2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 

 
 
 
 

彼女いるやつらのエピソードを延々と貼って発狂するスレ







1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:01:22.33 ID:phaVfUAx0
普段全く妬かないクールな彼女。

この前旅行に行った夜時珍しくベロンベロンに酔って
「ほんとはやきもちやくも〜ん(;Д;`)!」と泣きわめいた。

その後も顔を左右にふりながら
「元カノやだぁ〜きらい〜」
「〇〇(俺の名前)がつまようじで持ってかれちゃう〜」
と意味不明なことを散々喚き散らし泣きつかれて寝てしまった。
もちろん本人記憶ゼロ。

酔ったことにも嫉妬してたことにもビックリだが、なによりつま
ようじ発言が可愛すぎて死ぬかと思ったwww



http://matome.naver.jp/odai/2133217536862890001
http://matome.naver.jp/odai/2133217643962939801
こっから




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:01:53.07 ID:phaVfUAx0
結構プレッシャーの強い仕事が続いてて、管理職だからこの時期
大変なことも多い。

夜遅く帰ると、ふとんの上でフニャーっとしてる彼女。
部屋の掃除もしてあって
翌朝のワイシャツもネクタイも全部そろえてくれてあるんだけど、
あたし何もしてないよー
小人がやったんじゃなーいと
フニャっと笑う。


その笑顔をぎゅーって抱き締めると、疲れもストレスも全部ふっ
とぶ。

書いてるだけで愛しくなってきた…
はやく帰りてえ




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:03:23.22 ID:phaVfUAx0
普段はかなり「あまのじゃく」な彼女。

おれが「俺の事、ホントに好きなの?」と冗談っぽく聞くと
彼女:「嫌い〜」って言う。

でも、10回に1回くらい
「好きだよ〜」って言ってくれる。

オレが「え?今なんて言った?」って聞くと
彼女:「何も言ってないもん」と知らんぷりする。

もうね、ぎゅって抱きしめたくなる。てか抱きしめた。





5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:05:33.12 ID:phaVfUAx0
電話中、あっちは教室で話していたらしく
「電話誰?彼氏?ww」とか聞かれてた
「誰でもいいやんけー!もーこっち見んといてwww」とか

「みんななんか見てくる…′:ω;」とか言ってたのがなんか可
愛かった

ただ、みんなの前だからか知らんが
対応がいつもよりクールだったww





7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:06:34.90 ID:phaVfUAx0
俺にラベルを印刷する機械の使い方教えてくれながら、
試しに印刷してみたラベルを自分の胸に貼って
「おすすめですよ、今人気なんです」
貼ったラベルは”店長のオススメ、早い者勝ち”

俺「早いもの勝ちなんだ?」
彼女「はい」
俺「それは俺でも良いの?」
彼女「”でも”っていうか、推奨って感じですね」

少し照れながらにこにこ笑った顔に俺陥落
なんだよ、クールな子かと思ってたら、
実はスゲー可愛いじゃないか






8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:07:22.98 ID:phaVfUAx0
ひそかに片想いしてた子から、
誕生日プレゼントに欲しいものは あるかと訊かれた。
彼女がおれの誕生日を知っててくれたなんて!おれは
「気持ちだけでじゅうぶん嬉しいよ」と心から言った。

彼女はうつむいて小さな声で
「…気持ちなんてとっくに全部あげちゃってるのに…」
動揺のあまり、手に持ってたコーヒーを自分の靴にジョボボ〜





11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:13:30.14 ID:phaVfUAx0
寝る時に、
「明日何時に起きよっか」
彼女「7時半くらいじゃない?」
俺「早くね?退室は10時だろ。なんで?」
彼女「え…朝もしたい…」


かわいすぎwwwでも朝弱い彼女は結局起きなかったけど





12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:13:38.98 ID:4iLmyiCB0
この鈍い痛みが心地よくもある



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:32:42.54 ID:xB/o7/KM0
>>12
俺も。
確かに突き刺さるが
それが心地よくもある。



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:15:04.78 ID:phaVfUAx0
化粧終わった後の彼女とキスすると
グロス?口紅?のキラキラつくから
彼女が「ちゅ〜ちゅ〜」ってくっついてきても引き離して
「なんかつくからイヤ」って言ったの
で、直後俺の携帯に友達から電話かってきて出て用件喋ってて
ふと彼女の方見たら必死に口紅ふいてた
電話終わった後待ってましたと言わんばかりに
「ちゅ〜ちゅ〜もう何もつきませーん〜ちゅ〜ちゅ〜」
って言ってきたときはアホ可愛かった





