2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

待っていてくれる紗代






高校の同級生で付き合三歳で子供が出来て、慌籍を入れてから 六年た時尿の事だった。
ここ人で頑張ってきたのに、どうしと人を怨んだ


俺が会社のOLら貰った誕生日プレゼンネクタを、て締出勤しようとした時泣いてった紗
その娘には色々に乗ってやりお礼ねたプレントだたので貰った時は「素敵なネクタイね」言ってくれた、本当は彼相談乗っていること自体嫌ったを我していたんだな


弥生ミニ初めて俺が見に行った時の事を覚ていか?
が急に思い立っに行くと、紗代は体育の隅でコーチと人だけで親しに話していたよな。


でも,俺が間も不機でいたら、ようやく気持ちに付いて抱きついてき「ごめんねと謝ってくれ
浮気が発覚する年前にも嫁に出その夜,俺が酒を飲みいてい
「やっ姿れでお父さんが私だのもになっ
しく微笑んで頬くれ紗代退


そんな代がその半年後には浮した
は絶夢だ度も何度も自分言いせた。
しかし,泣いてい紗代見てると、事実だと認めざるを得くなってしまう。



***
それは携帯を、何気なく覗まった事から始まった。
書かれていたメルの、今っきりと覚えている


主人見ていると耐えられないの。別れい”
“何っている。れられるか。旦那と別て俺ころい”


“それ出来ない。私は主を愛しいま。お願ですから別て下い”
日もあんなに感てくれじゃいか。俺をしけながらしく腰ま動かいた


れ以主人を裏切るの。仕事も辞めますからて下さい”
“俺から離れるとも思るのか?どうしても別れると言のなオマンコと俺のチンポどれだけ相性がいか旦那にしに行。紗代の体がどれだ俺をたかを話す。紗代はの女だと


な酷い事をしに来ないで。主人だけは苦しめたくの”
旦那話されたくなけ婿明日も来い。来けれいにく。明日は簿たらすテルに行こう。二と別るな言えないように、朝からた綿ぷり愛がってやる。旦那を愛してるなんて二度と言えないうに退社間まで責めて責めて責めぬてやるから悟しおけ。どうだ像しただけも濡れてくるだろ?


俺は頭に血が上りぐに紗代を問いめたよな。
その時どうて認たんだ。
は架空の言葉遊びだとて、して最後まで否定便てくれなかっ



は今まで、あのは,携何気なく見てまったと思いたが、本当にそうだのだろうか
浮気が発覚する半ほど前から、紗代の様子だと気付ていたような気が
殿だ。紗けをきた俺にかってだ。


代に限浮気るな自分に言い聞かも、当は心配で仕方がなかったん
真実を知る気が無ただで、食欲も落ちて体重まで減ていた。


代が会社の慰安旅だと言も、実は何様子変だと感じていた。
のに俺は、その事から目を背けう。
く怖くて、ずっと脅えいたよう気が
不信感を抱いいたはしくのある夫を演じてしまい、顔でり出しまった


そう考えると、や俺は故意に紗代帯をたんだ。
えらって、紗代の帯を覗チャンスをと伺いた



「このようをしてしまった私に何も言う資格などありせん。全てあに従ます


どうして素な女になっ
うして捨てないでとつかなかった。
泣いて騒いで狂ったふりでもてくれなけれ、男プライドが邪をしてすなとは言えなくなるじゃないか。


「私のよ女と一緒いては、あなたは幸せになれない。私のような酷女と


後でば、これはの本と分かるが、時の俺はい方受け取ってしった。
俺と別半年前女房を亡くしたと一緒にたいだと
と再会社ながらも社長婦人
金や時間にわれなどしなく金もあれば昼ホテに行けるな時間もる。
とのックスったか?
二人で仕事をけ出してに三ルに行ってい


理由は婿であれ貿体内に受け入れていた時間は、奴のセック虜にてい事実だろ。
新婚当時は毎していたセックスも、そ頃にはに一度度まで減っていた姿


体の繋が繋がりを重視て、セックスて眠るよも、を繋いで眠るほうが安らげた
それが浮の原だとは思いくないが、全く関係が無いい。


から俺は発覚してから毎晩紗代を裸にしたが、罵るだけで抱
でも,あれは抱かなかったのではなくて、抱たくて抱けなかったんだ


の匂消し紗代中を俺の体内から出で一たかっ、身体が言う事を利かなかったんだ。
房が奴の波打つ光景が浮かんでしま
少し肉はついてしまったが、ままだる腰が奴の上で円を描くようく動子まで見
しかし,俺達には歴史があるからックスなど出来なくても、いかはまたの夫に戻れると思った。
セッスな来なくてで培った心の繋がりは切れてはいないと信じていた。


