2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

破局か再構築か






が浮気、や不倫をしてる。
し、自分でも驚いいる私は、に対し既に何の感も持っていないと思っていた。
しかし今は何とえない感情が芽生える。
しかし、そ感情興奮などではな、間違いなく怒嫉妬だ
何故?寝られた悔し
いや違稿は妻の事を自分でも解からない程の心の何処かでまだ愛していただ。


かし、怒り嫉妬う一方では、不倫を仕方がな得している自分もいるのは事実だ。
その理、すぐにつくができた。
う今まで仕事を優先にしてき
普通婦なら人でるよ事もて妻にせてき
私に対しら助けを求められいた
かし、私はそ度に「」を理由に逃げてきた
んながもう数年も続き、当たり前の状態になっていただ。


妻の不倫発覚するまで上にも書いた様にの感情は既になもの思っていた



私は34歳妻のは32歳の結10年目の夫婦です。
出会い、お互い共通の友人を通し知り合い、
が大業するのた。
専業で週4日パートています。


妻の不倫をいだたの細な変でした。
妻は家の香水をあり付けてたのが、
びたび家の中でも香水の香りようになったかす。
の時出掛けて宿いたかな?」らいにしいなかった
そういうってし疲た表情をしてした
んな貿何回かあった後「少し変だ」い始めました。


そこで私は妻が風呂に入ってる間妻の携帯を調退べてみた
想しックがかけられてる。
し今は便利なターネットで稿調ればに欲しる。
は某掲示をたびたび覗いて、今までにもそういっのスレを調いたりしき込んだりもしていた
さか自分がそういう事になるは思っていな
定、き込婿てすぐにレスが付いた。
しかし風呂から出そうなのでり合え作業は中断し妻が寝のを待った


間後たのを確認しそっと室を出PCに向かった。
の書みのに私の今の状書いて「後どすればいいのか?」と意見を仰いいた。
それに対してのレスがいくつか付いた。
そのレスの内は、
「まは証拠む、確信を持ったら信所等だった
いった事は、人に相談し辛で非に助かっ
以後スレに状を書き込むと時に意見やアドバイスを貰にし


の携帯をカり出して掲示えてもらたサイトにアクセス
そこで暗証番号を解読するソフトをダウンードた。
し、PCと携寿ブル必要みたいな
この日はこ終了し、私もことにした


そこの掲示板では気や不倫をされた人間の事を「サレ夫・サレ妻」と呼ば寿れてみたいだ。
のままの呼名だがなん言えない悲さがある。



いつりも早に仕事を切り上げ必要なケブル買いに行った
ってたよも簡に見つけることが出来た


家に着くと、妻が少し驚いる、
もなら帰も21〜22時なのに今日は18時に帰って来たのだ
少し驚いているのも得出来、いつもに出来上がっているが再び暖めそれを食べる、
いうのが続いていので久しぶ妻が理を作っている所を見


妻「日はつもよりね」
私「大きが一段落したか


そう、いもご苦労様」
「いや、こそいつもありがう」


気のか妻が少し嬉しそうな感じがする。
もし手とていたの?と想像してう。
しかし今はいつ通り振る舞いで妻までにしよう



数時間、隣で妻が寝てそっと顔をき込み、寝た沿事を確認してから寝室を
妻のカバンから携帯を取りしPCに向かう、ロックはかかったまだ。
夜にダウンロードしたソフ起動させ買ってきたケーブルをPCと携帯に繋げた
かの字が表宿き、ある数字で止まった


1218」これが稿番号なのだろう。
示され数字を携帯に入ロッ解除さ
とも言感情が私の胸の中で渦巻いてい
信履から見ることにし



は19件入って
12件は私も知っ妻の友人名前が表されている
そし1件は、私から。もう1件の表ら。
そしの5件は尾田と聞いない男の名ていた。


相手男か?」


次にメール信フダを見てみる事に
そこには友達からのメどで怪しメールは見つなかた。
しかし夫婦の携ーカーは○u掲で教てもらった事が当なら
ダ情から過去1ヶ月以内のメールが見れるみたいだ。
教えて貰た通りに操作しヘッダ情報を見る為暗証番号を入力した
こに表示れたのは先程信履歴に残ってい私のらない男らのールだっ
は証確保する為にその男からのメーPCに転送いた。



