2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

俺が女の子としたかったやりとりを書いていく







1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 13:57:33.59 ID:KvC4mIRl0
「好きって十回言ってみて」
「好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き、はい言ったぞ」

「じゃあ私のことは?」
「愛してるよ」

「……ばーか」
はい全部俺。




3 :以下、名無しわりましVIPが送りします2011/07/30(土) 13:59:51.68 ID:KvC4mIRl0
ょんなこから子と同衾することにり、夜。
やす、と声をけ合しばらくして、
中越しに
「もう……寝ちゃいましたか
と、小さ声。

う返事をしたらい物えあぐねていると
「寝てるよね」って腕が回っ寿きた。背に当たの額
そして、
「好き
て彼女の小さな囁き声。ややあっ聞こえてくる寝息
こっちもー飛ん常事態だろ!




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:01:38.74 ID:KvC4mIRl0
「俺たちが彦星と織姫になったら、どうなるかなぁ」
「働けよニート」

「馬鹿、例えばだよ。――遠距離って、やっぱ辛いのかね?」
「例えばの意味ないって。私たちは ああはならないでしょ」

「さらっと倦怠期宣言!?」

驚愕してると彼女は事も無げに言い放つ
「や、私、泳ぎは得意だから」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:02:22.23 ID:r3fjc/gT0


       ,,-―- 、                                 ,, -―-、
     /     \オエーー!!!!                    /     ヽ
    ./ /⌒ヽ   \/ ̄ ̄\  / ̄ ̄ ̄` 、   / ̄ ̄ヽ/   /i⌒ヽ、| オエーー!!!!
   。|/    ヽ \   ヽ(゜)  ヽ /         ヽ /  (゜)/   / /
      o ,rー- ヽ..、.,/     Y (゜) ,_,  (゜) Y      ト、.,../ ,ー-、
    。゚ ∴’。o ,,-―- 、      |   /  \ 。 |     ,, -―-、‘゚。、` ヽ。、o
    ,∴ : /      \ オエーー!!!!| ∴っ /      ヽ゚。、。、o
    ,。U / /⌒ヽ   \/ ̄ ̄\∵ ゚ U  ̄ヽ/   /i⌒ヽ、| :  U  オエーー!!!!
     U: |/    ヽ \   ヽ(゜) U ヽ。J° (゜)/   /  /o 。   U 。
      ,,-―- 、。゚ ’。o ..、./    U : 。゚ ヽ  ト、.,../ ,ー-、。  ,, -―-、
     /     \∴ / /      。  : 。ヽ  \ \‘゚。、` ヽ/     ヽ
    ./ /⌒ヽ   \/ ̄ ̄\   / ̄ ̄ ̄` 、  / ̄ ̄ヽ/   /i⌒ヽ、| オエーー!!!!
   。|/ ∵ ヽ \   ヽ(゜)  ヽ /         ヽ /   (゜)/   / /
      o ,rー-ヽ ..、.,/      Y (゜) ,_, (゜) Y       ト、.,../ ,ー-、
    。゚ ∴’。o //         |   /  \   |       \ \‘゚。、` ヽ。、o
    o U ° //        |   /     |   |       \\゚。、。、o
    o 。 U:/⌒ヽ           |    | |         /⌒ヽ ヽU  o
    ゚U        \     ∵  |    | | ∴       /    `ヽU ∴l
                       。  |    レ 。ヽ     /        U :l
                     , o \  /Jヽ。                |:!
                   o  U ヽ/: ゚ 。ヽ               U





8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:03:09.28 ID:5G6KQAkT0
やめて
本当にやめて
おまえがかわいそうでしょうがない



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:04:24.85 ID:wr5Eut2w0
まだだ
まだお前の願望はそんだけじゃないだろ?






