2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

遠距離中の彼女の部屋にアポなしで行ったら、、、







441 名前: うに 投稿日: 02/06/11 22:18 ID:vlJh09Cv
えー便。俺もります

女は21歳で俺は24。俺が18のからの付き合
う6年上付

彼女はまあ、ものすごく可愛いわないけど
性格となしくて背小さく、胸が大きいで、
なりに男には言い寄られるほうでえば集団にると
人か二人には告白さるっ感じの

俺は浮するほうじゃないし、彼女も大人しいイプなので、まあ
いっよ。結構嫉妬深かったのもよったのかもし
ない

で彼婿学にかったん一人を始めたんです。
18の時ですねが神奈川、彼女大阪の遠距離恋愛です。
まあ、2人仲良くいるためのルール(毎ず5分は電話とか、
月に一回ずつお互い会いに行くな。)を決めて最初の1〜2年ぐらい
はなく過ぎていきました






442 名前:に 投稿: 02/06/11 22:21 ID:vlJh09Cv
彼女はまに学校に通うイプで学校に行っいて、勉強は
しいようでした。生系ので獣医部も併設していたため、猫好
きの彼女にては良かったんだと思ます。

興味るゼミに入りました
確か動物行動学だなんとかってした。
構電話でもその話が多くなるようになり、興味る研テーマ
に嬉々として話しした。その研究はそのゼミでは
続けて継がていくテーだという事、

その引継いでくれる先輩は山下(仮名っす)
う名前の男の人だいうことっていまし

ちょ軽い感じで嫌だけど凄く知識があるとで、時々話しに出る
うになって
俺はその時ちょなったんで、「浮気すよー」とか
談っ言ってたら

「やだー山下先輩となんての話なんてしたくない
くん(俺)ことも先輩知っん。
と言寿いたの深くはえないようにしていました
まあても辛くなるだけなんで。






445 名前: うに 投稿日: 02/06/11 22:49 ID:vlJh09Cv
それで、ある時電話したら彼女の家に何人か集まってるとのことで。
ちなみに彼女の部屋は平屋のボロアパートなんですが、家族3人で暮
らすぐらいのスペースがある2部屋の確か家賃6万位のところでした。

片方の部屋は勉強をする為用、もう片方は寝室用と使い分けていました。
「どうしたの?さわがしいねー」と聞いたら、研究室の皆が集まって
るとの事でした。

「珍しいね。」というと「皆来たいっていったから・・今日は電話ご
めんね。あしたまたするね。」との事でした。

そして次の日聞くと男が3人、女が5人のまあよく聞くメンバーで集まっ
たとの事でした。
気になったので男のメンバーの名前を聞くと、
その山下先輩とあと2人は一人が先輩、一人が同級生だったとの事でした。
まあ、その辺から俺もなんか嫌な感じしてたんです。







446 名前: uni 投稿日: 02/06/11 22:51 ID:vlJh09Cv
そしてそれから一ヶ月くらいした時に今度はその山下という奴と
一緒にご飯を食べたとの事でした。

二人で?と聞くと
「研究室遅くなっちゃったから。
後研究のことで聞きたいこと結構あったからね。
もちろん外で食べてすぐ帰ったよう。」
とのことでした。

まあ、その日のうちの電話だったし安心はしたんですけど、それが俺
の中で多分凄く大きくなっていたんだと思います。





448 名前: ほうほう 投稿日: 02/06/11 23:03 ID:r9pMYha/
ほうほう




450 名前: うに 投稿日: 02/06/11 23:09 ID:vlJh09Cv
それから2週間ぐらいして、
いっつも俺が大阪まで会いに行っている2週目の土曜日が駄目になっ
たと言われたんです。「なんで?」と聞くと

「研究室がちょっと忙しくなっちゃって手伝わなきゃいけないから、
夜遅くなりそうなんだ。その次の週にしよっ。」

と言われたんです。

まあ今までも必ず第2週に会ってたわけじゃないし、その時は
「うーん。まあじゃあそうしよっか。」
などと言って電話を切ったんです。

だけど、なんかの前の山下という奴の話とかが頭の中に残ってしまっ
てて、気になって気になって仕方なかったんです。べつに兆候があっ
たとかじゃないんですけど、嫌な予感というか。

