2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

待っていてくれる紗代






校の生で付きって、二十三歳で子供が出来、慌てて籍をれてから二十六年過ぎた時の事だっ
ここまで二人で頑張ったのに、どうしてと人生だ。


俺が会社OLか貰っ誕生プレゼクタイを、初め締めて出うとした時泣いた紗代
の娘には色々相談やりお礼も兼ねたプゼントったで貰時は「敵なネクタイと言ってくれたが、本は彼女の相談に乗貿ってこと嫌だったしてたんだな


ニバスを初めて俺が見った時の事を覚えてか?
に思い立て練習を見に行くと、代は体育館の隅でコーチ便と二しげに話よな。


でも,俺が日間不機嫌でいたうやく俺気持ちに気付いて抱きつい「ごめんね」と謝くれた。
浮気発覚半年前に桜子も嫁出しその夜,俺が酒がら泣いていると
「やっとこれで、さんが私だのもになった」
しく微笑で頬にキスをしてくれた


んな紗代が、その半年には浮した
れは絶対夢だと何度も何度も自分に言い聞かせた
かし,泣いている紗代をいると、事実だと認めざるを得なくなってしま



***
れは紗の携帯を何気なく覗てしまっから始まった。
こに書かれていールの内容は、今ではっきり覚えてる。


主人を見ていると耐えられないの別れて下い”
“何を言更別れられる。旦那と別れて俺のと調ろに来い”


それは出来ない。私は主人をしています。お願いですか
昨日もなにてくれいか。俺ンポをしかりと締め付けながら、腰までしていただろ”


れ以上主人を裏切るのは仕事辞めますから別て下
ら離れられるとでもっているのか?うしても別れると言うのなら、紗のオマ俺のチンポは性が良いか旦那に話しに行く。紗代の身体がどれだけ俺求めたかを話す。紗代はもう俺と”


んな酷い事を話しに来ないで主人だけは苦しめたくないの”
那に話されたくなれば明日も来い。なけ明日那に会いに行は出社来たらぐにホテル行こう。二度と別れるなどないよう、朝姿からたっぷり可。旦を愛してるなんて二度言えないよう、退社時間まで責貿責め、責いてやるから覚悟してけ。どうだ。想像しただも濡れてくるだ


俺は血が上り、すぐ紗代を問いたよな。
うしめたん
れは架空の言遊び言って、うして最後まで否定し続くれなか



俺はあのは,携帯何気なくてしまったと思いんでいにそだったのだ
浮気る半ほど前か紗代子が変だとていたよ
そう。紗を見てきた俺には分っていたんだ


紗代限っ浮気なんて有り得ないと自分かせながら本当は心配方がたんだ
真実る勇無かっただけで、食欲もちて体重まで減ていた。


代が会社行だ言った時も、は何か様感じてい
れなは、そのから目を背けてまう。
く怖くずっえてうな気がする
不信感いていたはずな優しく理解のある夫を演じて、笑顔でしてしまった使


そう考えると、やはり俺は故意に紗代のを覗いたん
耐えれなくなって、紗携帯を覗けずっと伺っていだ。



「このよな事をしった私は、何も言 う資格などありません。全あなたに従います


どうて素直なになった。
して捨てないでと縋つかなか
いて騒で狂ったふてくれけれ男のプライドが魔をし許すなどとは言なくるじいか


な女と一緒は、あなれい。私のよう女と


後で思これ紗代本心と分かるのだが、その時の俺は悪い方にてしまった。
紗代は俺と別れ、半前に女を亡くした奴緒にりたいのだと
奴と再婚すれば、小さい会社なも社長人。
お金れた生活などしなくても、お金もあれば昼間テルほど自由な時る。
奴とクスは良かった
人で仕出し、週に三日もホテ行って


どうであれ奴を体内受けいた時間は、奴のセクスの虜になっのは事実ろ。
婚当時は毎日ていたセッも、その頃には度ま減った。


身体のりよりの繋がを重視しックスを眠るよりも、手いで眠るほうが安らげた
それが浮気の原因だとは思いたくないが、全く関係無いと思えい。


から発覚しから毎晩紗調代を裸にしたが罵るだけかった。
でも,あれは抱かなかっではなく、抱きたく抱けなかった


の匂いを消したくて、紗代の中俺の体出る物で一杯にしたかったが、身が言を利なかったんだ。
慢の紗代大き乳房が、で波光景が浮かんでし
はついてしまたが、まだれている腰が奴の上で円をくように、怪く様子まで見てくる。
かし,俺達に歴史るからセックスなど出来なくても、いつかた元の夫婦戻れると思った
ックスな出来なくて、長いで培った心繋がりは切れてはいとじていた。