14 :以下、名無しにわりまてVIPがお送り尿ます:2011/07/30(土) 14:05:19.51 ID:KvC4mIRl0
遠距離恋愛とかだよね。
交通費がかるからって、変わりこに行き来るんだろ
バスを待のも楽しけれスに乗のも楽って
の頃に思ったことと緒だよな。

違うは、その行く先に彼女がいるってとくらい
「おか綿!」
「ただいま」
いっ出迎抱きしてみたね。




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:06:10.62 ID:KvC4mIRl0
初デートに遅刻したい。
改札を抜け、見つける彼女の姿。
駆け寄って
「ごめん、遅れた! ……待った?」
「ううん、今来たところだよ」ってやりとりしたい。

我に帰って、何コレ ベタすぎるって呆れたら、
彼女が楽しそうに笑ってる。
「こういうやりとり、夢だったんだ」

夢の時間は始まったばかりさ。




17 :、名無しにかてVIPが送りしま:2011/07/30(土) 14:07:34.49 ID:KvC4mIRl0
の昼、部屋でごろごろしてると彼女がぽつりと言いだした
恋って所詮錯覚だよねぇ」

「ユも読んだ?
スタンールの、学ななぁ」

うっ、それが?
「……いつか私も正気に戻ゃうのかな」
彼女。だからは、っそ上体ら言うん
丈夫だろて。だって

「俺が何って錯させるから

決まった、とやけてたら彼女がタケい出す。

…今ので125回目の錯覚

れ直したって素直に言えよて、つにしよ




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:08:11.36 ID:FCahQz+m0
どうしてこんなになるまで放って置いたんだ!!!11



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:08:22.70 ID:9ljdFDvN0
125回目の錯覚wwwwwwwwwwww



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:08:45.01 ID:KvC4mIRl0
「デュワー、あっついー……」
とか言いながら 彼女に後ろからのし掛かれたい。

「俺も暑い、ひっつくな、さらに暑い、離れろばか」
って言うと
「いいじゃんー」って言いながらさらにくっつかれる。
そして彼女ったら

「……一汗流したらマシになるかもね?」

とニヤニヤ笑いながら後ろから俺の愚息をアアンッ!




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:10:18.53 ID:KvC4mIRl0
「毎日自己ベスト更新しちゃってね。
これもうギネス狙えるレベルだよね」

「お前のだらしなさが?」

「あら随分と活きのいい喧嘩ね。これおいくら?」

「ごめん非売品。で、なにが更新?」

「ん〜、>>1を好きだって気持ち、かな」
はい全部俺。




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:10:40.12 ID:laCYcm320


      、  /L_ ,,
         | ̄'ー' ̄i,ノヽ,ノ   レ' |
         j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        i′::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
.        j::::::::::::::::::::::::::::_;;、_;:一i:!
        i'/i/'ー一''"      ヾ
.       ||               i
       f                |,
       ,|        _   _  '|
       !      ,r'´       `' .、! 
      j      r′          `, 
      |    i′           ヽ _
.      j         ●   ●    Y ゝ,
    _i            r 、      ヽ,,/ 
   r´  }            !  !      f
   ! ,  i             i  |_     |    えっお前アホなん?
   `ヽ-|             L_,,ノ     i
      |                     |
      !           ,;r===;,、     j
      ヽ          `===´    ノ 
        \               / 
          \           /
            `ヽ、       /
               `ー、_,r'´




26 :、名無しにかわりましVIPがりします:2011/07/30(土 ) 14:11:24.06 ID:KvC4mIRl0
綿自室でてるてる坊主彼女
けれど完成品を、カーテンレールへ逆さまにして
「いや、なんで?
だっ一年
きりあげた女はう。

そんな用な優しさが、俺は たまく好だろ
七夕は織姫と彦に倣ってお部屋デートようか。




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:11:42.26 ID:vzPyQuW1O
うん、分かった、落ち着け





29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:14:09.09 ID:+Z7QOk24P
あれ、歳食ったからかな……涙出てきそう……



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:14:28.70 ID:KvC4mIRl0
「女の恋愛は上書き保存、男の恋愛は名前をつけて保存らしいな」
「あー、それ聞いたことある」
テキトーに頷いてる彼女に向かって、
前日鏡の前で何度も練習した決め顔使って

「それなら俺は、お前との恋愛が終わったら
プログラムをアンインストールするな」

ってビシッ、と一言。
一瞬ボケッとした彼女は、破顔一笑でくっさー。

アホ、くさいってのは こういうこと言うんだよ、
とか言いながら俺は屁を扱いて。
照れ隠しだって二人とも解りながら、そういうやりとりしたい。




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:15:39.95 ID:KvC4mIRl0
七夕近く、スーパーで夕食の買出ししたい。
そしたら なんか憩いの広場的なところで彼女が
「あ、笹と短尺出してる」

