2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

誤解の代償






私は8歳になる会社員です
つい最近迄、車で時間距離の地方の支に単身赴任していまし
妻は44歳に、やはり仕事を持っていて人娘も手を離れ地方で一人暮ら始めていので、赴任先にて欲かったのですが
「仕事をには辞ないから」と言調れ、渋人で決めました。


私は仕事湿しく休日出珍しく、
貿月に1度も帰れい時も多く有りましが、
は少なくても2週間に1は来れていた
何とか寂しさ我慢し来らした。


が赴終る9前から、回数が端にくなってました。
事が忙くてているから・送別るから・風邪を引てしまった”等な理由をけていますが
私には『来くな色んな理を付けてのでは無いだろうか?』と思って仕舞う事有りま簿


それは、たに来ても、会話らしい会話もく、か不機そう見えますし
妻を誘、「今日は無理して来たけれ、仕が忙して凄く疲れているから・・・またにし
そんな様な言い訳て拒続け、夫全然無くなっていました。


よりも、私を見目が、汚い使も見る様な感じがて、しょりませ
前、何の週刊誌に浮気を見る方法』と言うのがっていて、
半分記事と今の動が殆ど当て嵌まってしまい、
『まさか志保に限って。は思っても、ここまで態変わてしいるの何か理由が有るはず
直接妻に聞けいいのですが、なく言い出せ
私もライラしてな事にてしまい
ますます会話がくなり、次の日不機嫌そうなて朝早く帰って行けて来せん。


の態度では、もし不倫をしていなら、
気持ちがう別男にって仕舞っていのでしら、を言っても元に戻るは無でしょう。
私にはまだ西裕を持っていました。
ってか今迄、妻は私だけを本当に愛してくれていて、
からしても、その様な事を、絶対にしないと言う自分善自信を持ってい事と
いつ電話して、夜は必家に居て出て来る事、
もう一つ、以会社のが部来て事の用意をしくれた事を
妻には内いて、それに付きに誤してい、
事の妻の態度をああせてしまっていと確信めいたものをっていまし


の女は、卒の総として入社し、人時代は私が仕事を教えていした
頭が良くて、教えた事の飲みみも速く、その年の新社員のカイした。
仕事教えくれている様
係長は、私の理想の男性像なんで
等とれる他の女子社員とは違った感情を抱ていました
何よそれは、綿無く憂いを秘め感じが、
ダブっただけでそれ以上のでは有りませんでした。


彼女がの出張で私の赴に来た時に
「単身赴では、ろくな食べていないでしう?と、
に来て料理を作ってれたのすが、
妻とは滅多に行かないスーパーにで行き、買い物をしていると、
何かの様であり変に意識をしてしまいまた。


何より、男使同じ部屋に何も無かったとは信じて貰えなさそうで、
妻に内緒にしていたのですが、残り物をうっか冷蔵れて置いたのを、
次の日に来た妻、慌て変な言い姿をしたのをえてます。


の日を、境の足遠ので、れは完に誤解していると思いましたが
何もった事をあれこれ言い訳るのもく無くて無視いまた。


そんな時に学時から親友の佐野から電話が有冗談めして
「興信所でも頼むかな。
「まんがそんな事している訳だろう。と、笑っていました


妻の志保とは、大の時に佐野のさん)美幸さんの紹介で知合い
お互気に入り、妻が学を卒業してから1結婚しまし


野夫婦とてからも家族ぐるみの付きいをてい
付き合い野は志保事をよく知って配していません。


もっちに行く様、美幸に言せるよ。」
そんな話をして電話切りましたが、
思議なもで1度口にてしうとその事が何故か頭かり、気にて仕ありませ
ただこの時は、私の勝手な妄想であり、何の確証も無いので、そほど心訳ではりま
事がってマンションに帰って来る『今頃 志保奴』等と勝手な想像をしいます。
な妄を打消す為にに電話を


どうたの?何か用事でもの?
今日も忙して疲れているのよ。
度、私から電るから何も無ければこれで切るね


愛想の無い返事ですが、ちゃんと家に居るので
やは俺の思いしか。だいたい保がそな事をしてい筈がいな。
と安便しまいます


う思っての日なるとま色々な事を考えてしまで、
週のの日には内で、っそ帰って、
探偵の様な事でもしてようと面白半分に思っていした。


こ暫ルフ等でろに休んでもので
給も含て3連取りまし婿
んなッサリ休みがっと早くそすれば良かった。』
自分の要領悪さに苦笑いしながらも、
何か寂も感仕舞うのは人間の拠でょう
妻には今度の休みも接待が有で帰ないと伝え
て居た事ました。



金曜日の朝に出て電車で帰って来たので、
たのは、まだ午後過ぎた位で時間にタップリ余裕す。
佐野電話をると、
も良くやあ、そんな心をするのも愛が有る証か。
日は、夫婦仲良くやって、明日でも家簿に来よ。
旨い物でもに言っておくよ。