それでその2週目の土曜日に大阪まで行きました。
俺も寝取られで興奮する性格(今は)なので その時もちょい興奮し
ていたのかもしれません。







451 名前: うに 投稿日: 02/06/11 23:20 ID:vlJh09Cv
着いたの夜8頃だったんですがまだ帰ってませんた。
綿も合を持ているので彼女の部ことに使しまし

びっくりさせったってのもあし、約破っ会いに来た
めたかったというのもあ、靴靴箱のに隠ておきた。

ちょっ男でも連れて帰きたら、と探偵気分ったというのもあります。







452 名 うに 投稿日: 02/06/11 23:21 ID:vlJh09Cv
は勉強部屋のほうでお茶飲待っていました。
結構い待ってたら彼女10時ごろ帰ってきまし

表のってきたのわかっんで強部の電気を消して隠れてました
俺はまあ勉強屋のほう入ってきかしう。
し寝らちょっと隠れ見て楽しかも。
とかっていまし。すると彼電話をし入ってきて、
寝室ほうに行

ちょっと聞いている下とい奴からの電話のよでした
えーまからですか?」とか、「うちじゃ駄目です
宿いました

なんか俺は胸が苦しかったんですが、のまま隠れてるた。

が切れたようで、彼女一人
ゃー大変だ−」とか言なが着替えたしてうで
そううしてるうち(多分15分くらいったと思う)、
玄関のドア叩かした山下とう奴でした





457 名前: うに 投稿日: 02/06/12 00:52 ID:YRNExedI
すんません。寝てた。

山下という奴は
「ごめんねーこんな夜遅くに。どうしても確かめたいデータがあってさ。」
といいだし、2人で寝室のほうに入っていきました。

彼女がお茶出しますね。と言うと、
「あ、俺ビール買ってきたから。」と言い、
2人で飲みながら実験の話をしているようでした。
俺は隣の部屋から移動し、声がよく聞けるように隣の部屋との境目の
ベランダにゆっくり入り、声を聞いていました。

そのうちに、俺の話をしているようでしたが、突然彼女がいいだしました。

彼女「この前みたいなのはなしですよ。。絶対!」。

山下「このまえはごめんねー。
   でも男ってああなっちゃうと出さないとどうにもなんないんだよ。
   彼氏とか見てるとそう思わない?」







459 名前: うに 投稿日: 02/06/12 00:55 ID:YRNExedI
いったいどうなってるんだと思いましたが聞きつづけました。

山下
「今日もなんかちょっと興奮してるかも・・」

彼女
「だめー絶対駄目ですよー。やっくんに悪い。
この前の後だってすっごい罪悪感だったんだもん。」

山下
「ごめん。ちょっとだけ、じゃあ髪だけ触らせて。」

彼女
「だめだってー勉強しに来たんじゃないんですか??」

というやり取りがあった後、おそらく山下は彼女の隣に座って髪をな
でているようでした。






460 名前: うに 投稿日: 02/06/12 00:58 ID:YRNExedI
2〜3分ほどしてから声がしました。

彼女
「やっ!んーー」
彼女はキスされているようでした。

彼女
「もうやめて下さいよう・・絶対しないって言ってたじゃないですか。。」

山下
「ごめん。。でもどうしようもないや。
 すげ−興奮してる俺。
 ねえ、今日も絶対Hはしないからさ。
 この前みたく口で・・。だめかな?」

彼女
「やだーー。もうーー。
 絶対しないって何回も言ってたじゃないですかぁ。」

山下
「いいからさ。な?絶対入れたりしないから。
 口だけだって。絶対それで満足するから。」

彼女
「・・・」

というやり取りの後、10分くらい沈黙がありました。
彼女は押し黙っている感じで、山下がさかんに何か言っていました。
俺はもうパニクっていてでも続きが聞きたいようなで。
結局ベランダでじっとしていました。






