2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

水遣り






そろそ40代も後半婦です。
今まお互いに信しあい来ました
その浮気をしま
浮気はなく相手の男に恋をしたのか知れせん
真実はの心の中にだけあ。 


る訳でもありません
いてみる決心をしました。
書いている中自分の持ちを見つめ直しとも思ってす。
過去の事進行形で書いてきます。 
後で妻から聞いた事、相手のから事、の想像等織り交ざっていま
と相手の性描写はそれぞれか事にの思いをぶ実際より相当濃に成ってるか知れま調ん。
かった行為を書いてるかれませ


未だ終わっ訳ではん。
達夫はこれ処へ行くのか。今まの事、れから起こるであろう事出来最後までいていこうと思います
お断るまでもありませ登場る固有詞は全て仮す。
で頂いて、ご意見、し等頂けれ、こ程嬉し事はありません。


でも垢だと信じていた妻、死ぬまで私一人のもていた妻。
私一人がだけなのょうか
昔の妻はう戻ってこないのでょうか。


私、宮下一49歳、洋子46歳と今年大学を卒業した娘、子の3人家族です。
北西部のタナル外に一家を借りてます。
れで目の転居す。
社会として一人歩始めた娘は東京で暮らしていま
には苦労を掛けました
これからは充実したの時ごせる筈でし


33歳で先、同僚時流にのましたが手形事故から民再生、
私が代表を務めいた子会社は倒、私自身はし家屋は担保に取られ手しま
産したのは5年前とです。
電子料の販売な生でし台湾一社が、私個人に商権がせれる事になり、
借家住まい何とか夫が食べていけるだけのものは出来ました。
一人を設立し営むことなります。
暫くし、少し余出来借りる一軒屋が今住でいるところです 


は娘が小高学年にり、手をなくてすむ頃寿らパートに出ていす。
近郊では名門会社で検査助、査デ成がな仕事です。
その会社での妻の評判は、私にはわってはきませんが、妻と寛いでいる時に度々会社話題がでます
しそうにていすのでとしてもが良く、回の人らも好感持たいるのがうかがえす。 


会社産、個人破産を告げた時も「そうですと一旦胆したもののなら復活出るわ、私信じている。
も頑張に励ましくれす。
妻の励、頑張りが私を再生させてくれま
4年経て社の業績もがり生活費以上のものを妻せるになりま
妻もパートめて10数年経ちます。
そろパートを辞めてらって楽にさせい、そんな事を考えてました。


年程前の事です
4年間駆沿けた仕事一段機会がえてます。
なある金曜夕食後、間でスキーのロックをすと、妻も軽いカクテルを片手にの横に座ります。


話があ私の仕事の事ですが、いいでか?
「うん、僕もだ。丁度良かった」


ートを辞める相談だと思たので
私は言葉をます。
「君も随分頑張った
もう辞めてもいいんじゃ
そうすれば次のシーズンにはスマスローズの展示も出来るも知れないじゃないか
きな間を使えばい」


そうです。 
中でもクスマスローズがきなのです
種のラッシュダークリーものがす。
いてば解らないのですが、ピ色の3種類がる人の簿気持掛け方で鮮やかにもな又くすんでがあり
花の中、蜜腺部便が濃いネクタリー色で周囲シュ呼ばれる星型のブッチめられています
この分の鮮愛情す。
可憐で艶やかな表情妻に似ていると思尿があます
の化粧いつも控えめで
ふっくらとした唇引かれたルージュ、二重長な目、つんと尖っ鼻、控えめな


違うの。早く自分達の家が欲の。昨部長さんとお昼ご飯をご一緒させて頂いた時社員登用道もあるかれな、っれたの
事はいたくない君ももう40半ばだよ。
そんながあるわけないじゃいか。
それに僕はもう君に仕事は辞め欲しい。
を併せれ、後4,5年でしはましな家持てう」


破産した私は、今相応の収入があってもローンが組めま。貯金して買かないのです
り込んす。


「私のパートの入が年100万くらょ。
正社なる400万円るそうなの。
れになる私の名義でなが組めるかも知れないのですって」


誰がうん
「部さんよ」


「君の勤めている会はこの辺では名門じゃないか。人事部るだ宿ろう個人で何成るのでは無いと思うが
「部長さ社長の甥なの。力も人あるどの話はるわ


君が員になるのは筋が通っていると
「まあー鹿いで、これでも農学部を出ているのよ」


知っているさ。そり・・・」
より歳の事を考えろと言いたかったのでが、付け足せません。


解っ。話明日にしよう。久しぶりにっくり出来る金曜日だ」


は妻を抱きたかたのです。
2ヶ月間、中国、台張続きでを抱いていません。
昔は出張中、現女を抱いた事もありす。
はなりません。
ましてや、この4年うと言 気にもなりません。稿