15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:15:36.75 ID:phaVfUAx0

今日、振られたから、
お前らも苦しめ。

まだまだ続ける。




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:17:39.87 ID:pjBaa6xJ0
>>15
ドMすぎだろ



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 18:29:38.58 ID:Nw/hR95J0
>>15
おまちょwwwwww



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:16:06.70 ID:phaVfUAx0
室外でキスすることをすごく嫌がる彼女
昨日のことなんだけど、別れ際の改札でバイバイしたのに
うつむいて袖をくいくい引っ張ってくるから何かと思ったら

「キスするぅ・・・」って言った時 脂肪





17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:17:14.27 ID:4iLmyiCB0
>>15おまえとは美味い酒が飲めそうだ





19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:17:42.02 ID:phaVfUAx0
初めて二人で行った旅行のホテルでの朝。
目が覚めたら、なぜか彼女が涙目。

何かあったのか、と思って「どうしたの?」と訊いたら、
「…目が覚めても、一人ぼっちじゃなかったから…」。

やられました。そんな初々しい気分、また味わってみたいもので
す。現在3年目。





20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:22:13.05 ID:phaVfUAx0
近くに新しく出来た喫茶店での高校生ぐらいのカップル(?)の
会話。断片じゃないが。

男「やっぱり綺麗だなぁ・・新しいもんな。なぁ?(超笑顔)」
女「出来たばっかなんだから当然じゃない」

男「まぁまぁ。ほら、メニューメニュー」
女「いい。もう持ってるから」


男「そっか。何にする?今日は奢るぞ?あ、俺はこのケーキセッ
  トにするけど」

女「・・これでいい(指差す)」

男「え?いいのか?飲物だけ?遠慮するなよ?」
女「してない」

随分無愛想な女の子だな・・と思った。つーか男、健気だ。
しばらくして注文した物が運ばれてくる。

男「ウマいぞこれ。ちょっと食う?」
女「いい」

男「そっか。−−あのさ。もしかして不機嫌?ってか、今退屈し
  てる?」

女「ううん・・楽しい。あたしちょっとだけ無愛想だから」

女の子は一応本当に楽しんでいるつもりらしい。

男「無理すんなよ。俺がいきなり誘っちゃったんだしさ。わりぃ
  な。」

女「・・」

女の子、いきなり男にキス。さすがに凝視できなかったけど、多
分口に。

男「((゚Д゚)ポカーン)」
女「分かってくれた?」

男「(声が出ないらしく、激しく何度も頷く)」
女「今日はもうしないから(わずかに照)」

男「いや、マジ、どうしよ、超嬉しいんだけど。うわー。ヤバい。
  うわー。」

女「早く食べちゃいなよ(そっぽを向く)」

そこで恥ずかしくなって喫茶店出ちゃったけど、凄くいいシーン
だった。

近くの席から凝視してた自分がなんか情けなくなった





22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:26:15.13 ID:JuKxB7S60
もうこんな不毛なことはやめて休め>>1



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:27:32.82 ID:phaVfUAx0
今出張中で、同棲してる彼女からメールが来た。

件名「寂しいんです…ごめんなさい」
本文「今夜はこの人の腕の中で眠ります」

添付画像は、今朝まで俺が着てたTシャツを無理矢理着せられたぬ
いぐるみと、申し訳なさそうな顔の彼女の2ショット。

ちょっ…可愛…早く帰りてぇぇぇえ!!!
僅かながらも、ぬいぐるみに嫉妬心を抱く日が来ようとはw





24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:30:05.45 ID:phaVfUAx0
俺、よく
「耳かき取ってー」
「リモコン取ってー」
とか、彼女に言っちゃうんだけど

彼女は
「やだ」
って言いながらかならず取ってきてくれる。

今日
「コーヒーいれて」
って頼んだら、いつもみたく
「やだ」
って言いながらコーヒーをいれてくれた。

俺が好きな、砂糖なし、ミルク入りのやつ。
彼女のコーヒーはブラック。
というか、彼女はコーヒーはブラックしか飲まない。

俺「コーヒーのミルク買ったの?」
彼女「だって○○好きじゃん」
俺「…良い女だなぁ」

彼女が無言で、バシバシ叩いてきた。
顔、まっか。

なんか、すっげ可愛かった。





25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:31:16.91 ID:phaVfUAx0
もう10年以上前の話。初めて付き合った彼女と初めてのデート。

