2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

水遣り






ろ40代も後半です
今までおに信頼しいここした。
そのが浮気をし宿
はなく相手の男に恋をしたのかも知れませ
は妻の心の中にだけあります。 


誰に話せる訳でありません
書いみる決心をた。
書いてる中自分の気持を見つめ直ともていま
過去の事も在進行形で書いきま。 
妻か聞いた事、手の聞いた事、私の想像等織りっています。
妻と相手の男との性描写れぞれから聞いた事にいをぶつけ、際よ当濃もの成ってるかも知れん。
にはなかった行為をもているかも知れません。


未だわっ訳ではりませ
夫婦ら何処へ行のかまでのこれか尿ら起こるでろう事、出来限り最後まで書いていこいます。
断りるまでもありませ登場名詞です
読んで頂いて、ご意、お叱り湿、励ましれば稿れ程嬉しいはありませ


いつまでも無だと信てい稿妻、ぬまで私のだと信いた
私一人が信じていでしょうか。
戻っこないのでょう


、宮下圭一49歳、洋子46歳と年大学を業した娘、子の3人家族です。
千葉北西ターミナル駅外にを借りいます
これで度目の転居です。
社会人として一人歩きを始め娘は東京で暮らしていま
には苦労掛けまし
れからは充した夫婦の時を過ごせる筈でした。


33歳で先輩、同僚人で興し、時にのりしまたが手形事故か民事再生
私が代表を務めた子会社私自は破産し屋は使に取られしました
たのは5年前のことです。
電子料の輸入販売業でした、台の一が、私個権を引き継がせてくれる事にな
借家住まいで何とか夫食べいけるだけののは確保出来ました。
一人会設立て営とにります。
少し余出来、借り直したきめる一軒屋が今住んでいるころです 


は娘が小学校高学なり、手けなくてすむ頃らパトに出います。
近郊では名門会社で食の補助、検データのが主な仕事です。
の会での妻の評判は、私伝わってはせんが、と寛いでいる時に々会社題がでます。
そうにしていまで、妻としても居心地がく、回りのも好感を持たれていうか 


会社倒産、個人破産を告げた時も「そうですか」と落胆したのの「貴なら活出来るわ、信じている
私も頑張るら」と逆に励ましてくれます
の励まし頑張りがれました
4年を経て会社の業績も上がり生費以上ものをせるようになります
妻もパートに出10数年ちます。
そろートを辞めてもって楽させたな事を考えまし


半年の事です
4年け抜け事も一婿妻と夕食を共る機会が増えてきま
そんなある金曜日夕食後、居間でウィスキーのロックを飲んで と、妻もいカの横に座ります。


「貴方お話があの。私の仕事ですが、いい?」
「うん、もだ。丁良かった」


パートを辞める相談のです。
私は言葉続けます。
「君も随分頑った。
う辞てもいいんじゃないか
そうすれば次のシーンにはクリスマスロ出来るいじないか
好きに時間を使えば


。 
妻は花の中でもクスマスロのです
品種の中にラッシュダ調ネクタリーのものがあます。
咲いみなけば解らないのすが、色は白、ピンク、色の3種類があ育てる気持の掛やかり、又まう事がありす。
の中心、蜜腺部の色濃いクター色でそ囲にフラと呼ばれる星のブロッチが散りばめられてい
このの鮮やかさ愛情掛け方で変わります
憐で艶かな表情はていると思うがあります。
妻の化いつもめで
っくらした唇に薄く引かれたルーュ、二重で切れ長、つんと尖た鼻、控めな物腰。


ううんの。早く達のの。長さんとお昼ご飯をご一せて頂いた時、正社員登の道あるかも知れない、って言
「歳は言いたくないが、君ももう40半だよ。
そんあるないじゃいか
れに僕はもうに仕は辞めて欲しい。
今の貯金をれば4,5年でしはましも持てるだろ


した私は応の収入があってもロンがせんしてうしないのです。
が切り込んです。


「私のパートの収入が年100万円くらいでし
正社員にると400万円にはなうなの
それに正になると、私ンが組かも知れないのですっ


「そん事、誰が言う
部長さんよ


君の勤め会社はこの辺で名門じゃいか。人事部がだろう。長個人で何とか成るもではいと思が」
「部長さんは社長の。力も人望もあるし、殆は通るわ」


社員になるのは筋が通ているは思えな
「ま鹿ないで。、これでも農学を出ているのよ」


「知っているさ。そり・・・
れより歳のを考えろいたたのですが、付足せん。


。話は明日にしようりにゆっくり出来る金曜日だ


は妻きたったです。
の2ヶ間、中台湾への出続きでを抱いません。
昔は出張中、現地女を抱
どの女も妻の代わはなません。
てや、この4年間は他の女を抱こうと気にもなません。


