2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

破局か再構築か






妻が浮気、をしている。
しか自分でも驚いる私は、妻に対しても持っていなと思っていた
しかし、今は何ともいえない情が芽生えて
しか、その感情は、興奮などではなく、違いなく怒や嫉妬だ。
何故?寝取られた悔さから
う、私は妻の事を自分でもないの何処か片隅だ愛したのだ。


しかし、怒があ方では倫をても仕方いとしてい分もいる事実だ
理由は、すぐに思いつく事でき
そうまで仕事を優先してだ。
普通の夫婦なら二人でるような事も全てに任てきた
何度も妻か助けを求めらいた
しかし私はそのに「仕事」を理に逃げてきた。
んな事がもう数年も続き、当た前の状態姿になっていのだ。


妻の不が発覚する上にもいた様に妻への感情は既にないと思ってた。



私は34歳理香は32歳の結婚10年目の夫です
出会い共通の友通して知り合い、
妻が大学を卒業るのを待って結婚しました。
妻は専業で週に4日パートに出ます


妻のを疑いだしたは些細変化から貿
、妻は家の中で水をあまり付けていなかったのが、
びたび家の中でも香の香するようになったらで
その時は「出掛いたのかな?」ぐらいしか思っていなが、
う日に限っ少しれた表をしていました。
な日が何回った後少し変い始めま


妻が風呂入ってる妻の携帯調べてみた
予想した通り、ックがかけられている
しか便利な時代でインターネトで調べればすぐに欲しいえが手に入る。
有名掲示板をびたて、今でにもそうた内容のスレを覗書き込んだりもていた
うい事になるとったが、
案の、書きをしてすぐにレス
妻が風呂から出そうなので取り合え稿作業は中し妻寝るた。


数時間後、妻が寝寿のを確しそっ出てPCに向かった
書き込みの時にの状いて「今後どうすれいいの」と意見を仰いいた。
便れに対してのレスがいくつかいていた。
レスの内容は、
「まず証拠を掴む、確信を持ら興信所へ」等だっ
こういった事に相談辛いので非常にかっ
以後そこのスレに状を書き同時に意見やアドバ事にした。


妻の携帯をカバンから取り出して掲示板えてもらったサトにアクセスし、
そこで暗証番号を解読するソフトをダウンロードした
しかし、PCとを繋ぐケールが必要たいなので、
の日はここで終了し私も寝ることにした


板では、浮気姿不倫をれた人間のサレ夫・サレと呼ばれてるみたいだ
そのままび名だがんと言えない悲る。



いつ早めに仕事を切上げ読に必要なケーブルを買いに行った
思っより単につけるこた。


家にと、妻顔をしいる
もなら帰宅はくても21〜22時のに日は18時にってから
驚いているの納得つもは出来上っている料理妻が再び暖めそ食べる、
というが続いていたので久しぶりに妻が料作ってた。


日はいつもより早いの
私「大き仕事一段落したから」


妻「そうつもご労様
私「いや、君こそいあり


気のせいが少そう感じる。
や今日、沿相手とってたのか?と像してしまう。
かし今は、も通りので妻が寝るまで待つよう



数時で妻が寝ているそっ顔を覗き、寝た事認してから寝室をた。
から携帯を取り出しPCに向かう、クはったままだ。
夜にダ退ンロードしたソを起動させ買ってきたケPCと繋げ
つかの数字が表示されていきある数で止まっ


1218」これが暗号な
れた数字を携帯稿入力クが解除さ
何と言えない感の胸の中渦巻
まずは着信履歴から見ること



履歴19件入っる。
その内12件は私も知っている妻の友人名前が表示され
して1件は、から1件の妻の妹
そしてりの5件尾田という聞いた事ない男名前表示されてい


相手はこの男か?