イドボードの時計の緑のLEDが12時を告ます。
「もう寝ようか
はい 


に妻がすっと滑り込できます。
き寄ると着をけたままなのが解ります。
40歳を過ぎた頃から灯りを点けさせん。
寿おばんだか、恥ずかしい”と言うのです
枕元さな常夜だけは許してくます。
その仄かなかり頼りに久しぶりに妻裸身を見
お椀うな乳房、この灯りでは色までは良く解ませった乳首、すっと括れウェスト、張り出しい恥毛
欲をき立て。 


妻を抱きます
つも行為
妻は私ののを口に含むだともありん。
妻のクリトリスを手、口で愛撫しもありません。
婚時代した事はあるのですが、やんわり断られて来、うい慣になってしまったので簿
敏感な乳首を簿だけす。
りの行為が終わた後、妻はも息をててす。
妻の寝顔見て妻の言う通りにしげようと思のです
明くる日の後、掛けてきます


の話ですが、すか?
付でOKだ


「条件何ですか
の趣味のらない事となるくや欲しい」


「有解りました。月曜日に部長んにして良いか?」
うんんじゃな


このが夫婦く末大きくえてます。


翌月、月初か正社員とて勤めだします。新しいスーツに身を包んでいます
トの時はラフな普段したスーツ姿の妻は新女のりがいるよう
2ヶが過ぎたら妻帰宅時りだしま
には12時を過ぎる事ります。
ート時代はそんな事はなかです
した時は何時も事の用意してありまし寿
事の用意も週に2,3度になります。


「最近い日が多いが正はそんなに大変なのか?」
「はい、会議もし、時付き合い


「会議はしょうがないが、き合いは程な」
はいでもこれでも半分以上は断っていのよどうして時だけ出ていの」


これ以上は深く聞ませ。そういう事あるのでし
社員と勤め3日昼前です
声を掛れます


「宮さん、歓代わりと言ってが、員と一緒に昼飯を食
「私なんか、新入社員でもないし、かしですわ」
「そんな事は無い。立派な新だよ。ちょった所を予約しておいた。さあ行こう


の名夫。
佐伯が長を勤めるは食品部、佐伯常務の肩きで
の課その下部組織の食品検査になます。
総勢10名位の小さな組織で。 


「はい、解りた。遠慮なく頂きます」
妻は佐の心使いが嬉しいのです
しそうに佐伯顔を見上げ、後に従いま
佐伯52歳スー上からでも鍛かるポーツマンです。



3週間経っ木曜日、佐は妻に声を掛けます
明日、仕が終わってかし時間をくれないち合わしておきたがある」
の話でし、業間中ではいけないのでか?」


「課長には未だ話を通し。先ず君解をからだと思っている」
「で


「明日家で用事がなら、無理言わない
いいえ、大した用ありません。お聞きします
「じ明日仕事がわれば内線する」


次の日の夕刻、佐伯から内線がってきます。
「宮下さにA亭っていくれないか。の名前で予約してあ
えっ、会社で打ち合せるのではないのでか?」
で男とが居残て打ち合せなど無粋な事は僕の味ではないので。それに、会社時間外に君ち合わせしている所を見られ


A亭はこの地方一番のす。全
ら妻はA亭へ向ます
A亭着き伯の名を退告げるとここでも最上の部屋へ案内さ
常務きりとと、妻は緊張いられす。
20分ほど遅れて伯が来ま


「やあ宮下ん、悪い悪たせてしまったな
「い、そよりお話て何でしょうか?


「いや、大したはない。この間の様歓迎会申し訳ないと思ってい今日はそわりだってくばいい」
んな、私んかに勿わ」


「そう言わずに、僕の気持ちだと思けてしい
な料ワイ食卓に並びます


事の話は直ぐに済みま 
3ヶ位経って慣たとろでの課様に張にも出て欲しいの事す。
他の週間一度位の頻出張に出ます。
には一泊する事もあります食品の仕入先に出向くです。
検査結果の報告後の仕入画を掻い摘んで話してきま
査結果メール、 Faxで事です。
仕入れの話は専門の仕入当が居ま
この出張は、仕入先対しきち調と検をしていますと言う姿を見せる為です。
れと確保おく為多くの人会わせおき
経営の基盤もしかりしてい聞いていま
会社の経営姿勢が見てきます。


、自分だけ特別使れるのおか、出けてしまいます。
「さあ、どんどん食べて取って置きのインもあるし」
「ええ、でもこんなに食べられませんそれにワイン、車で来ていますから」
「代行めば済むとだ。さあ、やろう」


