2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

誤解の代償






私は48歳にな社員です。
つい迄、車で4時間の距離地方の支社に単身赴任をしました。
妻は44歳にはり仕事を持って一人娘も手れ、地方一人暮らしを始めてたので、赴先に妻も一緒に来て欲しかったの
「仕事を急には辞められないかと言われ渋々一人で行く事を


事が忙、休日出勤も珍しく、
くて月に度もい時も多くりましたが
は少なくても2週1度は来てくれて
しさを我して来られた。


任が終る9ヶ位前からの回数が極端に少なくな来ました。
事が忙しくているから・送別が有・風邪を引いしま々な理由を付ていまが、
私には『来たくないら、色んな理由付けてのでは無いだろうか』と思仕舞う事が有りま


それに来ても会話らしい会話もなくなにか不機嫌そうし、
、「今日は無理して来たけれど、仕事が忙しくて凄疲れてから・・・また今度にして
な様ない訳をして拒み続け、夫婦関係も全無くなっていました


何よりも、私を見妻の目がい物でも見な感がして、しょうがません。
、何かの刊誌妻の浮気を破る方法と言う載っていて、
白半分読んだ記と今の妻の行動が殆ど当て嵌まってしまい
まさか志保て。』とってもまで態ってしまってのには由が有るはずす。
直接に聞けのでが、何となく言く、
私もイラして些細な事にも怒ってしまい
すます会が少なくな次の日は、機嫌そうなをして朝て行き電話も掛けてません


あの態度もし不倫をしていのなら
ちがもう別の男に行ってているのでしうから、何言ってもに戻る事は無ょう
でも、私にはに余裕を持っていした。
れは、知りって簿今迄、妻は私だ本当愛してくれていて
性格らし事を対にしと言う自分善がり変な信をていた事と、
いつ電しても夜は必ず家に居て出て来る
つ、以前、会社のあ女性に来て食事意をしててくれた事を、
内緒してい、それ気付き、変誤解をい、
その事の方が度をああさせしまているだと確信めたもを持ていした。


その女とは、新卒の総合職して社し、代は仕事えてましが、
が良くて、教えた事の飲み込みも速く、その年の入社員の中ではピカイチした。
仕事た私を慕っくれてい様で
「係長は、の理想の男性す。」
と言ってくれる彼に、他女子社員は違った感を抱いて
よりそれはどこと無く憂いを秘めた儚げな感じが、
妻とダただ尿物では有りませんでした。


の彼女が3日間の出張で私の赴任先来た時に
「単身赴任では、ろく食べいないでしょう?」と
来て理をくれたすが、
とは稿行かないスーーに二人で行き、買い物をしていると
何かあり変に意してまいまた。


何より、男と夜に同じ部に居て何も無たとは信て貰えなさうで、
妻には内緒していので、残りをうっかに入れ置いたのを、
の日に来た妻に、慌てて変な言いしたのを覚えています寿


日を、境にのいたので、これは完全に誤解していると思いましたが
何もった事をあれこれするのも面白く無くて無ていまし


そん、大学時からの親友の佐野ら電話が有り、冗めかして現状を話し、
興信でもむかな言う
「まさか志保ちゃんがそな事している訳なう。、笑っていました。


の志とは、大学の時に佐野の彼女(今の奥さん)美幸さの紹介で知り合い
お互いにり、妻大学を卒業してから1年後に婚しまし


野夫は、結婚してからも家族ぐみの付き合いをいて、
の佐野は保の事を知っていので全ていません


「もっとっちに行く様に美幸に言わせるよ
そんな話をて電話を切りましが、
不思もの度口に出してしまうとその事が何故か頭ら離れななり気にって仕方があませ
だこ私の手な妄確証も無いのそれほど心配をしてい有りませんで
事が終ってマンションに帰って来ると『今の奴等と勝像をしいま
な妄を打消すに家に話を入ると


どうたの?何か用でもるの
今日も事がて疲れているのよ。
今度、私から電話するら何もければこれで切るね。」


愛想の無いが、ちゃと家
り俺の思い過ごしいたい志保んな事をして筈が無い
と安してまいます。


そうも次の日になるとた色々な事を考えてし湿まうので、
来週の休みの日に妻には内緒で、こそり帰っ
偵のでもしてうと白半に思てい


ここ暫らく休日も接待ゴルフ等でろくにでも居なかったので、
有給も含て3連休を取りまし
なにアッサリ休取れるなら、もっうすれかっ。』
自分のの悪さに苦笑しながらも、
寂し感じ仕舞間の証拠でしょか?
妻に休みも接待が有るので帰ないと伝えて、
居た実行するにしました。



日の朝出て電車で帰って来たので
着いたは、まだ午後1時を少過ぎ位でタップリ余裕有り
佐野に話を入れと、
前もくやる。まあ、んなるのも愛がる証
今日は、夫婦仲良くやって日でも遊び来いよ。
幸にでも作る様に言っておくよ。」


