2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

誤解の代償




は4なる会社員で調す。

つい最近迄間位の地の支社に身赴任をしていました。

妻は44歳にはり仕事をていて、一娘もを離れ、地方人暮めていた、赴任も一緒にて欲しかたのすが「仕を急には辞められないか。」言われ々一人行く事を決ました。


事が忙しく、勤も珍し無く月に1も帰ない時も多く有りした妻は少なくても週間に1度は来てれていたので、何とか寂しさを我慢して来ました。


それ9ヶ月位前ら、そが極端に少くなって来まし

“仕事が忙しくて疲れているら・送別会が有るから・風邪を引いしまっ等 色々な理由を付けます、私に『来くな、色んな理由を付けいるのではいだか?』って仕舞う事が有ります。

それに来ても、会話らしい会話もな、なか不機調見えますし、夜妻を誘っ

今日は無理て来た仕事が忙しく疲いるから・た今度にし

そんな様な言い訳して拒みけ、夫全然無くなった。

私を妻の目が、汚いでも様な感じがして、ょうがりません。


、何か週刊誌に『妻の浮気を見る方と言うのが載ってい面白半分に読んだ記事と今の行動が殆ど嵌まっしまい『まさ志保に限っ。』と思っても、ここまで態度が変わってしまっいるのに何か理るはずです。


接 妻に聞けばいいのですが、何となく言出せなく、私イララして些細なも怒ってしまい、ますます話がくなり、日は、不嫌そをして朝帰っ行き電話も掛て来ません。

あの態では、もし不倫をるのなら、気持ちの男に行しょうら、言っも元に戻る事は無いで

でも、私には まだ心に余裕を持っていました。

それは、知り合ってら今迄は私だけを本当いて、性格からしても、その様を、絶対にし言う分善がりの変な自信を持った事と、い電話も、夜は必ず家に居て出て事、

もう一つ以前会社のあ女性が屋にて食をしってれた、妻には内緒にしてい、そ付き、変に誤解をてしまい、その事の方が妻の態度をああせてしまのだ確信めいを持ってまし


そのは、卒の総合職として入し、新人時代が仕事を教ましたが良くて、教え飲み込みもそのの新入社員のはピイチ

仕事を教私を慕ってくれている様で「係長想のなんす。」等と言ってくれるに、女子社員貿は違た感いていまが、

何よりそれは、どこと無く憂を秘めた儚げ感じ、妻ブっただけでれ以上の物では有せんした


の彼女が3間の出張私の赴先に来た時に「単身赴任では、ろく物食ていないでしょう」と、部屋て料理を作ってくれたのですが、妻とは滅に行かないスーパに二人で行き、と、か夫婦のであり意識をしてました。

より、夜に同じ部屋何も無かっとは信じて貰えなさそうでには緒にしていたのをうっかり冷蔵庫に入れて置たの日に来た妻簿に見付かり、慌てて変な言いをしたのを覚え


日を、 妻の足が遠いたのこれは完全に解している思いま、何も無かった事をあれこれ言い訳するのも面白く無くて無視ていた。

--------------------

時に大学時代からの親友の佐野から電話が有り、かしてを話し、「信所にも頼かな。」と言うと、「まさか保ちゃ そんな事している訳なろう。と、笑っていました


は、大学の時に佐野の彼女(の奥さん幸さんの紹で知り合い、お互いに気に入卒業てから1後にしました

佐野婦とは婚してらも家族ぐみの付き合をしていて、長い付き合いの佐野は志保の事をよ知っているで全く心配していません。

と、そちに行、美に言わせるよ。」

して電話を切りま不思議なもの1度口にてしまう その事が何故か頭かれなくな、気って仕調方があん。




ただこの時は、私の勝手な妄想であり何の確証も無、それほど心配をしていた訳は有りせんでしたが事が終ってマンシンに帰ると『今頃 志保の奴』等と勝手な想像をしてしまいます。