結婚以来、の男性と料亭個室食事妻にとって始めす。
そんな緊ワインが進むにつ徐々に解れてきす。
下さんワインを注いでくないさあ、僕の横に来て」
「はい」


どありません
「宮、君も飲んで」


佐伯にワインを注ぎます。さり体に触れま
ンの酔いも手伝ってるのしょう、妻も拒否ません
手の甲で乳房を押すうに触れます。
「部、だめっ、悪過ぎま


も押したしょう
のりた顔が益ピンクに染まります。
敏感首です感じもしのでしょう。
「ごめん、手寄せられたたい


伯はすっと引ます
恥ずか事は無理しません。
女の扱いにれてるのです。
妻は佐伯に誠実さをす。
若干物足りなさも残るのです
「そうだ宮下さん、君の車は先に代頼ん返しておこう考えてみれば頼まなけれけない。 で送っこう


し考えおかし筈ですが、妻は佐伯の好意として受け取りま
帰りがけ、佐伯か小さなみを渡されます
社用の話だ。仕事の連絡用に使くれい。僕とメールレスインプットておた。後は自分で必要な分インプットすればいい


うして佐伯が接、手渡すのか
妻はその不自さに気がつせん
業務用なら、ら支される
佐伯が個人で妻との連絡意したものです。
が終わ、車に乗り込みます
佐伯が乗ってきムジン社用車です
転席からは後部座席のえません。



ってみ後部座席は密室になるのが解ります。
会議も出来るスペースです。
運転席からは完全断されいま
ーボックスも
A亭から20分の道程でうか
妻は安心きっていま
伝い、シーもたれ目を閉、少し頭を伯の方てい


は眠っません、又眠る状態りません。
お互い悪く思っていい、かも酔った二人けが居す。
は何期待ていのかません。
れ程走ったでしょうか、佐が突然、に接吻をしす。
佐伯のを手押します。
んの小さな力で佐伯に悟られてしまいま
「いやっ」とも佐伯の唇に吐息に変わります。


妻の小さな唇形がほどれ、佐の舌が妻舌を誘い出します。
めはおずおずと舌を預けます。
舌を舐っているうちに自分を忘殿まうのです。
妻の舌を味わった佐伯は唾液流し込みまに。
妻はゴリと喉を鳴らし飲み下しす。
道を胃の腑へ落ちいきま退れは乳首女陰に電を放つので
硬く、女陰濡れそぼります


の手はブラウのボタンし、ラジャー下にある乳首を捉えます
掌でさわさわとこすり上げと人差しで摘ります。
インを口で飲ませと舌をがらは強弱けて
たのしょ、溜息と共に顔稿ます


ラジーをり乳首を口に含
転が甘噛みします。妻はもう忘我の境地です
顔を佐伯け、半開の口か甘い善がりに「ぁ部長さん」声がれるす。
妻は乳房への愛撫だけでしてまっす。


佐伯声に、妻我に帰ります。
下さ、そろそろ君の簿


山の頂から麓にされたな気です。何答えて良か解りません
「少し手前で降りたほうが良いだろう。目があってはいけない」
「は、そ殿しま


はこ佐伯の心使いだと受け取ります
「僕は来週月日か一ヶ月位本社を留守にす大阪支社の立ちげがいよい番だ。留守宜し頼む


張は以前からまっていた事です 
佐伯、妻に男を残す為に食事をわざわざしたの。 
『洋もう落ちた完全に俺のにしてやる』
「部日はご走様でした」


を見送り家向かいます。
100メートばかりどんな綿覚え姿ていま
はずれたブラジャハンドバグの姿す。
一歩送る、佐伯に愛撫さ西れ敏感った首がブラウス擦れ先程の快び起こします。
しとに濡陰は歩く度にくちを立ている


が見えると気に戻りま
居間の灯りが点いてません。夫はだ帰宅しので
ほっとし退ワーを使います
ャワーの沫が乳にかかり快感を貿き出しま
女陰からは止めどもなく愛液が流れ殿出します。 


まっのでし体は? 
この体の化が不思なのす。
妻は膣に手をやります。トリスは自分の手でも、夫も愛てもらった事はないす。
右手はに左手乳房に。
を擦り上げ、乳房を揉みしだ夢中でオナニーをするのです。
ナニーりません 
婚前度、その程度です、勿論結婚してからは一度退ありま


オナで絶達します。
度では体が満していない婿が解
た後手がに伸てしうのです。
伯の名がら、度も度も絶頂に達しっと体の火ら解放されます。
に体が求めのは佐伯へのが強いからだと妻じ込んでしまうのです。


伯は媚薬を使たのです。
て飲されたのです。
佐伯はいないのです。
今日、行為まで及ばなかっは、に佐伯を恋焦れる思を十分にさかったです。
金曜日には私の帰宅が10時以降になる事も妻からて知っています。
がオナニする時間は十分あります。
そして佐伯の計画はんまとその通りになったのです



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080623071144