461 名前: うに。 投稿日: 02/06/12 01:03 ID:YRNExedI
10分も経過した頃、

彼女
「今日だけですよ。絶対もう2度としないですよ。。」

山下
「わかってるよ。あんまり罪悪感持たせたくないし。
でも男ってこうなるとしょうがないんだ、ごめんね。」

彼女
「じゃあ、どうすれば・・いいですか?」

ここで急に彼女の言葉遣いとかが観念したというか、
なんか俺とHする時みたいな色っぽい声になってきてました。





462 名前: ほうほう 投稿日: 02/06/12 01:06 ID:MrlzjN/K
いいぞ!






463 名に 投稿日: 02/06/12 01:07 ID:YRNExedI
山下
「じゃあッドの上でい?」


ん。であげるだけですから
の前みたら駄目ぅ・。」

山下
ー。じゃあ上半身だけで譲する、ね。」


「ダメ!」


「お願い。じゃあ下着姿
 うしないとなかなかいか。ね
 子のブみたら凄い興奮でるからさ。」

声の、彼女は躊躇しながら上着を脱
下着姿になったようでし
ベランダのすがベッだったんでが、
が服ほうに放った宿しく
俺のすぐそばで服がばさばさい尿音をして窓にあたりました。


てかってしま調俺、こレの中で浮いてない?
けていいすかーー





465 名前: > うに 投稿日: 02/06/12 01:09 ID:GX1Btmiu
ういてないういてない
つづけてくれよー!




466 名前: ◆K1SiC5MI 投稿日: 02/06/12 01:09 ID:hQEI+53S
ぜんぜん浮いてましぇん。(´Д`;)ハァハァ




467 名前: ? 投稿日: 02/06/12 01:09 ID:qxKPI0AP





470 名 ,, 投稿 02/06/12 01:15 ID:UShQ+0OS
た・





471 名前: うに 投稿日: 02/06/12 01:17 ID:YRNExedI
しばらくごそごそやっていましたが、
山下がズボンを脱いでベッドの上で横になったようでした。
そのあと
「ちゅぱっ」という短い音と共に彩子〈彼女〉が咥えたみたいでした。
俺多分目が血走ってたと思います。
気になって気になって。。ベランダの横で立ち上がり、
少しずつ様子を見ることにしました。






473 名前:   投稿日: 02/06/12 01:20 ID:2iVcnqgK
俺だったら二人ともボコボコじゃーーーーーーーー!!!!!




474 名前: うに 投稿日: 02/06/12 01:24 ID:YRNExedI
部屋の中には当然、山下と彩子がいました。
山下はベッドの上で横になって、彼女はベッドの下部分でちょい四つ
んばいになってる感じで。

彩子は山下の脚の間に顔を埋めていて、上半身は水色のブラ一枚でした。
下は赤のチェックのスカートでした。彼女の顔は窓向きだった
ので俺はちょいビックリしてまた座りなおしましたが、2〜3分して
思い直し、また窓から覗き始めました。








475 名前: うに 投稿日: 02/06/12 01:30 ID:YRNExedI
彩子はフェラしてる時は顔を上げません。顔を見られるのを極端に
恥ずかしがるので。

見直してみると、彩子は山下のチンチンを上から咥えて顔を上下させ
ていました。
はじめてみた山下は、短髪で色が黒く、逞しい感じの男でした。






477 名前: うに 投稿日: 02/06/12 01:36 ID:YRNExedI
山下
「やっべ、この前も思ったけど結構うまいよねー。
 ほんとに今まで彼氏だけなの?」
「痛っ」


彩子
「先輩にもしてあげてるじゃん。噛むよぅ。
 ほんとに先輩が二人目だよ。」

山下
「ははっまあ、6年も付き合ってるんだしな。
 彼フェラ好きなんだろ。。だって
 首ふるの上手すぎ。でも噛んじゃダメだよ。。
ちょいいたい。。」

と言う会話の間に山下が上半身を起こしました。






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:寝取られ, 浮気・不倫,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:寝取られ, 浮気・不倫,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20130818233150