次にメール受信フォルダをてみる事した
こには友達のメで怪しルは見つからなかった
かし達夫婦の携帯ーカu掲示板で教えてもらた事が当なら、
ッダ情から過去1ヶ月以内のが見るみたいだ
教えて貰った通りに作しヘッ情報を見る為に番号を入力した。
こに表示されたのは先程の履歴に残私の知らない男からのルだ尿
ずは証拠を確保る為その男らのメーを私専用PCに転送しておいた



メールがしっかされている事を確認すると、これも板でえて貰っメール自動転送妻の携帯仕掛けるにした。
来ならば、こうったども知っいて当選なのかもしれないが、私械にさしくな当に掲示板助けられている。


そんな私以上、妻機械には疎いで気付かないだろう
作業を終えると、妻にロックけ直し、カバの中て置いた。
再びPCの前に戻り転送メールる事にした
田から送着たメールの内容は


「そうそうど旦那っ無しなんだろ簿の子を孕んでくよ」
可するまで那とはセッはするな
次はいつシテくれるの〜?」
早く理のオコに入れたい」


などの卑な言葉や私への侮辱会う催促などだっ
しかし、不思議な事に冷静にそれのメールを読んでいる私がいる。
み終えるとすぐにネトに接続し助言をている掲書き込みた。
証番号の解に成し、妻の相手を特定した事。メールを転た事。妻の携にメール自転送仕掛けた事
報告した。返ったレスは、


「やっぱ、取ずお疲れ」
は転くるメールを見て、会う日などがかれば不貞の証拠を掴う」


スだっそれらのレスへ返事を返し日は寝る事にした



関のドア開け良い香りしてきた、今夜の晩御飯の匂いだろう


いま
お帰りなさ、今日もいのね」


私「分はこんな感かな」
妻「そ、今夕飯を作るか


(妻を抱きたい)
突然そう思っ宿の瞬間、後ろから妻をきしめていた。


「どっどしたの、然・


無言で妻を強きしめる。
体に入ったがすぐ力が抜けのが伝わってきた
の体を正面に向け荒々しくキス
の唇はも柔らかい一いつ以来のキスだろうか
々に入れていく堅く閉ざされていた妻の口が少しず開いていき妻の口の中に私の入っていく。寿
そして、しかの舌絡めてキスてい


時間にし数分キスを
妻の目ると潤んいる。
そっと妻の腰に手を当てて室に連れてくとた服脱がす
は、黙て目をじたままッとしている。
子供をんでせい妻の体沿し頃のまま使状態だ。
ットに寝かせ、妻のを両手っくりとんで
こんなに沿柔らかいものなか、て妻の体の素晴らし付き、なんといの持ち腐れをしいたのかと悔やむ私がい
次に妻のアソコを愛撫するでアソコを掻きすように舐めると妻の体が小刻みにピクッとる。
既にアソコは濡れっている。
の下半身にを感じた夢中でいたせ自分のズボンを脱ぐことを忘れいたのだ。
ぐにズボ脱ぐと寿ノはに硬なっていた。


入れるぞ
は黙ったま頷いた。
そこかもう無我夢で腰をつけた


妻「・・はぁぁぁ〜〜・・・んんーーーー・・・っ・・・いいっ・・・あなたぁ・・いいーーーっ・・・・んーーーーっ・・・・は・・・いい・・・・いいー・・


久々のセックスいう事もて数分で私絶頂を迎えた。


っ出すぞっ」
互いに息をしながら、抱き合いまた交わた。


妻「・どうしたのこん
私「いやに理を抱きたくたんだ、嫌だったか


そん事ない、すごくしかっ


不倫手か旦那と行為を禁された人妻の話がある旦那うとは拒否する
、理香はとの行為を拒はしなた。


「これは私倫がバレない様にすなのか?
「それとも本当に脅さているのろう?」


最後まで確よう。たとえどんな結末が待っていようと、改めて私はそう思っ



寝室に戻ット入る、妻はグッリ寝てようだ。
ふと、天を眺め数年の分の来た事を思いした
仕事を理に家の事全て妻に任せ日々を。
この不倫問題解決した時と私関係どうなってるのだろうか


