2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

待っていてくれる紗代






校の同生で付合って、二十三歳で出来て、てて籍を入れてから二十が過ぎた時の事った。
ここまで二で頑張てきのに、どうしてだと生を怨だ。


が会社のOからた誕生日プントのを、初めて締めてうとしたに泣いて怒た紗代。
そのには談に乗って礼も兼ねたプたの貰っ時は「素敵なネイね」とってくれたが本当は彼女の相談にってるこ自体嫌だっ慢してい


ミニバス初めて俺が行ったを覚えて
が急にい立って練習をに行くと、紗代は体育館のでコーチと人だけ親しげに話たよ


でも,俺が日間嫌でいたらうやく俺の気に気付いて抱きつい「ごんね」と謝ってた。
気が発覚する半年前に桜子も嫁出し、その夜,俺が酒なが泣いて
「やっとこれで、お父が私だのになった」
く微笑んで頬キスてく紗代


んな紗、そ年後にはた。
れは絶対に夢だと何度も何度も自い聞せた
しか,泣ている紗代を見ていると、実だと認めざるなくなまう。



***
それは紗代携帯、何気なく覗いてしま事からった
に書婿れていたメール容は、今ではっりとる。


“主人をいるとえらないれて下さい”
“何を言ってい。今更別れられか。那とれて俺のと来い”


は出来ない。は主していす。お願いですら別れて下さ
昨日もあんなに感じてくれたゃないか。俺のチンポをし締めけながで動していただろ”


れ以上主人を裏るのなの事も辞めますから別れてい”
“俺から離れられるとも思ってのか?どうしても別れるとうのなら代のオマンコと俺のチンポは、どれ性が良い話しに行く。代の身がど求めたか話す。紗もう俺の女と”


そんな酷い事を話しに来いで苦しめたいの
“旦那たくなければ明日も来い。来なけれ日は出社して来たらにホテルに行こう。二度と別れるなどと言えないうに、朝かっぷ可愛がってやる旦那を愛しているな二度と言えなうに、退社時間までめて責めて、責めぬてやるか覚悟しておけ。どうだ。想像しだけでも濡れてくるだろ?”


頭にが上りすぐにい詰めたな。
その認めんだ
空の言葉遊だと言ってうして最まで否定し続けてくれなかった。



は今ま時は,携帯を何気なくしまったと思いでいたがそうだのだろか。
覚する半年ほど前、紗代の様子だと気付いいたな気がする。
そうだを見てきた俺には分かっていんだ


紗代に限っ気すて有り得いと自分に言い聞かせながら、本当は心配仕方がなかっただ。
真実を知る勇気が無かったけで、食欲も体重まで減っていた。


紗代が会社慰安旅と言った時も様子が変だと感
は、事から目を背けてしまう。
凄く怖くて、と脅えてな気がする。
不信感ずなのしく理解のある夫を演じてい、笑顔で送り出してまった


考えるとはり俺は故に紗を覗いたんだ。
れなて、代の携帯を覗けるンスをずっっていんだ



「こようしてしった私には、も言う資格などありまてあたに従いま


どうて素になった。
どうて捨てないで縋りつかなかっ
て騒いふりでもしてくれなけライドが邪魔をて、すなどとは言なるゃない


「私のよ女と一緒ては、は幸せにい。私と」


後で思えば、これ使は紗代の本心だ分かるのだが、その時の俺悪い方に受け取ってしまっ
代は俺と別れて、半年を亡くした奴と一緒になりたいのだと。
奴と再婚すれ、小さい会社ながらも社長婦人。
俺といてお金や時間われた生活などしなくても、お金もあれば昼間ホテルに行け調な時間もあ
とのセックスは良かった
二人で仕抜け出して、週に三日もホテルに行っ紗代


理由はどうであれ奴を体内に受け入ていたは、奴クスっていたのは事実だろ
新婚当時してックスも頃には月一度か二度まっていた。


体のりも姿の繋がりをて、セッスをして眠るよりも手を繋で眠るほうが安らげた。
それ浮気の因だと思いたくない、全係が無いも思えない


から俺は発しては毎晩紗代をが、罵るだかなかった。
でも,あれは抱かったのではなくて、抱くてけなかだ。


匂い消したくて、の中体内ら出る物で一杯にしたったが、身体が言う利かなかっんだ
自慢の代のな乳房上で波打つ光景が浮んでしまう。
し肉はついてしまったが、まだ括れている円を描くように、しく動くまで見えてく
,俺達に歴史があるからセックスなどなく、いかは夫婦ると思った
スな来なくて、長い年寿た心の繋がりれてはいないと信た。


とは後一は取ないと書をわし
事も辞め質奴とは会なくなった紗代
応これ取り戻せたような気なっ
あっりと慰謝料を支払った奴の反撃が始まる。


西に一制裁を加えたつもりでいたので
紗代俺と問題だと思いたが
稿万などそらく一ヶ月の飲みらいにしかていなかったのだろ


ワンマン社の奴には社会的裁も加えられず、
お金など何の制裁にもなっていなかった
結局,何も被かった奴は、
代をけなった事てい尿かのように、
をあざような反撃を仕けて



西から、毎日よう手紙がていた
俺宛に、得意先をうようの会名で届いていたか紗代は気が付かなかただろ?