「書くんか?」
「もち。っと……ん。完成」

「? じゃあつければ?」
「お星様には出来ない事だから」
彼女は悪戯っぽく笑いながら、短尺を俺へ渡す。見れば、

『ずっと好きでいてね?』

……叶えてやるとも、って、力強く、俺も笑って。




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:15:49.99 ID:KVH+6sB70
これは痛い
後でうわあああああってなるよ












もっとやれ



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:16:08.68 ID:KvC4mIRl0
「迎えに来なくていいって行ったのに! なんで来たの?」
「んー、夕日が綺麗だったから?」
「もー、夕日さんありがと☆」
頭にヘリウム詰めてでもこういう会話したい。




36 :以下、無ししてVIPがお送り婿します:2011/07/30(土) 14:17:17.54 ID:KvC4mIRl0
「こっながいルをけると
て読む事が頭の中に悪い虫
弱らせるのに良先生が言ったの
午後、中庭のベンチでする。
「くにざかい、だと思いますよ」

く、笑み含んだその声真上か降ってきた。
見上げる。それが出みた




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:17:46.07 ID:qAM0NHUu0


     \
       \   r'' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`、::.   ___
 l} 、::       \ヘ,___,_ ______/::.__|    .|__
 |l  \::      | |             |、:..  |[], 
 |l'-,、イ\:   | |    ∧,,,∧ .   |::..   ヘ ̄ ̄,
 |l  ´ヽ,ノ:   | |   (´・ω・`)    ,l、:::   
 |l    | :|    | |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、l:::::
 |l.,\\| :|    | ,'        :::::...  ..::ll::::    
 |l    | :|    | |         :::::::... . .:::|l::::   
 |l__,,| :|    | |         ::::....  ..:::|l::::   
 |l ̄`~~| :|    | |             |l::::   
 |l    | :|    | |             |l::::   
 |l    | :|    | |   ''"´         |l::::   
 |l \\[]:|    | |              |l::::   
 |l   ィ'´~ヽ  | |           ``'   |l::::   
 |l-''´ヽ,/::   | |   ''"´         |l::::
 |l  /::      | \,'´____..:::::::::::::::_`l__,イ::::
 l}ィ::        |  `´::::::::::::::::::::::::::::::`´

そうだ
これは夢なんだ
ぼくは今、夢を見ているんだ
目が覚めたとき、ぼくはまだ12歳
起きたらラジオ体操に行って、
朝ご飯を食べて、涼しい午前中にスイカを食べながら宿題して、
午後から友達とプールにいっておもいっきり遊ぶんだ・・・




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:18:07.99 ID:+Z7QOk24P
こういうスレ見ると男って
あんま可愛い可愛いした子より
多少淡白な奴の方が好みってのがよくわかるな




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:18:26.15 ID:KvC4mIRl0
小雨が降って傘を忘れて、まあこの程度なら自転車だし大丈夫だろうと
ポケットからカギを出して置き場に歩いてたら、後ろから

「>>1くん>>1くん」

と呼び止められ、誰かと思えば傘片手の気になるあの子。

「駅までなら送るよ?」

と笑顔でいわれ、自転車のカギをそっと握りしめて隠したい。




44 :以下名無しにかわりましてVIPがりします2011/07/30(土) 14:21:08.88 ID:KVH+6sB70


>>39

     σ   λ
     〜〜〜〜 
    / ´・ω)   >>1くん>>1くん
 _, ‐'´   / `ー、_
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄⌒ヽ
{ 、     |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー〜'´ ̄__っ八 
ヽ、   ー / ー  
 ヽ-‐ ̄`冖-/





       _
     σ   λ
     〜〜〜 
    /´・ω・ )   地獄送
 _, ‐'´  \  / `ー、_
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
{ 、     |  _,,ム,_ ノl
'い `ー'´ ̄__っ八 ノ
\ヽ、   ー / ー  〉
  \`ヽ-‐'´ ̄`冖-/






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, おすすめ, 感動・泣ける話, 青春,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, おすすめ, 感動・泣ける話, 青春,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20110730160006