私も久振りに佐夫婦食事でもしながら
志保が誤解を簿しているなら佐野借りて良く話し合おうとていした。


私は妻める見える所はと思い
し早行って物色ていると、丁度、会社の出入りやす喫茶有りました
入ってみると時間時間なだけ余り客も居、窓際に座り妻のて来るのを待ちました。


***


26分
が一人で社かて来の方向に歩いて行きます。
も喫茶店を出て付かれな様に後を追いました
5分程のに駅が有りま、何無く一人でプラットホームに入って行き、を待ていま


やは志保は何もいなかったか。疑って悪い事をしてたな
ほっと持ちと、何んが
残念な気持ちも有、自分でも複雑な心境す。


私はぐに声を掛けと思が、レゼントでもしと思今来た道を戻る事にし
れ何を買ってやろか迷ってると、さっき妻に声を掛けてに選べば良かったと、後悔もしましが、プレントを持
急に帰っドラマチクのに思いま
いい年をして俺も馬鹿事を考てい
と気なりましたが、が喜んでくれるら、これはで良かったとも思いました。



午後7時1
時間られ思ったよりも遅なっていたので殿もうとっくに妻はっている筈です。
それが家の前に立つとリビングに明いませ
見る寝室には明かりが点いています
リビン明かを消してこん早い時間寝室ってしまうのです。
てみると妻が一って行ったからと言って安心しまったのは、私の不注意でし


落ち合うの何処でも出来る筈です
ただ、リビングに明か点いていないからって不倫をしていると決め付けるのには無が有りま何か嫌な予感がしました。
音を立ない開け、そっと寝室ました
臓のが聞る様気を落ち着かせる為に
リビング入り煙草に火をけましが、が小刻みに震えています


分ので何を情けない。しっかりし
自分を勇気ずけました。
男がとして、そに恐怖感る訳では
私は子供の時から少寺拳法を習いてもう有段者
からするい現実が怖いのです。
し気が落ちいて来たの、意を決して、寝室に向かうと、階段辺りう、あの時声が聞こえて来まし
・・・・お・・・・・』
この情はいいのか、頭も真っ白になりうしたらい、これま感じた事のないのでした。



私は階段で、足竦んで動けませ
妻達の声だけが耳に沿響いて来ます
「アーー、願いねえ。アーーン。」
「ままだ。


「ウーーン、駄目アー、堪退忍して!
なあ、旦那うしてる?まだ気付いて無いのか?志保は俺にこんな事されている目出度い奴だな。


アッ、そな事は・・どうでも・・アーえ、もう、もう、、も駄目!早アーーークーー」
鳴の様な大きなきました
は急い階段がり、寝室のドアを開け男は妻から貫いている所でした。
の光景は一生れる事ののとなり、今目に焼き付いて離れまん。


だ!」
妻と繋まま、この家主人でも有る様な事を口にました。


「俺はその女の亭主だ!前こそをしてい。」
っ、イヤいで!見で!


妻が慌離れ様ましたが、男はを貫いたまま、挑発的な線を向けて来ま
「とんだられたな。まあ、こう言う事だ。
から私の立ちも悪び様子も背広の襟をもうとしました、それよりも私の前蹴りを捕らていた。
声にならない呻きを出し蹲ったを、面にりをみまい、貿を捩じ上げると、
「い、痛!分った、分かっら離てくれ。


うるさい!だお前!ふざけた態とりやがって!」
腕を捩上げたま、顔面に膝りをれると、顔を押さえて動なくなりた。
等、特殊能力を一般の人に使うのは、凶器を使うのとじで法律で止されてい


かし、このはそんなえ余裕も無躊躇もしした。


「志保言う事だ?こう言う事で俺の所に来なかったのお前を信じたかった
うの、違う私・貴方・・・」


何を言ってるだ。何が違んだ!れのが違うとうんだ!
私は、妻の頬も平手で中が切れた様でしたが、そでも止めました。
は何抗もずに打たれてましたが、涙を流し「違うの、違うのと言い続ける姿ると
虚しくなって来てき放何が違うのか?これからるか?
乱した頭を理すまた火を点た。
もう手は震えていません。
志保、何が違うんだ。


私が妻を問いただそうとた時、


「うん」
両手で顔を覆っまま立上がりかけましたが、
私に気が付き「あっ。と妙なげて後退えた目した。
お前何を偉そうしていた何を考えいるんだこ鹿!まお前ら許んからそこ座っていろ!
が立ち上がッド掛けようとしたので
おい、お前、誰がそこ座れと言った!ま俺に喧嘩のか?
私はもうっ面殴り付けました。


申し訳せん。どうか力は・・・し訳婿せん。


は土下座して謝り始ました。
初め勢は、に格好を付ける為のハッタリだった
私の方がかにと観ると、
平を返した様低姿勢に出て来ます。
仕事をしていても、貿違いしてか、
自分場をわきまえないこう言う人間は多くいて、大いなタイプす。
「おい、お前、何処の奴だ。
やそれは・・・」