んな妄想打ちに家に電入れ

「どうし?何か用事で有る?今日も仕寿事がしくて疲れている。今、私から電話から何無ければ こで切るね。」

の無い返事ですが、ゃんと家に居

『やはり俺の思過ごか。だたい保がそんな事をしている筈が無いな。』

安心してしまます。


そう思っても次になと また色々なを考えてしまうで、来週の休みの日に妻には内緒で、そり帰っ探偵の様なでもしてみようと面白半分にいました。

ここ暫く休日も接フ等で ろくに休んなかったので、有給も含めて3連休した。

『こにアッサ休みが取れるなら、と早くそすれば良かった。

自分領の悪さに苦しながらも、何か寂さも姿のは会社人間の証拠でしょう

には、今度休みも接待が有のでれなと伝えて、考えて居たを実行する事しました。


金曜日の朝に出てで帰て来ので、着いのは、ま午後寿時を少し過ぎた位で時間にップが有ります。

佐野に電話をれると、

「お前も良くやるな。まあ、そんな心配をするのも愛が証か。今は、夫婦仲良って、日でも家に遊びに来いよ。美幸に旨も作る様に言。」

も久振り佐野夫婦と食事でもしなが志保が誤解をしなら、佐野達りて良く話しおうと思っていました。

私は妻の勤会社が良見える無いろう貿かと思少しってしている、丁度、会の出入り口が見やすい喫店が有りました。

入ってみる調時間なだけにも居なく、窓の席来るのを待した。

--------------------

時26分

が一人で会社から来て駅の方向いて行きす。

私もて妻に気かれない様追いました

5分程の距が有りま事も無く一人でホームに入っき、電車を待っ湿す。

り志保は何もしていなかったのか。悪い事してしまっ殿

ほっした気持と、何故か分かりませんが、残念な気、自分でも複雑な心境で

私は直ぐに声を掛ましたが、プレもしやろうと思いき、今来た道をしました。

湿これ何を買ってやろか迷っているとき妻に声を掛けて一緒に選べ良かったと後悔もしまたが、ゼントを持、急った方が、ドラ貿チィク様に思います。

いい年をして俺も馬鹿な事をえているな。』と気恥なりたが、喜んれるなら、これはこれかったとも思した。


午後7時10分

物に間を取られて、思ったくなってで、もうとっくに妻は帰ている筈です。

それの前に立つ1階のリビングに明かりていません。

るとには明りがます。

ングの明かりを消して、こんなに早い時間に寝室に入ってしまうのも不自です。

てみと、妻が帰っ行ったらと言って安してまったのは、私の不注意でし

ち合のは何でも出来る筈す。


だ、リビングに明かりが点いてないかと言、不倫をしていると決め付のにはが有りますが、何か嫌な予感がしました

てない様にドアのを開っと室に向かおうとしました、心臓の音が聞こで、気を落ち着せるリビングに入り煙草を点けました手が小みに震います

『自分の家で何ない。しかりしろよ。

分を勇気けま

いたても、その男に恐怖感が有では有

は子供の時から少寺拳法を習っていてもう有段す。

これら遭も知れい現実が怖いので


少しが落ち着いたので、を決して寝室に向、階段の辺りでもう、あ時のが聞こえて来ま

『志保・・・・・・・

この何と言っていいの、頭も中が真っ白り何をらいいのかこれで感た事ないものでした

は階段で、が竦んでけません

妻達だけが耳に響いて来す。

「アー、うお願いねえ早くぅ。アーン。

だまだ。」


「ウーン駄目!アー堪忍

「なあ、旦那どうしてるまだ気いて無い?志されているのに。目出度い

「アッそんな事は・・どうでも・・アーーねえ、もう、もう、アーー、!早く目イーー」

悲鳴の様な大きな声きまし

私は急いで階段を上、寝室のドアを開け、男は妻を後貫いている所でした

光景は一生れる事ないもとなり、今付いてません。

誰だ

は妻と繋がったままこの家の主人でもな事た。

俺はその女の亭主!お前こそ何をして

「あ、貴!イヤー!ないで!で!」

慌てて離れましが、男は妻を貫いたまま、発的な視線をて来ま

「とんだ所を見られたな。まあ、こう事だ。」

から離れ私の前にち、何もびれた様子広の襟をうとましが、それ私の蹴りが尾を捕らえまし



声にならない呻き声を出蹲っ所を、度は顔面に蹴りをみま、腕捩じげると、

「いっ、痛い!分かった、分かったから離してく。」

るさ!何なんだお前!ふざけ態度と退りやがって

腕を捩じ上げたまま面に膝蹴と、顔をさえ動かなくなりした

拳法等、特殊能力を一般の人に使うのは、凶器を使う同じ禁止され