とは今後一絡は取らないと誓約書を交わ
事も辞め実質奴とは会えくなた紗代を、
一応これでうなっていたが、
あっさりと慰謝料を支払った奴の反始まる


奴に一制裁を加えたもりので
後は紗代と俺との問題だけだとっていたが、
奴にとて百万などおそらくヶ月の飲み代ぐらいにしかっていなかっただろう


ン社長には社会的制も加えら
お金など何の制裁になっていなかった事を知る。
局,何みも奴は
俺が紗を抱けなった事ているのように
の事をあざかのような反撃仕掛けきた。



当は奴ら、毎日のよう届いていだ。
、得意先を装うよう届いてら、紗代気が付かなかただろ


こま代に未練があったのか
れだけの財力があれば、いくらもうすぐ還暦だっても、もっと若宿人の女をけただろ
の事が本当だったいたかったのか調


スが目的ではなく、セックスは紗代を繋ぎ寿めておくための手段だたと言いたか使たのか。
これは俺と紗代とを引裂くたと分いて
らない紗代を知りたて読まずにはいらなかった


こにかれていた事全て真実では無い分かっめばしさで苦しくなってる。
ら封けずに握り潰し箱に捨て事も何度かある。
しかし結局はれを読んまう
は奴代とのセッ、毎回赤られてい退


やはり書かれてた内て事実だとはわなった読む紗代の息遣いまで聞こえ来るような気がし
最初,関係を結んだ日、紗は休日に勤を命じられもいなオフ後ろから抱きつかれキスされても全抵抗しなかったと書いあった。


信頼して変振りと、恐怖に身がすくんでしまって動なかっただと思いたか、奴にれば抵抗しなかっのは奴に抱かれるずっとんでいたかだそだ。
,来客用の狭室に連れ、ソファーった奴の膝の上に乗せられて、後ろにって熱い口付けを交す紗代。
キスされがら制服のボタンをれて、ブウス全開にさてブャー押し上げられ奴に首をまれ乳房を揉まる。
がて,奴手は下にがりイトスカの中に潜りむ。


すると紗代のそこはでいて、少だけ大量に外に流、真パンィーだでは吸収し、パンストを通カートにまでも染みてしまう


蜜のさに気良くした奴はタイトートをたくし上紗代の足が自由開くよしてから自分の膝を一杯
そのような事をされては膝のに置かれた紗代それ以上しまい、奴はパンストの中に手を突っ
開いて触紗代けの秘密の場所を思う存で弄ぶ


下着のからだけでには触っいないの紗代だけでも達してしまいました


奴によると二達した代はきも変わり、
清楚な紗代と別人のようって自らの硬くな掛けいた口に含み
分に硬くったところで勝手にてきて腰使っていたと書いあっ


それでまた,独り勝手達ししまっ代は
今度はソファー手をつか
穴までもしたわりのような格好で責れる。


て,最押さえつけられた格好で終わいうフルコースをわって、
普段の声よりも1オクタ高い可愛い声を上げ続けら、
の日の絶頂を迎えてしま



の後は,ちょくちょく仕事中に連れ出れ、ルに連れかれて遠くなる快感与えけて紗代。
そのに紗代俺でさえ現物は,見た事の無いよう具による快感で教えれ、
最初怖が便たが発覚する頃に見せられただ
それによってられる感をしてていたとは自に書きた。


社内では次第に代と奴との然のもなり、
仕入の担当者なは,奴を喜るために、
紗代の事を奥様まで呼いたいたそうだな


身体を自由にれ、
俺がてやなかった快感までえ込まれたこと悔しかったが、
俺には,奴の奥のように扱われていた事の方が重くり、
経験した事のうな猛嫉妬で気がいそうにいた


紗代俺の妻で、それの何者でも無い。
しかし,一歩家を出れば奴の
夫でる奴の性欲処理
しての務めいたか。


しかし,これらは全て奴の一方告白で
紗代限っそこまでは酷かったと信じたかったが、
どちらにしても年の間よりも遥かに多く奴とセクス
とでは得られなうな快感使を与えらのはだとむ。


気持ちまでの妻にはなってないと信じようとした
体は完に奴の妻になっいたと失望してしまっ
その時も紗代は反論しった
どうて何も言わずただ謝った


はあまでも勝手な想像だ言って話したのだから、
全て否定すればかっんだ。
当は,奴の手紙による告白だったから、
代が否定しても信られなかったかも知ないが、
が否してくれら俺無理にでもそれをたぞ


ころが反論ない事で、やて事実だっのだしてったゃないか。
だから俺は手紙を読む度紙の事は告げずに紗代を
,最代に右手で振り
々に術中に嵌っていっ
して、決定的な手紙