た。勘?出来る訳ろうこの鹿が!
背広とセカンドバックを調ると、身分証明が出てみと同じ社に勤てい


「田中肇同じ会社。良く有る話だな。
には良くる話では済されいんだ
きっり形をけさせて貰うからな!」


「方をは・・・あ・・の様な?・・・」


達の した事に決ま居るだろ
って貰うかはこれから考え、かなりの事をさせら覚してお
まず、おさん?」


とは今別居中です家の居まして・・・


どうせお前の浮んだろう
ん馬鹿な奴だ。奥さんには悪いが、このを知らない訳には行かいな。
電話番号を教おうか。」


その時、私に殴ら放心状態だ妻が、
「奥は関係わ。責任を取るのは私達して。」
泣きらでは有りすがはっきりとした口調で言っ来ました。


黙れ!この馬鹿れていない限り奥さんに知る権有る
庇っているのか、自分のし事を知られるが怖いの
私の気撫でする様な事をう妻に無性腹が立殴り付けました。


「申し訳有りました。どんな事させて頂きます。
・ただ・ですが、何とか修復出来うな所迄来て
・・にだけは・・どうかして下さい。お願い致ます。


お決まりの言葉だな。お前本当か?修復調している時にこんるか
前みたいな奴に騙さ戻るより、別れたっぽ幸せだ。早く!」


・・・・・・・


土下座したまま動かな、何を言って目だと思い、背のポッケに携帯いかしました尿ません。
の時、妻が何かを枕下に入様なをしので枕を放り投ると、見覚えの無が有りました。
男の帯を隠す程いつかとい大な怒り沸い来て、
口から血便流していにまビンタを見舞ってしいました
帯のアドレスをも、どれ奥さんの物か分かりません。


「おい、がそ言わないと片掛けるぞ会社僚や上司ったら困るだろう?
男は困惑し表情で


・・そ・・・


は渋々教えました。
私も会ことない田中の奥さん、その覚悟が必要でたが思い切っ掛けると、上品そうな話方る女性
中からの電て出たのが
い男らだので初めは戸惑いでしたが
内容を聞いている内に、段口になっしまいました。


「分かりましたが終りまたらこちに寄様にえて頂けますで
然とた態で答、怒来るものでし
に代わるかうか聞きましが、
「それです。
冷淡なで言いこの夫婦寿は、また元に戻る事が有るのだ
恐らくはうと、棚にげ余計な事を思ってしまいましたが
すぐに実に引き戻さます。


が入来た時の偉うな態度は何をえて
「・・・私は昔から喧嘩を負けたことん・・。
それでつい・・もしも主人を黙ら来た
にも良い所をられると思って・・・


は男を殴つけていました。
て何キみたい事をているだ。
お前みたなのが勤ていられる会社は中身が知れるな
それとの妻を呼捨てにすよ!


「申し訳ん、申訳有ん。つい何綿時もの習慣。」


中の刺に課長と言う書いて有
くは私よりも年であろこの男
の規模の会社で間違い無リートなのでしょ
仕事も出来るでしょうがそれだけに自分を過大評価してしまっのではいか思いま
から自分は何でもる様な錯覚陥り、
寝室に入って行った時に、あの様な態度が取のでのでは
ならば大して考え方を、しっかりと教えければなり


稿前の、これかなるの
奥さんが帰りにる様に。あの感じだともう終わりろうな
今度は、仕も終にしてや休みないが
上そうも言っていられな
月曜日お前の会社にくから上に言ってお
然、慰謝料有るが、それは奥さら、このにも有るだろうか後回し
れからの所にって良く相談しておけ。
結果は、会社に行ったに聞いてる。


「私の妻か謝料の事は言わせせん。
すから会社のは・・・・お願いしす。お願い致す。


「駄目だなそうに。
さんを説得出来るなら別居なんかしているか?
あ、もう今日は帰って良ぞ。
けどな、これだけでると思うなよ。


、だらしく泣き始めましたが帰ろん。
奥さんに知れてしまったのはう、どうようも有りませんが会社に来られは余程困るので
こうタイプの男は肩書執着するのかも知れません。
私もそうです、会貿前と事が出来を、全て自分のの様に錯覚しがちです。


「何して綿?ま俺を舐めて?早帰れ
あっそうか、ないから最後迄やらろってか?
ぞ。見てら、やてみろ。」


うなったら、ト苛め貫いて、
でも自の気持スッさせ思い
てて服を着としていす。


「こは更衣室じゃないんだ!外で着ろ!」
男の髪を掴み、様に玄関ら外出しました



***               


西出してから、激情にれ、
妻をどう問すべき考えていなったので、私は一旦リ入りました。
ソフに座り、冷になければと思うの
この怒どうしょうません。
嫉妬寂しさしさ等の感情は、不思議と有りませ
ただ、讐心から来る怒りが有るだけです。
の感これから感じて来も知れ、今は怒りだ
暫らく経っから、リビング入って来まし



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ, 修羅場・人間関係,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ, 修羅場・人間関係,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080702053927