妻「起、もう朝
いつにまにか寝しまたよ


「およう」
おはよう、アナが寝過ごすんて珍しいね」


「ちょっと疲れてのか
妻「そごはん来てるよ」


殿あぁ今くよ」


普段なら、妻起こされ前に起きているはずなに、
はり 付かないうちに疲ていだろう。
を食べ終わり会社に行家を出た。
さっそを通すと既に尾田からの妻宛ールが着ていた


来週の火曜日空いてるか?」


返信はしていないみたい、昼食時また尾田からのメールがいた


「火曜駄目なのか?返ぐらしろよお前は俺逆らえないんだとも旦那にバラか?
「逆らえな


妻は田にれているのうかるとからメが返信さ


便りました火曜日構です」
に尾田か貿ら返信のメールが届く


前のローターに11時、いつも通りで迎く」


は、掲示の教えの通りに信所もうえていた寿目で確か
論プない人間がそん事をれば、失敗可能性調てくる。
し、私は分ので確かめる事にした


人が火曜に会うとったそ日にには給休を申し
数年間働き詰めだったお陰で有は簡単に取れ
帰宅途中ふと頭の中に尾田旦那とする便な」というメールを思い出
私達夫婦は世言われているセックスレス夫婦だっ
はいつだった今では思い出す事も出い。
これも妻が不倫をした一つなのだろうか、そんな事を考えながら家帰宅した。


セックスのお陰だろうか、妻が少し嬉しそしている。
会話もつも簿以上んでいた。
次のとい事もあり、妻を飲みがら色々と夜まで話をしいた


「夫婦っものだったのか」
う心の中で思っていた。しし、まず不倫問題を解決しなければならな
妻が寝た事を確PCを起動、掲板に込みを始めた


妻と不倫会う日がわかった。しかし興所は用せず自で全てを突きめる
と書き込だ、私レス対する反応は大体予した通りのものだた。


「自分でるの?興信に依た方がいい
「絶対失敗するよ、行っててる難しよ」


かし、度私の気持ちを書いた書き込少しずつアドバを書いたレスが書婿き込まれ


に自するんだな、ならカメラビデオを用意方がまず貞の証確実のが先しね」
に入る所とた所をッチリ記録するだぞ


論面白半でレスを間もいは事実だが、しかし大半のは本当に考え真剣にしてくれる。
ますま掲示板に助綿られいる。
レンタカーを借り、ビメラで撮影することを決め、今日は寝ことた。



日曜 


私「今日は何か用事があるか
妻「別に何もないけど」


私「ならどこか掛け
妻「・・・」


うしなら別にいぞ」
妻「・・・それじゃ買いに」


私「た買行こう
妻「うんゃ着替えくるね


私「


こんな会話も通の夫婦なごく全く当たり前の会だろう。
かし、私婦がこ会話したいつ来だろか?
最近私は曜でさえも「仕や「合い」などと出ていた。


いつもは歩いいたを今日は妻と二人でている、
「こに心貿地いいものなか」そ思っ


人で店に入り、二人で選び、二人で買う、こりふれた行いの私に新鮮でとても楽しいものった。


妻「お店に入っもいい?
私「い


この店にはいつも妻が着ている寿と似服が売られていた
妻がよく服を買う店、そんな店すらは今まで知らなっただ。


いらっゃいませ、もご一緒ですか」


す」
妻「ねぇあなた、この服はどう?


ん、理によく似合うんじゃない、試着してみたら
そうするわ」


妻が試着室に入


店員「奥様ても嬉しそすね」
私「そうですか?


店員い、いつもはお一人でので」
に悲しってき
は、今て馬鹿な事てきたんだ。
そんな事を考えてると「シャーと試着のカーテンが開く音がした。


「ねぇどう?似る」
し照れながら妻が現れた、「綺麗だ」そ思うと同に声に出た。
麗だ、凄西く似合ってる


妻「本当に?・・・じゃ買っもいい?」
「あいよ


妻「ありがと
妻が笑いるこ笑顔は物なろう
なもの。こ不倫がなればは妻のこな顔も見れなかったのかもしれない


後は二人で夕食を食べ帰宅した。
妻「今楽しかった、ま行こうね
そう、また行こう


た行う」この言葉は簿本音った。
この決した後、私達夫婦がどうなてるはわからない
かし、私は確実に妻の事を愛して信出来



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080619071430