かし、この宿んなを考え余も無く、何の躇もしまんでした。

志保、ど言う事だ?こう言う事で俺のに来なか?俺お前を信じ!」

「違の、うの。私・・貴が・・・」

「何を言ってんだ。が違うんだ!これの何が、何が違うと言うんだ!」


は、妻の頬を平手打つと、口が切血が流出ました、それでも止めせんでした

抵抗もせずにれていしたが、涙を流殿。」と言い続ける姿を見てい、虚しく来て突き放し何が違うか?これからどうすか?混乱頭を整理する為にに火を点けました。

もう手は震えていません

、何違うんだ

私が問いだそうそう

「うー

男は両手で顔を覆ったま上がりか、私に気あっを上げて後退り、怯えた目まし

「お前は何を偉そうていた?何を考えているんだ この馬鹿!まあ、お前ら許さんから そに座っていろ

男が立ちりベけよ湿したので

、お、誰がそこに座れ言った!まだ俺に喧嘩をるの

私は もう1横っを殴り付けまた。

「申し訳有りません。どうもう暴力は・・、申し訳有りません。」

男は土下座し謝り始めまし

初めは、妻に好を付け為のハッタリだのか、私の方が明かいと観ると、手の平した様に姿勢に出て来ています。

事をしていても、を勘いしているの、自分場をまえないう人間は多く嫌いなタです。

「おい、の奴だ。」

やそれは・・・」

「どうた。勘弁しれってか?出来るだろう。この馬鹿が

私は男のとセカンドバを調べると身分証が出来たので見てみる、妻と同社に勤めてす。

「田中肇?同会社か。良くる話だながな良く有では済まさ無いんだ。きっり形を付させて貰からな!」

を付けると・あどの様

た事にって居だろう。う責任を取っ貰うかは これから考えるが、なりさせて貰ら覚悟しまず、お前何をして居る?」

「家とは今別居中です・・・に帰って居て・・

「ふどう浮気でばれう?ことん馬鹿な奴だ。奥さんにはいが、この知らない訳は行かな番号を教えておうか。」

時、私殴ら心状態だっ妻が、

「奥んには関係無い。責を取るの私達だにして

きながらでは有ります、はきりとした調でました

寿この馬鹿と別れていない限、奥にもる権利は有るん!」

男を庇っのか自分のした事を知られるのが怖いのか、私の気ちをする様を言う妻に無性が立ち、また殴りました

訳有りせんでした。どせて頂きす。

・・ただ・・今は別居中ですが、とか修復出な所迄来

にだけは・・妻だけは・・どうか弁して下さいお願います。


まりの言葉。お前当に正気か?修復ようている時 こん事するか?お前みたいな奴に騙されて元に戻るより、別れた方がよっ幸せだ号を教えろ!」


・・・・・・」

土下たまま動ない男何を言っても駄目だと思広のポケットは無い探しまたがりません

の時、妻がかをの下入れ様な動したのでり投ると、えの無い携帯が有りまし

携帯を隠す程簿こいつを庇うのと思きな怒り沸いて来て、口から流している妻にまたビンを見舞ってし

帯のアドレを見ても、どれ奥さんの物か分かりません。

「おい、どれがそうだ。言わないと片っ端から掛け捲るぞ。会社の同僚上司だったら困るだろう?

男は困情で

「・・それは・・・」

は渋教えました。

私も会ったこともない奥さん話すのは、それなりの悟がしたが思い切って掛けると上品そう話方をす女性した。

田中か話だ思っが、知らない男からだったで初めは戸惑いが、話の内容を聞いている内に、段々無口になってしいまた。

かりました。話が終りしたら退に寄る様に伝て頂けまでしょうか。」

然とした態度で答えまたが、怒りがって来るものでした。

に代わるかどうか聞ましたが

「それは構で冷淡な声言い、婦は、また元に戻るるのだろう恐らは駄だろうと、自分所を棚に上げ余計な事を思ってしまいましたが、すに引戻されます

「俺が入って来た時のうな沿は何考えてだ

・・・私昔から喧嘩をも負けたことりません・・・れでつい。もしもご主黙らせる事が出来た、志保も良いを見せられる寿って・・・。うわっ。

男を殴りつけていまし

「4面下何をガキみたているだ。お前みたいなのが勤めていられる中身がな。それと他人の妻を呼び捨するな

「申し訳有ません申し訳有りません。つい何時習慣で。




>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ, 修羅場・人間関係,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様