とは今後一切連絡はらなと誓約書を交わし、
も辞め実質奴は会くなった紗代を、
一応で取り戻たようなっていたが、
っさりと慰を支払った奴の反撃がまる。


応制たつもりでいたので、
後は紗代と俺とけだっていたが
にとて百万などはらく一ヶ月の飲みぐらいにしか思いなかっのだろう


ンマ社長は社会的制裁も加られ
ど何の制なっていなかっ事を知る
結局,何の痛も被らなかっ奴は
紗代けなくな事を知ってるか
をあざ笑簿ような反撃を仕掛てきた



は奴から、毎日のうに紙が届いていんだ
宛に、得意先を装うような架空の会社名で届いてたから、紗代は気が付かなかった稿


奴はこまで紗代に未練あっ稿か。
あれだけの財力がれば、いくもうす還暦と言ってもっと若くて美人女をただろう
代の事が、本当にったとでも言いたかった


セックスが目的ではなくセックスは紗代を繋ぎための手段だったと言いかっ
れは俺と紗代との仲を引き裂めの手紙だとていても
知らなたくて読まいられった。


使に書かてい真実ではと分ても、読めば悔しさで息苦しなってくる
から封も開り潰に捨も何る。
しかしって読んでしう。
奴と紗代とセックスが、毎回赤裸々に綴られいたから。


はりかれ容が実だわなかっが、を読むと紗代の遣いで聞こえて来るような気がし
最初,関係を結んだ、紗代は休日に出を命じられて誰もいなスでから抱きつかれ、首にキスれてもく抵抗しなかっと書いてった


信頼していの豹変振りと、怖にがすくんでしまっけなたのと思いたかったによれ代が抵抗しなかっは、紗代奴に抱かれる事をずっと望んたからだそだ。
その後,来客用の狭い接室に連れて行かれ、ソファーに座の膝られろに捻ってい口けを交わす紗代
キスをされながら制服のボタンされて、ブラウスを全にされャーし上げ、奴に乳首摘まれて大な乳房揉まれる。
て,奴の手、タイカートの中に潜り込む


るとのそこはに蜜でいて、少し触っただけでに外出し、真白なパンーだは吸収しきれずストを通しカートまでをつくってしまう。


の多気を良くした奴タイトスカートをたくし、紗代足が自に開くてから目一杯開
ような事をれては膝に置かれた紗代の足それ上に開いて、奴はパンストの中に手をっ込
いてやすくなっ秘密の場を思う分指で弄


の上だけで直には触ってものに、紗代はそ使だけで二度もしまいたよ


よると二した紗代は目付き
の清楚な紗人のようになってら奴婿なり掛た物を口に含
分に硬ったろで勝手跨ってきて腰を使っていたといてあった。


それ,独勝手にしてしまった代は
今度はソフーにをつか
尻のまでも晒交わりような格好で責める。


して,最後は上からさえつけられた格好で終わるというコーわって、
普段の声より1オクーブ高い可愛上げ続けながら、
この日最大の絶頂を迎えてしまった。



の後,ちょくちに連出され、テルに連て行かれては気が遠くなるほどの快感を与れ続けていた代。
その間に紗代は、俺でさえ現物は,見た事の無いよ玩具にる快感まで教え込まれ
最初はっていたが発覚する頃には見せられたけで
それよってられるを期待していたと奴は自慢げ書いてきた


では次第に紗代と奴とは公然のものと
入先当者など,奴を
の事を様とまで呼んでいた者もいたそうだな


身体を自由にされ、
俺が教えてやれなかっで教込まことも悔しかったが、
には,奴の奥さんのよう宿扱われていた事の方が重く圧しかり、
経験したの無い猛烈な嫉妬で気が狂いそうなっていた。


代は便それ以外の何者でも無い
,一歩家ればの妻
夫である奴の性欲処理という、
の務めまで果たしていたか。


しかし,これら奴の一方的
紗代に限ってこまで酷くなったと信じたかったが
どちらにしても年の間、俺とりも遥多く奴とセックスを
とでは得られなかったうな快感を与えられ続ていたは事実だと


気持までは奴にはってないと信じよとした
身体に奴の妻になってたと失望してしった。
の時代は反論しなかったよな。
うして何ずに謝っ


はあくまでな想像だ話しのだら、
て否定すれば良かんだ。
本当は,奴の手による告白だったから、
が否定してもじられなかったかも知れないが
代が否定してくれたなは無理にでもそれを信じたぞ


ころしなやはり全て事実だったと落胆ししまたじいか。
だからを読む度事はげずに紗代を責めた。
その後は,最愛の紗代にまで振り上
徐々に俺は奴の術中にてい
そして終に、沿手紙が