奴はそ紗代未練たの
れだけの力があれば、いもうすぐと言っても、もっと若くて美人のを抱けだろに。
の事が、本当だったとでも言いたかったの


ックスがなく、セックス紗代を繋ぎ止めてための手段だったと言いたかったの
れは俺と紗を引くための手紙と分かってても
俺の知らない紗代をたくて読まずいらかった


こに書かていた事西真実では無いと分かっていて婿読めば悔しさ苦しくなってる。
だから開けずに握りゴミ箱に捨てた事も何度かあ
かし局はそれを拾って読んでしまう
そこ奴と紗代とのセックス、毎回々に綴られていたから。


やはり書かいた内容が全て事実だとは思わなかったが、そ読むと紗代ので聞こえて来るような気がした
初,関係をだ日、紗代は休日に出命じられて誰いオースでから抱きつ首筋にキスをされても全抗しなかたと書い


信頼してい変振りと、怖に身くんでしまって動けなかったのだといたかっ奴によれが抵ったのは、紗に抱かれんでからだそうだ。
その後,来客用の狭い応接室に連れかれファーにった奴の膝の上に乗せられて、首を後に捻って熱けを紗代
キスをされながら制服のボタンを外され、ブウスをにされてジャーを押しられ、奴を摘まれて大き房を揉まれる。
やがて,奴の手は下に下が、タイスカートの潜り込む。


るとのそは既蜜を溜め込ん、少し触っ大量外に流れし、真っ白パンーだけでは吸収しきれずに、パンストを通スカトに使までみをくってしまう


の多さに気を良くした奴はタイトカーくし上げ、紗代の足が開くしてから自分の膝く。
のような事ては膝両側に置か紗代のそれ以上に開いてまい、奴はパントの中に手を突込んで、
開いて触やすくなった紗代俺だけの秘密の場所を思う存分指


上かだけ直には触っもいないの、紗それだけ度も達しまいましたよ”


奴によると二度も達した紗付きもわり、
の清な紗とは別人ようになって硬く掛けてい物を口に含み
分にくな勝手に跨ってきて腰を使っていたといてあ


それでまた,独り勝手しまた紗代は
度はソファーに手をつかされて、
でも晒した獣の交わのよ格好で責られ


そして,最後は上かさえつけれた格好終わるといフルコースを味って、
段の声よりも1オクターブい可愛い声を上げら、
稿絶頂を迎えてしまた。



の後は,ちょく仕事中に連れ出され、ホテルに連れて行かれては気遠くなるほど快感を与えられ続ていた紗尿代。
その間には、俺でさえ現物は,見たの無ような玩具にる快まで教え込ま
最初ってたが覚す頃には見られただけも、
それによっ与えられる快感を待しらしていた奴は自慢書いてきた。


内で紗代ととの仲は公然ののとなり
の担当者などは,奴を喜ばせるために
代の事を奥まで呼んでいたいたそうだな。


紗代の身体を自れ、
教えてやた快感までえ込まれたことたが、
俺には,奴の奥んのわれてた事重く圧し掛かり、
した事の無いような猛烈嫉妬で気うにいた


紗代は俺の何でも
かし,一歩家を奴の妻で、
である奴の性欲
妻としての務めまで果してたのか


,これらは全て奴的な告白で
代に限てそこではくなかったと信たかっ
どちらにしても半年の間、俺とよりも遥かに多く奴とセックをし
俺とでられかったようを与えらていたのは事実だと落ち込む。


気持までは奴妻にはいなと信じよ稿うとしたが
体は奴の妻になったと失望してしまった。
その時も紗代は反論しなかたよ
どうて何もにたった。


あくまでも勝手な想と言って話したから
て否定ば良んだ。
本当,奴の手紙による白だっから、
紗代が否して信じられなかったかも知れないが、
紗代が否定てくは無理にもそを信じた


とこが反論全て事ったと落胆してしまっじゃなか。
だか読むの事は告げ責めた。
その,最愛紗代手まで振り上げ
は奴のに嵌っていった
そして終に、決紙がく。


会社の慰安旅だと嘘を吐いて、
泊まった旅館で話がかれていたが、
されていた紗代が眠った隙撮られた真をた時
代との儀なくされた。


旅館の台帳に奴の名字書いた紗代。
婦で無いのに家族風呂に入り
い子供をってやるかように々まで洗やった紗
し,子るのとは大く違
大事な部分は特に念殿に洗うように言われる