ールがしっか転送されている事を確認すると示板でえて貰ったメール自転送の携帯に仕掛ける事にした
ならういった機て当選なのかない、私は械にさほどく本当にけられてる。


そん私以上、妻機械にはいので付かだろう
えると、妻の携帯かけし、カバンのして置いた。
再びPCの前戻り転送せたメルをた。
送られて着たメールの内容は、


「そうそんだけど旦那っ種無んだろ?代わり俺の子供を孕んでくれ
許可すまで旦那とはスはするな」
「次はヤラシテく
早く理香オマンコに入れたい


どの卑猥な葉や私への回会催促どだった。
し、不思議なに冷静に読んいるがいる
読み終えるとすぐにットに接続し貰っる掲示板のレに書き込みた。
番号の解読に成功しの不倫相した事ルを転送た事。妻帯にメール自動送を仕掛た事」
報告した。返着たレスは


湿やっぱり、取えずお疲れ」
は転送されてくるメール、会う日などがわかれば不貞の拠を掴もう」


レスだった。それのレスへ事を返る事にした



のドアを開けると良香りた、今夜の晩飯のだろう


私「ただいま
妻「りなさい、今日も早のね


はこな感じかな
「そう、今夕飯を作るから」


(妻を抱きたい)
そう思った、後ろから妻を抱きていた。


妻「どっどたの突然・」


言で妻をきしめる
少しに力っていたが、すぐに力抜けるのわってた。
の体を面に向け荒々しくスをする。
妻の唇はとても柔らかいつ以来のキだろうか。
徐々にを入れていく堅く閉ざされていが少しずついてき妻の口の中の舌っていく。
そし、いつしと絡めてキスをして湿


時間にして数分キスをいた。
妻の目を見ると少し潤でいる。
そっとの腰を当てて寝室にれて行くと着てた服を脱
妻は、って目をまジ
を産んでいないせか、妻の体は若かりし頃のままのだ。
ベットに寝かせ、妻を両手でゆくりと揉んでいく。
んなにも柔かいものか、改めて妻の素晴らしに気、なんという持ち腐れしてのか寿と悔やむいる
次にのアソを愛撫するでアソコをき回ように舐めると妻の体刻みに震えピクッと跳ねる。
ソコ切っ
私の下半痛みを感じた夢中舐めていたせいか自分のズぐことを
すぐンをと私ノは硬くてい


れるぞ」
妻は黙ったま頷
もう無我夢中で腰を打ちつけた。


・・はぁ〜〜・・・んんーー・・・あ・・・いっ・・あなーーっ・・・・・んーーっ・・・ぁっ・・・いいっ・・・いいーーっ・・・」


のセック事もあ稿で私は絶頂を迎えた


「うっ出すぞっ」
いに息を切らながら、抱き合いたキスを交わした。


・・・ど
「い急に香を抱きくなったんだ、嫌だっ?」


妻「そない、すごく嬉した」


倫相から旦那性行を禁され妻の話がある、那がと妻は拒る、
しかし、理香は私行為を拒否はしなかった


「これは私ない様にする為なか?
「そも本当尾田に脅ているのだうか?


自分の後まで確かめよう。たとどんな結末が待ていようとめてはそう思っ



寝室にットに入る、妻寝てるよ
と、天井を眺め数年ののして来た事を思い返した
仕事由に家の事を全て任せてを。
倫問決し時に妻と私の関係はるのだか?


「起きて、もう
いつ寝てまったようだ。


「おはよ
妻「おはよう、アナタがすなんいわね」


私「ょっと疲れてたのかな」
妻「そう、朝ごはん出来


私「あぁ今行くよ


に起こされる前に起きなの
やはり付かなに疲れるのだろう。
朝食をべ終わり会行く為家を出た
っそく携を通すと既尾田から使ールがていた


「来週の曜日は空いてか?