それは会社慰安行だと嘘を吐い
と泊まった旅館での書かれていたが
同封ていた紗眠っに撮られた
俺は紗代との別なく


館の台帳に奴の名字をいた紗代
夫婦も無いのに家族風呂に入り、
い子供を洗ってかのように奴の身体の隅で洗ってやた紗
しかし,子を洗ってやるきく違い
な部分は念入りにうよう言わる。


“私が「これが紗代を気持ち良くしてくれるのだから、
ちを込めて洗なさい」と言うと、
「今いっぱいして便ね」と言って大そうに両手で洗い
洗い我慢出来なくなて口に含んできぞ”


が終わると今度は攻交替し奴が紗代の身体を隅々まで洗う。
“中はに念入りを入れ洗ってやが、
太いチンポに染んでしまっいた
「一本だでは寂いです
と言て腰をておねだりし


広くは無い風呂の中は紗卑猥な声だ響き渡り、
奴に命されて湯船のをつ
に向って白いお尻をき出す紗


と紗代は、したなったらいつでもこでも自由にた。
それなどなかったから


私が「欲のならお尻ておしな」とうと、
紗代は直に尻て催促した。
しかし,それでれてやらないと、
自分指でて「オチンポ入れて下い」だと”


奴はそのよう好でおねだりしろ命令しおきら、
お尻を振って催促する代を焦してでいたの
さぞかし惨めだただ?死にたいほしかっただ


かし,奴ってた時じっとしているに痺を切らて、先にめたの代だったそうだな。
,身体の奥深くに奴を受け入させられていた
お互いの年齢か幸娠はしなかった。


かし,奴の分身が紗代分身と結びつこうと、毎回紗のお腹の中で動きってい思うと吐き気がす
旅館料理には、鰻や芋のもつていだろ
それら,特別に頼だ料理だったと自慢していた。


れは代を朝まで責めるため
奴がをつけようと頼んでおい料理だったと知っいたか?


利いたかどうかは分からない
夜通し責め貫かた浴衣姿の紗


,朝日が昇るは、代の手首は浴衣が巻かれていた。
“感じ過ぎるのか「もう出来
と言ってれたので縛ったら
縛られて余計に奮したのか涎まで垂らしていた


の行為がどれだけ激しかは
西まさか歳で、一に四回も射精してしまうとは思っなかった。
紗代はもっと凄かった
居さんはシを見て、ショをしたのか思っろう
と奴が書いてた事からも想像出来
朝日の差西し込む明るい部屋で、
は写を撮られている事など全く気付かなど、
精根使い果たして死うに眠てしまう。



時,撮らた写枚同封されていた
一枚下半身ピンを合わある写真で
きくを開けたまのそこからは、白い液体が流出していた。


然,それクにいなった
代と別れを決断したのは上半身がられた写真


かにも満足、奴の行為れほど深く達しを物っていた
それを見た時、の気ちは大きく離婚に傾


別れ事が最なのかなど、
える余裕も無いほど寝顔は満足そうで
るで眠りながら微笑んでいるかのった


「別よう」


その短い言葉を聞いた紗代は泣き崩れたが
どう簿て離欲しいと言わなかった。


すんなり離婚受け入れて離婚一緒に提出しに行った日に、
な目の財産分与ら更に慰謝料を引いた額の、
アパートをりれ活費ほどしか残らない金だけを持ってて行ってしまった紗



,俺はすぐには帰ってきて
縁出と思っていたらあな条件をしたんだ。


でなれば慰謝料なんて貰う気も無たし、
紗代活出よう全て置いて俺が出て行


故俺が復縁出切と思ったるか?
は紗との最の夜。
はりセックスまでは出なかったが、
二人も泣きながら裸で抱きって眠っだろ。


い間世話になった
一度なたがきになくれように、いつあなたに迎来て生まれわったつもりで一ら頑張りま


その時は、出行くなと言いたかっ
で頑張らなも、まで頑張ろう言いたか


しかし,そあの写真の寝顔が邪魔尿
俺が迎えに行くても、分反省たら帰って来い縁まではからない、ここに住むぐらいは許


復縁は分からなたが、れは俺の意地だったんだ
帰ってくれば縁するつもいた
一度あなたにてもらいたい。もあなたと・・・・


紗代の言葉で、俺は出来ると確信した


しか,女稿独りで生きて行く事の変さを知っ時、代は楽方へ流されしま
も意地なって絡もしなかったが、一向って来ない紗代が心配になて、
から年が経った、初のアパートをてみた。


代はロポーズした時に見せなかった
凄く嬉しな顔してくたよな
目から大粒の嬉し涙ポロポ溢してくて。


向かい合って座ったに会話は無かったが、れでも俺には分だ婿
心の中で代を強く抱き


,紗代はおくれると言って立ち上り、
暗くなっ狭いランダに目をやった途
急に表情が曇殿て固


釣られて外に目をと、
には人目につかない夜にしか干せいよ洗濯物



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080612070134