ドボードの上時計の緑LEDが12時を告げます。
う寝ようか」
い」 


横にがす込んできます。
抱き寄せとまだ下着を着けたままなのが解ります。
40歳を過ぎた頃から灯りを点せてくれません
ばさんから、恥ずかしい”と言貿のです。
の小な常夜だけはます
の仄かな明かりを頼りにりに妻のます。
お椀のような乳房、この灯りは色までは良く解さく尖った乳首すっと括れたェスり出した尻、薄
の情欲便立てます。 


きます
いつ行為す。
ものを口に含だこともありん。
私も妻のクリ撫したもありません。
新婚時代に試した事はあるのですやんわ以来になってしったのです。
敏感な乳首攻めるだけです。
通りの行為が終わった妻はもう軽い寝息を立ています。
妻の寝顔を見てと妻の言う通りにしてあげようと思うので
午後、妻が話し掛宿てき


「仕事の話です、如何ですか?
条件付OKだ」


「条件てですか?」
「君の趣削らない事。それとなるべ早くやめてしい」


「有難う。解りました。月曜日に部長さん話し良いすか
「う、良いゃないか」


この結論が婦の行くを大き綿えてしまいす。


翌月、月初から正社員として勤めだ。真新しいスーツ包んで
パートの時はラフな普段着でしたが、スーツ姿鮮な女の香りが漂っいるようで
2ヶたあたりか妻の間が遅くなりだします
時には12時を過ぎる事もあります
時代はそんな事はなかったのです
が帰宅た時は何時もしてありまし
食事も週に2,3度になます。


「最近、遅い日が多いなにのか?」
「はい、会るし、時々は付き


「会議はしいがな」
もこれ半分以上は断っているのよ。どうしてもの時だけ出ての」


上は深く聞ません。そういう事あるのでしう。
正社員として勤だし3日目の昼の事
長に声掛けられま


「宮下さわりとては、課員と一緒にべよう」
「私新入社員でもないし恥ずいでわ」
「そんな事は無派な入社ちょとし所を予約しておいた。さあ行こう」


部長の名佐伯夫。
長を勤める部は食品佐伯は常務の肩書きで
妻の課はその下部組織の食品検なります。
総勢10名位のさな組織です 


解りまた。遠慮なきます
は佐伯心使い嬉しいので
眩しそうの顔を上げ後に従ます
佐伯52歳、スーツの上らで鍛えれたがわかるスポです。



3週経った木曜日、佐伯妻に声を掛
「明日、が終わてから少しをくれないか。打ち合わせしておきたい事ある
「仕の話でしたら、業務時いけないです?」


「課長には未だを通していない殿先ず君を得からだと思ってい
でも


「明日家でのなら、無理にとは言ない
いいえ、大た用はありお聞きします
「じゃ日仕が終する


の夕、佐伯から内線が掛かます
、先A亭に行姿ないか。の名前で
っ、会社打ち合わはないのですか?」
「会社でと女居残打ちわせなど無な事は僕趣味ではないので。それに、会社で時間外に打ち合わせしる所られたくない」


A亭はこの地方一番です。て個室です。
か違うといなら妻はA亭へ向か
A亭に着き、佐名を告げると、ここでも最上級へ案内ます
務と二人りと思うと、妻は緊強いらす。
20分ほれて佐伯来ます


、宮下さん、い悪い。待たせてしまったな」
「いいえよりお話って何ょうか?」


いや、大した話ではない。この間様な会で申し訳ない思っている。その代わりだと思ってくれれいい
そんな、私なんかに勿体無いです


「そう言わずに、僕の気持受けて欲し
華な料理ワイン食卓に並びます


仕事直ぐに済みます。
3ヶ月位経って慣たとろでの課員と同出張にも出て欲しいとのす。
他の課員は一週間に度位頻度で出張に出ます。
時には一泊する事もります食品入先に出向くのです。
果のと今後の入計を掻んで話してきます。
検査報告はメー、 Faxですむ事です。
仕入の話は専門の仕入担当がます
出張は仕入先に対しんと検していますよと言う姿を見せる為
れと良い仕先を為、出来だけ多くの人間を会わきたいのです
盤もしっかりしていると聞いてい
会社の経営姿が見えてきす。


は、分だけ特いされのもかしいとい、出張を受けてしま
「さあ、どんど食べて。取って置のワイあるし」
「ええ、なにせんそれワインは、車で来ていますから」
「代を頼めば済むこ。さあ、便ろう」


