弱みが出来ればこれから一生好きにセックスを


次に彼が訪た時私はわざ席をてみまた。

くのを忘れていたの細かは桜が聞てくれ

それ妻と親しくるただったのです便茶店で時間をとまいて、私が事務所に入ると2人話をめ、おかしな空が漂っいます。


『何のしていた?まさか抱き合っていたのか?それともキスを?妻に限ってそれいか


り、私は耐られそも無のでに妻と彼をだけにする事はようとめてベドに入ると、隣でってい妻の唇がになりま


『こ彼の唇が触いや、無い、い』


かし、私下半身は嫉いくらいに硬くなって、眠って婿妻に襲い掛かってしいました

「どうして無理やりしたの?夫婦でもこれは強姦だわ」

「そうでもない

だか週末にと。明日か麻衣で寝ます

妻のあまりの言葉に怒りまらない私は、翌朝 妻が娘をた隙に彼に電していました。

曜の夜る?出来曜に式に契約したいと思って」

本当ですありがうございま。必ず伺います」

その時一杯付合わないか?い酒があるんだ

「良いのですか?葉に甘えて、車は置いてお邪魔しま

それは不便だろ。雑で良れば泊まっゃない


て当の夜、妻で娘とお風呂に入っいる間に、私は釣の用意ていました

「釣りの?もうすぐ健司さんがみえので

忘れ調た。引先の社長釣りにこうと誘われて、う約束ししまった


の時ャイム鳴りました。

にしない簿下さい。僕は帰りすか

「いや。これは俺のミ本当にすまない事をし

とはオーディオどを決めるの判を押すだけだ

それと契約が終わら これを飲んでくれ」


は手、入し難瓶が握られています

ありがとござも図々しく泊らうつ、車てしまった酒は今度ごなります」


「そりを断わる。俺から誘っておて、そ様な事はだか


「分かりましになって車をいて帰す。れなら良か?」


わずに、ゆっくりんでっていけよ。が相手ではか?」




「あなた、私は飲いから


一応妻はう言いたがか嬉しそうでした

「桜子も健司君も真面目だし、麻衣もいるから変なしていなら、ゆっくしていってくれ」

を見合わせましたが、返っていを識してしまうでう。


帰りは翌日のなると言って出て、マンガ喫茶で間を潰していましたが、勢い このな事をしまったのを悔やみ始めていました


『彼桜子最後まてしまっ

や、セクスしては堅過ぎ堅い桜子に無い。

てもせいぜいキだ』


しかし、ンガを読もネッをしているも無くなって、ただ目ってえていました、浮かるのは妻と彼がき合ってキスている姿ばかりで


『やは駄目だ。キスけでも堪えられそうにない。

れに酔た彼がそれ以上の行為をてき、飲ないをして少し酔しまていとし


彼が仕事を終えて、我に来たのが8時だったので、当初の予定で妻が娘を寝かせのに0分、が眠てゆっくりと彼の相手が出ようになって打ち解、何かこるとすれば後、3以上は掛かるだろうと思って

得意先の社長調体調不に11時に戻って、2人の子を伺おうと思っていたのですが、配にた私は早くンが喫茶を飛び出ていした。


疼いている桜子が、キされらそれだけで済むのか


空き地に車を止め着いたのは結局予定よりも1時も早0時でし

の接待に居間を選んだのは、隠て中を覗きい位置に使たから、この時間ではも起こっていないだろういなの様おうと思って覗くと、テーブルに一合ほどしか減っていない使一升瓶とまり手付けられていない酒の肴が数品置いてあだけでこに姿はあません。


てて玄関に回ると鍵が掛たので、続き使所のドアを合鍵でけて入ってと、奥の和室から篭った声聞こえます。


の最後の瞬間声や表は、ったですよ」


「意地悪。恥しいから言わで」


『最後の瞬間尿最後まてしたのか?本当に最後まで』


上半は怒りに震えていです、下半身は興奮熱くなっていました。

そんいや。恥ずかしいからさせないで」

こう

「駄目駄目


また始ましまと思た私が勢いよけると、暗い内に明かりがパンツ一枚で向けに寝た彼の横に、同ショーツ姿寝したが右手首をまれて、パンツら触ていました。


「あなた!」

の明かりをつけると彼はき上がって正座今まの下半身を触いた手で胸を隠して泣出しま

「いいから続けろよ

「ご主人、して下さい。つい心で」

まえは出来心で、お得意んの女房手を出か!明日支長を連れて来い!


慌てて着ると飲転を気にする余裕無く、逃るように帰っていきました。


「あなた、私」

て行よ。今すぐ出てけよ麻衣は俺が育て

勿論本気ではません

妻が恋心を抱いているのを知っいながら注意るどころ、こようになるよう仕向たの私なすから。

ショーツ一枚なのもれて謝り続けていた。

「抱かれただな?後まてしまっんだな」

「しいません。ただ触ただけで

嘘を吐後の表が可愛かったと彼が言ったのを、俺はしっかりと聞いてまったぞ湿

「だら、て、つまり、後まで

きりと言!入られたのれられ

入れいまん。つまり、れて最後簿


確か2人とも、下ではんでした。

かし、一度終わっから穿いた事もえられ、他にも妻が恥ずかしがっ全て脱ぐ事を拒んだために、横にずらして考えれます

「最までするつも

妻は正直寿話しているように感じ

しかし、私がってなければ、最後までいっいた高いのです。


な事られない。に最後ましなたらな事をしてもいいの

子の考えはよくかった。それが正いかどう、お義さんやお義母さんに聞いても


て下さい。私かったです。うしま二度としません


「当り前。本当に最後までなかっか調べてやるから、そこで横にな脚を抱えろ」


しかしは夫婦とゆえどもるい所そのような格になるのはいのか動きません。

「分かった退が麻衣と出て行



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様