2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

水遣り






ろそ40代後半夫婦です
今までお互に信こまで来まし
そのが浮ました。
浮気ではく相恋をしたのも知ません。
真実妻の心の中にだけありす。 


に話せるでもあ
書いる決心をしまた。
中、自の気持見つめ直したいともいます。
過去現在進行書い。 
後で妻ら聞事、相男から聞いた事像等織り交ざっていす。
特に妻との男の性描写それぞれかいた事に私のいをぶつけ、実際より相当濃いも姿のに成ってるかもれまん。
際にかっ行為をも書いも知れません


未だ終わった訳ではありません。
私達婦はこれ何処行く今までの事、これから起こるあろう事、出来る限り最後までていこう思います
断りするもあませんが、登場する固詞は名です。
読ん頂い意見、お叱り、励ましければ、これ程嬉し事はりません


つま無垢だと信じた妻、まで人ののだと信じていた妻。
一人ていただけなしょうか。
の妻もうってないのでし


圭一49歳、妻、洋子46歳と今年大学を卒業し、明3人家族す。
尿北西部のターミナル駅の郊外に一を借りています。
居です
会人として一人歩きた娘は東京で暮らしていす。
妻には苦を掛けま殿た。
これか充実した夫婦の時間筈でした。


33歳で先輩、同僚数人で会、時流にり成長したが手事故貿ら民再生、
私が代表を務めていた子会社は倒産私自身は破産し家屋は担保取られ手放しま
したの5年前のことです
材料の輸入販売主なたが湾の一社、私個人に商権を引きてくれる事になり、
家住ま何と婦が食いけるだものは確保出た。
一人会社寿を設立して営むこになります。
くし、少しが出来、借りした大きめの庭の住んいるとろです 


妻は娘が小学高学になを掛けなくてす頃からパトに出ていす。
近郊は名門品検査の補助、検査データの成が主な事で
その会社での妻の判は、は伝はき妻と寛でいる時に度々会社話題がす。
楽しそうていすの妻と地が、回りの人かも好感をたれているのがうかがえ 


個人破産を告げた時「そうですか」と一落胆したものの「ら復出来る私信じている
私も頑張るか」とに励まくれ
頑張り私を生させてくれました
4年を経て会社の業績もがり生尿活費上のもの妻に渡せようになります。
パートに出始めて10数年経ちます。
を辞めてもって楽にさせたい、んなえていまし


年程事です。
4年間け抜け仕事も段落し、妻と夕食会が増てきます。
そんなある金曜日、居間でウィ姿ロッと、妻も軽いクテを片手に私の横に座ります。


方お話があるの。私の仕事事で、いいで
「うんだ。丁度良かっ


パートめる相談だ思ったのです。
私は言葉を続ます
「君も随分頑張った
もうめてもいいんじゃないかな。
うすれば次のシズンにクリスマ退の展示も出来るかも知れないじゃなか。
趣味に時間を使ばいい」


そうで。 
は花でもクリスマーズが好きす。
品種のにフラッシュダークネクタリ綿す。
咲いてみければ解いのすが、色は、ピンク、黄色の3種類があり育てる人の気持の掛け方でやかにもなり、でしま事がります。
花の中心、部の色濃いネクタリ色でその周囲にフラッシと呼ばる星型のブ使が散ばめていす。
の部分のやかさも愛情の掛方で変わりま
そので艶やかな表情はに似調ていると思うとります。
妻の化粧はいも控えめです
ふっくらとした唇に薄く引かれたジュ二重すが切な目んと尖った鼻、控めな


うううの。早く家がの。昨さんとお昼ごをご一緒せて、正社員登用の道もあるかも知れな、っわれたの
「歳の事はいたくなが、君も40半ばだ
そんな話があわけないか。
僕はう君に仕は辞めて欲しい
の貯を併せば、4,5年で少しはまし家も持だろ


た私は、今応の収入あって調もロンが組めません。貯金しうしか
妻が込んできます。


「私のパ入が年100万円くらしょ
正社員になると年400万円にはなうなの。
に正員にな、私の義でが組るかないのですって」


「そんな、誰が言うん
「部さんよ」


の勤めている会社このじゃないか。部がろう。部長個人で何とか成るもので無いと思うが」
部長長の甥人望もあるし簿どの話は通るわ」


君が正社員るのは筋が通いるとは思えない
馬鹿にしいで。私、これでも部を出ているのよ


知っているさ。れより・・
それえろとたかたのですが、付け足せ


た。話は明日にしよう。久しぶりにゆっり出金曜日だ」


を抱きたのす。
の2ヶ月間、中国、台湾への出張続きで妻を抱いていません。
出張現地の女事もります
どの女も妻の代わりにはりません
ましてや、この4年間抱こうと言う気にりません。