佐野夫婦と事でもしながら、
志保解をしいるなら、佐力も借り良く話しと思っていた。


私は妻の勤め良くだろう思い、
少し早めに行って色していると、丁、会の出り口がすい喫茶店が有りました。
みる間が湿だけに余り客も居なく、窓際の席に座り妻の出て来待ちました。


***


後526分
一人で会社から出てて駅方向きます。
私も店をて妻に気付かい様に後を
15分程の距離に駅が有りま何事も無くでプラトホームに入って行き、す。


『やはり志保何もていなかっのか。疑って悪いをしまっな。
ほっとした気と、故か分ませ
な気持ち有り、分でも複な心境です。


直ぐに声を掛けようと思ました何かプレゼンでもてやろう思いつきた道を戻る事にしました。
れ何を買っろうかていると、さっき妻に声を掛けて緒に選べばと、後悔もしましたプレゼントを持て
に帰った方が、ドラマチィ様にいます
をして使鹿なえているな。
と気恥かしりましたが、妻が喜んでくれるならはこれで良ったとも思いまた。



午後7時10分
い物時間を取られて、思より遅くなっていので、もうとくに妻ている筈す。
れが家の前に立つと1階のリに明かいていま
2階を見ると寝室に明かりがいます。調
ビンの明かりを消して、こんな早い時間に寝室に入ってしうのも不自然です
てみると妻が一人で帰ってったから言って安心してしまった、私不注意でした。


ち合うの何処でも出る筈です。
だ、リビグにかりが点いていないからと言って、不倫ていると決めのにが、な予感しまた。
を立てない様アの鍵を開簿、そっと調室に向おうとししたが
臓のが聞こえる様で、気を落ち着かせる為に
リビングに入り煙草にを点したが、手小刻みす。


自分家でを情けない。しっかしろよ。』
自分を
たとしも、その男に感が訳では有りま
私は供の綿時から少林寺拳法習っていてもう有段者す。
から遭遇するかも知れい現実怖いの
少し気が落ちいて、意をして、静かにに向と、段の辺りでう、あの声が聞こえてした
志保・・・・お前・・・・』
この時の感情は何と言っていいのか、頭も中が真っ白になをどうしたいいの、これまでのないでした。



階段で、足が尿んで動けませ
妻達の声だけが耳響いて来
「アもうお願いえ早。アーーン
「まだまだ。」


ーーン、もう駄目!アー、忍して!
旦那どしてる?まだ気付いて無い?志な事さるのに。目出度いな。」


アッ、事は・ども・・アーー、え、もうアーー、う駄早く!ーーーー
悲鳴の様大きな声響きました。
私は急で階段り、寝室のドアを開ける、男を後ら貫いている所でし
光景は生忘る事の出来ないものとなり、今も目に焼れまん。


「誰だ!
繋がったままで、この家主人様なを口しました。


「俺はの亭主だ!お前こしてい。」
あっ貴方イヤー!見ないで!見ないで!」


が慌ててれ様とを貫いまま、挑的な視線をけてます
「とんだ所をられな。まあ、う言うだ。」
から離の前に立ちびれた様子も無く背広襟を掴しましたが、それよりも先の前蹴りいました。
になない呻き声を出し蹲っは顔面に蹴りをみまい、腕を捩じ上げると、
っ、!分かっ、分かったからしてくれ。」


「うさい何な簿ざけ態度りやがって!
捩じげたまま、顔を入れると顔をえて動かな貿くなした
拳法等、特殊能力を一般の人に使うの、凶使のとじでで禁れています


しかしそんな事を考余裕もく、綿何の躊躇もしませ


志保、ど事だ?こう言うで俺の所にたのか?前を信じかった!
「違うの、違うの。私・が・・・


「何をってるんだ。何が違うんだ!これの、何違うとんだ!」
は、妻頬を何回も平打つと、た様で沿れ出が、そませんでした
妻は何抵抗もせずに打たれていましたが、涙を「違うの、違う。」言い続ける姿を見て
しくって来て突放し、何が違?これかどうするか?
乱した頭理す草に火を点けま
もう手はえていま
保、うんだ


私が妻をだそうとした時、


うー
男は手で顔を覆ったまま立ちがり かけ
私に気が付「あっ。簿と妙な声後退り、怯えた目をしまし
前は何をそうにしていた?何えているんこの馬鹿が!、お前ら許さんかこに座っいろ!
立ちりベッドに腰掛けようとしたで、
「おい、お前、誰そこに座れとた!まだ俺に喧嘩を売のか?」
私はう1横っ面を殴した


申し訳りませんどうかも・・、申りません。」


土下座してした
初めの威は、妻に格好為のハッタだったのか、
私の方が明かにいと
手の平た様低姿勢に出て来
仕事いて、何を勘違いしているのか、
自分の立場わきまえいこう言う人間は多いて大嫌タイプです
「おい、殿奴だ。」
「いやそれは・・・