以来、以外の男性と二人で料亭の個室食事、妻にとって始めての経験
張も食事ワインが進むれ徐々に解れてきます
宮下さん、ンを注いでくれな。さあ、の横に来て」



れる由などりま
「宮下さん、君も飲んで」


妻にを注ぎます。さりげなく妻の体に触れます
ンのいも手伝っているのでしょう、妻も拒否ません。
甲で乳房押すに触れます
「部長さん、めっ、悪が過ぎます


首をも押した殿か。
ほんり酔った益々、ピ染ます。
感な乳です。感じもしたのしょ
「ごめん、手が吸い寄せらたみいだ」


佐伯はすっときます。
女の恥ずかしがる事は無理いしせん。
女の扱いに慣れているので
は佐伯に誠実さを感じしまます
干の足りなさも残るのです
うだ宮さん、君の車は先に代に頼んで返おこうれば僕も代行を頼ればいけない。 君は車で送って行う」


し考ればおかしいの解る筈、妻は佐伯の好意受け取ります
帰りがけ、佐伯から小さな包みを渡されます。
「社用の携電話だ。仕事絡用使ってくれればいい。僕の番号とールレスはイットしいた後は自要な分インプットばいい


どう西佐伯が直接、手渡すか。
の不自然さに気がつせん。
なら、課から支給される筈で
個人との連用に用ものので
事が終わり、車に乗り込みます。
乗ってきた車は寿ムジンタイプの社用車です。
運転席かは後座席の様子は見ません。



ってみると後部座室になるのが
会議るスペース
運転席か全に遮断れています稿
ボックスもています。
A亭から自宅へ20分道程でょう
心しいます。
いが手伝い、シートにもたれ目を閉じ、少し佐伯の方にげていま


妻は眠ってはいません、眠れる状態ではありません。
い悪く思っていないしかもった二人だけが居ます。
妻は何かを期待ているのかも知れませ
たでしょうか佐伯が突然、妻に接吻ます
の胸手で押します。
さな力です形だけのに悟しまい
っ」と言う声も佐伯の唇に塞がれ吐息に変わります。


小さな唇の形変わるほどわれ、佐伯舌が妻の舌を誘い出します。
おずおず稿を預ます。
舌を舐めってるうちに自分をまうす。
妻の舌十分味わ伯は液を流し込みます、それも大量に
を鳴飲み下します
道を通り胃の腑へ宿と流れ落ちていきれは首と陰に電つのす。
乳首く尖りは濡れそぼります


佐伯のはブスのボタンを外ブラジャ下にある乳首えます
掌でさとこ上げ、親指摘み捻
ワインを口移で飲まと舌を絡めがら、は強弱をつけて続す。
苦しなったのでしょうか、溜息とれます。


佐伯はブラジャー乳首を口にます。
舌で転がし甘噛みしまはもう忘我の境地です。
顔を佐伯の預け、半開き口かは甘い善がり声と共にあぁ部さん」と声が漏れるので
の愛撫だけで達してしまのです


伯の声に、妻は我に帰ります。
下さんろそ君の家だ


山の頂から麓に下ろされた様分です。何と答えて良のか解
少し手前で降りほうが良いだろう。人の目ない
「はい、そうします」


はこれも佐伯の心使いだと受け取ります
は来週日から一ヶを留守にする。大阪社の立がいよいよ本番だ。留守中宜しく頼む」


出張は以前から決まっていたです。
は、妻に男としての印象を残す為に事をわざ日にので。 
『洋う落ちたな。完全の女にしてやる』
長、今はご馳走様した


車を見貿います。
100メートルばかりのどんな風に歩いた覚えません。
ずれたブジャーハンドッグのす。
送る度、佐伯され感になっがブラウスに擦れ先程の感をび起こます
しとどに濡れた女く度にくちゅくちを立いるよです


玄関が見えと一実に戻す。
間の灯り点いてせん。夫は帰宅てないのす。
した。シャワ使ます。
シャワーの飛沫が乳首にかかり快感を弾します
らは止めもなく愛液がれ出します。 


どうしまったのでしょう私の体は?』 
の体の化が不思議なの
妻はをや ります。クリトスは自分の手でも、夫の圭一に撫しらっないのです。
は膣に左手は乳房に。
膣口を擦り上げみしき夢中でオナニーをすです。
にはオナの習はありません。 
度、度です、勿論結婚してからは一度もありま


ナニー絶頂に達しま
では体が満していの解ります。
達したが膣乳房に伸びてしまうす。
佐伯のを呼、何度も度も絶頂達しやっと体の火りか解放れます。
なに体求めるは佐伯の思が強いからだと妻は信じ込んしまうのです。


伯は媚薬を使す。
ワインに混飲まされのです
ってはいないのです。
今日、行で及なかっのは、伯を恋焦がれいをにさたかったの
曜日にはの帰10時になる事もから聞いて知っていま
妻がオナニーをする時は十あります。
して伯の計画はまんまとその通りにたのです



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080623071144