付き合ってる、って言ってもキスもしたことなければ手すら握っ
たことなかった。

ただ休み時間にお互いのクラスの前の廊下で話したり、帰り道一
緒に帰ったりするだけで。

その日は遊園地に行こうって話になってな。二人して電車に乗っ
てお出かけしたわけだ。しかし移動してる最中に雨が降ってきた。
最初は小降りだったんだが、着く頃にはどしゃ降りに。

さて困った。不測の事態発生に固まってると彼女が
『じゃぁさ、水族館行きたい!』と。そっから傘を一本だけ買っ
てやれアッチだ、やれコッチだと向かってるうちにすごく自然に
手を繋げた。

手にしがみつきながら俺を見上げて、一生懸命話をしてる彼女が
めちゃめちゃ可愛くて。
絶対にコイツと結婚するんだ、って厨房全開の思考で考えてたよ。
無事に水族館に到着。大はしゃぎでペンギン見てわいわい騒ぐ二人。
「楽しかったなぁ、そろそろ帰るか?」
『ん…』

急にペンギンコーナー横の人気のないエリアに俺を引っ張ってい
く彼女。

「???」と思いながらそのまま引っ張られる俺。
確かちょっと奥まっててパネルかなんかが展示してある所だったと思う。
普通なら素通りしちまうようなトコ。
そこまでくると彼女がぎゅ〜っとしがみついてきた。
あぁ…そういうことか…。

しがみついてる彼女の顔を上に向けてキス。すごい自然に。
こないだまで手も握ったことなかったのに。

帰り道はなんか二人ともニコニコしててアフォ丸出しだったと思
う。学校では相変わらずいちゃいちゃなんて全く出来なかったけ
どな。ま、大昔の想い出だ。





26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:32:21.90 ID:Qbe9nCOb0
俺には女子の親友が居たんだ
女子として意識なんて全くしてなかった
けどいつしか好きになってたんだ
でもそいつには好きな奴が居て
俺は応援したよ、作戦とか必死に頭ひねって考えてさ

そして遂にそいつが告白してOKされて、そいつに言われたんだ
「俺のおかげだよ!ありがと、親友!!」

家に帰って俺は泣いた。結ばれて良かったなと思う反面辛かった

三日前、その二人の結婚式だったよ
すげえ綺麗になってた

俺は、そいつの役に立てたのかなあ?
分からねえよ、涙しか出てこねえよ
ずっと好きだった。そして、結婚おめでとう

>>1頑張ってくれ、俺はそっと見守ってるよ



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:36:34.97 ID:phaVfUAx0
鍵の開閉が苦手な彼女。
鍵の穴を確認して、鍵を入れてカシャ。
鍵と一緒の方向に首もカシャって曲がる。可愛い。





29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 17:38:37.66 ID:phaVfUAx0
学校の帰り道。彼女と一緒に狭い田舎道を並んで歩いていた。
その日は朝から晴れで、傘を持ってる人は誰もいなかった。
でもおれは、前の日傘を学校に忘れていってたので
左手に傘を、右手に手提げ鞄を持っていた。
「ねえ何で傘持ってるの?」彼女は聞いてきた。
「あー昨日学校に忘れていったんだよ」
「ふ〜ん…」
しばらくの沈黙のあと「傘もってあげようか?」彼女が言った。
「いいよ別に…」「遠慮しなくていいってえー」
「いや、いいってば。女の子に物持たせるなんて最低じゃん笑」
その後、またしばらくの沈黙。日が沈みかけ、少し暗くなってきた。

「傘と鞄両手に持ってるって変だよ!」彼女は言った。
「なんで??片方の手に両方とも持つほうが変じゃね??」

またしばらくの沈黙。もうそろそろ家に着く。そんなとき。
彼女は唐突におれの傘をひったくった。おれは驚いて
「何?」と聞いた。無言で彼女は右手をそっとおれの左手に
からめた。

「手・・・繋ぎたかったんだ?」「・・・うん」

その日だけ、少し遠回して家に帰った。






>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, ほのぼの,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, ほのぼの,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20120322082825