「どうした。勘弁くれって?出来る訳無いろう。こ馬鹿が!
私は男の背とセカドバクを調ると、身分証明が出て来たので見と、妻と同会社勤めています。


田中肇?同会社か。く有
がな、俺には良有る話済まされ無いんだ。
り形を付けさせて貰うかな!」


「方を付けるは・・・あの・・の様・・


お前達のした事に決って居るだろう。
う責任を取貰うかはれから考えるがかなりの事をさせうから覚悟おけ。
まず、お奥さん何をして?」


家のは今・・実家の方て居まして・・・


「ふどうせお前殿気で簿たんだろ
とことん馬鹿な。奥さんには、こを知せな訳には行かないな。
話番号を教て貰うか


の時、私殴られ西った妻が、
「奥さん関係無いわ。任をるの達だして。」
泣きながら稿は有ますが、はっきりとした口調で言って来ました。


黙れ淫の馬鹿とれてい限り、さんにも知る権利はんだ
いるの自分のした事をられるいのか、
の気持ちを撫でる様を言う妻に無性に腹ち、また殴り付けました。


し訳有りません尿た。どんな事できます。
・・・今は別居中ですが、何と復出そう所迄来てす。
妻にだけは・妻にだ・・うか勘弁し下さい。お致します。」


「おまりの言葉。お前本当に正修復しよしている時にこんなするか?
みたいな奴に騙さ別れた方よっ幸せだ。早号を教調えろ!


・・・・


土下座したま動かない男に、何を言っても目だと思い、背広のケト携帯はいかと探しまが有りませ
その時、何かを枕のに入れた様なしたで、を放り投げると、見覚えの無い携帯が有りました。
男の携を隠す程、こいつを庇うのかとい大きな怒りが沸いて来て
してる妻たビンタをっていました。
帯のスを見ても、ど奥さんの物かかりません。


「おだ。言わら掛け捲。会の同僚ったら困るだろう
困惑た表情で、


・・・そは・湿貿・」


男は渋々えました。
たこともい田中の奥さんと話すのは、れなりの覚悟がたがって掛ける、上そうな話方する性でし
らの電話だて出たが、
ない男からったので初め戸惑い気でしが、
の内いてる内に、段々無口なってしまいました。


分かりましたそちらの話が終りましたら、ちら寄るに伝頂けますでしょうか。
毅然とした態度で答えまし稿が、りが伝わって来るものでした
男にどうか聞きましたが、
は結構です。
冷淡言い、この夫は、ま戻るるのか?
らくは駄目ろうと、自分所を棚に上げ余計な事を思ってしまいましたが
すぐに現実に引きれます


俺が入て来の偉そ考えてだ?」
「・・・私は昔か喧嘩をし負けことませ・・
い・しもご主を黙らせる事が出たら、
志保にい所を見せれると思て・・・。っ。」


は男をりつけていした
40面何をガキみたいを言って退
お前みたいなが勤いられる会社中身が知れるな。
とな、他人のび捨てにするなよ


「申し訳有ません、し訳有りませ。つい何もの慣で。


田中名刺に課長と言職が書て有り、
くは私よりであろうこのは、
の規模の会社は間違くエリーのでしょ綿う。
でしょうが、そけに自分を過評価してしまっては無と思います簿
から何でも出来様な錯覚に陥り、
私が寝室にってった時にの様寿な態度が取たのではのでは無いでしょ
ならば大としての考え方を、しっかり教えなればな


「お前の家庭は、これからどうなるのな?
さんがりに言っていたよ。の感じだと終わりだろうな
今度は、仕事もわりにしてやるよ。俺もそう休取れないが使
こうった以上そうもっていられな
月曜日前の会社に行から上に言ってけ。
慰謝料事も有が、それはさんか、この女にも請求が有るだろうから後回しだ
これから奥さんの所行っく相談しておけ。
った聞いてやる


の妻から慰謝料のは言ません。
ですから会社の方に・・・ます。おます。」


「駄退。何を
奥さんを説来る別居かしてか?
さあもう今
だけどなこれけで終ると


男は寿、だしなく泣ましたが帰ろうとません
奥さんに知らてしのはどうようも有り社にられは余るのでしょう。
の男は、肩書きに執着るの知れませ
私もそうです会社の名前肩書きで仕事が出来ているのを、全て自分の実力に錯がち


「何だ?まだ俺るのか?早く帰れよ。
あっそうか、お前だ出退してないかららせろってか?
おう、良ぞ。ていってみ


こうたらトコトンめ貫いて、
しで自分の気持ちをスキリせようといま綿たが
男は慌ててとし


「ここは更衣室じゃなんだ!外でろ!」
の髪を掴み、引きずる様にし玄関ら外退しました



***               


を放りてから、激情に駆れ、
どういたすべきか考えいなかったので私は一旦リビングに入りました
ソファーに座り、冷静にならなけれと思うすが
の怒はどうしょうも有りせん。
嫉妬しさしさ情は、不思と有りませ
復讐心からりがるだけす。
その他感情はこれから感て来るのかも知れませんが、今は怒りだす。
らく経ってング入って来ました



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ, 修羅場・人間関係,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ, 修羅場・人間関係,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080702053927