イドボー上の緑の西LEDが12時をます
もうようか」
「は 


私のに妻がすっと滑り込んできま
き寄せるとだ下着をたままなが解ります。
40歳を過ぎた頃ら灯を点てくませ
おばだから綿、恥ずか”と言うのです
元のな常夜許しくれます
の仄な明りを頼ぶりに妻の裸身を見ます。
椀のような乳房、この灯りで色までは良く解りませんが小さった乳首、すっと括ウェスト、張り出尻、薄い恥
私の掻き立てます。 


きます。
つも通りの行為です。
妻はものを口に含むだことありません。
のクリスを愛撫しこともあません。
新婚時代に試したはあるのでが、やわり断られて以来、そういう慣になってしまたのす。
敏感 乳首を攻めるだけです
通りの行為が終妻はもう軽い息を立ててい
の寝顔を見ていと妻通りにしてげようと思うのです
明くる午後、妻がし掛けてき婿


稿仕事の話すが何です?」
条件でOKだ


何です?」
君の趣味の時間を削らない事。れとなるべく早くめて欲しい


「有難う。解りま。月に部長さんに話して良いで
「う良いんゃないか」


の結論が夫婦く変えてしまいます。


月初ら正社員してだします。真新し調スーツにを包す。
パートの時はラフ段着でしたが、スーツ姿の妻には新女の香りが漂っているようで
2ヶ月がたあたり簿から妻の帰宅時間がくなりだします。
時には12時を過ぎもあり
パートはそな事かったです。
私が帰宅した時は何食事の用がしてありました。
の用意も週に2,3度になります。


最近、遅いが多いが正のか
はい、会議もあるし、は付き合いもね


議はが、付き合は程々な」
「はい、でもこれでも半分以上は断っいるの。どうしても時だけ出ているの


上は深く聞きませんう事もあのでょう
正社勤めて3日目昼前です。
に声をられます


「宮下さん、歓迎会の代わりと言ってはだが、課緒に昼飯食べよう
「私新入社員でもないし、恥ずかしい
そんは無い。立派な新入社員だよちょっとした所を湿予約して。さあ行こう」


部長は佐伯夫。
伯が長を勤める部は食品、佐伯常務肩書きです
妻のはその下の食査課になります。
勢10名位の組織です。 


「は解りまし慮なく頂きます」
は佐の心使が嬉しいのです。
眩しに佐の顔を見上げ後に従います。
伯52歳、スーツの上らでも鍛えられた体がわるスーツマンです。



3週曜日、佐に声掛けます。
「明日、仕事が終わってから少し時間をくれない。打ち合してたい事がある
仕事でしたら務時間中稿のですか?


課長には未だを通していない先ず君に了解得てからだと思っている」
「でも


明日家で用事があるのならにとは言
え、大した用はありませ。おます
じゃ、明日が終われ線する」


次の日の刻、佐伯内線きます。
宮下さん、A亭行っいてくれなか。の名前でてあ
えっ、社で打ち合わせるではなです
「会と女居残ち合無粋な事は僕の趣味調で。会社で時間外に君と打ち合わせし見られたくない」


A亭はこの地方一番の料亭です。全て個室です
何か違うと思いがら妻はA亭向かいます。
A亭に佐伯の告げる、ここでも最屋へ案内ます
きりとと、いられます
20分ほ遅れて佐伯が来ます。


やあ、宮悪いたせてしったな」
「いいえ、そよりお話て何で


「いや大したない。様な会で申し訳ないと思っる。今日代わりと思ってくれればいい
「そんな、私なんかに勿体いで尿すわ」


そう言ずに僕の気持だとて受け欲しい
華な理、ワイ食卓に並びます。


仕事の話は直に済みます
3ヶ月位経て慣ところでの課と同じ様に出も出稿との事です
課員は一週間に一位の頻張に出ます。
時には一泊る事あります品の仕入先に出向くのです。
の報告と今後の仕入計画を摘ん話してきます
の報告はール Faxでです。
れの話は専門の入れ担当が居ます
は、仕入先に対しきちんと検査をしていま寿言う姿勢を見せるです。
それと良い仕入先を確保しおく為るだ多く人間を会わておきいのです。
経営のもしかりしると聞いてい
姿勢がます


は、け特別扱れるのも、出受けてしまいます
「さあ、どんど食べて。取って置きワインもあるし
え、でもこんな食べれません。そインで来てい
「代行をめば済むこと。さあ、やろう」