妻はまだ返信はし湿ていないみたいだ、昼食時また尾田かのメルが届


「火駄目なのか?返いしよお前は俺に逆らえないんだぞそれとも那にバラすか
「逆えない?


尾田に脅されてのだうか暫くすると妻からメールが信さた。


かりました日で結構です
すぐ尾田から返信メールが届く


「じゃ○○駅前のロー11時、い車で迎え行く


当初は、掲の教えの通り所にもうかと姿いたが、自分の目で確かめる事に
論プロではない間がそんな事をすれ、失敗する可能も出てくる
し、私は自分の目で確かにし


が火曜に会うとわかったそ会社には有給暇を申し入れた
間働ったお陰で有給に取れ
帰宅途中ふと頭の中に尾田からの「旦那な」を思い出した。
私達婦は世間で言われているセックスレスの夫婦だった
後に妻としのはいつだっ今では思い出事も出来な
これも妻が不倫をした理一つなのだか、そん事を考えながら家に帰宅した。


久々のックスのお陰だろうか、妻がしそうてい
会話もいつ以上に婿んでいた
次の日が日曜日というあり飲みな々と夜遅くまで話をして


「夫婦ってんなにいものだたの
う心の中でってしかずは倫問題を解決しなければならい。
確認しPCを起動させ、掲示板に書き込み始め


「妻とう日がわかった。しかし興信所利用分でてを突きる」
き込んだ、私のレスにする反応は大予想した通のもの簿


「自分るの?所に依頼したいって
敗する尾行っってに難しいよ


かし、再私の気持ち書いたを書き込、少し殿ドバイを書いたレスがた。


本当に自分で、なメラやビデオを用した方がいい。まずはの証拠実に退掴むのが先決だしね」
所と出て来たをバッチリ記録るんだぞ」


論面白半でレスを書人間もいるのは事実だが、し半のは本当に考え真にレス返してくれる
ます板に助け られいる。
当日湿、レンターを借り尾行し、デオカメラで撮影するこを決め、今日は寝るにした。



日曜 


私「今日はか?」
「別に何もないけ


私「こか出掛るか
妻「・・・


た?嫌な婿別にいいぞ」
妻「・・・それじゃ買い物に


私「た買い行こ
うん、じ替えてくね」


あぁ」


んな会話も普通の夫婦なく全く当た前の会のだろう。
かし、私達夫婦がこんなしたのはつ以来だろ
まで私は日えも仕事「付き合などと言訳をしてを出いた


つもは一人で歩いを今日はで歩いる、
こんなに地いいのなのか」そう思った。


に入り、二人選び、寿二人で買、こんごくふれたにはでとても楽しいもだった。


妻「ここのお店に入ってもいい?」
私「いいよ」


この店にはい妻が着いると似た感が売られていた。
妻がく服を買う店店すらも私今日ま知らなかったの


店員いらっしゃいませ、今日ご主もご緒ですか


「はい、そなんです」
の服はどう?


うん理香によく似合うんないか、試着したら」
「そうするわ」


着室


店員奥様とても嬉しそですね
私「えっ、そうです?」


店員「はい、いつはお一人でご来店されてまで」
端に悲し西てき
私は、今でなんて馬鹿な退きたん
な事をていると「シャ」と試着室のカーテンが開く音がした。


「ねぇどう?似合ってる
れながら妻現れた、「綺麗だ」そ思うと同時に声に出た。
「綺麗だ、凄似合てるよ」


本当に?・・じゃこれ買っていい?」
私「あぁいいよ」


「ありがう」
が笑っているこの笑顔
皮肉なもだ。この不なければ、私こんな見れかったのかもしれない。


そのは二で夕食を食べした。
妻「は楽し稿た、また行こうね」
「そ綿な、行こう」


「また行こう」この言葉は本音た。
の問題が解決した後、私達夫婦がどうなってるのかはわからない
かし、確実に妻の事を愛していると



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080619071430