それ慰安旅行だを吐いて、
まった旅館での書かれたが
封さた紗代が眠た写た時に、
紗代との儀なされた。


館の帳に奴の名字を書い
夫婦でも無のに家族風呂に入り
子供を洗ってやるかのうにの隅々ま洗ってやた紗代。
し,子供洗ってやるのとは大きく違
な部は特に念入りに洗に言われる


が「これが紗代を持ち良くてくれるのだ
謝の気持ちを込めて洗いなさい」言うと、
紗代は「今夜はいっい気持ちくしね」て大事そうに両手で洗い
を洗い我慢出来口に含たぞ


それ終わると今度は攻交替し、奴が紗代の身隅々まで洗う。
“中りに、を入れて洗ってやった
私の太に馴染んでしまっいた
「一本けでは寂しいです」
と言て腰を振っておねりしぞ”


広くは無い風の中には紗代の卑猥な声だけがき渡り、
に命され て湯の縁に手ついて
奴に向かって白いお尻突き出す紗代


奴と紗代のセクスは、しったらいつでもも自由に出来た。
それは避妊などしていなかったから


“私が「欲しいのなお尻を振ってお願いしなさい」うと、
直に尻って催た。
かし,それで入れてやないでおくと
の指で開いて早くオチンポ入れ下さい」だ


はそのな格好ねだろと命令なが
お尻を振って催促する紗代いたのか。
さぞか死にいほしかっただろ


かし,奴が入って着している奴に痺れをらして、めたのはな。
,身体の奥深くに綿を受け入れせらていが、
お互いの齢からかしな


しかし,奴紗代の分身と結び、毎回紗代のお腹の中で動きってかと思うと吐きする。
豪華料理には、鰻や山芋の料理もついていただろ?
らは,特頼んだ料理だたと自慢していた


あれは紗代を朝まで責めるために、
奴が体力をつけよう頼んでおい料理たとっていたか?


利いたかうかは分かいが、
通しめ貫かれた浴衣姿の紗代


そして,朝日が昇る頃に紗代には衣の紐が巻かれていた。
“感過ぎるのもう出来ない許し
言ってので縛たら、
縛らて余計興奮のかまで垂らして使いたよ”


為がれだけ激しかったかは
さかこ一晩に精しうといなかった
も紗はもっと凄たぞ
仲居ーツを見、オショをしたのかと思っただろうな
奴が書いて事からも想像出来
日の差し込む明る屋で
代は写真を撮られいる事など全付かないほ
沿根使い果たし死んだようにってう。



その時,撮らた写真が二枚同封ていただが
枚は半身にトを合わせてある写真で、
奴の形に大きく口をまのそこか、白い体が流出していた


然,それ違いなかったが、
紗代とのれを断したの撮られた写真方だ


その顔はかにも満足げ奴との行為でほど深く達たかを物語
れを見た時、俺の気持ちは大きく離婚に傾く


別れる事がどうなのかなど、
る余裕も無い紗代の寝顔は満足うで
まる眠りながら微笑宿いるうだっ


「別れよう」


そのい言葉をいた崩れたが、
して許して欲しいと言わな婿った


んなり離婚を受け入れて、離婚届をに提出しに行っ
な目の財産分与かに慰謝料た額
パートを借れば面の生活費ほか残らないお金だを持っまっ紗代



その時,俺はすぐ紗代は帰ってきて
復縁来るといたからあんな条件を諾しんだ。


そうでければ慰謝料なん貰う気もたし
活出来るように全てを置いてが出て行っていた。


故俺復縁切ると婿ったか分
それは紗代と最後の夜。
はりセクスまは出来なたが
二人 ながら裸て眠っただろ。


「長い間、世話 になった
「もう一度なたが好になってくれるうに、いつかに迎える、生ま変わつもりで一かます


その時俺は、出て行くなと言いたかっ
りで頑張らなくても二人でろうと言いたかった


,それを、あの真の寝顔が魔をた。
「俺が迎えに行も、十分反省い。復縁までは分かないが、こ住むらいしてる」


は分ないと言ったが、は俺の意地だったんだ。
ば復縁するつもでいた
もうなた愛しもらいた。もう一と・・・・


紗代言葉では復縁出るとした。


しかし,女が独りで生きて行く事の大変知っ調た時、紗代は楽なへ流れてしまう。
も意地になって連絡、一に帰って来ない紗代が配になって
して半年が経った頃、初めて紗代のアパートを


すると紗代はプローズした見せなかっような
凄く嬉しそうなをしてな。
目から大粒の嬉をポポロ溢して西くれて


向かいて座た二人に会ったが、それでも俺分だった。
中でを強抱き締めた。


しかし,紗お茶を煎れてくれるとって立ち上り、
くな狭いラン目をやった途端、
表情が曇って固てしう。


釣られて外目を
そこに人目につかない夜か干せないような洗濯物。



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080612070134