婚以来、夫以外の男性と二室で妻にと始めての経験です
んな緊食事とワインが進むにつ徐々に解れてき
「宮下ワイ注いくれないか僕のて」
はい」


妻に断理由どありませ
宮下さん、君もで」


伯が妻にイン注ぎます。なく妻の体に触れま
の酔いも手ってるので、妻拒否しません。
の甲で乳房をすようます。
長さ、だめっ、悪戯が過ぎます


をも押したのでしょか。
のり酔った顔々、まります。
敏感な乳首です感じもしでしょう。
ごめん、手が吸い寄せらたみたいだ」


佐伯はすっと引きます。
の恥ずか事は無しま
女の扱いれていのです。
妻は佐伯に誠実さを感まいま
の物足りなさもです
「そうだ宮下さん、君の車先に代行にんで返しておこうえてみれ僕も行を頼まなければいけない。 は僕車で送って行こう」


少し考えばおかしいのが解る筈でが、妻は伯の好意として受け取りす。
りが、佐伯かな包みをます。
「社用の携話だ。仕事の連絡用に使ってばいい。僕の番号とアドレスはインプットしておい分で必な分インットすればいい」


どうしが直接すのか。
の不さに気がつきません。
業務退ら、課です
伯が個人で妻との連に用意したものなす。
食事がわり、車に乗り込みま
佐伯が乗って車はリムジンイプす。
運転席から座席の様は見えません



乗っみると後部座席は密室になるのが解す。
議もるスペスです。
運転湿は完全に遮断されて
クーラーボックも付いています
A亭から自は20分位の道程でしょうか。
安心ってす。
酔いがい、シーにもたれ目をじ、少し頭を佐伯方に傾げ


は眠ってはいません、又眠状態ん。
にお互い悪く思っていい、しかもった二だけが居
は何を期待ているのかも知れませ
どれ程走ったでしうか佐伯が突然、妻に接ます
佐伯の胸を手で押します
ほんの小さな力で形だけの佐伯に悟てします
やっ」と言う声も佐伯の唇塞がれ吐息ます。


妻の小さ唇のが変われ、佐伯の舌が妻の舌をい出します
初めはおずおずとを預けます
め合いるう自分れてしまうのです。
舌を十味わった貿唾液流し込みす、それも
妻はゴクリとを鳴らし飲み下します。
食道を通胃のへと流れ落ちていき、それは乳首とに電撃放つです。
乳首は硬く尖、女陰はそぼます


佐伯の手はブラスのボタン外し、ラジーの下にある乳首をえま
さわさわ上げ、親綿し指で摘捻ります
ワイン移しで飲せ舌と舌ら、そ弱をつけて続きま
苦しくなったしょ、溜息共に顔が離ます


伯はブラジャー乳首に含みま
舌で転がし甘噛みします。妻使う忘我の境です。
顔を佐伯の肩に預け、半開きの口からは甘いり声と共に「あぁ部」とれるので
妻は乳房へ愛撫で達してしまのです


突然の佐伯の声に、妻は我に帰りま
下さそろそろの家だ」


から殿麓に下ろれた様な気分で。何と良いのか解りません
前で降りたほが良いう。人いけな
「はす」


これ使いだと受け取ります。
僕は曜日から一ヶ社を留守に大阪支社の立ち上げいよ番だ。留守中は宜しく頼む」


出張は以前から決まっていた事です。
伯は、妻男として印象を残す食事をわざわざ今日にたのです。 
子はもう落ちた。完全俺のにしやる
部長、今日走様でした」


車を見送り家に向かす。
100メートルばかりの距離をどんな風に歩いたのか覚えていま
はずたブラジャはハバッグの中です。
一歩送る度、佐伯に愛撫れ敏感になった乳首ブラれ先程感をび起こ
しとどに濡女陰はく度にくくちゅと立ているようです。


関が見える綿一気に現実に戻す。
間のりが点いていません。夫未だ帰宅してないのです。
ほっとしまシャワーを使い
ャワが乳首にか感を弾
女陰からは止ども愛液が流れ出します。 


『どうししまでしょう私のは?』 
この体が不思なのです
は膣に手をやります。クリトリは自分の手でも、夫の圭一撫してもらす。
右手は膣に左手に。
膣口を擦、乳房を揉みしだき夢中でオナをするのです。
妻にはオナニーの習はありまん。 
婚前に数度その度です、婚してからは度もりまん。


オナニーで頂に達しま
は体が満ていないのが解ります
た後も手が膣伸びてしまうです
伯の名を呼びながら何度も何度も達しやっ体の火りから解放されます
んなに体が求めるの思いらだ妻は信じ込んでしまうのです


佐伯は媚薬使ったので
ンに湿混ぜ飲まされたので
佐伯は焦はいないのです。
為まで及ばかっのはに佐伯を恋焦がれるを十にさせかったのです
曜日には、私の帰宅10時降になる事も妻から聞いて知っいます。
オナニする間は十分ありす。
して伯の計画まんまとその通りになったのです。



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080623071144