“私これが紗代を気持ち良くしてくれるのだから、
謝の気持ちを込洗いさい」と言うと、
は「夜はち良くしてね」って事そうに両手で洗い、
流すなって口含んきた


それがは攻守交替し、奴が紗代の身体を隅まで洗う
中は特宿に念、指洗っった
私の太いチンポに馴染っていた紗
「一本だけ寂しいです」
と言っ腰を振っねだした


広く無い風呂の中には紗代の卑猥声だけ
に命令されて縁に手をついて、
に向かって白いを突き出す紗代。


代のセックスは、したくなたらいつでもどでも自に出来た。
それは避妊などしていったから。


“私「欲しいのなら尻を振っお願いしさいと言
は素直尻を促した
しかし,そでも入れてやらないでおくと、
指で開いてンポ入下さい」と”


はそのうな格好しろと命ておきなら、
お尻を振って促す紗代を焦でいたのか
し惨めだっただろ?死にたほどかしかっただろ


しかし,奴が入て着た、じっしている奴に痺れを切らして、先に動き始めただっそうだな。
毎回,身深くに奴をていた
お互の年か幸い妊なかった。


しかし,奴の分身が紗代の分身とつこうと、毎回紗中で動き回っていかとうと吐き気る。
旅館の豪華なは、鰻や山理もついていただろ?
それらは,特別に頼だ料理だった自慢しいた


れは代をまでめるめに、
が体力をつと頼んでた料理だったと知ってたか


鰻が利かどうかは分からないが
夜通し責めかれ衣姿の紗代。


,朝日る頃には、紗代の手首には浴衣の紐寿れていた。
“感じ過るのかもう出来ない。許して
言って暴たので縛ったら、
られて余計に興奮したのか涎まで沿ていたよ”


の行為がどれだけ激しかったかは
“まさかこの歳で一晩に四回も射精しまうといなった
も紗代っと凄かった
仲居さんはシーツを見ネショをしたと思っだろうな
奴が書いた事からも出来
朝日の差し明るい部屋で
代は撮らている事などく気付かな
使たして死んだようにってしま



その時,撮られた写枚同封れてい
身にピンを合わせて写真で
奴の形に大きく口を開けまのそこから、白い液体が流れ出していた。


当然,そもシクにはかっが、
が紗の別れを決断したは上半が撮られた写真方だ。


その顔はいかにも満足げで、奴との行どれほど深く達したかを物語っていた
れをた時の気ちはきく離婚傾く


れる事が最善かどうのかなど
えるも無いほど紗代の寝顔足そうで、
まるで眠りながら微笑んでいるかのうだった。


尿う」


その短い言葉いた紗代は泣き崩れたが、
して離だけは しいと言わなかった


すんなり離を受け入れて、離一緒に提出しに行っ
少な目の財与から更謝料いた額の、
アパトを借りば当面の生費ほしか残らないお金だけを持出てた紗



の時,俺はすぐに紗帰ってき
復縁出来ると思っいたからあんな件を承したんだ


そうでな慰謝料なんう気も無か
紗代が生来るよ全てを置て俺て行いた


何故俺が縁出切思ったか分かるか
れは紗代との最後夜。
はりセスまは出来姿なかったが、
二人とも泣きながて眠ただ


「長い間、になたな」
もう一度あなたがきにな簿ってかあなたに迎らえるように、生まれ変ったりでから頑張ります」


の時俺は出てなといたった
独りでなくても、また人で張ろうと言いたか


しかし,それを、あの真の寝魔をた。
迎え行かなくても、十分反省したら帰って来い。復縁では分からないがここに住むぐらいは許してやる」


復縁は分からったが、あの意地だっだ。
てく姿ば復縁するつもた。
「も湿度あなたしてもらい。もう一度あなたと・・・・・」


紗代のこの言葉で出来る確信した


しか,女独りで生きて行く事の大変知った時、紗代は楽されまう。
も意地になって絡もなか、一向にて来ない紗代が心配になて、
から半年頃、初めて紗のアパートをねてみた。


すると紗はプロポーズしにもなかったような
凄く嬉しそう顔をしてくれたな。
目か大粒嬉し涙をポロポロ溢してくれて


向かい合て座っ人に会話は無かったが、そでも俺に分だた。
中でを強く抱き締めた


しか,紗代お茶てく言っち上がり
暗くなった狭いった
表情が曇って固ましまう。


俺も釣れて外に目をると
こには人目につない夜しか干せなうな洗濯物



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080612070134